いつも思うのですが、例えば新しい事を考えようとする時に、
自分が真剣に考えた思考が、以前誰かが考えていた学説だったり、
同じような著書があったりするのは何故でしょう?
人間の脳の構造はある程度決まっているので、奇抜な発想というものは
できないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

 どのような時に奇抜な発想(考え)と私たちが感じるかということに絞って考えてみました。



 奇抜な発想「考え」だなと思う時は、それを初めて人から聞いたり本を読んだりした時に、ちょっとやそっと頭で考えても分らないことが多いですよね。
 たまに、おっ!、これは正しそう、凄そうだという直感は得るものの、しかしいったいどうやってその「考え」の結論までに至ったかという思考の筋道というものは始めは分らないことがあります。

 そのちょっとやそっとじゃ分らない理由を以下に考えてみます。

1.言語使用による情報伝達の前提

(1)私たちはある「考え」についての他人とのやりとりを、通常、会話や文章によって行います。
 会話や文章はそれぞれの国ごとの言語によって書かれています。
 それぞれの言語はそれぞれの規則(文法)を持っていて、その規則に従えば伝えたい情報を伝えることができます。
 その規則(文法)は言語ごとに異なっていますが、その規則(文法)がいかにして生じたかということを各言語について比較しながら突き詰めて考えていくと、ある種の構造的な相同性を認めることができる。(というようなことを本で読んだことがあります)
 とりわけ、言語によって内容を伝える形式の中で、三段論法を使った簡単な論理的推論による帰結(例えば、AならばB、BならばC、CならばD、だからAならばDという結論を得ることなど)は、おそらくどの国の言語も、その推論形式をその当該言語の規則に内包しているのではないでしょうか(推測)。

(2)他方、別の観点で、他人(発信者)からある「考え」を聞いた時、受け手がその内容は分ったと言える場合は、発信者の思考の前提となる各種情報と付随する経験、プラス、それらを組み合わせて推論する思考プロセス(上記のような三段論法の組み合わせ方)が頭に入っていないと理解できないでしょう。

(3)以上を総合すると、言語を正確に用いることで、相手に解釈の余地をほとんど与えないような伝達形式はある。
 しかし、形式的に途中をすっとばしてはしょったり、相手の頭の中にあらかじめ存在しないような前提条件・情報、経験を無条件に用いると、受け手は正確に受け取ることができない。理解できない。
 ここに奇抜な発想と感じる由縁があるのではないでしょうか。
 推論につかう仮定や事実とその三段論法の組み合わせ方による推論プロセスの奇抜さに。

 例えば、ニュートン力学では、時間は全宇宙共通の1つの時間軸に沿って流れており、全宇宙のどの部分においても1つ共通の時間軸(絶対時間軸)をとることができると考えていました。
 これは普通の人が直感的に信じそうな考えだと私は思います。
 これが、アインシュタインの特殊相対論では全宇宙共通といった絶対時間軸なるものはなく相対的に各時間軸をとることができるというような考え方(各々の時間の進み方が伸び縮みし各時間軸で時間の進み方が早くも遅くもなる?)、別に、光の速さより早いものはないといった原則(考え方)を提唱しましたが、ちょっと聞いた感じだと、えーほんと?と思っちゃいませんか(耳知識で書いてますので間違ってたらご容赦下さい。私は中学の時聞いて変!と思いました)。
 しかし、以上のような通常の常識に反するような理論(物理の人に言うと「常識」と怒られるかもしれませんが)もちゃんと筋道を追って考えたり、実験を通して妥当性が確認されれば、万人に認知される理論(考え)となることができますよね。

2.新しい発想(考え)を思いつき、言葉に移した時

 新しくある「考え」思いついた時、すぐには言葉に言い表せない時もあると思いますが、それを具体的に文章なり口で喋ったりする際に、1.の(1)のように言語の規則にのっとることがなされると思います。
 よって、その思いついた「考え」を言語で言い表すことができる以上、それは他人に分ってもらえる可能性があるでしょう。
 しかし、1.(3)で述べたようなことがあれば、自分が言っていることが分ってもらえないかもしれない。

 発想(考え)を具体化する過程で、言語の規則にのっとることにより、論理的な推論形式をとることになります。
 よって、人に分ってもらえる「考え」は必然的に論理的推論形式を満足していなければならないことになります。

3.他人に分ってもらえない「考え」とは:奇抜な発想との関わり

 よく、夢で見る内容はあっちゃこっちゃ話が展開して進むので、朝起きて振返った時に支離滅裂だということを経験します。
 見ている時はつじつまが合っているようですが、振返って検証してみると、それは各出来事のつながり方、因果関係が現実的じゃないことや、あるいは出来事自身が現実的じゃないことが判明します。
 夢の内容を見詰め直す時に、例えばノートに書いて見て、各出来事のつながりが1.(1)のように「AならばB、BならばC、CならばD、だからAならばD」という三段論法にのっとっているなら、正しい推論は手続的には満足されていることになります。
 結局、推論の要素となる出来事が経験上、正しいか正しくないかという出来事を表わす命題の真偽の問題に帰着されることになるでしょう。
 支離滅裂に感じるのは各々の出来事を表わす「何々は何々である」という命題が間違っているからじゃないでしょうか。

 あと、これも話題としてふさわしいか危惧しますが、あえて書きますと、精神病を患っている人のいうことが理解できないということもありそうです。
 例えば、親指が青色で、人差し指が黄色で・・・などと言われても普通は到底理解できないでしょう。
 しかし、言っている本人の頭の中ではそれが正しい思考、信じている、つまりつじつまが合っているからそう言うと思われます。
 各指に色が割り当てられているという命題は普通は間違い、偽と判断されるでしょう。
 ちょっとあまりにも奇抜すぎる発想ですが、しかし、大多数の人が「各指に色が割り当てられている」ということを正しいと思うとそれが真となってしまいます。つまり皆が正しいと思ってしまいます。

4.総括
 以上から奇抜な発想は適当な命題をとってきて無理矢理くっつけて、「何々ならば何々」という推論手順を最終的に満足すれば、形上は出来上がります。
 しかし、これじゃ奇抜さはあっても皆に理解してもらえる発想(考え)として通用しないでしょう。
 なぜなら推論手順は正しくても、偽の命題で組み立てては結果的に正しい推論じゃなくなるからです。

