10年前に購入、5年ほど前にタイヤ交換済みの原付を所有しています。
後輪に空気漏れがあるのですが、1ヶ月くらいかけて徐々に抜けていきます。
前輪は半年に1度の空気充填で問題ありません。
目視でホイールはゆがんでいません。
原因は何でしょう。
また、自己対処可能か、販売店で修理してもらうとして値段がどの程度か、ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

おはようございます。



さて、タイヤの空気漏れという事ですが気づいた点がご参考になれば嬉しいです。
まず5年経過しているタイヤとのことでリムや接地面と側面の境目近辺に細かいヒビ等はありませんか?
次にバルブです。古いスクーターなどは自転車と同じくムシゴムを用いているものもあります。これも5年あれば劣化します。私が乗っていた原チャは機械式バルブだったのでなんともいえませんが、なんにしても交換モノがあるならバイク屋に行った方が早いですね。点検方法は下記の皆さんのご意見をご参考に。タイヤ面のヒビに対しては台所洗剤を少し薄めて塗ってやればわかりやすいですよ。

1ヶ月で抜けてしまうのは多分どちらかだと思うんです。大きなクギ的なものは刺さってないんですよね?
バイク屋に行ってタイヤ交換となるとスクーターで5000円位でしょうか?タイヤ自体はまだ減ってないし交換してしまうのは勿体無いのでしたら自己対処です。
カーショップやDIY店に売っているパンク補修材はどうでしょう。これはガスと薄いノリをホイール内に充填して小さい漏れを埋めてしまうモノです。後々タイヤ交換の際にホイール内がノリだらけで汚くなるという意見もあるかと思いますが交換自体に大きな影響は無いそうです。
値段は2000円程度だと思います。
でも前輪も半年に1度充填しなければならないほど抜けるんですよね?多分タイヤ・チューブ・バルブの劣化だと思いますよ。予算的にまずは2000円で試してみる価値があるかどうか、タイヤのくたびれ具合を判断したほうがいいでしょう。バイク屋さんに空気を入れるフリして行って「これもう交換したほうがいいっすかね~?」ってさりげなく聞いてみては?まともに聞くと商売的に交換を薦められるのでうまい具合に。

ではでは。よいバイクライフを!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

具体的なお話で参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/14 22:25

バルブの交換は、点検してからで十分です。



点検の方法は、口から唾液を指に少々取り出し、バルブに塗りつけます。
空気が漏れているようならば、塗りつけたつばが盛り上がります。

盛り上がったならば、バルブを交換しますが、盛り上がらない場合はタイヤとホイールの密着不足が疑われますので、さらに点検します。

洗剤を水で薄めた石鹸液をつくり、タイヤとホイールの接触面に塗りつけます。
空気漏れがあれば、石鹸液が泡立ちます。

原因がわかったところで、自分でタイヤを組み付け直すか、バイク屋に依頼するかを考慮してください。
    • good
    • 1

自転車と同じで空気を抜いて行います。

というか空気漏れを防ぐものですから、どうしたって空気を抜かなければ作業できませんよね。

交換自体は至極簡単です。虫回しを差し込んで、左に回すと外れて、取付は右に回して締め込みます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

空気を抜いて、とはタイヤをホイールからはずしてという意味だったので…
ありがとうございました。

お礼日時:2002/04/14 22:26

最近は原付もスポークでなければ、ほとんどチューブレスです。

スクーターなどは、ほぼ100%チューブレス化されているのではないでしょうか。空気を入れるバルブを見れば一目瞭然ですが、ここでは一般的なチューブレスについて述べます。

ホイールのゆがみは目視では空気漏れを見つけることは難しいようです。原付、特にスクーターのホイールは鉄製なので、よほど酷いぶつけ方でもしない限りは大丈夫だと思います。

まずは、バルブの虫を交換してみては如何ですか。安い部品だし、10年も使っていれば、内部のゴムが劣化していないはずはないと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
まず、ホイールのゆがみについて触れたのはチューブレスだからです。
追加の質問です。バルブの虫は自転車と違ってタイヤの空気を全部抜いて交換しなければならないのでしょうか?見る限り自転車のように簡単にできそうも無いので・・・
できましたら回答をお願いします。

補足日時:2002/04/07 22:00
    • good
    • 0

チューブレスじゃ無ければホイールの歪みはそれほど気にすることないです、ハンドルがぶれるのでは論外ですが、パンク、であればもっと早く

抜けますよね、たぶんバルブに問題があると思います空気を補充する時、水を3滴バルブに入れてみてください、これで止まることもあります
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

QFR車で後輪をインチダウンさせたら、後輪タイヤを前輪より早く摩耗させる

FR車で後輪をインチダウンさせたら、後輪タイヤを前輪より早く摩耗させることは可能ですか?

お世話になっています。
何とか自力でアイデアが出てきたのですが、FR車の後輪タイヤを前輪に比べて小さな物にすると、後輪により大きな重量が掛かって、後輪が前輪と比較して早く摩耗するような状態を作り出すことは可能ですか?

あと、前後のタイヤの外径を調節することで、タイヤの摩耗速度を調整することって、一般的にはよくあることなのでしょうか?

よろしくお願いします。

この質問は、質問QNo.6025698から派生しています。

Aベストアンサー

何故そのようなことをする必要があるのか想像できませんが、
「インチダウンさせることも可」ならば、タイヤ交換も可能ということですよね?

ならば、摩耗済みの中古タイヤに交換すればいいんじゃないですか?


「諸事情」を説明しないと的確な回答は得られにくいと思いますよ。

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Qドラムの前輪側と後輪側の錆び方の相違

愛用車は軽スズキアルトHA11Sで10年以上経過しました.タイヤ交換の際ボルト固定する側のドラムを観察しましたら前輪ドラムは全体が茶褐色に錆びていました.他方後輪をみましたら,ドラムは黒色でまったく正常にみえます.この相違はどこにあるのでしょうか.前輪はデイスクブレーキ,後輪は多分ドラムブレーキ方式になっているので,これが原因なのでしょうか.また錆びは放置しておいてよろしいでしょうか.
車愛好家の皆様よろしくご教示下さい.

Aベストアンサー

●この相違はどこにあるのでしょうか

→塗装がしてあるかどうか、です。

前輪のディスクブレーキのホイール当り面には塗装がされておらず(簡素な錆止め表面加工のみ)、新車でも数ヶ月で錆びます。
一方、後輪のドラムブレーキにはブラック(錆止剤入)塗装がされているので、錆び難いのです。

●No,3 さんの、”乗用車のブレーキは前輪の効きが後輪より強力なため”は間違っています。

円盤形のディスクを摩擦材で挟み込み、ブレーキを利かせる構造のディスクブレーキに対し、ドラムブレーキは平べったい円柱形の筒の内面に、半円形の摩擦材を外側に押し広げて摩擦させる事によりブレーキを利かせる構造の為、摩擦材が回転するドラムに食い込み(自己倍力作用とい言います)、強力なブレーキ力を発生します。
より強力なブレーキ力を必要とする中型トラック以上の超重量級の車には、ほとんど前輪後輪ともドラムブレーキが採用されています。

乗用車の後輪にドラムブレーキが採用されているのも、サイドブレーキが後輪を使用する為です。

●錆びは放置しておいてよろしいでしょうか?

→全く問題有りません。

●この相違はどこにあるのでしょうか

→塗装がしてあるかどうか、です。

前輪のディスクブレーキのホイール当り面には塗装がされておらず(簡素な錆止め表面加工のみ)、新車でも数ヶ月で錆びます。
一方、後輪のドラムブレーキにはブラック(錆止剤入)塗装がされているので、錆び難いのです。

●No,3 さんの、”乗用車のブレーキは前輪の効きが後輪より強力なため”は間違っています。

円盤形のディスクを摩擦材で挟み込み、ブレーキを利かせる構造のディスクブレーキに対し、ドラムブレーキは平べ...続きを読む

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Qホイールの空気入れの付け根から空気が漏れて

タイヤの空気が少なかったので、空気を入れようとしたら、空気入れの口の根元(ホイールの穴付近)のゴムのところからシューッ!と空気が漏れていました。この部分は部品交換できるのでしょうか?ご存じの方、教えてください。もし出来るのでしたら、部品名と交換方法もお願いします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

タイヤレバーお持ちなら交換できます。名称はチューブレスバルブで
大きめのホムセンで¥150前後、エーモンなどのタイヤレバーも
大抵扱っています。
http://oink65.blog.so-net.ne.jp/tubeless

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Qマジェスティーの後輪タイヤと前輪ブレーキパッドの寿命

先日、ショップでオイル交換した時、後輪のタイヤ交換と、前輪のブレーキパッドの交換時期が来ていると指摘されました。走行距離は約7000キロです。前に乗っていたロードスポーツでは1万キロくらい寿命があったような気がするのですが。走り方に、よるのかも知れませんが、マジェスティーに乗っている方は、普通、どれくらいでブレーキパッド、タイヤを交換していますか?

Aベストアンサー

7000キロなら、標準的な減り方だと思います。私もそのくらいですよ。早い人だと5000キロに届かない事も多いようです。
私はバイクについて あまり詳しくはないのですが、スクーターだとエンジンブレーキに頼れないので、どうしてもブレーキパッドの出番が多くなると聞きます。ロードスポーツだと1万キロももつのですね!

私はskywaveですが、タイヤ(後)は8000~9000キロで交換しました。ほとんど山がなくなってました・・。

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Qジムニーのタイヤチェーンは前輪か後輪か

ジムニー(JB23)にタイヤチェーンを装着する場合(タイヤはAT-S)の質問です。
取説では、装着は後輪となっていますが、経験上、4WD走行時の後輪装着の場合、操舵が難しいような気がします。

1.みなさんは、どちらに装着していますか?それは、どうしてですか?

2.雪道の下りの場合、4WDを解除しFRにして、後輪装着のほうがいいと聴いた事が有りますが、
 それは正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。

(1)チェーン装着は基本的に駆動輪で4WDの理想は4本となりますが、アタック走行で無い限り現実的で無いのは理解できると思います。2本の場合2WD時の駆動輪。これは下記の回答にもありましたが機械的な事も含めてです。

(2)下り時のチェーン装着では駆動輪に関わらず後輪チェーン掛けが車両安定という目的においては正解です。下りの滑りやすい負のトラクション走行(エンジンブレーキでしか下れない状況)では、4輪の中で後輪がロックしない場合(後輪チェーン)は何とか下れますが、後輪がロック(前輪チェーン)すればコントロールが難しくなり脱輪、スピン等しやすくなります。これは経験しないと理解できないでしょうが、獣道等の狭くて急な斜面で尻をコントロール出来ないのは命取りになります。

とは言え実際問題として一々付け替えるのはある意味変人の領域になるかと?一般道、ATタイヤと言う事で自分ならばある程度4WDで走行し、アイスバーン等制御が難しくなったら2WDで後輪チェーン。2WDチェーンで走行が厳しくなった時点で4WDに切り替えかな・・・。

それが一番安定した走行になると思います。因みにアタック走行はチェーン4本装着、2台以上で走行が基本、装備諸々も然り。

こんばんは。

(1)チェーン装着は基本的に駆動輪で4WDの理想は4本となりますが、アタック走行で無い限り現実的で無いのは理解できると思います。2本の場合2WD時の駆動輪。これは下記の回答にもありましたが機械的な事も含めてです。

(2)下り時のチェーン装着では駆動輪に関わらず後輪チェーン掛けが車両安定という目的においては正解です。下りの滑りやすい負のトラクション走行(エンジンブレーキでしか下れない状況)では、4輪の中で後輪がロックしない場合(後輪チェーン)は何とか下れますが、後輪がロ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報