色彩検定1級を取得する魅力を紹介♪

ビギナーな質問になりますが。
最近の自転車は、ほとんどアルミフレームが主流ですが、
乗り心地が良いと聞いたので、クロモリフレームに興味があります。
(カーボンは高いので)
それで、クロモリフレームは錆びるというので、
基本的に鉄で出来ているのでしょうか?
そうだとすれば、乗り心地が良い意外に重いし錆びるしで、
他の素材のフレームよりは、メリットが少ないような気がしますが、
如何なものでしょう?
ベテランの方、宜しくお願いします。

gooドクター

A 回答 (2件)

ベテランではありませんが知っている範囲で回答いたします。



クロモリとはクロームモリブデン鋼の略で
炭素鋼(すなわち鉄の一種)にクロムとモリブデンを加えた合金です。
アルミに較べると硬く強く、それでいて弾力性があり(ゆえに乗り心地が良いとされる)
加工もしやすくさらに安価と、長所が多いのですが
腐食に弱いのと重いことが欠点です。
アルミは柔らかく弾力性もなく(アルミ缶を思い出して下さい)
一見、自転車の材料として不利ですが
何より非常に軽いのが魅力で、かつ鉄よりは腐食に強いですし
パイプ径を太くしたり、曲げ・折り・潰しなど形状的な工夫で欠点を克服することで
あっというまに自転車のフレーム素材の主流になりました。

> 重いし錆びるしで他の素材のフレームよりは、メリットが少ない
メリットが少ないというよりは
他の素材が急速な技術進歩でデメリットを克服してきているのに
鉄はこのところあまり進歩がないのが問題なのだと思います。
ただ、アルミは錆びにくいとは言ったものの全く錆びないわけではありませんし
(カーボンやチタンよりも錆びやすい)
一度錆びると鉄のように簡単に錆を落とせません。
鉄は容易に錆びますが、塗装などで表面を保護しますから
ふつうにキチンとメンテをしていれば
そんなに気にするほどの問題ではないと思います。

長くなりましたが
私の個人的な考えとして1日100km以内の走行では
絶対的な「クロモリの乗り心地の優しさ」はそうそう感じられないと思います。
むしろアルミ・フレームに多いゴツイ見た目&デジタルな乗り心地と
クロモリ・フレームの繊細な見た目&アナログな乗り心地の
どちらが好みか?ということではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。大変よく分りました。これ以上の解説は要らない位です。どうも有り難うございました。

お礼日時:2006/09/15 22:45

こんにちは


むかし自転車小僧でした、むかしは高級素材でしたが時代は変わった物ですね 
仕事は金属加工屋ですのでそちらからの話を・・・

クロモリはクロームモリブデン鋼の略で鋼と付いていますので鉄にクロムとモリブデンを添加した合金の一種です
強度は一般的な金属ではかなり高い方で自転車だけでなく自動車のエンジン部品とかボルトとか一番使われている合金です
強度は他の素材よりありますので薄くできます、これが乗り味に出るわけですね
良い記事を見つけました
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC% …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんばんは。自転車以外の広い意味でも良く分り、大変参考になりました。どうも有り難うございました。

お礼日時:2006/09/15 22:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング