「戻る」ボタンを画像に置き換えたいのですが、どこをIMG SCRにおきかえればできるのですか?

<form>
<p>
<input type="button" value="戻る" onclick="history.back()">
</p>
</form>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

とは alt」に関するQ&A: ALTの意味とは

A 回答 (2件)

最初の<form><P>と、最後の</P></form>を抜きにすると、



<A onclick="history.back()">
<IMG src="××××.gif" border="0" width="××" height="××" alt="××××"></A>

で良いと思います。

なおサイズとALT名は入れなくても表示はされます。

osapi124でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。できました。丁寧に解説までしていただいて、理解できました。 (。・_・。)ノ

お礼日時:2001/01/09 10:59

<input type="image" src="back.jpg" value="戻る" onclick="history.back()">




HTMLの話のような気もしますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
質問コーナーも間違えたようで、そんなことにも気づかずすいません・・・δ(⌒~⌒ι)とほほ...

お礼日時:2001/01/09 10:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q亀甲牡丹ヒントニーの育て方

1年前くらいに、亀甲牡丹ヒントニー(実生?)の小さい鉢植えを買いました。
お店の人が、肥料などはいらないから水だけ2週間に1回くらいでコップ1杯くらいあげて、と言っていたので、そうしていたのですが、最近になって、葉っぱ?が茶色になってきています(枯れてる?)
夏ぐらいまでは綺麗な緑色だったのですが。
室内の日はあんまりあたらないところに置いてます。
サボテンを育ててるのは初めてで、どうしたらよいのか全く分からないです。

水やりの頻度や量をこうしたらいいとか、肥料はいらないのか、とかアドバイスがあったら教えてください。
今は、まだ直径4センチ、高さ2センチくらいの大きさです。
鉢が買ったときの小さいもの(直径8センチ、高さ10cmくらい)なのですが、植え替えたほうがいいのでしょうか。
また、日なたに置くのと日陰におくのとどちらがいいのでしょうか。

参考になるのかわかりませんが、今朝とった写真をつけました。

Aベストアンサー

誠に残念ですが、画像を見る限り九分九厘枯れています。
一分の望みはあるかも知れませんが、このような状態になってからでは
助けようがありません。元の緑色に戻すのは不可能です。
今後に新たに購入されるかも知れませんので、亀甲牡丹ヒントニーが何
であるかと言うより、サボテンがどんな植物であるのかを説明したいと
思います。これを読めばサボテンと言う植物が分かり、販売店の方が言
われた事が間違いだった事が分かります。

サボテンと言う植物は暑さや乾燥に非常に強く、多湿や寒さには非常に
弱い植物が多いです。一部には寒さにも強い種類もありますが、そのよ
うな種類は世界中に数種類しかありません。
暑さに強いと言うのは、自生地が亜熱帯や砂漠等で自生する物が多いと
言う訳で、長期間も雨が降らないメキシコ等が有名です。
体に水分を蓄えられる機能を持っているため、水遣りを怠っても直ぐに
は枯れる事がありません。蓄えた水分を少しづつ使用し、雨が降るまで
生き延びようとします。蓄えた水にも限りがあるので、全て使い切って
しまうと当然ですが枯れてしまいます。逆に普通の草花のように毎日の
ように水遣りをすると、蓄えられる水分分量を超えますから、根腐れを
起こして腐敗して枯れてしまいます。

どんな植物や樹木でも共通しますが、植替え時期は必ず決められていま
す。何時でも植替えが出来るとは考えないで下さい。決められた時期に
植替えを行うようにし、状態が悪くなってからでは手遅れになります。
亀甲牡丹は通常のサボテンと同じですから、植替えは5~9月の間だけ
で行います。僕の長年の経験からすると、出来るなら梅雨時期と猛暑の
時期を除いた時期が良く、梅雨入り前までに植替えを済ませた方が良く
なります。古い土は全て捨て、新しい土を使用して植替えます。
土は市販のサボテンと多肉植物の土を使用し、何も混ぜないで購入時の
ままで使用しますが、保水性が高い種類が多いので園芸用の川砂を2割
程混ぜても構いません。

肥料は植替え時に緩効性化成肥料(マグァンプK等)を混ぜて使用し、
次回の植替えまで一切与えません。置き肥で与える時は5~9月の間に
2ヶ月に1回で少量与えます。

置き場所は年間を通して日当たりの良い場所に置き、真夏だけは光線に
より本体が焼けて茶色く変色する事があるので、真夏だけは直射日光が
当たらない場所で弱い光線に当てます。冬場は外気温が5℃近くになっ
たら早めに室内に入れ、光線が十分に当たる窓辺で管理をします。
それ以外の時期は全て屋外で管理をします。猫可愛がりをすると外気温
が7℃以上は無いと越冬が出来ないので、寒さに多少でも強くさせるに
は冬以外は屋外で光線に当てるようにします。
植替え期間は鉢の大きさで決めます。7号鉢を基準とし、それ以下なら
年毎に植替えをし、それ以上なら2年毎に植替えをします。

水遣りは4~10月は鉢土が完全に乾いてから、更に1週間経ってから
鉢底から十分に水が流れ出るまで与えます。この時にコップ半分や1杯
等と量を決めたり、2週間と言うような期間を定めるのは絶対に避ける
ようにします。与える時は鉢底から水が流れ出るまで与えるのが原則で
す。店員さんの言われた方法は、機械的水遣りと言い絶対に行っては駄
目な方法です。店員さんはサボテンの事を全く知らない人のようです。
冬場は休眠するので、1ヶ月に1~3回で与えます。出来るだけ乾かし
気味にした方が寒さに強くなるので、出来るだけ水遣りは控えます。

暖房がガンガン効いた部屋ではサボテンの本体が乾燥するので、場合に
よっては干からびてしまいます。暖房器具の放射熱が直に当たらないよ
うにし、湿度不足の時は霧吹きでサボテンの表面に水を噴霧し、乾燥か
ら守る工夫が必要です。冬場でも掃除で窓を開ける事があるはずですが
窓を開けても冷気に長時間も当てないようにします。サボテンでも風邪
を引く事を覚えて下さい。

画像を見ると鉢の大きさが大き過ぎます。画像のような深鉢が好ましい
のですが、大きな鉢に小さなサボテンが置いてあるような感じを受けま
す。実際にはサボテンと鉢の間が、人挿し指が1本入る程度が適してい
ます。現在の鉢では生育のためには好ましいとは言えません。

日向と日陰ですが、基本的には日向です。植替え直後や状態が悪い時は
明るい日陰に置くのが好ましいですが、基本的には年間を通して日向に
置くようにします。また日向であれば良いと言う事はなく、風通しが悪
いと病害虫の発生が多くなったり、土が乾きにくくなるため腐敗しやす
くなります。年間を通して風通しを良くする事は必ず必要です。

サボテンと多肉植物に関しては栽培経験が長いので、ある程度の事なら
回答が出来ます。他に質問があれば締め切らずに補足質問をして貰えれ
ば、分かる範囲で答えようと思います。

誠に残念ですが、画像を見る限り九分九厘枯れています。
一分の望みはあるかも知れませんが、このような状態になってからでは
助けようがありません。元の緑色に戻すのは不可能です。
今後に新たに購入されるかも知れませんので、亀甲牡丹ヒントニーが何
であるかと言うより、サボテンがどんな植物であるのかを説明したいと
思います。これを読めばサボテンと言う植物が分かり、販売店の方が言
われた事が間違いだった事が分かります。

サボテンと言う植物は暑さや乾燥に非常に強く、多湿や寒さには非常に
弱い植...続きを読む

Q「戻る」「進む」ボタンで画像を変えるには?

「戻る」「進む」ボタンで5枚の画像を変えられるようにしたいのですが、なかなかできません。
順番が飛んでしまったりしてしまいます。

var n=0;
var imgDB=new Array("kenkyu/0.jpg","kenkyu/1.jpg","kenkyu/2.jpg","kenkyu/3.jpg","kenkyu/4.jpg");
function change(){
if(n==0)n=4;
if(n==5)n=0;
document.img.src=imgDB[n];
}


<TABLE cellpadding="10" bgcolor="#0099cc">
<TBODY>
<TR>
<TD><IMG src="kenkyu/0.jpg" name="img" width="500" height="400" border="0"></TD>
</TR>
</TBODY>
</TABLE>

<A href=JavaScript:n--;change();><IMG src="kenkyu/modoru.jpg" width="96" height="28" border="0"></A> 
<A href=JavaScript:n++;change();><IMG src="kenkyu/susumu.jpg" width="96" height="28" border="0"></A><BR>


分かる方、教えて下さい。
よろしくお願い致します。

「戻る」「進む」ボタンで5枚の画像を変えられるようにしたいのですが、なかなかできません。
順番が飛んでしまったりしてしまいます。

var n=0;
var imgDB=new Array("kenkyu/0.jpg","kenkyu/1.jpg","kenkyu/2.jpg","kenkyu/3.jpg","kenkyu/4.jpg");
function change(){
if(n==0)n=4;
if(n==5)n=0;
document.img.src=imgDB[n];
}


<TABLE cellpadding="10" bgcolor="#0099cc">
<TBODY>
<TR>
<TD><IMG src="kenkyu/0.jpg" name="img" width="500" height="400" border="0"></TD>
</TR>
</TBOD...続きを読む

Aベストアンサー

簡単なのは、next_src()、previous_src() と[次]と[戻る]とに対応する関数を作成するやり方。
チクッと関数らしくするには、表示するターゲットと画像を格納している変数とを引数に。
後は、カウントダウン、カウントアップするだけ。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
  <title>TEST</title>
  <link rel="stylesheet" type="text/css" href="../css/mystyle.css"/>
  <script>
    var i;
    var n = 0;
    var a_images = new Array(5);

    for (i=0; i<5; i++) {
      a_images[i] = new Image(323,267);
    }
    a_images[0].src ="new/holiday_01.gif";
    a_images[1].src = "new/holiday_02.gif";
    a_images[2].src = "new/holiday_03.gif";
    a_images[3].src = "new/holiday_04.gif";
    a_images[4].src = "new/holiday_05.gif";
    
    function next_src(objects, img) {
      n = n + (n < 4);
      objects.src = img[n].src;
    }
    function previous_src(objects, img) {
      n = n - (n > 0);
      objects.src = img[n].src;
    }
  </script>
</head>
<body>
<div id="page">
  <form id="main" name="main">
  <br/> 
  <img src="modoru.gif" width="36" height="20" onclick = "previous_src(document.main.photo,a_images);"></br>
  <img src="tsugi.gif" width="36" height="24" onclick = "next_src(document.main.photo,a_images);"></br>
  <img id="photo" name="photo" src="new/holiday_01.gif" width="323" height="267" vspace="10"></td>
  </form>
</div>
</body>
</html>

簡単なのは、next_src()、previous_src() と[次]と[戻る]とに対応する関数を作成するやり方。
チクッと関数らしくするには、表示するターゲットと画像を格納している変数とを引数に。
後は、カウントダウン、カウントアップするだけ。

<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>
  <title>TEST</titl...続きを読む

Qファスナーやボタン付けの練習の出来るおもちゃ

いつもお世話になっています。

赤ちゃんのおもちゃなんですが、
布の絵本みたいになっていて、ファスナーの開け閉めができたり
ボタンをとめたりはずしたり出来るものを探しています。
以前に見かけたことがあるのですが、あかちゃんのおもちゃを色々と
探してみるのですが、みつかりません。

見つからない場合は最終的には作ろうかとも思っていますが、
もしご存知の方おられれば、教えてください。

Aベストアンサー

こんな感じのでしょうか?

http://item.rakuten.co.jp/elfa/10000113/
http://item.rakuten.co.jp/deez/os2/
http://item.rakuten.co.jp/deez/lp-book1/
http://www.apollo-sha.co.jp/shop/pre_toy/miffy/6035.htm

布絵本 ボタン とか布絵本 ファスナー で検索すると出ると思います。

いいおもちゃですよね^^

Q複数フレームで「戻る」ボタンを押すと、1フレームしか戻らない

お忙しいところ申し訳ありませんが、教えてください。
「複数フレームを同時に書き替える」まではわかったのですが、「戻る」ボタンを押すと、1フレームしかページがもどりません。3フレームに分けているのですが、3フレームが同時に「戻る」ことはjavascriptでできるのでしょうか?ちなみにスクリプトは

function viewWin(p1,p2,p3){window.open(p1,"frame1");window.open(p2,"frame2");window.open(p3,"frame3");}

です。
基本的な質問だと思うのですが、わからなくて困ってます。どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

各フレームごとにそれぞれwindow Objectが一つずつありますよね。
それぞれのwindow Objectでhistory.back呼ぶとどうなります?

Q牡丹・芍薬の肥料の与え方について

牡丹の花が萎れてきたのでもぎ取りました。芍薬はまだ盛んに咲いています。
特に牡丹は、数年前に苗木を植えました。何とか育っていますが、肥料をきちんと与えたことはありません。
今年は、いわゆる「お礼肥」というのをきちんとやろうとネットで色々調べてみたところ、色々出てくるのですが、なぜか、どういうものをどのくらい施したらよいのか、分かり安い解説が見つかりません。
樹は2本です。樹高80センチ程度、花は合わせて3つ咲きました。
そこで、次について教えてください。

1 お礼肥について1本当たり、何をどのように与えたら良いでしょうか。
2 まだ先の話ですが、冬の寒肥というのでしょうか、12月~2月ころかと思いますが、やはり、1本当たり、どんな肥料をどのくらい与えたらよいでしょうか。

