松本大洋さん大好きです。
さて。
松本大洋さんはコミック以外にもイラストの分野で活躍されているらしいですが、「100」とか「101」のようなイラスト集以外に、どんな仕事をされているのでしょうか。たとえば、誰かのほんの表紙を書いてなさるとか、CDジャケットを手がけてなさるとか、なんでもいいんですけど、手に入る彼の仕事がありましたら些細なことでも結構ですので、教えてください。
お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

まだここでは話題になってないので、一応書いておきます。


ピンポン映画化。もうすぐ公開のはず。予告編は下記で見られる。
どんな映画になったのやら。

参考URL:http://pingpong.asmik-ace.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだか、窪塚洋介が松本大洋の絵とうまく繋がりません。この漫画大好きだから映画は見たくなかったり・・・とかいいつつ実は見たかったり・・・。

お礼日時:2002/04/03 19:14

手に入るってわけじゃないんですけど、GWくらいにロードショーになるはずの「蒼い春」って映画の原作が松本大洋さんだったと思います。



確かシネマライズあたりの単館ロードショーの予定だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へへへ!実は知ってたり。。。見に行きたいデース。

お礼日時:2002/04/03 17:54

冬野さほさんは松本大洋氏の奥様だそうです。

(私も最近知りました)
それから5月にフリースタイルから出るコミックスが、以前黒テントで上演された戯曲の元になった漫画だと思います。蛇足ですが。
    • good
    • 0

『黒テント』という劇団の為に戯曲を書いています。


『メザスヒカリノサキニアルモノ若しくはパラダイス』というお芝居で、現在フリースタイルという出版社から出ています。漫画でなく活字です(表紙は勿論本人のイラスト)。
この劇団は松本大洋の漫画を何度か上演した事があり、以前この劇団の為に描き下ろしの漫画を描いていたように思います。
世間的な評価は分かりませんが、昔から自分の周りではかなり人気がありました。勿論私も大好きです。彼以降、ああいう絵柄の漫画家が増えた様に思います。

参考URL:http://www.webfreestyle.com/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLにアクセスしたら、フリースタイルから5月に松本大洋さんの漫画が発売すると言う情報をゲットしました!ありがとう!
そういえば、冬野さほとか松本大洋に似てますよね。

お礼日時:2002/04/03 11:23

数年前のTBS系のナイター中継のオープニングに松本大洋さんのアニメが流れていました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

えええ???そういうのって今はもう見れないんですかねえ・・・???松本さんって最近になってやっと認めらて来たと思ってましたが、やっぱ昔から評価高かったんですか?

お礼日時:2002/04/03 00:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松本 大洋のオススメ。

いつも、お世話になります。
また質問しちゃいました。
松本 大洋の絵って凄い興味がありつつ、まだ漫画は読んだ事がないんです。

オススメを教えてください。
内容とか、教えてくれるとありがたいです。

すいませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●「鉄コン筋クリート」
これは私が最も好きな松本大洋作品です。
松本大洋の特徴が最も良く表れた作品だと思います。
クロとシロという二人の少年が主人公です。
二人は「宝町」という町に住んでいて、その町を愛していた。
その町と人々と、クロとシロ。イタチ。
「お前は何を信じる?」「俺はシロを信じる。」
自分にとって何が一番大切なのか。いろいろ考えます。

●「GOGOモンスター」
2500円という値段はコミックとしてはとても高いけれど、損をしたとは全く思わない作品でした。
ちょっとだけ鉄コンと似ている気もします。
子供の頃は知っていたのに忘れていた事。思い出せるかも。

●「ピンポン」
読んだことはないんですけど、次にとても読みたい作品です。
多分、松本大洋好きならはまるんだと思います。
その名の通り、卓球漫画です。
大洋ワールドでおなじみの光と影をなす「二人の主人公」。
控えめで引っ込み思案の月本誠(通称 スマイル)と、お調子者でガキ大将肌の星野裕(通称 ペコ)。

ソコカラナニガミエル?
http://www2p.biglobe.ne.jp/~j-bito/
本の内容、それについての感想、考えなどを見たいならこちら。
(今回、一部こちらの文章使わせて頂きました;)


松本大洋の本(小学館の松本大洋ページ)
http://www.shogakukan.co.jp/taiyo/top.html
本の紹介、一覧が見たいならこちら。


松本大洋の絵に興味持ったんなら、きっと好きになると思います!
是非読んでみてくださいね。(^-^

●「鉄コン筋クリート」
これは私が最も好きな松本大洋作品です。
松本大洋の特徴が最も良く表れた作品だと思います。
クロとシロという二人の少年が主人公です。
二人は「宝町」という町に住んでいて、その町を愛していた。
その町と人々と、クロとシロ。イタチ。
「お前は何を信じる?」「俺はシロを信じる。」
自分にとって何が一番大切なのか。いろいろ考えます。

●「GOGOモンスター」
2500円という値段はコミックとしてはとても高いけれど、損をしたとは全く思わない作品でした。
ちょっとだ...続きを読む

Q松本大洋さんの絵柄が好きなのですが

松本大洋さんの絵柄が好きなのですが、そういう人におすすめの絵柄の漫画家さんはいませんか?
松本大洋さんの絵柄に似てる、もしくは雰囲気が近い絵を教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

松本大洋の漫画は独特過ぎるので、あまり似ている漫画家さんは思いつきませんね…。
やはりIKKIの連載陣は雰囲気が近いと思います。

似ている絵柄として「背景の描き込み」「描線が特徴的」「トーン使用量が少ない」等の特徴を持っている漫画家は、
・五十嵐大介
・羽生生純
・カネコアツシ
・岡崎京子
・つげ義春
・二瓶勉
などでしょうか?

中でも、つげ義春の絵柄は「青い春」あたりの松本大洋と近い気がします。

Q松本大洋のピンポン

映画を見てとても面白かったので原作の漫画を買おうと思うのです。が!ピンポンは1~5とABCがあるじゃないですか!
新装版って書いてあるし、内容は同じなんですよね?
どっちを買うべきなんでしょうか!?

Aベストアンサー

僕はどちらも所有しています。
松本大洋の漫画はすべて持っています。
絶版になったもののみ所有できていませんが。。

僕個人としてはずーっと奇麗なままで保存したいなら1~5巻まであるものを購入し,

ただ原作を読んでみたいだけで,保存状態はどうでも良いのでしたら,新装版(A,B,C)を購入するのが良いかと思います。

蛇足ですが,松本大洋のピンポン以外の漫画では「花男」が個人的におすすめです。。

御参考まで。

Q漫画 作画 画材 トーン グレーの部分について 松本大洋 竹光侍

松本大洋の竹光侍をの作画についてなんですが
グレーの部分をどういう画材で表現されているのか推測でもいいので教えて欲しいです

トーンワークでは出せるとは思えない水彩的に滲みを感じるグレーの部分がたくさんあるのですが
通常、グレーの部分は真っ黒になってしまうと聞いたのでどのようにして表現しているのか疑問です

Aベストアンサー

竹光侍ではトーンは原則使わず、薄めた墨を使っているとのことでした。

Q○○とか○○とか○○とか、という表現

最近、ときどき小説でも見かけるようになりましたが、もともとはおそらくマンガのセリフ表現ではないかと思います。
「○○とか○○とか○○とか」という同じものを3回繰り返す言い回し。

使用例
貧しくていつも腹をすかせている主人公のところへ、友人がやってくる。
友「おー、アブク銭が入ったんで、ゴチソーしてやるよ。何がいい?」
主「焼き肉とか焼き肉とか焼き肉とか!」

この言い回し、いつ頃、誰が始めたんでしょうか?

個人的には、70年代の吾妻ひでお、和田慎二、あるいはそれ以降で、高橋留美子、長谷川祐一、竹本泉あたりが頭に浮かぶのですが、全く検証できていません。意外と、マイナーな少女マンガあたりが発祥かもしれません。

※ふつうに、違うものを“とか”で並立する表現「○○とか△△とか××とか~」という使い方自体、比較的新しいもののようです。戦後くらい?


何か手がかりになる情報がありましたら、教えてください。
多少おぼろげでもかまいませんが、誰の何年の作品に使われているというのがわかれば、よりありがたいです。
よろしくお願いします。

最近、ときどき小説でも見かけるようになりましたが、もともとはおそらくマンガのセリフ表現ではないかと思います。
「○○とか○○とか○○とか」という同じものを3回繰り返す言い回し。

使用例
貧しくていつも腹をすかせている主人公のところへ、友人がやってくる。
友「おー、アブク銭が入ったんで、ゴチソーしてやるよ。何がいい?」
主「焼き肉とか焼き肉とか焼き肉とか!」

この言い回し、いつ頃、誰が始めたんでしょうか?

個人的には、70年代の吾妻ひでお、和田慎二、あるいはそれ以降で、高橋留美...続きを読む

Aベストアンサー

おくまで個人的な主観なのですが、こういった言い回しは竹本泉が初めてのような気がします。
それまでこのような表現は見たことがなかったので、驚いた記憶があります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報