最新閲覧日:

 海外旅行のパンフレットを見ると、カレンダーにA・B・C・D・E・F・G・Hとか書いてあって金額が違うけど、なぜ?

A 回答 (3件)

大きく違うのは、航空運賃です。

専門的になりますが、パッケージで使われる航空運賃はIATA(国際航空運送協会)が決めている日本特別運賃の中の包括旅行運賃でGITとかITが使われています。これは日本人が旅行する上で、繁忙期や閑散期などを考慮してシーズナリティーが設定されています。
航空運賃の他も、ホテル代などシーズナリティがありますので、それぞれ総合してパッケージ料金が決まるわけです。
したがって、みんなが休める年末年始やお盆、GWは、集中するのでかなり高くなるのです。高くても行きたい人が行けば・・・という考えなのです。繁忙期と閑散期の差が3倍ぐらいの時もありますよね。
世界のなかでも、こんなに違うのは日本ぐらいではないでしょうか。ひどい話ですよね。我々も、高い時期は敬遠してます。
    • good
    • 0

海外のホテルだと、チェックインの曜日によって料金が違う場合がありますね。


週末チェックインは高いです。
    • good
    • 0

航空券・ホテル・現地費用等、全て需要と供給の関係です。


全て定価販売であればこういった疑問も起こらないんでしょうが、自由価格ですんで、需要と供給によって価格が変動します。
ただ、ツアー旅行の価格だけで見れば日本側の事情のみで、変動している気もしますが。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