以上、2点について初心者向けにアドバイスいただけたら幸いです。

Aベストアンサー

ぼかし私は牡丹3種3株と芍薬3種3株を20年近く育てていて、其々が相当の
大株になっているので自分で言うのも何ですが花の時期はとても見事です

肥料は「ボカシ」を使っています
ボカシは肥料焼けの心配もなく効果も穏やかなので使用量は
それほど神経質になる必要はありません

http://www2.tokai.or.jp/shida/FarmAssist/bokasi/bokasi.htm

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%95&hl=ja&rlz=1T4GGNI_jaJP493JP494&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ei=oLqZUfqeIoeIkwXV7oGYBA&ved=0CFgQsAQ&biw=1392&bih=709

牡丹も芍薬も花が終わったら樹高80センチ程度の大きさなら1株当たり
200ccの計量カップに1杯程度を株元から少し離して、ぐるりと1周播いて
土と馴染ませておきます

10月に冬越しのための肥料を同じくらいの量を与えて、土と馴染ませた後
「乾燥牛糞」をたっぷり3つかみ位、幹の根元に盛っておいてやると霜よけと
土の改善に役に立ちます

年が明けた2月中に、もう一度同じようにボカシと乾燥牛糞を与えておけば
充分です

肥料以外に気を付けることは土をあまり乾かしすぎないようにしてやることです

真冬でも内陸部の場合は雨も少なく空気がとても乾燥するので、土の様子を
見てやりましょう

特に芽が出始める3月以降は2~3日に一度ぐらいの水遣りが必要です

芍薬は株が大きくなればそれだけ花茎も数多く立ってきますが、牡丹は
いくら大きくなっても1枝に1輪の花しか付けないので、花を沢山咲かせるためには
枝数を増やす必要があります

そのコツは茎の根元を乾かさないように土を寄せて、幹が深植えされた状態に
しておくことです

水やりや雨で、寄せた土が崩れたら直ぐに株周辺の土を寄せておくようにします
そうするとやがて株元から新枝が立ち上がってきて花を咲かせるようになります

御存じのように牡丹は芍薬の根に接ぎ木をしてあるので深植えにすると
接ぎ木部分から芍薬の芽が伸びてきてしまうのではないかと心配される
かもしれませんが、芍薬の根は深く土をかけられることで逆に芽が出てこなくなり
その代りに牡丹の新芽が伸びてきて新しい茎に育ちます

なので、私は花壇の草を引き抜いたら、土を良く落としてから牡丹の根元に積んで
おき、その上に土やら牛糞堆肥やらを盛っているようなやり方をしています

因みに
ご自分で油粕と骨粉をブレンドして使う場合は必ず「発酵」させてから使いましょう
発酵させずそのまま使うと「肥料やけ」で植物の根は相当深く傷ついてしまいますからね

ぼかし私は牡丹3種3株と芍薬3種3株を20年近く育てていて、其々が相当の
大株になっているので自分で言うのも何ですが花の時期はとても見事です

肥料は「ボカシ」を使っています
ボカシは肥料焼けの心配もなく効果も穏やかなので使用量は
それほど神経質になる必要はありません

http://www2.tokai.or.jp/shida/FarmAssist/bokasi/bokasi.htm

http://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%AC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%95&hl=ja&rlz=1T4GGNI_jaJP493JP494&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&e...続きを読む

Qconfirmの「OK」ボタンと「キャンセル」ボタンの表示を変えたい

confirmだと、「OK」ボタンと「キャンセル」ボタンの表示ですが、「OK」ボタンと「NO」ボタンといったように変更することができませんか?VBのように色々変更できませんか?

Aベストアンサー

残念ながら。。。
無理だと思われます。。。

「JavaScript」のメッセージ関係はかなり少ない&制限されている。との事ですから。。。


VBのように。。。でしたら、VBScriptで代用できないか考えてみては??

参考URL:http://chaichan.hp.infoseek.co.jp/qa4000/qa4461.htm

Qエクセル:マクロボタンが編集状態に・・

ボタンでマクロを操作しているのですが、なぜだかボタンが編集状態になります。

エクセルシートの「フォームツールバー」でフォームボタンを配置して印刷マクロを作ったのですが、なぜかボタンが編集状態になります。

原因がサッパリわかりません、席を外している20-30分の間になるようで、スクリーンセーバーを解除して
ボタンにマウスポインターを当てると編集状態になります

プロシージャ名は
Private Sub CommandButton1_Click()
で始まるマクロになっています。

助けてください。

エクセル2000

Aベストアンサー

エクセルの編集終了ボタン(デザインモードの終了)を押せば元に戻りますよ。
もこのボタンがなかったら上にあるツールバーの何もないところを右クリックしデザインモードの終了のレ点をはずしてください。

Q「戻る」ボタンのブラウザ対応

「戻る」ボタンに、javascriptを埋め込み、
ユーザーが来た場所へ戻るようにしています。

ソースは下記の通りです。


<a href="javascript:history.go(-1);"><img
src="画像.gif" border="0"></a>


IE5.5では問題なく動作しているようですが、
NN4.75では「戻る」が動作していないようです。
OSはwin95で確認しました。

NNでは対応していないのでしょうか?

