中日ドラゴンズが好きな有名人の方々を教えて下さい。
私が知る限りの主なドラファンは、

峰竜太・加藤晴彦・忌野清四郎・・・くらいですかね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

忌野清志郎はドラゴンズファンだったのですか、初めて知りました。

私はとりあえず、山本正之(「燃えよドラゴンズ」ほか、たくさんの応援ソングを作っていますよね)が思い浮かびました。

受け売りなんですが、以下のページはどうでしょうか。結構いろいろな方がいらっしゃるようです。

「有名人 どこのファンやねん情報局」
http://homepage2.nifty.com/tylor/funfunce.html

「中日ファンの有名人」
http://ebi.2ch.net/kyozin/kako/1001/10012/100125 …

参考URL:http://homepage2.nifty.com/tylor/funfunce.html, http://ebi.2ch.net/kyozin/kako/1001/10012/100125 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマナーがいい応援団・マナーが悪い応援団

私はホークスFANです(アンチ巨人…/工藤さん引き抜いたので…)

よく福岡ドームに試合を見に行くのですが、観戦マナーがいい応援団(観客)・マナーが悪い応援団(観客)というのは、プロ野球12球団の中で、何処のFANが多いのでしょうか?

個人的にはロッテFANが一番観戦マナーはいいと思います。ゴミはちゃんと持ち帰ってるそうですし。
余談ですが、応援の風景も上手く纏まって格好いいですね。

逆に「悪いかな?」と感じているのは巨人です。
私はセの試合を見に行くことがないので分かりませんが、父がしきりに
「巨人は駄目だ」
とか
「何が紳士の球団だ」
とか言うので(よく分からないけど)納得してしまいます。
(因みにホークスも観客のマナーはあまりよくないと思います…。/シンとしてる時のヤジはグサってきますね。あと、終わった後ゴミだらけ。煙草は廊下で吸ってましたけど)

マナーと言うとどの範囲までがマナーなのかあやふやですが、その点に関しては個人で判断して頂きたいです。
回答宜しくお願いします。

『○○の応援団はこんなことをしていた!(偉い!ORいけないだろ!)』
というものが有れば、合わせて教えて下さると嬉しいです。

私はホークスFANです(アンチ巨人…/工藤さん引き抜いたので…)

よく福岡ドームに試合を見に行くのですが、観戦マナーがいい応援団(観客)・マナーが悪い応援団(観客)というのは、プロ野球12球団の中で、何処のFANが多いのでしょうか?

個人的にはロッテFANが一番観戦マナーはいいと思います。ゴミはちゃんと持ち帰ってるそうですし。
余談ですが、応援の風景も上手く纏まって格好いいですね。

逆に「悪いかな?」と感じているのは巨人です。
私はセの試合を見に行くことがないので分かりませんが...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして
阪神ファンです大阪→横浜と移住して、阪神絡みの試合しか見たことはありません
甲子園と横浜スタジアム、神宮、東京ドームしか知りませんが(なのでパリーグは知りませんご免なさい)
○一番気持ちが良いのが甲子園の阪神ファンです
むやみに立ち上がらないように、とか物を投げ入れないとか、応援団のメンバーが一生懸命マナーを徹底しています。
もの凄く、マナーが悪いとかネット/マスコミで言われてますが、マナーは最高です。
野次を飛ばす人も中にはいますが、殆どのファン一生懸命声援を送っています。
「かっとばせ~か~ねもと!」「かっとばせ~ひ・や・ま!」----最高です。
星野前監督も「最高の応援団だ優勝は応援団の声援のおかげ」と仰ってます。

○一方、情けないのはビジター(関東地区)での阪神ファンです
星野前監督の言葉は但し書きがあり、「”甲子園の”阪神ファン」とわざわざ断りをいれてます。また、応援団のマナーに怒りを露わにしたことも有ります。
特に2003年の優勝時は、勝手に騒ぐわ、規定外のジェット風船をとばすし、球場外で騒ぐし阪神ファンながら情けなくなりました
昨シーズン(もう一昨年か~~~~)は、にわかファンが増えたせいか、バカ騒ぎをするために球場に来ているとしか思えない。
勿論こんな輩は一部の人間だけですが、何十人も集まると阪神ファン全部が柄が悪いと思われて(実際思われている風情)で悲しくなります。

はじめまして
阪神ファンです大阪→横浜と移住して、阪神絡みの試合しか見たことはありません
甲子園と横浜スタジアム、神宮、東京ドームしか知りませんが(なのでパリーグは知りませんご免なさい)
○一番気持ちが良いのが甲子園の阪神ファンです
むやみに立ち上がらないように、とか物を投げ入れないとか、応援団のメンバーが一生懸命マナーを徹底しています。
もの凄く、マナーが悪いとかネット/マスコミで言われてますが、マナーは最高です。
野次を飛ばす人も中にはいますが、殆どのファン一生懸命声援...続きを読む

Qプロ野球の応援団って何で飯食ってるの?

毎試合球場に足を運んで応援してますけど、彼らの収入源は?
そして、いつも外野のいい席を陣取ってますけど、入場の時ちゃんと並んでるんですか?
だとしたら昼間もおちおち仕事してられないですよね?

Aベストアンサー

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃いますが、昔(15年以上前、特にパリーグ)は試合開始時点では人数が少なく、3回くらいからようやくラッパ応援が始まるような例も少なくありませんでした。仕事が終わってから三々五々球場に駆け付けていたためでしょう。
また「秋~春はひたすらアルバイトでお金を貯め、その資金でシーズン中の応援活動を行う」という人もいるようです。これは応援活動に限らず、放浪旅行を楽しんだり、タレントの追っ掛けをやったりする人も使う手ですね。
ビジターの試合まで全部観るとなるとさらに大変ですので、それも含めて全試合観ている人は少数でしょう。ビジターを本拠とする応援団の人がホーム球場に出向く場合も同じです。ただNo.6でyorunoaozoraさんがお答えのように、ビジターでも何らかの応援組織が存在するのが今は普通ですから「ビジターでは応援なし」というケースは少なくなりました。
遠征の場合その地区の幹部クラスの人が、金欠の若手団員向けに自宅を宿泊所として提供することもよく行われます。

(2)座席確保
「年間指定席だから」と回答しておいでの方が多いですが必ずしもそうではありません。確かに年間指定席を買っている場合もありますが、年間指定席があってもそこでの応援が禁止されている球場(横浜など)や、外野の年間指定席がそもそも存在しない球場も多くあります。指定部分の多いナゴヤドーム外野でも応援団は自由席を使って応援しています。
自由席の場合にどうするかというと、座席確保のために試合の始まる何時間も前から並んでいます(主に若手団員の役目だそうです)。

ある応援団の団長さんと個人的に知り合いなのですがきちんとした会社に勤めていて見識もしっかりした人です。応援団にもいろいろな人がいるわけですが、pirocchiさんが想像なさっているよりは普通の社会人や学生が多いと思います。
以下は私の知る範囲でのお答えです。

(1)仕事と資金
きちんとした定職を持っている人も少なくありません。たださすがに昼間は抜けられませんから、球場に来るのは夜からです(夜から来て場所を確保している理由は(2)で後述します)。
今は試合開始時点で一定の人数の団員が揃い...続きを読む

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Qプロ野球選手が遠征先でのホテルの部屋について

プロ野球選手が遠征先でのホテルの部屋について

プロ野球選手や監督が、遠征先でホテルに宿泊する時の部屋は相部屋なんでしょうか?
それとも個室ですか?まさかスィートルームと言うことは無いと思いますが。
また、ホテルはいわゆる一流ホテルなのでしょうかね?

それと、それぞれのチームの本拠地も選手、監督の我が家も違うと思いますが、その場合、誰がホテルに泊まって誰が泊まらないと、チームスタッフが聞いて手配するのでしょうか?
宿泊費は多分チームが負担すると思いますが、プロ野球チームは大所帯なので宿泊費もバカにならないと思います。
なので、泊まる人数が多い少ないでは年間の経費もかなり違ってきますよね。

ちなみに自分はファイターズファンですが、チームの本拠地は札幌市、梨田監督は関西に家があり、選手は多分元々が東京が本拠地のチームだった為、東京に家がある選手が多いのではないかと思います。
もちろん札幌に仮の家、マンションを持っている選手もいると聞いています。

その辺の事情に詳しい方がいたら教えてください。

Aベストアンサー

ホテルのフロントを経験していた者ですが、広島カープが宿泊していました。
市内の全日空ホテルに宿泊するチームは、巨人とかの一流のチームが宿泊していました。
ホテルの部屋割は、一番高いシングルの部屋に主力選手を、若手選手に中ぐらいの部屋を割り当てていました。
相部屋ということはなくて、選手一人に対して1つの個室でした。一般客と区別して、フロアー(その階)ごとの貸切にしていました。(例えば、1階から6階までは、すべて使用していました。)
監督は、スイートルームへの宿泊でした。自分の勤めていたホテルは、一流ということはなかったですが、全日空ホテルに続くランクのホテルでした。
すみません。それ以外のことは、経験がないのでわかりません。参考になれば・・・。


人気Q&Aランキング