最初に申し上げて起きますが今回の質問に評価はつけれません。

タイトルのとおり酸性雨は木を枯らすかという問題です。
一般にはからすといわれてますがなぜかれるか?

・硫酸とかが降ってきているから
 濃度が大変うすいのでありえないのでは?
・土壌が酸性になるから
 日本の土はもとから多少酸性なので植物は強いはず

実際にある研究会が酸性の水をやり続けた結果枯れなかったそうです。

と私の先生がおっしゃられてました。

では酸性雨でかれたと騒いでる木はなぜ枯れたのか?
専門家の意見が聞きたいです。
評価ができないのは私みたいな青二才がするべきことではないからです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 ph4以下の酸性溶液では植物の細胞の代謝に影響が出ると思います。

もちろん、代謝=酵素活性によるから、酵素の最適phからの外れが大きくなり、十分な酵素活性が得られないので、代謝が十分でない。と、生命維持のエネルギーが得られない。ので「枯れる」と思うのですが、実証していませんから 以下のURLへどうぞ。
 もしかして、このサイトの関係者なら失礼ですが

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~ryokuyu/tok0036.htm

この回答への補足

そんな可能性もあったんですね。
でも、すべてがその原因とは考えづらいですね。
ありがとうございます。

補足日時:2001/01/12 22:16
    • good
    • 0

 酸性雨が本当に関東甲信地方の杉を枯らしているのかということはまだ明らかに


はなっていません。直接酸性雨によってというだけでなく、土壌の酸性化以外にオキシダントの影響とか、開発などの影響もあるからです。
 おそらく、酸性雨によって土壌中の金属イオン(カルシウムやマグネシウムなど)の流出しているのが問題なのではないかと思っています。これらは植物にとって必須のイオンですので。。
 また、直接的な影響としては、酸性雨ではなく酸性霧ならあり得るでしょう。細かい水滴に酸性ガスがとけ込み酸が濃縮された形になるためpHが4以下になることもあり、植物の葉などに影響を及ぼす可能性があります。実際にpH4以下でアサガオの葉に斑点が出たり、pH4以下では稲の発育に影響が出たり、pH3以下では針葉樹が枯れたりします。

この回答への補足

私はそんなに詳しくないのですが「土壌中の金属イオン」これもありえると思ってます。
酸性霧は木1本をからす力があるのかが不思議です。
確かに濃縮されたとしても量が少ないので葉に穴があく、表面が腐食するのでは程度かなっと思ってるのですが。
下のほうに原因が出てますがphだけを見るのも悪いことだと思います。
オレンジジュースなどはph2前後です。
ならオレンジを収穫し忘れた木の周りはph2に液体が降ってるをいえます。
ゆえにいくら酸性の雨が降っても成分の違いでは枯れないのではと思っているのです。
専門的なご回答ありがとうございます。

補足日時:2001/01/12 22:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q酸性雨はいつ頃から?

ヨーロッパで酸性雨が問題として表面化してきたのはいつ頃からですか?

Aベストアンサー

 一般人のネットからの情報でよろしければ。
 具体的にいつからというと難しいですが(それ以前から大気汚染の問題があちこちで挙がっていたのでなんとも言えませんが)1954年にアメリカのゴームが酸性雨の原因が化石燃料であると発表しました。
 1967年スウェーデンの土壌学者オーディンが酸性雨の原因の論文を発表。1971年カナダのオンタリオ州で雨の後や雪解け時にマス、スズキなどの魚の大量死が確認されました。ここら辺が最初の問題発現なのではないでしょうか?
 よそからのわずかな情報で確証はありません。他の方の情報を参照してください。

参考HP
http://www.gld.mmtr.or.jp/~toriih/kankyou.htm
http://www.eic.or.jp/ecolife/c015.html#C-23-1

Q酸性雨が無くなるには

「酸性雨」という言葉を聞いてみなさまゾッとする人もいると思いますが
酸性雨が無くなるには世界的にどのようなことをすればいいのですか?
また,自分らで出来ることは無いですか?

Aベストアンサー

 降っている雨はただの水ではなくて、有害な「酸」が含まれています。これが「酸性雨」で、塩酸とか硫酸と同じような成分ですので、極端な例として塩酸や硫酸が降っているのと同じです。
 酸性雨の原因としては、大気中に含まれている硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)だと言われています。硫黄酸化物は石油や石炭をを燃やしたときなどに発生しますし、窒素酸化物は自動車のエンジンで燃料を燃やしたときなどに発生します。これらが水蒸気と反応して、「酸性雨」となります。
 又、正常な雨は完全な中性ではなく、大気中の二酸化炭素によって弱い酸性ですので、正常な雨よりも酸性の強いものを「酸性雨」と定義しています。

 これらの原因は、人間があまりにも文明の発達による便利さに頼りすぎたことによって、自然からの警告として受け止めなければならないと思います。又、身近な問題なのですが、一人一人が自分の問題として受け止めることが出来ずにいることも、酸性雨を助長している原因だと思います。

 酸性雨をなくするためには、その原因を断ち切ればよいのですが、例えば、自動車の乗り方を工夫することによって燃料の消費を抑えたり、省エネに徹することによって電力会社の発電量を抑えることが出来ますし、ゴミの処理問題とか、酸性雨と言うことで意識をしなくても、身近には色々な抑制方法が沢山あります。これらを1人ではなくて、人類の課題として後世にきれいな地球を引き継ぐためには、どうしたら良いかということを、もっと実害を広く周知することによって、一人一人の意識が変わってくるでしょうし、又、意識を変えるような取り組みをする人用があると思います。

 降っている雨はただの水ではなくて、有害な「酸」が含まれています。これが「酸性雨」で、塩酸とか硫酸と同じような成分ですので、極端な例として塩酸や硫酸が降っているのと同じです。
 酸性雨の原因としては、大気中に含まれている硫黄酸化物(SOx)、窒素酸化物(NOx)だと言われています。硫黄酸化物は石油や石炭をを燃やしたときなどに発生しますし、窒素酸化物は自動車のエンジンで燃料を燃やしたときなどに発生します。これらが水蒸気と反応して、「酸性雨」となります。
 又、正常な雨は完全...続きを読む

Q酸性雨について教えてください

今、酸性雨について調べています。酸性雨の事や、問題点、対策など、酸性雨に関する事をなんでも知りたいので情報を下さい。

Aベストアンサー

酸性雨調査
http://kids.gakken.co.jp/campus/kids/eco/sanseiu/

身近でみられる酸性雨のえいきょう
http://www.crdc.gifu-u.ac.jp/edsoftol/sanseiu/sanseiu_index.html

酸性雨調査研究会
http://www.vuni.ne.jp/~jarn/index.html

HONEST
http://www.honest-net.org/HONETWWW.nsf/42a5c34e92b10e73492565c4000b7a1b/54da374bddfd0b53492565c9002fe95d?OpenDocument

下記サイトで「酸性雨」をキーワードに検索しました、上記は私なりにわかりやすいと思ったサイトです。
BIGLOBEサーチ
http://search.biglobe.ne.jp/

Q酸性雨について教えてください

1997年の酸性雨の調査結果で、東京や大阪など酸性雨の原因となる排気ガスや工場のけむりの多い地域に比べ、秋田、広島、島根のPH値が1番高かったのが不思議です。どうしてか教えてください。

Aベストアンサー

確か、これはスクールエコネット(?)さんという団体
が、全国の学校(主に小中学校でしたか...)の学童さん
の協力を求めて、10年ほど前から実施している活動
を通じて出た結果でしたっけ?

もし、そのデータの事でしたら、私も以前に見た記憶が
ありまして、「この結果はどうなの?」と上司から問わ
れたことから、種々検討した記憶があります。

で、そのように考えて、当時の記憶を掘り起こして
書いてみます。(手元に当時の資料がありませんので
記憶ベースであしからず。)

結論から申し上げますと、「なぜ高かったのか確実な
結論は出せない」と言わざるを得ないように思います。

なぜ?という理由を列記してみます。
 1.確か、観測方法に少々問題があって、測定値に
   浮遊塵の影響が出る可能性が有ったと思います。
   例えば、学校で測定したなら、校庭には当然なが
   ら石灰(ライン引きに使いますね。)も使って
   居るでしょうし、その影響が排除できなかった
   ような記憶があります。
   その他、データの平均の仕方等にも疑問が
   残った記憶があります。
 2.酸性雨は単年度の観測結果だけで原因を判断
   することは(極々まれなケースを除き)不可能
   です。 すなわち、経時的な傾向で判断するべ
   きものですし、雨水のpHだけでなく、その組成
   や塵芥のpHに至るまで分析して、それでやっと
   推定が成り立つものですから。

で、これだけでは味気ない回答ですから、可能性レベル
で考察した記憶を列記してみます。

1.中国の大気汚染物質の影響
  これは先の方が書かれた説明をご覧ください。
2.火山性ガスの影響
  1997年は雲仙普賢岳の噴火が有り、その火山性ガス
  の可能性が否定出来ないように思います。
3.国内工場の煤煙
  これも薄いながら可能性の一つです。
  ただ、煤煙の到達範囲は(省エネの進んでいる日本
  においては)結構狭い筈でして、ましてや太平洋
  側の工業地帯直近のpHが高かった(私どもがやった
  実測値と大きく違った)のが疑問。
4.高速道路等の影響
  これも結構大きな原因になります。


決して、このデータが間違っているという事は私も
思っていません。 但し、これが「我々の測った結果は
こうでした」という域を超えて、「この結果によって
考えれば云々」ということに使われる(使う)のは根本
的に間違いと思うんですね。
(ですから、これを採取された団体殿も結果を見る
 事に重点を置いて、原因追及はその段階ではやって
 居られなかったような....)

というのも、この手のデータはより多くの(手法は
統一性が必要ですが)物を取り、そこから二線・三線
交差で真実に違いで有ろうという姿を推定して、それ
から裏付けのデータを取って、そこで初めて「比較的
確実と思われる推定」が成り立つものですから。

ですので、「このデータは(多く必要な)その基礎デー
タを一つ補強してくれた、但し、そこから原因を推定
することはデータ収集本来の目的ではないので不可能。
ただし可能性は上記のような物が有る」と見るのが
良いのではないでしょうか?

確か、これはスクールエコネット(?)さんという団体
が、全国の学校(主に小中学校でしたか...)の学童さん
の協力を求めて、10年ほど前から実施している活動
を通じて出た結果でしたっけ?

もし、そのデータの事でしたら、私も以前に見た記憶が
ありまして、「この結果はどうなの?」と上司から問わ
れたことから、種々検討した記憶があります。

で、そのように考えて、当時の記憶を掘り起こして
書いてみます。(手元に当時の資料がありませんので
記憶ベースであしからず。)

結論から申し...続きを読む

Q酸性雨と温暖化の関係は?

なにか関係あるのでしょうヵ??

Aベストアンサー

酸性雨降る→森枯れる→二酸化炭素増える→温室効果→温暖化


人気Q&Aランキング

おすすめ情報