村上春樹の新しい訳で「ロング・グッドバイ」を読んでいます。色々なタイミングで金額、価格などが出てきますが、現在の価値でどれ位なのか、分かりません。死んだ友人の残した5000ドル札とか・・・、10ドルの診察料とか。教えてください。
(この物語の設定は何年なのでしょうか?)

また一般的に、ある年代、ある地方の金銭価値を調べる方法があったら教えてください。

A 回答 (1件)

 時代が違ったり、社会背景の違う外国などの貨幣価値を「現在の日本」でいくらになるか、というのはなかなか難しいと思います。

結局いろんなシーンの中に出てくる会話などから「こんなもんかな」と類推するほか無いように思います。私的な感覚ではチャンドラーの小説の中では1ドル=1000円くらいに思っています。

 海外の話ではありませんが、『武士の家計簿』(磯田道史、新潮新書)という本があり、その中で著者が幕末の1両が現代の貨幣価値でいくらになるかを検討しています。1つの方法として禄高の米が現在いくらになるかで換算していますが、どうもうまくいかない。結局大工の手間賃から計算して1両=約30万円としています。モノの価値(たとえばこの場合は米の価値)は時代によって変わるので、特定の物品を単純に現代に水平移動させて価値をはかるのは無理があるのではないかと思います。むしろ、何を食べたらいくらかかった、とか何をしたらいくらになった、今だったら○○円だな、という生活感覚から捉えるのがいいのではないかと個人的には思っています。池波正太郎の小説によく「十両あれば一家が一年暮らせた」という表現があり、これからも1両=30万円はいい感覚かなと思っています。

 20世紀前半アメリカの話だったのに日本の江戸時代の話になってしまって済みません(^^;

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
お返事遅くて申し訳ありません。

お礼日時:2008/03/12 01:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q円とドルの往復の際、平均レートで処理するとなぜ損になるのか

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ドルを使用
残りの50ドルを円へ レート:1ドル100円として円は5,000円
(マーケットレートがあまり変わらない場合、円に戻す方がレートが悪いのでこういう想定にしました)
レートの200円と100円との平均は150円
海外で使用した50ドルを1ドル150円で換算すると7,500円
しかし、実際は20,000円持って行って返ってきたのが5,000円だから使用したのは15,000円で、7,500円しかもらえなかったら7,500円損する。
この差が出るのは
1. そもそも使った50ドルは200円で買ったドルなのだから、価値は10,000円。7,500円としか評価されなければ2,500円の損
2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損

でもこの2つの損を合計しても、5,000円の損であって、実際損した7,500円にならないのは何でなんでしょうか。
よろしくお願いいたします。

どうも数字に弱いので、どなたかこの疑問に答えていただけると幸いです。
米国への海外出張の際、現地での現金払いは、円からドルに換金した時と、ドルから円に戻した時のレートの平均値を取り、海外で使ったドルを円に換金して支払う、てな決まりが現在あるのですが、前回の収支を見ると、明らかに出張者が損します。なぜなんでしょうか。(そんな方法を採用している自体バカじゃないかというのは置いておいてください、、、)
例 20,000を円からドルへ レート:1ドル200円としてドルは100ドル
海外で50ド...続きを読む

Aベストアンサー

>2.返ってきたドルも、100円なのに150円と過剰評価されているので1ドル当たり50円損していて合計2,500円の損
これがおかしいのでは.
返ってきたドルは,1ドル200円で買ったものなのに,1ドル100円になったしまったら,1ドルあたり100円損なんで,合計5000円の損ですね.2.は会社は無関係なんで,150円という数字は関係ないです.

Q村上春樹さんと酒井事務所

大学の機関誌で村上さんにインタビューをお願いしようと住所を調べたのですが、読売の人名年鑑2003年度版の村上さんの連絡先(他の作家さんなどは自宅らしき住所が載っている欄)に神田神保町にある酒井著作権事務所がありました。酒井著作権事務所に手紙を送ってしまって村上さんの手元に届くものなのでしょうか?できるだけ早く読んでいただきたいのでなるべくなら出版社は避けたいのです。インタビューは無理を承知で依頼するのですけれども…。
不躾な質問で恐縮ですが、どなたか回答お願いします!

Aベストアンサー

こんばんは。

確かに村上さんって連絡先が無いですよね。
村上さんは極めて個人的に仕事をしてますから、
連絡先=本人になると思われます。
ファンレターなら出版社なんですが、依頼は....

正直に酒井事務所に電話してみると良いですよ。
「~年鑑にここの住所がありましたのでお電話しました」って。
事情を話せば伝言してくれるか教えてくれるでしょう。
手紙より安くて簡単です。

で、改めて手紙なり何なりすれば良いのです。
もちろん、酒井事務所が駄目な場合は、新潮社でも講談社でも電話して、事情を話せば良いのです。
なるべく急ぐなら電話でしょう。
彼の仕事ぶりを見る限り、出版社じゃないと受けないという事は無いようですから。

昔ならメールも出せたんですけどねえ。(村上朝日堂とかカフカとか)

QAUSドルから日本円に換えたいのですが、いくらならレートがいいと思いま

AUSドルから日本円に換えたいのですが、いくらならレートがいいと思いますか?
以前1ドル74円で安いと言われました。
教えてください。

Aベストアンサー

84円当たりを目安にされてはどうでしょうか。
豪ドルは5日に利上げの発表があるかどうか注目されていますが、
あるないに関わらずAUD/USDは調整でいったん下げると予想されています。
 
対して日本は金融緩和が決定しており、これも5日に内容が公表されます。
恐らくこれで円安方向に動いて行くだろうと予想されています。
 
総じていえばAUD/USDの下落調整スピードよりも
USD/JPYの方が早く上がるだろうと見られ、
欧州系の銀行アナリストは84円まで行くと予想しています。
 
90円近くまで行くかもしれませんが、年末に向けてドルの需要が高まるので
多くは望めないと思います。
 
これは予想であって内容を保証するものでないことを断っておきます。

Q村上春樹の日本語は英語っぽい?

以前、友達から「村上春樹の小説の日本語は英語っぽい」って言われたんですけど、それから本当にそうなのかなとずっと気になってました。

僕は彼の小説を日本語で何冊か読んだことがあるのですが、たまに英語っぽい現表(1Q84ではあるキャラクターが酔っぱらって「バスにひかれた」って言ったのは例として)な程度ですけど、日本人は皆どう思うかが気になって質問したくなりました。

村上春樹は確かに欧米の文化(特に音楽)が大好きなようですけど、彼の作風は本当に英語っぽいのでしょうか?

誰かに教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

今NHKのラジオ講座で「英語で読む村上春樹」という講座が放送されています。

随所で村上春樹の日本語は英語っぽいという説明が出てきます。
日本語と英語が対訳になっていますし、英語だけでなく各国語に翻訳した方がゲストとして出演されることもあり、とても興味深いです。

「像の消滅」はもう終わり、今は「かえるくん、東京を救う」を読んでいます。

テキストを読むだけでも面白いのでおすすめです。

http://www3.nhk.or.jp/netradio/
https://cgi2.nhk.or.jp/gogaku/english/yomu/

Q今年最後の円ドルレート

今年の12月30日の円ドルレートはいくらくらいになると思いますか?
またその理由等もお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

そろそろ状況も煮詰まって来ましたし、ある程度絞り込めたので
見解でも書こうかなと思いましたが、
質問者はかなり非礼な方のようなので止めにします。

忠告として今のドル円は触るなです。
正しいポジションの取り方というものがあります。

Q村上春樹は日本のドフトエフスキーか?

ある友人から、村上春樹の切り口がドフトエフスキーのそれと似てきたといわれました。とっさのこと返事しかねましたが、あとで考えてもよくわかりません。
 後日、どういうことなのか友人に問いただしてみようと思うのですが、皆さんは現在の村上春樹からドフトエフスキーを感じますか?

 現在私は村上春樹の「炎天雨天」「辺境・近境」「村上朝日堂の逆襲」などの紀行文にはまっています。小田実の「なんでもみてやろう」と相通じるものを感じて、楽しんでいます。

Aベストアンサー

個人的なレベルですが、私は2人に共通するものを感じたことはありません。異質だと思います。でも、通じるものがあると思う人がいても、それはその人の感じ方であって、それはそれで構わないと思います。

Qドルの小切手を円に換えたいのですがテレビで為替レートで93円の時に銀行

ドルの小切手を円に換えたいのですがテレビで為替レートで93円の時に銀行へ行くと91円台だったのですが何で変わってしまうのでしょうか?

Aベストアンサー

売/買でもレートが違いますよ
売レート - 手数料

Q「村上春樹」って?

「村上春樹」の小説には全く無知です。文学は純文学で夏目漱石・芥川龍之介・川端康成・三島由紀夫あたりで止まっています。

現代作家で特に「村上春樹」の名はよく聞きますが、最初「角川春樹」と勘違いしていました。「村上春樹」の小説の位置づけと申しますか、文学史ではどのような位置にあるのでしょうか?まず、彼は純文学の小説家ですか?

自分で調べろと言われそうですが、そこまでのエネルギーがありませんので、お教え願いませんでしょうか?

Aベストアンサー

どうもNO.1です。
返信ありがとうございます。

ノーベル賞候補ですが、ノーベル文学賞は日本人として過去に川端康成氏が受賞しました。
この時は、作品の叙情的な美しさも勿論ですが、主に日本的であり、オリエンタルなところが、ヨーロッパの方から見て、新しいもの(新感覚)として評価されたのでしょう。
大江健三郎さんの作品にも、この日本らしさが感じられます。
村上春樹さんの作品には、とりわけつよく日本的なものを私は感じませんが、世界的にみて普遍的なもの、あらゆる文化や民族に関係なく、人間に共通したテーマを分かりやすく共感しやすく書いているので、世界的に評価されているのではないでしょうか?
このあたりも個人的な感想です。

もう一つの質問の現代の作家達の文学的才能ですが、むつかしいところで、私には判断できません。
明治から始まった日本の近代文学で、数多くの素晴らしい作家が生まれ、幾多の優秀な作品が残されました。
このときに、不変的であり、普遍的なテーマの殆どが描き尽くされてしまったのではないかと私は感じています。
そのために、現代の作家が同じテーマで作品を作ったときに、過去の同じテーマの作品を超えるものを作らないと評価されず、下手をするとパクり作品といわれかねません。これを避けるために現代の作家は、少々特異なテーマを選んで作品を書いているような気がします。
中上健次氏あたりから、その傾向が強くなってきたような気もしますが、現在では、それすらもありふれたものになって行きつつあるような気がします。
あらゆるテーマがありふれたものになりつつある中で、新しいものを作っていくのは相当難しいことで、現代の作家はそれに悩んでいるのではないかと勝手に感じています。
作品数は多作の方もいらっしゃいますし、寡作の方もいらっしゃいますので一概には言えませんが、長編作品が増えてきているのではないかと思います。
長編作品は、ある意味、読み手(消費者)から見ればコストパフォーマンスが良いので好まれているのではないでしょうか。これだと短編作品集を出すよりは長編一本を書いたほうが本にしやすく、出版社の方もそれを望んでいるので、必然的に数より量といったような流れで進んできているような気がします。

最期に、先の投稿で村上春樹さんの作品を『風の音を聴け』と書いてますが、『風の歌を聴け』の間違いですね。偉そうに書いておいて、ちょっと恥ずかしい間違いをしてしまいました。しかも、見える範囲にその文庫本が置いてあるにもかかわらずです。ほんと‥。

どうもNO.1です。
返信ありがとうございます。

ノーベル賞候補ですが、ノーベル文学賞は日本人として過去に川端康成氏が受賞しました。
この時は、作品の叙情的な美しさも勿論ですが、主に日本的であり、オリエンタルなところが、ヨーロッパの方から見て、新しいもの(新感覚)として評価されたのでしょう。
大江健三郎さんの作品にも、この日本らしさが感じられます。
村上春樹さんの作品には、とりわけつよく日本的なものを私は感じませんが、世界的にみて普遍的なもの、あらゆる文化や民族に関係なく、人間に...続きを読む

Q円ドルのレートは米国アメリカの影響でほとんど動いて

円ドルのレートは米国アメリカの影響でほとんど動いていますが,ユーロはどこの影響で動きますか?

ユーロはイギリスポンドが要因で動いているのでしょうか?

Aベストアンサー

ユーロは基本的にユーロ加盟国の動向によって動きます。
ユーロ加盟国が多いほど、影響を与える国の数も多くなり、
ユーロが揺さぶられる可能性も高くなります。

また、ユーロ円であれば円の影響を受け、ユーロドルであれば
ドルの影響を受けます。
為替レートはシーソーと同じと考えて下さい。
一方が下がると一方が上がります。
ユーロポンドであれば、イギリスポンドの影響でも動きます。

Q村上春樹著『青が消える』について

村上春樹著『青が消える』について

学校の授業で村上春樹の『青が消える』という小説が出てきました。
5~6回読み直してみたのですが、私にはさっぱりで作品の本質がはっきりしません。
教師にも何を意味しているのかなどを聞いてみたのですがよく分かりません。

・何故筆者は『青』を消えるものにしたのか。
・筆者は読者に何を語りかけているのか。

回答者様の一考察で宜しいので、どうか回答おねがいしますm(_ _)m

Aベストアンサー

「青が消える」はフランスのル・モンド紙に発表された作品です。ぼくは未読ですが、
この事実が内容を理解する鍵になっているような気がします。

フランスと青で最初に思いつくのが、青・赤・白のフランス国旗です。この中で青は
自由を表わしています。ちなみに白は平等、赤は博愛(友愛)です。もしかするとこの
作品でも、青は自由を表わしているのではないでしょうか?

全くの憶測ですので、見当違いだったら、お許しください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報