ポンプの締め切り点って具体的にH-Q曲線で言うとどこのことになるのですか?流量が0のところ(流調バルブ全閉)ではないと聞きましたが・・・.
結構あいまいでいまいちはっきりしません.専門の方,いらっしゃいましたらお願い致します.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

すいません僕の認識不足だったようです


右上がりの特性をもつポンプはあるようです。
多くのポンプのH-Q曲線は凸型の2次曲線の頂点を含まない右側のみが出ていることがほとんどなのですが
頂点と左側の部分も含む曲線が出てくるポンプもありました。(つまり頂点部分がBEPとなるポンプ曲線)この場合はBEP(最高効率点)までは右上がりになります・・・すいません

この場合でも前回2回の説明は変わりありません。

さて 実機に対しての締切点での流量に関してですが
厳密には0ではありません
締切るバルブはある程度の高さにあり、ケーシング内部の流体は少し出ることになります(通常はエアを抜くので)

ここでポンプの能力として出せる流量はヘッド(この場合は締切バルブ高さまで)とH-Q曲線との交点
実際の流量はサクションから締切バルブまでの配管内部の体積となります
どちらも流量としていますが単位が違うのはお分かりだと思います。(前出はリッターorリュウベ/時間、後出はリッターorリュウベ)締切運転が長時間行えないのは時間がたつにつれ両者の幅が広がりポンプに負担が掛かる・・・
ということです・・・説明になっているでしょうか?

この回答への補足

toboさん,ありがとうございます.実機ではバルブを締め切っても,前閉(完全に封鎖)にはならないのですね.初めて知りました.研究室の装置はバルブにそういう改良(もしくはそういうバルブの設置)はしないため知りませんでした.勉強になります.

ここで,いくつか疑問,質問があります.

1.H-Qの頂点がBEPになるポンプは無い(設計しない)のではないかと思うのですが,そのようなポンプはあるのですか?

2.ポンプの作動点はH-Q曲線と管路抵抗曲線の交点であると理解しておりますが,toboさんのおっしゃる「ポンプの能力として出せる流量はヘッド(この場合は締切バルブ高さまで)とH-Q曲線との交点 」の「ヘッド」とはポンプ系全体の損失ヘッドであるとおもうのですが・・・・.私の認識は間違ってますか?

3.また,「締切運転が長時間行えないのは時間がたつにつれ両者「Q[l/min]とQ[l]」の幅が広がりポンプに負担が掛かる・・・ 」の意味が良くわかりません.単位が違うのでどんな運転条件でも(設計点でも)時間がたつと両者の幅は広がるのではないでしょうか?解説をお願いします.

ながながと質問してすみません.よろしくお願い致します.

補足日時:2001/03/02 09:54
    • good
    • 0

補足致しますが


mixed_flowさんが知りたいのは?もう少し具体的に聞きたいです。 H-Q曲線はディフューザーpumpでも渦巻きpumpでも右下がりのはず・・・緩やかにはなりますが・・・(L-Q曲線・・・軸動力比図は右上がりになります)また、『H-Q曲線と管路抵抗曲線の交わる点』とは実際(運転上)の吐出し量の事。締切運転時は吐出量0(基本的にはですが)なので交わりません。そして極僅か出た時に揚程は限りなくA点に近づく(前出)ということになります
~~~~~~~~もしここまで不明なことありましたらお知らせください

補足といたしまして もし締切運転時のポンプ特性について把握したいと言うことであれば限界があります。
理由としまして
 締切運転はあまり長時間行わないのが通常ですので
 始動直後のことが多いです。その場合回転数不安定や
 エアがみ、脈動などの影響により計算値と大きく
 異なる点で運転していることが多いからです。
 もし仮にこの状態で運転を続ければA点に近づきます
 (ポンプによってA点の何% 若しくは締切揚程に)
 
ご理解いただけると思いますが長時間の締め切り運転は
ポンプには良くないので・・・

この回答への補足

toboさん,ありがとうございます.うちの研究室で使っているディフューザポンプでは,低流量域で右上がり特性を持ちます.一応,プラントのフィードポンプに使っていたものを一段だけ抜出した物なので,実機でも多少は右上がりになるものと思いますが・・・たしかに,実機でうちのものほど右上がりが強いものは見たことありませんが,しょせん学生なんで実機性能につきましては自信はありません.

とりあえず,低流量域で右上がり特性を持つと仮に仮定したとして,締め切り点は流量0に限りなく近い作動点と考えていいのでしょうか?

専門家の方にお答えいただけてるため,嬉しくて笑顔でこの文章を書いていますが,感じ悪かったらすみません.よろしくお願い致します.

補足日時:2001/03/02 00:54
    • good
    • 0

一応専門家です


締切り運転時の位置はH-Q曲線(性能曲線)のどこか?
ということですが、吐出量Qが減れば揚程Hは上がっていくと言うのはご理解していると思います。
さて、流量0の時に揚程Hは最高になるのですがこの時の値はQ=0の時のH-Q曲線の交わる点(仮にA点とします)に『限りなく近い値』という言い方を僕らではします。

理由として、締切り運転はポンプに負担がかかる(特にインペラへの磨耗熱)為、ポンプ本来の仕事に有効ではない物に能力を奪われてA点の揚程までは到達しません。
あくまでA点は理想(仮想?)の点であってありえない点でもあるわけです。
ただ、どれだけ近いか等(A点に)はポンプ形状や大きさでも変わる為、先程のような言い方になってしまいます。
メーカーによって締切揚程と言う数値が別にあります
    • good
    • 0
この回答へのお礼

toboさん,ありがとうございます.たとえば,遠心ポンプ(ディフューザベーンあり)なんかだと右上がり特性を持ちますよね?このような場合でも,toboさんがおっしゃるQ=0の時のH-Q曲線の交わる(管路抵抗曲線と?)点と考えていいのでしょうか?もし,よろしかったら補足の程,よろしくお願い致します.

お礼日時:2001/02/28 20:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポンプ、運転状態、真空計の適切な組み合わせはどれ?

ポンプ、運転状態、真空計の適切な組み合わせはどれでしょうか?

a.
「主」ターボ分子ポンプ「補助」ドライポンプ
ターボ分子ポンプ(排気速度:2m2/s)がN2ガス流量20Pa・m3を排気
B-A真空計

b.
「主」ターボ分子ポンプ「補助」油回転真空ポンプ
ターボ分子ポンプの到達圧力
ピラニー真空計

c.
「主」ターボ分子ポンプ「補助」メカニカルブースターポンプ
ターボ分子ポンプの到達圧力
B-A真空計

d.
「主」ターボ分子ポンプ「補助」ドライポンプ
ターボ分子ポンプの到達圧力
B-A真空計

e.
「主」ドライポンプ
ドライポンプの到達圧力
B-A真空計

Aベストアンサー

先ず、「a」の回答例がおかしいことを指摘しておきます。
ターボ分子ポンプ(排気速度:2m2/s) →(正)2m^3/s
N2ガス流量20Pa・m3 →(正)20Pa・m^3/s

第一ステップ
まず、ポンプの組み合わせの適否をチェックします。

「c」は不適。
「主」ターボ分子ポンプ「補助」メカニカルブースターポンプには、油回転真空ポンプ、ドライポンプ、などの粗引きポンプと組み合わせが必要で、「主」ターボ分子ポンプ「補助」メカニカルブースターポンプだけで使用したら、両ポンプともオーバーヒートするでしょう。

{c}以外は適切

第二ステップ
次に到達圧力Pと各真空計の測定可能圧力Pgとが合致しているかどうかのチェックを行います。
「a」P=10(Pa)、Pg=10^-8~10^-2(Pa) → 不適切
「b」P=10^-8、Pg=0.5~2,000 → 不適切
「d」P=10^-8、Pg=10^-8~10^-2(Pa) → 適切
「e」P=10^2、Pg=10^-8~10^-2(Pa) → 不適切

従って、「d」が正解

ポンプの使用可能圧力範囲やポンプの組み合わせについては、メーカーホームページになりますが、http://www.shinku-pump.com/vacuumpump/が参考になるかと思います。

先ず、「a」の回答例がおかしいことを指摘しておきます。
ターボ分子ポンプ(排気速度:2m2/s) →(正)2m^3/s
N2ガス流量20Pa・m3 →(正)20Pa・m^3/s

第一ステップ
まず、ポンプの組み合わせの適否をチェックします。

「c」は不適。
「主」ターボ分子ポンプ「補助」メカニカルブースターポンプには、油回転真空ポンプ、ドライポンプ、などの粗引きポンプと組み合わせが必要で、「主」ターボ分子ポンプ「補助」メカニカルブースターポンプだけで使用したら、両ポンプともオーバーヒートするで...続きを読む

Q電磁流量計・超音波流量計

電磁流量計・超音波流量計で、水道水で測定が可能な理由は?

Aベストアンサー

水道水は導電性だから。
又、水道水は超音波を伝えるから。

>電磁流量計は、コイルの中を導電性の物体が動くと磁界が変化する

コイルの中を導電性の物体が動くと[起電力が発生する]

Q斜流ポンプ

斜流ポンプ、軸流ポンプ(ターボ型ポンプ)=スクリューポンプ=ターボ分子ポンプという認識はあっているでしょうか?

Aベストアンサー

ほとんど構造上はあってるように思いますが最後のターボ分子ポンプは少し違う感じがします。
前者の三種類は用途的に高容量に向いていますがターボ分子ポンプは主として真空ポンプに使用されています。
斜流ポンプは軸流ポンプの耐キャビテーションポンプと認識すればよいと思います。
斜流ポンプは高速、高容量、低粘土流体軸流は逆に高圧低容量の印象があります。
的外れでしたらごめんなさい。

Qいまいち、はっきりわからない位相について

インピーダンスに抵抗を加えると、電流が電圧よりも90度位相がずれるのはなぜなのでしょうか?

Aベストアンサー

電気回路には抵抗性負荷、誘導性負荷(コイル)、容量性負荷(コンデンサ)があ
ります。

この3要素に単独に正弦波電圧を印加した場合はコイルとコンデンサで電圧と
電流の位相差が生じます。

コイルにおいては、電流が変化したとき、その逆方向に電圧が生じコイルのエ
ネルギーが蓄積や放出されます。
具体的には、増やそうとすると逆らい(電流に逆らう電圧を生じてエネルギー蓄
積)、減らそうすると加勢(電流を後押しする電圧を生じてエネルギー放出)する
と言うぐあいです、電流変化がなければコイルへのエネルギーの蓄積や放出は終
わります。

これが電流波形のテッペンで電圧が0になる理由で、電流に対して電圧の位相が
90°進む理由です。

コイルのエネルギーは逆らっているかと思えば、応援もしてくれるので純粋な
誘導性の負荷には電力消費はありません。

コンデンサにおいては、電圧が変化したとき電流が流れます、電圧が上昇して
いるときなら充電電流、下降しているときなら放電電流。

電圧の変化が止まれば電流も止まり、電圧に応じた電苛がコンデンサに蓄積さ
れています。

これが電圧波形のテッペンで電流が0になる理由で、電流に対して電圧の位相が
90°遅れる理由です。

コンデンサの電流は電荷が出たり入ったりしているだけなので、純粋な容量性
の負荷には電力の消費はありません。

コイルとコンデンサは90°進んで、90°遅れているので両者は180°の位相で
あり完全に逆位相になっています、つまりコイルがエネルギーを減らしながら
流した電流はコンデンサに蓄えられます、次にコンデンサが電圧を下げながら
放電した電流はコイルにエネルギーとして蓄えられます、電力の損失はないの
で、外部からの電力の供給を閉ざしても、これが永久に繰り返されます、これ
を共振と呼んでいます。

抵抗は電圧と同位相の電流を流すので、誘導性負荷や容量性負荷に対して90°
の位相を持つことになります。
抵抗性負荷は電流を妨げる要素なので電力消費を伴います。

因みに共振回路に抵抗を入れると電力を消費するので、電力の供給を閉ざすと
共振現象はいつか終わります。

共振周波数は誘導性(インダクタンス)と容量性(リアクタンス)の値が一致して
、両性質を相殺してしまう周波数の事を言います。

抵抗性(レジスタンス)と誘導性(インダクタンス)と容量性(リアクタンス)などの
総じて電気的特性を決定する値をインピーダンスと呼びます。

抵抗性の負荷も含んで共振現象にある回路は、抵抗性負荷だけが存在するように
見えます。

ラジオなどの同調回路はこれを利用して、聞きたい周波数を共振周波数に選んで
抵抗に、聞きたい電波だけの波形を取り出しています。

私も位相には高校時代に苦しみました、数式は全く理解できない人間なので、イ
メージや具体例にラジオを上げて理解できないかと書いて見ました。

邪魔だったら済みません、お詫びします。

電気回路には抵抗性負荷、誘導性負荷(コイル)、容量性負荷(コンデンサ)があ
ります。

この3要素に単独に正弦波電圧を印加した場合はコイルとコンデンサで電圧と
電流の位相差が生じます。

コイルにおいては、電流が変化したとき、その逆方向に電圧が生じコイルのエ
ネルギーが蓄積や放出されます。
具体的には、増やそうとすると逆らい(電流に逆らう電圧を生じてエネルギー蓄
積)、減らそうすると加勢(電流を後押しする電圧を生じてエネルギー放出)する
と言うぐあいです、電流変化がなければ...続きを読む

Q靴下を履かせず小学校に

とにかく靴下が大嫌いな小学生の男の子。
朝、学校へ行く時は、なんとか靴下を履かせても、
学校に着くと、すぐに靴下を脱ぎ、
脱いだ靴下は、いつも学校に忘れ、
いくら注意しても、やっぱり脱ぐ、忘れる…。
でも、学校で靴下履かないくらいたいした問題じゃない?
こんな子は、靴下を履かせずに学校に通わせるべき?
小学生に靴下を履かせずに、学校に通わせている方はいますか?

Aベストアンサー

うちの子も靴下嫌いで、家では玄関で出かける直前に履き帰宅したら玄関で靴と一緒に脱いでいます。

家以外では我慢して履いているようです。

お友達に一年中半袖素足の女の子がいましたが、サンダルならいいでしょうがスニーカーや上履きを履くので、やっぱりとにかく臭いんですよ強烈に・・・足が。

それでお友達の家に遊びに行ったりもするもんですからよくは思われてなかったですよ。

自分は臭くないのか?親があのニオイに気づかないのか?家中あのニオイ?などとひそひそ話す結果となっていました。

「臭いから靴下履いて」とは、誰も言えなかったんでしょうね・・・

そんなことがありましたよ。

Q電磁流量計・超音波流量計

液体の流量を測定する電磁流量計・超音波流量計について教えて下さい。また、その仕組みや原理などが分かるサイトがあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

 電磁流量計
磁界中を導体が横切ると、その速度に応じて電圧が発生
する(ファラデヘーの電磁誘導則)を応用して、導電体
流体の体積流量を測定します

http://www3.toshiba.co.jp/sic/seigyo/find/emf/emf_tokutyou.htm

 超音波流量計
パイプの両端に圧電素子を置き、流体の速度を検出します


参考URL:http://www3.toshiba.co.jp/sic/seigyo/find/emf/emf_tokutyou.htm

Qポンプの使い分けについて教えてください

ポンプについて学んでいるのですが、実物を見たことがないせいなのかポンプの使い分けがよくわかりません。
渦巻ポンプ・ギアポンプ・ねじポンプ・ピストンポンプの構造は調査したのですがその先にどうしても辿りつけません。

粘性というのは水を送るのか、石油を送るのかの違いなのでしょうか?

素人目線からの回答であれば嬉しいですm(_ _)m

Aベストアンサー

ギアポンプ・ネジポンプ、ピストンポンプの使い分けとしては、ギアポンプは加工精度により隙間が大きくなるので、比較的高粘度の流体で使用する例が多いです。(安価に作れるので、灯油・軽油・潤滑油ポンプとして利用される例が多いです)
ピストンポンプの場合は、その構造上吸い込みと吐出の動作が分かれます。
したがって、脈動が大きくなります。
特に脈動が問題にならない場合に使用されます。(一般的には、手動の井戸ポンプなどに採用されています)
ネジポンプの場合は、吸い込みと吐出はほぼ連続的なので、脈動が少なくなります。
ネジポンプは特に流体の粘性に関わらず使用できますが、脈動を嫌う場合や、高い圧力が必要な場合に使用されます。

Q電磁流量計・超音波流量計

電磁流量計・超音波流量計は、水道水において測定は可能でしょうか?また、どんな液体だと不可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

どちらも、一般水道水を測定する事は可能です。
電磁流量計の場合は、電気伝導率の低い液体超純水は測定
出来ません。
また空気泡が混在するような液体は電磁・超音波共測定
不向きです。
水道水の測定であれば、電磁流量計の方が価格も安いので一般的。
超音波式は、パイプの外側にセンサを設置して測定するので用途によって(配管常設ではなくハンディ型の持ち運びができるものがあります)
詳細は下記HPご覧下さい。

参考URL:http://www.tokyokeiso.co.jp/

Q1次ポンプと2次ポンプ

 冷温水ポンプや冷却水ポンプに1次・2次ポンプが
ありますけど、

 どこからどこまでが1次側ポンプ(往?)で
 どこからどこまでが2次側ポンプ(還・返?)なのでしょうか?

 知っている方、ご指導願います。

Aベストアンサー

極単純に説明します。

冷温水一次ポンプ:
冷温水を作る機械(冷温水発生器等)から冷温水ヘッダー(管よせ)まで冷温水を送るポンプ。

冷温水二次ポンプ:
ヘッダーから空調機、「ファンコイル」等の負荷に冷温水を送るポンプ。

冷却水ポンプ:
冷却水の「一次ポンプ」、「二次ポンプ」と言うのは聞いたことがありません。  普通は冷温水発生器から冷却塔(クーリングタワー)へ冷却水を送るポンプのことを冷却水ポンプと言います。  最初の回答者さんが仰る「往」を一次、「還」を二次と呼ぶのなら話は別です。
貴社の上司、先輩に確かめられては如何でしょうか。

Q配管継手のバルブ用ソケットについて教えて下さい。 金属の雄ネジが付いているバルブソケットの正式名称は

配管継手のバルブ用ソケットについて教えて下さい。
金属の雄ネジが付いているバルブソケットの正式名称はメタルバルブソケットなのでしょうか?それともインサートバルブソケットなのでしょうか?
また、インサートを調べると雄ネジという意味でしたが、なぜ金属雄ネジの付いたバルブソケットをインサートバルブソケットと呼ぶのでしょうか?
教えて下さい。

Aベストアンサー

#2です。

>メタルバルブソケットは六角部もメタル製っぽくないですか?
インサートバルブソケットは六角部は樹脂製なのかもしれません。

言われてみれば、たしかにそう見えますね。
インサートバルブソケットに関しては、下記サイトの図解説明にも、そのように書かれています。(すべてがそうだ、という根拠にはなりませんけど)
http://toeikanki.jp/contents/productDetail.cfm?cid=11&tid=147
単にバルブソケットだと全部樹脂性だと思うのですが、質問者さんのヒラメキとヤフーの回答や上記の図解なども合わせて考えた場合、「インサート」というのは「金物の雄ネジ」と考えて良さそうですね。
それで、六角部も含んだバルブソケットのネジ部分だけに「金物の雄ネジ」を使ったものを「インサートバルブソケット」と呼ぶ。
一方、六角部が金物(メタル)の場合、すでに単なるバルブソケットではなく「メタルバルブソケット」と呼ぶべき。
「金物の雄ネジを使っている」というより、「バルブソケット自体が(たとえ部分的にせよ)メタルでできているもの」という考え方・・・。
このように勝手に推測してみましたがモヤモヤ状態。
どなたかに一刀両断していただきたいですよね。

#2です。

>メタルバルブソケットは六角部もメタル製っぽくないですか?
インサートバルブソケットは六角部は樹脂製なのかもしれません。

言われてみれば、たしかにそう見えますね。
インサートバルブソケットに関しては、下記サイトの図解説明にも、そのように書かれています。(すべてがそうだ、という根拠にはなりませんけど)
http://toeikanki.jp/contents/productDetail.cfm?cid=11&tid=147
単にバルブソケットだと全部樹脂性だと思うのですが、質問者さんのヒラメキとヤフーの回答や上記の図解なども...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報