おバカな質問ですみません。
省庁系のホームページなども見てみたのですが、あまりに膨大で
たどり着けませんでした・・・
このような情報がのっているホームページはあるのでしょうか?
どなたかお力を貸してください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

Googleで:全国の法人数 を検索すると概略が判ります。


全国 法人数 で検索して更に単語を足すともっと判りやすくなるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
Googleとは、gooとは違うもの・・・なんですよね。
gooで、「全国の法人数」で検索してみたら、ヒットしてくれませんでした。
あとGooで「Google」を検索してみたのですが、見つかりませんでした・・・
Googleって、みんな知っている何か有名なサイトなのでしょうか・・・
おバカですみません。

お礼日時:2002/04/08 20:51

本題とは違いますが、お尋ねの件について


ホームページ名 検索エンジンの山
http://www.sis.nagoya-u.ac.jp/~ari/stuff/databas …
ホームページ名 日本の検索エンジン
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/kyo-yoh/kensaku/ …
検索エンジン Google (読み方は グーグル)gooと同じロボット型
http://www.google.com/intl/ja/

Googleの使い方は以前の質問の↓参照 最後の6番目の回答が適切と思います。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=122895
またはGoogleのヘルプを参照
http://www.google.com/intl/ja/help.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

google教えていただきありがとうございます。
何度か試行錯誤したのですが、国税庁が発表した、やっと、12年度253万件という数字にたどりつくことができました!ありがとうございます。
でも、googleの検索方法は難しかったです。

お礼日時:2002/04/09 00:38

ここからなら、なんとかなると思います。


ここのデータはPDFを使用していますが、HP上でそれを読むためのAdobe Acrobat Reader4.0がダウンロードできるようになっています。(無料)

「全国知事会」
http://www.nga.gr.jp/

「全国知事会」→「基礎データ」→「産業・経済」→「産業別事業所数・従業員数」
総務省統計センターHPからの作成だそうですから、数値は同様でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたび登場いただいて、本当にありがとうございます。
見てみたのですが・・・アクロバットをダウンロードするのは避けました。
ついこの間、システムがいかれたばかりで、メーカーの有償サポートで復旧させたのですが、今は機能拡張に何か追加されるようなものは入れないで、様子を見てくださいと言われているところなのです。いわば、病み上がりのマックを使っているので、新しいアプリケーションを入れるのは止めた方がいいかなと思いました。見られなくて残念です。
どなたか、法人数を教えてくれませんか~~!!??

お礼日時:2002/04/09 00:18

わたしは、使いやすいので、こちらのリンクから辿っていきます。


(お上の用語は、どうもわかりづらくて・・・・(;^_^A )

「統計リンク集」
http://greenwood.cpm.ehime-u.ac.jp/sato/link/


「企業活動全般」→「日本統計年鑑」→「第5章 企業活動」→「5- 1 産業別事業所数及び従業者数」
ここに企業数があります。
http://www.stat.go.jp/data/nenkan/05.htm

エクセルファイル形式です。
ただ、最新刊の平成14年版でも、統計数値は平成8年のものでした。

以上、ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
8年のものでも概略がわかればよいのですが・・・
エクセルを持っていないので、ファイルが開けませんでした。
ショックです。
企業数を知るのが、こんなに難しいことだとは・・・
お手数をおかけしてすみませんでした。

お礼日時:2002/04/08 20:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qきのこのホームページ

きのこについて総合的にいろいろ知りたいのですが、検索しても、満足できるようなホームページがありません。
ご紹介ください。

Aベストアンサー

既に、検索済かもしれませんが、次のようなURLはいかがでしょう。
1国立科学博物館-地衣類の探究
国立科学博物館による画像付の解説
http://research.kahaku.go.jp/botany/chii/
2山と渓ときのこと酒と
発生地別のきのこの画像、解説、調理方法。果実酒の作り方や秩父の渓流の話題
http://www.kumagaya.or.jp/~yasutani/
3ふるさときのこ考
きのこ採りの知識、食材情報、毒きのこ等を画像を交えて解説。
http://www.enasan-net.ne.jp/furu_kino/hajimeni.html
5日本の生物多様性関連Webサイト:菌類(学術的サイト集)
http://taxa.soken.ac.jp/WWW/GBIF/DB_list/list_6.html

Qホームページ作成詐欺?

 個人で事業をしていますが、よく「ホームページを拝見しましたが、新しく無料で作り直して当方のサイトに掲載しませんか?」というセールスの電話がかかってきます。一件のみ話を聞いてみたら、「サーバーの月々の維持費が二万円ほどかかります」とのことでした。サーバーは自分で立てているので、変更しなくてもいいんですけれども、といったらそれ以降連絡は来なくなりました。これって詐欺?
 こういう商法が流行っているのでしょうか?

Aベストアンサー

「うちのサーバ借りて下さい」って言うセールスです。

借り手が少なくて苦労しているレンタルサーバ業者が、単に「うちに借り替えて下さい」って言っても、月額2万だと、もっと安い他社に太刀打ち出来ません。

なので「HP作り直しもサービスしますよ」って付加価値を付けてセールスしているのだと思います。

こういう業者は「サーバのレンタル料」がメイン収入なので、相手が「サーバは自前なので」って言ったら簡単に諦めます。自前なら借りてくれる望みはゼロですから。

Qホームページに価格をのせる

お世話になります。このカテゴリーで良いのか気になりますが、よろしくお願いします。
地域のホームページを作っています。
お店をどんどんアップしていきますが、消費者の側からも喜んでもらえるように、価格をアップしたいと思っています。
たとえば、美容院のカット料金とかスーパーの牛乳の値段とかです。どのお店が安いかというのが、すぐ分かるようにしたいのです。
こちらで勝手に調べて、ホームページにのせるのは、いいのでしょうか。
それとも、お店の許可がいることでしょうか。

Aベストアンサー

>地域のホームページを作っています…

地域から依頼されたのですか、それとも質問者さんの発意でしょうか。それによって答え方が違ってくると思います。

>美容院のカット料金とかスーパーの牛乳の値段とか…

スーパーの価格は毎日変わります。時間帯によっても変わります。完全にリアルタイムで表示できますか。

>どのお店が安いかというのが…

比較の前提として、商品やサービスがまったく同じであるという確証が持てますか。

いずれにしても、当該店の了解を得るのはもとより、商店街全体の賛同を得る必要があると思います。

Q2009年10月の中央省庁の忙しさは?

こんにちは。現在好きな男性がいるのですが、彼は某省庁勤務で、おそらく予算関係の担当のお仕事をしています。
民主党が政権を取り来年度の概算要求が白紙になったため、新たに今月15日が提出期限を迎えますが、それに伴って彼も忙しくなってしまうと思います。
一般的に考えて、さすがに今月中(場合によっては今年中)は、職員の男性が女性と2人で合うデートの時間などないほど激務でしょうか?彼をデートに誘いたいですが多忙な時期に誘っても迷惑がかかるので躊躇しています。
直接彼に聞けばいいのでしょうが、私は中央省庁に勤めているわけではないので、どこまで概算要求のお仕事の時期が激務なのか分かりません。中央省庁にお勤めのご家族・恋人・友人知人をお持ちの方にご回答頂けたらありがたいです。

Aベストアンサー

10月は4月の次に人事異動が多く、それでなくてもバタバタする時期です。
年末(11-12月)や年度末(2-3月)も予算の執行状況確認など、夜遅く帰ることが多いです。まあその辺は民間企業と変わりません。

政権交替により仕事のやり方が変わったり(今は暗中模索の状態かも)、予算の執行の一時凍結などもあるようなので、年度内(来年3月)いっぱいは忙しくなるはず。ただし、予算関係といっても様々で部署によっては例年通りの忙しさで済んでいるかもしれません

とはいえ、暫くは深夜に帰宅されたり土日出勤されているかもしれませんね。
ゆっくり休ませいあげて欲しいところですが、メンタルヘルス的に考えれば気分転換になるようなデートも必要と思います。
遠出や遊園地のような疲れるところではなく、公園などでゆっくりまったりさせてあげてはどうでしょうか?

Q凄くないホームページは存在する?

ある週刊誌に「IT時代の成功者」(?)(不正確ですが)。「アップした小説が映画化」など、HPによって世間に広く認められた人たちの「サクセス・ストーリ」が載っているようです。(未読)
しかしそんなこと、「アメリカン・ドリーム」ならぬ「ITドリーム」のように騒ぐことなのかなという疑問が湧きます。
極端な話、出版物として発表されるかされないかは
内容の問題ではなく、あくまで「発見」されるかされないかの「運」でしかないと思います。
少なくとも私は、出版されて、さらに何らかの賞を受賞して・・・そんなHPは山ほどあるように思います。
小説でなくても、各分野で本になるようなものには事欠きません。
それは下らない、内容の無いHPも稀にあるでしょうが、
今、私にはプロとアマチュアの境など無いように思えるのです。
・・・と、こう言うのが下らない、無内容な質問の見本のようなものですが(苦笑)
ちなみに私自身HPは持っていません。

Aベストアンサー

たしかに、すごく内容のあるホームページ(Webサイト)は数多くあります。
ただ、私の感覚では、見るに足る内容のあるのは
全サイトのせいぜい一割以下だと思うのですが、
それは置いておきます。

商業的に成功できるかできないかが運次第というのは
その通りでしょう。
ただ、サイトの作者が作品を発表できるのは、
それが個人サイトであり、商業ベースではないからだという側面もあります。

つまり「責任が伴うかどうか」が違います。
プロとして仕事をするとき、たまたまいい作品を出すというだけではダメなわけです。
コンスタントにある程度の作品を、それも〆切を守って提出しなければなりません。
その責任にサイト作者が耐えられるかどうか。
耐えられる人もいるでしょうが、多くは耐えられないのではないでしょうか。

技術的なことについてのサイトがあるとします。
個人サイトなら、どこか別のサイトで見かけた事項を
(著作権に引っかからない範囲で)引き写しただけでも成り立ちます。
しかし本に書こうと思えば、
規格とかなんとかを、権威のある資料を調べてから書かなければなりません。
文章として同じことが書かれているとしても、手間は非常に増えるのです。

アマチュアとプロのあいだに差がないように見えても、
実は見えないところに差がある。
そして、プロになれるのは、本当に力のある人だけだ…と思います。

たしかに、すごく内容のあるホームページ(Webサイト)は数多くあります。
ただ、私の感覚では、見るに足る内容のあるのは
全サイトのせいぜい一割以下だと思うのですが、
それは置いておきます。

商業的に成功できるかできないかが運次第というのは
その通りでしょう。
ただ、サイトの作者が作品を発表できるのは、
それが個人サイトであり、商業ベースではないからだという側面もあります。

つまり「責任が伴うかどうか」が違います。
プロとして仕事をするとき、たまたまいい作品を出すというだけで...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報