特に鳴りの悪いポジションとかそういうことでしょうか?
質問内検索したところ、「フレットによるデッドポイント」というのがありましたが、フレットレスベースにはないということでしょうか?

A 回答 (2件)

簡単に言うとネックが弦の揺れと同期して音を吸収しちゃうってことですかね。


なので、フレットレスでもデッドポイントはありますよ。
弦が揺れて、その後いろいろあって音が出るって言う原理はなんとなく分かるでしょうから割愛しますが、そのとき弦の揺れにネックが共振して原音がなりにくいポイントのことをデッドポイントといいます。
ネックのヘッドのほうをたたいた時の音がネックの音なのですが、それに近いあたりでは原音が残りにくくなります。(フェンダータイプのベースだと1弦5フレットあたりですね)
詳しい理論は僕の言語能力では文字だけで伝えるのは無理だと思うので、
書きませんが、なんとなく感じだけでもつかんでもらえるといいかなぁとおもって書いてみました。
参考になりましたでしょうか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ネックと弦のそれぞれの振動が互いに打ち消し合うって感じで良いでしょうか。
よくわかりました。ありがとうがとうございます。

お礼日時:2002/04/09 17:55

ミュージックマンのベースはデットポイントが多かったなあ。


スラップ音が他のメーカーと異なり気に入っていたのでライブでよく使用していたのですが、あとで録音を聞くと鳴ってない音がいくつもありました。
楽器の良し悪しは個々の音が均等のボリュームで出せることです。その点ムーンのベースは本当にバランスがよかったですぞ。
デットポイントもそうですが鳴りすぎる音も困ります。倍音に関係する為なのですが。(イエペスのギターがあんなに弦が多いのはたくさんのポジションで弾きたい為ではなく、倍音の量を平均化する為と誰かに聞きました。)
質問者の方は沢山の楽器を弾くことで自然に御理解されると思うのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的に教えていただきたかったのですが、とりあえずご回答ありがとうございます。
ムーンのベース、私も持ってます。

お礼日時:2002/04/09 18:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヴァイオリンとかにはフレットがないのにギターにはフレットがあるんですか

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなどクラシック音楽で使われる弦楽器はフレットがありません。ジャズベースとかもありません。しかしクラシックギターを含め、アコギ、エレキギターなど全てにフレットがついています。なぜギターにはフレットがあってヴァイオリンなどはフレットがないんでしょうか?素朴な疑問ですかちょっと気になったのでお伺いします。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ギターの場合、フレットが無いとピッチ(音程)が狂うからです。

もちろんヴァイオリンでも正確に押弦しないとピッチは狂ってしまいますが、弓で弾くヴァイオリンなどの場合、ギターに比べてピッチを戻すことが比較的容易です。

ギターの場合は、基本的に「弦をはじく」ことによって音を鳴らしますので、鳴らしてしまった後にピッチを正確に持っていくことは出来ません。
(例えばコードストロークをイメージして下さい。6本の弦を瞬間的に鳴らしますよね。)
鳴らした瞬間に正確なピッチでないと超音痴な楽曲になってしまいます。

ヴァイオリンなどの場合は、スライドやビブラートを多用します。

このようなこともフレットのあるなしに関係しているのではないでしょうか。

Qウクレレ4弦の3フレットと4フレットが同じ音に

趣味で弾く程度のウクレレを独学でやっています。

最近、4弦の3フレットを押した音と4フレットを押した音が同じようになってしまいました。
(添付動画の通りです。)

楽器屋に見てもらうのが良いとは思うのですが、ウクレレはハワイで買ったものであり
また家の近くに楽器屋もなく、見てもらえるかどうかもわからないので、少し困っています。

もし個人で何か対処できる方法がありましたらご教示頂ければ幸いです。

https://www.youtube.com/watch?v=rCzTa3e3zz4

Aベストアンサー

これは、LOW-Gチューニングですね。第4弦がスタンダード(レギュラー)チューニングよりも1オクターブ下でOKです。
第三フレットが低いか、第四フレットが高いかということで、第三フレットを押さえても、第四フレットを押さえても、結局第四フレットの頂上が弦にふれているという現象ですが、根本的にブリッジ(サドル)が低い場合が大半です。木の板か、牛骨の板、あるいはプラスチック製のサドル材を買ってきてヤスリで調整して作り直すのが本来ですが、素人には難しいです。ハワイで数千円で買われたものなら、楽器というよりおみやげ物なので、そのような物が多いです。修理費のほうが高くつくので、ウクレレが好きになったのなら日本製の購入を考えたほうが良いと思います。ハワイで5~6万円出して購入された本格品なら、楽器屋さんでそれなりの費用で修理調整をされたら良いと思います。コアロハ、カマカ、Gストリング、というのが量産のハワイブランドの御三家ですが、現地では調整はよい加減で、正規に輸入されたものは、販売する問屋さんや楽器やさんが調整してから店に出しています。
ちなみに、「Low-Gチューニング」はオータ・サンが始めたチューニングで、どこでも通用しますが、「ハイGチューニング」という言い方は、日本人の恥ずかしい間違いで、ウクレレがギターの人に馬鹿にされる一因でもあります。ギターではダウンチューニングがありますが、レギュラーチューニングを「アップチューニング」とは言いません。本来のチューニングに対してLowがありHighがあるので、普通のチューニングは「スタンダード」または、「レギュラー」という言葉が正解です。
「ハイジー」という言葉が蔓延してきているので、阻止しようとしていますが、力が及びません。

これは、LOW-Gチューニングですね。第4弦がスタンダード(レギュラー)チューニングよりも1オクターブ下でOKです。
第三フレットが低いか、第四フレットが高いかということで、第三フレットを押さえても、第四フレットを押さえても、結局第四フレットの頂上が弦にふれているという現象ですが、根本的にブリッジ(サドル)が低い場合が大半です。木の板か、牛骨の板、あるいはプラスチック製のサドル材を買ってきてヤスリで調整して作り直すのが本来ですが、素人には難しいです。ハワイで数千円で買われたも...続きを読む

Qアコギって、弦とフレットが付いてる板が平行なのが普通ですか? 1フレットと弦の間は近いのに、20フレ

アコギって、弦とフレットが付いてる板が平行なのが普通ですか?
1フレットと弦の間は近いのに、20フレットと弦の間が5mmぐらいあるのですが。
弾いてみたいなぐらいの軽い気持ちでネットで安いのを買ったので、決して良いギターではないです。

Aベストアンサー

5ミリはちょっと高すぎるかもしれませんね。楽器屋(ギター屋)さんで、弦高調整してもらったら弾きやすくなると思いますよ。

Qsgのデッドポイント

念願のギブソンsgを購入しました。家に連れて帰ってきたら、ビックリ!
ある一定のポジション(特に9フレットやハイポジ)でサスティーンが全然無いのです。試奏の時には気づかなかったのでショックでした。
手放す訳にもいかないし調べてもなかなかデッドポイントに関する情報は少ないし、どうしようか悩んでいます。
何か改善する方法があったら教えてください!
リペアにも出したいのですがなかなかデッドポイントの修理をしてくれるショップは少ないそうなので、お勧めの店もあったら教えてください。

Aベストアンサー

試しにヘッドやボディーに重りをガッチリと固定してみてください
共振周波数がさがり、デッドポイントが低くなるはずです
E音以下に下がれば万々歳ですが。

Qギターのデッドポイントについて

最近新しいギターを買ったのですが、D音がデッドポイントのようで、2弦3フレット、3弦7フレット、4弦12フレット、5弦5フレット、6弦10フレットが、極端にサスティンがありません。(1弦は10fはなんとかセーフです)
ギターはフルアコです。フラットワウンドを張っているというのもあり、もともとサスティンがあまり無いのもありますが、とくにD音では「ボンッ、ボンッ」という感じで、ミュートしたように音が全く伸びてくれません。

ためしに半音下げてチューニングしたところ、それぞれ1フレット上のポジションがそうなりました。
デッドポイント(ウルフトーンともいうのですか?)は、ギターの共振周波数の関係で、どうしてもどこかに発生するものらしいですが、持っているギターでここまで顕著なものは無いので、なんとかならないものかと質問しました。

買うときの試奏時にも、3弦7フレットは気がついていましたが、他のほとんどの弦までこうは気づかず、ちょっと迂闊でした。

解消法をネットで調べると、ヘッドに重りをつける、ボディの中にタオルを入れる、Fホールの面積を厚紙等で塞いで調整する、などの記述があり、それらを試してみましたが効果はありませんでした。
他に対処法などはないのでしょうか。ダメもとでお聞きします。
もし何か方法をご存知の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

最近新しいギターを買ったのですが、D音がデッドポイントのようで、2弦3フレット、3弦7フレット、4弦12フレット、5弦5フレット、6弦10フレットが、極端にサスティンがありません。(1弦は10fはなんとかセーフです)
ギターはフルアコです。フラットワウンドを張っているというのもあり、もともとサスティンがあまり無いのもありますが、とくにD音では「ボンッ、ボンッ」という感じで、ミュートしたように音が全く伸びてくれません。

ためしに半音下げてチューニングしたところ、それぞれ1フレット上のポジショ...続きを読む

Aベストアンサー

新品なら販売店経由でメーカーにクレーム処理してもらいます。
ギブソンなど大手メーカーなら、ちゃんと対応してくれます(してもらいました)

そうでなければ、有償修理・調整ということで、メーカーもしくは近くのリペアショップに依頼します。

要するに、トップの厚さのバラツキやブレイスの調整をしてもらうことでデッドポイントを少なくするのです。
ただし、有償リペアの場合、ある程度の費用が必要ですので、ここは楽器と財布との相談になります。

重りを付けるというのも対症療法としては悪くありませんが、ギター全体の響きを落として、デッドポイントを少なくするやり方は、楽器の性能を活かすという点からはあまりお勧めしません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報