木へんに黒と書いて何と読むのでしょうか?この字を含む名字の方がおられるそうなのですが、探してもなくて困っています。ワープロ印字をしたいのですが、どうしたらいいでしょう?

A 回答 (1件)

国字らしいですね。


苗字で、「べんと」、「べんど」、「べんどう」と読むそうです。
おそらく登録はされていないでしょうから、外字登録で作って
印刷するしかないでしょう。

国字については、実に興味深いサイトがあります。ぜひご一読を。

参考URL:http://member.nifty.ne.jp/TAB01645/ohara/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早速ありがとうございました。頑張って作字しようと思います。また、国字のサイトはなかなかおもしろそうです。

お礼日時:2002/03/22 21:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鰌・・・魚へんを木へんに置き換えるとなんと読むのでしょう?

IME2000ですが、
読みが解らず入力できないのです。
IMEパッドで、書いても該当の文字がでてこないのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「外字」の中にありました。「がいじ」と打って未確定のまま F5 を押してください。
コードは Unicode=0xe205、JIS=0x8450、シフト JIS=0xf2ce、句点=10048。
IME パッドの外字一覧では9行目の右から2番目、
「灘」と「禰」(これももちろん外字の方)の間にあります。

Q「凱」という字を含む単語を教えてください。

我が家の三人の子供たちの名前を使って俳句のようなものを作り、筆書で書いてもらって、額に入れて飾りたいと思っています。それぞれ「ほのか」「凜」「凱」というのですが、どうしても「凱」だけがうまくつながりません。「ほのか」は風か香り、「凜」は花を表現したいと思っているのですがなにかいい単語はないものでしょうか?当て字でもいいと思っています。
俳句などのことは全く解らないのですが、短い詩のようなものでもいいです。もし、「こんなのできました。使ってもいいです。」という作品があれば、一番いいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
別の短歌形式の句を思いつきました。どうも平凡ですが。

---------------------------------------------------------
凱風に花の凛々しく咲き誇り 馨りほのかにまどゐ築かむ
---------------------------------------------------------

「凛」は「凛凛しい(りりしい)」に使われていることを思い出しました。
上は、形式は短歌乃至和歌です。(57577)

「南の柔らかい風に、花はきりりと清冽に咲き誇り
薫りがほのかに香るなか、円居(まどゐ)を築こう」

というような感じです。どうも下手ですが。「花」を使うとか「風・香り」を使うとかいう条件があると、平凡な句しかわたしには詠めません。才能がないです。

「まどゐ築かむ」とは、兄弟が円の形で集うようにしようと、いう意味を含意させています。「まどゐ」は、集いと同じようなもので、「団欒」という意味もあります。

「馨」は「香」の本字というか、難しい形の字です(「薫り」の方がよいかも知れません。「薫風」というのがあります)。意味は、「香」と同じです。「凛凛しい」は、「凛」を二つ並べるのが、正しいようですが、「凛」を一字にするため、「凛々しく」としています。

自由に手を入れてくださって結構です。
 

 
別の短歌形式の句を思いつきました。どうも平凡ですが。

---------------------------------------------------------
凱風に花の凛々しく咲き誇り 馨りほのかにまどゐ築かむ
---------------------------------------------------------

「凛」は「凛凛しい(りりしい)」に使われていることを思い出しました。
上は、形式は短歌乃至和歌です。(57577)

「南の柔らかい風に、花はきりりと清冽に咲き誇り
薫りがほのかに香るなか、円居(まどゐ)を築こう」

というような感じです。ど...続きを読む

Q何と読むのでしょうか  遥けきも

    氷河の歩みにも似た遅々たる変化ではあるが、
  遙けきも遠く来るものかなとの感があると
 ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

gooの辞書で検索。

はるけ・し 【▼遥けし】

(形ク)
(1)空間的・時間的に遠くへだたっている。はるかである。
「人めゆゑ後に逢ふ日の―・くはわがつらきにや思ひなされむ/古今(物名)」
(2)心が遠く離れている。
「もろこしも夢に見しかば近かりき思はぬ仲ぞ―・かりける/古今(恋五)」

「氷河のようにゆっくりではあるけれ、随分と来たもんだ」

という感じでしょうか?
「はるけき」でいいんじゃないでしょうかね。

Q何と読むのでしょうか?

おそらく中国の方のお名前だと思うのですが「蛮」という漢字の下半分「虫」が「鳥」に入れ変った漢字を何と呼ぶのでしょうか?通常のパソコンの漢字には無いのでしょうか?ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

 日本語では「らん」です。「蛮」という字は、「蠻」とも書きますよね。つまり、「亦」は「糸言糸」の略字です。そうなると、「糸言糸」の下に「鳥」を書いてみてください。そしたら、親鸞の「鸞」になるでしょ。

 中国の場合は、現在ほとんど略字で表現しているので、そのような字になっているわけです。ただ、中国語で何と発音するかは分かりません。

Qこれは何と読むのですか?

「木」へんに「登」と書いて何と読むのですか?
手元に漢和辞典がなくて困ってます(^^;

Aベストアンサー

だいだい です。つまり、オレンジですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報