論語の読み下しについての質問です。まったくの素人なのでピントのずれた質問かもしれませんが、
”子日”の読み方ですが、私が現在持っている本によると(論語 岩波文庫 金谷治訳注)”しののたまわく”となっています。学生時代に習った読み方としては”しいわく”あるいは、”しのたまう”あたりだったと記憶しているのですが、この様な読み方もあるのでしょうか?詳しい方がいらっしゃったら教えていただけないでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

読み方 漢文」に関するQ&A: 漢文読み方

A 回答 (2件)

ああ、失礼しました。

もうひとつの読み方
 「シノノタマワク」ですね。
 こちらの真ん中の「の」は、現代語で言えば「~が」という時に使う
 古文のおける格助詞の「~の」の用法を漢文に転用したものです。
 たとえば「雪の、おもしろう降りける=雪(が)見事に降った。(徒然草)」
 のような時に使う「~の」の使い方ですね。
 
 何度も言いますが漢文の読み下し文とは、もともとは、2500年ぐらい前の古代中国語を
 日本人が訓点をつけて、日本語的に読んだものですから、
 ある人が、ある読み方をして、ことばの調子などで、「すわり」が
 よければ、それが次第に一般化していくわけです。したがって理論的には何通りもの読み方が可能ですし、
 事実、有名なことばでも、テキストによっていくつかの読みに分かれるものもあります。
 その意味で「シノノタマワク」は、普及率で一番とは言えないにしても
 金谷先生が、何らかの理由があって、採用されている読みでしょう。
 (私は、前回言ったように「シ、イワク」で教えています。それはなぜかというと
 ひとつは、「のたまわく」を一般に使わなくなってしまったということもありますが、
 もうひとつは、孔子の神格化を避けるという信念にも基づいています。)
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度もご丁寧に教えていただきまして本当にありがとうございます。確かに日本語的によんだものである以上何通りかの読み方があってもおかしくないですね。孔子の神格化を避けるために「し、いわく」ですか。うーん、勉強になりました。ありがとうございました!

お礼日時:2006/09/06 06:04

論語は、分類すれば儒教で秩序の大事さを説く教えとされて


 いました。そこで、戦前に論語の素読を習った人は孔子を
 神格化した読み方、すなわち「子のたまわく=先生がおっしゃられた」という
 読み方をされる人が多いです。
 逆に戦後は、「子いわく=先生が言われた」
 のような読み方が一般化したもののようです。
 したがって今、80以上(場合によってはさらにそれ以上の世代)
 の方に、「子のたまわく」派が多く、
 それ以下の世代は「子いわく」の読み方をする人が多いわけです。
 もともとは「子曰= The master says 」
 の意味の古代中国語で、日本人が訓点をつけたわけですから
 (その時の日本の)時代の影響を受けるのも当然です。
 ちなみに、私は学生や社会人に漢文を講じる者ですが、
 高校1年生に「おじいちゃんに論語を素読して見せたら、それは違うだろう、シノタマワク、だろうと
 言われました。
 どちらが正しいのですか」と聞かれた経験があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

さっそくのお返事ありがとうございます!漢文の先生に教えていただくのも非常にお恥ずかしいのですが、それではやはり「しののたまわく」という読み方があるのでしょうか?「しのたまわく」があるのはおぼろげな知識で何となく理解していたのですが・・。ちなみに私は論語はもちろん古典等も社会人以降全く勉強していない人間でして・・。もしお時間があればお返事をいただけるとありがたいです。

お礼日時:2006/09/05 19:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q偏芯円錐の展開図や楕円の書き方

以前に正円錐の展開図の書き方を回答してもらい解決しましたが
偏芯した円錐の展開図を書く方法、あるいは参考HPなどを教えてください。
たぶん、楕円形になると思うのですが、思えば楕円形をきちんと書く方法も疑問です。
数学は苦手ですのでもしかしたら理解不能かもしれませんがヒントだけでもなれば、できればがんばって身に付けたいと思っています。
製図のジャンルになるのか数学カテなのかどうか分かりません、カテ違いならそれもご指摘ください。

Aベストアンサー

#1です。
別のHPも見つけましたので参考にして下さい。

側面の展開図は頂点と側面の稜線と中心角で作図していくことになりますが、
円錐立体の側面の製図作図法の例がありますので参考URLをみて展開図を作図されたら良いでしょう。
なお、参考URLで製図に使っているソフトは無料のフリーソフトで人気のあるCADソフトです。
ダウンロード先:​www.jwcad.net/index.htm​など。

なお参考URLのpdfファイルはAdobe AcrobatReader(無料ソフト)で開きます。Windows XPのなら最初からインストールされていてIEで開けるようになっていると思います。

参考URL:http://www.ait-sapporo.ac.jp/~shokunou/201_mono/menu/kadai2-2.pdf

Q論語の言葉なのですが・・・

孔子の言葉に「祭るに在すが如くす」と云うものがあるのですが・・・
これは一体どのように取るべき言葉なのでしょうか?
森鴎外の「かのように」と云う話の中に出てきたのですが、
この言葉を言葉の意味のまま取っていいものかどうか迷っています。
「文学」の所に出すべき質問なのかもしれませんが、若し宜しかったら
お教え願います。

Aベストアンサー

諸橋轍次著「中国古典名言事典」では,

「祭ること在すが如くす」という古語がある。その意味は,神を祭る時,あたかも,そこに神がおわしますような気持ちで祭ることである。単なる形式に終わってはならない。何事にも誠をつくしてあたれ,と説くのである。

と説明されています。「祭る」の解釈が岩波文庫版とは分かれていますが,要は「形だけではなく心を込めることが大事だ」という意味でしょうね。
ちなみに,孔子の言葉ではなく,論語の編者の言葉(つまり「子曰く」が頭についていない)だそうです。

ところで,質問者が求めていらっしゃるのは,こういう字面の説明ではなく,鴎外の作品の中において論語の編者の言葉をどう解釈するかということでしょうか?
だとすると,「かのように」は読んだことがありませんので,他の方が回答されるのを待ちたいと思います。

Q円錐の展開図を書き方を教えてください。

円錐の台にシールを巻きつけた物を作成したいのですが、展開図の書き方がわかりません。
上面が15Ø
底面が27.5Ø
母線が104mm
高さ105mm
シールの厚みが2mmです。

出来れば、コンパス・分度器など基本的な文具で書けるような方法を教えてください。
ものすごく困っていますので、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

製図作図のことはまったく素人で、申し訳ありませんが数学だけでならこのように考えたらどうかなと思うことを書かせていただきます。

上底15Φというのは、上底の直径が15mmということなのでしょうか。

もしそうなら、そしてシールの厚みを無視すれば、
半径228.8mmの円をかき、同じ中心で半径124.8mmの円を書く。
中心角を21.6度の扇形に切り取って組むと、上底直径15mm、下底直径27.5mm
母線の長さ104mmの円錐台が出来上がるはずです。

後はシールの厚みというのをどう考えるのかということと、
母線が104mmで、高さが105mmというバランスがよく分かりません。

まったくお役に立ちませんが、わずかなヒントにでもなれば幸いですが。

Q論語の「知好楽」

『論語』にある『知好楽』は

『子曰く、これを知る者は、これを好む者に如かず。
これを好む者は、これを楽しむ者に如かず』

「これを知っているだけの者は、これを愛好する者におよばない。
これを愛好する者は、これを真に楽しむ者にはおよばない」

・・・ということですが、2番目と3番目の違いがよく解りません。

愛好しているならば、楽しいはずだと思うからです。両者の違いの真意は何でしょうか?

Aベストアンサー

いろいろな解釈が可能でせうけれど、学術的には回答番号3の方の見解が有力説ではないかと思ひます。suzumenokoxさんの「身を浸す」といふ表現が巧みです。専門家のあひだでは、「一体となる」と表現されることが多いのですが、その一例を挙げます。

「ものごとを理解する人は、これを愛好する人にかなわない。愛好する人は、楽しんで一体となっている人にかなわない。」
(『論語』貝塚茂樹訳注 中公文庫 166ページ)

>両者の違いの真意は何でしょうか?

「真意」を知りたいのでしたら、こんなところで質問するより、孔子から直接話をきくべきです。一部分だけを読んだのでは、曲解します。全体の流れの中で理解すれば、「真意」に近づきます。少しあとのところで、孔子は「楽しむ」について、こんな解説をしてくれてゐます。

「子の曰わく、知者は水を楽しみ、仁者は山を楽しむ。知者は動き、仁者は静かなり。知者は楽しみ、仁者は寿し。」
(『論語』金谷治訳注 岩波文庫 85ページ)

頭の良い人は、積極的、行動的に楽しみ、人徳のある人は、沈着におちついて楽しみます。孔子の考へでは、動的でも静的でも、いづれも「楽しむ」です。その違ひは、行動的な楽しみより、受動的な楽しみ方のほうが、人生において長続きがするといふことです。

では、「好む」と「楽しみ」の区別は何だと、孔子は述べてゐるのでせうか。今度は少し前を読んでみます。

「子の曰わく、人の生くるは直し。これを罔いて生くるは、幸にして免るるなり。」
(『論語』金谷治訳注 岩波文庫 84ページ)

素直な生き方をしなさい、といふすすめです。性善説とまではいひませんが、やや近い発想です。人それぞれ自分の持つものを発揮してゆけば、うまくゆく、と説いてゐます。自分の信条のみが正しいと固執せず、他者の多様な価値観を認めればそれは可能となります。

アレンジして、スポーツで考へてみます。特に意識しなくても、素直に行動すればうまくゆく状態が、第三、つまり最高の「楽しむ」です。訓練を積んで、無意識のうちに体が自然に動く状態ではないでせうか。それに対し、第二の「好む」は、少しうまくゆかない状態です。基本的なフォームがしつかりと身についてをらず、素直なやりかたが、成果としてあらはれません。中国文学哲学の専門家のことばでは、競技に「一体と」なつてゐて、自然に動ける状態が「楽しむ」なのだと思ひます。

俗な言ひ方をすれば、

好む : 下手の横好き
楽しむ : 好きこそものの上手なれ

ではないでせうか。最後は、私なりの拡張的な解釈です。いづれにせよ、名言や格言はそれだけを読んだのでは理解できません。なるべくなら『論語』全体を読んだうへで、結論をお出しになることを願ひます。

いろいろな解釈が可能でせうけれど、学術的には回答番号3の方の見解が有力説ではないかと思ひます。suzumenokoxさんの「身を浸す」といふ表現が巧みです。専門家のあひだでは、「一体となる」と表現されることが多いのですが、その一例を挙げます。

「ものごとを理解する人は、これを愛好する人にかなわない。愛好する人は、楽しんで一体となっている人にかなわない。」
(『論語』貝塚茂樹訳注 中公文庫 166ページ)

>両者の違いの真意は何でしょうか?

「真意」を知りたいのでしたら、こんなところで...続きを読む

Q円錐台の展開図の書き方を教えてください。

質問の内容を書いてください円錐台を作りたいのですが展開図を教えてください。
底辺直径38cm上辺直径27cm高さが64cmで作りたいのですがどうゆう図形になりますか?

Aベストアンサー

計算は省略して、結論のみ述べます。

先ず、上底部分は、直径27cmの円です。
又、下底部分は、直径38cmの円です。

側面の部分は、次のようになります。
「中心角30.8239°、半径221.9058cmの扇形」から、
「中心角を共有し、半径157.6699cmの扇形」をくり抜いた残りの部分が側面です。

側面部分は、円錐台に組み立てると、
内側の円弧が上底の円周になり、又、外側の円弧が下底の円周になります。

確認のため、本物を制作する前に、5分の1くらいのサイズで試作してみるのも良いかと思います。

Q論語、孫子など勉強したいのですが

論語や孫子など昔から武士が素読、写本などしてきた教科書のようなものに非常に興味がありますが漢文の教科書、解説付きのようなイメージで分かりやすいものを探しています。
なにか情報があれば教えてください。
写本もしたいのでできれば漢文の形のまま、読み方、訳が付いたものがあれば助かります。

Aベストアンサー

明治書院の「新釈漢文大系」シリーズがおすすめです。
このシリーズの第1巻が論語、36巻が孫子です。

原文を短い段落ごとに区切り、その原文の全訳と注釈と解説文から構成されています。

漢文の素養がない私ですが、解説文を読んでイメージをふくらませてから全訳を読み、そして原文を理解しています。(本来は逆であるべきなんでしょうけれど。)

図書館にあるかもしれないので、ぜひ手にとってご覧になってください。私はいつもこれを借りて帰ります。

http://www.meijishoin.co.jp/search/index.php?BOOK_ID=KAN000010
http://www.meijishoin.co.jp/search/?BOOK_ID=KAN000430

参考URL:http://www.meijishoin.co.jp/search/index.php?BOOK_ID=KAN000010

Q球を作りたい! 球の展開図

ちょっとした趣味で球に近い物体を作りたいと思っています。
作るときはお手玉みたいに布に何かをつめて作りたいと思います。
布を複数に分けてそれを球状に近づけるというような作業をしたいと思います。

正20面体なんかは球に近そうですが、つくるとかえって変な形になると思うので正6面体くらいのものをつくればいいかなとも思っています。
何かほかにいい案があれば教えてください!
回答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

サッカーボールでもいろいろあるみたいですね、正20面体のものや、正五角形+正六角形のものもあります。
下記URL参照してください。
バレーボールやバスケットボールみたいに長方形の短冊を貼り合わせても球はつくれますし、地球儀や手まりのような貼り合せも考えれるようです。

(個人的にはこういう質問って大好きです。失礼。)

参考URL:http://www.hot-star-dog.com/item.asp?pid=1035

Q論語に関しての基本図書を教えてください。

論語の読書会をしています。
テキストには明治書院の漢文大系と宮崎市定の論語を使い、
学生時代、国文科の授業(古典籍の翻刻などが中心でした…)でやっていたように
古注などを参考にして読んでいます。
しかし何しろ門外漢なので、テキストの選択、参考図書などは
高校で教員をしていた時に使っていたものなどが中心になっています。
中文、あるいは哲学の方はどのように論語を読んでいるのでしょうか。
基本的な論語の読み方を教えてください。

Aベストアンサー

読書会ということなので、あまり参考にならないかも
しれませんが、私がおこなった「論語」の読み方を
紹介いたします。
私は、「論語」の注釈書にあたりました。
「論語集注」「論語正義」「論語会箋」などです。
「論語」についていろいろ解釈してるんですが、
それぞれ論が違っていておもしろいです。
でも漢文で書いてあるのを自分で書き下して読んでいかなくては
ならないので大変でした。
・・基本図書ではありませんが参考まで・・。

Q球の上手な書き方

コンパスで○をかいてそれを球に見えるようにしろ、と課題が出されたのですが、インターネットで探してもなかなかわかりません。
自分は特に美術専攻とかではないので、もしかしたら一日二日でかけるものではないのかもしれませんが、もしコツなどがあったら教えて頂きたいです。
ただし今までの授業内容から推測するに、おそらくサッカーボールのように模様をつけて球に見せるのではなく、影をつけて球にみせろ、ということだと思います。

Aベストアンサー

球を作品に対する批評・指導などはネットにもあるので参考になるかと
思ったのですが、ステップバイステップな説明はなかなか見つからない
ものですね。
CG講座などはありましたが。

今日提出だった、などでなければよいのですが。
時間があれば、既に回答されているように図書館の美術関連で
「静物のデッサン」「~デッサン入門」みたいなタイトルの
大判の本を探すと、「こんな風に描いていくんだよ~」というのが
載っていると思います。


影のつけ方も塗りつぶしだけでなく、短い線でつけたり、
または点をたくさん打って描いたりするのでは印象が変わってきますね。

Q『君子は多能を恥ず』{論語??}について(えなり君のTV発言に関して)

『堂本兄弟』(フジ系)10/20放送にて「えなりかずき」クンが、好きな諺について上記の「君子は多能を恥ず」だと言われてました。
彼によると出典は「論語」、解釈は{君子は色んな事に優れるより、一つの道を極めなければならない}などと言う事でした。

私は多少、中国思想をカジル者として、どこか疑問を感じました。
孔子のいうところの「君子」とは、一芸に秀でる者や、技術者は才能がある者としても、それを決して「君子」とは言わないかと。
{君子は器ならず}と有る様に。
むしろ「君子」は、一つの分野にとらわれ秀でる人物でなく、人の上に立つ事においてバランス感覚の優れた、オールマイティー的才能(&人格)が求められるべきであると。

すぐさま、手元にある文庫の『論語(金谷治訳注)』にて調べた所、この文句の確実なる出典個所は見つけられなかったものの、類似した個所はありました。
それは{子カン扁}にあり、太宰(人名)が孔子の多能について感心し、それこそまさに君子だといった言に対し、孔子は、私は幼い頃貧しかったので、多能になったが、その事と君子であることは関係ないと。(聖人、君子たるもの多能でなくてもよい)
ここでいう多能とは、雑用的余計な、つまらぬ才能であり、君子は優れた人であるが、そのような才(多能)は必ずしも必要とはしない、と言ったニュアンスです。


1、まず、出典が「論語」にあるか?(他の文献にあるのか?)
2、そして、「君子は多能を恥ず」の(えなり君の)解釈は正しいのか?
3、また、この「君子は多能を恥ず」は、儒教的というより(私の推測では)老荘的であると思うし、「君子」が「君主」であるなら、無為の君主像を有する韓非的であると思われますが…。いかがなものか。

有識者からのご意見やアドバイスや、
この出典をご存知の方がいらっしゃいましたらお知らせ下さい。

『堂本兄弟』(フジ系)10/20放送にて「えなりかずき」クンが、好きな諺について上記の「君子は多能を恥ず」だと言われてました。
彼によると出典は「論語」、解釈は{君子は色んな事に優れるより、一つの道を極めなければならない}などと言う事でした。

私は多少、中国思想をカジル者として、どこか疑問を感じました。
孔子のいうところの「君子」とは、一芸に秀でる者や、技術者は才能がある者としても、それを決して「君子」とは言わないかと。
{君子は器ならず}と有る様に。
むしろ「君子」は、...続きを読む

Aベストアンサー

徒然草122段に「この外の事ども、多能は君子の恥づるところなり。詩歌に巧みに、糸竹に妙なるは、幽玄の道、君臣これを重くすといへども、今の世には、これをもちて世を治むる事、漸くおろかなるに似たり。金はすぐれたれども、鉄の益多きにしかざるがごとし」とあります。
出典は論語の「吾少也賎、故多能鄙事。君子多乎不多也」ですが,ここで兼好がいっている君子は明らかに君主のことですから,論語の意味とは違ってますね。


人気Q&Aランキング