これからの季節に親子でハイキング! >>

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。


10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。
    • good
    • 44
この回答へのお礼

なるほど・・・40の方が高粘度ですか。
今まで勘違いしていました。
40=40度までOKと言うように、対外気温度のことと思っていました。

お礼日時:2007/10/17 08:57

14年前の車に5Wは良くない 誰が言ってんだ!!


20年前から 使用してきてましたが問題ありません

オイルはシリンダーとピストンの間に油膜を作り 潤滑と圧縮漏れを保つのが役目 油膜が切れると焼き付きの要因になります。
サーキットを全開で走るなど高温・高負荷での使用はOIL温度も上がり 焼けたフライパンに入れたサラダオイルの様にさらさらに粘度が柔らかくなり 油膜切れをお越しがち これを防ぐ為には 5W-30より 10W-50等固いオイルを使います。
ターボでなければ一般使用では、通年(夏でも)5W-30が最良です。
10W-40は一般の車の場合 夏場は良いですが 冬場は固すぎる傾向です 使用は問題ないですが 固い分温まるまでの粘性抵抗が大きく
冬場は燃費は落ちる傾向です 燃費が上がることはありえないです。

最近のオイルは性能がよく エコカーは0W-20というさらさらオイルが指定です 現状の 5W- のオイルも油膜性能は十分問題ないです 超高性能オイルの5W-30ではサーキット走れます。
最近のレースオイルは低粘度柔らかいです。
 
25年以上前の車 スカイラインのケンメリ以前を 旧車というと考えます。 この時代の車に 化学合成オイルや柔らかいオイルを入れると オイル漏れが起き易いです 原因は パッキン材質+(加工精度)です。
化学合成オイルは 分子が小さく浸透性が良いので漏れ易いのです。
旧車には鉱物油が一番相性良いです。

14年前の車は旧車では有りません  
今回の半化学合成油チョイスは正解ですねー
但し 5W-40で 燃費が良くなるというのは夏だけの話
きっと ディーラーで一番安いオイルだったのでは?
もしくは オイル漏れが起きそうな場合は 整備士さんの判断で固い5W-40オイルをチョイスしたとも考えられます。
これからの季節は 5W-30が最適なのですが??
冬に極端に燃費が下がるようであれば 5W-30への交換
大きな燃費低下が無ければ このままご使用してOKです。

エンジンノイズは 前のオイルが良いオイルを使われていたか 添加剤を入れていたとか無いでしょうか?
そうではなければ 今回のオイルと相性が悪い 14年使用で
購入当初良かったオイルも 回転・接触部の磨耗で音が出てしまうと推測します。
対策 モーターUPなど2千円程度で買え効果の実績のある添加剤を入れれば 音は収まります。燃費も回復傾向に向きます。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

ありがとうございます。
悩みがすっきりした感じです。

お礼日時:2007/10/18 10:03

エンジンの経年数を考えると5W-40と10W-30のどちらを選択するのが正しいかというのは難しいところですが、デーラーが「問題ない」というくらいですし、実際に5W-40を使用されてオイルの漏れや極端な消費など特に問題となる症状が出ていないのであれば5W-40を使用し続けて問題ないでしょう。



確かに14年前経っているエンジンですから、低粘度オイルを入れることによりオイル漏れを起こす可能性もありますが、エンジン全体にオイルを行き渡らすことができ、抵抗も少なくなるためロスが少なくなるなどの利点もあり、近年では低粘度オイルを推奨するケースが多いようですね。
    • good
    • 14
この回答へのお礼

ありがとうございます。
オイル量さえチェックしていれば、メリットの方が多いと言うことですね。

お礼日時:2007/10/17 08:58

660旧規格の軽自動車に5W30のオイルを使っています。


車によって相性はあるでしょうけど0W20とかでない限り基本的に問題ないです。

・・・・ただ・・今回の場合、個人的には『5』よりも『40』のほうが気になります、というか自分でしたらヤです。

やはりオイルは出来るだけ柔らかいものを使いたいというのが希望です。

ちなみに今までオイル交換で一番影響があったのが『オイルの入れすぎ』です。
はっきりとわかるぐらいパワーダウンしました。

軽トラ関係はどこの車も床下に押し込むためにエンジンをすごく寝かせているので
200ccぐらいのオーバーでもてきめんに効きました。
(もっとも規定量が2.5リッターだから10%upなら当然か?)

現在ではDIYで交換していることもあり、レベルゲージの真ん中狙いです。
お店によっては気前良く『おまけ』してくれますので気をつけてください。
    • good
    • 17
この回答へのお礼

先のご回答にもあるように、40の方が高粘度。と言うのは初めて知りました。
理想は、5W-40より、5W-30と言うことですね。

お礼日時:2007/10/17 09:01

私も同じ疑問は持っています、以前指定が10w~40なので大丈夫と考えて100%化学合成の良いオイルを使ったことがあります、その後エンジンがオイルを消費するようになって(タービン部分だと思います)



普通の鉱物油の10W~40に戻したらオイルの消費が止まったことがあります、それ以来純正指定の粘度の物で余り安くもなく、高くもない物を探していますが確かにショップでも少なくなっていますが、こだわって使用しています。

私の車は平成元年のターボ車ですが、10万キロオーバーしてますし余計に神経使います。

現在のオイルで特別支障が無ければ大丈夫だと思います、又これから寒くなれば10wよりは5wの方が冷えているときに抵抗は少なくなるでしょうし・・・
私の場合はオイルの消費が有ったので止めましたが焼き付きなどの心配は無いと思います、質問者の場合も今までと違う兆候が有れば要注意かも知れません。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

今までのご回答を参考にすると、だんだんわかってきました。
オイル消費の理屈がいまいちわからないのですが、
いつもオイル量が気になる小心者でしたら、10W-30が無難。と言うことですね。

お礼日時:2007/10/17 09:04

"旧車"に低粘度のオイルを入れるのは良くないというのは確かにそうなのですが,たった14年前の車を"旧車"とは呼ばないので問題ないで

すw
    • good
    • 11
この回答へのお礼

家内の方が新車のいい車に乗っています。
その家内から私の愛車を「オンボロ車」と言われています。
質問とは無関係ですが、「旧車」ではないと言っていただいて嬉しく思います。

お礼日時:2007/10/17 09:08

5W40はオイル自体の性能が高いので全く問題ないです。


オイル消費が増える可能性があるのでレベルチェックは少し気にしたほうがいいかもしれません。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

こんど、レベルチェックしてみて、給油前と比べて減っていれば、10Wにしようと思います。

お礼日時:2007/10/17 09:10

結論から述べれば問題ないでしょう。



5W-40は、10W-30を完全にカバーしているので
特別気にする必要はないでしょう。

低粘度を気にしているようですが、車種やエンジンに
よって不具合が生じるような製品をオイルメーカーが
製造販売することがあったら大問題なのでその辺りは
クリアしていると思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます。
概ね、私の結論も5W-40で、いつものディーラーでお願いしようと思います。
純正オイルのせいで不具合があれば、ディーラーもある程度は保証して下さるでしょう。

お礼日時:2007/10/17 09:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエンジンオイル【0W-20】と【5W-30】はどちらがお勧めですか?

現在、平成14年式ステップワゴンに乗ってますが、取り扱い説明書には推奨オイルの欄に※【0W-20】【5W-30】【5W-40】【10W-30】
「※:【0W-20】は、最も省燃費性に優れたオイルです。」
と書いてあり
【0W-20】と【5W-30】で悩んでいます。
【0W-20】と【5W-30】で乗ってみて違いが分かりますか?
カーショップでは、千円ぐらい違いますが、やっぱり【0W-20】の方がお勧めなのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

0W-20のオイルで 夏場でも油膜切れはおこりませんよ。
素人判断ですね(笑)

イメージだけで考える人は、そう思うのかも知れませんね。
確かに0W-20は 専用エンジンのみの指定になっています。
(5W-20も専用エンジン指定です)

整備手帳に記載が あるなら そのオイルを入れてもいいと
いう事です。

0W-20のオイルは、カーレースでも使用され メーカーの
厳しいテストを受け世に出ていますので なんら問題ありません。

だいたい油膜切れまで AT車が、激しい走行を公道で可能でしょうか?

素人のイメージ専攻型の人は 皆さん そう言いますね。
大きな間違いです。

ちなみに 私は1年中 5W-20を入れてます。

Q0Wオイルと5Wオイル エンジン保護に良いのは?

お世話になります

0Wオイルと5Wオイルまたは10Wオイルに関して質問です

0wオイルを使用すると 燃費が目に見えて向上しますが

 以前 「0Wはエンジン保護には弱い  10Wのほうが油膜が強くエンジンには良い」 との意見を聞いたことがあります

認識として  燃費は 0W>5W>10W ですが エンジンの保護・油膜の強さは 10W>5w>0w

との認識ですが これはあっているでしょうか?


モノタロウなどで 安い0Wがあるので使ってみたいのですが 油膜に問題があるなら
5Wを使用しようかと検討中です

0Wも5Wも10Wもエンジンの保護には差はないのでしょうか? 単に燃費の違いがあるだけでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

概ね、質問者さんの認識で、合ってると思いますよ。

私が他人に「良いオイルは?」と聞かれたら、
 「前の数字は、純正指定、後ろの数字は、純正以上、それなりに高価なもの」
と答えています、0W-20より、0W-30、の方が良いと思います。

価格重視の安価なものは、販売されてる方には、大変失礼ですが、
その場しのぎ用のオイルとしか見ていません。

誰にでも、解かりやすく明確に理由を説明できないのが、もどかしいですが、
20年もエンジン修理しると、そうなります。

安物入れ続けた車両と、新車から、良いもの使ってる車両じゃ、
同じ車種でも、圧縮計ったら、ビックリするくらい変わってるよ。

もっとも、10年未満で、車両を替えるのが普通な時代なんで、
一般のドライバーさんには、どうでも良いことかもしれませんが(笑)

Q軽自動車のエンジンオイルは何がいい?

ムーブに乗っています。
最近エンジンの音が気になります。
点検してもらった所ノッキングはしていないそうです。
オイルを交換するのに種類を変えてみようと思います。
今までは安いオイルを半年事に交換してました。
会社でモービル1を奨める人とBE-UPを奨める人がいます。
モービル1やBE-UPってオートバックス等で普通に売っているものでしょうか?
どんなオイルがお勧めですか?

Aベストアンサー

とりあえず、自分でエンジンの上にあるフィラーキャップを開けて外したキャップの裏と穴からエンジンの中を覗いてみてください。コテコテに茶色いヘドロの様なものが付いてたりしたら、オイル交換の前にフラッシングを忘れずに、エレメント交換も。
オイルはターボならかため、NAなら一度今ハヤリのシャブシャブオイルを入れてみたらどうですか?
0-30、100%化学合成、4L缶で1万円くらいのやつとかです。

良いオイルを入れれば多少オイル交換時期ズレても支障ないらしいですよ。

私は缶を選んで交換するのは余ったオイルがもったいないので入った分だけ支払えば良いというところで交換しています。

Q走行距離の多い車のエンジンオイル選びについて

普通車のガソリンエンジンで10万キロを超えているようなエンジンはどのようなオイルが適しているのでしょう?
クリアランスが広くなっているので硬めのオイルの方が良い気がしますが、ほとんどの100%化学合成などの高価なオイルは粘度が柔らかめのように感じます。
エンジン音の騒音には硬めのオイル?
燃費、回転フィーリングは柔らかめのオイル?
エンジン音を静かにしたいのですが、どんなオイルが適しているのでしょう?

Aベストアンサー

個人的にはこれが好きです。(添加剤ですが)
何回か使用しています。
http://www.rakuten.co.jp/geki-car/512928/515154/
モリブデンとの共用や使用後などには使えませんが。
オイルは純正を使用しています。

前の車が16万を超えていましたが、純正のみでした。

Q10W-40のオイルは10W-30と性能が違いますか?

H6式、ミニカトッポです。NAエンジンです。先日チューニングショップで相談したら、「年式のある軽自動車なら逆に10W-40ぐらいのオイルにしたほうが圧縮高くなるからいいんですよ」と言われました。
10W-30、5W-30は経験がありますが、10W-40はまだなので、もしお使いの方の感想や違いがはっきりわかることなど、教えてください。

Aベストアンサー

H16年式のハイゼット・デッキバンに乗っています。NAエンジンのMT車です。2年前新古車で購入して、すでに3万kmを走破してます。
現在使っているオイルは「え゛ーっ」と言われそうですが、シェル・ヒリックス・ウルトラ(5w-40の100%化学合成)です。
使うきっかけは去年実家に戻った際、近くのセルフのGSで、旧のSLのパッケージが安売りされていたから。それまでは純正オイル、カストロールのSLX(5w-30の100%化学合成)の買い置き(以前のクルマに使っていた)を入れてました。
シェル・ヒリックス・ウルトラに替えてから、燃費は約1km/L向上しました。春・秋のACを使わない時期だと14km/Lは走ります。
特に3・4速であまりアクセルを踏み込まなくてもスピードがのっていくという感じですので、ドライバビリティも向上しています。1回毎の爆発が、無駄なく動力になっていく、よくいわれるシリンダーの密封作用が向上しているという感じはします。
また中高速域でエンジン音がわずかながら静かになった分、カーオーディーのボリュームを絞っても大丈夫なようにもなりました。
ですのでチューニングショップの言うことも一理あります。
これから真夏を迎える時期ですから、始動直後の抵抗・負担を考慮しなくてもいいので、ぜひいれてみるのをおすすめします。ご参考まで。では。

H16年式のハイゼット・デッキバンに乗っています。NAエンジンのMT車です。2年前新古車で購入して、すでに3万kmを走破してます。
現在使っているオイルは「え゛ーっ」と言われそうですが、シェル・ヒリックス・ウルトラ(5w-40の100%化学合成)です。
使うきっかけは去年実家に戻った際、近くのセルフのGSで、旧のSLのパッケージが安売りされていたから。それまでは純正オイル、カストロールのSLX(5w-30の100%化学合成)の買い置き(以前のクルマに使っていた)を入れてました...続きを読む

Qメーカー指定粘度オイル(0W-20)を入れる理由は

先日オイル交換をしようとボンネットをあけたら、
「必ず0W-20のオイルを使用してください」とでかでかとステッカーが張ってありました。(事務用品で作れるようなステッカーです、メーカーが作ったステッカーではありません)

たぶん 車検時にディラーが貼り付けたものと思います。  

取説を読むと、 0W-20  5W-20 が指定オイルになっていましたが
これまでずっと 10W-30(20?)をいれていました。

10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

もちろんメーカーの指定が一番いいのかもしれませんが、燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

それとも これといって目立った問題はなく(そう目立った問題になるとは思えませんが)
メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

または エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

お教えください

Aベストアンサー

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの環境で多くの誤差が出ますからね。
特に、信号が一切無い+渋滞が無い+坂道が無い状態で走行しないと実験結果は出ません。
国土交通省届出用数値を得る目的で、これらの粘度のオイルを勧めているのでしよう。

>0W指定のエンジンに10Wを入れると どんな不具合があるのでしょうか?

質問者さまが住んでいる地域が分かりませんが、粘度は「適用・耐用できる気温」を意味しています。
0Wだと、マイナス40度から0度の範囲に対応。
10Wだと、マイナス20度からプラス10度の範囲を対応。
質問者さまがマイナス40度からマイナス20度超寒冷地で住んでいれば、エンジンが故障します。
潤滑油としての機能を、全く果たしませんからね。
日本国内でも、温暖化とエセ環境保護団体が叫んでいますが「極端に低温」になる地域がありますよね。
(10000年単位で考えれば、地球は温暖化・寒冷化を繰返しています)
また、タコメータ上の最高エンジン回転数で常時走行する場合もエンジンが故障(焼き付き)します。

>メーカーが望む燃費が維持できないだけでしょうか?

先に書いた通り、メーカー指定粘度を利用しても「メーカーが望む燃費は期待薄」です。

>エンジンの保護にはやはり指定粘度のオイルが良いのでしょうか?

設計・試験走行時に、一番適した(馬力・トルク・燃費が期待できた)粘度がメーカー指定です。
安心を考えれば、メーカー指定オイルの方が無難でしようね。
但し、各種エンジンオイル添加剤を入れると意味が無くなります。

私個人としては、最高速度は(追い越し時を除いて)道交法を守っています。
最近は、10W-30の「国内平均オイル」を用いていますね。
日本国内全ての環境で、用いる事が出来ますし安価です。
メーカー指定は、10W-30・5W-30・0W-30と取説に書いています。
その下に「使用する地域の外気温度を基準に、上記オイル粘度を選択して下さい」と書いていますよ。
国産車ではありませんが、国産車も実質的には同じです。

>10Wの方がエンジン洗浄力があると思い 10Wを使用していました

他にも回答がありましたが、オイル粘度は洗浄作用とは無関係ですよ。

>燃費を上げるために0Wオイルを入れさせているような気もします。

その通りですね。
「原発廃止の為に、ECO節電。節電すれば、電力不足は起きない!」ポンコツ菅首相断言。
「省エネの為に、電気使用料を減らして石油ストーブを使おう!」ポンコツ民主党。
色々と、全く意味の無い燃費向上目的でオイル粘度を選択しています。
燃費なんかは、温度・湿度・風速などの...続きを読む

Qレガシーに鉱物油入れてしまいました。

私はH11式のレガシーB4(ターボ・2000cc、10500km、街乗り程度)に、新車のときから乗っています。
今まで5000km走行を目安に、近くのスバルのディーラに持って行き、ディーラに任せてオイル交換をしていました。
最近、転居しまだ周囲の地理に不慣れなこと、また本日はディーラーの定休日(転居前のディーラーは月曜日が定休日でしたので。)と思ったことから、近くのオートバックスに行ってオイル交換をしました。
オイルの種類はたくさんありましたが、店員さんに勧められるがままカストロール社製GTXターボ10W-30の鉱物油を入れました。
オイル交換が完了するまで、1時間くらいあったので、いろいろ店内のオイルの種類や広告物を見ていたら、「鉱物油は不純物が多い」「レガシーには化学合成油がよい。」とあるので、次第に鉱物油で良かったのか心配になってきました。そのときは既にオイル交換の作業に入っていたので、そのまま店員に勧められたオイルを入れて帰宅したのですが、このオイルで大丈夫なのか心配です。
次のオイル交換までこのままで大丈夫なのでしょうか?それとも、すぐ、質の良いオイルに入れ替えた方が良いのでしょうか?
古い車ですが、新車から乗って愛着と思い出があるので、20万kmまで乗れたら乗りたいと考えています。
また、お勧めのオイルの種類がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

私はH11式のレガシーB4(ターボ・2000cc、10500km、街乗り程度)に、新車のときから乗っています。
今まで5000km走行を目安に、近くのスバルのディーラに持って行き、ディーラに任せてオイル交換をしていました。
最近、転居しまだ周囲の地理に不慣れなこと、また本日はディーラーの定休日(転居前のディーラーは月曜日が定休日でしたので。)と思ったことから、近くのオートバックスに行ってオイル交換をしました。
オイルの種類はたくさんありましたが、店員さんに勧められるがままカストロール社製GTXターボ...続きを読む

Aベストアンサー

まだ締め切られていないので回答します。
自分も古いレガシィ(BG)に乗ってます。
量販店等に行くと必ずと言っていいほどレガシィには化学合成油や部分合成油を勧めてきますね。ですが、他の方の回答にも有る様に鉱物油(名前の通ってるメーカーもしくは純正)でも何ら問題無いです。とはいえ国内に出回っているオイルはベースが同じでブレンドが違うだけらしい?と聞いた事が有ります。自分の経験から言いますと半年もしくは5000km迄に交換していれば問題無いと思います。一度、5000kmを少し超えて使用していた事が有ったのですが、高回転を回した時に明らかにエンジン音が変だった事が有りました。(抜いたオイルはシャバシャバの低粘度に・・・)レガシィに限らずターボはエンジンが高温になりますからねえ、オイルも酸化するのが早いです。自分が良く交換するのは部分合成油もしくは鉱物油(USA物)ですが、毎回、オイル選びに悩んでます。やはり自分の車に合ったオイルを探されては如何でしょうか?因みに合成油で印象が良かったのは無難な物でCastrolのRSでした。

Qアクセルを踏むと変な音がするように・・

国産のオートマ車なんですけど、
今朝から、アクセルを踏むと変な音がするようになりました。
表現がむずかしいのですが、金属がこすれ合うような音?みたいな。
普通に走行はできるのですが。

そういえば、オイル交換とかメンテ類は、一昨年の車検以来何もしていません。
それ以来どのくらい走行したかは全然チェックしていなくて。
(現在は77000キロくらいです)
遠出はそんなにしないのですが、毎日の生活に頻繁に使用しています。
新車の頃は、マメに気をつけてオイル交換や定期点検していたのですが
もう今はぜんぜんで・・。

今日は日曜で行きつけの修理工場がお休みです。
できれば夜乗りたいので、オートバックスなんかで治る程度のものなら
すぐに行きたいと思うのですが。

私は女性で、車(特にエンジンや機械面)には全く知識がありません。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間に壊れました。(回転数4500~5000rpmを越えてところでした。)
車種にもよりますが、修理には2000ccクラスで70万円程度かかります。

今回の対応は、ブレーキパッドだけでなく、
使用状況を伝えて、エンジン内の汚れのチェックもしてもらいましょう。
今回はオイル交換前にエンジン内洗浄もしてもらうことをお勧めします。

基本的に、点検整備が済むまでは
☆☆☆「急アクセル」は踏まないでください。☆☆☆
やさしい運転ならば大丈夫だと思います。

別の話ですが、
エンジンの外部についているベルトやプーリー(ベルトがかかっている輪)が滑って「キュルキュル」と金属的な異音(摩擦音)を出す場合もあります。これは簡単に直ります。

既に良い回答が出ていますね。
vitaminzaiさんの場合と同じかどうかはわかりませんが、
参考になればと思い、私の経験を記します。

私は以前、エンジンオイル交換を怠ったために、エンジンを壊したことがあります。
テレビで有名になった「某 エンジンオイル添加剤」を過信して、オイル交換を怠ったのです。
エンジン内にスラッジと言う「汚れとオイルの塊」が出来ていて、エンジンの回転がスムーズでなかったのです。音も気になっていました。

信号が変わって、調子に乗って「急アクセル」を踏んだ瞬間...続きを読む

Q車の生涯寿命30万km以上走行する車はどんな整備をしているのでしょうか?

どんな整備をしてそれだけ延命させているのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは♪
No.3です。

そうなんですよ・・・エアコンのコンプレッサーは14万円かかりました。(約200,000Kmの時)

ショックは確か数万円???
ショック交換は約120,000Kmでの交換で、高速で飛ばされそうになってヤバッってなったのでした。
ところが以後293,000Kmまでそういう現象は起きませんでした。
品質上のバラツキなのか走行履歴条件なのかなんですが、高速走行は変わらず多いのでバラツキなのではないかと思っています。

おそらく今のツーリングワゴンは300,000Km以上乗ることになるか私の寿命が先になるかですね(^^)

Qオルタネータ故障の予兆

オルタネータ故障の予兆

10万kmを越えてオルタネータが心配になってきました。

オルタが死ぬ時は「突然」と聞きますが何か予兆はあるのでしょうか?

あれば見方(電圧?異音?)を教えてください。(月1-2回の車を動かす毎にチェックする予定です)
発電不足とオーバーチャージ それそれで。
現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

またレギュレータ故障と、ブラシ磨耗以外にも結構起こる故障はあるのでしょうか?
(この2つでほとんど、と考えて良さそうでしょうか?ブラシ磨耗が故障というのかわかりませんが、「発電できなくなる」ということで、、)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限界近くまで摩耗すると、たいていの場合は、発電したり、しなかったりの状態が暫く続くので、ときおりチャージランプが点灯するような場合は、10万kmを超している車では、ブラシの寿命を疑ってもよいでしょう。
ブラシの寿命は、2000年度以降の車はだいたい20万kmはもつのではないでしょうか。
1990年代、タクシーは年間10万km超えるので、少なくとも1年間はブラシを換えずにすむようにブラシの長さは当時から長くなっています。
一般車にも応用されています。
なお、ブラシ部に水やオイルが入ると、寿命は著しく短くなります。
エンジンルームのスチームクリーナ洗浄は要注意です。


オーバーチャージの原因の一つに、車種によっては、車両側ハーネスの不具合(接触不良)の場合があります。
この場合も、電気負荷の大小によってチャージランプが点灯したり消えたりすることがありますこと、申し添えます。

チャージランプが点灯する例としては、レクチファイア不良のケースがあります。
このケースでは発電量はかなり少なくなりますが、昼間でエアコンなしの状態では走行できます。

>現在 アイドリングで13.7V 2000回転で14.4V(いずれも無負荷)

これは正常値です。
では、それぞれ13.0V、14.0Vなら、あるいはもう少し低い場合はどうなのか、と言えばだんだん判断できなくなりますね。
アイドリング回転数の変動、エンジンをかけてから何秒後に測定したか、バッテリ充電状態・液温などで電圧は変動するので、電圧を見て予兆をつかむのは困難だと思います。

オルタネータの故障部位と言えば、やはりレギュレータかベアリングかブラシでしょうね。
幸いなことにレギュレータとブラシ摩耗の不具合は、チャージランプで知らせてくれます。
レギュレータが壊れると、発電しなくなるか、あるいは必要以上に発電する(オーバーチャージ)状態になりますが、どちらもチャージランプで知らせてくれます。(車種にもよりますが、15年以上前の車でも)
車種・年式によっては、オーバーチャージになるとチャージランプが点灯ではなく、「点滅」するものもあります。

ブラシが摩耗限...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング