芥川龍之介の作品「藪の中」からできた「~は藪の中」のように小説からできた言葉を探しています。
知っているものがあれば教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

下記の言葉など小説から採ったものですね。


【仕掛人】
池波正太郎の「必殺仕掛人」から採ったものです。
「このイベントの仕掛人は、誰々です」というようです。
【華麗なる一族】
山崎豊子の小説のタイトルです。
今はそれほど使われませんが、金持ちで財界や皇室に血脈、つながりを持った一族です。

【エッチ】
舟橋聖一の「白い魔魚」で、主人公の女子大生、竜子が使った言葉です。
「最低ね」というのもこの小説から流行したようです。

【よろめき】
三島由紀夫の小説「美徳のよろめき」から生まれた流行語です。

【失楽園】
渡辺淳一のベストセラー小説で、不倫をすることを「失楽園する」というようです。

【限りなく透明に誓いブルー】
村上龍の小説のタイトルから「限りなく灰色に近い」などと使われました。

【複合汚染】
有吉佐和子の小説のタイトルで、
複合汚染とは二つ以上の毒性物質の相加作用および相乗作用のことですね。
よく使われました。

【インテリジェンス】
手嶋龍一氏の小説「ウルトラ・ダラー」で使われた言葉で流行語になりました。

【てんやわんや】
昭和23年の獅子文六の小説のタイトルで、予想外の出来事などのため、
大勢の人が勝手に動いて 混乱することの意味ですね。

参考URL:http://www.jiyu.co.jp/GN/cdv/backnumber/200501/t …
    • good
    • 0

有吉佐和子の「恍惚の人」


いまでいう認知症ですね。それも重いほうの。
本が評判になったころは流行語でしたが、いまはどうなんでしょうか。若い人にも通じるのかな。
    • good
    • 0

「斜陽族」「斜陽産業」などの


「斜陽」は、
太宰治の小説「斜陽」から来たと思われます。
    • good
    • 0

やはり一番最初に浮かぶのは、堺屋太一さんの書いた本のタイトルから生まれた「団塊の世代」ですね。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q芥川龍之介の小説

目がチカチカして、透明な扇状のギザギザしたものが見え眼科に行ってきました。すると、お医者さんが「
見えた後に頭痛はしませんでしたか?まあ、よくあることです。芥川龍之介の小説にもでてきますしね。」と言いました。聞き流してしまったのですが、あとになって何という小説なのか気になってきました。
ご存知の方いらっしゃいましたらお願いします。

Aベストアンサー

芥川は片頭痛持ちで、
閃輝暗点(片頭痛の前兆の視覚異常)の描写が
No.1さんの「歯車」に出てきます。

なので、お医者さんは頭痛に関して聞いて、
芥川の話を出したのだと思います。

Q小説サイトの 「野いちご」 「ベリーズカフェ」 「魔法のiらんど」 この三つのサイトの中で恋愛小説を

小説サイトの
「野いちご」 「ベリーズカフェ」 「魔法のiらんど」
この三つのサイトの中で恋愛小説を探してます!よろしければ(完結作品で)オススメの作品を教えてください!

タイトル〇〇〇〇 著者△△△△△
ページ数□□□

出来ればこのように書いて頂けると幸いです!注文が多くてすみませんm(_ _)m…

Aベストアンサー

野いちごのサイトです。
「地味子の秘密 其の一〜六」牡丹杏
600~700弱
長編ですが、読み飽きず話の内容もとってもいいです。

Qミステリー小説で「不朽の名作」と呼ばれている作品

ミステリー小説で「不朽の名作」と呼ばれている作品を教えてください。海外翻訳ものではなく、日本の小説が良いです。

「不朽の名作」の定義ですが、少なくとも1990年以前に書かれたもので、できれば「個人的に面白かった作品」ではなく、一般的に「不朽の名作」と呼ばれている作品が良いです。

回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■『心理試験』 江戸川乱歩

犯罪がバレるのはつまらない小細工を弄す事がその原因であるという持論から、小細工を徹底的に排除した犯罪計画をたてる男の話。彼は事件に関係のあることでも隠す必要のない事柄に関しては逆にあからさまにしていく。

通常の推理小説で犯人が発覚する要因を犯人自らが自覚し、それを排除する様が印象的で、読者を擬似共犯者の心境にして物語へと引き込んでいく名作。日本の倒叙(とうじょ)ミステリー物の祖だと言われる。

■『獄門島』 横溝正史

瀬戸内海に浮かぶいにしえの流刑地『獄門島』
この島の鬼頭家の家督をめぐり、陰惨な殺人劇が繰り広げられる。

見立て、トリック、犯人の仕掛けと、最高の完成度を誇る名作。
本作を日本ミステリ史上ベスト作品に推す人は多い。

■『ドグラ・マグラ』 夢野久作

「日本探偵小説三大奇書」に数えられている名作で、構想・執筆に10年以上の歳月をかけて完成された。
大正15年頃、九州帝国大学医学部精神病科の独房に閉じ込められた記憶喪失中の若き精神病患者の物語。
その常軌を逸した内容から、「本書を読破した者は、必ず一度は精神に異常を来たす」とも評されている。

■『黒死館殺人事件』 小栗虫太郎

探偵小説の要素をことごとく詰め込んだ傑作で、日本のオカルティズム・衒学趣味小説の代表書といわれる。
内容に含まれる膨大な知識量から「推理小説の一大神殿」とも称される。

■『他殺岬』 笹沢左保

1985年の作品。誘拐物として展開の仕方が秀逸。こんな着地点があり得るのかというほど驚愕の結末に辿り着く。
プロットの完成度が突出した名作。

■『心理試験』 江戸川乱歩

犯罪がバレるのはつまらない小細工を弄す事がその原因であるという持論から、小細工を徹底的に排除した犯罪計画をたてる男の話。彼は事件に関係のあることでも隠す必要のない事柄に関しては逆にあからさまにしていく。

通常の推理小説で犯人が発覚する要因を犯人自らが自覚し、それを排除する様が印象的で、読者を擬似共犯者の心境にして物語へと引き込んでいく名作。日本の倒叙(とうじょ)ミステリー物の祖だと言われる。

■『獄門島』 横溝正史

瀬戸内海に浮かぶいにしえの流刑...続きを読む

Q小説作品で、人間の言葉を話すカラス、もしくはネズミが登場するものを教えてください。

人間の言葉を話すカラス、もしくはネズミが登場する小説作品を教えてください。

小説作品がない場合、漫画、映画、ドラマ作品でもかまいません。

カラス、ネズミ以外の動物が人語を操る作品についても、教えていただけたらうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

直木賞受賞作品の「鹿男あをによし」ではネズミが片言の言葉を喋っていますよ。
とても面白い小説です♪

Q江戸川乱歩の推理小説で「モロッコ蛮族とまちがえてやがる」という一文があったのですがどの作品でしょうか

詳しい方に質問させていただきます。

江戸川乱歩の明智小五郎シリーズの推理小説で「モロッコ蛮族とまちがえてやがる」という一文があったと思うのですがどの作品でしょうか?
また、当時、この文章の意味が分からなかったのですが、どのような意味でつかわれたのでしょうか?

詳しい方がいましたら、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

『黄金仮面』ですね。

 登場する謎の怪人「黄金仮面」の正体は他の作家が創造した有名なキャラクターで、殺人をしないことで知られていますが、実は白人は殺さなくてもモロッコの原住民を平然と殺すシーンがあります。
 乱歩はその人種差別を取り上げて皮肉り、白人ではない日本人も平気で殺す人物として描いています。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報