とある場所で聞いたのですが、10年前に廃止されたJR信越本線の横川駅~軽井沢駅間(通称:碓氷線)か将来復活運転をすると聞いたのですが本当なんでしょうか?もしそうなれば…

・JR信越本線が実質的に高崎~新潟間再全通(軽井沢~篠ノ井間はしなの鉄道線)
・横川駅付近の線路復活(跡地の駐車場廃止)
・旧横川運転(機関?)区復活(跡地の「碓氷峠鉄道ぶんかむら」閉園)
・アプトの道、旧上り線部分廃止
・横軽の連絡バス廃止

…になってしまうのでしょうか?なんか嬉しいやら悲しいやらです。

それともぶんかむらから出ているトロッコ列車が軽井沢まで行くということでしょうか?もしそうなら軽井沢行きと峠の湯行きが出るということでしょうか?

回答お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

詳しい話はまだ決まってませんが、いわゆる特区としての「特定目的鉄道」であり、大量交通機関としての


復活ではありませんので、貴方が憂慮されていることは行われないと思います。
横川駅の2番ホームが軽井沢方面に転用されるかもしれませんが、駐車場廃止もないでしょう。
横切っている部分に踏切が設置されるだけでしょう。
この特定目的鉄道は観光と言う目的ですので、実際の運転も日中だけでしょうし、もしかすると
土日祝日とGW・夏休みで観光客が少ない冬季は運休ではないかと思います。なのでJRバスが廃止に
なることもないでしょう。鉄道の運転コストを考えたら片道1,000円になってもおかしくはなく、
それだったら500円のバスを選択する人もいるでしょう。線路も単線で、熊ノ平に交換を設ければ済むでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
JRとして復活は碓氷だけに薄いんですね。(失礼しました…)

お礼日時:2009/01/21 04:00

EF63形+183系2両で計画されていたようですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
183系2両ですか。実現していたら珍しい編成が見られたかもしれませんね。

お礼日時:2009/01/21 04:04

色々と情報にはありましたが、


無理・難しいという状況ですね・・・。
トロッコなどで復活?という説もありましたが、
残念ながら、碓氷峠鉄道文化むらのトロッコ「シェルパ」くん
になり、軽井沢まで行くことはありませんでした。
やはり、長野新幹線(北陸新幹線)開通により
便利になりましたし、軽井沢方面へ行けなくなった訳ではなので・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
せめて、シェルパくんに乗りたいです。

お礼日時:2009/01/21 04:03

http://www.sankei.co.jp/chiho/gunma/070313/gnm07 …
理事長が3月13日付で退任させられ、提案も取り消し扱いになったので、無理です。

たぶん一度、車止めを作った以上、再敷設工事とか、線路接続工事とか何やらで、何億円が飛ぶ恐れが出るからではないでしょうか?
さらにいえば、青森の「青函トンネル記念館」のように、一人1600円(大人/文化村入場料込み)くらい支出してもらわないと、採算が取れないと思います。

特別運行にしたとしても、運行休止時の維持費とか、除雪するための費用とか、がけ崩れが起きたときのこととか考えると、某TV局から「税金の無駄遣いじゃない?」って押し寄せてくると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
白紙になってしまったのですね、残念です。

お礼日時:2009/01/21 04:02

特区の話は、国交省に現行の鉄道事業法で対応可能として門前払いとなりました。



鉄道事業法に基づく観光鉄道として、トロッコ列車の軽井沢延長で話が進められましたが、ぶんか村の責任者と市長が喧嘩してしまい、この話は保留になってしまいました。

たぶん、もう駄目でしょう。

ぜんぶ、新聞に出てましたよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
あら、もうダメですか・・・

お礼日時:2009/01/21 04:01

こんばんは



まだ詳しいことは決まっていないようです

参考までにこちらを
http://yy32zi.at.webry.info/200608/article_26.html

こちらをチェックするとニュースで更新されるかもしれません
http://www.usuitouge.com/bunkamura/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/01/21 03:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q横軽線現役時代のローカル列車

こんにちは。
今は廃止になってしまった横川~軽井沢を含む信越線南部区間ですが、
普通列車の運行形態はどのようなものだったのでしょうか?

まだ廃線から10年と経たない同区間ですが、ネットで調べてみても
碓氷峠自体の記事や特急・急行列車についてはよく見かけるものの
普通列車に関する記事はあまり無いようです。
(あるいは調べ方が足りないだけなのか?)

車両:
115系?急行形?客車?まさか107系?
所属は高崎側か長野側か?
EF63重連+2~3両?もっと長い編成?

ダイヤ:
高崎~長野などの長距離列車が走っていたのか?
現在の上越国境を越える普通列車と同じく、1日に5往復程度?


一部でもかまいませんので、ご存知の方おられましたらご教示おねがいします。

Aベストアンサー

私は学生時代、昭和54年から57年まで、上野-高崎-横川-軽井沢-長野と乗っていました。

この区間は、昭和38年頃まではレール間に設置された歯車のような歯と、車輪に設置された歯車をかみ合わせて走る、アプト式という区間でした。

しかし、集電方式が第三軌条であり、速度も低速であったため、増発やスピードアップができませんでした。この区間の運転を、他の路線と同じにするため、集電方式を架空線式に変更、専用の電気機機関車による粘着運転に変更しました。

本務機、全区間を通しで運転する機関車がEF62型で、1台車に動輪3機付きの特殊台車を2台はいたF級電気機関車、横軽区間のみ下りでの後押し運転専用のEF63型となりました。

EF62は軸重16トンの一般的なものですが、同区間で下りで客車を挟んだ状態で補機のEF63と重連総括運転ができる特殊機関車でした。EF63は同区間線用で、軸重19トン、普通のボギー台車3台のF級ですが、各台車には電磁石を設け、強力なブレーキ力を得るときはこの電磁石をレールにくっつける、電磁吸着ブレーキがついていました。運転台は上り方のみ。下り方運転台はEF63同士の連結時などのための、簡易運転台です。

営業運転開始後、電車については8両編成までに限定し、同区間については空気バネの空気を抜いて余計な振動をなくす「横軽対策」をした専用の車両、対策済みの115系(各停用)と165系(急行用)などが当てられましたが、これでは編成が短いため、EF63と強調運転可能な車両として169系、189系、489系が製造されました。これらと連結するため、EF63の下り方は、自動式と密着式の双頭連結器、制御線用のジャンパ連結器をたくさん備えるという特殊車両です。

急行列車以上は強調運転機能付きに置き換えられて、最長12両運転が可能となりましたが、普通列車は115系対策車なので、8両に限定されて運転されていました。晩年は、専用の塗装(現在のしなの鉄道の普通列車の空色塗装だったと思います)でした。

なお、50年代まで、上野朝6:50発高崎行き客車各停がありました。この列車は、8時台に高崎に着きますが、1時間停車して9時台後半に長野行きとなって運転を再開します。長野到着は12:56頃でした。私はこの列車が好きで、よく乗りました。折り返しは15時台で、夕方高崎着、夜8時台に上野に戻ってきました。牽引はEF62単機。横軽区間は上野方にEF63重連を連結。客車は閑散期7両、繁忙期9両でした。

スピードアップのネックになっていて、昭和60年代に入る頃、廃止されました。使用客車はブルー塗装されていたと記憶していますが、旧型客車でした。

私は学生時代、昭和54年から57年まで、上野-高崎-横川-軽井沢-長野と乗っていました。

この区間は、昭和38年頃まではレール間に設置された歯車のような歯と、車輪に設置された歯車をかみ合わせて走る、アプト式という区間でした。

しかし、集電方式が第三軌条であり、速度も低速であったため、増発やスピードアップができませんでした。この区間の運転を、他の路線と同じにするため、集電方式を架空線式に変更、専用の電気機機関車による粘着運転に変更しました。

本務機、全区間を通しで運転...続きを読む

Q185系はいつ引退?

先日、初めて185系の踊り子号に乗りました。
関西で走る、223系や225系にも劣る、古い電車でした。

疑問に思ったのが、国鉄時代製造の185系より後に製造された253系や651系が先に引退していることです。車内設備的には253系の方が良さそうだし、直流型だし置き換えても何の問題もないと思うのですが。

651系は常磐線以外にも進出していますが、まだ485系が走る新潟や秋田地区を651系で置き換えればよかったと思うのですが。

JR東日本はお金に余裕があるとはいえ、踊り子の古い電車は何とかした方が良いのでは?と思いました。

Aベストアンサー

そもそもですが、185系は開発のための経緯からして「普通列車にも使える特急用車両」なのです。ですので、特定の特急専用に開発された車両の251系や253系では置き換えがしづらいのです。
(185系の普通列車は現在では設定されていませんが…)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報