壁にタイルを張り、シリコンのタイプのペンキを 塗ったのですが、テープを張ってつかないようにしていたのに、タイルにペンキがついてしまい、シンナーで落ちなく、困ってます。このペンキが落ちる方法を 教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 タイルのペンキはスクレイバーというもので削り取ります。

スクレイバーはカッターの刃など鋭利な刃物を使用して窓ガラスなど硬くて平らなところの汚れを削り取る道具です。似たようなものにカワハギというのもあります。ビルの清掃の人が床のガムの後を削り取るのに使います。鋭利な刃物を使っていませんが、原理は一緒です。お好み焼きのコテ?みたいな物です。
 ホームセンターなどで購入できるので一度探してみたらどうでしょうか。大掃除のとき便利です。手ごろな道具ではフライ返しが使えるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。
さっそく休みの日にスクレイバーを買って試してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/05 01:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペンキを塗る時のペンキを入れるカートリッジついて質問です‥‥

ペンキを塗る時のペンキを入れるカートリッジついて質問です‥‥

一度使っただけでカートリッジを捨てるのはとても無駄なような気がします。

なので一度使ったカートリッジを再利用して何度も使いたいと思っています。

現時点では一度使っただけでカートリッジを捨ててしまっています。

なるべく残りのペンキをそのまま放置して乾いたら手で剥がすようにしていますが、なかなかうまく剥が

れません↓

そこでうまくカートリッジの内側に付着したペンキを剥がす良い方法はないのでしょうか?

主に使うペンキはウレタン系の溶剤か外壁の下塗りに使う水性の塗料(サーフとかホルダーG)です。

Aベストアンサー

私は建築塗装をやっています。回答になるかどうか解りませんが、普通ペンキを塗る場合さげ缶と呼ばれる金属製の容器に塗料を入れて塗ります。昔はそのまま塗料を入れていましたが、現在はさげ缶の中に内容器と言う薄いビニール系(?)の容器を入れています。これは20枚~50枚程度のセットで売られています。この内容器は使用後洗わずに乾かすと(溶剤で洗ってしまうと塗料が薄くなり剥がしにくくなります)容易にペンキが剥がせますので再利用も可能です。

Q家のブロック塀の加工を洋風になるようにモルタルを目地に塗り込んでペンキを塗りたいと思っています。 家

家のブロック塀の加工を洋風になるようにモルタルを目地に塗り込んでペンキを塗りたいと思っています。
家のブロック塀はコンクリート基礎(ブロック一段分程の高さ)の上に四段程積んであります。測ってみたら地面から1メートルの高さでした。その上から2番目のところに透かしブロックが等間隔に入っています。透かしブロックをモルタルで埋めて上記のような加工をしたいのですが、埋めるモルタルで埋めることには問題ないでしょうか?ちなみにブロック塀は家の南側にあり、東西に一直線に建っています。地域は山形県です。
補足ですが、うちのブロック塀には何故か倒壊防止に入るブロックがありません。
左官屋さんや専門的に基礎工事などやられてる方の意見が聞きたいのでよろしくお願いいたします

Aベストアンサー

透かしを埋めても何の問題もありませんよ

透かしの空間に小石を詰め込んで、それでモルタルを押し込みましょう

Q水性シーラーを塗ってから、水性ペンキを塗る

金属のサイディングを触ると手に粉が付くので、塗り替えようと思います。まず、たわしで水あらいしてから、水性シーラーを塗り、上塗りとして水性ペイントを使う予定なのですが、購入した水性ペンキの注意点を見てみると、粉を吹いている場合は油性シーラーを塗ってから使用してくださいと書いてあります。この場合はどうしても油性シーラーでないと駄目なのでしょうか。水性シーラーを購入したもので。水洗いして粉をある程度取っているのですが。

Aベストアンサー

油性で防錆効果のある弁柄の入ったものがいいです。
錆止めシーラーともいうかな。

Q石材タイルの門柱がボロボロになっているので、うえから外壁塗装用の塗料を塗ろうかと思っているのですが塗

石材タイルの門柱がボロボロになっているので、うえから外壁塗装用の塗料を塗ろうかと思っているのですが塗料がうまく付着して固定するのでしょうか? シーラーというものを事前にぬった方が良いのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

塗装すれば質感は変わります=それはさておいて、シーラーではなくプライマーですね。
特殊なシンナーになりますが、ゴム系のものがよさそうです。=塗膜は非常に薄いです。

仰せのシーラーでは、比較的膜厚が大きいものが市販の体制を占め、仕上げ塗料の下地への吸い込み防止のために施工されます。

いずれの場合にも、塗料の性質が上塗り塗料と相性の合うことが条件です。
上塗りについては、ネットや現物でお好みのものを探してください。
(高価なものほど塗装の条件は厳しくなりますが、きちっと施工すれば長持ちします。)

Q木材にペンキを塗ったがまったく乾かずに手に色がつく

先日木の端材で椅子を組み立てて家においてあった古い油性ペンキ(木製用でベンチや柵など屋外用)を塗ったのですが4~8時間で乾燥すると書いてあるのに乾かずベトベト手につくのですがとりあえず手順どおりサンダーあててから塗って1度だけ厚塗りしたのかもと思っていますが椅子で色がベトベトついてはズボンが台無しになってしまうのでそのまま3日ほど放置していますが乾きそうにありません。どう対処したらいいかと思っています。できるだけお金をかけずいきたいのですが焼却する以外の方法があればそれがいいと思っています。

Aベストアンサー

長期間使わなかったペンキは缶の中の表面に膜ができていたのではないかと思います。溶剤が揮発し、樹脂が硬化し固まっていない部分の成分が新品時と異なるために乾きにくくなったのでしょう。

新たに油性ペイント薄め液を買ってきて、ボロ布にしみこませて拭き取り、しばらく乾かしてから新品のペンキを塗り直してはいかがでしょうか?

ペンキは小さい缶ほどコストが高くなりますが、ボツにすることを思えば必要量に近い容量を買うことで無駄を減らせます。逆に少量ならスプレー缶を使うのも一つの選択肢です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報