教えてください、お願いします。

また、ブラウザに左右されない良い方法が
ありましたら是非教えてください。

Aベストアンサー

history.go()はNN4でも対応されているはずです。

フレームは使ってませんか?
もし使ってるなら、
top.history.go()
または
parent.history.go()
にしてみてください。

見当はずれならすみません。
IEとNNではフレームを使ったとき戻り方が
異なることがあるそうです。

Q葉牡丹の葉っぱが白くなってしまいます・・・

ガーデニング初心者です(^_^;)

今年葉牡丹を種から育てています。
葉牡丹の病気について教えて下さいm(__)m

葉牡丹の葉っぱが、
白く色が抜けていくのはどうしてなんでしょうか・・??

多分病気なんだろうと(?)、
殺菌剤(ベンレート等)を散布しましたが、
一向に治まりません・・・。

白くなってきた葉っぱ次第に枯れてゆき、
おまけに益々その被害は広がってゆきます・・・。

何と言う病気なんでしょうか???
どんな薬を使えば再起可能なんでしょうか???

どうか、詳しいお方・・・
教えてくださいませm(__)m

Aベストアンサー

あまり詳しいわけではないので断言できませんが、病気というより養分不足なのかもしれません。肥料はどんなものをあげていますか?

http://www2.tokai.or.jp/shida/FarmAssist/dojuosindan/hiryou-hataraki&kafusoku.htm
を参考にすると、鉄分か銅が少ない(あるいは過剰)の可能性もあります。

Q「戻る」ボタンの設置について

初めまして、よろしくお願いいたします。

ショッピングサイトを作成しています。
もともとは、商品ごとの詳細ページに「カートに入れる」ボタンがついていたのですが、その同じページに、前のページに戻る機能をつけたいと思っています。

「ひとつ前に戻る」というテキストにリンクを貼る方法だと表示も動作も正常なのですが、<FORM>を使用して「戻る」ボタンを設置したところ、「カートに入れる」ボタンが正常に動作しなくなってしまいました(「戻る」機能は働くのですが)。
具体的には、ボタンをクリックするとカートのページには進むのですが、「カートには何も入っていません」と表示されてしまいます。

<FORM>の設置位置を、<tr>の内側(<td>の外側)にしても同じ状態で、<table>の外に出すと全く動作しなくなってしまいます。

「戻る」ボタンの設置について、アドバイス頂けないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

*************************************************

【テキストにリンク】

<table>
 <tr>
  <td>数量:$$SA_CartQuantity$$個
   <input name="submit" type="image" id="submit" src="http://***.227.210.40/images/cart2.gif" alt="カートに入れる" align="absmiddle" height="22" width="122" />
  </td>
 </tr>

 <tr>
  <td>
   <A HREF="javascript:history.go(-1)">ひとつ前に戻る</A>
  </td>
 </tr>
</table>


【[FORM]ボタンを使用】

(字数制限により、前半省略します)

<FORM>

 <tr>
  <td>
   <INPUT TYPE=button VALUE=" 戻る " onClick="self.history.back()">
  </td>
 </tr>
</FORM>
</table>

初めまして、よろしくお願いいたします。

ショッピングサイトを作成しています。
もともとは、商品ごとの詳細ページに「カートに入れる」ボタンがついていたのですが、その同じページに、前のページに戻る機能をつけたいと思っています。

「ひとつ前に戻る」というテキストにリンクを貼る方法だと表示も動作も正常なのですが、<FORM>を使用して「戻る」ボタンを設置したところ、「カートに入れる」ボタンが正常に動作しなくなってしまいました(「戻る」機能は働くのですが)。
具体的には、ボタンをクリ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
もしかしたら違っているかもしれませんが…
ボタンを使用したとき、formタグが入れ子になってしまっていませんか?
(カートに商品を入れるフォームの中に戻るボタンのフォームが入ってしまっている)

もしそうであれば、formタグは入れ子にすることができませんので入れ子にしないように工夫する必要があります。

省略されているのではっきりとわからないのですが、違っていたらすみません。
一度確認されてみてはいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング