「一郎」という名前は一見「次郎」や「三郎」と同じように思えますが、輩行の仮名(通称)では伝統的に「太郎」を用いてきたと聞きますので、実際にはずっと新しく生まれたものなのだと思います。恐らく名前を使い分けるようなことが出来なくなってからではないかと考えているのですが、実際にはいつ頃登場した名前なのでしょうか。
また新しく生まれたにしては「一郎」や「○一郎」といったような名前は随分広まっているように思うのですが、昭和改元の時に「昭」や「和」を名前につけるのが流行ったように何か広まるきっかけのようなものがあったのでしょうか。
何かご存知の方、お教え頂ければ幸いです。

A 回答 (4件)

元は大和の国人で、後に南山城に移った椿井氏の中に


椿井播磨守澄政という人物がいますが、椿井氏系図中の
澄政の項に

澄政 始政定
将軍義澄公贈澄之御一字ヲ
椿井一郎播磨守従五位下兼刑部大輔
依鎌倉官領(ママ)ノ命房州清須美左衛門定憲ヲ
討武州鎌ヶ谷ニ對陣シ攻里見ヲ於行徳ニ討死
永正六已已正月朔日戦死年三十三
(※永正六年=1509年)

と見えます。また、長享元年(1487)には同氏の一族に
北村一郎政貞なる人物の名も見えますので、既にこの頃には
仮名として「一郎」が使われていたようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざお調べ頂いたのでしょうか。恐縮です。その辺りで既にただの「一郎」があったんですね。因みにこの場合は「長男」という意味での「一郎」なのでしょうか。そうだとすると何故「太郎」ではないのか、どういう風に使い分けたのかが非常に気になるところです。貴重なお話どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/05/13 17:49

 太郎という名前は、「太」という字の意味(大のきわみ)ということから嫡男に付けられていたと思います。

庶腹であれば、一番先に生まれたとしても付けられなかった場合があると聞いたことがあります。
 次郎以下の純番号的な性格よりも、重い意味があるような感じですね。
 タダの「一郎」という純番号的な性格の名前の人で、一番古い有名人は、私の知っている限りでは「鳩山一郎」です。
 鳩山和夫と教育家として有名な春子の長男です。
 鳩山一郎より少し新しいですが河野一郎という人もいます。
 ナントカ一郎という人は昔から大勢いますが、タダの一郎という人は意外に少なく、私にはどういうわけか都会的でハイカラなイメージが浮かびます。
 鳩山夫妻といえば大変な教養家です。古来からの嫡男=太郎という常識を知らないはずはありません。新しい時代に入ったということで、旧風にとらわれず思い切ってつけたのかなあ、と思います。
(もっと昔からタダの一郎という名前がチョコチョコあったということでしたらごめんなさい)
 >「昭」や「和」を名前につけるのが流行ったように何か広まるきっかけ
 特別にきっかけというものはなく、改元がきっかけだと思います。
 昭和二年三年生まれの人に多いように思います。「昭二」「昭三」など、親が簡単に付けちゃったような人が結構居ました。こんな人の生まれ年は一発にわかります。
 戦時中に生まれた人の名前には征伐の「征」、八紘一宇の「紘」、紀元二千六百年の「紀」や「元」が多いのと同じだと思います。
 以上、思いつくままズラズラと書いてしまいました。アテになる回答ではありません。実はお知らせしたいことがありまして、某青年が退会しちゃいました。勉強に専念ということが本当の理由ですが、誰かイジワルをいった人がいるような形跡があります。ケシカラン!!
 

この回答への補足

欄が足りなくなってしまったのでこちらを使わせて頂きます。気が付いたら肝心のお礼も抜けていました。すみません。改めて興味深いお話ありがとうございました。
余談ですが先日は私のようなものに勿体無いお言葉を頂き恐縮の至りです。心身共に脆弱で非常に不安定なところがあり、度々お見苦しいところをお見せして申し訳ありません。深い知恵がある訳でもなく、かと言って若者のような活力もなく・・と自分の中途半端さが身に沁みております。ですがそう言っていても仕方ないので、あのように言って頂いても恥じ入ることがないよう日々精進していきたいと思います。
・・と思ったのですが正直なところあの方がもういらっしゃらないと思うと、何か張り合いに欠けるというか気力が半減してしまうような感じが致しますね。

補足日時:2007/05/10 18:52
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「太郎」というのは中国で長男を指す「大郎」からという話は聞いたことがありましたが、なるほどもっと重みのあるものだったんですね。
やはり「一郎」で思い浮かべられたのは「鳩山一郎」でしたか。首相にまでなった人ですから私も近年の「ダイスケブーム」などのように、その辺りで「一郎」という名前が広まったのではないかと安直に考えていたのですが、皆さんのご意見を伺って「そう単純でもないのかな」と思っていたところです。ですが仰るように鳩山夫妻は「披露宴」というものを日本ではじめて行ったり、「事務所」という言葉を考案したりしたと聞きますので命名に関してそのように考えたとしても不思議ではないですよね。毎度のことながら回答者さんのお答えには勇気づけられます(笑) そういえば「平成」に改元したからといって最早それが命名に影響を及ぼすようなことはあまりなかったようですね。「改元」ということ自体が人々の心に何も響かなくなっているということでしょうか(かくいう私もさほど何か思った訳でもないのですが)。
>某青年が退会しちゃいました。
何と・・・私の与り知らぬところでそのようなことが起きていたのですか。慌てて確認してみると確かに「noname」になってしまっています・・何でしょう、この寂しさは。折角私も及ばずながらファンの末席に加えて頂いたところでしたのに非常に残念です。受験勉強という理由はわかりますが何も退会されることはないのに・・しかしその真っ直ぐさがあの方の魅力でもある気がします。お会いしたこともないのに何ですが本当に爽やかで清々しい方でした。
>誰かイジワルをいった人がいるような形跡があります。ケシカラン!!
これはあの後にもそういったことがあったということでしょうか。だとすると非常に残念でなりませんね。ご本人は「気にしていない」と仰っていましたが、あのように真っ直ぐな方ですから実際には大いに傷ついておられたんではないでしょうか。今更ながら何故あのようなことをするのかと憤りを禁じえません。

お礼日時:2007/05/10 18:51

 下のURLの「水仙」に出てくる「山本一郎太」は木曾義仲の供をしたのですから、源平の頃の人です。



参考URL:http://www.echizenkoshino.com/kankou/koshino/kos …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、そういうかたちでの「一郎」はあったのですね。「太」は「太郎」を略したものと聞きますので「一郎太」という名前は長男の長男を意味しているのでしょうか。「太郎太(郎)」ではすわりが悪いので「一」を用いたとか。輩行の仮名も十一男になると「余(与)一郎」となるそうなので、何かくっついたりすると「太」ではなく「一」になるのかもしれませんね。ご回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/05/08 22:24

ただの「一郎」はともかく、「○一郎」なら安土桃山時代に羽柴小一郎秀長とか小川孫一郎祐忠とかがいますから、そんなに新しくはないような気もします。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、言われてみると確かにそうですね。この場合の「○一郎」は「長男」を意味してつけられたものなのでしょうか。名前に関する本を読んでいて前述のように思ったのですが、そう単純ではないのかもしれませんね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/08 22:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名前の読み方

取引先の方から名刺をもらいましたが、名前の読み方がわかりません。
「康源」という名前の読み方教えて頂けないでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは! 自分のクラスには同じ漢字で「やすもと」とゆう人がいます。だからといってはいけないのですが、参考的に「やすもと」とも読めるのでどうでしょうか・・・。的外れでしたらすみません。

Q岡崎次郎三郎や茶屋四郎次郎

岡崎次郎三郎信康や茶屋四郎次郎の「次郎三郎」とか「四郎次郎」ってどういう意味ですか?

ほかに有名な、例えば「太郎次郎」とか「三郎次郎」って名前が付く歴史人物はいますか?

教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

まず、基本的に、「太郎=長男、二郎=次男」ということではないのです。
元々の意味としてはそれで正しいと思いますが、代を重ねて一族が広がるとそれではとても区別がつかなくなりますし。
# 無理やり区別しようとすると本当に「二郎三郎五郎太郎」なんて名乗りになったりして

武家などの名乗りは、嫡男の場合親からそのまま受け継ぐことが多かったようです。
岡崎信康についても、二郎三郎は松平元康も名乗っています。
これは元康から数えて5~6代前の当主が次男であったこと、4代前の当主が三男であったことが理由ではないでしょうか。
もちろん、信康が二郎三郎を襲名した後には元康(その頃には家康かな)をその名で呼ぶわけには行きません。三河守のように官位を名乗りに使ったりします。
# ある歴史小説で晩年の蜂須賀正勝を小六と書いていたものがありました。その時点での蜂須賀小六は子の家政を指し、正勝は彦右衛門とすべきだと思うのですが

さらに、真田信幸(信之)、信繁(幸村)兄弟のような例もあります。
信幸が長男、信繁が次男ですが、それぞれ名乗りは源三郎、源次郎です。
長男=太郎ではないという面白い例ではないでしょうか。


本題の「他に~」はちょっと思い浮かびませんでした。申し訳ない。

まず、基本的に、「太郎=長男、二郎=次男」ということではないのです。
元々の意味としてはそれで正しいと思いますが、代を重ねて一族が広がるとそれではとても区別がつかなくなりますし。
# 無理やり区別しようとすると本当に「二郎三郎五郎太郎」なんて名乗りになったりして

武家などの名乗りは、嫡男の場合親からそのまま受け継ぐことが多かったようです。
岡崎信康についても、二郎三郎は松平元康も名乗っています。
これは元康から数えて5~6代前の当主が次男であったこと、4代前の当主が三男であっ...続きを読む

Q日本人の名前の読み方を教えて

こんにちは、日本に留学している留学生です。

日本人の名前の読み方がいろいろありますが、
漢字がわかってもなかなか読み方が難しいですが、
いくつかの名前を教えていただきたいのです。

映画の情書に出ている「藤井 樹」はなんと読むんですか。
それと
藤井 裕輔 山本 大祐 この三人はしているのでしょうか。
この三人の名前の読み方とこう呼んでもよいという読み方も教えていただきたいのです。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちわ。
 日本では名前の表記と読みのあいだに1対1の対応関係がないので、読み方は本人に聞いてみないとわからないというところがあります。「ふつうはこう読むだろう」という一般的な了解のようなものはありますが、たとえば「裕輔」を「ひろすけ」とか「ゆたか」とか読ませることも、不可能ではありません。それでも「輔」「祐」は古い官名に由来する文字なのでそれほど無茶な読み方をさせることは少ないでしょうが、「樹」だとかなりさまざまな読み方があると思います。役所ではたぶん「樹木」から連想されるほとんどすべての読みを認めるはずですから、「ふとし」「かたし」「のびる」「つよし」などもあり得るでしょう。結局は本人に聞くのが一番なのですが、そうもいかないという場合、とりあえずもっとも一般的と思われる読み方(この場合は「いつき」「ゆうすけ」「だいすけ」でしょう)をしておくしかない、ということになります。ローマ字が併記してあると助かるんですけどね。
 かえって混乱させてしまったかもしれませんが、ご参考まで。

Q西暦はイエス・キリストの生まれた年を0年(基準)としていると聞くのですが、実際は

西暦はイエス・キリストの生まれた年を0年(基準)としていると聞くのですが、実際は
紀元前4年頃 に生まれたそうです。 なぜ違っているのでしょうか?

Aベストアンサー

暦の最初ほど現代に意味のないものはないんですよ。

まず現在のグレゴリオ暦は1582年に制定され、それ以前のユリウス歴はシーザーが紀元前45年に制定しました。この間にキリストが生まれた訳で、暦が先にあるのです。

そしてユリウス歴が間違ってずれるからグレゴリオ暦に改良されたので、ずれます。
wikiによると
>1900年3月1日から2100年2月28日までのユリウス暦とグレゴリオ暦のずれは13日となる。
だそうで、大幅にずれます。

西暦紀元を0年から始めずに1年からはじめてしまった。
前年は紀元前1年ですから、1年空白ができます。

さらに年齢は、満年齢と数え年があって、0歳と1歳からはじまる。

西暦をカウントしはじめたのが6世紀。当時のローマ歴を遡って聖書に忠実にカウントして歴史考証をしなかったのです。
で、1000年もたったグレゴリオ暦の計算を始めた頃に、本当は紀元前4年から7年頃じゃね?と気づいたんですが、教会の記録を新たに全部書き直すのは無理なので、キリストの生まれた年よりも残っている記録のほうが大事なのでそのままになりました。

暦の最初ほど現代に意味のないものはないんですよ。

まず現在のグレゴリオ暦は1582年に制定され、それ以前のユリウス歴はシーザーが紀元前45年に制定しました。この間にキリストが生まれた訳で、暦が先にあるのです。

そしてユリウス歴が間違ってずれるからグレゴリオ暦に改良されたので、ずれます。
wikiによると
>1900年3月1日から2100年2月28日までのユリウス暦とグレゴリオ暦のずれは13日となる。
だそうで、大幅にずれます。

西暦紀元を0年から始めずに1年からはじめてしまった。
前年は紀元前...続きを読む

Q名前の読み方

出生届を出すときって、名前のフリガナまでは記入しないんですよね?

