位置情報で子どもの居場所をお知らせ

宿題で、『シェークスピアの生涯と作品』という題のレポートがだされました。
シェークスピアの生涯と作品について知っていることやサイトがあったら教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 


  シェイクスピアの生涯や作品については、インターネットのサイトよりも、書籍で調べる方が詳細なデータが出てきます。何時頃どこで生まれ、両親は誰で、空白の七年間があって、劇作家になっていて、「ヘンリー八世」を書いた後、故郷に帰って引退し、どこかで読んだところでは、一夜、親友と共に大酒を飲み、翌日亡くなったというぐらいしか分かりません。生涯については、非常に簡単に、以下の
「英国研究・シェイクスピア研究入門」に簡単に記されています。作品リストは、以下の「作家別作品リスト」に載っていますが、これは戯曲で、詩集は載っていません。「シェイクスピアについての論文レポオトの書き方」は、イエスとノーで分かれているようで、わたしは「ノー」の方しか見ていませんが、面白い内容です。
 
  シェイクスピアは誰だったかという問題が起こるのは、故郷のストラトフォード・アポン・エイヴォンに引退したシェイクスピアが、本を持っていなかったこと、特に、自分の作品の本も持っていなかったので、これはおかしいという所から出ています。シェイクスピアはかなりなインテリで、色々な知識を持っており、当然、多数の本を読んだと考えられるのです、そういう人物が故郷に帰ると、何の本も携えなかったというのは納得が行かないというものです。
 
  別人が作品を書き、シェイクスピアという平凡な男を作者に仕立て上げたのだという説があります。誰が本当の作者なのか、政治家フランシス・ベーコンだという説がありますが、どうもこれは違うようです。28歳で亡くなったマーロウという文学者がいて、この人の死は偽装で、マーロウは生き続け、その才能で、シェイクスピアの作品を書いたという説もあります。或る戯曲は、エリザベスI世が書いたとかいう説もありますが、これは荒唐無稽過ぎるかも知れません。
 
  多分、答えは、シェイクスピアの作品は、シェイクスピアとして知られている人物が書いたのだということでしょう。シェイクスピアについての解釈は込み入っており、彼の「地球座」は、どういう意味があったのか、彼と、「薔薇十字運動」には関係があるはずだなど、色々な説があります。フランセス・イェイツがこのあたり詳しいですが、本は難しいです。
  
  >英国研究・シェイクスピア研究入門 
  >http://133.12.37.57/fs/eigo/england/tougo.htm
 
  >シェイクスピア戸所研究室/シェイクスピア
  >http://www.gpwu.ac.jp/door/todokoro/todokoro.html
 
  >シェイクスピアの劇作品一覧(推定制作年代順)
  >http://www.gpwu.ac.jp/door/todokoro/works/sh_chr …
 
  >シェイクスピアについての論文レポオトの書き方
  >http://www.gpwu.ac.jp/door/todokoro/semi/hints.h …
 
  >関連リンク集
  >http://www.gpwu.ac.jp/door/todokoro/links.html
 
  >作家別作品リスト:ウィリアム・シェイクスピア
  >http://www.asahi-net.or.jp/~ue4k-ngt/bnavi/shake …
 
  >シェイクスピア作品別劇評一覧
  >http://village.infoweb.ne.jp/~fwif7845/shakespea …
 
  >劇場空間の再発見展
  >http://www.musabi.ac.jp/kuude/cyberlab/lab/proje …
 
  >シェークスピアのグローブ座―復元完成後の上演をみる
  >http://www.daito.ac.jp/kouhou/shinbun/
   shinbun-old/daito500/TheGlobeAndShakespeare.html
   

参考URL:http://133.12.37.57/fs/eigo/england/tougo.htm,http://www.gpwu.ac.jp/door/todokoro/semi/hints.h …
    • good
    • 0

Luckycatsです。

こんばんは。

 ご参考までに下記のサイトは、如何でしょうか。読み辛いかもしれませんが・・・無料で翻訳できるサイトもありますから。
 シェークスピアは、作品は広く知られていますが、本人は謎の部分がありますね。よく言われることですが、本当に一人の人物だったのでしょうか?もし、ご存じでしたら、逆にお教えください。

参考URL:http://the-tech.mit.edu/Shakespeare/works.html
    • good
    • 0

シェイクスピアのリンク集です。


参考になるかと思います。

参考URL:http://www.sol.dti.ne.jp/~takeshu/Link.htm
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松本清張の「砂の器」って何を表していますか?

松本清張の「砂の器」という小説があります。
未読で、ドラマと映画しか観たことありません。
この題名の「砂の器」は何を表しているのでしょうか?
まぼろしの器、もろい器とかいう意味だとおもうのですが、
「器」が何なのかわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

映画版の冒頭にありますね。
「つくっては壊れを繰り返す砂の器のように人の幸せは儚いもの」
砂で作った器には、何を入れようとしても絶対に満ちることはない。いずれ壊れ崩れていくのが砂の『宿命』だから。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%82%E3%81%AE%E5%99%A8

Qシェイクスピア作品のどこに魅力があるのか分かりません。

ここにいる皆様に比べれば、あまり文学作品は読まない人間からの質問です。

世間一般で持て囃されているシェイクスピアの作品について、6年程前、四大悲劇とベニスの商人を読んだのですが、どこが素晴らしいのか全く理解できませんでした。

その当時は、「どこが良いのかは全く分からないが、昔の読み物とはこういうものなのだろう」と心の中で片付けていたのですが、こうも持て囃されると、私自身の想いが間違っているのか、それとも読む前の前提の知識を必要とするのか、いずれにせよ、世間の評価と私の気持ちが乖離している事に疑問を持っています。

シェイクスピアの表現が一般的になりすぎて新鮮味を感じないからなのか、はたまた現代の表現に適していないからなのか・・・。
また、ベニスの商人の後書きに書いてあったのですが、既存の民話や作品を繋ぎ合わせて、物語を構築する手法を用いて作品を作っていたという説明に、シェイクスピア独自のオリジナリティーが無かった事に対する失望も湧き上がった事も魅力を失わせた理由の一つと思います。

ただ、私がシェイクスピアを読む上での観点が誤っていたりする事も考えられるので、シェイクスピア作品を読む上でどこに着目すべきかを、どなたかご教示頂ける方がいらっしゃいましたら教えて頂きたく。

また、
・どこに着目すべきか
・シェイクスピアの作品の作り方はどこが評価されているか
・誰が、どの作品を評価しているか
が分かる参考図書等があれば教えて頂けないでしょうか?
(ホームページでも構いませんが、私は見つけられませんでした・・・。)

ちなみに私が読んだ中で素晴らしいと感じたものは、
 ゲーテのファウスト、
良いと思ったのは、
 武者小路実篤 愛と死
面白さがよく分からないものが
 川端康成 伊豆の踊り子

文学以外で素晴らしいと思ったのは、
 福澤諭吉 学問ノススメ
最近の本で良かったのは、
 的場明弘 超訳 資本論
です。

勝手我侭な質問で大変恐縮ですが、宜しくお願い致します。

ここにいる皆様に比べれば、あまり文学作品は読まない人間からの質問です。

世間一般で持て囃されているシェイクスピアの作品について、6年程前、四大悲劇とベニスの商人を読んだのですが、どこが素晴らしいのか全く理解できませんでした。

その当時は、「どこが良いのかは全く分からないが、昔の読み物とはこういうものなのだろう」と心の中で片付けていたのですが、こうも持て囃されると、私自身の想いが間違っているのか、それとも読む前の前提の知識を必要とするのか、いずれにせよ、世間の評価と私の気...続きを読む

Aベストアンサー

シェイクスピアは大衆向けのにぎやかし芸であって、
藤山寛美や手塚治虫と同類でありシーンごとの
盛り上がりをどうするかがコンセプトなのです。
テーマとか全編構成はそのための手段にすぎません。
あなたがおもしろさを理解できないのは
趣味が合わないからですよ。
大ヒット作品であっても好みに合わない人もたくさんいるのです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング