「ブロック機能」のリニューアルについて

荻原浩『神様からひと言』で、主人公がジョンと呼んでいた神様の正体はなんでしょう?

「眼鏡のレンズにひびが入っていた」や「前歯がなかった」は何を表現しているのでしょうか?

読解力のない私にわかるよう、詳しく教えてください。
どうぞよろしくお願いします。

教えて!goo グレード

A 回答 (2件)

 わたしもNo.1さんと同じ理解でした。

ホームレスのジョン、少し補足しますと・・・
 (1)ラーメン店「げんこつ亭」の裏口に集まったホームレスたち(試作スープのモニター・裏営業の客たち)を見た主人公・凉平の印象として「哲学者を思わせる風貌の持ち主がめだつ。誰かに似ている、凉平はふとそう思った。」(文庫本329頁)とあること。
 (2)自分自身もホームレスの経験があるラーメン店主・光沢のセリフとして「ホームレスも大変だよ。・・・略・・・縄張争いもあるし、イジメもあるしな。・・・略・・・・よく一人でぶつぶつ言っているホームレスがいるだろう。」(文庫本329頁)とあること。
 (3)凉平とジョンが最後に逢うシーンで(ここでご質問の丸眼鏡の片方のレンズのひび、前歯がない描写がありますね)「ジョンに顔を近づけるとハムスターの巣箱みたいな臭いがし、髪からはしばらく洗髪していないのがわかる異臭がした・・・略・・・」
 「(凉平が感謝のしるしに)コンビニ弁当を差し出した。・・・略・・・凉平はジョンが伸ばしてきた爪に垢のつまった手を握りしめた。・・・・略・・・神様はコンビニ弁当のほうが気になっているみたいだったけれど。」(414頁)とあること。

 >「眼鏡のレンズにひびが入っていた」や「前歯がなかった」は何を表現しているのでしょうか? ⇒ ホームレス同士の争い(縄張争い、イジメなど)で眼鏡が割れ、前歯が欠けてしまったのかも(私の個人的な見解ですが)。

 とここまで書いて恐縮なのですが、とてもやぼなこと書いてしまったような気もします。凉平にとってジョンは最後まで「自分の神様」以外のなにものでもなかったのですから。誰にでもきっと「自分の神様」はいてくれるものだと思います。凉平にとってジョンがそうだったように。

 
    • good
    • 1
この回答へのお礼

主人公と何か個人的なつながりのあるホームレスかなと思ったのですが
どうやらそういうことではなさそうですね。

レンズや前歯はなるほど、そう考えられますね。
とてもすっきりしました。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/04/18 09:04

こんにちわ。


随分前に読んだので、細部は不確かですが、
確か主人公の歌を聴きに来てくれるホームレスが神様、
と言うような設定だったと思いますが・・・。

ラーメン屋の神様が、閉店後にやってくるホームレスだ、
って話が出てきますよね。それと対応しているのかと思っていましたが;

うる覚えなので間違っていたらすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

主人公と何か個人的なつながりのあるホームレスかなと思ったのですが
どうやらそういうことではなさそうですね。

一般的にラーメン屋さんの神様はお客様と思いがちですが
必ずしもそうとは限らないのですね。
なるほど、おっしゃるとおり対応していますね。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/04/18 09:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

教えて!goo グレード

人気Q&Aランキング