最新閲覧日:

地方から出てきた友人がある日ぽつりと言いました。
「 何故東京は桜がおおいのかしらん? 」
そう言われればそんな気もします。
・・・というより、日本は桜の木が多いですよね??
昔政府の政策で数多く植えたとか、戦死したひとを
桜の木の下に多く埋め、その桜は映えるとかいろいろ
定かでは話を聞きかじったことがあります。
この手の桜のよもやま話について真相をご存知の方は
いらっしゃいませんか???

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (7件)

再度登場。


ソメイヨシノは、(他の改良品種もだいたいそうだとおもいますが)
最初に出来た1本の木から、挿し木や接木でふやしていった「クローン」だそうです。

ただ、梅などは、しょっちゅう剪定するので、切り枝が多く出るのですが、桜の場合、「桜切る馬鹿」といわれるように、枝を切ったら樹木がいたむので切れない。
したがって、全国に広まるのに、時間がかかった、ということも影響しているのではないでしょうか。

桜並木は、剪定できないぶん、広い場所でないと回りの邪魔になるから、自動車とおりの街路樹には向きませんね。土手や公園など。
学校では、ちょうど入学式時分に桜が満開になるというのもある。もちろん、九州ではもっと早いし、北海道ではもっと遅い。「クローン」なだけに「桜前線」はきちんと気候を反映しますね。(ことしは早いけど)
「地方から(私個人は、東京人が「その他」の地域を「地方」と呼ぶのは好きでないけど)こられたお友達の出身地が、桜前線と入学式のタイミングがずれているところだったら、桜は少ないかもしれません。
桜って、毛虫がつくから、花見以外は嫌われているような・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふと気が付くと質問を立ち上げてからけっこう
経ってしまいました。
うーん、みなさんにこんなに答えていただき
いきなり桜について造詣が深くなった気がします。。。
まことにありがとうございました。m(__)m

お礼日時:2002/04/01 14:38

桜の花見が始まったのは万葉の時代、聖徳太子の時代からあったと言われて


います。ただ当時は山の野桜を見に行ってましたがその後平安時代からは
その桜を移植し桃山時代には現在の花見というのが行われていたらしいです。

桜が多いのはその美しさから学校や公園に多く植樹されたからみたいです。
成長も早いし綺麗ですものね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ふと気が付くと質問を立ち上げてからけっこう
経ってしまいました。
このような理由、専門的な回答に納得です。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/01 14:36

ソメイヨシノの「ヨシノ」はもともとの「吉野桜」の「吉野」ですね。


出来たのは江戸末期だから、江戸時代の風習には間に合わないと思うのですが。(ソメイヨシノは改良品種であって、もとの品種は出回っていたはずですが)

京都では、桜より梅や桃が重宝されたので、桜は後から広がっていきましたが、江戸は梅や桃などが広まっていなかったんでは・・?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。m(__)m
江戸説が圧倒的ですね・・・・
他の説がないかもう少し待ってみたいと思います。

お礼日時:2002/03/29 10:50

ソメイヨシノの由来については、他の方が語られている通りです。



ちなみに、花見の風習が始まったのは江戸時代。
酒盛りをしたくて、あちこちにソメイヨシノを植えてまわったんじゃないでしょうかね(笑)

江戸で始まった文化ですから、江戸が一番多いというのも道理ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。m(__)m
うーん、私が昔ラジオで聞いたのは、戦後に
政府がどうのこうのと言っていたような気が。。。
江戸時代までさかのぼる話なのか、どうか
気になります。
締め切りまでもう少しお待ちください。

お礼日時:2002/03/29 10:46

東京の都道府県花は「ソメイヨシノ」です。


桜はぱっと咲いてさっと散る
そのいさぎよさが
江戸時代の武士に重なります
ですから東京には桜が多くて、そのいさぎよさが武士魂に受けたのでしょう
いさぎよさは、潔さと書きます
ですから、東京に桜がおおいのではないんですかね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。m(__)m
なるほどと思うものがありますね。。。
締め切りまでもう少しお待ちください。

お礼日時:2002/03/29 10:30

なぜ多いのかはわかりませんが、桜の代表のようなソメイヨシノは実は東京で生まれた品種です。

現在の山手線の駒込駅あたりから北側を江戸時代には染井村と言い、この土地で作られた品種がソメイヨシノです。現在は染井の地名(染井墓地に名前をとどめてはいます)はありませんが、この一帯は江戸時代には園芸がとても盛んな土地であったようです。ソメイヨシノの吉野のほうは、この桜を作った?人の名前だと言う話です。

こんなことが桜(ソメイヨシノ)の多い理由ではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。m(__)m
締め切りまでもう少しお時間を下さい。

お礼日時:2002/03/29 10:27

2ヶ月くらい前の日経新聞の土曜版プラス1で見た記事なのですが。


桜の中でも現在数多く見られるのが「ソメイヨシノ」ですよね?
実は、このソメイノシノ、桜としては歴史は浅いのだそうです。
品種改良で大変丈夫に出来ているそうで、
戦後、今では桜の名所とされるところをはじめ、たくさんの場所に植えられたとか。
私の記憶もおぼろげなので、申し訳ないのですが、もし間違い等ありましたら
別の回答者の方ご指摘ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。m(__)m
締め切りはもう少しお待ちください。

お礼日時:2002/03/29 10:23

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