こんにちは
アルファード、セレナ、ウィッシュに
部分化学合成エンジンオイルを入れています。
春、夏、秋には10W-40
冬には5W-40
を使い分けています。
3台とも現在は良い状況で使用しています。
他にも車を所有してるから毎回20L缶を購入して
自分で交換しています。
今回現在在庫缶の残りが少なくなり
燃費や他の条件向上を期待して
100%化学合成エンジンオイルに変更しようと考えています。
100%は初体験の為、粘度が正確に把握できていません。
たぶん部分化学合成エンジンオイルとの違いはあまりないと
思いますが、念のために実際に使用されてる方のアドバイスを
いただきたいと思い質問させていただきます。
上記の3台に使用する前提で
通常走行と高速走行はだいたい半々です。
月1000キロ程度走行距離です。
オイル交換は3000キロ走行前後でしています。
オイルフィルターの交換もオイル交換毎にしています。(もったいないと言われそうですが、我が家の伝統の為なんです。笑)
家族で話し合って数点の粘度が浮上しました。
購入する場合は、毎回のことですが安価対策で約半年間ぶん20L缶3缶を発注します。
ディラーやショップでお聞きしても個人差で意見がばらばらです。(汗)
そのため商品選択で悩んでします。
下記の粘度が案としてあがっています。
お勧めの粘度を教えて下さい!
夏、春、秋>5W-20,5W-30,5W-40
冬>0W-20,0W-30,0W-40
また、他の粘度がいいですよ!などの参考意見がありましたら
簡単にでも説明文を添えていただければ幸いです。
回答、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

市販品でのお勧めメーカーについてですが、


私自身、サーキット走行の度にオイル交換していろんな市販品を試してみたのですが、これがパーフェクトと思える品物がなかった(?出会えなかった)ために、最終的に、現在オリジナルブレンドをメーカー特注で頼んでいる状態だったりします。そのため、試した物で記憶に残っている物を何点か書いてみますね^^;

トヨタ系だと
いろいろオイルを試した車のエンジンは、2JZ-GTEのMT車です。ターボ車であり、2JZの特性がトルク型エンジンでした。
使用粘度は、5w-40 か 10w-40です。

・MOTULは、エステルで有名なメーカーです。油温&油圧ともに安定感があり、高負荷時にも皮膜がしっかりしている印象でした。フィーリングは、粘り気の強いイメージで、トルク感が強くなる印象でした。どちらかというと回転上がりは若干マイルド傾向です。1リッターの値段的には、ちょっと高い感があります。

・FINAは、サラサラ感が強いイメージで、トルク型のエンジンが軽く回る印象でした。いれると若干、油圧が低い傾向です。個人的な好みでは、FINAがお気に入りでした。値段は、我慢できる範囲といった感じでした。

・ザーレンは、MOTULに近い粘り気の強いイメージです。入れるとエンジンノイズが静かになりました。しかし、個人的には、それ以外特に、大きな印象はなかったです。値段は、結構高めです。

・WAKO'Sは、サラサラ感が強いイメージで、エンジンが軽く回る印象でした。ポリマー系が得意なメーカーですので、長期間使っても添加物に硫黄などの金属にダメージを与える物質が使われていないそうなのでエンジンにやさしいという話をよく耳にします。

・オメガについては、この車で使った際には、個人的には相性が悪かったのか噂の超軽快なフィーリングは、体感できませんでした。値段は、超高いです。

一応その他にも、カストロールやBP、オベロン、REDラインなども試していますが、トヨタ系では、印象が薄い感じでした。

この中で、個人的な好みでいうと、価格&好みのフィーリングなのはFINAかがよかったように思います。次に、WAKO'Sも仕入れ値が安い事から、価格に対しての満足感はありました。
ちなみに、私自信、現在乗っているホンダ車のC30Aエンジンでは前半はFINAを使っていました。逆にVTEC車だとMOTULあたりは、レスポンスがダウンするきがします。でも、MOTULだとエンジンノイズもマイルドになるしエンジン保護の観点では、MOTULの方が良いのかもしれないですが・・・。

一応、トヨタ車にオイルを入れた場合に関しては、こんなイメージになるのではないでしょうか??オイルは、正直車によって相性がありますし、さらに乗り手の方の感じ方や好みのフィーリングかどうかという相性もあります。やはり何種類か試されて、好みのオイルを探してみた方が良いと思いますよ。     
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再びの回答有難う御座います。
また詳しく解説していただき感謝します。
今までは、部分化学合成で粘度のみを重視して
あまりメーカーは気にしていませんでした。
追加補充する時は、安価価格で商品を選んでいました。
まさかメーカーで違いが生じるとは思ってもいませんでした。
実は、現在使用してるのは、カストロールの部分化学合成オイルなんです。
「トヨタ車には印象が薄い感じ」そうなんですか~
アルファードの場合は、その前のTRD製オイルよりは燃費向上して発信時フィーリングも良くなりました。
ウィッシュは違いがわかりません。
セレナは、TRDの方がエンジン音が小さく感じていました。

おっしゃるように、車別に選択した方がいいかもしれません。
次回からは、20L缶を購入せず色々な商品を試してベストと思えるオイルを探そうと思います。
この度は有難う御座いました。
大変勉強になりました。

お礼日時:2007/03/29 19:28

オイルについてですが、一概に粘度だけでお話するのが難しいので、ちょっと説明しますね。


鉱物油や半化学合成油や100%化学合成油についてですが、
鉱物油と化学合成油の違いは、鉱物油の成分には、耐熱温度がばらばらの物質が混ざっており化学合成油に比べて分子結合が弱いのが特徴です。そのため安定して性能を発揮できる粘度のレンジ幅も狭く、かつオイル性能の命も短い傾向にあります。
 対して、化学合成油は、製造において分子の均一化がされており分子結合が強く、低温時の優れた流動性や高温時の強力な皮膜形成という相反する性能を両立した、ワイドレンジの粘度幅があり、オイル性能の寿命も長くなります。

では、化学合成油ならいいのか?というとそうでもなくて、精製を何度も繰り返しできた高純度のミネラルオイルをベースオイルとしてできたオイルの場合でも化学合成油として表記でき、販売がされています。
そのため、化学合成油は、ベースオイルや各メーカーにより配合されている添加剤の内容や配合量で性能は全然違っくるわけです。よくエステル系やポリマー系ベースオイルなどというお話を耳にすることがあると思いますが、ベースオイルの高温・高耐久性の順番をいうならエステル系、ポリマー系、ミネラルオイル(鉱物油)といった順番です。また、一般的に、化学合成油で配合されている添加剤についてですが、ベースオイルに対しての配合割合が多いほど、エンジン清浄性やエンジン回転が速くなるなど目に見えて、高性能になりますが、その分ベースオイルが少ないためにオイル寿命が短くなると考えてください。
ちなみに、1発勝負で数百キロエンジンが持てば良いワークスレースカーなどは、粘度0w-20とか低粘度のシングルグレードといった超低粘度オイルに添加剤バリバリといった超さらさらオイルを使用しています。

さて、前置き長くてすいませんが、これらを踏まえて粘度の話をすると個人的な意見ですが、エステル系ベースの化学合成油を使う場合は、オイルが落ちしにくく、シリンダーの削れ防止などの保護性能は、抜群に良いので、車を長く良いコンディションでと願うなら良いと思います。しかし、ターボ車のようにオイルが高温になりやすいハイパワー車は別として、NAだとオイル皮膜の粘着力がかなり強い分、ピストンのオイル切れが悪くフレクションロスが増える傾向にあります。(厳密には、ピストンのクリアランスも関係がありますが・・・)粘度的には5w-30などのさらさら目にすると、高回転目的の馬力重視なエンジン特性。逆に5w-40にすると回転上がりはマイルドなトルクフルなイメージのエンジン特性になると思います。ただし5w-40だと車種によって燃費が悪化する場合があります。
 次に、ポリマー系ベースの化学合成油を使う場合(ポリマー系というと有名なのが某国産オイルですが・・)は、エステルに比べてピストンのオイル切れが良くフレクションロスが少ない印象です。粘度的には5w-30のさらさら目にすると、レスポンスの良い高回転特性の馬力重視なエンジン特性。逆に5w-40にすると回転上がりは若干マイルドで、トルクイメージになると思います。

 そして、最後に、ミネラルオイルベースの化学合成油の場合ですが、5w-30と 5w-40で若干レスポンスが変わりますが、半化学合成油と比較しても特に体感できるほどの差は感じません。違いとしては、エンジン内部が、半化学合成油よりも汚れない事でしょうか・・・。

一応、上記は、私の試したオイルのイメージであって、オイルメーカーによって、添加剤の内容や配合配分が異なるため、エステルベースでも比較的軽く感じるメーカーもあります。
ちなみに、私が使っているのは、車が3000ccのNAのスポーツカーなため油温がMAX120℃上限キープ設定のポリマー系ベースの特注オイルです。粘度的には大体5w-40ぐらいになると思います。ある程度オイルの知識があれば、メーカー品よりもオリジナル発注の特注オイルの方が、好きな量を好きな配合で、その車専用の仕様でつくれて、価格もリッター2000円~と安く作れるので得だと思いますよ。

ちなみに、純正オイルや量販店で売っている某有名オイルの中級グレードまでは、基本的にミネラルオイルベースとなっていますので、化学合成でも、効果が微妙で体感できない場合が多いです。メーカー製のエステルやポリマー系を使う場合は、燃費やパワーやエンジンの清浄性&保護の面で効果は体感できると思いますが、高性能でも価格的には純正の数倍の値段で、性能持続が長いといっても1.5~2倍程度であり消耗品です。高価なオイルになりますので、一度試されて、希望の性能でその価値があると感じたら、ボトル買いされると良いのではないでしょうか??
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急の回答有難う御座います。
丁寧に回答していただき大変勉強になりました。
この機会に、もっと自身の知識向上させて
思いにかなうエンジンオイルを選びたいと思います。
因みに市販品(カーショップ販売品)でお勧めのメーカー
などありましたら
参考までに教えていただけませんか?
宜しくお願い致します。

お礼日時:2007/03/28 22:05

まず粘度についてですが、鉱物油、部分合成油、100%化学合成油を比べた場合、表示される基準は一緒です。


粘度はあくまでその「オイルが持っている性能が発揮できる範囲を決まった数値内で表したもの」でしかありません。粘度そのものを表す数値ではないんです。
ですので、いままで春、夏、秋には10W-40、冬には5W-40と使い分けていたなら、100%化学合成油にしてもそのままにしておけば問題は無いはずです。(もちろん選んだオイルに必ずしもその粘度表示があるとは限りませんけどね)

ちなみ0W-30と0W-40で比べた場合、後者が100%良いとは言えません。確かに高温側は40の方が高いですが、低温側を表す「W」は0以下が無いので0になっているだけで、必ずしも同じではないのです。もしかしたら「-10W-30」(実際には無いのですが)と「0W-40」の性能かもしれません。もちろん表記どおりの性能範囲の場合もありますが・・・(その辺は値段とか比べてみるしかないですね。とりあえずの判別方法としてでしかないですが)

あと個人的にはNo.1の方と同様でファミリーカーであれば、オールシーズン同一粘度でも問題ないような気はします。
私は競技に使う2000ccターボと通勤・普段乗り用の軽(チャージャー付)の二台を所有していますが、競技用は100%化学合成油15W-50(真冬だけは5W-50)、軽は鉱物油10W-30で1年通しています。同じ競技用でもターボ無し2000cc時代は100%化学合成油0W-40ないし5W-50(途中でメーカーを変えたので粘度も変わっただけです)で1年通していました。

お住まいの地域によるんですが、基本は5W-40で十分だと思います。もし寒冷地なら0W-30にしてみてもいいかな・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急の回答有難う御座います。
ファミリーカーといえばそうなんですが
父、私、息子、3人とも競技走行はしませんが
足回りやエンジン内を少々いじっています。
できれば少しでも速さなどを追求したい思いなんです。
私自身、若き頃の走り屋のなごりがまだあるんです~

お礼日時:2007/03/25 12:27

夏冬で換える必要がないんじゃないの?


5W40または0W40ならオールシーズン使えますが。
どうしても換えたいのなら、5W40と0W20だと思う。
また、どの車もファミリーカーなので、無理に100%シンセティックを使う必要もないんじゃないかな。

2000ccセダンの頃は日産純正10W30のみ使用
4000毎にオイル、オイル2回に1回エレメントで16万以上快調に過ごしました。
100%に浮気したこともあったけど、3000キロで嫌な音が出たので部分合成油にしました。

この回答への補足

そうですね!ファミリーカーといえばそうなんですが
3台とも、足回りや吸気排気などエンジン内をいじって少し走りを求めていますから~
できれば欲を求めたいです。

補足日時:2007/03/25 12:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急の回答有難う御座います。
季節で変更は、単なるこだわりなんです~
自己満足ですかね!

お礼日時:2007/03/25 12:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペール缶からじょうろへオイルを移すときについて。

ペール缶からじょうろへオイルを移すときについて。
ペール缶を買いました。そのなかのオイルを、じょうろみたいなヤツ、に移すとき、
持ち上げてそのまま注げば良いのか、ストーブに使う灯油をタンクへ移すとき使うようなポンプを使うべきか、
ペール缶で買ったのが初めてなのでちょっと要領がわかりません。
重くてよろよろしてこぼさないかなと、心配なら黙ってポンプを使えばいいのですが、
普通みなさんはどうしているんだろうかと思い質問させて頂きました。

Aベストアンサー

>じょうろみたいなヤツ
オイルジョッキと言います。

普通に傾けて移しています。
灯油ポンプだと粘度が高すぎて難しいと思いますよ。

適当な高さの台にペールを乗せて、傾ければOKだと思います。

たぶん、それなりにこぼれたり、たれたりすると思うので、新聞紙を広げるとかの処置は必要です。

ゆっくりやると、失敗しやすいと思うので、ある程度の思いっきりは必要だと思います。

Q10W-40のオイルは10W-30と性能が違いますか?

H6式、ミニカトッポです。NAエンジンです。先日チューニングショップで相談したら、「年式のある軽自動車なら逆に10W-40ぐらいのオイルにしたほうが圧縮高くなるからいいんですよ」と言われました。
10W-30、5W-30は経験がありますが、10W-40はまだなので、もしお使いの方の感想や違いがはっきりわかることなど、教えてください。

Aベストアンサー

H16年式のハイゼット・デッキバンに乗っています。NAエンジンのMT車です。2年前新古車で購入して、すでに3万kmを走破してます。
現在使っているオイルは「え゛ーっ」と言われそうですが、シェル・ヒリックス・ウルトラ(5w-40の100%化学合成)です。
使うきっかけは去年実家に戻った際、近くのセルフのGSで、旧のSLのパッケージが安売りされていたから。それまでは純正オイル、カストロールのSLX(5w-30の100%化学合成)の買い置き(以前のクルマに使っていた)を入れてました。
シェル・ヒリックス・ウルトラに替えてから、燃費は約1km/L向上しました。春・秋のACを使わない時期だと14km/Lは走ります。
特に3・4速であまりアクセルを踏み込まなくてもスピードがのっていくという感じですので、ドライバビリティも向上しています。1回毎の爆発が、無駄なく動力になっていく、よくいわれるシリンダーの密封作用が向上しているという感じはします。
また中高速域でエンジン音がわずかながら静かになった分、カーオーディーのボリュームを絞っても大丈夫なようにもなりました。
ですのでチューニングショップの言うことも一理あります。
これから真夏を迎える時期ですから、始動直後の抵抗・負担を考慮しなくてもいいので、ぜひいれてみるのをおすすめします。ご参考まで。では。

H16年式のハイゼット・デッキバンに乗っています。NAエンジンのMT車です。2年前新古車で購入して、すでに3万kmを走破してます。
現在使っているオイルは「え゛ーっ」と言われそうですが、シェル・ヒリックス・ウルトラ(5w-40の100%化学合成)です。
使うきっかけは去年実家に戻った際、近くのセルフのGSで、旧のSLのパッケージが安売りされていたから。それまでは純正オイル、カストロールのSLX(5w-30の100%化学合成)の買い置き(以前のクルマに使っていた)を入れてました...続きを読む

Qペール缶オイルの購入

初めて20L入りのペール缶でエンジンオイルを購入しようと考えています。(通販)
今まで4L缶で長く交換してきましたが、L当たりの価格などを考えてペール缶で買ってみようかと。
7-8L/回使うので1年か、1年半で使いきります。保管は暗冷所です。

専用のポンプなど使わず、空き4L缶へ移すか、2Lペットを使う予定です。

以下、どうしていますか?
 (1)廃油処理(今までは空4L缶へ入れて、GSへ。今後空き缶が出ないので)
 (2)車への注入(4L缶かペットで?)
 (3)空きペール缶の処理(大きいので市の回収車ではNG)
また、通販のペール缶って、ニセ物ってありますか?
  (高級品ではないですが、化学合成の普及品です)

Aベストアンサー

1 空のペール缶を手に入れてそれに入れる。
 処理はGSでOK 空缶もGSでもらう。
 中身入りのペールが余るから、次回からはコレに廃油が入る。のサイクルで。


2 オイルジョッキを使用
 使わないときはビニール袋をかぶせておかないとエライことになります。

3 GSに中身ごとお願いする。

偽物かどうかはよく分かりません。

Q新車でフィットを購入して五年以上たちます。今まで0w20粘度のオイルし

新車でフィットを購入して五年以上たちます。今まで0w20粘度のオイルしか入れたことなかったのですが、僕の好きなVIP車メーカーのジャンクションプロデュースのエンジンオイルがオークションで5000円(定価22000円、意味不明に高い)で出品してたので買いたいのですが、粘度が10w40です。オイルが堅いからってエンジンに悪いとかはないですよね?悪くなるのは若干燃費くらいですか?
入れるなら暖かい季節になってからのほうが良いですよね?詳しい方教えてください。

Aベストアンサー

別に悪くないです。ぜんぜん大丈夫です。
というか、フィットでサーキットを走ったりする人は10W-40くらい普通にいれると思います。
余談ですが、○○w-20とか○○w-40の20とか40という数字は、エンジンオイルの温度が上がったときのオイルの硬さです。
なので常にアクセル全開!!みたいなことをしなければ10W-40の必要はありません。(普通に運転するだけなら、エンジンオイルはそこまで熱くなりません。レースとかだとエンジンオイルが熱くなるので硬いオイルを入れます。)
ちなみにホームページを見てみましたが、ジャンクションプロデュースのオイルが高いのは、4リットルじゃなくて、7リットルだからみたいですよ。

Q20リットル ペール缶でのオイル購入は?

ペール缶で20リットル単位でオイルを購入すると 安く買えますが
オイルの使用期限?は半年だと記憶しています

それで下記をお教えください

(1)これはエンジンに入れ、使用してから 半年なのでしょうか?
(2)それとも 缶のふたを開けてから 半年なのでしょうか?

酸化すると聞いた事がありますので ふたを開けたら半年以内に使用すべきでしょうか?
お教えください

Aベストアンサー

使用期限が半年というのは、ちょっとオーバーかな? と思います。
鉱物油系のオイルの酸化について、常温の屋内保管で缶を密閉している限りそれほど心配することはありません。
何年も前に購入し1/4程度残していたオイル缶を見ても、スラッジ等の発生や濁りは見当たりませんし、粘りも十分にあります。オイルの継ぎ足しなどに当たり前に使っています。
だからと言って、むやみに買い置きするのはどうかと思いますが。
植物油系のもの、特殊な添加剤や粘度指数向上剤(ポリマー)の配合の多いものなどは、経年劣化が大きいかもしれません。
また、化学合成油は水分と結び付きやすいようですので注意が必要です。

Qオイル粘度調整について。レッドラインのオイルですが、5W30と2リッタ

オイル粘度調整について。レッドラインのオイルですが、5W30と2リッターと10W302リッターを+とオイル粘度はどうなりますか?

Aベストアンサー

リスクを考えるなら5Wの性能はスポイルされて10W-30になっていまうと考えた方がいいでしょう。
混ぜて中間的になる発想を考える以前に無意味な事でしょうね。

Qオイル缶やペール缶を椅子にする蓋

ホームセンターなどで売っているディーゼルオイルの缶などを、
きれいに洗って小物入れ兼、椅子(スツール)にしたいと思います。

椅子にする蓋(お尻が当たる部分にクッションがついている)が
ズバリあると思うのですが、なかなか探せません。

・その蓋の名称
・取り扱っているお店、サイト

または、椅子になっているオイル缶を取り扱っているお店でも結構です。
ご存じの方、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のURLの会社で扱っているそうです。
「汎用パーツ」→「キャップ&クッション」と入ってください。

参考URL:http://www.kirin-pro.co.jp/kirin/

QカストロールのFX-08 5W-40のオイルはなぜ?

度々お世話になってます。
エンジンオイルについての素朴な疑問です。
疑問:このオイルはなぜ「2輪車にはご使用いただけません。」と注意書きがあるのか。
 先日、車(インプレッサ)のオイル交換をしようと量販店でカストロールFX-08、5W-40 4リットルを2缶買いました。残ったオイルを原チャリ(ヤマハのスクーピー)に使おうと思ったら上記のような注意書きがあるのです。どなたかその理由をご存知の方は教えていただけませんでしょうか?量販店の人の訊いたら「2ストには使えないということです」と返答。「へ?」と私。スクーピーは4ストだし…あきれてこれ以上、質問する気になれずここに質問させていただきました。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

昔から、バイクに四輪用オイルは使えるのかという質問は、何度も出されてきた永遠のテーマではありますね。

そのようなお悩みが多いので、バイク用エンジンオイルには専用の規格ができました。
JASO規格MA、MBがそれです。
http://www.honda.co.jp/motor-parts/ultraoil/ultraoil_knowledge/index.html
規格ができた以上、規格外の商品は使わないでくださいというのが、メーカーの姿勢なのでしょう。

性能的なことはnourider氏が書かれているので割愛します。

Qオイルの入っていたペール缶の処分方法

プラスチック製の物とアルミ?ステンレス?製の物があるのですが、
空き缶ゴミ、プラスチック容器ゴミ、として捨てて良いのでしょうか?

Aベストアンサー

私の自治体では、空き缶・空き瓶の食料品関係の物(食用油は除く)はリサイクルの空き缶・空き瓶へ
プラスチック容器は可燃ごみ(リサイクルできる物はリサイクルへ)に成っています。

よって、オイルの空き缶は「不燃ごみ」でプラスチックは「可燃ごみ」と成ります。

No.1の方も述べられていますように、居住地の自治体にお尋ね下さい。

Qエンジンオイルの交換をしたつもりがATFを抜いておりそのまま走行してしまいました。

やってしましました。。。

オイル交換をするつもりがどうやらATFのオイルパンのオイルを抜いており

エンジンオイルは抜けておらずATFのみが抜けていました。

エンジンオイルを入れた際にはレベルゲージがFを超えており、汚れも大して取れていなかったのでそのときにきずけばよかったのですが、運転してしまい壊れてしまいました。。

現在の状況

・ATFをディーラでいれてもらいました。
・発進は問題なくできますが手動で2速に入れないと2速に入らないず、その後D(ドライブ)にいれても2速のままギヤがあがっていきません。

ディーラではミッションの丸ごと交換で新品だと40万円(工賃込み)
中古(リビルド品)だと30万円だそうです。

車は以下のとおりです。
車種 パッソ
エンジン 1KR-FE型 直3 DOHC 12バルブ 1.0L
変速機 オートマ
駆動  FF

オイル交換をやる前にオイルパンの位置を調べておけばと後悔しております。ほかの車やバイク等も自分でオイル交換していたのでできると高を括って自分でやったのが間違いでした。

このような場合もし丸ごと交換ではなくこの部品だけ交換すれば直るなど知っている方おりましたら教えてください。
どうか安く直す方法等ありましたらぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

やってしましました。。。

オイル交換をするつもりがどうやらATFのオイルパンのオイルを抜いており

エンジンオイルは抜けておらずATFのみが抜けていました。

エンジンオイルを入れた際にはレベルゲージがFを超えており、汚れも大して取れていなかったのでそのときにきずけばよかったのですが、運転してしまい壊れてしまいました。。

現在の状況

・ATFをディーラでいれてもらいました。
・発進は問題なくできますが手動で2速に入れないと2速に入らないず、その後D(ドライブ)にいれても2速のま...続きを読む

Aベストアンサー

他の方も言ってますが、基本的に乗せ換えるしかないです。
今現在ついているミッションを修理するとなると、まずミッションを降ろして、全て分解して、壊れている場所を調べて、壊れている部品とパッキンなどの分解時交換の部品を全て取り寄せて、部品交換しながら組み上げて、また車に載せて作動チェック、となります。
で、今のディーラーや整備工場では、これをやってくれる店はほぼ皆無と思っていいんじゃないかと思います。
理由としてはいくつかあります。
まず、あまりにも手間のかかる作業のため、その間車一台分の工場スペースがずっとふさがれてしまう、というのがあります。
また、最近のATは電子制御等もからむし、ATの油圧制御は非常に微妙なため、ちょっとした部品の破損の見落としやゴミの混入などで簡単に作動不良を起こす、というのもあります。
やっと組み上げたミッションが作動不良だった場合、もう一度やり直しです。
この場合、再修理の工賃や部品代は店持ちになる可能性が極めて高いため、店としてはそのリスクを背負いたくありません。
それに、今はATの分解整備をやったことのないメカニックがほとんどかと思うので、ノウハウも専用工具も何もないんじゃないかと思います。
ディーラーでも、AT不良の場合はリビルド載せ換えが普通です。
なので、今ついているミッションを修理、というのは現実的ではありません。
また、もしやってくれる工場があったとしても、壊れた場所によってはリビルドに積み替えるのと大差ない金額になるかと思います。
それから、日数は確実に積み替えより長くかかります。
最低で一週間見ておくべきでしょう。
積み替えの場合は、新品、リビルド、中古の3つの選択肢がありますが、新品を載せるのはよほどの場合で、普通はよくてリビルドです。
リビルドの場合は、メーカー自身、もしくは専門のリビルド業者が全て分解、点検して、必要な部品は交換して組んであるため、信頼性も新品に近い物がありますし、保証もつくのが一般的です。
中古部品は、一番安く上がりますが、けっこうバクチです。
基本的に、事故車や廃車などから降ろしてそのままの「現状渡し」なので、かなり当たり外れがあります。
車に載っている段階で最低限の作動チェックくらいはしているかもしれませんが、分解しての点検などは全くされていません。
保証もつかない可能性が高いです。
工場で積み替えて作動チェックした段階で、あからさまにおかしければ工場側でクレームつけて交換してくれるかもしれませんが、その段階では問題がなく、納車された後でおかしくなった場合はアウトかもしれません。
(一番ひどい例では、中古エンジンで、クランクが固着して回らなくなってるエンジンが来たことがあります。 逆に、走行も少なく、ピカピカの上物が来たこともあります)
バンパーやライトなどの外装部品であれば、ちょっとくらいのキズがあっても走行に支障はありませんが、エンジンやミッションで外れを引くと結構泣けますよ。
あと、中古部品の場合、欲しい部品がどこにもない、というケースもあります。
特に、出たばかりで間もない新型、ものすごく古い車、あまりにも人気がなくてほとんど売れなかった車はキツいです。
パッソであれば、それなりにタマ数はあると思います。
この先も安心して乗りたいのであればリビルド、安さ優先であれば中古との積み替えになると思います。
ミッション積み替えだけで、工賃3~5万ほどかかると思います。
車種によって変わるので、詳しくは工場で見積りを取って下さい。
中古の場合は、いくらで部品が入るかが勝負ですが、ネットでちょっと調べてみたところ、パッソのミッションで5~7万くらいが相場でしょうか?
工賃+ミッション代に、オイルシールやパッキン等の消耗品、ATFなどを合わせて、15万というところではないでしょうか。
安心できるけど30万のリビルド、バクチだけど半額の中古、どちらを選ぶかは、予算と考え方次第です。

他の方も言ってますが、基本的に乗せ換えるしかないです。
今現在ついているミッションを修理するとなると、まずミッションを降ろして、全て分解して、壊れている場所を調べて、壊れている部品とパッキンなどの分解時交換の部品を全て取り寄せて、部品交換しながら組み上げて、また車に載せて作動チェック、となります。
で、今のディーラーや整備工場では、これをやってくれる店はほぼ皆無と思っていいんじゃないかと思います。
理由としてはいくつかあります。
まず、あまりにも手間のかかる作業のため、そ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング