20代のものです。
アトピー性皮膚炎は一生直らない病気なんですか?
医者に程度は軽くなるものの、完全に消えることはないといわれたんですが。
アトピー体質というものは変わらないのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

こんにちは。


高校1年生の女です。2歳の頃からアトピーです。

私は2歳から13歳までの11年間、ステロイドを使っていました。かなり強いものも使いました。肌が黒ずんで、よろいを着ているようにゴワゴワになってしまいました。アトピーではない3つ下の妹が本当に本当に本当に羨ましかったです。

13歳から現在は漢方治療をしています。ステロイドは一切使っていません。kyo14さんのおっしゃっている、「紫雲膏」「太乙膏」も使っていますし、イソジンで消毒もしています。母も、食事・生活環境・衣服等、すごく気を使ってくれています。睡眠も毎日8時間取ってます。
肌のゴワゴワはなくなりました。でもまだアトピーは治ってません。でも、2年で確実に良くはなってます。重度だったアトピーが、軽度になりつつあります。
漢方は治るのにとっても時間がかかります。正直、辛い時期はめっちゃ辛いです。
私は漢方が大ッ嫌いです。でも、キレイになりたい一心で、もうちょっとだけ頑張ってみようと思ってます。
ちなみに、脱ステして漢方に変えた時、最初の1ヶ月は一気に症状が出て辛かったですが、1ヶ月もすれば落ち着きました。

あと、脱ステをする際は、次の対処の方法の準備をしてからステロイドの薬を捨てるといいと思います。捨ててから次の準備、だと次の対処前にまた悪化してしまうと思うので…。

今、私はは思春期と言われる時期ですし、めっちゃオシャレしたいし、キレイになりたいです。でも、何か…自信なくなっちゃいますね。
私もアトピーは治らないんではないか、と思ってしまいます。“いつか絶対治るから”この言葉を聞くだけでキレそうになる時もあります。
お願いだから、治って欲しいんです。でも、どうにもならなくて泣く時もあります。
でも、治るって信じないと…。信じられなかったら、今頃私、生きてないです。

アトピーは治るそうです。アトピーの体質的なものはなくならないと思いますが、肌の症状は消えるそうですよ。長くなってしまって申し訳ありません。
あの…私も頑張ります、一緒に頑張りましょう。
    • good
    • 2

アレルギー検査はされているでしょうか?


アトピーになったキッカケは、何かに反応してアレルギー症状が出たためと思います。皮膚科でのパッチテスト以外に、歯科金属のパッチテストもお勧めします。
発症が口唇部から始まっている場合は、要注意です。

私は皮膚科でのパッチテストや血液検査で、特に突出したアレルギー反応物質はなかったのですが、色々調べた結果歯科金属アレルギーの可能性が考えられました。
そこで歯科大学病院で検査を行ったところ、水銀(アマルガムに含まれている)のアレルギー反応が出て、また水銀が溶出していることも分かりました。
そのため全てのアマルガムを除去し、約1年半でアトピーの症状が治りました。アレルギー体質は完治しないので、完治とは言えませんが普通の人と同じです。
アマルガム除去後、脱ステロイドや脱プロトピックによるリバウンド状態で、途中かなり辛い時期はありましたが。
一度検査されてはいかがですか?

参考URL:http://homepage.mac.com/yumesou/allergy.html
    • good
    • 3

消毒はエタノールでもいいと思いますが、値がはるでしょうから消毒用のイソジンなんかが良いと思いますよ。



コットンで塗って、しばらくおいてからシャワーで流すと良いでしょう。
でも、ステをやめる気はないんですよね?
じゃあ傷も出来ないから消毒の必要はないんじゃないですか?

職場の方の理解があれば、休職させてもらって治療に専念するというやり方もあります。

脱ステのリバウンドは酷くなったり治ったりの繰り返しですから、酷い時は休職させてもらって、よくなったら一時復帰させてもらうとかそういう方法もあります。
これはあくまでも職場の理解があればですが…

脱ステ入院のことはよく知りませんが、だいたい酷くなってから治る→酷くなる→治る…というスパンが3ヶ月ごとくらいなので、最低でも3ヶ月といったところでしょうか…。

ちなみに皮膚の免疫はステを使ってどれくらい抑制されていたかを記憶していますので、リバウンドの大きさや期間は、質問者さんの使っていたステの強さと使用期間に比例します。

なので、例えばステを一ヶ月しか使っていなかった人が脱ステをしても、おそらく軽いリバウンドで済むでしょう。

使用年数が長かったり、ステロド注射(これは最悪です)を打ったことがあるとかいう人は長期のリバウンドが予想できます。
私も7年も使用していたので、2年経った今も完治していません。

