先日認知について皆さんから色々とお伺いしましたが、またお伺いしたいことがあります。

その後彼と話し合いましたが、どうにも結論が出ません。
彼自身は、入籍することに問題はなくなったようですが、彼の母親のことがかなり引っかかるみたいです。
というのも彼の母親は彼のことを異常にかわいがっており、私との結婚などとんでもない!という人で(気持ちはわからないでもないですが)、少し常識はずれの行動をするのです。
先日などは、彼が実家に帰り入籍する旨を伝えた所、いきなり泣いたと思ったら彼に飛びかかり殴る・蹴る・引っかく等、それはそれはすさまじかったそうです。彼はケガをして帰ってきました。その日から、毎日何度も電話がかかってくる始末…(出ていませんが)。同居している私の父も療養中ということもあり、かなり参ってしまっています。もちろん私も気が落ち着きません。彼が止めるように言ってももちろん聞く耳もありません。ちなみに彼の父親は見て見ぬ振りです。
すると私の父が、妥協案として、
『彼の就職が決まったら、子供の認知及び私と入籍する』という念書のようなものを彼に書いてもらえばどうかと言い出しました。
長々と説明しましたが、以上が現在の状況です。

そこで質問なのですが、
(1)上記のような内容の念書を法律的に有効な形で取ることはできるのでしょうか?
(2)念書を取れるとしたら、どの様に取ればいいのでしょうか?(書式など)
(3)もし取れない場合、どのような形にするのが一番有効でしょうか?ちなみに父としては、「子供に関してだけはきっちりして欲しい・認知に準じる形は取ってもらいたい」そうです。
変な質問ばかりで申し訳ありませんが、ぜひ皆さんの回答をお聞かせ下さい。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 入籍行為も認知行為も身分行為ですから、不履行の場合は、強制できません。

つまり、法の力であったと同じ状態にはできません。この2つの行為は性質が違いますので分けて説明します。
 入籍行為は将来入籍するとの契約ですが、気が変わりますと、強制できません。ですが、不当な破棄は、慰謝料の請求原因になります。法律的には、婚姻の予約ともいいます。
 認知行為の予約というのは、認知自体によって父子関係が成立しますので、その予約行為と見ることができます。この行為について、不履行の場合は、任意認知については強制できませんが、後に否認しても、これと同じ効果のある強制認知はできます。子が父の子である限り、任意で認めなければ、裁判で強制できます。これについての不当破棄も慰謝料の対象になります。でもこれについては、認知行為の予約のようなことをせず、子が彼の子供であることを明確にして、その養育費をきちんと支払うようなものにした方がすっきりするような気がします。養育費については、相手の親を保証人にして、公正証書にした方が確実です。書式については、
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/form/kechs … 
を基本にして、これに婚姻予約のことを挿入し、父親を保証人にして、公正証書にすれば、いいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなりまして申し訳ありません。
もし書類を作るのであれば公正証書にしようかなと思います。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/09 14:25

法的に有効な形でいいですね。


用紙を2枚用意し、その用紙と用紙を重ね間にカーボン紙をひいて移るようにする。ずれないように端をくっつける等した方がいい、そして、用紙は無地であれば何でもいいよ、書き方
1・子供の認知の件
2・私、(彼の名)は、(彼女の名)の生まれてくる又は生まれてきた子を、自分の子供と認める。
<とういような感じでよい、付け足す事があれば書いてもらいましょう>
3・平成 0年 0月 0日をもってこれを実行する
4・もし、指定期日までに、本件を実行出来なければ、いかなる法的処分も受け入れる事を約束する。
5・平成 0年 0月 0日<書いた日の日付>
  <彼の住所> <氏名> <生年月日>
  <捺印> <指紋の印>

