√を知らない小学生に、面積が五平方センチメートルの正方形をかかせるにはどうしたらいいのでしょう。
 どうやら、中学受験にあるようなのですが…。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

一辺3cmの正方形を描くと9平方センチ。


次に、この正方形の4つの辺の上に、頂点から右回りに1cmの所に印を付けます。印同士を順に結ぶと傾いた正方形ができますね。そして縁に4つの直角三角形が出来ます。
この直角三角形ひとつの面積は (1cm × 2cm) ÷2 = 1平方センチ
従って、傾いた正方形の面積は、
元の正方形の面積(9) - 4×(直角三角形の面積(1)) = 5平方センチ
ですね。

これがすらすらできる小学生って、末は博士か凡人か。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

すばらしい!
感動しました!
なるほどなあ~!
これを、自分でできたら涙が出てくるほどうれしいですね。

お礼日時:2001/01/19 11:26

一辺が1センチメートルの正方形1個と


1×2センチメートルの直角三角形4個を使います。
面積の合計が5平方センチメートルになることは直ぐにわかるはずです。
正方形を中心において、正方形の一辺と直角三角形の長辺をあわせ、正方形の他の一辺と直角三角形の短辺が一直線となるようにします。
正方形の周りに直角三角形を4個並べれば終わりです。
一つ目はこんな感じ、
    /|
   / |
   / |______
  /  |   |
  /  |   |
 /_____|_____|
    • good
    • 0
この回答へのお礼

誠実なお答をありがとうございました。
なるほど五平方センチメートルになりますね。

お礼日時:2001/01/19 11:31

1辺3cmの正方形ABCDを書き、AB:BC:CD:DA=1:2に分けます。


隣の辺のその内分点どおしを線で結ぶと、
内部にできる正方形が、面積5平方cmになります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

数学的な言葉で答えを与えてくださいましてありがとうございます。
あなたにも点数をお渡ししたいのですが…。
感謝の気持ちを受け取ってください。

お礼日時:2001/01/19 11:33

短辺1cm,長辺2cmの直角三角形を作図し


斜辺(5^(1/2)cm)を一辺とする正方形を作図する。

と、いうのではどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたはとっても頭の言い理数系の方だと思います。
あなたにもポイントをお送りしたいのですが…。
「ありがとう」
感謝の気持ちを受け取ってください。

お礼日時:2001/01/19 11:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4個のリンゴをキッチリ3等分にする方法

4個のリンゴをキッチリ3等分にするにはどうすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

ジュースにして
3個の同じコップに
同じ高さになるように注ぎ分ける。

Q13平方センチメートルの正方形を小学4年生に書かせるには

小学校4年生の娘の冬休みの宿題です。
1cmの方眼用紙を使い13平方センチメートルの正方形を書きなさいという問題がとけません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

まあ、これも丸投げといえば丸投げですが… 娘さんのため

底辺2cm、高さ3cmの直角三角形の斜辺の長さは三平方の定理より√13cmです。

あとは、すべて直角になるようにやるだけです。


もうちょっと分かりやすく言うと、一辺5cmの正方形ABCDを書いてください。そして
(1)AE=2cm、BE=3cm とするE
(2)BF=2cm、FC=3cm とするF
(3)CG=2cm、GD=3cm とするG
(4)DH=2cm、HA=3cm とするH

を定めれば、四角形EFGHが求める正方形です。

QAD:DB=2:1,AE:EC=3:5,H,IはDEの3等分点、F,GはBCの3等分点,三角形ABC

AD:DB=2:1,AE:EC=3:5,H,IはDEの3等分点、F,GはBCの3等分点,三角形ABCの面を8㎝²とする。

(1)三角形ADEの面積を求めよ。

(2)三角形DBFの面積と三角形IECの面積を求めよ。

Aベストアンサー

△ABCの面積=8cm^2=底辺×高さ/2

(1)底辺ACとしてBまでの高さとして計算して求めた面積は8cm^2
△ADEは、△ABCと比べると、底辺が3/8、高さが2/3となるので、その面積は、
△ADE=8×(3/8)×(2/3)=2cm^2 答え 2cm^2

(2)AD:DB=2:1、同様にBF:FC=2:1から
△ABC∽△DBF、辺の比がAB:DB=3:1なので
面積比はその2乗に比例する。
∴△DBF=8/9cm^2 答え 8/9cm^2

△ICEの高さは△ADEの高さの1/3である。
また、底辺は5/3である。
∴△ICE=2×(5/3)×(1/3)=10/9cm^2 答え 10/9cm^2

Q比例と反比例の問題で、[面積が54平方センチメートルの三角形の、底辺の長さをXセンチメートル高さをY

比例と反比例の問題で、[面積が54平方センチメートルの三角形の、底辺の長さをXセンチメートル高さをYセンチメートルとします。XとYの関係を式に表しましょう。]という問題で、私はX×Y÷2=54と、書いたのですが答えがY=108÷Xになっていました(>_<)誰か訳を教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

ちょっと問題が舌足らずだと思います。
三角形の面積ですから、X×Y/2=54 で式は正しいと思います。
ただ比例と反比例の問題ですから、式をYとXの関係がどうなっているのか出題者に解るように直さないといけないですね。

なので
X×Y/2=54
X×Y=54×2
Y=108/X 
と表して、XとYが反比例の関係にあると表す必要が出てきます。

QA4の用紙を上手に3等分に折る方法

お手紙を封入する際にA4の用紙を3等分にぴったりと折りたいのですが、上手に折る方法を教えてください。

Aベストアンサー

私はA4用紙を2枚使うやり方やってますけど。
http://www.itmedia.co.jp/bizid/articles/0610/04/news013.html

Q√2-√3-√5+√7+√11-√13<0の証明

√2-√3-√5+√7+√11-√13<0
なのですが、これを計算機を使わないで証明するにはどうすればいいのでしょうか?

数値は適当なので、方針を教えていただきたいです。
根号が5つまでなら、同値変形で移項そして2乗を繰り返していくことによって、整数同士の大小に還元できます。
しかし、根号が6つだとどのように示していけばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

√13 - √11
= (13 - 11) / (√13 + √11)
> 2 / (2√13)
= 1 / √13
より、

√2 - √3 - √5 + √7 + √11 - √13
< √2 - √3 - √5 + √7 - (1 / √13)
= (√26 - √39 - √65 + √91 - 1) / √13
となって、

√26 - √39 - √65 + √91 - 1 の正負に帰着される。
あとは、御存知の方法で。

QA4の紙をきれいに3等分に折る方法を教えてください。

国際的な紙の規格としてA版が普及していますが、困ったことに私は、封筒に入れるためにA4の書類をきれいに1/3ずつ折るのが苦手です。上手に3等分に折るコツを教えてください。

Aベストアンサー

私のやり方です。リンクをご覧下さい。

3等分になる2ヶ所に爪で印を付けて、後は折るだけです。
きっちり3等分になりますよ。
お試し下さい。

参考URL:http://www.synapse.ne.jp/makuben/owarai-09.htm

Q√2,√3,√5,√6,√7,√10は有理数体上線形独立

文字を有理数として、
a√2+b√3+c√5+d√6+e√7+f√10=0
ならば
a=b=c=d=e=f=0
を示したいのです。

平方根の中身は、平方因数を外にくくりだしたとき、中身が異なるものであればなんでもいいです。
個別の数値の性質を用いるのではなく、できるだけ一般的に示したいのですが、証明がわかる方は教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

一般的に示したいなら代数拡大の理論を使えばいいのではないでしょうか。

例えば上記の問題の場合、√2,√3,√5,√6,√7,√10は全てQ[√2,√3,√5,√7]に含まれており、
Q[√2,√3,√5,√7]/Qは次数16の代数拡大です。
この拡大を次数2の4つの体の拡大の列に分解すればQ[√2,√3,√5,√7]のQ上の基底を計算で求められます。
特にその基底の中に√2,√3,√5,√6,√7,√10が全てはいるのでこれらはQ上一次独立です。

この方法なら数字が変わっても、数字の個数が増えても計算がややこしくなりますが証明することができます。

Q円の3等分について

面積が1㎡の円があったとします。その円を中心角を120度として3つに分けると半径も中心角も同じ扇型として綺麗に3等分できると思います。
ですが、面積としては1つの扇型が1÷3=0.3333333…㎡となり、割り切れず、正確な3等分はできないと考えることができるのではないかと思います。
結局この場合は、円を正確に3等分できているのでしょうか、それともできていなのいでしょうか?
ふと気になったので、時間のあるときにでもお教え頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

アキレスは亀を追い越せない。
亀の100m後ろにアキレス、同時走りだしたが・・・。
アキレスが亀との郷里(100m)進む間に、亀もその分前に進む、残る次の間の半分進む間に、さらに亀も前に進む。以後その繰り返し・・・・・亀を追い越すことはできない。
または正方形を半分に、さらにまた半分に、さらに半分に・・いつまでたっても半分にすることになりますね。
>1÷3=0.3333333…㎡となり
算数の頭ではそうなりますね、だから数学では1÷3は1/3と分数を使います。
3等分した一つの扇型の面積の30倍はでれだけか?
0.3333・・・×30=9.9999・・・、ですね
1/3×30=10
究極の9.999999・・・・(以降9が無限に続く)=10なんです。
デジタル計算で三等分しようとすると、スーパーコンピュータが必要になるかもしれません。
アナログで処理すれば一瞬です、ただしメモリの読み取り、メモリの通りに処理、に誤差が出ます。

Q√2×√3=√6 の理由を中学生に説明するには

この理由の説明みなさんどうしているでしょうか?
高校生なら指数計算の法則で説明がつきそうですが、中学生では難しいですよね。
ご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 たぶん中学数学では次のように教えられていると思います。

  x=√2×√3 とおいて、両辺を2乗すると、
   x^2=(√2×√3)^2 =(√2)^2×(√3)^2 =2×3 =6
  ∴x=±√6
 ただし、最初に置いたx(=√2×√3)は正の数(√2>0, √3>0)なので、
   x=√6
 従って、 √2×√3=√6

 よろしければ参考にしてください。

 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報