出産前後の痔にはご注意!

麻薬、暴力団、風俗などなどの、アンダーグラウンドな世界が描かれている小説が読みたいです。なんというか、世の中の裏側を覗いてみたいからということでしょうか。興味があるのでご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

馳 星周「不夜城」「鎮魂歌」「夜光虫」


梁石日「断層海流」「闇の子供たち」「夜を賭けて」
花村萬月「ブルース」
なんてどうでしょう。
中国系、在日などのことも分かります。
良かったら一度読んでみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

作品紹介を見るとどれもおもしろそうです。中でもシリーズとなっている不夜城を読みたいです。

お礼日時:2007/01/09 15:25

海怒(陳放・著、椙田雅美・宮崎真紀 訳)は東京を舞台に、中国マフィア~日本のヤクザの実録小説とされています。

著者は中国マフィアに取材したそうですが。
http://www.basilico.co.jp/book/books/901784-39-0 …
「極道の妻たち」(家田荘子・著)定番ですが、映画ではど派手なアクションが繰り広げられますが、原作はきわめてルポルタージュ的なものです。
ドラッグ関係だと、
「ブライト・ライツ・ビッグ・シティー」(ジェイ・マキナニー)
「限りなく透明に近いブルー」(村上龍)米軍基地あたりを舞台に大学生がアングラ世界に入っちゃいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

なぜか歓楽街である歌舞伎町を舞台としている小説には中国人が登場するように思うのですがなぜでしょう。どれも知らない本ばかりでした。どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/01/09 15:18

アングラといえば、新堂冬樹ですよ!


アングラ、エログロ、バイオレンスなんでもありでいて、おもしろいです。「ろくでなし」「溝鼠」や「カリスマ」はカルト教団もの「鬼子」は謎解き?というかドンデンも楽しめるし、「黒い太陽」はキャバクラ世界の裏側ものだし、「底なし沼」は闇金ものなどほかにもあるよ。機会があったら是非一読を。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

作品紹介をチェックしてみましたが、自分の興味にピタリ合致する気がしますし、おもしろうそうです。参考になりました。

お礼日時:2007/01/07 17:38

結構長いシリーズですが「新宿鮫」シリーズ(大沢 在昌)


ちょっと仮想世界チックですが「スワロウテイル」(岩井俊二)

スワロウ~の方は、ちょっと主旨外れかも知れませんが、個人的にオススメなので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

大沢在昌の方はハードボイルドな作風らしく、シリーズとして長く続いているだけにおもしろそうです。

岩井俊二の方は、レビューを見る限り、バーチャルチックな作風のようですが、こちらもチェックして見ます。参考になりました。

お礼日時:2007/01/05 03:38

 ずばり「東京アンダーグラウンド」です。

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤクザ・極道・マフィア・右翼などを題材にした小説

ヤクザ・極道・マフィア・右翼・ドラッグなどアンダーグランドを題材にした小説・物語があれば教えてください。

Aベストアンサー

馳星周(はせ せいしゅう)著
「不夜城」をはじめ、この人の作品はほとんどアンダーグラウンドの世界を描いたものです。

本田 靖春 :著
疵(きず)―花形敬とその時代 (文庫)
これは小説というよりドキュメンタリー的ですけど、小説みたいに読めます。

こちらはベタですけど、映画ではなくドキュメンタリーとして読んでみても面白いと思います。
飯干晃一:著
「仁義なき戦い」シリーズ
シナリオ本もあって、私はそちらの方が好きなんですが・・・。
笠原和夫:著
『仁義なき戦い―仁義なき戦い・広島死闘篇・代理戦争・頂上作戦 』

Qマフィアやヤクザ者の小説を探してます。

マフィアやヤクザ者の小説を探してます。
基本はアウトローで、タランティーノの映画のように登場人物がイってしまっていて、
兎に角、型破りで無茶苦茶なキャラが出てきて暴れまくるような小説はありませんか?
また、これはおもしろいというようなアウトロー小説もあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 大藪春彦さんの作品全般(すこし古いかもしれませんが)や、
 垣根涼介さんの『ゆりかごで眠れ』、『午前三時のルースター』
 などはどうでしょうか。質問に合っていなかったら申し訳ありません。

Q男のハートにグッと来る、涙が出るような熱い小説

読書好きのみなさんに質問です。

私はハードボイルド系の小説が好きなのですが、
雑食でもあるので、図書館で興味があると何となく手に取って読んでいます。

しかし、最近、ハズレが多くて、途中で読むのを止めてしまったりもします。
一番直近で言うと、The wrong goodbyeなんかは自分にはつまらなかったです。
微妙な英語を入れて、外人特有の考え方なんかあまり分かっていない著者ではないかと思います。ジョークや進み方も中学生が書いたようなつまらなさで、リアル感もなく、興ざめしてしまいました。

では、誰が好きなのか?となってしまいますが、
昔は落合信彦や西村寿行が好きでした。
浅田次郎や司馬遼太郎も好きです。

やはり、著者がちゃんと物事を知っていて、イマジネーションも豊富な作品がとても好きですね。小説ですから、読者をその世界に引き込むような作品が良いと思います。

今は心にグッとくる、血が煮えたぎる、明日から頑張ろうという気持ちになれるような作品があれば、教えてください!

Aベストアンサー

私もお勧めは高橋克彦さんの作品
特に陸奥3部作でしたが
既に『火怨』が紹介されていましたので
私はこちらをお勧めしておきます

『天を衝く』
天下を手中に収めた豊臣秀吉に喧嘩を売った九戸党の
男達の熱い生き様を描いた作品です
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E3%82%92%E8%A1%9D%E3%81%8F%E3%80%881%E3%80%89%E2%80%95%E7%A7%80%E5%90%89%E3%81%AB%E5%96%A7%E5%98%A9%E3%82%92%E5%A3%B2%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%94%B7%E4%B9%9D%E6%88%B8%E6%94%BF%E5%AE%9F-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E5%85%8B%E5%BD%A6/dp/4062749157

そしてもう一つ
『無人島に生きる十六人』
椎名誠が選ぶ漂流記ベスト20で1位に輝いた事もある作品です
実際に起きた遭難事故を元にした話で
様々な困難を協力して乗り越えていく明治時代の海の男達の
読む者を熱くさせる物語です
こちらは青空文庫で無料で読めます
http://www.aozora.gr.jp/cards/001120/card42767.html

私もお勧めは高橋克彦さんの作品
特に陸奥3部作でしたが
既に『火怨』が紹介されていましたので
私はこちらをお勧めしておきます

『天を衝く』
天下を手中に収めた豊臣秀吉に喧嘩を売った九戸党の
男達の熱い生き様を描いた作品です
http://www.amazon.co.jp/%E5%A4%A9%E3%82%92%E8%A1%9D%E3%81%8F%E3%80%881%E3%80%89%E2%80%95%E7%A7%80%E5%90%89%E3%81%AB%E5%96%A7%E5%98%A9%E3%82%92%E5%A3%B2%E3%81%A3%E3%81%9F%E7%94%B7%E4%B9%9D%E6%88%B8%E6%94%BF%E5%AE%9F-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%...続きを読む


人気Q&Aランキング