御世話様です。
建物の改修工事をします。
築30年の1200m2平屋有窓の建物なのですが、
非常照明が設置されていません。
調べてみたら設置義務となりますが、
今までどおり、設置せずに工事をすると
違反でしょうか?
ちなみに、改修工事は確認申請を要しない
小規模改修工事です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

確認申請を要しない小規模な工事とのことですが、改修工事をしなくても、非常用照明が必要な建物(今の時点で違法)ということでしょうか?


それとも改修によって、無窓の居室なりができてしまうのでしょうか?
用途変更ではないのですよね??
と、多々、不明な点はありますが・・・。

建築基準法上、非常用照明の設置を求められているのならば、設置しなければ、違法となります。
確認申請というのは、ある種の手続きであって、確認申請が必要ない→建築基準法を守らなくても良い、ということでは決してありませんので。
ま、建築行政は、消防行政と違い、現地調査などはほとんど行われないので、確認申請が不要な場合、そのまま、ということは良くあることでは有るのですが。

この回答への補足

基準法を調べてみましたら『平成12年建設省告示第1411号(昭和47年建設省告示第34号)』がありまして、こちらで免除になっている事が判りました。
建物の用途変更、面積変更、主要構造物の変更が無い今回みたいな改修工事では、今までどおり、免除と考えてよいのですね?
回答ありがとうございました。

補足日時:2007/01/23 12:46
    • good
    • 0

回答者のアドバイスはそのとおりです。


用途変更は確認申請が必要です。
すべからく法を遵守するということです。
小規模改修だからOKというのはどういうことでしょう。
いえるのは確認受付機関で確かめたほうが手っ取り早いということです。設計事務所などの専門家の意見を聞くと費用がかかるということでしたら、確認受付機関へ一度足を運ぶだけですから是非やるべきですよ。
    • good
    • 1

確認申請を要せずとも消防法に完全に引っかかります。


建物を改修して、前の用途から別の用途として使用する場合は、所轄消防署の方に防火対象物等の届出を出さなければならない事になっています。
この時、消防署の使用前検査で引っかかり、是正命令が来ると思いますので、床平面1200m2なら非常照明を設置するのは、必要ですね。
電気設備工事店の方と良く相談して、計画してください。
防火対象物等の届出書は、消防署の予防課に行くと貰えますよ。
作成は、電気設備工事店さんに頼むと作ってくれます。
貴方は、書類の内容を確認して、ハンコを押すだけです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
電気屋さんに確認したところ、誘導灯、自火報、防火対象物使用開始届については消防に確認するとのことでした。その後、基準法を調べてみましたら『平成12年建設省告示第1411号(昭和47年建設省告示第34号)』がありまして、こちらで免除になっている事が判りました。

補足日時:2007/01/23 12:25
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QLEDダウンライト(LEDユニットかLED電球か)

LEDダウンライトについて

一戸建てを新築中です。
トイレや廊下の照明はLEDダウンライトにしようと思っていますが、
LEDユニット型とLED電球のタイプがあるようです。
LED電球だと交換なども簡単そうなのですが、
LEDユニット型よりも少し暗くなると聞きました。

パナソニックなどのLEDダウンライト(ユニット型)を見ていると
LEDの寿命が40000時間と書いてあります。
トイレや廊下などは一日の中でもずっと点けているところではありませんし、
1日1時間と計算しても、40000日⇒約110年ほど
使用できる計算になります。

LED電球型だと別のメーカーのLED電球も付きそうですし、
家電量販店などに行っても売ってありそうですし、
LED電球型のLEDダウンライトの方がいいかなと思っていたのですが、
約110年も使用できるのだったらLEDユニットのタイプでも問題ないでしょうか?

LEDダウンライトを付けておられる皆さんは、どちらを選びましたか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

昨年自宅を新築する際に、玄関内外、1階2階廊下、洋間2部屋、リビング、ダイニングにとLEDダウンライトを取付しました。
照明器具には金がかかってもこだわりたかったので、全て施主支給としました。
快適さとエコを重視しましたが、しかし寿命等までは考慮して選択していません。
機種選定の際にはぜひパナソニック等のショールームに行って現物を見比べる事をお勧めします。
今は真下のみにではなく、結構横方向にも広がるかなり明るいLEDダウンライトもあります。しかし結構高価です。
我が家では14畳のリビングに4灯、12畳のダイニングにも4灯。洋間も各部屋4灯づつ。ただかなり明るいので、リビングもダイニングも洋間もほとんどシーリングランプは点けません。点けなくても全く問題無く生活ができる明るさです。

実は我が家ではシーリングも全てLEDタイプで、蛍光灯は2階の5部屋の子供部屋の学習机の照度調整ができる照明とキッチンの人感センサー付き流し元灯と洗面室の人感センサー付きのみです。
玄関内外周りと廊下の一部には人感センサーと減光機能付きのダウンライトを付けてます。
階段や1階2階のホールやトイレにはLED電球に交換したポーチライトを使用してます。ダウンライトよりも横方向にもそれなりに照らしてくれますし、光量を求めない場所にはセードガラスの反射光の雰囲気がとてもいいです。
子供達のたまり場になる2階の5畳のロフトには、天井が低いので破損しないようLEDの直管型蛍光灯を埋め込みで取付しています。

家中LED照明と5KWの太陽光発電という事で、施工したハウスメーカーも前例が無いらしく、照明の明るさや電気料金について頻繁に訪ねてきてはデータを取っておりました。
まだ築8ヶ月ですが、10KVA契約で電気料金は真冬と真夏は約8000円、春頃は5000円を下回っておりました。
日中も家人がいるのでそこそこ電気は使うので、売電はほぼ毎月平均18000円です。
全部屋ヒートポンプ式エアコンなのでそのせいもあるとは思いますが、さほど節電意識が高くなくとも、このくらいの規模のオール電化住宅でここまで節電できるのはLED照明のおかげだと思っております。
ただし照明器具代は定価計算で250万(苦笑)

ところで電球型のダウンライトなら真下向きのタイプを選ぶようにし、横向きや斜め向きのタイプは選択しないほうがいいですよ。LED電球は真横はとても暗いですからね。横向きではダウンの意味なくなりますから。
(ちなみに我が家の風呂は壁に2灯器具が付いてるのですが、LED電球に替えてる為天井だけが異様に明るいです。)
ただしダウンライトは居住空間に突出しないように天井に埋め込むので、断熱材施工の問題や天井裏の空間の問題もあります。その点LED型のダウンライトは比較的小型で、SGIタイプなどたくさん種類も出回ってます。
電源内蔵型の交流タイプが後々考えれば無難でしょうね。
とにかく明るいものは高価ですし、安価なものは暗いです。
最近、直下で100W電球並みの明るさと謳うLED電球も販売されていますが、我が家のダウンライトは1灯でそのくらい明るいですと言えば理解できますか?

余談ですが階段や廊下にセンサー式のLEDフットランプ等もあるといいですよ。
夜に人を検知するとパッとランプが点きます。廊下に何灯かあると夜中にトイレに行く時等に照明を点けて眩しい思いをしなくていいですよ。それに蓄電機能付だと停電時に慌てないで済みます。

それと新築時にはTVやLANも含め、コンセントの位置と数だけはよ~~~っく考えて下さいね。必ず後で後悔する部分です。
特にキッチン。レンジやオーブンや炊飯ジャーを置く位置には多いくらいで、1回路ではなく複数回路のコンセントの設置を勧めます。
あと冷蔵庫の裏はダメです。冷蔵庫の上になるようにしたほうがいいですよ。
キッチン周りのコンセントにはアースをお忘れなく。

いい家を建てて下さい。

昨年自宅を新築する際に、玄関内外、1階2階廊下、洋間2部屋、リビング、ダイニングにとLEDダウンライトを取付しました。
照明器具には金がかかってもこだわりたかったので、全て施主支給としました。
快適さとエコを重視しましたが、しかし寿命等までは考慮して選択していません。
機種選定の際にはぜひパナソニック等のショールームに行って現物を見比べる事をお勧めします。
今は真下のみにではなく、結構横方向にも広がるかなり明るいLEDダウンライトもあります。しかし結構高価です。
我が家では14畳のリビン...続きを読む

Q昭和41年築の平屋のRC住宅

昭和41年築のRC平屋住宅です(45坪)
形状は四角ではなく、結構ごちゃごちゃしています。屋根は切妻の瓦です。

この住宅は私立大学の建築科の教授の家らしいのですが買おうかどうしようか迷っています。
もう築40年の住宅ですので・・・
RCって40年たつと寿命なのでしょうか?
耐震補強するならどういった補強になるのでしょうか?
図面があった場合、構造計算を再計算して、もし強度に問題なければ、40年たった今でもいいのでしょうか?
売値は2000万ですが、予算は2500で考えているので、仲介料200万としても300万のリフォームになっていまします。
やめたほうがいいでしょうか?
姉歯の事件やここの掲示板を見て不安になっています。
よろしくご回答お願いします。

Aベストアンサー

鉄筋コンクリート構造物自体の寿命は60~100年と考えてよいと思いますが、設備設備や配管などはそれほどの寿命はないので、これらのメンテナンス状況は確認した方がよいと思います。

構造的な問題では、昭和41年ですと、耐震基準が改正される前のもので、現在の耐震基準を満たしていない可能性があります(全部がだめというわけではなく、法律が変わったために現行の基準を満たさないものを違法建築と区別して既存不適格といいます)。

阪神淡路大震災で大被害を受けたもののほとんどが昔(1981年以前の耐震基準)の設計によるものでした。
そのためこれらの文献について、耐震慣習の促進に関する法律を制定したりして耐震診断や補強を政府は進めています。さらに現在アスベスト問題と同様に重要課題として、宅建業法を改正して、耐震診断の有無や結果について、不動産取引時の重要事項説明に加えることを現在検討中になっています。

http://news.goo.ne.jp/news/yomiuri/keizai/20051217/20051217i101-yol.html?C=S

先の回答にもあるように、古いものについてはコンクリート自体が珍しかったので、余裕のある設計・慎重な施工がなされたようで、解体時の調査結果で、現状よりも品質の良いコンクリートがあったことが報告されています。
しかし、昭和41年の2年前に行われた東京オリンピック景気の余波で、オイルショックが訪れるまでの期間は、一時期のバブル時期のように建設ラッシュで作業員不足があったといわれており、施工がうまくなかった物件も多くあります(材料も現在のような品質のものではなかった)。

なお、売り主は建築学科の教授のようですが、専門は何でしょうか? 建築学科の先生だからというので安心と考える前にその専門を確認した方がよいと思います。
姉歯氏の事件を見てもわかるように、届出は元請の設計事務所が行っています。自分の名前で申請をしているのにもかかわらず、元請の建築士で偽造を見破った人はいません。これは建築の専門家といえども構造をきちんと理解している人はその一部しかいないからです。

使い勝手やデザイン(仕上がり具合)に目が向きすぎて、施工監理やや構造計算がおろそかになっていることも考えられますので、建築学科の先生だと安心と考えるのはやめた方がよいと思います。


補強方法については構造形式により大きく変わりますので、一概に言えませんが、鉄筋コンクリートの場合、旧基準では、せん断破壊という型式(柱や壁に斜めにひび割れが入る破壊型式で発生から倒壊まで急激に起きるので、現在は破壊する場合はせん断ではなく曲げ破壊から始まるように設計することになっている)が発生しやすいことが挙げられます。

1階だと重量はないので、開口部周りの柱などの補強が必要になるような気がします。
また形状が複雑なので、ねじれ振動などを考慮した構造バランスを整える補強が必要になるように思います。

現状では耐震診断の状況などについて説明義務などはないですが、先に述べたように古い物件については数年の後に宅建業法で耐震診断の状況などについての説明義務が追加されそうですので、耐震診断のしていない物件や耐震性がないことが判明している物件については値下がりが予想されます。
だから、古い物件については改正を待った方がよいのではないかと個人的には思います。

鉄筋コンクリート構造物自体の寿命は60~100年と考えてよいと思いますが、設備設備や配管などはそれほどの寿命はないので、これらのメンテナンス状況は確認した方がよいと思います。

構造的な問題では、昭和41年ですと、耐震基準が改正される前のもので、現在の耐震基準を満たしていない可能性があります(全部がだめというわけではなく、法律が変わったために現行の基準を満たさないものを違法建築と区別して既存不適格といいます)。

阪神淡路大震災で大被害を受けたもののほとんどが昔(1981...続きを読む

QダウンライトのLED化について質問です。

ダウンライトのLED化について質問です。
先日照明器具の電球をLEDのものに替え、光量はもとよりその発熱の低さに大変満足し、別の設置されているダウンライトもLEDのものに換えたいと考えております。
ところが、その部屋のライトはPanasonic/FHT24EX-Nツイン蛍光灯で、口金GX24q-3という規格までは解ったのですが適合するLED電球が見つかりません。
この規格でのLED電球は市場に無いのでしょうか?
以前よりダウンライト内部の熱や、4灯(ヶ所)連動しているため電気代も気になる部分なので、是非とも換えたいと考えております。
その場合は、ダウンライトの機器ごと交換するしか無いのでしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひお聞かせ頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>その部屋のライトはPanasonic/FHT24EX-Nツイン蛍光灯で…

それはあくまでも蛍光灯です。

普通の蛍光灯を思い浮かべてみてください。
20W形の直管でも 30WQ形の環型でも良いですが、そのまま LEDランプに取り替えられますか。
できませんね。

>ダウンライトの機器ごと交換するしか無いのでしょうか…

はい。

Q築50数年の平屋、耐震強度が心配です。

建坪18坪、築50数年の平屋をリフォームしました。耐震強度が心配です。
全壊だけは間逃れたいと思ってます。

建物の現状ですが屋根は以前、瓦からトタン屋根へ葺き替えてあります。
壁はもともと土壁でしたが、そのまま軽量鉄骨を組み石膏ボードを全部屋に施工しました。
この程度のことで、耐震強度は上がっているでしょうか?
天井は竿縁天井だったのを解体し木で下地を組み石膏ボードを施工してあります。
解体の際、天井裏を覗き火打ちが入っていないところへは金属製の火打ちを取り付けました。
施工時は耐震強度など考えてなく筋交いなどは入れてません。
心配なのですが、強度は如何なものでしょうか?
筋交いなど検討したほうが良いでしょうか?

Aベストアンサー

屋根を変えたことは耐震性はあがります。
壁は鉄骨下地に取り付けたのでは耐震性はあがりません。
天井も上がりません。
火打ちは適正についてないと上がりません。

基礎の件ももちろんありますが、まずは、軸組みがつぶれない対策をすることは命を守る大差うにはなります。
柱の太さは15センチ以上ありますか?その場合は、筋交いでなく軸組みの部分だけでも強度を取れている可能性もあります。
耐震診断をしましょう。

QダウンライトをLED照明に替えたいです(写真あり)

写真のような蛍光灯のダウンライトを付けています。
これをLED照明に替えたいですが、難しいでしょうか?
私としてはダウンライトじゃなくて出っ張ったLED照明でもいいと思っています。
よいアドバイをいただけたら嬉しいです。

Aベストアンサー

拝見しております。

>安定器を外して、このコネクタを付ければ、形状に合う明るいLEDランプに交換できる
蛍光灯が横向きですから、ソケットを交換出来ても、LED電球は、「横取り付け」と
成ってしまいます。
そうなると、光量がまったく期待できません。
ご存知の通り、LED電球は下方向への配光ですので。

天井の「懐」、つまり、高さの余裕が分かりませんが、ダウンライトそのものを
E26ソケットの電球形、たとえば
http://item.rakuten.co.jp/alllight/bfd10003_toshiba/
のような物に取り替えることが出来れば、LED電球が、縦にそのまま使えます。
懐125も、ID-76010 ラインアップとしてあるようです。

国産一般の物はもとより、こう言ったLED電球もあります。
http://kaden.watch.impress.co.jp/docs/column_review/led2009/20110706_458175.html

現行は、蛍光灯の横取り付け型の器具ですから、光量のロスもありますね。
60watt型でも、行けそうな気も致します。
ご参考までに。

拝見しております。

>安定器を外して、このコネクタを付ければ、形状に合う明るいLEDランプに交換できる
蛍光灯が横向きですから、ソケットを交換出来ても、LED電球は、「横取り付け」と
成ってしまいます。
そうなると、光量がまったく期待できません。
ご存知の通り、LED電球は下方向への配光ですので。

天井の「懐」、つまり、高さの余裕が分かりませんが、ダウンライトそのものを
E26ソケットの電球形、たとえば
http://item.rakuten.co.jp/alllight/bfd10003_toshiba/
のような物に取り替えることが出来れ...続きを読む

Q平屋の建物を2階に

平屋の鉄筋コンクリートの建物(単なるハコ型で屋上あり)ですが、これを2階だてにするなんてコストかかって実際上無理と考えたほうがいいですか。土地が狭いので・・・。

Aベストアンサー

その構造物見てないんだから、即だめとかいえないですねえ。
その構造物がどういうものなのか分かる人に見せるべきなんです。
そして手続き上も問題がないかチェックが必要。
確かにできる可能性は低いかもしれないけど。
ここで可能性ゼロといっても可能性を確認したい質問者さんは納得できるでしょうか?少しでも可能性を探りたいはずですよね。だめもとで聞いているようだし。

現実増築予定で設計したものだって何件も見たことがあります。
でも、増築したい頃には法規が変わって増築不可になっているものも多いのですが。
もちろん「単なるハコ型」のイメージでは耳にはたいした構造物でないだろうと聞こえてしまいますから、予測がつくのです。
書類の確認をまず設計事務所へという私の印象も
パーセンテージであらわすと可能性は数%いかないと思います。

QLEDダウンライトは2個で足りますでしょうか?

現在新築中なのですが、90cm×475cmの空間にLEDダウンライトを2つつけようと思っていたのですが、これでは暗いかもしれないので、もう一つダウンライトを追加した方がいいのでは?と心配になってきました。

取り付けるダウンライトはDDL3493WWという商品で、LED8W 昼白色5000K AC100Vと書かれています。

具体的には、270cm×475cmの部屋なのですが、475cmの両壁面にクローゼットを配置しており、クローゼットを除くと90cm幅で長さが475cmの廊下のような空間で、その空間部分にダウンライトを2個設置する予定でしたが、ダウンライトは光に広がりがないと聞いたので、3個あった方がいいのではと迷っています。

ご存知の方がいらっしゃいましたらアドバイス頂けませんでしょうか?どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3灯でも暗いでしょう
高さ3m弱で 半径1m程度のスポットライト 床面だけが明るい感じになります

8Wの電球型蛍光灯よりもかなり暗く感じます(電球型蛍光灯8Wならば2灯で済むと思います)

Qオール電化機器設置工事は「軽微な建築工事」でしょうか?

当方、太陽光発電システムやエコキュートなどのオール電化機器の販売業者です。施工は下請業者に外注していますが、最近お客さまから「ついでにキッチンや浴室もリフォームもして欲しい」という要望をいただくのですが、建設業許可を受けていません。例えばエコキュートや太陽光発電と併せてリフォームした場合の請負総額が500万以上の場合はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

その程度の請負工事では、現実的に許可を取ってやっている人は少ないと思いますが、建設業の許可を取って施行されたほうがよいと思います。
費用がかかりますが、それなりのメリットはあると思います。
私の所では、請負金額の多少に関わらず、工事内容によっては、元請、下請の建設業の許可と、経営事項審査を受けているかどうかを、チェックする場合があります。
質問者の方の場合は、県知事での建設業許可とよいと思われます。
専門家の方は別として、一般の方は、県知事登録してある業者であれば、一応安心するのではないでしょうか。
問題があったときに、建設業法違反と言われないためにも、許可を取ったほうが良いと思います。
申請方法は、行政書士等に相談して下さい。

Q自然の光に近いLEDダウンライトの選び方

自然な色合いに近く見えるダウンライト LED を探しています。
演色性(Ra)が100に近いほど自然に見るといいますが、昼白色タイプ 電球色タイプ 昼光色タイプ
温白色タイプ 白色タイプ と、色合いがあり、光の色が違えば自然色とは違ってきてしまうと思います。

自然の光にできるだけ近いLEDダウンライトをと思うと、どの色タイプが一番おススメですか?

また、6畳の部屋を一般的なシーリングライトと近い明るさで部屋を照らそうと思ったとき、ダウンライトはいくつ必要になるでしょうか。
ダウンライトも明るさの性能がいろいろあるようなので、この場合はいくつ。と書いていただけますと助かります。

他にも自然に近く見えるものを探す際、他にも気をつけておきたい性能数値がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、
>演色性(Ra)が100に近いほど自然に見える
ということですが、自然光に近いという意味ではRa85以上がお勧めです。

他の方も回答していますが、自然光といっても色温度といって朝夕のオレンジ(色温度3000K)~昼間の白っぽい色(6500K)まで幅があります。
昼間のイメージならば、「昼光色」を選んでください。色温度は6500K程度でしょう。

「シーリングライト」といわゆる「ダウンライト」は、そもそも設計上の考え方が違います。
シーリングは、部屋全体を照らすように、配光角が広くなっていますが、ダウンライトは廊下やテーブルなどスポット的に明るくするようになっています。

6畳用の蛍光灯シーリングライトで器具光束が大体8000lm(約80W消費)として、60w電球相当のLED電球(口金E26 消費8.5w)の光束が850lmとすると、約10個分です!(器具光束だけの計算ですが)

蛍光灯は、新品状態から数ヶ月で1-2割程度は暗くなってしまうことを考えても、60wタイプのLED電球が8個は要りますね。(消費電力で8×8.5W=約70W)

こうやって見てみると、蛍光灯シーリングライトを同じ明るさを維持してダウンライトに置換するのは、結構大変そうです。(配置も大変ですし、配光角を左右する器具の選定も悩むところです)
ただし、天井や壁の色や、反射の具合、家具の配置によって実際の明るさ(lmでなくlx)は大きく変わります。

ご参考までに。

まず、
>演色性(Ra)が100に近いほど自然に見える
ということですが、自然光に近いという意味ではRa85以上がお勧めです。

他の方も回答していますが、自然光といっても色温度といって朝夕のオレンジ(色温度3000K)~昼間の白っぽい色(6500K)まで幅があります。
昼間のイメージならば、「昼光色」を選んでください。色温度は6500K程度でしょう。

「シーリングライト」といわゆる「ダウンライト」は、そもそも設計上の考え方が違います。
シーリングは、部屋全体を照らすように、配光角が広くなっていますが、...続きを読む

Q木造平屋45坪の建物の設計料は どのくらいですか

木造平屋で 45坪の家を 建てる予定です。

一級建築士に 設計監理を 頼む つもりで いますが

どのくらいの設計監理の 料金が 相場なのでしょうか。

ちなみに 建物本体は 外構工事も含めて 2800万円位に

したいと 思ってます。

Aベストアンサー

設計管理用は420万円前後ではないでしょうか。

木造家屋専門の木造建築士に依頼すると、手慣れた仕事なので300万円以下の契約も可能性がありますね。

一級建築士は木造建築物の経験が少ない人が多いです。そういう一級建築士の場合は、勉強しながらの設計・管理になりますので、手間がかかります。一方の木造建築士は超高層ビルの勉強などやらず、木造専門ですから、木造建築に熟知しており、調査の手間などが掛からないです。

蛇足ながら、外構工事別で建物本体に2800万円ぐらいかけられれば、工務店発注で、設計管理を含めて2800万で上げることができそうですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報