それから、5の所は、移さないで直接2枚とも書く、書く人は、全て彼に書かせる事、そして、最後に二枚は同日に書いたことを証明するために、はしっこを、少し重ねて割り印と指紋を半分ずつ付くように押す、直筆で書いた方をnanoayuさんが持ちもう一枚を彼に渡します。
これだけで十分裁判にたちうち出来ますが、もし、心配なら書いてるとき又は、話し合いの録音を取っておくのも良いですね、それでは、けんとうを祈ります。  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が大変遅くなり申し訳ありませんでした。
書く時の参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/09 14:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

念書」に関するQ&A: 誓約書や念書の効力

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q念書の効力とトラブルについて

念書の効力とトラブルについて。

関わっている女性と、念書を互いに書き合い同意の上で、立会人が何名か居る上で、関与してる全員が拇印を押しているんですが、私側の念書も含め相手が二枚(その女性本人側からが書いた念書)持って逃走しました。
因みに四人でホテルに泊まっている間に寝てる間に勝手に鍵を空けて使って、私側から書いた念書まで持ち逃げした様子です。

拇印を使っているので持ち逃げされて大変迷惑です。
因みに、念書の内容にその女性は違反していて、違反した場合は絶縁についての念書を書くとゆう約束を念書に記載しました。

この場合は法的処置、民事的にどうにか出来ますか?
逃走した女性側から書いた念書については彼女が所持するのは構いませんが、私側から書いた念書まで持って逃走したので困っています。
立会人も含め全員の拇印が押してあるので特に。

この場合はどうしたら良いですか?

Aベストアンサー

どういった法律関係についてのどのような念書かまったくわかりませんが、

あなた用の念書と、相手方用の念書の二通を持って逃げたわけですね。

あなた用の念書に関しては、文面から判断するとあなたの占有にかかる所有物だといえます。

この念書を、

「寝てる間に勝手に鍵を空けて使って、私側から書いた念書まで持ち逃げした様子です。」

なわけですから、相手方は、明らかに窃盗罪に該当するわけですから、速やかに警察署に赴いて被害届をだすといいわけです。この念書に関しては、関係者が大勢いるようですから、もはや相手方は逃げようがないと考えますが。

他方、民事上は、他人の所有物を理由なく奪ったわけですから、常識的に考えても当然、「返せ」と主張できるわけです。

法律的には、所有物返還請求ということとなり、調停でも訴訟でも主張すべきなのは、

その念書があなたの所有にかかるものであること。相手方がこれを占有していること。この二点を書いてあればよいわけです。いわゆる物権的請求ということです。

Q父が亡くなり、父所有の土地についてお伺いします

父は今月初めに亡くなったのですが、10年前くらいから痴呆が始まって、8年前にやっていた事業が
痴呆のためおかしくなっていて、結局負債が膨らんでいて家も何もかも失いました。その時、弁護士に任意整理をしてもらったのですが、熊本の田舎の方にある土地(急斜面に50m2くらい)と、島根の父の生家とそのいったいの山(叔父と二人で部分的に所有)が売れ残って、父名義のままです。
熊本の土地は管理会社が管理していて、毎年3万円の管理費を払っていたのですが、昨年から
管理を断っています。
これらの土地はどうすればいいですか。父名義のままにしていてもいいでしょうか。
父には私(独身)と嫁に行った姉の二人の子供がいて、母はすでに他界しています。
相続するとなれば、姉と分けることになると思うのですが、任意整理の時ですら売れなかったもの
ですし、大阪在住の私や姉にとってはそこに移り住んだり、まして田舎や山奥の土地なので、駐車場
など作って収入を見込んだりはできないでしょうし、相続税や資産税など支出の方が心配です。

1)父名義のままにしていてよいでしょうか
2)相続するとなれば、相続税や資産税などの維持費が今後いくらくらいかかるのでしょうか。

よろしくお願いいたします。

父は今月初めに亡くなったのですが、10年前くらいから痴呆が始まって、8年前にやっていた事業が
痴呆のためおかしくなっていて、結局負債が膨らんでいて家も何もかも失いました。その時、弁護士に任意整理をしてもらったのですが、熊本の田舎の方にある土地(急斜面に50m2くらい)と、島根の父の生家とそのいったいの山(叔父と二人で部分的に所有)が売れ残って、父名義のままです。
熊本の土地は管理会社が管理していて、毎年3万円の管理費を払っていたのですが、昨年から
管理を断っています。
これらの土地は...続きを読む

Aベストアンサー

相続放棄してよいでしょう。
お見受けする限り、相続したとしても相続税はかからんでしょう。
固定資産税も微々たる物ですが、貴方が所有するメリットがないですね。

ですが、父所有のものは一切相続できなくなります。
これはいらないけど、いれは欲しいってのはできません。

Q念書について

相手に義務を負わせるために、念書を作成してもらいました。
が、私がいただいたのはその念書のコピーでした。
念書の文面に不服はないのですが、コピーしたもので本当に効力があるんでしょうか?

Aベストアンサー

念書や契約書を複数枚必要な場合に、原本を一通作成して、それを必要な枚数だけコピーをして使うのが一般的です。
その場合、コピーしたものでも、相手が署名捺印していれば念書としての効力が有ります。

Q認知症の父の契約の無効について 父が契約した改修工事が悪質リフォーム会社というのは判りますがここま

認知症の父の契約の無効について

父が契約した改修工事が悪質リフォーム会社というのは判りますがここまで酷いのは父を見ての結果だと思っています。
父の契約を無効にしてもそれが叔母一人の契約になるので無効にはしませんが、叔母と従兄弟と意見が合わずに平行線です。
みんなの意見が合わないと弁護士も頼めません。
私は最初から騙されたと判っていて、施工主とは話もしませんでしたが、叔母達は毎日話していたので、どうしても騙されたとは判っていても、何か言いたいみたいです。
私はあんな口から出まかせしか言わない決定権の無いのと話をしても無駄だと思っています。
父は85歳、要介護2の自立です。
認知症の診断書は3月に介護保健の更新のために受診した医師の診断書です。
アルツハイマー型認知症、廃要症候群
この医師の字は読めなくて大変とケアマネが言ってます、読めません。
2013年頃から暴言、易怒症、妻への暴力
CTの画像診断で萎縮
2013年の2月に父に電話でバカヤローと怒鳴られて、父がおかしいと思いました。
私は父に怒られたことはなく、両親が喧嘩するのも見たことはありませんでした。
父は性格が変わりました
母は父が酷いことを忘れようとするために1ヶ月で進行してると言われました。
父も母も自立ですから身の回りのことはできます。
父は相殺が判りません。
母はあれでしょうと言ってます。
不動産賃貸業で入居の時に不動産屋が相殺した書面が理解できないです
このまま集計帳に敷金と書いておけばいいと言ってもわからず、仕方ないから現金出納帳に敷金入金、手数料出金と書けばいいと言っても判らず、数日後電車に乗って銀行に行って、何だか知らないけどお金を入れて出してしてきました。
それでないと判らないらしいです。
不動産屋、保険屋、掃除屋、電気屋みんな騙されていましたし、います。
なぜかいまだに電波障害でケーブルテレビで見ていますが、地デジのアンテナが建物の側面に立っています。
2010の4月にケーブルからアンテナにしたら映らなくなる部屋がありました。
アンテナ、支柱、配線、ブースターなんで既存のアンテナに立てずにわさわさ配線を引いたけど、接続してませんでした。
ケーブルと地デジの両方デジタルを混合するのは無理ならば断るべきです。
去年は偽装結婚で警視庁1課が国際組織犯罪できました、本当の結婚、嘘の結婚とつぶやいてました。
2013年から母のディサービスの契約に父では困るから立ち会ってくれと言われてました。
私には70歳以上の訪問販売には私の確認印が必要と言って騙して、従兄弟の確認印で契約しました。
父と叔母で契約をすることが悪徳です。
お金のことはしっかり書いていますが、内容は言われるままに契約しました。
選択事項は壁と廊下とドアの色だけです。
父が自分で書いた追加工事のお風呂場の壊れたのとか、タイルとか、干竿台塗装とかサービスだったり、たぶってたりが最後に追加になり、父はどや顔でちゃんと言ったから、入っているぞと言ってましたが、1ヶ月後にこの変なのが判らないと聞かれました。
防水工事は階上のトップコートしかなくて
追加工事になりました。
安く契約して追加するやり方です。
追加工事を決める時に私に電話をしたというので、履歴を見たらないのでかかってないと言ったら、かけてないと言うのかと怒鳴り、電話機が悪いのか、電話局が悪いのかとつぶやいてました。
時々、いつも電話がかけれません。
シーリングの要らないトップコートを塗るという説明で、オリジナル塗料が世の中的に一番高いALCに使用するなとメーカーの製品説明に書いてある塗料になっていて、シーリングをやらないで築31年のALCに塗装をしました。
その話をしても、トップコート下塗りが判らず、それじゃあインチキじゃあないかと一回言ってましたが、自分が騙されたとは思っていません。
弁護士とかの話になると自分が明日地方裁判所に行くとか言ってます。
集まって話していても、全然違う話をしてます。
叔母は父が決めたことに従っただけで私は申し訳ないと思ってやっていますが、意見が合わないで話がまとまらないで3ヶ月が過ぎてます。
苦肉の策で父の分を無効にして、叔母に責任を全部負わせて、助けてやるから従えというか、そうするからねと言って脅して従えというか考えています。
従兄弟は父の無効のことを弁護士に相談に行っています。
スーパーの買物はできますが、1000万の改修工事を契約する能力は無いです。
普通の施工主だったら、私がいないと契約はできないと言うし、私も改修工事を丸めるのは大変なのでやりたくないでした。
私事で裁判を本人訴訟で3案抱えて、同じく認知症要介護2の母もいて、要介護4の認知症の義母の施設入居もありとても改修工事は先と考えていました。
梅雨に入るからというのも悪徳の手口です。
見積を取ったのは私です。
他に4社とりました、ここが一番安くて、一番高いここを建て建設会社と1000万違いました。
下と上だけはないです。
他は父に合わせろも、ひつこく言っても来ませんでした。
どの位無効になるでしょうか?
従兄弟は弁護士にそのことばかり相談しているようなので、どんな感じかなと思いました。

