今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

セール割引やポイント値引、その他値引販売を行った際の科目はどちらが一般的ですか?

現預金500/売上高1000
販売促進費500

現預金500/売上高1000
売上値引500

会社によってそれぞれかもしれませんが、メリットデメリットがあるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>課税売上高が1000万ギリギリの免税事業者の場合は売上値引にしたほうがメリットがあると言うことでしょうか?



消費税の計算だと
値引きのタイミングが販売と同時であれば
値引き後の金額を使いますので売上値引きは
ありません。

同時でない場合は売上値引きがありますが、
科目が販売促進費だとしても、性格は売上値引き
なので、同じ取扱いになると思います。
    • good
    • 0

セール等、商品の値段を直接に引き下げて販売する場合には、売上値引として把握しなければなりません。

販売促進目的の値引きであっても、商品価格を引き下げたのが明白だからです。この場合には、「会社によってそれぞれ」にすべきものではないものといえます。

他方、ポイント累計による値引きの場合には、会社により対応が異なっています。そのうち、理論的に最も妥当と考えられているのは、ポイント加算時に引当金計上をする処理のようです。費用収益の対応関係の説明が最もしやすいからです(これがメリットです)。この方法は、決算書を公開している会社のいくつかで実際に確認できます。
    • good
    • 0

売上値引として処理した場合は損益計算書上、売上高から値引分が直接控除されて計上されるのでその分売上高が小さく計上されるというデメリットもあります。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほどP/L上で違いが出るのですね。

課税売上高が1000万ギリギリの免税事業者の場合は売上値引にしたほうがメリットがあると言うことでしょうか?

お礼日時:2007/05/03 12:41

私のやり方ですが、


どのお客様にもこの商品は一律2割引という値引きなら、売上値引。

ポイントカードで、貯まったら値引き、なら、ポイントを利用しないお客様もいるわけで、すべてのお客様に適用されないので、販促費と考えています。

店内すべての商品1割引き、みたいな時は、最初から一割引きで売り上げを計上する、という考え方もあるかな、と思います。

消費税の課税に気をつけて仕訳をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
分けて使う場合もあるのですね。
やはり、経理によってそれぞれと言うことでしょうか・・・

お礼日時:2007/05/03 12:31

販売即品費が普通です。

消費税はどちらも同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
私も販促費が妥当かと思ってましたが、色々調べたところ売上値引で計上しろという答えも多々あるようですので、悩んでおりました。

お礼日時:2007/05/03 12:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクーポン券利用時の経理処理 ご教示ください。

こんにちは、

先程、同じ質問を致しましたが、私なりの回答例を記載した際に仕訳の金
額が間違っていたので、訂正をさせていただきます。
ご回答準備されている方がいらっしゃったら申し訳ございません。

下記のケースによる経理処理についてご教示お願いします。

当社の関連部署のキャンペーンで子会社販売店で使える額面500円の
クーポン券の発行を致しました。
このクーポン券使用の際には額面以下の買い物であってもお釣りは出さ
ないことになっております。
利用のあったクーポン代金は後日、本社から子会社に支払いがされます。

ここで問題なのですが、額面以上の買い物であれば問題はないのですが、
例えば1000円のクーポン券で945円の買い物をし、そのクライアントが
追加の買い物をせず、55円を放棄した場合、どのような経理処理をすれ
ばよいのか正しい経理処理を教えてほしいです。

私は以下のような仕訳のいずれかではないかと思うのですが、明確で正し
い方法があればご教示よろしくお願い致します。


回答例1・・・・クライアントが放棄した差額を雑益で計上?
    55円分は商品を販売しているわけではないので、
    売上には計上せず、代金回収時に雑益とする考え方。

※販売時
(借方)売掛金   945    (貸方)課税売上   900
                       消費税       45
※代金回収時
(借方)現預金  1000    (貸方)売掛金    945
                       不課税雑益   55



回答例2・・・・クライアントが放棄した差額も売上で計上?
    実際55円分は商品を販売しているわけではないが、
    あくまでもクーポン代金全額を売上に計上する考え方。
    ただし、課税分と不課税分に分ける経理処理

※販売時
(借方)売掛金  1000    (貸方)課税売上   900
                       不課税売上   55
                       消費税       45
※代金回収時
(借方)現預金  1000    (貸方)売掛金   1000


以上、よろしくお願い致します。
                       

こんにちは、

先程、同じ質問を致しましたが、私なりの回答例を記載した際に仕訳の金
額が間違っていたので、訂正をさせていただきます。
ご回答準備されている方がいらっしゃったら申し訳ございません。

下記のケースによる経理処理についてご教示お願いします。

当社の関連部署のキャンペーンで子会社販売店で使える額面500円の
クーポン券の発行を致しました。
このクーポン券使用の際には額面以下の買い物であってもお釣りは出さ
ないことになっております。
利用のあったクーポン代金は後日、本社から...続きを読む

Aベストアンサー

子会社名義のクーポン券が発行され、利用・回収されたクーポン券の券面額に相当する現金が親会社から子会社に支払われる、ということだな。

そうすると、一連の取引の元となる契約、特に券面額相当額の現金が支払われるべき根拠となる契約がどうなっているのかによる。


子会社が独自に発行するクーポン券につき親会社が資金援助する、という契約なら、次のような仕訳となる。(科目は一例)
販売時
 売上値引 900 / 売上 900
 消費税   45 / 消費税 45
代金回収時
 現預金 1,000 / 不課税雑収入 1,000(なお100%子会社なら益金不算入)

親会社が自ら子会社名義でクーポン券を発行し券面額を負担する、または親会社の意思に基づき子会社が独自にクーポン券を発行するものの金銭的負担を親会社が負う、という契約なら、前回回答のような仕訳となる。


なお、1番目は通常考えられる親子間取引とは言い難い。2番目だろうと推定している。

Q仕訳を教えてください 値引きについて

個人事業の経理初心者です。
値引きの仕訳を教えてください。

請求書、領収書ともに10万円で出していて
1万円の値引きをしました。
1.銀行振込の場合、9万円の入金が通帳で確認できます。
2.手渡しの場合、1万円の値引きをした証明がありません。

帳簿は現金出納帳をつけています。
預金用の帳簿はなく現金同様につけています。

売上10万 値引き1万 と二つ書くのか
売上9万 のみとするのか・・・。
でも請求書、領収書は10万なのです。
また「値引き」という科目はOKですか?

簡単に教えてください。(?)
あまり用語が出てくるとわからないもので、申し訳ありません。

Aベストアンサー

#1の追加です。

振り込みの場合は、実際に90.000円しか振り込まれていないので、値引きで処理して、領収書はそのままにしておくしかないでしょう。
税務調査で聞かれたら、値引きされたい答えれば大丈夫です。

現金で支払われた場合は、次の仕訳をしましょう。
現金   90.000 / 売上 100.000
事業主貸 10.000

ご自分で使ったことにして、帳尻をあわせましょう。

Q自分の店で使える商品券の販売と、商品券使用での売上の処理について

自分の店(飲食店)と系列の店舗で使える商品券を発行し、販売している場合、

・商品券販売時の仕訳と消費税について
 現金/預り金(消費税は不課税)でいいのでしょうか。
 それとも、商品券なので非課税売上ですか。

 また、もし値引きして販売した場合
 (仮に1000円の商品券を900円で販売した場合)は
 現金  900/預り金 1000
 雑損失 100
 でしょうか。

・商品券使用での売上については
 預り金(不課税)/売上(課税)でしょうか。
 それとも、売上値引きでしょうか??

・商品券に有効期限がある場合、販売したにもかかわらず
 有効期限を過ぎて使用されなかった商品券については
 有効期限が過ぎた時点で
 預り金/雑収入(非課税?)でしょうか。

・商品券に有効期限がない場合はどうしたらよいですか。

 

Aベストアンサー

仕訳についてはNo.1の方の回答が実務的です。
少し補足がありますので税法上の収益計上時期については次の国税庁
質疑応答事例を

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shohi/12/02.htm

会計処理に関しては金融庁の

http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/dai2/siryou/20080618-1/01.pdf

をご参照ください。

Qポイントカードの仕訳け処理について

ポイントカードの仕訳けについてお伺いします。
現在、個人で美容室を経営し、お客様にはポイントカードを発行しています。貯まったポイントはポイントに応じた商品と交換しています。例えばポイントを販売価格¥1050(税込)の商品と交換した場合の仕訳けはどのようになるのでしょうか?この商品の仕入れ価格は¥735(税込)です。
いろいろ調べていると販売促進費になるらしいのですがこの場合販売価格でしょうか?仕入れ値でしょうか?消費税はどうなるのでしょうか?当方、税込み経理でおこなっています。

Aベストアンサー

#2です。

>売上割戻・売上値引・販売促進費といろいろな意見がありますがどれでもとくに
問題ないということなのでしょうか・・・。

会計理論上は売上割戻が正解であり、売上値引も販売促進費も誤りです。

売上割戻:買い手(顧客)が商品を一定以上の金額、または数量を購入した場合に売り手が買い手に付与するインセンティブ。

しかし税法上は、売上割戻・売上値引・販売促進費のどれもが損金ですから、販売促進費で経理処理したとしても税務当局から問題視されることはないでしょう。

Qクーポン券の会計処理方法

こちら、経理初心者です。
この度このようなケースがありましたのでご相談させて下さい。

【例えば】
コンビニなどで0円で持ち帰ることができる冊子(クーポン券)に掲載されているお店(飲食)です

お客様が10,500円(税込)の食事をしました。
(その冊子の)クーポン券を利用することによって1,000円が差引かれ、お客様から、9,500円の現金と1,000円のクーポン券を頂くことになります。

この場合の経理処理を教えて頂きたいのですが、宜しくお願い致します。

現  金 9,500円   /   売上 10,500円(課)
売上値引 1,000円(課)/

上記で宜しいのでしょうか?
それとも、掲載されるにあたって支払った広告宣伝費と相殺しても宜しいのでしょうか?
クーポン券の発行枚数は分かりません

どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 前者の回答のとおりですが、私は、クーポン券の利用状況を把握しやすいように、下記の仕訳をしてます。
 現  金 9,500円 / 売上 10,500円(課)
販売促進費 1,000円(課)/
にしてます。参考になれば幸いです。

Q値引したときの仕訳

お世話になります。

当店は雑貨の販売の他、委託業もしております。

作家さんの作品を店頭でお客様へ販売しているのですが、
先日はじめて、委託商品を当店負担でお客様へ値引きさせていただきました。

セールなどの時期には、作家さん負担でお値引をすることはありましたが、
当店が負担してお値引することははじめてで、
委託商品を値引したときの仕分けが自信がなく…
どうかよろしくお願い致します。

普段の仕訳は、
¥1000の委託商品を売った場合
現金/預り金 ¥1000

作家さんから手数料を頂く場合は、1ヶ月まとめていただいておりますので、
受託手数料の仕訳は1ヶ月に一度にしています。

たとえば¥1000の委託商品を、
当店負担で¥200引きでお客様へ販売したときの仕訳を教えてください。

レジは値引後の¥800で打っています。

私が考えたのは、
現金/預り金 ¥800
販売促進費/現金¥200
現金/預り金¥200

販売促進費は使えますか?
ちなみに、会計ソフトはフリーを使用しており複合仕訳ができません。

ネットで調べても全然出てこないので時間だけが過ぎて参ってます。

どうか正しい仕訳を教えてください。
よろしくお願い致します。

*急いで打ったので誤りがあるかもしれませんがどうかお許し下さい。

お世話になります。

当店は雑貨の販売の他、委託業もしております。

作家さんの作品を店頭でお客様へ販売しているのですが、
先日はじめて、委託商品を当店負担でお客様へ値引きさせていただきました。

セールなどの時期には、作家さん負担でお値引をすることはありましたが、
当店が負担してお値引することははじめてで、
委託商品を値引したときの仕分けが自信がなく…
どうかよろしくお願い致します。

普段の仕訳は、
¥1000の委託商品を売った場合
現金/預り金 ¥1000

作家さんから手数料を頂く...続きを読む

Aベストアンサー

お客さんに買うてもらうために受託商品を値引きしたのやろ?販売促進費で構へんよ。会計事実は受託手数料の減額ではないもの、受託手数料を減らすよか販売促進費を計上するほがええ。

仕訳は、あなたの考えたのでも構へん。ただ、200円は販売時点では現金が動いてないもの、販売促進費/預り金のがええやろ。貸方は、簿記では受託販売とか使うけど、預り金で十分や。

あと、売上値引は売上のマイナスであって「経費」ではないわ。(苦笑)

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q建物の解体・取り壊し費用の科目名を教えて下さい。

表題の通りですが、
色々な例を調べていますと3通りあります。
1)解体・取り壊した建物の除却損に含める。
2)取り壊した後に改めて新築し建物の取得原価に含める。
3)修理費等の費用として処理する。

税理士の例題解答では
1と2が出てきます。
実務的には3もあるようです。

その使い分けを教えていただけませんか。
特に2について
解体された建物と新築された建物との関与の程度なのかな
とも思うのですが、いかがでしょう。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

なるほど…問題を見た限り、回答が「除却損」となるポイントは…。

「老朽化したため、取り壊し」

の、一点のみです。

「老朽化したため、取り壊し」ということは、「既存の建物には資産価値が無い(評価額0円)」と解釈できます。
この「価値が無い資産」を帳簿から外す(処分する)行為は「固定資産の廃棄」と位置づけられ、処分時に発生した損失は費用に計上することができる…とされています。
故に、取り壊し後に新規に建物を取得する場合であっても、回答は「除却損」ということになります。

いやいや、なかなか良くできた例題ですね。
取引日付や経過日数は、おそらく減価償却費の算定や月数按分の算出。
それと「引っかけ」の意味もありそうです。

この例題のように、簿記の試験問題には余計な情報が含まれていることが多く、全体を見すぎてしまうと逆に訳が分からなくなってしまいます。
回答のポイントは、だいたい一つか二つですので、それを見極めることが重要になります。

以上、参考になれば幸いです。
長文、駄文ご容赦ください。

Q商品を廃棄処分にした勘定科目?

仕入れ額10万円程の商品ですが、性質上、長期間保管すると劣化を招く商品なので廃棄処分にしました。

この場合、帳簿としてどのような処理にして、勘定科目はどうすればいいのでしょうか?

ご多忙中恐縮ですが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

廃棄した商品の仕入原価を10万円とします。
商品会計は「分割法(例えば、三分法)」とします。


◇まず、次の仕訳を起します。

〔借方〕棚卸資産廃棄損 100,000/〔貸方〕他勘定振替高 100,000
※この「他勘定振替高」は売上原価の控除項目です。
※法人会計の場合、「棚卸資産廃棄損」は特別損失の項目です。

◇次に、仕訳の借方と貸方の金額をそれぞれ総勘定元帳に転記します。


以上です。

Q建物(固定資産)の取得価格に含まれる費用について

税金特に法人税にお詳しい方、よろしくお願い申し上げます。
この度、新たに会社の経理を引き継ぎました。会社が賃貸マンションを建設し、竣工となりました。そこで、それまで建設仮勘定に計上されていたものを、建物に振替えるのですが、その建設仮勘定には、設計費、工事代金はもちろんですが、建築許可申請費(おそらく印紙か証紙)その代行手数料、不動産登記申請の登録免許税及びその代行手数料、更には地鎮祭、上棟式、竣工祝の飲食費まで計上されておりました。
質問ですが、実際に建物(固定資産)の取得価格に含まれるもの(又は含めなくて良いもの)を教えてください。
よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 
減価償却資産の取得価額については、法人税法施行令第54条でその取得形態に応じて定められていますが、これらの固定資産の取得に関連して支出する費用であっても、その法人の選択により取得価額に算入しないことができるものは「法人税基本通達7-3-3の2」で示されています。


ご質問文の例であれば、

建物(固定資産)の取得価格に含まれるものは、

設計費
工事代金
建築許可申請費(おそらく印紙か証紙)その代行手数料
地鎮祭
上棟式


建物(固定資産)の取得価格に含むか含まないかは法人の任意のものとして、

不動産登記申請の登録免許税及びその代行手数料(法人税基本通達7-3-3の2)
竣工(落成)祝の飲食費(法人税基本通達7-3-7)

となります。

(法人税基本通達7-3-3の2及び法人税基本通達7-3-7)
http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kihon/houjin/07/07_03_01.htm
 

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/genka2/gnk2_3_1.htm

 
減価償却資産の取得価額については、法人税法施行令第54条でその取得形態に応じて定められていますが、これらの固定資産の取得に関連して支出する費用であっても、その法人の選択により取得価額に算入しないことができるものは「法人税基本通達7-3-3の2」で示されています。


ご質問文の例であれば、

建物(固定資産)の取得価格に含まれるものは、

設計費
工事代金
建築許可申請費(おそらく印紙か証紙)その代行手数料
地鎮祭
上棟式


建物(固定資産)の取得価格に含むか含まな...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング