薬品の名前には様々なものがありますね.今私の中で引っかかっているのは「クエン酸」です.ギ酸,酢酸,リンゴ酸,フマル酸等々名前の由来は検討がつきますが,クエン酸はどのように「クエン」なのでしょうか.お暇な方,教えて頂けませんか.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 BOB-RooK さんの回答を拝見して,「中英日化学用語辞典」を引いてみました。



 「クエン酸」は中国語で「檸檬酸」と言うようです。つまり,「レモン酸」ですね。

 と言う事で,BOB-RooK さんの回答に賛成です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.すごい辞典をお持ちですね!

お礼日時:2002/04/09 07:36

BOB-RooK さんの回答をヒントに検索してみました。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「クエン酸という言葉は日本語」
この記載によると必ずしも「枸櫞」は「レモン」のみを指してはいないようですが・・・?

http://jbbs.shitaraba.com/sports/238/#8
(persona 2002/02/06)
このページでは「枸櫞」と「レモン」では異なるようです・・・?
http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q12.html
(紅茶にレモンを入れると、どうして色が消えるのですか?)
国語辞典では「レモン」・・・?

http://www.kamejiro.com/903society_5.htm#クエン酸とは
(クエン酸とは?)

⇒「レモン」とするサイトが多いようですが、「枸櫞」と「レモン」は異なっていたが、日本語に当てはめる段階で変化して行ったのでしょうか・・・・?

ご参考まで。

参考URL:http://www1.odn.ne.jp/~aaw15760/nihonngo.htm
    • good
    • 0

枸櫞酸で枸櫞とはレモンのこととのこと。


 クエン酸×語源で検索をかけた結果です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます.「語源」とは気づきませんでした.

お礼日時:2002/04/09 07:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルカリイオン水でクエン酸やアミノ酸をのんでも効果は変わらない?

いつもお世話になっております。
健康の為、アルカリイオン水を常用しておりますが、
キレート効果が体に良いということで、クエン酸も飲み始めました。
また、運動時にはアミノ酸をのんでいます。

そこで、混ぜて飲んでも効果は変わらないのでしょうか?
素人としては、
クエン酸(酸性)とアルカリイオン水(アルカリ性)を混ぜると中和して、その効果まで中和=ゼロに
なってしまうのではないかと心配しております。
アミノ酸は、どうなんでしょう?

素朴すぎる質問かもしれませんが、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>そこで、混ぜて飲んでも効果は変わらないのでしょうか?

 変わりませんよ。
実は、酸っぱいのが苦手な人の為にあるのかどうか知りませんが、
クエン酸ナトリウムといって、クエン酸を中和しているものも実はあります。
勿論、クエン酸もクエン酸ナトリウムも効果は同じです。
 それから、アルカリイオン水のpHもそれ程下がりません。

>アミノ酸は、どうなんでしょう?
 
 基本的に問題ありません。もし、クエン酸を飲んで問題が生じるのでしたら、
アミノ酸の経口摂取には、何の効果も無いことになってしまいます。
 アルカリイオン水のことも含めて、摂取したら”胃酸(塩酸)”に晒されますからね。

Q酢酸、ギ酸、レブリン酸を測定するのに最適なHPLCのカラム

酢酸、ギ酸、レブリン酸を測定するのに最適なHPLCのカラムがあれば教えて下さい。Shodx Sugar SH1011のカラムを使っても大丈夫でしょうか?

Aベストアンサー

研究室に出入りの業者さんからカタログを取り寄せるかあるいは以下の参考URLサイトを参考にしてください。
「Shodex HP」
研究室の先輩は指導してくれないのでしょうかね・・・????

ご参考まで。

参考URL:http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/content1.htm

Qクエン酸とカルシウムのキレート効果について

カルシウムを体内に吸収させやすくするためにクエン酸が有効と聞きました。
では実際に、カルシウム1gを体内に吸収させるのに有効なクエン酸量は何gなのでしょうか?
また、クエン酸ナトリウムとかが入っているとキレート効果の妨げになるものなのでしょうか?
詳しいサイトや文献などがありましたら、それらもふまえて教えてください。

Aベストアンサー

>クエン酸カルシウムとかいう形 になって体内に吸収されるのでしょうか?
吸収部位を十二指腸に限ると.吸収される化学種はカルシウムイオンです。他の形態では吸収されません。

>これら二つはどれくらいのパーセンテージで反応するものなのでしょうか?
手元に資料(一例としてはスタビリティコンスタントおぶメタルイオンコンプレックス)がないので見当がつきません。かい離定数と錯形成定数から計算します。ただクエン酸はたしかマスキング剤として比較的広く使われていますので.ある程度安定な錯体を作ります。したがって吸収可能な2かのカルシウムの存在量はかなり少なくなるはずです。

Qマレイン酸からフマル酸へ

             hv
ジメチルマレイン酸+Br2ーーー>ジメチルフマル酸
             

という反応の仕組みは、どうなっているのでしょうか?レジカルが関係しているとは思うのですが、付加反応ではないので、どうなっているのかわかりません。

お願いします。

Aベストアンサー

おおよその状況はわかりましたので、少し詳しく説明をします。
まず、薬品の量は、マレイン酸ジメチルが約3mmol、臭素が約0.3mmolということになりますので、やはり触媒として加えられていることになります。

反応の推進力は、生成物がトランス配座であることによる安定性以外にも、もう一つの要因があるようです。
すなわち、生成したフマル酸ジエチルのジクロロメタンへの溶解度の低さのために、フマル酸ジエチルの結晶が析出し、平衡の系外に出たことも一因でしょう。

マレイン酸ジエチルやフマル酸ジエチルへの臭素の付加も起こっていると思いますが、その付加体ではエステル基のα位にBrが来ることになり、比較的不安定であると考えられます。
そのために、特に光照射下では解離が進みやすく、溶液中にある程度の濃度で臭素が残ったのではないでしょうか。
それに対して、シクロヘキセンへの臭素の付加体は比較的安定ですので、臭素を効率的に除去できたのだと思います。

上述のような副生成物は、ろ過や再結晶で除かれたということでしょう。

Qクエン酸の消臭効果について教えて下さい

看護研究でクエン酸を用いて便臭に噴霧して消臭実験を行ないます。クエン酸
がメチルカプタンやインドール、スカトールなどに消臭効果があるのでしょうか。酸を用いた中和反応をさせたいのですが、化学式もよくわからないまま実験を行なおうとしています。クエン酸で本当に消臭できるでしょうか。誰か教えて下さい。よろしくお願いします。実験開始まで時間が有りません

Aベストアンサー

キレート作用は有名です.
 http://www.eonet.ne.jp/~u-suke/cleaning.html
http://www.myph.jp/katorea2626/pc/free.html
http://www.kyousei-nara.jp/kuensan/newpage1.htm
http://kuensan.jp/k22.htm
 http://www.healthybest.jp/info/info_05.html
 http://www.melon.or.jp/melon/Jversion/ecolife/04_how2/housekeeping/02jyuusou.html
 
上記より効果ある濃度と3段階位の液を作り,いろんな臭いに振り掛け試験をしますが,人の鼻はなれが有るから意外と難しいものです.
何人かでやれば傾向はつかめるはずです. 

Qマレイン酸→フマル酸。

マレイン酸を水に溶解して、濃塩酸を入れて固形物質が生成するまで加熱しました。
そのあと、生成したフマル酸を取り出して乾燥させ、pHや溶解度、融解度、反応性を比較する実験を行いました。

シストランス異性体の相互変換は、2重結合が自由回転できないので自然に変換はできず、酸触媒を用いると相互変換すると書いてありました。その酸触媒というのはここでいう濃塩酸のことですよね?
これはどういう反応が起こっているのでしょうか?あと、6gのマレイン酸から生成されるフマル酸の理論値というのは、どのようにして考えるのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

マレイン酸からフマル酸への異性化の場合は、カルボキシル基のカルボニルに
プロトンが付加した後、その陽電荷がC-C二重結合へと移動することで
自由回転が可能になる、ということではなかったかと思います。

       C=C
      /    \
  O=C       C=O
     |       |
     OH      OH

      マレイン酸

        ↓+ H+

      C=C
     /    \
HO-C+      C=O
    |       |
    OH      OH

       ↓

      C-C+  ←自由回転可能
     //   \
HO-C      C=O
    |     |
    OH     OH

       ↓


        O=C-OH
         /
      C-C+
     //
HO-C
    |
    OH

      ↓

        O=C-OH
          /
      C=C
     /
HO-C+
    |
    OH

       ↓

        O=C-OH
          /
      C=C
     /
 O=C
    |
    OH

     フマル酸

マレイン酸からフマル酸への異性化の場合は、カルボキシル基のカルボニルに
プロトンが付加した後、その陽電荷がC-C二重結合へと移動することで
自由回転が可能になる、ということではなかったかと思います。

       C=C
      /    \
  O=C       C=O
     |       |
     OH      OH

      マレイン酸

        ↓+ H+

      C=C
     /    \
HO-C+      C=O
    | ...続きを読む

Q腎臓結石に対するクエン酸の効果について

3年程前から腎臓結石があり、通院と服薬(猪苓湯)で2~3個は石が出てきました(シュウ酸カルシウム結石でした)が、あと3個程がどうしても落ちてこないので、知人にクエン酸が結石を溶かすらしいよ、と言う話を聞き試したいのですが、そこで

(1)本当にクエン酸が結石を溶かす効果があるのか?あれば1日に何g位摂取すれば よいのか?

(2)クエン酸はスゴイすっぱいらしいので長期に服用して歯が溶ける事がないか?

(3)その他、結石を溶かす薬、お茶、サプリなど御存知の方がいらしたら教えて頂け ると嬉しいです。 
         宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

今、できた結石を溶かす薬はないといってもいいでしょう。
薬がない以上サプリにはなおさらありません。
ただしクエン酸には結石予防の効果はあります。
ウラリットというクエン酸製剤が痛風の方の結石予防に使われています。
尿のphを調節しながら飲む薬で、医師の支持なしには服用できません。
アルカリに傾きすぎると、他の成分の石ができやすくなるので、要注意です。
これ以上石ができないように、
正しい栄養の取り方(カルシウム製剤の摂取とか)と正しい生活指導(水分を多くとるとか)を
ぜひ医師に確認してください。

参考URL:http://www.info.pmda.go.jp/go/pack/3949101A1025_1_06/

Qマレイン酸とフマル酸

マレイン酸とフマル酸の沸点の違いがわかりません。

水素結合だと思うのですが、両方とも水素結合しますよね??

イメージできませんどなたか解説お願いします。

Aベストアンサー

要するに

マレイン酸→分子内水素結合
フマル酸→分子間水素結合
をするからです。

http://www.geocities.jp/chemacid/chembase/organic/nonaqua-acid.htm

Qクエン酸がアレルギーに効果があるって本当?

みなさん、こんにちは!

お酢などに含まれているクエン酸がアレルギー症状の緩和に有効だという話を聞きます。
クエン酸と言えば、高校の生物の授業で、『TCA回路』で使われ、エネルギーの生産に重要だということは習った覚えがあります(うろ覚えですw)。

そのクエン酸がどういった原理で、アレルギーの症状を緩和させるのでしょうか?
私もアレルギー体質なのですが、以前朝と晩にお酢をガバガバ飲んでいた時は、アレルギー症状が不思議とほとんど出ませんでした(今はお酢を飲むのを止めてしまったからか、アレルギー症状が結構きついです)。

詳しい方いらっしゃいましたら、どうぞカキコお願いします!!

Aベストアンサー

 こんにちは!

 アレルギーの根本原因はいろいろだと思いますが、結果的には、抗原抗体反応にほかなりません。
 体液がエネルギー不足や疲労の蓄積で、酸性体にかたむくと、ある種の白血球は過敏状態となり、殺菌毒(活性酸素)やヒスタミンを放出し、アレルギーを起こします。
 アレルギー体質の人は、体が酸性体に傾いていることがわかっています。

 クエン酸はミトコンドリアの中でATPを生成し、それをエネルギーとして細胞は疲労を回復します。また疲労物質である乳酸などを中和し、あるいは、乳酸をクエン酸回路に引き込み、ATPに変換させます。さらに体液の流れをスムーズにし、体を弱アルカリ体(PH7.4)に誘導します。
 その結果、免疫反応の興奮は沈静し、過剰反応を抑えることができます。

 以上です。

Qマレイン酸、フマル酸

この間もマレイン酸のことでお世話になりました。マレイン酸、フマル酸水溶液にNa2CO3を入れたときに、どちらも反応して泡が出ました。この泡はCO2でいいのしょうか?あと、Mgリボンを入れたときにる泡がなんだか分かりません。教えてください<(_ _)>

Aベストアンサー

前半について
二酸化炭素です。カルボン酸の方が強酸なので二酸化炭素が発生します。酢酸などの場合と同様です。

後半について
条件にもよるでしょうが、気体が発生するとすれば水素でしょう。

HOOCCH=CHCOOH + Mg → Mg2+ + -OOCCH=CHCOO- + H2

マレイン酸やフマル酸のマグネシウム塩が生じます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報