以下のような問題が出たのですがいいアイディアください。

わが社は受注生産である。製品は商社を通して市場に販売し、クレームも商社を通して時々(つき10件)ある。受注変動が多く、短納期で、しばしば納期変更が発生する。原材料・部品などの資材在庫は多く、倉庫以外にも置いてある。製造工程において材料不良が多く発見されるし、そのため工程の仕掛品も多く、現場は雑然としている。
システムエンジニアとしてどう援助するか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 特注品ではないようですが、受注変動が多いのでラインに乗らない、というわけですね。

しかし月10件のクレームが来るというのは、結構な台数を出荷しているんじゃありませんか?
 これは見込みで生産をやっちまうしかないでしょう。仕掛かりを置いておく位なら作ってしまったほうがましです。計画生産すれば、材料の検品も早くできますし、品質も上がり、クレームが減ります。すると注文も増えるかもしれない。
 また、商社を通さないと売れない品物もあるでしょうが、販路を複数持てば在庫が安定しますよね。
 どうもいーかげんで、すいません。
    • good
    • 0

クレームに関については、月当たり10件と言う数字が出荷する製品数に対して多いのか少ないのか分からないし、クレームの内容を明らかにしないと援助の方法は見つからない。


受注変動、短納期、納期変更に対しても対応が出来ていれば問題はない。
資材在庫についても、特定の季節に大量に確保する必要がある農産物等を主原料にしている場合など、合理的に考えて仕方の無い場合も考えられる。
倉庫以外に資材を置いてあっても保管や経費の面で問題が無ければ構わない。

ここまでは、問題点が明確になっていない。
つまり、この設問自体に不備があると思います。

明らかに改善の必要が有るのは、製造工程で材料不良が発見される点です。
材料の入荷後に検査の工程を設けることで、製造工程でのトラブルが未然に防止できるので、仕掛品も減り、現場も整然とする。

まともに答えるのでしたら、
サプライチェーン・マネジメント(SCM)Supply-chain managementという言葉があります。主に経営工学で用いられる用語です。
この問題は、「SCMを導入する」と言う答えを期待しているのかもしれません。
    • good
    • 0

とりあえず「問題が出た」と言うことで、こういうタイプは門外漢ながら...。


いや、「工程管理」と言う単語としてはよくやっている事なのですが。。。

>クレームも商社を通して時々(つき10件)ある。

クレームの存在は自社にどれほど悪影響があるのでしょうか?
クレームが減るようにするのにはどうすべきでしょうか?
商社の問題でしょうか?それとも自社の問題でしょうか?
、、というように考えると良いかも。

> 原材料・部品などの資材在庫は多く、

どうすれば在庫を減らせるでしょうか?
そもそも在庫が多いことは問題でしょうか?
問題ならば、何が原因と思われて、何をすれば減らせるでしょうか?

> 製造工程において材料不良が多く発見されるし

なぜ、製造に行くまで不良が見つからないのでしょうか?
また、どうしてそこで「多く」見つかってしまうのでしょうか?

いや、素人のたわごとですので、ごめんなさい。。。
    • good
    • 0

これは最近アメリカなどの車メーカーが始めた受注システムの応用ではないですか?


下請けに発注し下請けが孫請けに...といった今時の現状を孫請け以降までもIT化して発注し発注から納品までのタイムロスを極力減らすことにより在庫占有率を減らすことになる。といったものですね。
つまりビス1本までの発注納品一元管理です。
当然納品に掛かる時間を逆算することも必要ですし
将来的には子会社、孫請けなどの中からコストと納期のバランスのとれたところを選ぶまでもシステム化する、というものです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q工業簿記の仕掛品勘定は複数あるのですか?

工業簿記の勉強中です。仕掛品勘定はたくさんあるのでしょうか? 今まで勘定口座は1つで、原価計算表に明細があるのかと思っていたのですが、ネットスクールの「サクッと」を見ていると仕掛品Aとか仕掛品Bとあります。商品ごとに仕掛品勘定はあるのでしょうか? 頭が混乱しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まとめて一個ですよ。
ただ、まとめるとゴチャゴチャになって分かりにくいのでバラバラに載せているだけです。
仕掛品Aと仕掛品Bの勘定をまとめれば普通に工場が使っている仕掛品勘定になります。
仕訳を切るときは(あんまり工業簿記では仕訳の問題は出ませんが)
仕掛品 100/材料 100
といったように普通に切ります

Q英訳をおねがいします! 1、学生たちは、第2第三言語を学ぶことは難しいとしばしば不平をいいます。 2

英訳をおねがいします!
1、学生たちは、第2第三言語を学ぶことは難しいとしばしば不平をいいます。
2、私たちは、異文化出身の人々とのコミュニケーションは難しいという事実を受け入れなければなりません。
3、もしあなたが試験に合格したければ、あなたはとても一生懸命に勉強するべきである。
4異文化出身の新しい友達を作ることが外国語学習の報いの一つである。

大学受験を控えてます!

Aベストアンサー

いろいろな書き方があると思いますが、

1. Students often complain that it is difficult to learn second/third language.
2. We have to accept the fact that it is difficult to have cross-cultural communication.
3. If you wish to pass the exam, you should study hard.
4. One of the reward of studying foreign language is to make cross-cultural friends.

異文化に関しては、他の言い方もあると思う。 4に関しては、日本語をそのまま英語にしたので、若干違和感がある。 「作ることができるようになる」なのであれば、 ... is that it enables one/us to make... くらいのかんじにできるのですが、、、

Q学校の教育機材を扱う商社

メカトロニクス関係の教育実習機材を工業高校、高等専門学校等に売り込みを図りたいと考えてます。
販売効率の関係から学校に出入りしている業者を通しての販売を考えております。
学校を相手の商売は経験が無く、出入りの業者を教えて頂けませんか?地域は埼玉、群馬、栃木、茨城、長野、新潟の各県です。

Aベストアンサー

教育実習機材といっても値段がわからないと適切なアドバイスは出来ないのですが,3万円以上の品物としてアドバイスします。

まず,学校に出入りできる業者は県の指定業者です。何百万か払って県の指定を受けます。その指定業者の一覧表は県の教育委員会等でもらえるのではと思います。しかし,それらの指定業者に売り込みをはかっても殆ど可能性は無いでしょう。

備品類は工業等ですと「産業教育振興法」(産振),又は,「理科振興法」(理振)のどちらかでの購入となります。国庫での購入ですから,まず文科省にその物品がそれらの法に適切であることを認めてもらい,対象物品にしてもらう必要があります。どのようにするのかは知りません。

一般的には,島津や中村等の大手の理科学機器販売会社を通じてでないと難しいのではと思います。

Q加工食品の原材料名に「グリシン」とありますが・・・

今日コンビニでパンを買って原材料名をみて思ったのですが、原材料に「グリシン」と書いてありました。
ですが、グリシンはタンパク質の含まれている食品ならどの食品にも含まれていますよね?
また、グリシン以外のアミノ酸だって当然含まれているはずなのにわざわざグリシンのみを表記している理由はなんなのでしょうか?わざと多めに添加しているからでしょうか?
だとしたら、添加するのはなぜでしょうか?グリシンは食品衛生保持などに関係があるのでしょうか?

どなたか詳しく分かる方がいましたら、教えていただけたら嬉しいです。

P.S.
ちなみに買ったパンは蒸しパンです。

Aベストアンサー

今日は。

グリシンは保存剤として敢えて含有されているのでしょう。
甘味のある食材にとってグリシンは副作用も殆どなく(アミノ酸だからという観点だけに拠ります。由来にもよりますのでなんとも言えませんが)微生物の増殖を抑え、かつ甘みがあります。

そして何よりも安価です。

そんなところがグリシンを含有させている理由だと思います。

Q半導体製造工程の酸化膜について

半導体製造工程に用いられる保護膜で酸化膜(もちろんチッ化膜が主だと思いますが)があるとおもいますが、熱酸化で作られた酸化膜とCVDで作られた酸化膜とは膜自体の性能といいますか、特性といいますか、やはり違うのですか?
違うとすれば、どう違うのですか?教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

前回答者と一部重複しておりますが、私の認識している範囲で。

酸化膜 Siの中に酸素が拡散していくわけであり、良好なSiO2/Si界面をつくります(現在のMOSトランジスタの主流)。原子量比Si:O=1:2の理想的な酸化シリコンになりやすい。そして高温で形成されることから緻密。耐薬品性も良好(フッ酸によエッチング速度もCVDより遅い)。

CVD Si:O比は成膜条件に大きく依存。よって未結合の手も多数あり。その他の原子(反応ガスに含まれるH等)も多量に入る。すなわち欠陥の多い膜。したがってMOS用絶縁膜には向かない(でもTFT-LCDでは、その低温形成の特徴からMOSトランジスタに使われています)。耐圧も熱酸化より悪い。また保護膜で用いられる場合はアルカリ金属のブロックの目的でリンを混ぜた酸化シリコン(PSG)を使うことが多いと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報