いつ治るとかそういうのは誰にもわからないんです。
もしかしたら1年で綺麗になるかもしれないし、5年も6年もかかる人もいます。

ですので、リスクはかなり大きいです。

薬を塗り続けて安定した生活を選択なさるのならそれもまたよしだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ステロイドを使っていますが、傷だらけですよ。orz
瘡蓋ができてもすぐ掻いてしまいます。
かゆみがすごいです。

お礼日時:2006/10/14 17:22

返事が遅くなってすみません・・・NO.8で回答したものです。


薬はですね、ノンステロイドの塗り薬をマツモトキヨシで買いました。最後まで手が治らなくて、仕事中も痒くなることがあったので(ちなみに事務職です)、自分としては妥協して塗り薬を買いました。
「妥協」という言葉を使ったのは、せっかく酷い時期も薬を使わずにがんばってきたので、最後まで使わずにおこうかと思っていたからです。それに、そもそも私は意志が強いほうではなくて、魔法みたいに症状を緩和してくれるものを一度使ってしまったら、それに頼らずに過ごすことができなくなるだろうなと分かっていたからです。でも、その薬も二日ほど使用した後、どこかにいってしまいました。

上手に薬を使って、それで毎日快適に過ごせるんだったら、それもアリかなとは思いますが、別の回答者さんが答えられてるように、その薬を一生使わないといけないのなら、それはきついですよね・・・・。
質問者さんは今の生活を急に変えて治療に専念、というのは難しいとは思いますが、少しずつステロイドを使わない代替手段を生活に取り入れていったりしながら、どうぞがんばってください!!
”代替手段”と書きましたが、私がとったアトピー克服の手段として、前回書いていなかったものの補足なのですが、しばらく整骨院に通ったりもしました。「自律神経が乱れているから、体が変になっちゃったのかも」と思い、知人に聞いて、信頼できるところを探しました。そこは、気の流れを整えてくれる施術もしてくれたので、もしかしたらアトピー治療には関係なかったかもしれませんが、心身ともにリラックスできたと思います。通ううちに、お線香で疲れた時に自宅で簡単なお灸の仕方も教えてくれたりしました。(保険が使えるので、比較的安く施術を受けることができますよ)
あと、前回書いたのですが、温泉もよかったです。別の回答者の方が書かれていましたが、私は大分県の別府にある明礬温泉が肌に合いました。
あと、走ったりしてたくさん汗をかくのもいいって聞いたことがありますよ。
お金をあまり使わずにためせることなら、いろいろ試してみてください。そして、症状がよくなったら、元気に報告してほしいです。
がんばれっ!!!

参考URL:http://www.onsen-forum.jp/co/file/meito/
    • good
    • 1

感染症というのは、掻いて傷が出来た時に正しく消毒しないと傷口からばい菌が入ってしまい、ブドウ球菌の毒によって患部が広がり、グジュグジュになります。


酷くなると発熱(非常に高熱)したりします。

主にとびひ・ヘルペス等だと思います。
私はマメに消毒を行っていたので幸い感染症にはなりませんでしたが。

ちゃんと傷が出来たらマメに消毒すれば大丈夫だと思いますよ。

>脱ステロイドするなら入院でもした方がいいかもしれないですね

そうですね、脱ステによる一時入院はよくあることだと聞きます。
でもそこで知らぬ間にステロイドを塗られてしまったなんて酷い話も聞きますから、気をつけて下さいね。

とにかく一人じゃ絶対に乗り越えられません。
食事のバランスは特に大事だし、洗濯や掃除にしても…。
酷い状態になると何も出来なくなります。
ご家族の協力が不可欠ですよ。

頑張って下さいね。

この回答への補足

とびひは既に感染しています。orz
消毒はどうやってやるのですか?
エタノールで消毒すればいいんですか?

脱ステ入院はどれくらいすればいいですか?
仕事をしながらだとステロイドは欠かせないものですので
ステロイドを使ってがんばりたいと思います。

脱ステして完全に直したいのですが、
がんばります。

補足日時:2006/10/09 16:20
    • good
    • 0

レスどうもです(^_^)



私の知ってる限りなら答えさせてもらいます。

>ステロイドをだんだん軽くしていき、最後は保湿と私が行く医者は言っていましたが。

これはステロイドを出す医者は必ず言います。
でもこれは実際不可能に近いです。

皮膚の免疫構造なんかを勉強するとわかるのですが、ステロイドは皮膚に現れたアレルギー症状を一時的に抑制し、免疫機能を低下させます。
簡単に言うと、症状を上からどんどん押さえつけているだけで、塗るたびに皮膚が弱くなっているんですね。

もちろん、塗るのをやめると押さえられていた分爆発して皮膚に出てきます。
そしてそれをまた押さえるために仕方なくステロイドを塗ります。その繰り返しです。

一度強いステロイドを塗ると、皮膚の免疫はその強さを覚えます。
その後またアレルギー症状が出たとき、それより弱いステロイドは効きません。
一時的にはよくなるでしょうが、必ず次第に効かなくなり、また強い薬を使わざるを得なくなります。

それは皮膚の免疫構造上当たり前のことです。
なので弱い薬に移行していくという治療法は理論上難しいことだと言えます。
そして弱いステロイドと言いますが、ステロイドを塗っている時点で“治療”ではありません。
ただの“応急処置”、その場しのぎです。
弱くても塗っていれば一生治ることはありません。

私も昔かかっていた皮膚科でそのような方法を取られましたがやはりどう頑張っても無理でしたから。

>酷い状態でもステロイドを使わないんですか?

もちろん使いません。
諸悪の根源がステロイドですから。
本当に、これさえ塗らなければアトピーは治るんです。
脱ステをすると決意した日から、家にあるステロイドを全て捨てました。全て残らずです。

そうするとやっぱり症状が出ますよね?
出ます出ます。そりゃもう酷い酷い。
リンパ液ダラダラ、血もダラダラ。
顔はパンパンに腫れあがり、目も開けられず、間接は痛くて動かせない。
ほとんど寝たきり状態です。

これがステロイドのリバウンドです。

もちろん通常の生活は出来ません。
しかも、いきなりステロイドを断つということは、かなり危険な行為だと言えます。
傷から感染症にかかったりすることもあります。

なので、必ず信頼できるお医者様の元で行ってください(もしも脱ステをなさるなら)

で、何を塗っていたかと言うと…。
まず、『アトピーが治る薬』というのはありません。
あったらアトピーの患者さんは居ませんよね^^

有名なのが『紫雲膏(しうんこう)』『太乙膏(たいつこう)』『亜鉛華軟膏』などでしょうか。
用途は違いますが、それはご自分で調べて見てください。

これらは漢方薬の軟膏です。
ステロイドとは全く別物です。“症状を抑える薬”ではありません。“傷を治す薬”です。

本来、火傷や切り傷などに抜群に効く軟膏です。
つまり、掻いてしまった後の傷、カサカサの部分に塗ってそれらを早く治す、という意味で塗ります。
未然に防ぐものではありませんし、ステロイドのような即効性もありません。

でも傷の治りは本当に驚くほど早いです。
そして、自然のものですので口に入れても大丈夫です。

長くなりましたが、これはあくまでも私の体験談です。もちろん嘘偽り一切ありません。
こうやって治った人間がここにいます。

ただ、本当に辛いものです。
今の生活を捨てなければなりません。
それでも「ステロイドを断ちたい」のか。
それとも、「さすがにそれは嫌だからこのままステロイドと付き合っていけばいっか」と思われるのか。

それは質問者さんの自由だと思います。

実際ステロイドとうまく付き合っている方も沢山居ます。
ただ、一生塗り続けなければなりませんけど…。

生活を優先するか、2、3年を棒に振ってでも完治させたいのか…。

それは質問者さんが選択することだと思います。

ただ、この質問を見て私は「アトピーは治るのに!」と強く言いたかっただけです。

それでは失礼しますm(__)m
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ステロイドを捨てて皮膚に耐性を付けると直るということですね?
しかし、生活が犠牲になるのでどうするかは自分で決めたいと思います。

感染症とはどのようなものですか?
脱ステロイドするなら入院でもした方がいいかもしれないですね。

お礼日時:2006/10/08 01:19

治ります、必ず治りますよ。


私は完治した知人をたくさん知っています。
そして実際私も治りました。
まだ完治とは言えないでしょうけど、治りつつあります。

治らないと言っている人は、ステロイドを塗り続けているからでしょうね。
そして医者はこれを渡せば完治しないとわかっていてステロイドを渡すのです。

本当にアトピーのことをわかっている医者なら
「ステロイドを止めれば治ります。ただし、止めればリバウンドが必ずおきます。」
と言うでしょう。

ステロイドはリバウンドを抑えるために塗っているのです。
アトピーを治すために塗っているのではありません。
でも、苦しいリバウンドの先には必ず完治があります。
ただし、相当の覚悟が必要です。

私は7年間もステロイドを塗り続けていました。
バカだと思います。
これさえ塗らなければ、アトピーなんて一ヶ月やそこらで完治したものを。

でも止めたんです。
もう一生こんな薬を塗り続けるのは嫌だったからです。
しかしリバウンドのせいで止めてから1年間は地獄のようでした。
これは本当に予想以上の苦しみでした。
仕事も辞め、ずっと外にも出れませんでした。

でも今は綺麗なんです。
あんなに酷かったアトピーが。

ただし、#8さんのおっしゃるように、食事・睡眠が本当に大切です。これが要なんです。
アトピーは胃腸を強化し、体質改善をすれば時間はかかりますが必ず治ります。

私は漢方薬を毎日煎じて飲み続け、食事にも気をつけ、睡眠をよく取るようにしました。

今では、ステロイドを塗りながら「アトピーなんて一生治らない」とか「うまく付き合っていくしかない」なんて言ってる人が可哀相に思えます。

頑張って下さい。
アトピーは必ず治ります。
URLも参考になさって下さいね。

参考URL:http://www.1atopy.com/

この回答への補足

ステロイドをだんだん軽くしていき、
最後は保湿と私が行く医者は言っていましたが、
この考えはどうなんですか?
酷い状態でもステロイドを使わないんですか?

補足日時:2006/10/07 21:50
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レスありがとうございます。
確かにずっとステロイドを使っています。
重たい時はステロイドで治して、
軽いときはステロイド以外ですが、
ステロイドを使わないというのは具体的に何を使うのですか?

>今では、ステロイドを塗りながら「アトピーなんて一生治らない」とか「うまく付き合っていくしかない」なんて言ってる人が可哀相に思えます。
そうですか。
ということは私も可哀想な人の人ですね。

お礼日時:2006/10/07 21:48

「一生直らない」って、重いコトバですね・・・。


アトピーのかゆみや皮膚の状況は、治りますよ。

私は31歳なのですが、今年の春に転職し、ストレスで顔、首、手がアトピーで酷くなってしまいました。痒くてたまらなくて、夜、お風呂上りには自分の顔を一時間以上叩いてしまっていたりして、翌日は腫れた顔で出勤したものです・・・。手や首からも、よくリンパ液が出たりして、本当に、もう、大変でしたっ!!!痒くて眠れない夜もありますし。
でも、結局治りましたもん。現在も体質としては、アトピーになりやすいものをもっていると思います。でも、いくらアトピー体質でも、症状が出ていないので、全く問題ないです。

ちなみに私は薬(ステロイド)は使いませんでした。その代わり、食事に気をつけたり、休みの日などは睡眠をたくさんとったりしました。温泉に行ったり、保湿クリームをいろいろ試したりもしました。
今から思えば私にとっては、食事の影響が本当に大きかったです。毎日苦しむ私を見かねて、母が60の手習いでマクロビオテックの食事療法を少しずつ取り入れてくれました。

当初、私は自分がアトピーになったことを恨めしく思いました。でも、結局、ひどいアトピーになったことが、自分の体を思いやる癖をつけるいいきっかけになってくれたと思っています。どんなに健康な人も、メンテを怠ると別の大病を急に患ったりしますし。アトピーさんは、そうなる前に体が「やばいぞ」って、警告を出してくれているんだと思います。

体の細胞は、毎日せっせと生まれ変わっているのだから、心配しないでご自分を大切にしてあげてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

薬は何を使ったのですか?
ステロイド以外とのことですが。

お礼日時:2006/10/07 21:49

治りますよ。


私も中学生くらいのころ、少しだけ悩まされたんですが、高校生くらいで何故か綺麗になりましたもん。。

ニンジンジュースを作って飲んだりとあれこれ試したりはしたんですが、得に効果もありませんでした。
・・年齢とともに体質が変わったから・・・としか考えられません。

治ってから跡もすぐ消えたので、今は跡形無しです。

ただ、ウール100%のセーターとかは今でも着られないんです。チクチクしちゃって、痛くて。。(なんで皆は平気で着られるの?)
ウール10%だけでも入ってると、見事にチクチクします。

だから、セーターはどうしてもレーヨン100%とか、アンゴラ100%などに限定されてしまいます。


他、使える基礎化粧品も、普通の方に比べたら少ないようです。
(低刺激ブランドはあまりスキじゃないので、除外)
資生堂全滅、コーセー70%、カネボウ全滅、外資系化粧水はほとんど全滅。
江原道は、アトピーを謳ってない割に、全て安心して使えます。

不便なことは、それくらいです。
    • good
    • 2

わたしの身内も重度のアトピーです。


まぁ、治らないでしょうね。でも、アトピーともうまく
付き合っていく手段がありますよ。
方法は、3つ。
1)きちんと薬は正しく使う(長く使いすぎたり、しない)
2)大丈夫な時期は、自分にあった化粧品を使う。無理な時期は
 薬もちゃんと使う!
3)ちゃんと説明してくれない医者は信用しない
です。

自分にあった化粧品選びをすれば、アトピーだって随分なやま
すにすみますよ。
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 口角びらん・口唇炎のまとめページ

    口角びらんとはどんな病気か  唇の端で上唇と下唇がつながる部分を口角といいます。口角がただれたり、切れたりした状態を口角びらんといいます(図7)。普通は、左右の口角に同時に生じることが多いようです。...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング