外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

学校でハムレットに関するミニ論文を課せられましたが、シェイクスピアを専門に勉強しているわけでもないので、どうしたらいいものかと困っています。ハムレットといえば有名な作品ですし、研究も進んでおり参照するものは多くありますが、逆に研究し尽くされているためにツッコミどころがないというか、そこからどうやって自分なりのテーマをたてるかということで悩んでいます。本に書かれていることをまとめるというだけではやはりマズイですよね…?何かアドバイスをいただければと思います。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

登場人物の中のひとりを選んでコメントするというのはどうでしょう。


ハムレットの友人、ホレーショはいつも彼のそばで支えようとしていますし、オフィーリアは、ハムレットの本心を知ろうと必死になっています。母親のガートルードは女性として自由でおおらかな魅力があります。父親のクローディアスも悪人とは言い切れない、頭の切れと度量があるような気がしませんか?
どの人物を選んでも、充分コメントできるのがシェイクスピアの偉大なところだと言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
いろんなやり方がありますね~。
自分ではなかなか思い浮かばかったのでとても参考になります!
ありがとうございました☆

お礼日時:2006/01/28 16:56

論文はかけましたか?


最近ハムレットを読んだのですが、思っていたのと違いました。ハムレットってなかなかいいやつじゃん。
普通の人が運命に立ち向かうという話だったのだねー。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

論文いまだ苦戦中です…頑張ります!
私もハムレットは授業をきっかけに初めて読みました。授業では原文が扱われたのでなかなか難しかったですが、説明されないと気付かないような様々な技巧がこらされていて、「おぉ…」と妙に感心してしまいました(笑)人によって解釈の分かれるところも多いので、いろんな人のハムレット分析を読んでみるのもお勧めです☆

お礼日時:2006/01/20 23:09

英文科の学生が英文学に関する論文として書くのでなければ、下記のような方法が可能ではないでしょうか?



1、翻訳の違いとその違いから生じる印象
戦前だと明治の文豪坪内逍遥訳、戦後だと福田恒存訳、比較的最近だと小田島雄志訳が知られています。これらの本は比較的入手しやすいと思いますし、図書館にもあると思います。ハムレットの作中の何箇所かについて、それらを比較分析してみてはいかがでしょうか。おそらくそういう研究論文も存在していると思われますが、あなたなりの感性で分析すればオリジナルの小論文とはなると思います。
http://homepage3.nifty.com/nada/Hamlet.html

2、演劇の演出家による解釈や表現方法を比較分析
多くの演出家によって上演されていると思います。1の場合とも関連しますが、演出家がどの翻訳を採用しそれをどう解釈しどのように表現したか、ということをまとめる。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
こういったテーマも面白そうですね!どちらも非常に興味深いです。ちょっと調べたくなってきました(笑)とりあえず資料を探してみようと思います。本当にありがとうございました!

お礼日時:2006/01/19 03:43

 「わたしは、あるときはハムレット、あるときはドン・キホーテだ」


という書きだしで、あなた自身を語れば、おのずから“ハムレット論”
になります。
 気の利いた先生だったら「○○教授は、あるときはハムレット……」
という書きだしで、かならず合格点をくれるはずです。
 以下は、わたしの小論文(19920423)より。
 
 男の典型を対比したツルゲーネフの講演《ハムレットとドン・キホー
テ》によってそれぞれの作者は対等に評価された。狂気とエゴイズムを
凝視した近代的手法とともに、同世代の作家であることが後世の研究者
をあつめた。
 さらにシェークスピアとセルバンテスが「奇しくも同じ日に没した」
ことは、二大文豪を語る「殺し文句」となった。
(旧暦と新暦の日付が同じために生じた誤解で、実は十日間前後する)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
なるほど、こういったテーマなら自分でも楽しみながらできそうだなぁと思いました。いろいろな切り口がありますね!自分ではなかなか思いつかないので回答していただけてありがたかったです。参考にさせていただきながら、頑張って仕上げたいと思います。

お礼日時:2006/01/17 02:46

シェークスピアやハムレットについてはたしかにもう研究も分析もあり過ぎるほどですよね。



いっそのこと、視点をガラッと変えて、ハムレットをはじめオフィーリアまでもを現代の若者の思考傾向や行動パターンと比較したものにしてみてはいかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
なかなか自分では思いつかない視点ですので、なるほどなぁと思いました。参考にさせていただきながら、なんとか期限までに頑張りたいと思います。本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/01/17 02:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q『ハムレット』を皆様はどう思いますか?

ハムレットを読みました。勿論、シェイクスピアのです。
有名な話ではありますが、あまり感動しませんでした。ちょっと期待はずれというか…。人が全員死んでおしまい、という空虚感が残っています。悲劇だから人が死ぬのは不可欠かもしれませんが、あまりにもハムレットの人生を狂わせた出来事がうまく行き過ぎるようで…まぁ確かに古い話ではあるのですがネ^^;

皆様の『ハムレット』に対する意見、感想、見所&利き所など教えてください。ついでに好きなキャラクターなどや、好きな場面・クライマックスシーンなど。

皆様の解答、それを踏まえてもう一度読んでみます。

Aベストアンサー

わたしはハムレット、好きですね。
しかしどこが見どころかと言われると、ちょっと困ります。

そもそも(と大きく出ますが)ハムレットは基本的に戯曲なのです。舞台にかけるために書かれたものですね。なので、真骨頂を味わうのであれば舞台を見るべきかも……というのが「見どころ&聞きどころ」の答えになるかと思います。

しかしこれではお求めの答えになってはいないと思いますのでもう少し付け加えますが、わたしはハムレットは「ファザコン・マザコンの自己中心的(善良であっても)な若者の苦悩」という作品だと思っています。だからその存在に興味を持てる人は、受け入れられるんじゃないでしょうか。
更に多分……ですが、観客に対して派手に「運命の転変」を見せたかったというのもあるのではないでしょうか。まあ現代の視点から見て、それがご都合主義にしか映らないというのは仕方のないことだと思います。特に文にすると余計ね。

わたしがハムレットに注目したのは「オフィーリア」(J.E.ミレー)という絵からでした。
劇中では出てこないオフィーリアの自殺の場面ですが、その絵を見たことによってとても引き込まれました。
さらに未見ですが「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」という劇もあります。これらを考えると、実際描かれたものからまた別の物語をつむぎ出せるふところの深さがあるといえると思います。古典(になった作品)ならではといえるかもしれません。

しかしまあ、古典だからと言ってみんながみんな感動できるものでは決してないですからね(^_^;)。
というより小説(この場合戯曲ですが)は肌に合う合わないが如実に出る分野です。「なんでこんなんが古典として残ったんだろう?」というのは山ほどあります。というか、そう思うものの方がずっと多いのではないですか。
なので、ハムレットが「?」ならそれはそれでいいとして、別な作品(シェークスピアじゃなくても)に手を伸ばす方が建設的なのかもしれません。また10年後くらいに読んで見たら違った感想を持てるかもしれませんし。

ちなみにハムレットの舞台をご覧になる機会がありましたら、ハムレット役は年齢的に若い役者さんでご覧になるべきだと思います。
以前外人のおっさん(失礼(^_^;)四十代でしょうねー)のハムレットを見ましたが、おっさんにしか見えない……。王妃より老けて見えるハムレットじゃあかんやろ。
しかし真田広之さんは四十前後でもハムレットに見えました。日本人だとあまり気にならないかもしれないです。

ちなみに#1さまはロミオとジュリエットの話をしていらっしゃいますね(^_^;)。一応念のため。

わたしはハムレット、好きですね。
しかしどこが見どころかと言われると、ちょっと困ります。

そもそも(と大きく出ますが)ハムレットは基本的に戯曲なのです。舞台にかけるために書かれたものですね。なので、真骨頂を味わうのであれば舞台を見るべきかも……というのが「見どころ&聞きどころ」の答えになるかと思います。

しかしこれではお求めの答えになってはいないと思いますのでもう少し付け加えますが、わたしはハムレットは「ファザコン・マザコンの自己中心的(善良であっても)な若者の苦悩」と...続きを読む

Q卒論で何を扱いましたか?【英・米文学科の方】

現在、大学の英米文学科3年生なのですが、卒論で扱う作品やテーマについて悩んでいます。

今もいくつか翻訳で作品を読んでいるところなのですが、これ!というものを決めかねています。

もちろん作品はしっかり読んで、真面目に研究していきたいと思っていますが、よかったらみなさんが卒論でどのような作品を取り上げたかを教えていただきたく投稿致しました。

学科の都合上、イギリス文学かアメリカ文学の作品について研究していくことになります。どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

懐かしいですね。私もこの時期奮闘しました。

某英文学科で児童文学を専攻した私が取り上げた作品は誰もが知ってる「ピーターパン」。児童心理に興味があった私は、文学部であるにもかかわらず、医学、心理学の文献を数多く扱い児童心理からみた切り口で卒論を書きました。

研究対象にしやすいからと嫌いな作品を取り上げても只でさえ大変な論文書き、とても乗り切れません。自分が大好きな作品を取り上げるといいんじゃないかと思います。1冊丸ごと暗唱できるほど読みました。
これも扱いたかったなぁと後から思った作品は次の通りです。

「トムは真夜中の庭で」
「不思議の国のアリス」
「嵐が丘」
「レベッカ」

参考になれば幸いです。

Qシェイクスピア時代の宗教?

シェイクスピアに時代の宗教的な背景が知りたいのですが、
このころはピューリタンとかが出てきたりして、男女は平等だという考えが出てきていた時代だったと聞いたのですが、シェイクスピアもそういった考えに影響を受けて作品を書いていたのでしょうか?

こういったことがわかるようなホームページ等をご存知でしたら教えて下さい。
探してみたのですが今一書いてる人によって違うことが書いてあったりするのでよくわからなくて・・。

Aベストアンサー

シェイクスピア時代の 「宗教的な背景」 については、歴史の本に書かれていることは同じはずです。おおまかに、カトリック、イギリス国教会、国教会改革派 (ピューリタン) のせめぎあいがありました。
しかし、シェイクスピアがそれらの宗教から影響を受けたのかどうか、受けたとすればどのように受けたのか、ということについては、単純な結論がないようです。人によって書いていることが違うわけです。

Wikipedia には、 「シェイクスピアの宗教」 に関する代表的な意見が紹介されています。それによると、シェイクスピアがいずれかの宗派に属したとすればカトリックの可能性が高いが、熱烈な信者というわけではなかったようだ、とまとめることができそうです。

「男女は平等だという考え」 などの背景については、宗教というより、宗教もふくめた (ピューリタンなどのプロテスタントだけでなく、カトリック、国教会もふくめた)、ルネッサンスの影響として解説されることが多いと思います。
( ちなみに、イギリス・ルネッサンスの最盛期であるエリザベス朝における 「新プラトニズム」 の影響を論じたフランセス・イェイツという歴史学者の本を読んだことがありますが、おもしろかったです。「新プラトニズム」 というのは、かんたんにいえば魔術のことで、ギリシア哲学とユダヤ・キリスト教が結びついた、当時の神秘主義思想です。シェイクスピアの 「宗教的な背景」 にも、あるいは関連するかもしれません。)

「ピューリタン」 については、むしろシェイクスピアと対立していたとしてもおかしくはありません。なにしろ、清教徒革命がおこると、それまで劇場を敵視していたピューリタンによって、グローブ座も閉鎖、取り壊されるのですから。
それでも Wikipedia では、シェイクスピアとピューリタンのつながりを論じた研究も紹介されています。

http://en.wikipedia.org/wiki/Shakespeare ( 5.2 Religion )
その他 Wikipedia の関連項目を参照

シェイクスピア時代の 「宗教的な背景」 については、歴史の本に書かれていることは同じはずです。おおまかに、カトリック、イギリス国教会、国教会改革派 (ピューリタン) のせめぎあいがありました。
しかし、シェイクスピアがそれらの宗教から影響を受けたのかどうか、受けたとすればどのように受けたのか、ということについては、単純な結論がないようです。人によって書いていることが違うわけです。

Wikipedia には、 「シェイクスピアの宗教」 に関する代表的な意見が紹介されています。それによると...続きを読む


人気Q&Aランキング