荘子の有名な寓話の中に次のようなものがあります。
「南海の帝をシュクといい、北海の帝をコツといい、中央の帝をコントンといった。シュクとコツはときどきコントンの土地で出あったが、コントンはとても手厚く彼らをもてなした。シュクとコツはそのコントンの恩に報いようと相談し、『人間にはだれにも(目と耳と口との)七つの穴があって、それで見たり聞いたり食べたり息をしたりしているが、このコントンだけはそれがない。ためしにその穴をあけてあげよう』ということになった。そこで一日に一つずつ穴をあけていったが、七日たつとコントンは死んでしまった。」
 この荘子の寓話の意味を考えてみて下さい。

解釈は色々定説などもあると思いますが、できれば自分の言葉で表現をお願いいたします。

シュク、コツ、コントンの漢字変換ができなくてすみません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

北斗七星が占いの「秩序」を拵えて、無秩序な「混沌」の状態に終焉を齎した、


という可能性の指摘なのでしょう。
    • good
    • 0

ユダヤ教における天地創造のような

    • good
    • 0

混沌の死は秩序


混沌が
秩序をもったともとれる.
古事記の国産みのような.
    • good
    • 0

 七つの穴、私はこれらが老子のいうところの無為自然「あるがままである事」をかき乱すものだと考えました。

特に眼や鼻や口・・といったものは人に大きな影響を与えますね。
 それまでコントンさんはそういったものを持たない、外界のものから離れた(いろいろ誤解を生む言い方ですが)自分だけの世界を持っていたのではないでしょうか。しかし七つの穴を手に入れてしまって、外界のいろいろなものが入ってきて所謂「あるがまま」ではなくなってしまった・・・。
 そういうわけでこのお話は「あるがままでなくなること」の危険性を説いている、と私は思いました。

 所で荘子のみならず中国の思想などに興味をお持ちでしたら、一度中国語のページのほうへ行かれたら如何でしょうか。
    • good
    • 0

私は、老荘の思想が好きですが、


そんなに老荘の思想を含めその周辺の知識がないので、
この際本(私の愛読書)に頼って、
How about...
(1)『マンガ老荘の思想』 蔡志忠 講談社+α文庫 1987年 \1,262
(2)『マンガ老荘の思想 続』 蔡志忠,和田武司 講談社+α文庫 1991年 \1,262

上記の本ならわかりやすいのでは。
ちなみに(1)のほうにmamuku-がお望みのほうが載っています。
    • good
    • 0

こんなのはどうでしょうか。



 「渾沌」は「贈与する霊」だった。贈り与えることがその本質であって、与えた分だけ何かを得ようなどと賤しいことを考えない、純粋な「贈与の霊」だった。
 ところがこれに「七穴」が穿たれた。渾沌は生まれて初めて、目を喜ばせ、耳を楽しませるさまざまな物事の存在を知った。「快」を知った。「快」を、もっと知りたいと思った。だが…
 それは「得る」ことだった。与えるだけではなく「得る」ことを知った渾沌は、もはや純粋な「贈与の霊」ではなくなった。その本質を失った。だから死んでしまった。

 「自分の言葉で」とのことでしたので、物語そのものだけを見て考えてみました(もともと老荘関係には知識がロクにないので、じゃまにならなかっただけですが)。
 どんな感じでしょう?
    • good
    • 0

道教はあるがままを愛するので、儒教の「こうあるべきだ」に批判的です。

コントンはそのままが素晴らしい。という意味でしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q荘子

授業で、荘子の忽とか混沌とかの、
七きょうの穴を空けて混沌が死んでしまう話をやったのですが忽と、シュク(だったかな?)は、
七日かけて一個ずつ混沌に穴を空けていく理由が解りません。
先生も分からないといっていました。

だれか知ってる人は居ませんか?

Aベストアンサー

>穴を空けていくのを、
>どうして一気に空けず、一日ずつに空けたのか??
>って言う事が知りたかったんです。

あー、なるほど。

それは単に、「演出効果」です。

この話が「七つの穴を開けた」となっていた時を想像し、
「七日かけて七つの穴を開けた」という文と比べてみてください。
漢字にすれば数文字ですが、それを読む間に、
サスペンスのようなものがわき上がるはずです。

荘子というのは、「無為」とか「自然」とかを言っているくせに、
天才的に華麗な文を操る男です。
読んだときの効果が最高になるように計算しているのです。

思想的には、「すべての穴が空いた」→「すべての感覚が得られた」
→「わからない感覚が無くなる」→「理性が支配し、無意識が忘れられる」
→「混沌が死ぬ」
という意味もあるかと思いますが、
第一の理由は、「七日かける」のが、荘子の文としてもっとも適切だったということになると思います。

※注意、この回答を「自信有り」にしますが、これは現在アルコールが入っているためで、
そうでなかったら「自信なし」だったと思います。根拠のない話だから。
ですが、質問の理由を根拠を持って回答できる人はいないと思います。

>穴を空けていくのを、
>どうして一気に空けず、一日ずつに空けたのか??
>って言う事が知りたかったんです。

あー、なるほど。

それは単に、「演出効果」です。

この話が「七つの穴を開けた」となっていた時を想像し、
「七日かけて七つの穴を開けた」という文と比べてみてください。
漢字にすれば数文字ですが、それを読む間に、
サスペンスのようなものがわき上がるはずです。

荘子というのは、「無為」とか「自然」とかを言っているくせに、
天才的に華麗な文を操る男です。
読んだと...続きを読む

Q予定説

ライプニッツは予定調和を述べていますが、他に予定説を唱えている哲学者(など)がいましたら紹介していただけないでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

予定調和と予定説というのは、若干異なるものです。

人間は、先行する原因、運命、神の予定などによって、とるべき行動があらかじめ決まっているのか、それとも自由意志によって決めることがができるのか、という問題は、ギリシャ時代からあったんです。
予定説というのは、前者の立場、とくに、出来事は単に予め決定されているとするだけでなく、超自然的な力(通常は神)が決定原因の自然的順序を制定したとする立場です(そうした意味で、宿命論や決定説とは異なる)。

特に、神学の分野では、予定説をキリスト教の教義として発展させていったアウグスティヌス、さらにそれを受け継いだカルバン派の予定説は重要なものとされています(神学の領域はよくわからないので内容には踏み込みません)。

ライプニッツの予定調和は、こうした予定説とは立場を異にするものです。

おおざっぱに思想史上の流れをたどっていくと、17世紀初頭、まずデカルトが、ものごとにはすべて原因がある、原因から結果は必然的に導かれていく、あらゆるものはこの法則(因果律)の上になりたっている、と考えた。とくに、自然現象というのは、時計のように小さな歯車が組合わさって動く集合体であると考えたんです(機械論的自然観)。

一方、キリスト教には、目的論というものがありました。
自然界のあらゆるものごとが、秩序正しく、効率がよく動いているのは、究極の設計者(=神)がいることを指し示していることにほかならない。
この世界は究極の設計者の目的に従って動いている。
こうした目的論は、宇宙を機械的な原因-結果の関係によってのみ見ようとする機械論的自然観と対立します。

ライプニッツは機械論的自然観と目的論が相矛盾するものではないとして、予定調和を考えたんです。

#1の方のおっしゃるヴォルフは、ライプニッツの予定調和の思想を継承しつつも、モナド論を宇宙を貫く法則ではなく、精神と身体の間の関係に限定してしまった。
それでも合理論を徹底化させることで大きな影響力を持ち、後のカントへと道を開くことになります。

ですから、ライプニッツの思想的系譜をたどろうと思ったら、デカルト―スピノザ―ライプニッツ―ヴォルフとなっていくのではないかと思います。

予定調和と予定説というのは、若干異なるものです。

人間は、先行する原因、運命、神の予定などによって、とるべき行動があらかじめ決まっているのか、それとも自由意志によって決めることがができるのか、という問題は、ギリシャ時代からあったんです。
予定説というのは、前者の立場、とくに、出来事は単に予め決定されているとするだけでなく、超自然的な力(通常は神)が決定原因の自然的順序を制定したとする立場です(そうした意味で、宿命論や決定説とは異なる)。

特に、神学の分野では、予定説を...続きを読む

Q「荘子の毒にあてられた」ってどういう意味ですか?

私が調べた結果では、
魯迅が、「荘子は一切の虚飾をはぎとる。あるがままの人間の姿を示す。これを直視した結果、逃げ出すか、立ち向かうか。」
と書いてありましたが、

誰が、「荘子の毒」を使い始めたのですか?
実際、「荘子の毒」とはどういう意味ですか?
また、「荘子の毒」に当てられたらどうになりますか?

お答えいただければ幸いです。

Aベストアンサー

誰が、「荘子の毒」を使い始めたのですか?
これは知りません。
実際、「荘子の毒」とはどういう意味ですか?
老荘思想というのは「無為無策」つまり「努力」の放棄こそが悟りへの早道という思想なのですね。理由は、人間は本来、仏神のわけ御霊なのだからそれを自覚さえすればいいのであり、外に向かって努力精進して得られるものはないという考えですね。だから「荘子の毒」の意味は、「努力・精進」の放棄という意味ですね。
また、「荘子の毒」に当てられたらどうになりますか?
「努力精進」しない人間になるということですね。地位・名誉になんらの価値も認めないし、あくせく働くこともしない、創造的活動などまるでないということですから普通の人間からみれば「かわった浮浪者」に見えるでしょうね。毎日、川に釣り糸をたれてすごしていた太公望などもそれですね。現代人もたまには、「荘子の毒」に当てられたら精神的には健康になるかもしれませんね。

Q荘子の実在

 荘子の関連本を読めばわかると思うんですが

  荘子は実在していましたよね?親友の名家、恵施との交流はあったようですし。
   私は実在していたと思うんですが、どう思います?

  内編は一応?、思想が統一されているし。(養生主編は微妙?) 

Aベストアンサー

なるほど。

では後は逍遥の海を漂うだけでいい

Q大学のテストで荘子から!

大学のテストで
「荘子」の中のどれか1篇(当日発表)から漢文と日本語訳が出てきて、
それについて1000字程度でエッセイを書くという形式の
テストがあるらしいのですが、

正直、荘子の日本語訳を見ても何が言いたい文章なのか
分からないことが多いので、時間内に1000字を埋めることができるか不安です。
ここで質問です。

*荘子を読み解くコツ(日本語訳から)
*荘子のどの場面でも使えるような語句の言い回しや、
感想の書き方など、なにかテクニックはありませんか?

あらかじめ考えておくとか、
少し卑劣な方法かもしれませんが、
単位、欲しいです。

回答お願いします,,,

Aベストアンサー

おはようございます。

荘子は難しいですよね。難しい理由の一つが寓話の多用です。その寓話がどのようなたとえや教訓なのかを知るためには、他の方も言われていますが、事前に読んでおくことが必要だと思います。たとえや教訓に対して、現代もしくは自分の周りで、そのような考えを実行するとなるとどのようになるかを考えて行けば、1000字は書けるのではないでしょうか。

個人的ですが、荘子の主題は、「人とはいかなるものか」「生きること、死ぬこととはどのようなこととか」を問うているのではと思います。そして、「人間の計らいを排除し、あるがままの状態=無為自然の心地で悠々自適すること。」「生死は一体である。」とするものでは?

個人的な考えですので参考程度に。

Q荘子について知りたい

こんにちは☆

荘子の逍遥遊について詳しく知りたいのですが、

まずはわかりやすい本、または漫画から読んでみたいと思います。

入門編として何かおすすめの本はないでしょうか?

Aベストアンサー

私は、高校の頃に
講談社現代新書846「老荘を読む」蜂屋邦夫
を購入して読みました。

中華思想は儒教と道教の差を明確にしたいので、
道教を知るには「老子」と「荘子」をセットに知る方が、
分かりやすいと思います。
「鯤」と「鵬」は中華らしい壮大なテーマを持ち出した寓話です。
直接文献を読むよりは日本語の解説書を探して、
自分に合ったものを読み解かれると良いでしょう。

Q荘子は潜在意識のレベルまで到達していたのですか。

この方の語っていることは正しいと思われますか?
http://www.youtube.com/watch?v=b7ON8eBZsSQ&list=PL4800176BC57F2A6B&...より

今日から老荘思想を説明しようと思います。まずは荘子です。荘子の方が老子よりも分かりやすいのです。荘子は潜在意識のレベルまで到達していたので、前回まで説明していた朱子、王陽明、スピノザという人たちのように顕在意識レベルの道、理に到達していた人よりも内容的に深い、非論理的な文章になっています。この非論理的な文章こそ東洋思想の神髄なのです。潜在意識、無意識レベルのところまで入っていって、そこの曰わく言い難い言葉にならない部分を文章化してきている。こちらに汲み取る能力がないといけないけども、そういう部分を素直に理解できる人には荘子は分かりやすく、スラスラと読めるのです。

Aベストアンサー

>荘子は潜在意識のレベルまで到達していたのですか。

○潜在意識というと荘子にわるいですね。その程度の意識ではありません。潜在意識の先の先で遊んでいるのですね。
唯識論を参考にしてみると良いですね。唯識論では、意識は五感、表面意識、潜在意識(まなしき)、蔵意識(あらやしき)、仏生(ありやしき)の9識からなっているのですが、荘子はこのうちの8識と9識の間で遊んでいるのです。潜在意識はまだまだ人間くさい意識ですね。
普通の人は仏生を探そう一生懸命努力精進するのですが、荘子は全てのものに最初から仏生があるのだからそのまま生きれば良いという考えなのですね。むしろ努力すればするほど仏性から離れていくではないかと笑っているのですね。
まあ、仏性の前の意識でとどまっているだけといいたいのでしょうね。
例えれば、釈尊が菩提樹下で仏性の意味を悟り、その幸福感に浸っているという状態がありましたが、そのまま維持だけすれば良いというのが荘子の考えかたですね。釈尊は、梵天に請われてその状態に入る方法を教える導師の道を取り、努力精進の道を示しましたが、荘子の考え方は教えると逆に衆生は余計混乱すると考えているのかもしれません。それぐらいの差ですね。
だから、潜在意識というと荘子に悪いということなのです。荘子の理論は整然としているのですよ。ただあまりに意識が高すぎるので知性や理性程度の意識にとどまるほとんどの人には理解できないということだけですね。

>荘子は潜在意識のレベルまで到達していたのですか。

○潜在意識というと荘子にわるいですね。その程度の意識ではありません。潜在意識の先の先で遊んでいるのですね。
唯識論を参考にしてみると良いですね。唯識論では、意識は五感、表面意識、潜在意識(まなしき)、蔵意識(あらやしき)、仏生(ありやしき)の9識からなっているのですが、荘子はこのうちの8識と9識の間で遊んでいるのです。潜在意識はまだまだ人間くさい意識ですね。
普通の人は仏生を探そう一生懸命努力精進するのですが、荘子は全てのも...続きを読む

Q地獄の賽の河原は何の寓話?

賽の河原で子供が石を積んでは鬼に壊されるという話がありますが

あれは、無意味な労働をさせられて、しかも完成がなく繰り返しやらされる

というのを寓話的に描いているものだと思うのですが、日常生活でまさにその通りの場面だなと思うコトを教えてください

穴を掘らされてそれを自分でまた埋めらされる、というのを延々とやらされると気が狂うとか聞いたことがあります

これはちょっと非日常ですのでもっと生活に密着していると思われることで教えてください

Aベストアンサー

すこし付け足し。

地獄の鬼を悪魔のごとき存在と考えている人が多いけれど、地獄の鬼、獄卒はそのような存在ではない。
仏教の唯識思想などによれば、
その世界(たとえば地獄)の住人の思念(のエネルギーのようなもの)で生じた《化生の存在》。
であるから、
賽の河原の鬼は、賽の河原にいる子供たちがみずから望んで作っているのよ。
それは、現世にいる親兄弟の愛著のためかもしれない。
あるいは、自身の功徳を親兄弟に長く廻向するために、子供たちが作っているのかもしれない。
このあたりのことは、賽の河原の子供たちに聞いてみないと分からないのだけれど(ポリポリ)。

(地獄の)鬼というのは、実は、装置なんだよね。
地獄の鬼は、現世で行った自身の罪業消滅のために存在している装置みたいなものなんですよ。

Q荘子は無神論者なのか

荘子は無神論者なのですか?

Aベストアンサー

一言、補足です。

>キリスト教と関係させると、ちょっと難しいですね。

其の通りと言うか、根本的に基本思想に大きな隔たりがあるのですね。

老荘は「有神」も「無神」も同じ一つのモノとして扱っていますから、基督思想の思考法では理解出来ません。

基督思想では「神」を離れた思考は「異端」で、危険思想になりますから、悪魔信仰と同義になるので、この分野での思想もロジックも存在しません。


まぁ、そもそも「無神論」と言う言葉の裏には、「基督教徒」という前提があるので、他宗・他思想に対して使う言葉では無いのです。

Q老子、荘子の理解について

老荘関係の本を読んでいて思ったのですが、
荘子、老子は理解が難しいものなのでしょうか?

直感的に理解するものなのでしょうか。

私はわかっているつもりです。(分かるっていうのも変かも知れませが)

Aベストアンサー

理解の手順や道筋、理解にたどり着くまでがすべて違っていて
そして理解の深さも、そのつど違ってくる。

同じ人であっても、同じものから同じ理解ではなく
より深い理解になる過程でも道筋が違う。

そんな所が「理解の難しさ」言われる所縁ではないでしょうか。

老子・荘子曰くの事に何度も自分を映し出して、より深い理解へ向けて
何回も何十回も何百回も、もしくはそれ以上の理解が繰り返されて
そのつどたどり着く場所の風景も違う。

「分かったつもり」が本当に「つもり」だったなと
何度も繰り返し思わされる。

「分かっていること」は「今の時点で分かっていること」に過ぎないと
身に染みるほど経験して、それでもなお道を歩き続ける。

理解の最終章があるかないかなども分からず、自分にとっての最後の風景がどこなるのか分からず
それでも進んでいくことをやり続けるってのが醍醐味ですかね。

理解の答えは無限にあって、それぞれは違いでしかないってのも東洋の最たるもので面白いです。

体験上、そんな感じに私は思ってます。


理解の深まりが急激に変化するとき、昨日の理解と今日の理解が違う
朝に理解していたことと夕方に理解したことが違う。
そんなのを山ほど体験していくと、少しずつ老子の云わんとしていることが
自分の中で形作られていくように感じますね。

他の哲学者や思想家の話しも、より理解できるようになってきてると思います。

理解の手順や道筋、理解にたどり着くまでがすべて違っていて
そして理解の深さも、そのつど違ってくる。

同じ人であっても、同じものから同じ理解ではなく
より深い理解になる過程でも道筋が違う。

そんな所が「理解の難しさ」言われる所縁ではないでしょうか。

老子・荘子曰くの事に何度も自分を映し出して、より深い理解へ向けて
何回も何十回も何百回も、もしくはそれ以上の理解が繰り返されて
そのつどたどり着く場所の風景も違う。

「分かったつもり」が本当に「つもり」だったなと
何度も繰り返し思わさ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報