OCN光で最大124,800円おトク!

こんにちは。

先日念願の新車を購入しました。
それまで乗っていた中古車(10万キロ程度走行)に比べ
加速も良いし,アクセルの動きも滑らかです(当然か;)

しかし気になることが。

アクセルが踏み込みやすいせいか,
信号待ちなどで待った後発進するときに
スムーズに発進できません。後ろに引っ張られるような衝撃を受けます。
(車がポンッと前に出ちゃうからですよね)

これに気をつけようと,
信号が青になってからまずブレーキを離し,
クリープで少し前に出かけたらアクセルをわずかに踏んで
ちょっとしてからもう少し踏む・・・(分かりづらくてすみません)

こんな感じで気を使っているのですが
なんだか信号青になっちゃってますよ?みたいな気がして
後ろの人,この車新車の癖に発進遅いなーーーーなんて思ってるんじゃないか・・・
と思ってしまいます。

とにかく,スムーズに,同乗者に不快を与えない運転をしたいのですが
どのようにすれば上手に発進できるのでしょうか??

アドバイスをいただけたらうれしいです。

ちなみに車はトヨタRAV4で,CVTです。
どうぞよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

 いろいろな方法がアドバイスされているようなので、補足的に・・・



 発進するとき、ブレーキから足を離した後、アクセルを普通に踏み込む前に、一度アクセルを、ほんの少し“ポンッ”と踏んでみて下さい。(※踏みすぎるとキケンです)
 この“ポンッ”の度合いは、車の仕様や状態、また人それぞれの感覚の違いがあるので、初めは本当に軽く踏んでみて、徐々に調整して下さい。

 簡単に説明すると、AT車やCVT車などは、エンジンの回転数がある程度(多分RAV4で、信号からの発進加速をするような状況だと1,500回転位かな)上がったところで、エンジンの力が伝わるようになってます。

 その為、普通にアクセルを踏むと、エンジンの力が伝わった時点で、急激に加速するように感じます。

 そこで、エンジンの回転が伝わる回転数まで、“ポンッ”と回転を上げて、力の伝わる準備をしておき、その後に“ジワ~~”とアクセルを踏んであげれば、素早くかつスムーズに加速できるという訳です。

 人によっていろいろな方法がありますが、発進のスムーズな人は、この“力の伝わるポイント”を上手に(しかも無意識に)コントロールしています。
 参考までに、一度試してみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは,ご回答ありがとうございます。

あぁなるほど。納得です。
ある程度回転数があがったところからでないと
エンジンの力が伝わらないんですね。
私の車はもう少し回転数が低くて,1000回転くらいと思います。
仮に1,500回転から力が伝わるとしたら
1000回転前後から少しずつアクセルを踏んでも
1,500回転くらいになって突然飛び出しちゃいますね。
このあたりを意識してみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/19 23:01

こんばんは



恐らく以前の車のアクセルの感覚がまだ抜けないのではないでしょうか。

前の車のアクセルより今の車のアクセルペダルのほうが遊びが少ない為に、以前と同じ調子で踏み込むと急加速してしまっているのでは。

そうで在ればその内に慣れてくると思いますが、今のうちなら買った所で無料で遊びの調整をして貰えるかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは,ご回答ありがとうございます。

たしかに,前のアクセルの感覚が抜けていないのかもしれません。
前の車は古い軽自動車だったため
アクセルペダル自体も硬い感じ感じでしたので結構強めに踏んでいました。
1ヶ月程度で慣れるというご意見をいただいたのですが
慣れる事もですし,
1ヶ月程度すれば以前の車の癖もなくなってくるかもしれないですね。
様子を見ながらあまりあせらずいろいろやってみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/19 23:04

信号が青になってブレーキランプが消えれば「ああ、動く気はあるんだな」って思うから問題はないと思う。


もう少しクリープの時間を長めに取るともっとスムーズだと思う。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは,ご回答ありがとうございます。

たしかにブレーキランプが消えれば,
青信号に気づいているんだということは分かりますよね。
おっしゃるとおりですね。
気が楽になりました。
クリープの時間やアクセルの踏み方を変えながら
試してみたいと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/19 22:58

貴方の感じる事は正解です!そして、気を使って運転する人が居て嬉しく思いました。


で、荒っぽい発進の原因ですが、実は「電子スロットル」という、排出ガス規制、省燃費規制に対応した機構に有るんです。以前に乗ってた車とは大きく違ったモノが使われてまして、Drの意思とは違うアクセルワークをクルマが勝手にするんです。
試しに思い切り発進してみて下さい、想像よりも大人しい発進加速だと思いますよ。 大雑把に説明すると、先の規制をクリアするべくDrがグッとアクセルを踏み込んでも「燃焼形態重視の燃料」しか噴射しないわけです。
逆に「さほど踏んでもいないのに、強く発進し出す」というのは「定員一杯」を想定した「燃料プログラム」の為なんですョ 「燃料噴射装置」というモノは「コンピュータ・プログラム」で幾らでも「味付け」が出来るんですよ
「電子スロットル」というのは、Drが踏んだAペダルの「開度」と、各センサーからの情報でコンピュータが計算した分を「コレだけ」と、リニアに動かせるモーターで「スロットル・バレル」を開けるというモノなんです。
ですから、貴方や私が「滑り出すような発進をしたい」と、右足を駆使しても、思うように操作できなくて当たり前!?なんですよ(悲)
甥っこのノアも一人乗りなら「酷い発進の仕方」ですが、大人が4人と子供2人なら丁度イイ、発進加速というカンジです。昔のクルマはスロットル重視で、通過空気量に対して燃料の量だったのですが、今ではどんな時でも適正量の燃料といった制御なんです。
昔のクルマなら「一時的にガス(燃調)が濃くなる」制御方法でしたから、瞬発力が欲しい時には「ガバッと燃料を噴射」と言う感じだったんですけね。現行のクルマでは「Drに操作させない」意思とは違う動きをする?という事です。
CVTが流行ってますよね。4ないし5速A/Tでは、変速する度に(シフトアップ時)回転低下しトルクも低下するので、先に書いた燃調制御ではどうしても、加速がもたついてしまう訳です。燃え残る程、ガスを濃くすければ「燃焼スピード」が早く出来るので、加速が良くなるのですが、「☆のステッカー車」はそんな手法は使えません。
何とかトルク不足を補う為に、各社CVTを取り入れて対処してるわけです。CVTを使えば「減速比をバリアブルに制御」できますから、E/gのトルク不足な部分では小さく、燃焼スピードの上がりはじめた頃には、大きく減速比を変えるといったプログラムを組めば「加速の良いクルマ」になるワケです。

私の回答は、発進時のプログラムを変更するしか方法が無いのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは,ご回答ありがとうございます。

とても専門的なご回答で,大変申し訳ないのですが
きっと5割程度しか(というか核心部分が;;;)理解できていないかもしれません。
それでも,イメージしてみたのですが
私が以前乗っていた原付(オートマ式)のように
ふかせばそのまま加速につながるのではないということでしょうか。
★がついているということは,その分電子制御が働いているんですねぇ。。。
あとは私が基本的に一人で乗ることが多いので,それも原因ですね。
5人乗ったらとイメージすると全然違う気がします。。。

最終的なご回答の「発進時のプログラムを変更するしか方法がないのでは?」
というところですが
これはディーラーで頼めば,ちょちょいっとできるようなことなのでしょうか?
それとも☆のステッカーの認定が取れてしまいますよーみたいな
違法ではないけど「改造」みたいな感じなのでしょうか??
そもそもディーラーに相談すべきことなのでしょうか???

なんとなく,CVTの性質なのでいたしかたないことです。
と思うべきかな?と思っているのですが,いかがでしょうか。

もしお時間がありましたらまた引き続きお願いいたします。

お礼日時:2007/06/19 22:56

そのうちだんだん慣れていきますよ。



おそらく以前の車はトルコン式という一般的なATだったのでしょう。
今度の車はCVT式。トルコン式のようなダルな感覚がなくなって
”キビキビ感”に戸惑っていらっしゃる状態だと思います。

ものの1ヶ月もすれば慣れちゃいますよ。

CVTに慣れたあとで、従来のトルコン式のに乗る機会があったら・・。

今度は”うひゃぁ、だるい~”みたいになりますよ。

ちなみに近年はCVT式が主流になりつつありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは,ご回答ありがとうございます。

だんだん慣れてくる・・・かもしれません。
私は結構性格的に,すぐ問題を解決したい!と思ってしまうタイプで
『時間が解決してくれる』『日にち薬だ』という問題が
一番嫌なんです(苦笑)
でも,それしかないなら仕方ないと思えるようになりました(若干大人化)
毎日の通勤で気を使い練習しつつ,慣れようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/19 22:50

私は元タクシードライバーですが、あなたの実践されてることは正しいですよ。


正直、アクセルの踏み込み加減は体で覚えるしかありません。
ただ、少し気になったのは、ちょっと踏み込んで少ししたらまたもう少し踏むというのですが。
どちらかというと、アクセルを固定するのではなく、少しずつゆっくり踏み込んでいく感じでされるといいと思います。(言葉では説明が難しい)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは,ご回答ありがとうございます。

元タクシードライバーの方のご意見,うれしいです。
タクシーの運転手さんにもいろいろありますが
発進時の不快感を覚える運転手さんはあまり記憶にありません。
どこかのHPにも,アクセルは1mm単位で踏むイメージという感じで書かれていました。
あれってやっぱり本当なんですね(笑)
私の場合は,
最初の「ちょっと踏む」は,
タコメーターがちょこっと回転数上がる程度(イメージとしては5mm)で
次のもう少し踏むが回転数1000回転あがるくらいでしょうか??
(イメージとしてはさらに1cm踏み込む)

でも,この5mm→さらに1センチという感覚の踏み方が間違っているんですね。
無段階な感じで踏むことをイメージしてやってみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/19 22:47

私も No.1 の回答者と同意見です.


交差点をグランプリか何かと勘違いされている方が多数いらっしゃるようですが,あまり人のことを気にせずにゆっくり発進しても良いと思います.ゆっくり発進したほうが同乗者は快適だと思います.

あと,エンジンは人の性格を反映するとよく言いますから,ゆっくり発進するようにしたら,そのうちエンジンのほうがその発進に慣れてくると思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは,ご回答ありがとうございます。

たしかに・・・私は結構せっかちなほうで
意外と周りから見たらそんなに遅くないかもしれませんね??

前は古い軽自動車だったのですが結構スピードも出していました。
しかし不思議なことにエンジンや車体が大きくなって
逆に余裕が出たというか,スピードをあまり出さなくなりました。
いいことですね♪
エンジンもだんだん私になれてくれるといいです♪

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/19 22:44

それでいいのではないでしょうか。


それか、ブレーキを離した直後にアクセルをほんの少し踏み、そこから徐々に踏み込んでも結構スムーズに発進できます。

急に踏み込むほうが同乗者にも、周りの安全にも、環境にも良くないと思います。(いい事無し@@;)

とばしたい車のことなんてほっておけばいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは,ご回答ありがとうございます。

ほんの少し踏んで徐々に踏み込む・・・という動作。
もう少し意識してやってみようと思います!

ありがとうございました。

お礼日時:2007/06/19 22:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアクセルを踏んでの発進・加速時に、もたつく感じがします

信号待ちとかでいったん停止して、発進させようとアクセルを踏むのですが、踏んだ時スムーズに加速せず、アクセル踏んで少しの間加速感が重い感じがして、変速ショックがある、という感じです。
どこか悪いんでしょうか?ディーラーで購入した車でないので、どこへ修理等の相談をしたらいいかわかりません。原因がいまいち素人の感覚では判りかねるところです。私が思うに、ATF交換したほうがいいのかな?と思ったのですが、今年の4月の車検の際にまだ交換しなくてよいと判断されています。
ちなみに、車検は民間整備工場(某車検専門チェーン店)で行いました。
どなたか原因等わかる方いましたら教えていただきたいと思います。
車は、ホンダ オデッセイ RA1です。

Aベストアンサー

可能性としては、
1.やっぱりATFの劣化

2.トルコン自体の故障

3.点火プラグの劣化

4.FIの詰まり、ホースの劣化

5.マフラーやエアクリの交換による、設定変更ミス

とくに1は走行距離で判断されたと思うのですが、絶対と言うことはないので、ディーラーなど複数の整備工場でみてもらってはどうでしょうか?

あとの2~5はもしかしたらという程度です。プラグであれば自分でもできますし、簡単にチェックしてもらえますので、試しにみてもらってはどうでしょうか?

Q明日は仮免試験…S字、クランクが心配で仕方ないです

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車体の真ん中くらいに来るよう左寄りで走り、S字とクランクも今まで習ってきたことをもとに(特に私はハンドルをはやく切りすぎてしまうことが多いので、少し遅めに切るようにしました)やってみました。

そうしたら、S字とクランクどちらも何回かやったのですが初めて一度も脱輪することなく、始めにあらかじめ先生にも「S字とクランクが心配」と言っていたのですが終わりころには「だいぶいいね」と言ってくださり、S字クランクを通る時のスピードなど注意を受けたものの、一発で見極め良好をもらってしまいました・・・。

正直、私の場合先生によってリラックスした気持ちでできるか緊張してしまうかが分かれてしまう、というのもあるのですが・・・^^;

修了検定は、確かとなりに教官はいないのですよね・・・?(無線で指示をうけると聞きました)
今まで練習では、厳しい先生だとしても先生がいてくださったので「脱輪しそうなら指示を出してくれる」と思っている部分があり、それで少し気楽にできた、というのがありました。
しかし明日は隣にいない状態で一人で判断して操作しなければなりません。。

今日は成功したものの、明日脱輪しないか・・・と今から落ち着きません;

クランクで柵にぶつかったら検定中止になる、というのは聞きましたが、脱輪の場合も
中止になるのでしょうか?
また脱輪した場合、そのまま進行方向に進んだほうがいいのかバックしたほうがいいのか、
バックの場合ハンドルは切るのかそのままなのか、、状況による使い分けがまだいまいちわかりません;;
クランクやS字の際、これは気をつけて運転したほうがいい、というのはありますでしょうか・・・?

今私が通っている教習所には、母の友人の知り合いの方が教官をなさっていて
そのつながりで紹介をしてもらって通っています。
実際にその教官に技能を教えてもらったこともありますが気さくな本当にいい先生で、
「一発で合格してほしいから」と私のできていないところの注意、アドバイスを丁寧にしてくださって、なぜできないのか一緒に考えてくださったり、また私が運転の指導をしてもらった他の先生にも私の運転について聞いてくださっていたり、「もうすぐ検定だけど、まだ走り慣れてないみたいだから」と心配してくださっていたようです。
それを知ってとてもうれしく思ったと同時に「一発で絶対合格したい」という気持ちが強くなり、
また今春休みで帰省しておりその中で短期でスケジュールを組んで受けているので
落ちるとこれからの計画がくずれてしまって、この休み中に卒業検定まで
いかないこと、また両親に金銭的な面であまり負担もかけることはできないことなどがあり
とにかく明日のことが心配です。。

何かアドバイスありましたら教えていただけないでしょうか・・・?

長文失礼いたしました。

毎度お世話になっております。

今、普通AT車の免許をとるために短期で教習所に通っています。
そして早くも、明日は仮免試験です…。

私はS字とクランク(特にS字)が苦手で、昨日も2時間教習を受けた際何回か脱輪してしまい、
また道路をどうしても右寄りに走ってしまう癖があって、昨日も教習で確認の時一人の先生に「後半はなおってきたけど、前半走行位置がめちゃくちゃでしたよ」と言われました;;

なので今日の朝、検定前最後の教習があったときには、昨日の先生のアドバイス通り左側の白線がだいたい車...続きを読む

Aベストアンサー

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいでも十分曲がれます。感じとしては、ドアミラーがカーブ開始位置に来たあたりが、ナイスタイミング。スピードが遅いから、これで大丈夫!

S字カーブでも最初のカーブと次のカーブの曲がり具合はほとんど同じはずです。最初はゆるいカーブで、次が90度曲がるなんてコースはないですよ。同じタイミングでいいんです。

で、まず一つ目のコツ。前輪がカーブに対してどの位置にあるかをイメージしましょう。でも、これって教習中に指導員から教わりませんでしたか? あしたの仮免前に練習は出来ないでしょうから、夜にイメージトレーニングするしかないですねえ。

ハンドルは手を緩めると元の位置に戻ろうとします。当然車のカーブ具合もゆるくなり、そのままにすると直進します。そして次のカーブ開始がドアミラー付近まで来たら、同じようにゆっくりと曲がっていく。どうせスピードは20-25km程度過ぎません。

2.脱輪した時点で試験はおしまいの筈です。「再試験ね」と冷たく言われて・・・。

そこで第二のコツ。脱輪しそうになったら、まず止める。Rにギアを入れて、ハンドルはそのまま。ブレーキを緩めて絶対に切り返さずにバックして元の位置まで戻る。ここであわててハンドルを切ると今度は後輪が脱輪する可能性が大きくなります。

もとの位置まで戻ったらやり直してカーブを回る。

さあ、頑張って! 憧れの運転免許はすぐそこにある!

コツと言えるかどうか分からないけど、2点のみ助言を。

1.既回答にもありますが、方向を決めるのは車の前輪です。その前輪はあなたの体の真下ではなく、1m近く前にあります。まして、ボンネットの最先端にあるわけでもありません。

あ、曲がらなければ、と思ってハンドルを切る初心者のハンドル操作は、カーブが始まるかなり手前になる傾向があります。目ではカーブを捕えていても、車は実はまだまだカーブの手前なんですね。

ここでハンドルを切ると、当然脱輪します。体がカーブ開始位置に来たな、ぐらいで...続きを読む

Q最も燃費が良い発進加速のしかた(AT)

AT車ですが、発進加速の際に燃費が最も良くなるようにするには、アクセルをどれくらい踏むのが、または回転数をどのくらいに保つのがいいのでしょうか?

ベタ踏みは明らかに燃費は悪くなりますよね。だからといって、アクセルを踏むか踏まないかでシズシズ加速し、最低限の回転数でシフトアップしていくのも、これまた最良の燃費にはならない、と聞いています。(どちらも交通の流れを乱しますし…)

私は普段、2000 回転くらいを保って加速するようにしています。これだと、35km/h くらいで3速、45km/h くらいで4速に入り、以後ロックアップされたままで加速していきますが、果たしてこれが一番いいのか?もう少し踏んで 2500~3000 回転くらいがいいのか?

平坦地・一人乗車・セダン4ATを前提に、教えて下さい。

Aベストアンサー

省エネ運転の基本はすでに十分ご承知のようなので、私の車での経験を少し…

私もフレックスロックアップ付き4ATですが、前後に車がいなくてマイペースで加速できる時は、1500~2000 回転の間で、できるだけロックアップを活用するように加速しています。
ちょっと急ぐ時、周りの流れが速い時でも、最高 2500 回転くらいです。
これ以上踏むと、エンジンの唸りも大きくなるし、明らかにトルコンが大きく滑っているのが感じられます。こうなると、燃費も悪くなってくるようです。

私の場合、平坦地での加速時に 2500 回転以上回すのは、高速道路や流れの速いバイパスなどへの乗り入れの時くらいですが、この時も、一気にベタッと踏んだりせず、親指で踏む感覚でジワーッと締め付けるように踏んでいきます。

燃費を良くするひとつの秘訣に「早く加速を終わって定速走行に持ち込む」というのがありますが、だからと言って急加速(3000 回転以上)してまで急ぐと、経験上かえって逆効果のようです。どこのサイトを見ても、急加速は燃費向上でのタブーとされているようですし。

ご質問の加速パターンは、そういう意味で理想形に近いのではないでしょうか?

省エネ運転の基本はすでに十分ご承知のようなので、私の車での経験を少し…

私もフレックスロックアップ付き4ATですが、前後に車がいなくてマイペースで加速できる時は、1500~2000 回転の間で、できるだけロックアップを活用するように加速しています。
ちょっと急ぐ時、周りの流れが速い時でも、最高 2500 回転くらいです。
これ以上踏むと、エンジンの唸りも大きくなるし、明らかにトルコンが大きく滑っているのが感じられます。こうなると、燃費も悪くなってくるようです。

私の場合、平坦地での加...続きを読む

Q公道でのMT車の速い発進、それからのシフトアップについての相談です

公道でのMT車の速い発進それからのシフトアップの方法はありますか?
なるべく週に3~4回は車に乗っているのですが(おもに夜です)、信号発進などに後ろのミニバンとかに煽られることがよくあります・・・・

発進の時なんですが、僕は2~3秒ほど滑らせて1600~1700回転位でやっているのですが、これ以上早く、そして低回転で発進するとガクガクしたりエンジンがカラカラ鳴ってしまいます・・・
半クラッチは何秒くらい、回転数はどのくらいがベストでスムーズかつ速いのでしょうか???

また発進してからの1から2のシフトアップなんですが、1速はどれくらい回したほうがベストでしょうか??
そしてシフトアップの際の回転合わせやアクセルやクラッチ操作はどのようにするのがベストで速くてスムーズでしょうか??
あと1→2のシフトアップの時、アクセルは全部戻さずに、クラッチを滑らせながらつなぐというやり方があるのを聞いたのですが、そのような方法は良いのでしょうか??

以上です、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

昔、国内A級ライセンスを持ってたものです。
半クラッチはクラッチの寿命を減らします。
レーシングカーのクラッチは強化クラッチで半クラは絶対にしてはいけないものです。
公道でも半クラッチの多用は何においてもよくありません。
2~3秒はあきらかに長いと思います。1~1.5秒でしょう。
もしかするとその2~3秒の間に駆動力がスムーズに伝わらないのであおられるのかも知れません。

あおられて気にしていても危険なだけです。

スタートは2000回転ぐらいまであげてみてもいいでしょう。これはメーターを見ながらやるというより、感覚で身に着けるものです。視線は基本的には前方です。
シフトアップは一速で4000回転ぐらいで十分でしょう。公道ではタクシーの運転手さんの走りが参考になります。回転メータに視線をあまり置き過ぎないよいうにしましょいう。危険ですので。

トランスミッションとクラッチに負担をかけないために、
シフトアップ時はアクセル全て戻し、半クラ厳禁と覚えてください。

QAT車でDモードでの発進時、加速中のアクセルワークについて

前のご質問(回転数の僅かな高低差による燃費への影響)では数多くの良回答を頂き、中でもODで走ることを意識がけるようにとの心に残るキーワードも頂戴しましたので更に詰めたいと思いまして。

 という訳でAT車のDモードでの発進後、最も効率よくODまで持っていく(速やかで省エネ)手法を模索しています。私見ではマイカー(国産車2000cc)がODへ入るタイミングは、平坦な道の場合で55km~60km/hに達する辺りのような気がしています。タコメーターで1500~1800回転位まで上がり、しばらくして1200~1300回転に落ちて以後は巡行。

 例えば一定の調子(早すぎず遅すぎず)で1500~1800回転まで踏み続け、60km/hに達するまで一度もアクセルを戻したりしないべきか。又はある程度踏んでほんの少しゆるめるとギアチェンジするような感覚もあるので(変速ショックと回転数の低下)、これをスムーズで段階的に繰り返すのか(MT車のやり方ような能動的な変速?)。果たしてどちらの方が、より省エネにつながると言えそうでしょうか。

Aベストアンサー

トルコンを使ったATの場合、ロックアップといってトルコンが流体継手から(MTと同様の)直結状態に変わるところがあります。(おおよそ時速20km程度のところだと思います。)
発車直後は流体継手なので伝達効率が悪く、ここでアクセルを開けると燃費が非常に悪くなります。
クリープ現象があるので、最初(1秒程度)はそれでクルマを動かし、その後上記のロックアップまで、なるだけアクセルを開けないで加速する。
これが確実に燃費が良くなる方法の1つです。

ところが、その後は諸説あり、どれが正しいのか私も良く分かりません。ので以下は私の思っている方法です。

加速の曲線(または速度の曲線)は、大型トラックを参考にします。大型トラックの多くはMTなので、途中でシフトアップの息継ぎが入りますが、後ろを付いて走るときなど非常にゆっくりした加速であることが分かると思います。重いからゆっくりなのですが、逆にあの加速が効率の良い加速なのかなと思っています。

またエンジン効率の観点からは、アクセル開度75%(70%~80%)あたりが一番効率がよくなります。加速時は、エンジンが、そのもてあますパワーを使える唯一のチャンスとも言えます。
実際にアクセル開度75%をやってみると、かなり速い加速であることが分かると思いますが、ロックアップ後にゆっくりアクセルを75%まで踏み込み、目的の車速(時速60kmとか)までこれを維持するというのも、悪くない方法と言われています。

後は逆に、燃費の良くなる走り方をあきらめて、どれだけ悪くなるかやってみる(渋滞などは除く)。どう走ってもそれ以上悪くならないと分かると、気が楽なこともあると思います♪

トルコンを使ったATの場合、ロックアップといってトルコンが流体継手から(MTと同様の)直結状態に変わるところがあります。(おおよそ時速20km程度のところだと思います。)
発車直後は流体継手なので伝達効率が悪く、ここでアクセルを開けると燃費が非常に悪くなります。
クリープ現象があるので、最初(1秒程度)はそれでクルマを動かし、その後上記のロックアップまで、なるだけアクセルを開けないで加速する。
これが確実に燃費が良くなる方法の1つです。

ところが、その後は諸説あり、どれ...続きを読む

Q発進時のガクンという振動

エンジンを掛け少し待って、アクセルを踏んでもあまり動かず、「ガクンッ、ガクンッ」と振動があって走りだすといった感じです。(駐車場からRで出る時も、バックでまず「ガクン」、Dに入れてもまた「ガクン、ガクン」となります・・・。)

朝や仕事帰りに車を動かそうとしたらよくあって、また最近寒くなったのでエンジンがあたたらない内に走りだすのがいけないのでしょうか?
そういった振動を感じ始めたのはココ2週間くらいです。

車については何度か質問をさせてもらって、色々アドバイスを頂いて助かりました。
今回の振動についても何か考えられる事があったら教えて下さい。

Aベストアンサー

新車で買って4700km走行ですね。
だったら吸気関係の方が可能性高いと思われます。
センサー類またはAACバルブの異常でないでしょうか?
次に考えられるのが水温センサーの異常です。
発進時にのみの現象ならこちらの方が可能性高いと思います。
ATの可能性もなきにしもあらずですが…
アクセル一定で踏んでてもガクガク発進する、DでもRでもなるからしてエンジンのほうだと思いますが。
新車又は保障付き中古で5000以下ならクレームで修理にもって行ってみてはいかがでしょうか?

QATでのギアチェンジのテクニック

MTでのギアチェンジじゃなくてATでのギアチェンジ?と思われるかもしれませんが、ATでのギアチェンジについてです。
また、ATでの走行はDに入れとけば、問題ないと言うのは十分に承知していますし、いちいちギアチェンジするのは無駄で、トルコンにも悪いと言うことは承知した上での質問です。

まず、一つ目の質問です。
私の車は4速ATなのですが、「Dに入れて4速で60km/hで走行中、前方の信号が赤になったので、アクセルから足を離し、エンジンブレーキを効かせて約40km/hぐらいまで、速度が落ち、フットブレーキを使用して停止。」
この仮定だと、アクセルを離してから車が停止するまで、ずっと4速に入っているのですか?

本題の質問です。
先程の1つ目の質問について、少なくともアクセルから足を離してからフットブレーキを踏むまでは、4速(3速かも)だと思います。と言うのは、アクセルから足を離してギアを2速に入れるとエンジンブレーキの効きが全然違うからです。
燃費の節約にもなりますし、カックンブレーキになり難いですし、何となくエンジンブレーキを使って停まる方が好きなので、最近は2速に落として、エンジンブレーキを活用しています。また、右左折などで曲がる時も2速に落としたり、加速が欲しい時も3速や2速に落としたりと、最近は、よくギアチェンジをしています。しかし、この時に、かなりショックが出ます(あまりショックが出ない時も、たまにありますが、ショックが大きい時と小さい時の条件は分かりません)。このショックをどうにか軽減させたいのですが、どうすれば良いでしょうか?

シフトアップの時も、1速→2速→D(O/Dオフ)→D(O/Dオン)として、ギアチェンジしているのですが、ギアチェンジをする理由として、クラッチは無いものの、自分のタイミングでギアを変えると少しでもMTの気分になれると言うのもあります。
購入する時は初の車でMTだと不安と言う事もありましたし、中古車だったので圧倒的にATの方が豊富だったので、ATを購入したのですが、今となっては、MTに乗りたくてしょうがない気持ちでいっぱいです。
ただ、新しく車を買うための、お金も無いですし、何と言っても愛着もあるので、現在お金を貯めていて、いつか(この調子でいけば約1年後)ATからMTに載せ換えようと思ってます。

MTでのギアチェンジじゃなくてATでのギアチェンジ?と思われるかもしれませんが、ATでのギアチェンジについてです。
また、ATでの走行はDに入れとけば、問題ないと言うのは十分に承知していますし、いちいちギアチェンジするのは無駄で、トルコンにも悪いと言うことは承知した上での質問です。

まず、一つ目の質問です。
私の車は4速ATなのですが、「Dに入れて4速で60km/hで走行中、前方の信号が赤になったので、アクセルから足を離し、エンジンブレーキを効かせて約40km/hぐらいまで、速度が落ち、フット...続きを読む

Aベストアンサー

ANo.6 と ANo.11 です。


>ところで、他の回答者の方の回答を読んだりしていて、疑問に思ったのですが、AT車でシフトを動かした瞬間(ギアが変わっている最中)は、ニュートラルの状態なのですか?



 マニュアル車の場合、べつにニュートラル走行でどんなにガンガン走ったって、何の問題も全く起こりません。
  例(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3013903.html)の ANo.6 と ANo.11
    (http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3041116.html)の ANo.9


しかししかし、

オートマチック車の場合、走行時には決してニュートラルにしてはいけません。と一般的に言われています。
また、当方も、これまでに、オートマチック車では走行中に[N]にすることをお勧めしたことは一度もありませんし、ことあるごとに「オートマチック車は走行中にニュートラルに決してしてはいけません」と書いてきています。

ではなぜ、(私も含め)皆が、「オートマチック車は走行中に決してニュートラルにしてはいけない」といことを言うかといいますと、

オートマチック車の場合、ニュートラルにしますと、オートマチックトランスミッション(AT)内を循環するオイル(ATフルード)の循環流量が少なくなってしまうのです。


つまり、高速走行 惰性走行中に数十秒に亘ってガンガンニュートラルで走るようなことをしますと、トランスミッション内部ではそれなりの回転数に達しているのに 循環するオイルの量が相対的に少なくなってしまい、稀に、オイル切れによる焼き付きなどの故障に至る可能性があるのです。

原理は、オートマチックトランスミッション内にあるオイルポンプ(http://static.howstuffworks.com/gif/automatic-transmission-pump1.jpg)は、エンジン直後の、オートマチックトランスミッション本体手前のトルコン(http://static.howstuffworks.com/gif/torque-intro.jpg)の直後に付いているのです。
つまり、AT内のオイルポンプのインナーギアーは、エンジンの回転数と同じなのです。
これをもし惰性走行中(アクセルを放した走行時)にニュートラルにしてしまいますと、エンジン回転数は完全にアイドリング回転数にまで落ちてしまいますので、それに伴ってAT内のオイルポンプ回転数も落ちてしまいます。

これにより、もしニュートラルにしなかった時(正常時)との比で、オイルポンプの回転数は例えば半分から1/3回転にまで落ちてしまいます。

AT内のオイルの循環量は、このオイルポンプの回転数に比例しますので、単純に、オイル循環量も半分から1/3程度少なくなってしまうと考えることができます。

これだけオイルの循環量が減ってしまいますと、充分な熱循環(クーリング)もできなくなり、ある部分が急激に熱くなってしまったり、またはオイル切れを起こしたりして、それが故障へとつながったりしてしまうようです。


ただし、この現象は、走行中(車が動いている最中)に、ニュートラル状態を数十秒続けたりして起きる現象ですので、しかも、通常の[D]で走行中のギアーチェンジ時に一瞬ニュートラル状態になったとしましても、エンジン回転数はアイドリング回転数よりもはるかに高回転状態ですし、トルコンを介して直結状態のAT内オイルポンプも、高回転できていますので、この、オートマチック自体が自動でギアーチェンジする瞬間の1~2秒もないニュートラル状態については、心配する必要はありません。




なお、一応記しておきますが、

「それではやはり、走行中は常にAT内のオイルポンプの回転数を高回転に保たせるために、減速中はシフトダウンして常にエンジン回転数を高回転にしたほうがさらに良いのでは?」 とお考えになることもあるかと思いますが、

その必要もありません。

上記にも記しましたが、惰性走行や減速走行中、ニュートラルにせずに、[D]にさえなっていれば、AT内オイルポンプは少なくとも2~3倍以上の回転数で回ってくれていますので、ATを制御するコンピューターなどがすでに故障していない限り、「オイルの循環量が、必要量を下回る。」 などということは決して起きません。
([D]で走れば大丈夫なように設計&制御されています。)

よって、下記 ANo.6 にも書きましたが、

アクセルを放してスロットルバタフライを閉じれば、同じギアーでも(それまで入っていた定速用ギアーでも)エンジンブレーキはかかっています。これが正しいエンジンブレーキ力です。これ以上のブレーキ力が必要でしたら、それはフットブレーキを使うべきです。

ということで、ご安心下さい。




オートマチックトランスミッションって、内部構造は非常に複雑で、例えばマニュアルトランスミッションと比べても全くの別物の構造体になっています。

例えば、マニュアルトランスミッションの内部は、(http://www.howstuffworks.com/transmission.htm)内の動画のように、まだパッと見でも理解可能な機械的構造をしていますが、

比べてオートマチックトランスミッションって、内部は(http://static.howstuffworks.com/gif/automatic-transmission-model.jpg)(http://static.howstuffworks.com/gif/automatic-transmission-pistons.jpg)のように、まるで精密機器です。もし、AT内部を分解しないと直らないような不具合が出たら、それを開けて修理する気にもなりません。

マニュアル車との違いは、オートマチック車は、マニュアル車ではクラッチがある場所には、トルクコンバータ(トルコン)(http://www.howstuffworks.com/torque-converter.htm)というものが付きます。
(トルコン自体も、流体クラッチです。)
クラッチは、オートマチックトランスミッション内部にも複数のクラッチ機構が複雑に付き、その各クラッチを繋いだり放したりすることでギアーチェンジをしています。
(マニュアル車も厳密に言えばシンクロやドグクラッチも“クラッチ”ですので、各ギアーにそれぞれクラッチが付いている訳ですが。)


トルコン自体も、近年のもののほとんどは“ロックアップ機構”というものが付き、トルコンを完全にロックさせることもできます。これをトルクコンバーターの「ロックアップクラッチ」といいます。



オートマチックトランスミッションは、この複雑な機構をコンピューターが“計画性”で数秒先のことを計画しながらギアーチェンジを行なっています。特にごく最近の車では、スロットルバタフライも含めた制御を行なっています。
そこに突然、人間が手でガチャッとシフトレバーを動かしてしまいますと、コンピューターとオートマチックトランスミッションにしてみれば まさに“寝耳に水”、不意を突かれたシフトタイミングに慌てて従わなくてはならなくなり、それに間に合う場合は短時間で、間に合わない場合はタイムラグと共にギアーチェンジをするわけですので、非常にぎこちない、ショックを伴なうギアーチェンジになってしまうのです。

オートマチックトランスミッションは、
「この先、この位のアクセル量を踏み込まれたらこのタイミングでどのギアーにチェンジしよう。」という計画性を立てて事前に備えておりますが、
そこに突然ガチャッとシフトレバーを動かされることは、全くの想定外なことなのです。

ある程度は想定内にしたものが、いわゆる「マニュアルモード付きオートマチック」ですね。しかしこれも、現在の市販車用の技術では、使えるレベルに達したものは全くありません。



オートマチックトランスミッションの名誉のために記しておきますが、

近年のオートマチックは、[D]のみで走っている限り、性能面でもマニュアル車をトータルでは越えています。

たしかに、オートマチックはぶっ壊れやすいですし、もしぶっ壊れたら修理も現実的ではないという、ブラックボックス化していますが、
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2064078.html)の ANo.6
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2811395.html)の ANo.3

ぶっ壊れるまでは、とても完璧な機構です。

加速でマニュアル車を越えることはありませんが(同一エンジン搭載の同一ボディーで比べて)、
(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1988100.html)の ANo.9

燃費性能もマニュアル車と遜色ないですし、
トータル性能で見て、公道を普通に便利に楽に移動する道具としては、マニュアル車を完全に越える性能を持っています。



オートマチックトランスミッションについて
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission1.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission2.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission3.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission4.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission5.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission6.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/automatic-transmission7.htm)


トルクコンバーターについて
(http://www.howstuffworks.com/torque-converter.htm)
(http://www.howstuffworks.com/torque-converter1.htm)
(http://www.howstuffworks.com/torque-converter2.htm)
(http://www.howstuffworks.com/torque-converter3.htm)
↓をクリックして真っ白画面をしばらく待っていますと、トルコンについての3分の動画説明を見れます。
(http://static.howstuffworks.com/mpeg/torque.mpg)
トルコンの取り付け位置は、この写真(http://static.howstuffworks.com/gif/automatic-transmission-model.jpg)の左に見える部分です。


マニュアルトランスミッションについて(マニュアル車)
(http://auto.howstuffworks.com/transmission.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/transmission1.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/transmission2.htm)
(http://auto.howstuffworks.com/transmission3.htm)

ANo.6 と ANo.11 です。


>ところで、他の回答者の方の回答を読んだりしていて、疑問に思ったのですが、AT車でシフトを動かした瞬間(ギアが変わっている最中)は、ニュートラルの状態なのですか?



 マニュアル車の場合、べつにニュートラル走行でどんなにガンガン走ったって、何の問題も全く起こりません。
  例(http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3013903.html)の ANo.6 と ANo.11
    (http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3041116.html)の ANo.9


しかししかし、

オートマチック車の場合、走...続きを読む

Qオートマって急発進しやすいの?。

 私が子供の頃に駐車場でひき殺してしまうという事件があったのですが、そのニュースを見た両親が「オートマだと急発進しやすいからアクセル操作を間違うとね・・・」
 みたいな話をしていましたが、自分は車の免許を取った今となってはオートマが特別急発進しやすいものだと思えません。 
 オートマってそういう特性ありますか?。

Aベストアンサー

右足でアクセル
左足でブレーキはいざって時に、危ないのでやめた方がいいと思います。

オートマチックで、よくあるのはシフトレバーの操作ミスですね。通常のセダンだと、フロアシフトで、前後にシフトレバーを移動するタイプですが、ドライバーが不用意にシフトしないように、親指のところにボタンが付いて、ボタンを押さないと、PやRには入らないようになっています。

しかし、ボタンを押す必要のないシフト操作でも、常にボタンを押してシフト操作する癖がついてしまうと、せっかくの安全装置が役に立たなくなってしまうので、この癖があったら直すべきです。

また、エンジン始動して発信する場合は、

Pのポジションにシフトレバーがあることを確認する。
エンジンを始動する。
ブレーキを踏んだまま、Dのポジションにする。
ハンドブレーキを解除し、フットブレーキをゆるめながら車の動きを確認しながら発進する。

という習慣をつけた方がいいですね。


「オートマチックは急発進するから・・」と言う話から、オートマチック=危険とは考えない方がいいです。

発進時の事故は、統計的には、マニュアルの方が高かったはずです。

右足でアクセル
左足でブレーキはいざって時に、危ないのでやめた方がいいと思います。

オートマチックで、よくあるのはシフトレバーの操作ミスですね。通常のセダンだと、フロアシフトで、前後にシフトレバーを移動するタイプですが、ドライバーが不用意にシフトしないように、親指のところにボタンが付いて、ボタンを押さないと、PやRには入らないようになっています。

しかし、ボタンを押す必要のないシフト操作でも、常にボタンを押してシフト操作する癖がついてしまうと、せっかくの安全装置が役に立...続きを読む

QMT車の停止状態からのフル加速

突然なんですが、MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?
先日、友人が運転したときに停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつないでいました・・・があまり早いスタートには感じなかったことと、あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・(>_<)
もう二度とあんな走り方はしないようにしたいと思いますが、車にはどんなダメージが残ると思いますか?これまでそんな走行をしたのはその時1回だけです。
また、正しいスタートダッシュのテクニックがあればぜひ教えてください。
ちなみにテンロクのノンターボ車です。新車から1000キロ越えたところです。
よろしくお願いします
m(__)m

Aベストアンサー

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順次シフトアップ(例えば2→3速)していくのが、1番早いでしょうね。

例えば、停止状態から1速発進全力加速し、レブリミット手前7000回転でクラッチペダルを踏み2速へシフト、その速度での2速の回転数にまでエンジン回転が下がったら(下がり過ぎたらアクセルペダルを踏みその回転数まで回転を上げてやる)クラッチペダルを戻しクラッチをつなぎ(この時、エンジン回転が急激に上昇したり下降したりするのであれば、その回転数分だけエンジンとトランスミッションの回転が合っていない、という事です)、再び全力加速・・・これを繰り返せば、ディスクの磨耗も最小限に抑え、かつ1番早く加速出来るのです。

●あまりにも車に悪い走り方のような気がします・・・

→車が温態時(走行開始から20分以上経過し、エンジン等の部品が充分温まった状態の事)ならば、レブリミットぎりぎりまで全力加速する事は、通常の加速よりは負荷は大きいものの、メンテナンスがちゃんとされている車ならば問題はありません。
・・・が、あなたの車はまだ走行距離が1000km越えたばかりで、大体の慣らし(新品部品のなじみ)が終わったばかりなので、まだこの様な走行はしない方がいいと思います。

●車にはどんなダメージが残ると思いますか?

→あなたの友人は車にうとい方、ではないでしょうか?車の知識がある人は、この様な摩擦材であるディスクを傷めるつなぎ方はしないと思います。(1000kmそこそこで、レブリミット全力加速をする事もしないでしょう)

さて、どんなダメージが残るかですが、この一気にクラッチをつなぐ(クラッチペダルを一気に離す)事を数回繰り返した位では、ディスクが滑る程の磨耗には至りませんので安心して下さい。
各メーカー共クラッチペダルの耐久試験はしていますし、この程度で一気に滑り出してしまう物では不合格になってしまいます。
・・・が、普通のつなぎ方(エンジンの回転とトランスミッションの回転を合わせてからつなぐ)よりもディスクの磨耗が増すので、これを何10回と繰り返せばディスクが使用限界まで磨耗し、滑り出してしまいます。
エンジン等への悪影響も、この程度の走行を1回してしまった程度でしたら、まず問題は無いと思います。

*新車後1000km越えたのでしたら、エンジンオイル(エンジンオイルフィルター)やトランスミッションオイルやトランスファオイルやデフオイル(4WDのみ)の交換をすると良いですよ。
過酷な走行をする事が多いのでしたら、オイル交換等のメンテナンスも普通以上に念入に行いましょう。

●以前、車の開発耐久実験に携わっていた者です。

●MT車で停止状態からの一番早いスタートには、どんなテクニックが必要ですか?

→加速の早さだけならば、あなたの友人が行った、
「停止状態からアクセルをべた踏みにしてレブリミットぎりぎりまで回転をまわし、一気にクラッチをつなぐ」
です。

しかし、これでは摩擦材であるクラッチディスク(以下ディスクと記載)の磨耗を早めてしまうので、エンジンとトランスミッションの回転を合わせてからクラッチをつなぎ、レブリミット手前まで全力加速し順...続きを読む

Q故障?停止状態からブレーキを離すと進まない(クリープしない)時がある

H8 ハイラックスサーフ185 ディーゼルターボ3000cc AT車に乗っています。

毎回ではないのですが、最近停止状態からブレーキを離したときや、ニュートラルからDレンジに入れた時にクリープしない時がしばしあり、そういう時はアクセルを踏むと「ガコッ」っと急につながった感じで進みだします。
走り始めると何ともないです。

停止する時もしばし減速してほとんど止まりかけの時に一瞬「ガコッ」っという感じで止まることがしばしあります。進み始める時は上記のようになります。 

走行距離が約18万キロなので色々と消耗してきているておそらくミッションが原因だと思いますが、素人なのではっきりとはわかりません。

どなたか原因の予想がつく方いらっしゃれば教えてくださいませ。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

アイドリング時のATの油圧が全体的に下がってきているのかもしれませんね。AT内の各クラッチピストンシールからのリークが多くなっているのが油圧低下の原因かもしれません。
ちょっと危ない雰囲気の症状ではありますね。
ディーラーでは整備書に基づいた方法で各部の油圧測定をして症状の原因追求もしています。
勿論、整備書と油圧計さえあれば整備工場でも原因追求は可能ですので、一度どちらかに相談してみてはいかがでしょうか。


人気Q&Aランキング