自分の名前は2種類ほど読み方が可能なのですが
(『浩司』と書いて『ヒロシ』『コウジ』みたいな感じ)
保険証に登録されていて、家族に呼ばれているカタカナ名より、違う読み方を他人や知人によくされます。

しかも、そっちの読み方のほうが個人的にカッコイイと思ってます。

いっそのことそっちの読み方にしたいのですが、そういうのは可能なのでしょうか?

Aベストアンサー

皆さんも答えているとおり、出生届けにふりがな欄もあります。しかし、戸籍には記載されません。問題の「漢字」と「よみかた」の問題ですが、法務省の戸籍事務に関する通達では「低」と書いて「たかし」と読むようなものはだめ、となっているだけです。
住民票に記載されているという回答もあるようですが、これも「便宜上」あるだけで、法律上の記載事項ではありません。名前や生年月日について戸籍と住民票のどちらが正しいかというと戸籍という答えになります。なので戸籍に記載されていない「よみかた」を住民票で証明することはできないのです。
ご本人が主張する読み方が正しい、ということになります。

また、原則として同じ戸籍に同じ名前がいてはいけないことになっていますが、これはやはり漢字での問題です。同じ『浩司』と書くが『ヒロシ』さんと『コウジ』さんで違う名前だ、というのはだめ、ということです。

Q「弘仁」の改元理由と「弘仁」の意味

大同5年9月19日(810年10月20日)、弘仁と元号が改められています。元号が改められるのは何か原因があってのことと思います。
650年 白雉 → 穴戸国より白雉の献上
701年 大宝 →対馬より金の献上
など。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%83%E5%8F%B7%E4%B8%80%E8%A6%A7_(%E6%97%A5%E6%9C%AC)
上記には弘仁の改元理由は記されていません。

なぜ810年に弘仁と改元されたのでしょうか。
810年には「薬子の変」おこっているので、それを受けてのことでしょうか。

また「弘仁」ってどういう意味なのでしょうか。

推測でも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

即位の翌年に改元する「踰年改元」については #3 の言われる通りで, 手元の「歴代天皇年号事典」(吉川弘文館) によれば儒教的な観念によるものだそうです.
ちなみにこの本によれば永治への改元は「辛酉革命」によるもので近衛天皇の代始により康治に改元された, となっています (永治への改元は保延7年7月10日, 近衛天皇の即位は永治元年12月なので近衛天皇の代始改元で永治に改元されることはない),
また, 後堀川天皇の即位は 1221年です (貞応への改元は承久4年4月13日).

Qメキシコ人の名前の読み方を教えて下さい

こんにちは、初めて質問させていただきます。
メキシコの固有名詞の読み方を教えて下さい。
Q1:メキシコ人の女性の名前、MaeとWasel, Hattieはそれぞれどのように発音するのでしょうか。
Q2:メキシコ人の場合、男性の名前DavidやCaroll, Hardyといった英名のような姓も、メキシコでは違った読み方が用いられているのでしょうか。
Q3:メキシコの地名、Pachecoの読み方もお教えいただけますでしょうか。
Q4:また上記のようなメキシコ人の名前の読み方は、スペイン語辞典などで調べられるのでしょうか。
以上、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

メキシコ人の名前は原則としてスペイン語か先住民の名前(今ではほとんどスペイン語化)でしょう。

1)MaeとWasel, Hattieは外国系の名前のようです。メキシコ人ならマエ、ワセル、アティエと発音するでしょう。しかし、本人が本国の発音をしている場合もあり何ともいえません。

2)David ダビッド Caroll カロル Hardy ハーディまたはアルディ、これらの名前は若者同士なら英語風に発音している可能性があります。Davidはヘブライ語系でメキシコ人も使いますのでダビッドでしょう。

3)Pacheco パチェーコ 人名にもあります。

4)外来語や英語風な名前は移民の二世、三世の可能性があります。この場合発音の原則はありません。本人がどう発音しているかによります。スペイン系の名前は聖人から取りますのでそんなに多くありません。スペイン語の読み方(発音)の基礎を勉強すれば(1~2日)全ての名前が読めますよ。一部の例外を除きローマ字読みでOKですから。代表的な名前は辞書にも掲載されています。

Q子供の名前を考え中・・(男)歴史に出てくるお坊さんのような名前 教えてください

2月に 男の子を出産予定です。今 名前を 考えているのですが、今はやりの ありきたりな名前ではなく お坊さんの様な、歴史に出てくる様な・・・そんな名前を 探しています。

ご存知の 名前が ありましたら 教えてください。 

Aベストアンサー

>2月に 男の子を出産予定です
 おめでとうございます。体に気をつけていい子を産んでください。ところで、お坊さんの名前って人名漢字に引っかかりそうな人多いので気をつけて。

仏教彫刻、仏画でよく見かける人たちを挙げてみると・・
◎インド、中国の高僧
無着(むちゃく)、世親(せしん)、玄奘(げんじょう←三蔵法師ですね。)、鑑真(がんじん)、龍猛(りゅうみょう)、龍智(りゅうち)、不空(ふくう)、恵果(けいか)、善導(ぜんどう)、達磨(だるま)、慧可(えか)、慧能(えのう)

◎日本の高僧
義淵(ぎえん)、行基(ぎょうき)、良弁(ろうべん)、空海、聖宝(しょうぼう)、最澄、円仁、円珍、良源(りょうげん)、源信、良忍(りょうにん)、良尊、智光(ちこう)、泰澄(たいちょう)、重源(ちょうげん)、叡尊(えいそん)、源空(げんくう)、親鸞(しんらん)、蓮如(れんにょ)、日蓮(にちれん)、栄西(えいさい)、道元(どうげん)、隠元(いんげん)

◎その他
円空(えんくう)、木喰(もくじき)、良寛(りょうかん)

 うーん、見にくい!!ごめんなさい。私の一押しは「空海」(スケールのでかい偉大な人になりそう。字も読みやすいし)、良寛(優しい人になってくれそう)。
 あと、上にあげた人の中で特にイメージが良い人物は、玄奘(努力家のイメージ)、鑑真(努力家のイメージ)、重源(東大寺を復興した人)です。
 反対に、人によってはイメージが悪いこともあるのですすめない人は、親鸞、蓮如、日蓮(←人によってですよ。本当はすごい人だったと思います)。前に上がっている道鏡も怪僧ってイメージが強いので、子供の名前にはあまりすすめられません。

 日本仏教人名辞典(新人物往来社)とかもあるので、こういうのも参考にしてみては?何をやった人かも分かるし・・多分図書館の宗教か、事典か、芸術のコーナーにあります。それから、自分の好きな字を選んで音読みにするだけでもぐっと僧侶っぽく・・(大学時代、義博という知人は、「ぎはく和尚」と呼ばれていました。)

>2月に 男の子を出産予定です
 おめでとうございます。体に気をつけていい子を産んでください。ところで、お坊さんの名前って人名漢字に引っかかりそうな人多いので気をつけて。

仏教彫刻、仏画でよく見かける人たちを挙げてみると・・
◎インド、中国の高僧
無着(むちゃく)、世親(せしん)、玄奘(げんじょう←三蔵法師ですね。)、鑑真(がんじん)、龍猛(りゅうみょう)、龍智(りゅうち)、不空(ふくう)、恵果(けいか)、善導(ぜんどう)、達磨(だるま)、慧可(えか)、慧能(えのう)

◎...続きを読む

Q名前の読み方が分かるサイト

漢字で書かれた名前の読み方を
簡単に調べられるようなサイトはないでしょうか?

読み方の分からない名前をしばしば目にして
困惑してしまうのですが・・・。

そう言うサイトご存知の方居ましたら
教えて下さい。

Aベストアンサー

名前は読み方が色々あるので難しいと思いますが、ここを試してみてください。

Dictionaries to search:のところを all にして Search してください。

参考URL:http://www.foks.info/index.html

Qヒトラーの大量虐殺は何故生まれたかを検証する実験の名前…

ヒトラーの下で大量虐殺を実行した人々は、
何故虐殺をすることができたのか、という実験が現代にあったのですが
その実験の名前が思い出せません。

うろ覚えなのですが
用意された2つの教室の片方に先生、もう一方に生徒を座らせ
少女に電流を流してゆく(フリをする)
というものだったのですが…。

こんな少ない情報でわかる方はおられませんでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

恐らく、ご質問の実験は、「アイヒマン実験」と呼ばれるものでしょう。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%92%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%AE%9F%E9%A8%93


人気Q&Aランキング

おすすめ情報