一般に小説には「状況描写」といわれるような文章が
ずらずらと書かれていますよね。ああいう文にあった時、
みなさんはどんな風に読まれてますか?
やっぱり頭の中で場面を想像されていますか。
また、そうした方がよいのでしょうか。

自分は小説は好きなのですが、どうにも頭が貧弱
なようで、そういう文はほとんど流しながら
読んでしまいます。想像することが苦手というのか。

回答待ってます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

いちおう全部読みます。

ただ集中しないと情景が浮かばないような文章は頭が疲れますので、流し読みです。

個人的解釈では、訳文で読む外国小説の状況描写は想像しにくいです。特に(本当は場面を想像すべきであろう)自然主義文学などは頭痛の種でした。バルザックなんて小説の半分が、部屋の調具や家具の配置の説明なんじゃないかしら?

普通に読んでいて、情景を想像しやすいのはやはり国文学です。服装や風景、描かれた対象が実体験で理解しやすいからです。自分の好きな国や時代の話だとそういう状況描写がある方がうれしい場合もあります。

tails9さんの読書傾向は分かりませんが、私は長編小説より短編小説の方が無駄な部分が削られていて、だらだらとした状況描写が少ないので読みやすいと思います。その代わり読解力で補う必要も生じますが。
因みに想像力は、何度も本を読んだり、想像する練習をすると身につくものだと思いますし、あった方が本を読むにしろ、映画を見るにしろ、楽しめると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。みなさん流し読みがけっこう多いみたいですね。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/14 20:15

人それぞれでいい、と言うみなさんの回答に賛成。



私は、昔演劇をやっていたことがあり、これを舞台や映像でやったらどんな感じかな、とよく意識しながら読む癖があり、ほとんどとばし読みはありませんが、これも私の読み方ですので、まあ、いっか。
芝居やめて久しいのに…。
    • good
    • 0

 私も読み飛ばしてもかまわないと思います。


 ただ、あなたが読み飛ばしたくないけれども、つまらないと思うならば、すこし工夫してみたらよいでしょう。通常の読む行為から、やや逸脱してみましょう。
 優れた作品には無駄がないといいます。作者が無駄なことを書いていないと信じてじっくり付き合ってみるのもいいものですよ。
 具体的にどのような描写についておっしゃっているのかわかりませんが、たとえば西洋の近代小説には、執拗な風景描写に出会うことがあります。そのときには、紙と鉛筆を用いて、あなたにどんなふうに見えているのか、風景を描いてみましょう。
 そうすると作家、主人公などの視点が見えてくるかもしれません。そこから思いもよらない発見をすることがあります。
 人間の動作の描写についても、通常は、それは何かを表現しています。主人公の視線を描いたものであれば、主人公と見る対象の関係と、その変化。作者の視点であれば、描写対象と作者の関係や、情況の俯瞰など。これらを、やはり絵で書いたり、詳細にメモします。
 その小説のほかの場面でも、同じことをして比べてみましょう。読み流すよりもはるかに、小説の理解が深まります。なぜ、そこに退屈な描写がされているのか、わかった気になると思います。
 もし、気に入った小説がありましたら、頭の中に閉じ込めず、鉛筆で実際に描いたり、気になったところや抜粋、大まかな環境設定(深い谷、月のない夜、二人が向き合う、などなど)メモしておくことをお奨めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。そうしようと思います。回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/14 20:16

とてもシンプルな答で申し訳ないです。


飛ばしてる時は、つまんないトコだからで、読み方は自己流が一番です。
    • good
    • 0

小説の読み方は人それぞれでよいと思います。



書き手としては、情景を思い浮かべてもらいたくて
書いているのでしょうけれど、実際に見たことのない
情景を思い浮かべるのは難しいものですしね。

ただ、推理小説などでは情景が分からないと
トリックが理解できないことがありますね。

それから、頭に絵を浮かべて読むのと
そうで無いのとでは、物語や人物の心情などの
解釈や印象が違ってくることがあります。

駄作だと思ってたものが、物語のロケ地に行って
情景を理解してから読むと名作になってしまうことも
あるかもしれませんよ。
    • good
    • 0

ずらずらと書かれてあるのは、描写と言わずに表示ですね。

どのみちそのような小説は大したこと無いので、すっ飛ばしてしまいましょう・・・

本当におもしろい小説なら想像するまでもなく、頭の中でビジュアルとして自然に浮かんできます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q警察官が犯人の誘拐事件の小説を探しています

以前読んだ本なのですがタイトルが思い出せません。

ある町で連続誘拐事件が起こります。小さな女の子ばかりが誘拐され、殺害されてしまいます。
内容は警察官側の視点と犯人側の視点で交互に描かれます。
犯人は昔自分の娘を誘拐されて殺された過去があります。犯人は別の女の子を身代わりにして自分の娘を蘇らせる儀式のために誘拐をしています。
読んでいる時は警察官の視点と犯人の視点は同じ時系列のように見えますが、実は犯人は捜査をしていた警察官で、犯人側の視点は警察官の視点の一年後、最初の事件の被害者は警察官の娘で、事件は未解決です。

ラストシーンで犯人が捜査していた警察官だとわかるのですが、何とも哀しいラストだったのが印象的でした。
もう一度読みたいのでわかったら教えてください。

Aベストアンサー

多分、貫井徳郎「慟哭」だと思います。

Q例文をお願いします(2) 情景描写 風景描写がどうやっても上手く出来ま

例文をお願いします(2) 情景描写 風景描写がどうやっても上手く出来ません
どんな風景でも何の情景でもいいので
例文を書いてください
お願いします

Aベストアンサー

このような辞典もあります。
『感覚表現辞典』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4490103794.html

あちこちのカテゴリに同じような質問をなさっているようですが、気に入っている作家や作品などないのでしょうか?
たくさん読んで、その中からいいなぁと思う文章を書き写したらいかがでしょう?
ここで質問をして例文を書いてもらっても、文章が上達するとは思えないのですが。

Q霊能捜査官アリソン・デュボアで質問があります。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り、LAでサーフショップを始めようと約束し、LAに向かう途中、アリソンの家に寄ります。

弟は、そういう能力があることをひた隠しにしているのですが、 毎晩のように、その軍曹が弟の枕元に現れては怒鳴り散らすので、 アリソンにもバレてしまい、アリソンは弟に真実を語らないかぎり、 軍曹は出続けるし、正しいことをしろと説得します。
で、彼は親友を裏切って軍曹のお葬式で、真実を語ることにします。

そこから先は、場面が変わって、晴れ晴れとした表情の弟が、 LAに行くバスに乗り込みます。 で、このラストシーンが謎なのですが、バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼しているのです。弟も敬礼をし返して そのまま去っていきます。

この軍服姿の友人は、死んでるってことなんでしょうか? 生きていたら、つかまって軍法会議にかけられるわけで、 バスターミナルになんかいられるわけないし…
それとも、弟は真実を語らなかったのか、でも、それでは何も解決しないし…
そこのところが、はっきりしないので、気になっています。

長くなってすみません。もし、わかる方がいたら教えてください。

霊能捜査官アリソン・デュボアの 軍人のアリソンの弟が戻って来るエピソードで質問があります。

どうも、弟も同じ能力(予知能力)を持っていて、彼の能力のおかげで、 弟の隊は、危機から逃れることができたのですが、ある日、自分たちの 隊が全滅してしまう夢をみます。と、現実に、その場所に行く命令がくだり、 弟の戦友が軍曹に日をずらしましょうと談判するのですが、軍曹は 頑として承諾せず、とうとう、その友人が軍曹を殺してしまいます。
その軍曹は、自殺したことにして、二人は無事に本国に戻り...続きを読む

Aベストアンサー

『バスが出発し、窓の外を見ると、 その親友が軍服姿でにこやかに弟に敬礼』
↑この、にこやかに敬礼していた軍服姿の人は、
親友ではなく軍曹だったのではないでしょうか?

アリソンが言った通り、弟が真実を語ったことによって
軍曹の無念の気持ちがやわらぎ、笑顔で出てきてくれた、
と考えると筋が通ると思います。

Qライトノベルでエロス描写、バイオレンス描写の激しい作品を教えてください

ライトノベルといえば、ティーンズ向けでエロスやバイオレンスなどは押さえられがちだと思いますが、そうしたレーティング? の中でもエロス描写とバイオレンス描写がライトノベルというジャンルにしては最大限に書かれている作品を教えてください。

エロスだけが激しい作品でもいいですし、バイオレンスだけが激しいものでもいいです。両方激しいものでもいいです。
最近の作品であればあるほどよいです。

それではお教え頂きたくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

豪屋大介「デビル17」富士見ファンタジア文庫 1~2巻

オビにでっかく「警告」と書いてあります。

私自身は、同作家の「A君(17)の戦争」シリーズの方が好きですが。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/482911634X/250-4036407-3591402

Q【素人小説の為】自衛官の階級、年齢、活動の違和感の無い組み合わせについて

 自力では、Web検索や書籍から調べることが出来なかった為、質問させて頂きます。

 現在素人のブログ小説で、市街地で破壊活動を行うSF的に強力なテロリストに対し、自衛隊内でそれに対抗する10名~20名程度の隊が組織されていると言う描写を行おうとしています。

 そこで、その隊を現場で指揮する人物を登場させたいのですが、それを四十代男性と設定することはおかしくないでしょうか?20代前半の主人公に対する良き理解者と言う位置付けとしたい為です。

 また、その場合、その人物の階級はどれ程でしょうか?1等陸尉や3等陸佐と考えたのですが、これは妥当でしょうか?

 これらの疑問を解消して下さるご回答、或いは参考となるWebサイトなどのご紹介を頂きたく、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけの『ホラ』が用意されているわけです。

 お示ししたサイト等に示されているのは最速・最遅のモデルケースであって、その中間を指すあたりならばそれなりの妥当性を付けることはできるでしょうし、多少の無茶も承知ならば、防大・一般幹候出という設定も新宿鮫同様、なくはありません。別に総て表に出さなくても良いわけで。
#いま作ってくれ、と言われりゃやらなくもないですが、それは支援者たるの領分を越える

 また、習作であるとお見受けしますので、発表によるツッコミでさらにブラッシュアップしてしまうと言うこともアリだと思います。

このスレッドにふさわしくない「アドバイス」ですが・・・

 ある程度の枠を踏まえた上で「おかしくないんだ」というホラを吹き通すというのが創作だと思います。
#「19歳の統幕議長」とかが居ても、辻褄さえなんとか合っていれば、または少なくとも合わせる気があるなら「ああ、そういうファンタジー世界なんだな」と諒解します。

 例えば、警察の話になりますが大沢在昌の新宿鮫。あの歳であの経歴の人間があの階級、というのは現実には有り得るわけがありませんが、それでもこちらが納得できるだけ...続きを読む

Qキリストとの性的描写がある小説

夢の中でキリストと性行為を行うとか、
キリストの像に対して性的興奮をおぼえたり、自慰を行ったりとか、
そんな描写のある小説ってありますか?
(下品な質問ですいません)

Aベストアンサー

下品と言うより、バチ当たりなんじゃないかな?と。
(質問者さんがでなくって、西洋でそういう作品を書いたらという意味)
私はクリスチャンでないので分かりませんが。

ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』の映画化は、カトリック教会からは快く思われませんでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89_(%E6%98%A0%E7%94%BB)#.E4.BB.98.E8.A8.98.E4.BA.8B.E9.A0.85

ちょっとばかりエロティックな想像に結び付けられることがあるのが
アビラの聖テレサですが、キリストに対して性的にというのではないです。
アビラのテレサは裕福な生活を捨てて修道院に入り、禁欲的な修道生活を送ったり、修道院を各地に創設した人。
神秘主義的ということなのですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%93%E3%83%A9%E3%81%AE%E3%83%86%E3%83%AC%E3%82%B5

ダン・ブラウンの『天使と悪魔』に少し出てきたようです。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~yappi/tanosii-sekaisi/10_theme/10_08tensitoakuma/10_08tensi10.html
http://www.salvastyle.com/menu_baroque/bernini_l_therese.html

キリスト教関係でエロティックと言うと三島由紀夫さんの聖セバスチャンの殉教も思い浮かびますが、、、
と言ってもよく覚えているわけなく、「なんかそんなのがありましたよ」という程度の記憶なのですが。
すみません。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&hs=zo4&q=%E4%B8%89%E5%B3%B6%E7%94%B1%E7%B4%80%E5%A4%AB%E3%80%80%E8%81%96&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

下品と言うより、バチ当たりなんじゃないかな?と。
(質問者さんがでなくって、西洋でそういう作品を書いたらという意味)
私はクリスチャンでないので分かりませんが。

ダン・ブラウンの『ダ・ヴィンチ・コード』の映画化は、カトリック教会からは快く思われませんでした。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89_(%E6%98%A0%E7%94%BB)#.E4.BB.98.E8.A8.98.E4.BA.8B.E9.A0.85

ちょっとばかりエロティックな想像に...続きを読む

Q他の職種から警察官にはなれますか??

小説を書こうと思っています。
小説を書くにあたって疑問が出てきたので質問させていただきます。
警察官の採用はだいたいの県が29歳までというのを見たのですが、東京都などで30歳を過ぎて警察官に転職するのは無理ですか??
転職する前にやっている職種は何でもいいんです。不動産屋でも、裁判官などでも…

ダウンタウンの浜ちゃんがやっているドラマは仕事を転々として44歳で新人検事になる話ですよね??
警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

くだらない質問かもしれませんが本当に困っていますのでよろしくお願いいたします。。。

Aベストアンサー

・警察官になるのと検事は違うのでしょうか??

検事は、司法試験合格して司法研修所の検事講習終了すれば、何歳でも法務省が
検事に採用してくれる

警察は、年齢(生年月日)、対象学歴職歴指定した採用試験を行う

転職なら、専門分野の実績あれば30歳過ぎでも可。普通の警官採用試験ではなく、
どこの、道府県警察警視庁でも、いきなり部長刑事・警部補になる
特別捜査官がいる。
警視庁だと「財務捜査官」・「科学捜査官」・「コンピュータ犯罪捜査官」・「国際犯罪捜査官」の4種別がある。

http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyou/keisatsu/tokubetu.htm

Q小説の書き方(描写について)

小説の書き方で、どうしても分からない点があります。
それは物語の描写なのですが

プロの書いた小説では
「―は言った」「―はした」「―はきっとこうしただろう」など
外部(客観的?)から見た語り口調で物語が進行しています。

それと携帯小説に多いのですが
「私は言った」「私はそう考えた」など
“私は”と自分を目線にして書かれた小説もよく見かけます。

結局のところどちらの書き方が正しいのでしょうか?また、どちらの方が読みやすいですか?


説明不足で聞きたいことが伝わるか分かりませんが
教えて頂けると嬉しいです。
回答宜しくお願い致します*

Aベストアンサー

まず基本的なこととして以下のようになります。
一人称…自分視点
三人称…第三者の視点

そういう違いです。
プロの書いた小説が全て三人称ではありませんので、「正しい・正しくない」という区別はできません。
またそういった区別自体することがおかしいです。

携帯小説で一人称が多いのは、読み手側が「主人公=読み手」となり「感情移入しやすい」からだと思います。
また、書き手自身も感情移入しやすく、勢いで書けるからです。
ただし、主人公(もしくはサブキャラ)視点となるため描写範囲が自然と狭くなり、書き方によっては窮屈感を覚えますし、場面転換の切り替えに失敗すれば読者は混乱します。

三人称の場合は、例えると映画を見ている人の視点になるので、描写範囲は広がりいろんな場面の切り替えがスムーズです。
ただ、広がりすぎると混乱のもととなり逆効果になります。
またそういう点で感情移入が難しく、読む人にとって「つまらない」小説になってしまうことも。
それをどう惹きつけるかがポイントです。

まず、あなたが何を書きたいのか。どういった流れにしたいのか。
それによって視点は自然と決まってくるはずです。
http://www.asahi-net.or.jp/~mi9t-mttn/cstory/index.html
上記のサイトにあります「書き方」をご覧ください。
あなたの疑問が解決すると思います。

まず基本的なこととして以下のようになります。
一人称…自分視点
三人称…第三者の視点

そういう違いです。
プロの書いた小説が全て三人称ではありませんので、「正しい・正しくない」という区別はできません。
またそういった区別自体することがおかしいです。

携帯小説で一人称が多いのは、読み手側が「主人公=読み手」となり「感情移入しやすい」からだと思います。
また、書き手自身も感情移入しやすく、勢いで書けるからです。
ただし、主人公(もしくはサブキャラ)視点となるため描写範囲が自然と狭くなり...続きを読む

Q「能」を観にいきたいのですが・・

「能」が舞台となった小説を読み、少し興味が湧いてきました。
せっかくの良い機会ですし、思い切って本物を観にいってみようと
思ったのですが、今まで一度もチケットを取った事がないので、
どの演目(?)を取ったら良いのかもわかりません。
(小説で出てきたのは「道成寺」「二人静」「紅葉狩」等でした。)

本当に何も知らないので、演目のお薦めや、席の選び方、
チケットセンター等、色々アドバイスをお願いします。m(__)m

Aベストアンサー

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チケットは。。。
すみません。近所に能楽堂があるのでいつもそこで購入しています。皆さんはどのような方法で購入してらっしゃるのでしょう???

 席はなんと言っても正面が一番良いと思います。高額になりますけれど(笑)たとえば能舞台で御覧になる時には席によって舞台の柱が視界の邪魔になることもありますので、予め舞台の見取り図を入手されると良いかもしれません。
 また普通のホールで御覧になる場合、観客席と舞台が近いために視点が見上げる状態になるホールもあり、あまりにも前の席を取るとと足さばき(←って言うのかなぁ)が見えなかったりします。

 私もそんなに詳しい訳ではなく、ここ数年興味を持って能楽堂に通うようになりましたので参考になりますかどうか。。。
 いちおう、能について関連用語や演目の簡単な説明があるURLを載せておきますね。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/HanaYugen/DictionaryRoom0.html

 はじめまして。
道成寺、これは私も見てみたい演目の一つです。終盤になって清姫めがけて頭上から落とされる鐘は80キロほどあると聞いたことがありますので、命がけですよね。日々、精進努力して得た技術がないと出来ない演目だと言われています。

 あと、私がけっこう好きなものは(小町もの)と言われる小野小町を取り扱った演目です。代表的なものでは卒塔婆小町でしょうか。。。
 前半の静けさとは比べ物にならないほどの後半のはげしさ。見ていても分かりやすく楽しめる演目だと思います。

 チ...続きを読む

Q小説を読んだことがない

おもしろい本を出している有名な著者を教えて下さい。ここで紹介された本をオークションで購入するつもりですので是非宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
自分は決めた作家で本を買うタイプですが、面白いかどうかは作風との相性もあるので一概に薦められません。小説にも色々ジャンルがあるので、まずそういったところから決めていくと良いと思います。自分は諜報物、軍事物を好んで読みますが、慣れない人はとっつきにくいです。
曜日は忘れましたが、朝日新聞の何曜日かの欄にお奨め書籍がレビューと共に出てる時があります。まあそれも担当者の方の主観で感想がかかれているのですが、それを参考に買ったこともあります。
無難なとことでは、ベストセラー作品ならば「一応売れている」ので万人受けするってとこでしょうか・・。
数読めば、自分に合った作家やジャンルが見つかると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報