認知症の父の契約の無効について

父が契約した改修工事が悪質リフォーム会社というのは判りますがここまで酷いのは父を見ての結果だと思っています。
父の契約を無効にしてもそれが叔母一人の契約になるので無効にはしませんが、叔母と従兄弟と意見が合わずに平行線です。
みんなの意見が合わないと弁護士も頼めません。
私は最初から騙されたと判っていて、施工主とは話もしませんでしたが、叔母達は毎日話していたので、どうしても騙されたとは判っていても、何か言いたいみたいです。
私はあんな口から出まか...続きを読む

Aベストアンサー

ご両親の保護者は、叔母と従兄弟の方ですか? 成年後見人は選任していますか?
質問文は、認知症の親御さんに代わって消費者契約を叔母と従兄弟が契約をした内容を記載しており、何を求めているか分かりません。が、最後の方の「どの位無効になるでしょうか?」が知っりたいのでしょうか?

 消費者契約法(抜粋)
{第四条  消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、当該消費者に対して次の各号に掲げる行為をしたことにより当該各号に定める誤認をし、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。
一  重要事項について事実と異なることを告げること。 当該告げられた内容が事実であるとの誤認
二  物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものに関し、将来におけるその価額、将来において当該消費者が受け取るべき金額その他の将来における変動が不確実な事項につき断定的判断を提供すること。 当該提供された断定的判断の内容が確実であるとの誤認
2  消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、当該消費者に対してある重要事項又は当該重要事項に関連する事項について当該消費者の利益となる旨を告げ、かつ、当該重要事項について当該消費者の不利益となる事実(当該告知により当該事実が存在しないと消費者が通常考えるべきものに限る。)を故意に告げなかったことにより、当該事実が存在しないとの誤認をし、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。ただし、当該事業者が当該消費者に対し当該事実を告げようとしたにもかかわらず、当該消費者がこれを拒んだときは、この限りでない。
3  消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、当該消費者に対して次に掲げる行為をしたことにより困惑し、それによって当該消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示をしたときは、これを取り消すことができる。
一  当該事業者に対し、当該消費者が、その住居又はその業務を行っている場所から退去すべき旨の意思を示したにもかかわらず、それらの場所から退去しないこと。
二  当該事業者が当該消費者契約の締結について勧誘をしている場所から当該消費者が退去する旨の意思を示したにもかかわらず、その場所から当該消費者を退去させないこと。
4  第一項第一号及び第二項の「重要事項」とは、消費者契約に係る次に掲げる事項であって消費者の当該消費者契約を締結するか否かについての判断に通常影響を及ぼすべきものをいう。
一  物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものの質、用途その他の内容
二  物品、権利、役務その他の当該消費者契約の目的となるものの対価その他の取引条件
5  第一項から第三項までの規定による消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示の取消しは、これをもって善意の第三者に対抗することができない。

(媒介の委託を受けた第三者及び代理人)
 第五条  前条の規定は、事業者が第三者に対し、当該事業者と消費者との間における消費者契約の締結について媒介をすることの委託(以下この項において単に「委託」という。)をし、当該委託を受けた第三者(その第三者から委託(二以上の段階にわたる委託を含む。)を受けた者を含む。以下「受託者等」という。)が消費者に対して同条第一項から第三項までに規定する行為をした場合について準用する。この場合において、同条第二項ただし書中「当該事業者」とあるのは、「当該事業者又は次条第一項に規定する受託者等」と読み替えるものとする。
2  消費者契約の締結に係る消費者の代理人(復代理人(二以上の段階にわたり復代理人として選任された者を含む。)を含む。以下同じ。)、事業者の代理人及び受託者等の代理人は、前条第一項から第三項まで(前項において準用する場合を含む。次条及び第七条において同じ。)の規定の適用については、それぞれ消費者、事業者及び受託者等とみなす。

(解釈規定)
 第六条  第四条第一項から第三項までの規定は、これらの項に規定する消費者契約の申込み又はその承諾の意思表示に対する民法 (明治二十九年法律第八十九号)第九十六条 の規定の適用を妨げるものと解してはならない。

(取消権の行使期間等)
 第七条  第四条第一項から第三項までの規定による取消権は、追認をすることができる時から六箇月間行わないときは、時効によって消滅する。当該消費者契約の締結の時から五年を経過したときも、同様とする。
2  会社法 (平成十七年法律第八十六号)その他の法律により詐欺又は強迫を理由として取消しをすることができないものとされている株式若しくは出資の引受け又は基金の拠出が消費者契約としてされた場合には、当該株式若しくは出資の引受け又は基金の拠出に係る意思表示については、第四条第一項から第三項まで(第五条第一項において準用する場合を含む。)の規定によりその取消しをすることができない。}
認知症の方の消費契約の解消は難し処があります。そのために、明治31年施行の民法を改正して平成12年4月1日に成年後見人制度が施行された。{認知症高齢者・知的障害者・精神障害者など、判断能力が不十分な人々に対し、後見人を選任して、財産や権利を侵害されるこのない様に、法律面や社会が支援できる様にした。

 親御さんは成年後見人を選任していないようですが、成年後見人を付けるべきと思います。成年後見人がついていれば消費者契約を成年後見人が破棄できた。

 消費者契約を解除するのであれば、専門家の弁護士に相談をすることが大切です。

ご両親の保護者は、叔母と従兄弟の方ですか? 成年後見人は選任していますか?
質問文は、認知症の親御さんに代わって消費者契約を叔母と従兄弟が契約をした内容を記載しており、何を求めているか分かりません。が、最後の方の「どの位無効になるでしょうか?」が知っりたいのでしょうか?

 消費者契約法(抜粋)
{第四条  消費者は、事業者が消費者契約の締結について勧誘をするに際し、当該消費者に対して次の各号に掲げる行為をしたことにより当該各号に定める誤認をし、それによって当該消費者契約の申込...続きを読む

Q突然念書を

先日自社に戻ったところ机の上に念書と身元保証書があり、念書は今日中に提出とメモがあったのですが
事前に何も説明もないのにいきなり念書を書けだなんて、言われても書いていいものかわからずメモには出さない者は出さない理由を書面で出せとも書いてあり
どういう理由を書いていいのか悩んでいます。
念書には「会社の諸規定を遵守し、これに違反し、故意に損害を与えた場合は弁償します」とあるのですが
実は勤めている会社は就業規則などは全く公開されておらず社長しか見れず、有給なども一切ない会社でこのような念書などを提出するのがすごく不安です。
皆さんのご意見頂きたいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 「諸規定」の詳細な中身も明らかでない状態で、「諸規定」の遵守を誓約すべきだとは到底思えません。こんな念書を出してしまうと、「周知義務違反」で無効だった就業規則が、貴方に対して契約的に効力を有するということになりかねません。
 会社の規定・規則、あるいは上司の命令などは、従業員を拘束するとは限りません。就業規則は周知しなければ無効ですし、周知しても従業員に不利益に変更した場合は当然に有効ではありません。また上司の命令も残業命令など申入れとしての効果しかないものもありますし(但し、この点は争いあり)、従業員の基本的人権を侵害するために無効となることもあります。

Q認知症祖父の入籍について

認知症の祖父が入籍・養子縁組をされてしまい、困っています。
相手は家政婦として住み込んでいた後妻の娘です。

祖父(現在83歳)には二人の子供(叔父と母:60代)がいますが、
祖母が他界したのち76歳で再婚しました。
しかし、その後妻も1年足らずで他界してしまい、5年ほど前からその後妻の娘(50代)が息子(30代)を連れて住み込んでいました。
その娘が誰にも断りなく、先月、祖父と入籍し、息子を養子として縁組していたのです。

祖父は会社社長で、個人資産も2億円ほどあります。
しかし、3年ほど前から認知症で、今では自分の子供のことすら認識できず、
現在、会社は叔父が代行して経営し、母が毎日祖父の元へ通い、世話をしています。
介護認定も受けていて(会話も不成立)、訪問入浴介助も受けています。

このような状況下で、入籍・養子縁組を撤回させる方法はないでしょうか。どういう手順で何をしたらよいのか、わかりません。
または、撤回はできなくとも、これからでもやっておくべきこと等があったら、教えてください。

よろしくお願いします。

認知症の祖父が入籍・養子縁組をされてしまい、困っています。
相手は家政婦として住み込んでいた後妻の娘です。

祖父(現在83歳)には二人の子供(叔父と母:60代)がいますが、
祖母が他界したのち76歳で再婚しました。
しかし、その後妻も1年足らずで他界してしまい、5年ほど前からその後妻の娘(50代)が息子(30代)を連れて住み込んでいました。
その娘が誰にも断りなく、先月、祖父と入籍し、息子を養子として縁組していたのです。

祖父は会社社長で、個人資産も2億円ほどあります...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です
>母へ報告したところ、娘ではなく後妻の「妹」だったそうです

それならば、婚姻可能ですね。

>また、遺言書も既に作成されている形跡があるそうです。
この場合でも取り消しできる可能性はありますか?

まず、認知症の状態で遺言を作成しても効力は無効です。また、遺言の取消しは、新しい遺言状を作成し、前に書いたのは全部取り消すとすれば取消しになります。ただ、新しい遺言作成が認知症により無効ともなりますから、取消しは難しいかもしれません。

おじいさんの容態が、予測のつかない状況でしたら、これは早急に弁護士に相談してください。弁護士に頼まずにやるとなると、医師の診断書を集めたり、家庭裁判所に申立書面を作ったりとちょっと大変です。田舎で弁護士が居なければ、司法書士でもかまいませんから。司法書士なら裁判所に提出する書面を作成する仕事もしてますし、アドバイスも出来ます。(訴訟代理人にはなれませんが)
「戸籍謄本」と「どうしてこういう事情になったのかの時系列にかいたメモ」と、あと持っていたらでいいですが祖父の診断書を持っていけば、相談がスムーズに行くとおもいます。

>この場合でも取り消しできる可能性はありますか?確率的に何%くらいあるのでしょうか。

ケースバイケースで相手方のあることなので、パーセンテージでは述べる事は出来ませんが(すいません、法律相談に良くある事なんですがパーセンテージでは本当に答えられないんですよ・・・)、祖父が、お医者さんから認知症の診断を受けていて、その後、このような事件が起きていたのなら、取り消せると思いますよ。認知症になってから、婚姻、遺言作成したんですと証明できるかどうかがカギです。

No.1です
>母へ報告したところ、娘ではなく後妻の「妹」だったそうです

それならば、婚姻可能ですね。

>また、遺言書も既に作成されている形跡があるそうです。
この場合でも取り消しできる可能性はありますか?

まず、認知症の状態で遺言を作成しても効力は無効です。また、遺言の取消しは、新しい遺言状を作成し、前に書いたのは全部取り消すとすれば取消しになります。ただ、新しい遺言作成が認知症により無効ともなりますから、取消しは難しいかもしれません。

おじいさんの容態が、予測のつ...続きを読む

Q念書を公正証書にする場合

念書を公正証書にする場合

私の親族間で、少々金銭のトラブルがありまして、
同じ内容の念書を2通作成したとして、相手方が本当に約束を守ってくれるかどうか、
不安なので、公正証書にしたいと考えています。

その場合、私がもつ念書を公証人役場にもっていけば公正証書にしてもらえるのでしょうか?
それとも、相手の念書と2通提出しなければ、公正証書にならないのでしょうか?
あと「100万円返してね」っていうくらいの念書だと公正証書にする場合、
費用はいかほどかかるものなのでしょうか。

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

公正証書作成には債権者と債務者双方の出席が必要です。委任状があれば代理人が出席できますが、債権者が債務者の代理人にはなれません。
また、一人が双方の代理人にもなれません。

公正証書作成においては、
お金の貸し借りについては、返済方法や返済期日、返済が滞った場合についてなど、将来トラブルになる可能性のある事項をすべて記載した書面を作っておいたほうがよいとの前提があります。
質問者さんの『ただ貸し借りが存在する』という内容でしたら『確定日付/700円』で充分です。


【公証人の手数料】
債権額 公証人手数料
100万円以下 5,000円
200万円以下 7,000円
500万円以下 11,000円
1000万円以下 17,000円
……

Q認知後の入籍(婚姻)について

こんにちは。
私には未婚で産んだ子供がおり、認知をしていないので戸籍の子供の父親欄は空欄です。
今度、私が結婚する事になり相手の男性に認知をしてもらいその後に婚姻届をだす予定なのですが、認知届と婚姻届だけで子供は私たち夫婦の実子として戸籍に入ることができるのでしょうか?
それとも他に何か手続きをしないと子供だけ今の戸籍に取り残されてしまうのでしょうか?

それともうひとつ、来年に子供を出産予定です。
上記のような手続きをした場合、戸籍上(法律上)産まれてくる子供と差はないのでしょうか?

おわかりになる方がおみえになりましたら教えてください。

Aベストアンサー

>認知届と婚姻届だけで子供は私たち夫婦の実子として戸籍に入ることができるのでしょうか?

 夫の氏を称する婚姻の届出をする場合は、さらに入籍届(父母の氏を称する入籍の届出)も提出してください。
 戸籍法では三代戸籍を禁止していますので、現在、御相談者を筆頭者とする戸籍に御相談者とお子さんが入っているはずです。
 御相談者が相手方と夫の氏を称する婚姻の届出をした場合、相手方を筆頭者とする新たな戸籍が作成され(既に相手方が戸籍筆頭者になっている場合は新たな戸籍は作成されません。)、その戸籍に相手方と御相談者が記載されます。しかし、お子さんは、たとえ認知されたとしても当然には、その夫婦の戸籍には入りません。(御相談者は、御相談者の現在の戸籍から抜けますが、お子さんはその戸籍に残ったままです。たとえ残ったままでも嫡出子であることに違いはありませんので、法的には問題はありません。)
 そうは言っても、別々の戸籍だと何かと不便だとか、やはり違和感があるということでしたら、さらに入籍届も提出すれば、お子さんは夫婦の戸籍に入ることができます。(マスコミ等で婚姻のことを入籍といいますが法的には誤りです。婚姻届と入籍届は全く別物です。)
 もし、妻の氏を称する婚姻をした場合は、御相談者は既に戸籍筆頭者ですので、相手方がその戸籍には入るだけですので、入籍届は不要です。

>認知届と婚姻届だけで子供は私たち夫婦の実子として戸籍に入ることができるのでしょうか?

 夫の氏を称する婚姻の届出をする場合は、さらに入籍届(父母の氏を称する入籍の届出)も提出してください。
 戸籍法では三代戸籍を禁止していますので、現在、御相談者を筆頭者とする戸籍に御相談者とお子さんが入っているはずです。
 御相談者が相手方と夫の氏を称する婚姻の届出をした場合、相手方を筆頭者とする新たな戸籍が作成され(既に相手方が戸籍筆頭者になっている場合は新たな戸籍は作成されません。...続きを読む

Q代金支払い不足分を支払う事を念書に書いた場合

代金支払い不足分を支払ってもらう事を不足金額、支払期限をを明記して念書に書いてもらった場合、その念書の不足金の金額について、後になってその根拠(代金の請求書等)の提示を相手に求められた時はその相手に念書の根拠となる代金の請求書等は提示する必要は法律的にはあるのでしょうか?

念書で不足金額を本人が支払うこと認めているのですから、本人に不足金の支払いを求めるときは、たとえ相手が再度代金の請求書のコピー等を求めてきても、一切、念書以外の書類を再度、提示する必要はないとも考えることも出来ます。

その辺のところをご存知の方、出来ましたら根拠(条文等)を教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

どちらに有利か不利かはケースバイケースです。

それなりの証拠を提出しなければ、念書に書かれている事実(残債権額など)が、真実でないと判断される可能性があるということです。

真実でない債権額に基づいて請求しても、認められることはありませんから、一般的には、債権者に不利ということになります。

しかし、残債権額以外にもいろいろな事実が書かれていたりするかもしれませんので(例えば一定額を免除したとか)、場合によっては、債務者に不利な判断がされるかもしれません。

Q別居中の父が、愛人と勝手に養子縁組をしました。母はもちろん納得していま

別居中の父が、愛人と勝手に養子縁組をしました。母はもちろん納得していません。父の亡き後、愛人にも子として相続権があるのでしょうか?また、あるとすれば、実子である私と同等の権利なのでしょうか?また、この状況を解決するには、養子縁組の取り消ししかないのでしょうか?よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

すでに良回答が出ていますので、即効性のある#2さんの回答に蛇足します。

●民法806条の2
(配偶者の同意のない縁組等の取消し)

ご質問のケースのポイントはこの中の1項にあります。

◎1項
第796条の規定に違反した縁組は、縁組の同意をしていない者から、その取消しを家庭裁判所に請求することができる。ただし、その者が、縁組を知った後6箇月を経過し、又は追認をしたときは、この限りでない。

→民法796条
(配偶者のある者の縁組)
配偶者のある者が縁組をするには、その配偶者の同意を得なければならない。ただし、配偶者とともに縁組をする場合又は配偶者がその意思を表示することができない場合は、この限りでない。


ポイントは、質問者様のお母さんが『縁組を知った後6箇月を経過していない』こと、です。なのでこの申し立ては急ぐ必要がありますから、ご注意下さい。

ご参考までに♪


人気Q&Aランキング

おすすめ情報