親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

長年パワーハウスを使っているのですが、何年か使うとろ材に何か有機物がこびり付いたりして、水洗いでは取れません、以前の質問で、オーブンで焼くなんて方法を聞いたのですが、他に何か効果的なメンテナンス方法をご存知でしたら、教えてください。

A 回答 (2件)

以前回答しました。


答えにはなりませんが、補足的な情報を...

(1)オーブンによる再生の元ネタはこちら↓
http://www.yoshiwo.jp/questionb/q0632.html
http://www.yoshiwo.jp/waza/siran.html
(2)パワーハウスの寿命について↓
http://www.ph-clion.com/product/filtration/howto …
(3)ろ材について↓
http://www40.tok2.com/home/saninryugyokai/column …

以下、私の個人的な見解...
(1)有機物が気化するほどの高熱でろ材を焼けば、理屈上ろ材は再生できるはずです。
もしくは、何らかの薬品を用いて溶かし出せば良いと言えます。

しかし、有機物だけを灰(可能ならば気化させる)にして、ろ材の多孔質構造を壊さない温度というのが良く分かりません。
製造元がデータを材質や製造方法を公表するわけがないですので、他社のろ材となるとさらにリスクが募ります。
中途半端に残った残留物が溶け出して水質を変化させないかということも疑問となるわけです。
薬品で溶かし出す方法は、シポラックスの使用上の注意がそのまま物語っています。
製造時の薬品が残留してpHを上げるという記述がそれです。
つまり、ちょっとやちょっとの洗浄では薬物は抜けないと言うことでしょう。

(2)パワーハウスは、大型魚やディスカスを飼育しているユーザーから支持されているのではないか、というのが私の実感です。
硝酸の蓄積によるpH低下は、悩みの種でしたからね...
バクテリアの死骸や有機物群のことを汚泥と呼びますが、これがpHを酸性に傾けます。
ろ材が目詰まりしてpHを酸性に傾けるようになると、pHが下がることにより水替えするような飼育では、
水替えの手間が増えますので、そこで交換したらどうかというメーカーの提案だと推測します。

(3)私もこの考え方に同意しています。
余剰汚泥は目に見えるほどの大きさになりますので、早晩目詰まりするのではないかと予想され、
ろ材の微細な穴にどの程度酸素を含んだ水流が流れるか、まず疑問です。
嫌気濾過に関しては、凶とでるか吉とでるか、運頼みのところがあると思いますし、
脱窒処理は、学者の中でも否定的な人と肯定的な人がいます。
おそらく、水処理業界では 肯定的な人の意見しかビジネスチャンスにならないですので、その論文を元に脱窒理論が構築されていると思います。
そのため話題には上りますが、本当に有用なものであれば、水産養殖業で普及しているはずです。

アクアリウムでは嫌気的環境になると、水が腐敗したり病気が発生したりするわけです。
その一方で嫌気濾過は好ましいというのは、私には考え方が相反するものに思えます。

とはいえ、自分でも嫌気濾過を構築したこともありますし、通常の濾過槽の中でも幾らか嫌気濾過が起こっている形跡があるらしいです。
まあ、私がフィルターに期待するのは、硝化作用までなので、嫌気濾過はどうでも良いと考え、特に期待をしていません。

...以上のことより、硝化バクテリアが活発に活動を行える部分は、確実に酸素を含んだ水流が流れる、ろ材表面近くと考えます。
むろん、ろ材内部にもバクテリアは繁殖するでしょうが、酸素とアンモニアが行き渡る量が少ないので、効率からして有効度が低いと想像します。

底床やフィルター内に蓄積する汚泥はかなりの量になりますし、ろ材内部に含まれる汚泥(有機物)はそれほど多いとは思えません。
pHの低下に悩まされる大型魚飼育や、オーバーフローで大量のろ材を使用している人はともかく、
弱酸性の水質で小型魚を飼育している人にとっては、ろ材内部に残留した有機物による適度な酸性化はむしろ好ましい物となります。

従って、私のような視点で物事を見る人は、ろ材の再生は、処理するリスクと較べると、それほど憂慮すべきことではないのです。
飼育水でサラサラと洗っただけで、そのまま壊れるまで使用を続ける人が大半でしょう。
これが、ろ材の寿命はないと考える人達の根拠です。

実際問題として、新品の多孔質ろ材の性能は非常に高く、かなり少量で硝化作用を賄えます。
(11L,餌ティースプーン1杯程度/日,外掛けフィルター,多孔質ろ材2掴み程度で亜硝酸発生なし,カブトニオイガメ)
硝化作用だけで考えれば、濾過能力は大分余裕を見積もっていることになります。
多少の目詰まりがどうしたと言えるくらい、十分な表面積があるということですね。

ただし、余剰汚泥による目詰まりなどによる酸欠など、ろ材1粒の表面積がどうというより
遙かに広範囲で硝化バクテリアが不活性化(死滅?)してしまうことがあります。
問題としてはこちらの方が大きく、各人のメンテナンス技術が問われる部分でしょう。

それで、「ろ材などなんでも良い」と言う人がいたり、
「ザラザラしてて、軽くて、耐久性が高くて、洗浄時に汚泥が取れやすいのでいい。できれば安いの。」←私のこと
なんて適当な選び方をしても、さして支障はなく許されるわけですね。
(適当な条件のはずなんですが、選択肢はかなり限定されます...)

イオン交換云々については以前書いたとおりです。
イオン交換に限らず、様々な科学的な作用により pHが下がることで溶け出す物質もあります。
(確か、酸性雨で水酸化アルミナが溶け出して魚に害を与える、どうたらこうたらなど...)
ま、そこまで考え出すと なかなか辛いので、やめにしますが。

ろ材の良し悪しなどを検討し出すと、かなりの内容量になりますので、このへんで止めておきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

毎度ご親切にありがとうございます。そうとうな知識をお持ちな方ですので、この業界の方でしょうか^^
私も実はろ材にはそんなに神経を使っていなくて、bellena33様のお考えといっしょで硝化作用さえあれば良いと思っていたのですが・・・
ビーシュリンプの繁殖をしてまして、セットして1年から1年半くらい経ちますと、亜硝酸値、アンモニア値は正常なのに必ず繁殖スピードが落ちるものですから、何かろ材の影響も有るのではないかと思い、可能ならば定期的に新品同様に復活させたいと思い質問してみました。
bellena33様の持論かなり勉強になります、参考にさせていただきます。

お礼日時:2007/04/04 12:50

すぐ下に同じような質問が出ていますので参考にどうぞ


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2882201.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

レスありがとうございます。申し訳ございません、同じような質問をしたのは私でした^^寿命については自分なりに結論が出たので、次に効果的なメンテナンス方法を知りたくなったので・・・

お礼日時:2007/04/04 12:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパワーハウスの寿命

エーハイムの外部フィルターのろ材に、パワーハウスを使っています。半年毎に水槽の水で洗い、リセット毎に、一晩食酢に漬けて、よく水洗いして、使っています。酢につけるのは、パワーハウスに付着した鉄分等を分解する為なのですが、この方法で同じろ材を、5年以上使っています。壊れたろ材は取り除いていますが、壊れていないろ材の寿命はどのくらいなのでしょうか?逆に壊れるまで使っていても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

微妙な問題ですよねぇ。
基本的に皆さんの仰る通りです。

まず、水質を変えてしまう系のろ材は、その効果が無くなった時を寿命としています。
イオン交換には優先順位があり、限界点で優先度の高い物質が来ると、
優先度の低い物質を逆に吐き出すような挙動を見せることにも注意です。
それで、水質に影響を与えないろ材が良い...という人がいるわけです。(私もだけど)
水質を変化させる機能は、なにもろ材なんかに搭載することはないじゃないか、という考え方ですね。

次に、多孔質ろ材です。
固形物の表面にバクテリアが膜を張るように増殖しますよね?
連続した多孔質なわけですから、例えは悪いですがジャングルジムみたいなものでしょう。
死亡したバクテリアでジャングルジムの穴が目詰まりしてしまえば、ろ材にいてほしい好気性バクテリアに関しては、
酸素も、アンモニア,亜硝酸といったバクテリアの食糧も通らないことになってしまいます。

故に有機物(死骸)で塞がってしまった穴に関しては、ろ材本来の性能を発揮できなくなります。
ろ材表面に関しては、濯げば死骸を洗い流せるかもしれませんが、
多孔質構造のろ材内部に関しては、濯いだくらいではバクテリアの死骸を取り除くことができません。
つまり、徐々に有効な表面積も減少してくるわけで、そこを寿命と考えるメーカーもあるようです。
これをメーカーの陰謀と言っては、ちょっと可哀相かなぁ。(笑)

新品のろ材の表面積を考えると、かなりの余裕があるはずですから、多孔質構造の内部が目詰まりしても、
でこぼこした表面だけで十分な濾過が賄えるという考え方に立てば、ろ材の寿命はありません。
バクテリアの繁殖場所なんて、固形物表面でありさえすれば良いわけですから、石ころだってろ材になります。

内部構造の表面積に頼るほど、過密飼育なりろ材量が少なければ、メーカー推奨の周期で交換すべきと言えますし、
目が詰まった状態の濾過能力を想定して、ろ材容量に余裕を持たして飼育していれば、
ろ材は壊れるまで使えますとも言えるわけです。

--
オーブンで焼くという考え方は、私もどこかのWebサイトで見た気がします。
高熱で有機物を焼却してしまえば、確かに灰になりますから、目詰まりを引き起こした有機物の体積が小さくなって、
多孔質構造は幾らか復活するかもしれませんが...有効性を証明というレベルの話でもなかったと思いますよ。

pHが低くなれば、逆放出する物質があることは本当です。(なんだったけ?)
これは、ろ材だけでなく、底床も同じです。
しかし、大磯砂を10年20年と使用される水槽もあるわけで、そのことを考えると、
わざわざ溶かし出す必要まであるのかどうかは、勉強不足の私には分かりません。

古いろ材の濾過能力の落ち具合は、アンモニアや亜硝酸が濾過能力を超過して増えないと分からない(過密飼育)わけでして、
すなわち、意図的に水槽を崩壊させる実験が必要です。
まあ、普通はやらないでしょうし、私も試したことがありません。

微妙な問題ですよねぇ。
基本的に皆さんの仰る通りです。

まず、水質を変えてしまう系のろ材は、その効果が無くなった時を寿命としています。
イオン交換には優先順位があり、限界点で優先度の高い物質が来ると、
優先度の低い物質を逆に吐き出すような挙動を見せることにも注意です。
それで、水質に影響を与えないろ材が良い...という人がいるわけです。(私もだけど)
水質を変化させる機能は、なにもろ材なんかに搭載することはないじゃないか、という考え方ですね。

次に、多孔質ろ材です。
固形...続きを読む

Qパワーハウスソフト PHが上がってしまいました 

長文になってしまいますがお付き合いいただける方がいましたらお願いします。
アクア5ヶ月の初心者ですので質問におかしな部分や説明不足な部分があるかもしれませんがご容赦ください。


まず状況ですが、外の屋根つきの台に水槽を置いてあります。
屋根は半透明のトタンです。
水槽には3面に日よけ兼、断熱材として薄い発泡スチロールのような物を貼り付けてあります。

水槽の大きさは幅45×奥30×高30cmです。
フィルターはエーハイム2211にメック、サブストです。
エアレーション24時間。ヒーター25℃設定。水草(ハイグロフィラ、クリプトコリネ、スクリューバリスネリア、ピグミーチェーンサジタリア、アマゾンソード、アヌビアスナナプチ)、流木(ウィローモス付)、枝状流木(モス付き)があります。
底床は細かい川砂です。
照明器具はなし。
CO2添加なし、水草肥料なし。
水換えは週に1回1/3~1/4ぐらい。

生体は、アフリカンランプアイ7匹+稚魚4匹、オトシンクルス2匹、レッドチェリーシュリンプ20匹ぐらい(稚エビも含みます)、コリドラスハブロースス5匹です。
稚エビはサテライトMサイズに入っています。

水槽立ち上げから約5ヶ月。
水槽水のPHはテトラテストpHトロピカル試薬(淡水用)での計測で8ぐらい。6in1での計測では7前後。
水道水のPHもトロピカル試薬で測定すると8ぐらいです。

これが1週間前までの状態です。


そして1週間前に環境を変えたんですが

夏はランナーを伸ばして増えていたスクリューバリスが茶色く溶けるようになってしまい減ってしまっていたので、冬になって日差しが弱くなったせいかと思い屋根を加工して日当たりを良くしました。
そして枯れた(?)スクリューバリスを抜いて状態の良い物だけを植え直し。
その時に新しい水草を追加(ハイグロフィラポリスペルマ、ロタラロトンディフォリア)。
そしてテトライニシャルスティックを底床に埋め込みました。

それからPHが高いのが気になっていたので、エーハイム2211のメックを「パワーハウスカスタム ソフトタイプ(微酸性・淡水、水草用)Sサイズ 300mL」に交換しました。

そしてエアレーションを24時間から夜間だけに変更しました。(サテライトのエアポンプは24時間稼働です)

それから1週間、水草やガラス面には緑色の苔が出ています。
その他に何も問題はなかったんですが今日ハブロススが1匹死んでしまっていました。
テトラ6in1でチェックしたところ

NO3→10
NO2→0   
GH→8
KH→4
PH→7

このぐらいの数値でした。

一応トロピカル試薬でも計測したところPH9.5もありました。
間違いかと思いもう一度測定しましたがやはり同じでした。

1/4ぐらい水換えをしてしばらくしてからもう一度トロピカル試薬で測定するとPHは8に下がっていました。


いくつか聞きたいんですが

(1)パワーハウスソフトを入れたのになぜPHはこんなにも上がってしまったんでしょうか?この量で弱酸性になるとは思っていませんでしたが逆に上昇してしまうのがわかりません。肥料のせいでしょうか?

(2)テトラ6in1とトロピカル試薬とこんなにも数値に差が出てしまうんでしょうか?

(3)今回水草が弱ったので、日当たりを良くして固型肥料を埋めましたがこの対策は間違っていたんでしょうか?苔がで出たのはこのせいですか?

(4)CO2添加をした方がいいでしょうか?それによって苔は減りますか?

わかる部分だけでも構いませんので教えてください。

その他にもこの状況の原因や対策、アドバイス等ありましたら教えてください。
お願いします。

長文になってしまいますがお付き合いいただける方がいましたらお願いします。
アクア5ヶ月の初心者ですので質問におかしな部分や説明不足な部分があるかもしれませんがご容赦ください。


まず状況ですが、外の屋根つきの台に水槽を置いてあります。
屋根は半透明のトタンです。
水槽には3面に日よけ兼、断熱材として薄い発泡スチロールのような物を貼り付けてあります。

水槽の大きさは幅45×奥30×高30cmです。
フィルターはエーハイム2211にメック、サブストです。
エアレーション24時間。ヒーター25℃設...続きを読む

Aベストアンサー

>(1)パワーハウスソフトを入れたのになぜPHはこんなにも上がってしまったんでしょうか?この量で弱酸性になるとは思っていませんでしたが逆に上昇してしまうのがわかりません。肥料のせいでしょうか?

肥料ではないでしょうね、パワーハウスかもしれませんが、その他PHが上がりそうな物は
入っていませんか?石、砂、飾りなど、試薬の異常はあるかもしれません。
試薬はあくまでも目視ですので9は異常です、魚が飼育できると思えません、淡水なら8以上は
異常な気がします。そちらの地方の水質で水道水のPHいくつくらいなんでしょうね?


(2)テトラ6in1とトロピカル試薬とこんなにも数値に差が出てしまうんでしょうか?

あくまでも目視ですので正確かどうかはわかりません。私は地方の基準のPHを調べて
水道水と水槽とのPHの差で大まかなPHを計ります。


(3)今回水草が弱ったので、日当たりを良くして固型肥料を埋めましたがこの対策は間違っていたんでしょうか?苔がで出たのはこのせいですか?

苔が出たのは肥料のせいも考えられますが、ろ過材を交換してもエアレーションを変えても
出るかもしれません。とにかく環境が変われば出る事はあります。
以前、かなり汚れたウールを換えただけで出ました。(理由はコケの危機感です)

(4)CO2添加をした方がいいでしょうか?それによって苔は減りますか?

気にしなくていいと思いますよ、そのうち落ち着きますよ、どうしても気になるようなら
プレコか何か入れられてはどうですか。今回コケが増えたのは環境が変わった危機感だと
思いますので環境が安定すれば苔は減っていくと思います。


PHだけはきちんと原因を探した方がいいですよ、上がってる理由が必ずあります。
PH試薬の故障か石や飾りなどで上げてる物が入っていなければパワーハウスでしょうね。

>(1)パワーハウスソフトを入れたのになぜPHはこんなにも上がってしまったんでしょうか?この量で弱酸性になるとは思っていませんでしたが逆に上昇してしまうのがわかりません。肥料のせいでしょうか?

肥料ではないでしょうね、パワーハウスかもしれませんが、その他PHが上がりそうな物は
入っていませんか?石、砂、飾りなど、試薬の異常はあるかもしれません。
試薬はあくまでも目視ですので9は異常です、魚が飼育できると思えません、淡水なら8以上は
異常な気がします。そちらの地方の水質で水道水のP...続きを読む

Qバクテリアの液はデメリットはありますか?

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
たしかに成分がよくわからない薬(のようなもの)を使うより、自然界のシステムで環境を整えるほうが、気持ち的に信用はおける気はしますが・・・・・。
こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
よろしければ教えてください。

ちなみに自分は半年前、水槽を買ってきて、水道水にカルキ抜きとバクテリア液を入れて、すぐに金魚を入れて飼いはじめましたが、とくに水の濁りも臭いも発生せず、別段なんの問題も無く金魚たちは元気にしています。(もちろん今はもう液は入れてません)

半年ぐらい前から金魚を飼っています。
差し迫って困ってるわけではないのですが、ちょっと疑問があるので教えてください。

よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
これは、砂や空気中の自然界にいる好気バクテリアをタネにして、濾過に最低必要な量にまで増加させるためなのでしょう。パイロットフィッシュなど立ち上げ用の生体を入れればより効率的でもあるとされています。

ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れれば...続きを読む

Aベストアンサー

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・これが答えです。

> よくアクアリウム関連のサイトを見ると、水槽立ち上げ時は、「エアレーションして1週間ほど空回しして水を作る」とあります。
・これは、昭和40年代頃に広まった立ち上げ方法。

現在では、空回しは3日~5日間程度で充分です。
空回しの目的は水槽設備の初期不良や漏水チェック。
3日~5日目に一端、全換水すれば魚の受け入れ完了です。

全換水の目的は、始めて張った水には、以下の物質が溶け込むため。
・水槽目地表面のシリコン保護剤。
・プラスチック、ゴムの保護剤。
・底砂から溶け出す様々なミネラル。
これらは有毒物ではありませんが、保護剤には環境ホルモン物質が使用されていることがあり、魚の繁殖能力に影響を与える可能性があります。

> ただ思うのは、市販のバクテリアの液を入れればずっと簡単だし早いと思うんですが、それを推奨しないのはなぜでしょうか?
・ハッキリ言って、使っても、使わなくても、ほとんど濾過バクテリアの繁殖定着する日数に違いが無いためデス。
第一、市販のバクテリア剤の大半が、アンモニア硝化菌のみで、亜硝酸硝化菌は含まれていません。
・ニトロソモナス属(アンモニア硝化菌)は、休眠加工が可能でパウダー状態で長期間常温保存が可能です。
・ニトロバクター属(亜硝酸硝化菌)は、休眠加工は出来ません。
ニトロバクター属の細菌は、生菌をボトリングする必要があるため冷蔵保存が必要です。
ペットショップで、常温の棚に置かれている濾過バクテリアは、アンモニア硝化菌のみになります。
アンモニア硝化菌と亜硝酸硝化菌の両方をパッケージした製品は、冷蔵保存され使用期限も短く、価格も非常に高価です。

私のところの実験では、バクテリア剤を使用すると平均で3日間ほど、早く立ち上がるだけの効果でした。

=日数=
バクテリア剤無し・・・・平均21日。
バクテリア剤有り・・・・平均18日。

=別効果=
立ち上がる日数以外では、バクテリア剤を投入すると一時的にアンモニア濃度が下がる効果があります。

> こういうバクテリア液は、手軽である反面、何かデメリットなどはあるのでしょうか?
・デメリットはありません。
市販のバクテリア剤は、上手に使えば、それなりにメリットも望める製品だと思います。
生体飼育後、5日目あたりからアンモニアが発生してきます。
この頃に市販のバクテリア剤を適宜、使用すると、、、
使用した菌は、ほとんど定着するわけではありませんが、アンモニア濃度を低位に抑えることが可能で、生体にとって安全な飼育環境を提供出来ます。
だから、30cm12L水槽にイキナリ、ネオンテトラを10匹とか飼育する、初めてのアクアリストの方などには、それなりの効果があると思います。
ただ、市販のバクテリア剤は、継続して長期間使用し続ける必要は無い製品だと思います。

濾過バクテリアとは何物か?
が、分かれば答えも、自ずと導き出されます。
濾過バクテリアは、枯草菌など腐敗菌類の仲間。
彼らの役割は、有機物を分解し無機物化。

マグロの刺身を、雨風当たる庭に放置すれば、直ぐに傷んで、、、
腐敗臭(アンモニア)が発生して、、、
ドス黒くドロドロになり、、、
最後は、カラカラに乾いて、ほぼ無機物と化します。

濾過バクテリアなどの腐敗菌類は、地球上の、ほぼ全ての場所に生息する細菌類。
バクテリア剤など使用しなくても、マグロは確実に腐って消えて行く・・・こ...続きを読む

Q底砂はどれくらいの期間で掃除するべきか

こんにちは。60cm水槽で淡水の熱帯魚を飼育し始めて2ヶ月半ほどになります。
底砂のメンテナンスについて教えてください。

使用している底砂は「ボトムサンド」です。
コリドラスに良いとされる細かい砂です。
このような底砂はどれぐらいの期間で掃除(洗う)するべきなのでしょうか?

■飼育環境
水槽    :GEX600の60cm水槽(上部フィルター)。
フィルター :一般的なろ過マット、バクテリアを定着させ生物ろ過をさせる目的で
       ちぎったスポンジ、白いリング状のろ過材を使用。
       一番上・・・一般的なろ過マット
       真ん中・・・スポンジ
       一番下・・・白いリング状のろ過材 の順に上部フィルターにセットしています。

アクセサリー:小さめの流木が1本。使用している水草はアヌビアス・ナナ(小)を3つ。
       オブジェの小さめ水草が4つ。
ライト   :水槽を買ったときについていた1灯式。1日3~4時間使用。
ヒーター  :サーモタットヒーター使用。設定温度は27度。

水換え頻度 :週に1度1/4程度。
エサ    :朝1回(たまに2日に1回)少なめの量。

■水質
アンモニア :0.25mg/l(安全値)
pH    :7.0(中性)
亜硝酸   :0.3mg/l(安全値)

※全てテトラ試験薬にて計っています。

■飼育魚
ミッキーマウス・プラティ 6匹(内、オス3匹、メス2匹、1cmになりそうな稚魚1匹)
ネオンテトラ       2匹(たぶん成魚)
グリーン・ネオンテトラ  3匹(たぶん成魚)
クラウンローチ      3匹(内、1匹が6~7cm、2匹が4cm程度)
コリドラス・パンダ    4匹(小さめ)
----------------------------------------
            計18匹

また、漂っている水ミミズを1~2匹ほど見かけました。
水ミミズの発生は水質悪化のサインだと書いているページを見ました。
立ち上がった水槽でも水ミミズは発生するというページも見ました。
居なくなるように何か対処するべきなのでしょうか?
今のところ、ミッキーマウス・プラティの稚魚が水ミミズを捕食しています。
それもそれでいいのか、疑問です。体調に異変があったりしたらどうしようかと思います・・・・。
放置してていいものなのか教えてください。

こんにちは。60cm水槽で淡水の熱帯魚を飼育し始めて2ヶ月半ほどになります。
底砂のメンテナンスについて教えてください。

使用している底砂は「ボトムサンド」です。
コリドラスに良いとされる細かい砂です。
このような底砂はどれぐらいの期間で掃除(洗う)するべきなのでしょうか?

■飼育環境
水槽    :GEX600の60cm水槽(上部フィルター)。
フィルター :一般的なろ過マット、バクテリアを定着させ生物ろ過をさせる目的で
       ちぎったスポンジ、白いリング状のろ過材を使用。
...続きを読む

Aベストアンサー

> このような底砂はどれぐらいの期間で掃除(洗う)するべきなのでしょうか?
・飼育状態によりますが、通常は1月~3月に一度程度。
低床をピンセットで、少し掻き回して、スラッジが舞うようならば底砂清掃の時期です。
http://www.shopping-charm.jp/Items.aspx?tid=14&catId=1129260000
*電動が楽ちんです。

テトラテスト試薬ならば、検査水質については問題ありません。
・アンモニアは一番上から2番目、「薄山吹色~薄青大将色」。
・亜硝酸は一番上、「黄色」。
乱暴な言い方をすると、赤や緑で無ければOK。

> また、漂っている水ミミズを1~2匹ほど見かけました。
> 居なくなるように何か対処するべきなのでしょうか?
・急激に大量発生したミズミミズなどの水槽の不快生物は「富栄養化(水の汚れ)、酸欠、亜硝酸発生」など、飼育環境の悪化を飼育者に教えてくれる有り難いヤツだったりします。
大量発生した場合のみ、低床材や濾過器の清掃など、積極的に対応した方が良いでしょう。

・時々、ミズミミズを発見する程度ならば、状態の良い水槽の合図です。
特段、対策をとる必要はありません。
ミズミミズは低床内の有機物を分解し、水草にとって最高の肥料を作ってくれます。
水草の成長は、優れた自然浄化作用があります。

「熱帯魚を飼育し始めて2ヶ月半ほど」とのお話なので、そろそろ、水槽内には飼育した覚えのない、様々な生物たちが発生する頃です。
異常な数の発生では無い限り心配入りません。

> 今のところ、ミッキーマウス・プラティの稚魚が水ミミズを捕食しています。
・ミミズ類は、あまり消化の良い餌ではありません。
魚によっては、大量に与えると調子を崩します。
ですが、偶に突いている位ならば、問題ありません。
チビにとっては最高の動物性タンパク質です。

> このような底砂はどれぐらいの期間で掃除(洗う)するべきなのでしょうか?
・飼育状態によりますが、通常は1月~3月に一度程度。
低床をピンセットで、少し掻き回して、スラッジが舞うようならば底砂清掃の時期です。
http://www.shopping-charm.jp/Items.aspx?tid=14&catId=1129260000
*電動が楽ちんです。

テトラテスト試薬ならば、検査水質については問題ありません。
・アンモニアは一番上から2番目、「薄山吹色~薄青大将色」。
・亜硝酸は一番上、「黄色」。
乱暴な言い方をすると、赤や緑で...続きを読む


人気Q&Aランキング