 それと違い奇抜で優れた正しい発想(考え)は、最初はその帰結に至るプロセス過程が今までにないものであって一見理解できないもの-正しい推論の上得られた結果かどうか判断できないもの-であっても、仮定や論理展開に必要な事項が真であると検証されることで万人に認知されるものです。
 以上の意味で制限はあるといえばあると言えるかもしれません。

 そして他人が同じ事を思いつくことがあることも、用いる元情報が同じであるということ、最終的には言語で表現しなければならないこと-つまり論理的推論を行う必要があることから、同一の結果に至る可能性は高いと思われます。

 以上、非常に長々と書いてきましたが、もしかしたらこの文章自体が1.で述べたことがクリアできずにEuxineさんに伝わらないじゃないかと心配になってきました。。。そうでしたらすいません。

 個人的には言語を用いない表現伝達手法、音楽とか映像など、しかし皆が共通に良いと感じる美的構造のようなものがあるのはなぜか?といった脳内認知機構に興味を持っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざ書き込んでいただき、まことに恐縮です。
なかなか難しいお話でしたが、(なにぶん未熟なので、というか頭悪いので)
全て理解というわけにはいかないでしょうが、hishさんが、1の条件を
クリアして伝えて下さろうとしていることを真摯に受け取りたいものです。

4の総括の解釈
>奇抜な発想は適当な命題をとってきて無理矢理くっつけて、「何々ならば何々」という推論手順を最終的に満足すれば、形上は出来上がります。

そういうことになりますね(^。^)全くそのとおりだと思います。

>しかし、これじゃ奇抜さはあっても皆に理解してもらえる発想(考え)として通用しないでしょう

そうですね。たしかに、こういう発想ならかなりの量あると思われますが、
それは精神病の例と同じになってしまいますね。

>それと違い奇抜で優れた正しい発想(考え)は、最初はその帰結に至るプロセス過程が今までにないものであって一見理解できないもの-正しい推論の上得られた結果かどうか判断できないもの-であっても、仮定や論理展開に必要な事項が真であると検証されることで万人に認知されるものです。
 
奇抜な考えであると考えられるもので、その考えを提唱する前提、バックグラウンドが真であるか偽であるか解らない場合、つまり中立な場合について。
その命題が偽であるという事が例えば推論や実験によって、正しいという
裏づけが取れるならばその考えは排除されるのですが、
もしもその命題が偽であることを証明できなければ、その発想は間違っている
かも知れないが正しいかもしれない。だれもそれを証明できない。
排除もされないが支持もされない異端という一時期が起こってくると思います。

もちろん将来的にその異端説は新事実によって排除されるか、
新事実によって陽の目をみることになるかの運命にあると思われますが、
その発想はとりあえずは保留されるという事になるために、
その発想者が死んでから異端視されていたその発想が
陽の目をみたという状況は数多くあると思います。
それを思うと優れた奇抜な発想と将来的に認められる考えは、
時期的な問題において制限されているとおっしゃっているのかな?と思います。
あ、解釈まちがってhishさんの懸念される通りの事が起こってしまって
いたら、申し訳ありません。m(__)m

最後に、丁寧な回答、本当に感謝しています。ここまで丁寧にお答えいただくこと、本当に嬉しく思います。

お礼日時:2001/01/19 15:26

再質問を頂いたのに返事が送れて申し訳ありません。

m(__)m

>ここでは、過去にその解に到達した結論の載っている書物(その他
>を読まなかったのに、同じような発想をしてしまったと仮定します
>から、いったん成功した、目的に至るための試行錯誤の過程は、た
>とえば私たちの遺伝子とかに記憶されているのでしょうか?そして
>その記憶を引っ張り出しているだけなのでしょうか?

それは違います。遺伝子に記録されるのは、生命に関する情報だけで、文化に関する情報は一切記録されません。
それらは、文化として、例えば生活の知恵として、あるいは親から子への教育の中で、集団生活の中で受け継がれて行きます。
ですから、同じ試行錯誤が多数の人によって同じパターンで繰り返される場合は文化の中に後天的な学習事項として残るわけです。

例えて言えば、録音されていない演奏はその場で演奏終了と同時に消滅しますが、録音されていれば、CDやテープその他のメディアになります。そして、CDも寿命があるので、いろいろダビングされることでしょう。そうしてメディア自体は壊れてなくなりますが、データとしての音楽は残ります。
今の例に例えれば、音楽=発明・試行錯誤等、CD、テープ等のメディア=人間、ダビングという行為=集団の中で、経験が人から人へ受け継がれること、録音=その試行錯誤が記録されたかどうか。
という感じでしょうか。
ですから、多数の同じ試行錯誤が繰り返されている場合は、断片的な経験の蓄積情報が生活文化の中に残っていると私は見ます。全体としての体系が失われている場合、その断片を再構築しただけでも、再発見はできますし、それを誰も知らなければ新発見にもなるでしょう。また、たった一個の断片からでもその人の想像力で、以前の試行錯誤が全く同じく再現でできることもあると思います。
    • good
    • 0

回答じゃありません。

ご質問の主旨とはすこしずれますが、hishさんの回答を拝見して連想しました。
「完全言語」
というアイデアがあります。その言語で話すと正しいことしか言えない。間違ったことを言おうとすると文法違反になってしまう。そういう言語。大昔の哲学者(だれだか忘れた)が考えたスカタンです。
 実はこのアイデア、数学を形式化する(つまり使う記号や推論の規則をきちんと決める)ことによって、数学の定理が自動的に導き出せるようにしよう、という計画(ヒルベルトら)として、1900年頃に復活します。しかし、そういう言語が原理的にどうやっても作れないことが証明された。(ゲーデルの不完全性定理。下記URL↓ご参照下さい。)
 一方、物理などでは、論理的演繹よりは、発想の飛躍・逆転・とんでもない拡大解釈、というようなものがブレークスルーを作ります。たとえば物質波の発見。「光が粒子であり同時に波である、というのなら、ひょっとしたら電子だって波でもあるんじゃないか?どんな物質だって波じゃないのか?」とってもmadな発想ですが、これが正解だったんですねえ。ですから物理をやっているヒトはよほど突飛な話でも無碍に笑ったりはしない習慣がついている。そしてこれが、彼らが世の中のスカタン説・インチキ商品を駆逐するのにほとんど役に立たない理由です。(O槻先生は或る意味、別として)
 奇抜なら何でもあり、というわけじゃない。健全なセンス、というものがあると思います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=25153
    • good
    • 0

またしてもstomachmanです。

なんだか、「誰が考えたって同じ」みたいな結論になっちゃうと寂しいので.....

> いつも思うのですが、例えば新しい事を考えようとする時に、
> 自分が真剣に考えた思考が、以前誰かが考えていた学説だったり、
> 同じような著書があったりするのは何故でしょう?
というご質問の現象を説明する上では、

>> ●同じことが既にあった、という場合以外は気にもとめていない。
つまり「自分が考えたのと同じ学説・同じアイデアが既にあった、という場合以外は全然驚かない。」という事が、一番重要かと思います。
 下の表は(いー加減ですけど)多分経験する頻度が少ない順に並んでいて、○△×はその「価値」です。ご質問は(B)のケースのことを仰っている。
A ○「私が考えた良いアイデアは、過去にはない。」<-やったぁ!!
B △「私が考えた良いアイデアは、過去にある。」<-....残念!!
C △「私が考えたスカタンのアイデアは、過去にはない。」<-がんばりましょう。
D ×「私が考えたスカタンのアイデアは、過去にある。」<-とほほ
E ×「私が考えたことのない良いアイデアが過去にある。」<-そりゃそうだ
F ×「私が考えたことのないスカタンのアイデアが過去にある。」<-昔のことだから...
G ×「私は何も考えていないし、過去のことなど知らない。」<-あのね。
 A、Bの頻度が低いのは良いアイデアになかなか行き着けないからです。さらに、「過去にある」と言うには文献なり現物がひとつあれば良いが、「過去にはない」と証明するにはその分野の知識を網羅しなくてはならない、という非対称性がある。この事もA、Cの経験(上の表のことですてば。f^^; )の頻度を下げています。Aは厳しい条件が二重に付くのですから当然希である。D以下は、もとより気にも留めていないんですね。

 その分野について良く勉強なさっているからこそ「真剣に考え」られるわけで、考えた成果はA、B、C、Dのどれかでしょう。そして勉強を続けるうちに「誰かが考えていた学説」や「同じような著書」に行き当たる(B、Dに確定する)場合もある。或いは、勉強するうちに自分のアイデアの良し悪しが分かって来て、はっきりスカタン(C、D)と決まる場合もある。
 「真剣に考え」たことがなければ、こういうことはないし、まして勉強しなければ起こらない(G)。特にBの場合は惜しい。悔しい。また、エライ先生が考えたのと同じ結論に自力で到達した、というのはちょっと自慢でもある。そういうわけで大変印象深い。
 逆に、勉強の過程で、考えてもみなかったアイデア(E、F)に出会ったとき、「これは私が考えなかったアイデアだ。なぜ考えなかった?なぜだぁ~っ!!」といって驚いたら、それは余程の自信家でしょう。或いは、ヒトの著書などを見ていて、しばしば「どーして思いつかなかったんだろ」と思うこと(E)がある。これも結構悔しいけれど「なぜだ?」とは思わないですよね。

 さて、この表から落ちている重要なケースがひとつあります。
H ◎「私が考えたことのない良いアイデアが過去にはない。」
言い換えれば、「あなたが発見してくれるのを待っている、未知の良いアイデアがある!!」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、なんか凄くやる気がでてきました。(単純な奴)
もう少しで諦めるところでした。ホントstomachmanさんは
賢い方だなあと思います。だって、直ぐ納得させられるんだもん。

お礼日時:2001/01/17 18:23

ユージンさんの「お礼」に関して。


「最適解」とは、数学に直接影響される分野だけの話ではありません。また、「元になっている情報」というのも、ネタのヒント情報とも限りません。以下の様に分類してみました。(他にもあるでしょうが...)

(1) もろに元ネタが同じ:特殊な目的にしか使えないけど、魅力的な新しい方法が開発された。そのエッセンスとなるアイデア(あるいは「精神」)を理解すると、形を変えれば(あるいは別の技術と組み合わせれば)他にも使えるということに気が付いて、世界中で同じ発明がなされる。また、芸術のように制約条件の少ないものは、同時に似たようなアイデアってなかなか出ないと思うんですが、それでも「利用できる技術」というものには共通性がある。(レーザーがなければレーザーアートもない訳で。)
(2) 制約の変化:「問題が解決するなら、従来の常識・価値観と相容れなくても受け入れてもいい」という心理的下地(縛りの解放というか、一種やけくそ状態。もーこうなったら良識を否定してもいいや、とか)ができたとき、(実は潜在的にはコタエは出ていたわけで)一斉に同じようなアイデア、理論、哲学が現れる。
(3) 問題の共有:現状の問題点はコレだ、と誰かが看破し、問題意識が共有化されたとたんに、一斉に類似のアイデアが発生する。というのも、「今の時点で現実的な技術・手段を使う」という条件下では、その問題を解決するための方法が少数に絞られてしまうから。近頃は、潜在的ニーズを見つけることこそがアイデアである、という場合が多いので、それを充足する方法の方はみんな似たようなモノになる、と言ってもよいでしょう。
(4) ものの考え方の筋道が共通:共通の「教養」としての、手本となるような理論の構築の仕方、ものの見方、定式化の方法論というものにやっぱり左右されます。

> 50年程前に考えられていた未来の想像図には、その当時の技術の少し発展した盤みたいなの

レベルの低い想像図を見ちゃったんですね。最新の科学・社会の知識をベースにして一所懸命考えれば、50年ぐらいのスパンの技術なら非常に高い精度で予測できるものです。なぜなら、本当に欲しいモノ、本当に必要な技術というのは、なんとしてでも実現しようという強い動機がある。大きな市場が待っている。だから、科学的・経済的によほどメチャでない限り実現します。一方、仮にあした全く新しい大原理が発見されたとしても、それが本当に技術的にこなれて普及するには50年ではちょっと短い。さらにまた、真剣な未来予測が発表されると、それが指針となって研究・開発の方向性ができるということもあります。
 それに対して例えば「火星移住計画」なんて、子供でも思いつくアイデアですが、誰が莫大なコストを継続的に支払うというのでしょうか。馬鹿げた予測と思えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。stmachmanさんの分析はすごいですね。
ご説明、ホントにしっくり来ました。
たしかに、私が見た未来想像図というのは一般人の考えたもので、知識人の考えた
ものではなさそうでした。回答いただいた4つの視点から見ると、そりゃ
同じ発想がぽんぽんでても当然ですね。なんか相当納得してしまいました。
そして潜在的ニーズを見つけるというのは、たしかに、
普通の人の考えではでにくそうです。
あーなんかはればれしました。おつきあいいただき、ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/16 10:59

先人と同じようなことを考えてしまうというのは当然といえば当然の結果であると思います。

それは脳の限界が理由ではないと思います。
様々な知識は遺産として次の世代に受け継がれていくものです。先人が悩みに悩みぬいて苦しんだ末に確立した理論も次の世代には基礎知識として伝えられます。
そのようにして基礎知識を基に何かを考えますから、その基礎部分が最新でないとすれば、既にその先を考え出している人がいても不思議はありません。
そして、発想力という能力が関与してきます。基礎知識が同一レベルなのに、発想力に違いがあるということは、よくあることです。それは思考回路の違いなのですが、一見無関係と思える事項同士を組み合わせるという発想が大きなポイントとなります。
或いは、好奇心の強さというのも大きな要因でしょうネ。リンゴと万有引力という寓話は有名ですが、普通の人が当り前だと思っている現象を見つけ出す好奇心が大きな発明や発見の出発点となりますから。
言語が違っても、地球上で同じような環境に暮らしているのであれば、同じような進歩を遂げるでしょう。どうすれば楽になるとかいう発明への欲求も似たものであるからです。
では、宇宙人なら?
生活環境の違いから、要求すべき発明や発見が地球では想像できないものであるのではないでしょうか。けれども、その惑星の上では多くの発明家が『先を越された!』といって地団駄を踏んでいるのではないでしょうか。
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kawakawaさんは、膨大な回答をこなしていらっしゃる方なので、
回答いただき本当に恐縮です。
おっしゃるとおり、
一見無関係な事同士を組み合わせるというのが、なかなか難しいのかもしれませんね。普通の人の考えなら、相関するものばかりを、結び付けがちです。
それは効率よく、最短のコースで至る結果を考えようとするからで、
迂回とも思われる方法を敢えてとる人は少ないからかもしれませんね。
それから、地球上の環境はかなり地域によって異なると思うのですが・・・。
日々の生活に余裕のない地域の人と、温暖で食料も豊富な地域に住む人
とでは、考え方も、考える余裕も違うと思います。
後者の地域の人々は、迂回して考えることも出来たでしょうが、前者の人達は
出来るだけ最短のコースを選ぶしかなかったのではないでしょうか?

お礼日時:2001/01/16 00:21

新たに質問してくださるなんてとても光栄に思います。


“発想”の事を“発送”なんて書いていたのに!(笑)

さて、「言語等が違っても・・・」と、ありましたが、人間は基本的に言語が違っても同じ方向で考えますよね。
私は、厳密な専門的な用語では説明できませんし、はっきりはわかりませんが、思考回路みたいな物は「どんな動物でも一緒なのかもしれないな」って思います。
動物が本来持ち合わせている本能、「生きていたい」って思う本能と、「子孫を繁栄させたい」って思う本能はどの動物でも一緒です。
知能の差こそあれ、地球上の動物全てが同じ方向で物事を考えているのかもしれませんね。
ただ、生活習慣や、宗教や、気候、その他の色々な条件が異なると、性格的な物は違ってくるみたいですね。

もし宇宙人がいたら、いったいどんな考え方をしているのでしょうかね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス有難うございます(感涙!)
そうですね、言語が違っても、同じ方向で考えるというのは、当てはまると思います。やはり、その考える人を取り囲む環境に左右されるのではないかと言う方向で
だんだん納得してきました。

お礼日時:2001/01/16 00:06

それは歴史の重みその物ではないでしょうか。



人類は、Euxine さんや私が存在する以前に沢山いたわけで、無数の試行錯誤が繰り返されていたはずです。丁度、今、Euxine さんや私が試行錯誤するように。
ですから、無数の試行錯誤が既に積まれているわけで、それがデーターベースになっているかどうかということではないでしょうか?

なっていれば調べれば出てくるでしょう。なってなければ新発見として扱われることもあるでしょう。でも本当にそうかどうかは確かめようもありません。

試行錯誤は目的に対して行われるもので、その目的を達成する為の方法というのは限られてきます。ですから、同じ方法を沢山の人が考えるのはごく自然な事と思います。
また、敢えて無謀と思われるような方法は目的に沿うとは思えないので、手つかずで残っている場合があるようです。それがたまたまいい方法だったりしたときに、奇抜と呼ばれるのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス遅くてすみません。どうもありがとうございました。
なるほど、歴史の重みですか。難しいですね。
無数の試行錯誤が行われていた事を、私たちはどのように記憶しているのでしょうか?
>試行錯誤は目的に対して行われるもので、その目的を達成する為の方法というのは限られてきます。

ここでは、過去にその解に到達した結論の載っている書物(その他)を読まなかったのに、同じような発想をしてしまったと仮定しますから、
いったん成功した、目的に至るための試行錯誤の過程は、たとえば私たちの遺伝子とかに記憶されているのでしょうか?そしてその記憶を引っ張り出しているだけなのでしょうか?
どのように理解したらよいのでしょう?
質問ばかりする質問者でごめんなさい。ずっと気になってきた問題なので、
この際いろんな方の意見が聞きたいのです。

お礼日時:2001/01/16 00:03

とりあえず、以下の理屈ではいかがでしょう?



●同じことが既にあった、という場合以外は気にもとめていない。
 ヒトは「同じ」という事に大変興味を引かれますが、「違う」は気にしない傾向があります。偶然の一致を珍しがり、同じぐらい確率が低い偶然の不一致は省みない。たとえばポーカーの手札で1ペアすらできない、という確率は1ペアができる確率より低いんです。あるいは、5桁の数字のうちに同じ数字が入っている確率は5桁全部が別の数字である確率より高い。

●正しい答は、誰が考えても正しい。
 もし正しいやり方がホントにそれひとつしかない、ベストと言えるのはそれだけだ、というのなら、発想の最初がバラバラであったとしても、考えて改良して行くにつれて、結局その最適解にたどり着くということがあってもちっともおかしくない。

●考える元になっている情報が同じようなものである。
 いろんなヒトが独立に、同じ発明や概念、数学の定理に行き着く、ということはしばしばあります。stomachmanが発明をしたほんのちょっと前に、外国で同じ発明があったということもあります。T_T
機が熟したとでも言いますか、元になる知識、技術が同じで、また潜在的なニーズも同じようなものである、となれば、同じ発想がでてきても不思議じゃない。ヒトの知らない事を知っていれば、奇抜な発想もできますね。

●考えるのに使っている仕組み=言語が同じである。
 ゲージツ家の中には言語とは別のシステムでものを考えるひとは沢山いるようです。しかし何らか辻褄の合う話を考える場合、結局言語に頼る。人間の言語というもの自体が持つ、概念を取り扱うメカニズムが(何語であっても)本質的には同じです。さらに数学も幾何も、大体世界共通と言って良いでしょ。(宇宙人の言語だったら違うかも。=>ディレーニイ「バベル17」早川書房)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

しょうもない質問にお付き合いいただき、有難うございます。
確かに、元になっている情報が同じような物である、というのは考えられるかも
知れませんね。同じような概念に感化されたのだから発想も同じようになってしまう、というのも無理はないかもしれません。
そういえば50年程前に考えられていた未来の想像図には、
その当時の技術の少し発展した盤みたいなのしか描けていませんでした。
それから、正しい答えというのは、数学的にですか?
A=Aであるというような類の、自明のものですか?
それとも、根拠があると思われるが、考えようによっては哲学的と思われる学説ですか?つまり進化論とか、ああいう類の。
それにしてもstmachman何の発明をなさったのでしょう?ドキドキ(^。^)

お礼日時:2001/01/15 23:53

奇抜な発想と感じるような発送をする事はできるとおもいます。


しかし、Euxineさんが求めるような発送は出来ないと思います。
脳はほとんどの部分が解明されていませんが、データから見れば分かると思います。
同じような考えをして、同じように感じるのです。
だから、喋っていて言葉も通じるのです。

それに似た話で、才能と言う言葉もちょっと考え物です。
身体能力の差こそありますが、誰だって、物事を吸収する能力に大きな差は無いんです。
集中度や、目標の高さや、それまでの経験によって、個人差が出てくるのを、人の持つコンプレックスから才能と言う言葉に変えてしまったのです。
(ちょっとずれてしまってごめんなさい)

誰でもがんばれば、一般的に言う奇抜な発想なら出来るんですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

速いご回答、どうもありがとうございました。
たしかに、atom31さんのおっしゃる才能についての見解は私も賛成できます。
ところで、喋っていて言葉が通じるということで思ったんですが、もしも異なる言語を用いていたら、あるいは言語を用いなくても同じような発想になってしまうのでしょうか。それとも思考をする際にどんな言語を、文字を、数字を用いて考えるかはあまり関係ないのでしょうか?それはやはり脳の構造が同じだからそうなってしまうのでしょうか?ご意見をぜひ・・・・。

お礼日時:2001/01/14 00:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電車の中で無意識にどういった表情をしていますか?

電車の中などの公共の場所で、人はどのような表情をしているか疑問に思いました。
一般には無表情と思いますが、無意識の中にも、その人独自の表情があると思います。
家にいるときのくつろいだ表情と、周りに多くの人がいる場所での表情は確実に違いがあると思います。

ニコニコした表情
かわいくふるまう表情
かっこつけた表情
おちゃらけた表情
など。

みなさま自身がどのような表情をされているかとか、その意味とかを教えていただきたいです。

また、こんな人の表情を見たよ、などといったおもしろい経験談とか、あこがれの表情・人柄とかもお願いしたいです。

僕は関西出身の30代の男です。男なりに、人よりも優位に立ちたいという思いが常にあります。つまり、かっこいい人間になりたいのですが、関西人の人柄ゆえか、若いときはおちゃらけた表情が多かったです。そういえば、マンガの主人公もふだんはおちゃらけた性格のキャラが多かった気がします。

いま、年を取るにつれ、なにかを悟ったような高貴な表情もいいなあ、とか、兄貴として慕われるような頼りがいのある表情もいいなあとか、貫禄の有る渋い表情もいいなあとか、いろいろ模索してます。

電車の中などの公共の場所で、人はどのような表情をしているか疑問に思いました。
一般には無表情と思いますが、無意識の中にも、その人独自の表情があると思います。
家にいるときのくつろいだ表情と、周りに多くの人がいる場所での表情は確実に違いがあると思います。

ニコニコした表情
かわいくふるまう表情
かっこつけた表情
おちゃらけた表情
など。

みなさま自身がどのような表情をされているかとか、その意味とかを教えていただきたいです。

また、こんな人の表情を見たよ、などといったお...続きを読む

Aベストアンサー

優しく柔らかい表情をするようにしてます。
口角をちょこっと上げるような感じ。
無意識に、となると、ブスっとしてますきっと。
電車の中なので、音楽聞いているか読書してますが。
地顔が怒り顔・目の下がクマっぽくて疲れ顔なので、
本人が無表情のつもりでいるのに
友人から「怒っている顔で電車に乗っていた」
「怖くて声を掛けづらい感じ」
と何度言われたことか。。。

気味の悪いニヘラ~とした笑顔はいやですが、
微笑み程度の表情がやはり相手に一番良い印象だと思いますよ。

Q人間の脳と像の脳

人間は何故賢いかというと、脳が大きいからですよね?

そして、人類より頭の大きな像達は、当然、脳も人類より大きいのではないのですか?

なのに、言語力や知能は人間より下なのは何故ですか?

Aベストアンサー

まあ,人間の基準でゾウの知能を測るのも何なのですが・・・
脳は単純に大きさ・重さだけで判断できません。
知的活動に関係しているのは,大脳新皮質における神経細胞の数とネットワーク(シナプスと言います)が影響します。
ヒトでは,直立二足歩行によって前肢が腕となり,言語活動と体に比して大きく重い脳を支えることが可能となりました。手と言葉を使うことで知的活動が触発され,それによってますます脳が発達したものと考えられています。
ゾウの場合も記憶などの面ではヒトに劣っていないらしいですが,言語と手を使って創造的活動(文字の伝達など)が出来ないので「いわゆる知能」は発達していないように見えるのです。
その分,巨体からくる力が生存に有利に働いています。ですから,体積が大きかったとしてもゾウの脳では,感覚・運動に関する領域がヒトよりも大きいのでしょう。

Q限界ギリギリです・・ハッキリ言うべきでしょうか?

私は30歳の男性ですが、勤め初めて一ヶ月半になる会社に勤めております。職種は製造業で従業員数4人(社長、長男、長男の嫁、自分)の典型的な家内企業でして面接時にはもう一人(次男)居たんですが私が勤めて半月目くらいに引継ぎをするような形で辞めていき後で聞いたところ私は欠員補充だったようで4人と言っても実質作業しているのは2人(長男、自分)だけです。日祝隔週土曜休日という事だったんですが実際は日曜だけで勤務時間10時間です。連休前の金曜日の帰り間際に決まって明日予定ある?という事を聞かれ新米という事もあり頑張って休日出勤してきました。
最初の頃社長に聞いたところ次男の嫁が子供と遊ぶ時間もなくごうを煮やして辞めさす形になったようで実際今になってその意味がわかってきました。私自身製造業経験者で体力もそれなりにあるつもりだったんですがさすがに心身ともに限界で今日休んでしまいました。嘘を言うのも嫌だったので正直に体が辛いという旨を伝えました。
面接時にハッキリと聞かなかった自分も悪いんですが自分としては好きな仕事でもあるんで長く勤めたいと思っているんでいっそう正直に休日はしっかりとりたいという事を言おうと思っております。忙しい時は仕方がないんですができる事なら平日に残業時間が増えてもせめて月に2回は連休をとりたいです。
ちなみに3ヶ月の試用期間があるんで今の時期に正直に伝えておくべき事は伝えておきたいと思っているんですが、そんな気持ちがある反面自分の考え方が甘いのかとう気持ちも少しありそのジレンマに悩んでます。
言って受け入れられないようならばそれはそれで今の会社とは縁が無かったと思って諦めようという決心は出来ているんですが相談する相手もいなくここ最近ずっと悩んでました。
自分はやはり甘いんでしょうか?厳しいご意見でも構いませんのでぜひアドバイス宜しくお願い致します。

私は30歳の男性ですが、勤め初めて一ヶ月半になる会社に勤めております。職種は製造業で従業員数4人(社長、長男、長男の嫁、自分)の典型的な家内企業でして面接時にはもう一人(次男)居たんですが私が勤めて半月目くらいに引継ぎをするような形で辞めていき後で聞いたところ私は欠員補充だったようで4人と言っても実質作業しているのは2人(長男、自分)だけです。日祝隔週土曜休日という事だったんですが実際は日曜だけで勤務時間10時間です。連休前の金曜日の帰り間際に決まって明日予定ある?という事を聞か...続きを読む

Aベストアンサー

違う業種なんですが、私も個人企業で働いたことがあります。
親切な方々だと仕事で多少のいやなことがあっても恵まれた環境に感謝して乗り切る力にもなりますね。
逆に合わない一族に囲まれて長時間働くのは地獄です。

ご質問者様はとっても真面目な方と思います。
でも、余裕のない働き方は心身に大きなダメージを残すことがあります。
うつ病・過敏性腸症候群などのストレス病はその典型ではないでしょうか。

ご質問者様はまだ試用期間中とのこと。
先のご回答にもあるように、早いうちに経営陣の機嫌の良いときを見計らって柔らかい言葉で言った方がいいですよ。
例えば「どうしても急ぎの時はご協力致しますが、オンとオフのメリハリをつけて仕事がしたいので、週末は休ませていただけないでしょうか?」とか「気分転換した方が仕事もはかどるので・・・」とさりげなく「休むのは仕事のため」とにおわせるようにして言うこともできそうですね。

他には「勉強したいので」という理由も良いですね。
たいしたことでなくて良いのです。
趣味の領域でも良いのです。
「会社にばかりいると、社会が見えなくなってしまうので○○の講座に行って来ようと思っています。」などと言えるかもしれません。
職場に同じ趣味の人がいれば応援してくれそうでもあります。

限界はひとそれぞれなので、無理し過ぎないようにしてくださいね。

違う業種なんですが、私も個人企業で働いたことがあります。
親切な方々だと仕事で多少のいやなことがあっても恵まれた環境に感謝して乗り切る力にもなりますね。
逆に合わない一族に囲まれて長時間働くのは地獄です。

ご質問者様はとっても真面目な方と思います。
でも、余裕のない働き方は心身に大きなダメージを残すことがあります。
うつ病・過敏性腸症候群などのストレス病はその典型ではないでしょうか。

ご質問者様はまだ試用期間中とのこと。
先のご回答にもあるように、早いうちに経営陣の機...続きを読む

Q【古代の人間の男女比】人間の男女比を考えていたんですが古代の人間は男女比が男子が全体の3割。女子が7

【古代の人間の男女比】人間の男女比を考えていたんですが古代の人間は男女比が男子が全体の3割。女子が7.5割と出たんですが合ってますか?

いま男女比で言うと女性の方が産まれる数が増えていますがこれは近代文明の発展で出てきたクーラーと暖房が原因だと思います。

クーラーと暖房の自然界で産まれる男女比バランスが崩れた。

自然界だと年間を通してセックスする人が一定数いて産まれてくる子供の性別の比率は男3:女7.5です。

間違えてますか?

マンモスとかいた時代の男女比構成比率とか知ってる人いますか?

男女の産み分けも私の理論でなら時期とクーラーと暖房を使えば男子が欲しければ男の子を産めるはず。

要するに産まれてくる子供はセックスしたときの気温で分かれる。

なぜ同じ生年月日で男女が産まれているかは気温という自然界でしかも外でセックスした場合、同じ性別が産まれるはず。

暖房を付けて寒い日にセックスすると男子が産まれる。自然界で野外セックスしていれば女子が産まれていたはず。

Aベストアンサー

以前韓国で精液を遠心分離する事で男女を産み分ける手法が流行りましたが、最近聞かない。あなたの古代とは効率的な暖房が行き渡るたった30年前のことですか?

Q手ブレの限界を上げたい

よく目安で、焦点距離分の1が手ブレ限界の目安です。
と言う話を聞きます。

しかし、カメラ雑誌なんかを読むとプロカメラマンはさらにそこから
2、3段位SSを遅くしてもブレずに撮ると言う記事を目にします。

いったいどうしたらそんな事が可能なのでしょうか?

ラフに構えて、何の気なしにシャッターを切ればぶれるのは当たり前ですが、カメラに望遠レンズを付け、ファインダーを覗いて
しっかり構えてみたり、肩の力を抜いてみても、ファインダー像は
ぶるぶる震えてばかりです。
立て位置にして、右を上にした時、右手の親指をデコにぴったっと、付けた時は、かなり効果がありましたが、ストロボのブラケットが邪魔で
立て位置の時は左が上になりその手も使えないです。

毎朝、鉄アレで腕の筋肉も鍛えてますが、見当違いな気もしますし

プロの人はどうやって手ブレの限界を上げるのしょうか?
また素人には、真似の出来ないような技術でしょうか。

Aベストアンサー

ANo.6です。
因みに、ご質問者様のお使いになられている機材は、どのようなものでしょうか?
これは、人によっては関係ないとおっしゃる向きもあるとは思いますが
私個人は、ある程度重いレンズの方が、安定させやすくはなります。
(もちろん、そのレンズとボディとのバランスも重要なファクターですが)
なぜなら、重いレンズやボディだと筋力で持とう・構えようとすると、
直ぐに疲れてしまうので、自然と腕の力を抜いたような、三脚代わりに
するような構え方になります。
確かに、撮影会など直ぐに動き回らなければいけないようなときに、重い機材は
正直体力を使いますし、疲れやすくはなります。
でも、軽い機材で身軽のなる代わりに撮影時のブレを必要以上に気にしなくてはいけないのと
どちらがいいかは撮影者本人の選択になると思います。

三脚使用禁止の場合でも、Slickのプロミニ
IIIhttp://www.slik.com/light/4906752100851.html
等は使用は大丈夫だと思いますので、これを用いて、この三脚を胸板に
乗せてつかうことで手振れをかなり抑える効果はありますよ。
また、レンズに台座がついているタイプであれば、横←→縦位置の変更も
そんなに大変な作業でもなくなります。

参考までに

ANo.6です。
因みに、ご質問者様のお使いになられている機材は、どのようなものでしょうか?
これは、人によっては関係ないとおっしゃる向きもあるとは思いますが
私個人は、ある程度重いレンズの方が、安定させやすくはなります。
(もちろん、そのレンズとボディとのバランスも重要なファクターですが)
なぜなら、重いレンズやボディだと筋力で持とう・構えようとすると、
直ぐに疲れてしまうので、自然と腕の力を抜いたような、三脚代わりに
するような構え方になります。
確かに、撮影会など直ぐに動...続きを読む

Q脳の記憶の限界について

中3のものですが、記憶力の限界を気にしてしまって、すっきりものを覚えられません

漢検1級程度の漢字、英検1級程度の英単語、熟語などに加えて基本6法の一部などを覚えることは可能でしょうか。

まだまだこれくらいじゃ限界なんて言ってられないのでしょうか。

できれば、参考になるホームページもあるといいのですが。

Aベストアンサー

記憶しようと考えなくていいんです。
ただよりよく理解することに努めればいいんです。

一度理解すればもう忘れてもいい。
忘れたら、また思い出せばいいんです。
そうすればその理解は前よりいっそう深くなっているはずです。

忘れることを恐れてはいけません。
必ず忘れるものだと割り切ってしまいましょう。
忘れることはいいことだ。

おもしろい逸話があります:
ヒルベルトというエライ数学者がいたんですが、
彼が他の数学者の講演を聴いてるときに、その人がある定理を引用したんです。
すると、ヒルベルトは立ち上がって「その定理はすばらしい、誰が発見したんだ?」
と訊くわけです。その講師は言いました「あなたですよ。」と。

つまり何か問題に対面したとき、常に新しい問題に取り組むような心でいることが大切。
知識は時に本質を見抜くとき足かせになることがありますからね。知識に毒されるとも言いましょうか。

「なにかに率直に驚いてすぐそこから考え始めるところがある。」
小林秀雄はパスカルを評して「ものを考える原始人」と言いました。

ちょっと本題からずれましたが、
記憶というのは、私見では、常に情報の一覧を頭の中に持っているというより、
折に触れて、自然に思い出されるものだ、と考えています。

喩えれば、頭の中には情報のネットワークがあって、周辺知識が刺激されて、
その知識が想起する、といったイメージでしょうか。

ともかく、「記憶」という世間の常識を疑ってかかることです。
それは単なる記号に過ぎないかもしれません。
記憶に限界がある、ということ自体、ナンセンスな考えかもしれません。

どうも抽象的になってすみません。

実際的なアドバイスをすれば、英単語を「憶える」には英英辞書を読むことをお勧めします。(引くんでなくて読むんです。)
それから、英単語を知らなきゃ文章が読めないんじゃないか、という強迫観念を捨てて、
知らない単語なんか気にせずどんどん読み進めていくんです。もう狂気のように、とにかく量です。
もちろん音読です。できれば迫真の演技で。自分の音読に酔ってくください。

漢字に関しては英語とは全く異なります。音とは関係ありませんから。
ことらは、身体が憶える類いのものだと思います。習字をするのが一番でしょう。なるべく大きく書くんですね。

まあ、理屈を聞くより自分の身体・脳を使っていろいろ実験してみるしかないです。
こうすればこういう反応をするという自己観察の積み重ねです。

締めに、内田樹のブログから引用しときましょ:

2010.07.11
池谷裕二さんの講演を聴く

「学習」は脳への入力である。
「テスト」は脳からの出力である。
つまり、脳の機能は「出力」を基準にして、そのパフォーマンスが変化するのである。
平たく言えば、「いくら詰め込んでも無意味」であり、「使ったもの勝ち」ということである。
書斎にこもって万巻の書を読んでいるが一言も発しない人と、ろくに本を読まないけれど、なけなしの知識を使い回してうるさくしゃべり回っている人では、後者の方が脳のパフォーマンスは高いということである(生臭い比喩であるが)。
パフォーマンスというのは、端的に「知っている知識を使える」ということである。
出力しない人間は、「知っている知識を使えない」。「使えない」なら、実践的には「ない」のと同じである。

参考URL:http://blog.tatsuru.com/2010/07/

記憶しようと考えなくていいんです。
ただよりよく理解することに努めればいいんです。

一度理解すればもう忘れてもいい。
忘れたら、また思い出せばいいんです。
そうすればその理解は前よりいっそう深くなっているはずです。

忘れることを恐れてはいけません。
必ず忘れるものだと割り切ってしまいましょう。
忘れることはいいことだ。

おもしろい逸話があります:
ヒルベルトというエライ数学者がいたんですが、
彼が他の数学者の講演を聴いてるときに、その人がある定理を引用したんです。
すると、ヒルベ...続きを読む

Q英語速読 限界突破

速読に困ってます
今は節ごとにスラッシュ引いて
前から意味をとって極力速くしようとしてますが限界を感じてきてます
英語のままで脳に意味をぶち込みたいのですが..なかなか認識できません第2言語という意識を捨てるべきなのでしょうか?
因みに基礎英文問題精講(旺文社)という参考書を使っています

何かアドバイスがあればよろしくです

Aベストアンサー

使用されている参考書から受験生の方でしょうね。
マラソンは42.195kmをいかに短い時間で走れるかを競うスポーツです。しかし、速く走るよりもその前提として、42.195kmを走り切ることができなくては話になりません。
実は、英語の長文読解も同じことが言えます。速く読めるよりもその前提として、その長文に書かれている一文一文を正確に解釈できることがまず先決です。
「読むスピードが遅い」と嘆く受験生は、仮に10時間与えてもその文章を理解できず、単に「正確に解釈できない」だけだというケースがほとんどです。
対策としては、「速読」の練習は少し横に置いて、「精読(一文一文を正確に解釈すること)」の練習に力を入れることです。そうすることによって、読むスピードは自然についてきます。つまり、「速読」の練習をしても、「精読」「速読」どちらも身につきませんが、「精読」の練習をすれば、「精読」「速読」どちらも身につきます。
では、「速読」のための特別な練習は一切不要かというと、これも必要です。ただし、そのような練習は、月1回程実施される予備校の模擬試験だけで十分です。普段は、「速読」のための特別の練習はしなくても大丈夫です。
とにかく、大切なのは「精読」です。そのために、語彙力と文法力を徹底的に身につけてください。

使用されている参考書から受験生の方でしょうね。
マラソンは42.195kmをいかに短い時間で走れるかを競うスポーツです。しかし、速く走るよりもその前提として、42.195kmを走り切ることができなくては話になりません。
実は、英語の長文読解も同じことが言えます。速く読めるよりもその前提として、その長文に書かれている一文一文を正確に解釈できることがまず先決です。
「読むスピードが遅い」と嘆く受験生は、仮に10時間与えてもその文章を理解できず、単に「正確に解釈できない」だけだ...続きを読む

Q人間の視力の限界

フレームレートについて。

ゲームなどで30fpsと60fpsを切り替えるとはっきりと違いが分かるのですが、
例えば、120fpsにしたらもっとなめらかに感じるのでしょうか。
人間の視力で認識できるのはfpsで言うとどのくらいまでなのでしょうか。

また、映画など24fpsとテレビの30fpsの違いは分かるのですが、
人間は1fpsの違いが見分けられるのでしょうか。

Aベストアンサー

すみません。ANo.2のtomi-chanと申します。解答への「補足」の方法が解らないので、新たな解答として書き込みさせていただきます。ヒトがイメージ形成をする時、一見、視覚情報のみによるものと思われるようなものであっても、実はそれ以外の情報、例えば聴覚、嗅覚、触覚、長期記憶、作業記憶など、「全て」の情報がそのもとになっています。その意味では、ヒトは「目」でものを見ているのではなく、「脳」でものを見ている(イメージ形成)と言えます。夢を「見る」のも、錯視の機序も、幻覚・妄想が起こるのもこれが原因です。脳の高次領域でのイメージ形成は「数えられない」概念なのです。そもそも、イメージ形成の情報の一つである視覚情報についても、量子化できるものではありません。ヒトは、量子化された視覚情報から、一方的に(受け身で)イメージの書き換えをしているわけではありません。サブリミナル効果は、例えば10000フレームの中に、数マイクロ秒のフレームがたった1つ挿入された場合、量子化されたフレームの「数」の上での意識への影響力としては、10000分の1という事になるはずなのに、先述の「脳」でのあらゆる情報が総合されてイメージ形成がされるので、時に思わぬエフェクトとなるものです。サブリミナル「効果」に、ヒトによって違いが見られるのはこのためです。視覚だと思っている部分も、実は視覚ではなかったり(例えば意識)します。視覚情報の処理能力という点では、例えば、ロドプシンの11シス・レチナールのコンフォメーションの転換の反応速度、かん体細胞・錐体細胞の脱分極および再分極速度、視神経の軸索の長さとシグナル伝達速度、コラムの応答速度などの「要素」に分解すれば、それぞれの性能・性質は「数値化」できる可能性はあります。しかし例えば「楽しさ」を、その「要素」に分けて数値化が可能な「ものさし」があったとしても、それは全く意味を持ちません。

すみません。ANo.2のtomi-chanと申します。解答への「補足」の方法が解らないので、新たな解答として書き込みさせていただきます。ヒトがイメージ形成をする時、一見、視覚情報のみによるものと思われるようなものであっても、実はそれ以外の情報、例えば聴覚、嗅覚、触覚、長期記憶、作業記憶など、「全て」の情報がそのもとになっています。その意味では、ヒトは「目」でものを見ているのではなく、「脳」でものを見ている(イメージ形成)と言えます。夢を「見る」のも、錯視の機序も、幻覚・妄想が起こるのも...続きを読む

Q高1女子です。 私の友達がクラスの友達の事で悩んでいて、今日ついに限界がきて吐いてしまったそうで

高1女子です。


私の友達がクラスの友達の事で悩んでいて、今日ついに限界がきて吐いてしまったそうです。病院でもストレスだという診断があったそうですが、ストレスで吐くことってあるんですか?

Aベストアンサー

ストレスは極度に感じると交感神経が過敏になって緊張状態になるのでいろんなところに体調変化をします。
嘔吐…過呼吸…めまい…動悸…胃炎…他にもいろいろあるけど…この症状が多いと思います。
そして…副交換神経というのもあって…本来…人間は両方の交感神経のバランスが大事です。このバランスが崩れると自律神経失調症になります。
ざっくり言うと学校や仕事のあるときは交感神経…帰宅して夜寝るときはリラックスできる副交換神経が働くようにできてるんです。

Q【脳科学で】ファーストスリーピングは左脳が活発化するそうです。 左脳って計算脳でしたっけ?美術脳で

【脳科学で】ファーストスリーピングは左脳が活発化するそうです。

左脳って計算脳でしたっけ?美術脳でしたっけ?

ファーストスリーピングとは宿とかに普段寝ていないところに寝る初日のことを言います。

だから、作家はアイデアに困ったときにホテルとかに宿泊して、自宅とは違う環境で寝てサスペンスのネタ作りをするのかとハッとしました。

ドラマの脚本家もホテルで原稿を書くそうですが、これは脳科学的に正しいということでしょう。

作家の脚本も左脳ですか?

Aベストアンサー

>ドラマの脚本家もホテルで原稿を書くそうですが、これは脳科学的に正しいということでしょう。
これはかなり違う様です、早い話「缶詰」です、内容は二の次で締め切りまでに原稿を埋めなくてはならないので、プロダクションが監視しているのです。
なるほど、良い事を聞きました、いま少し行き詰まっているのです。その前は隔週別の宿へ移っていましたが、出費が大きく成果が出ないので切りました、これも良くない。でもどうしてもハズレの宿には行きたくないので、悩んでいました。もう少し考える事にします、有り難うございます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報