はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

夏着物についての質問です。

ずっと着られるような上等な浴衣を買おうと探していたのですが、
先日、祖母の家で夏着物・夏の帯を見つけました。
なので、今年は夏着物を着てみようと思っています。

着物初挑戦のため、気軽に簡単に着ることができればいいな、と思っています。
今日本屋で勉強してきました。
帯の結び方は、本に載っていたちょうちょ結びのような感じにしたいと思っています。
本を見た感じでは夢枕、帯揚げ、帯〆、帯留は使っていなかったのですが…

浴衣と着物のちょうちょ結び(正式名称は忘れました;)は少し違いますよね?
着物はリボン結びのように端がたれていて、浴衣はちょうちょだけ、と本に載っていました。
浴衣のちょうちょ結びはできるので、浴衣の帯(ポリエステルではなく、しっかりと織ってある帯)で浴衣のように結んではいけないでしょうか?

今、浴衣を着物のように着るのが流行っていますが、着物を浴衣のように着れれば助かるのですが…

もしおかしくないなら、
下着はスポーツブラ+半袖下着、ペチコートを着て、
着物は半襟もつけて本の通りに着つけて、
帯は浴衣のものを使い、浴衣のように結び、
足袋を履き、着物の草履を履きたいです。

着ていくところと言っても、地元の花火大会やお祭りなので、ごまかしがきくならいいかな~とも思います。

「これはルール違反だ」とか、「気軽に着物を、と言われている時代だが、こんなのは見た目もはおかしい」とかありましたら教えて下さい。
変な質問ばかりですみません;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

No.2です。



お礼からもう少し、アドバイスというか・・・

>見つけた帯は、幅が半幅帯の倍ほどありました。
>着ようと思っている物は、半幅帯です。
では、おばあ様の帯は通常の名古屋帯かと思われます。
こちらを小粋に締められるのも、ちょっと大きな花火大会などに出向くにはいいかもしれませんよ。他のいかにも浴衣といったお嬢さんより大人っぽくなりますしね。
おばあ様に教えていただけるといいのですが・・・
もし無理なら、帯結びの本が市販されていますから、参考になさってみてください。名古屋帯で角だし風ならそんなに難しいことはありません。

>だから祖母の家に浴衣はないのに半幅帯があったんですね!
半幅帯は、とても重宝する帯です。礼装には無理ですが、小紋でのお出かけ、紬などでお買い物などに締めることが出来ますし、踊りをする方は本当に沢山持っていらっしゃいます。
おばあ様のものなら、自然素材の織の帯がほとんどでしょうからなおさら締めやすいと思いますよ。いま流行の浴衣用の化繊の帯などは滑って動いているうちに崩れやすいのですが、自然素材のものはそういうことがなく、長持ちもします。

>足袋は、今レースのものもあるらしく、挑戦してみようかと思っています。
>足袋を履いて、浴衣のゲタというのはやはりおかしいのでしょうか?
普段着として着物を着るのなら、色足袋、レースのたび(夏ならこれもありでしょう)などに下駄でも全く問題ありません。
下駄は普段の履物なんですよ。
ただし・・・ホテルやレストランなどに行く場合は注意が必要です。音がどうしてもしてしまいますから、断られることもあります。これはミュールやサンダルでもいえることなのですが・・・
人に不快感を与えないことを心がければいいのです。
ついでに言えば。
下駄や草履を脱いで座敷などに上がる際は、必ず足袋を履きます。
そういうことがあるようでしたら、足袋に下駄でOKですし、座敷に上がらないのなら、紬ではだしに下駄でもこれまたOKなんですよ。


素材は麻とのことですから・・・なんとか家庭で洗濯出来ると思います。
これまたおばあ様に相談なさるといいとは思いますが・・・綿や麻、ウールなどは自宅でそのまま洗濯することが可能です。
襟汚れが気になると思いますから、袖畳み(着物の畳み方のひとつ)など簡単に畳んで、汚れが外側に来るようにします。
あまり汚れが目立たなければ、おしゃれ着用の洗剤でたらいなどで少し押し洗いし、十分にすすいで軽く絞ります。絞るとき、洗濯機の絞り機を使ってもいいですが、手で水が軽く切れる程度でかまいません。というか逆にきっちりと絞るようなことはしないでくださいね。
で、陰干しをします。半乾の状態で一度、パンパンと手で叩いていくと、しわは取れます。これでほぼアイロン要らずです。
ちょっと気になるようなら、もう一度すすぎの段階で糊付けをしますと、パリッとします。糊は、うどんやそうめんをゆでたときのゆで汁を捨てずに使うとちょうどよい硬さになります。

おばあ様の着物、サイズはどうでしょうか?
丈が若干短い、長いは調整できますが、裄(首のぐりぐりから手首のぐりぐりまで)が今の若い人と年配ではかなり違い、これはみっともない部類になってしまいます。
普段着としてお召しになるのでしょうから多少短くてもいいのですが、手首のぐりぐりより3センチから5センチが限度でしょうね。これ以上短いようなら、仕立て直しも考慮しなければなりません。

いづれにせよ、おばあ様のお着物が若い方に着て頂けるのは、おばあ様もお喜びなさるでしょうが、なにより着物が喜んでいると思います。
あまり気張らずに気楽に着てください。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

お返事遅くなりました;
図書館で着物の本を借りてきて、名古屋帯とわかりました。
なんとか着付けできそうです!

色足袋もかわいいですね!
着物に下駄でもいいんですね~
履きなれた下駄があるので、それを使います。
せっかく着物を着るのでぜひ足袋を履いてみたいです。

洗濯の仕方も詳しく有り難う御座います。
ゆで汁を使うなんて、知恵ですね~

サイズは…まだ着てみていないので,どうでしょうか…
身長は同じ位なのですが。
もしよっぽどだったら、去年の浴衣を着ます;

いろいろ詳しくありがとうございました!
着物を着るのが楽しみです☆
とっても勉強になりました**

お礼日時:2007/07/04 21:39

ふたたびno.1です。


麻のお着物なんですね。ついでなのでちょっとだけ加えさせて頂きます。
麻の着物も実はピンキリです。上等なものは上布と呼ばれるもので、宮古上布、能登上布、越後上布などが代表で、いずれもヘタな訪問着より高価なものです。
これは苧麻(ちょま)を原料とした糸で手織りされる最高級品なのです。
一方、小千谷縮に代表されるラミー麻を原料としたものはずっと安価で、手織りも機械織りもあります。
いずれであっても長襦袢を着て着物として装うもよし、浴衣のように素肌に着るのもアリなのです。

長襦袢を着るならさほど汚れないかも知れませんが、着たあとはシワとりをかねて汗をかいた部分にたっぷりと霧を吹いて陰干ししておくと汗も飛んで、次に気持ちよく着られます。
シーズンが終わったら洗ってからしまいますが、保管の場合はノリを付けない方が安全です。ノリに虫がよってきたりカビの原因になったりする事がありますので。

というわけでクリーニング代もかけなくて済みそうですね。
ところで一つ言い添えたいことがあります。
それは半襟の素材です。今どきのファッション浴衣にはどんな素材の半襟を合わせようとかまわないと思うのですが、せっかくのお祖母様の本格的な麻着物なら、やはりちぐはぐな半襟を合わせない方がいいかと思います。
夏の半襟は絽塩瀬や麻素材が向いています。麻のお着物なので麻の半襟がベストかと思います。
お祖母様のタンスに半襟も眠っているのではないかと思いますが、消耗品ですのでシミ等で使えないかも知れませんね。
ちょっと通な意見かも知れませんが、やはり盛夏の着物は涼しげに着るのが一番ですので、それに向く半襟、帯揚げ等の小物を用いて欲しいと思います。
綿麻の半襟というの見つけましたので貼っておきますね。http://kimono-suki.ocnk.net/product-list/21
もっと言うなら麻の足袋というのもあります。涼しいですよ。
どうぞこれを機会に和装に親しんでくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再びありがとうございます!

高価なものでしょうか・・・
確認をするのを忘れていました;
袖を通してないものはダメだといわれたので、もらった着物は大丈夫だと思うのですが…

浴衣のように着るのもアリなんですね~
保管の仕方もよくわかりました!

麻の半襟あるんですね!!!
祖母の家にあるといいのですが…
HPありがとうございます!
これを期に、着物について勉強して、そろえてみようかと思いました。

本当に勉強になりました!
ありがとうございます*

お礼日時:2007/07/04 21:51

おばあ様の帯、夏帯とありますが、半幅帯でしょうか?


それとも、名古屋帯や袋帯の夏帯なのでしょうか?
おばあ様の帯ではなく、ご自分の半幅帯をお使いになりたいのですよね?

質問者さんの仰る「ちょうちょ結び」はNo.1の方も仰るとおり、「文庫結び」だと思います。
着物の場合の文庫(袋帯などで作る文庫)と半幅の文庫は、基本的には結び方は同じです。羽の大きさやたらし方など若干の違いがあるだけだと思ってください。


「着物を浴衣のように着たい」とのことですが・・・
着物(というか綿以外の浴衣として作られたもの以外)を素肌に着るのは(例え肌襦袢など下着を着けたとしても)、やめた方がいいかもしれません。できれば、長襦袢か半襦袢を。理由はNo.1さんと同じです。

質問者さんは半襟もつけて、と仰っているので、普段の着物の着方そのものです。
普段着の着物では半幅帯で簡単に着付けることの方が多いのです。
質問者さんの「浴衣の帯」と言うのが織とのことですから、博多織などの半幅帯だと思います。半幅帯自体は、浴衣のみの帯ではありません。(実際、夏にしか締められない半幅もありますが・・・)
夏だからではなく、冬などでもウールや紬などには帯締めや帯揚げなどせず、文庫や貝ノ口などの結びで、足袋に下駄などの活動的な着付を心がけます。足袋は色足袋でもいいでしょう。下駄も浴衣だけでなく、紬などの普段着に履いてもいいものですし。
半襟も白だけでなく、柄物などを使えばなおさら普段着です。
ですから、質問者さんの仰る着方は「着物を浴衣風に」ではなく、「普段着の着物の着方」だと理解していただいていいかと思います。

通常の着物を浴衣風にとなると、それこそ素肌にきて素足で下駄というスタイルになってしまいます。
この場合、絽や紗の着物だったら・・・ちょっと外出するには無理がありますね。


ただ、No.1さんの仰るように正絹の場合、気をつけなければならないこともあります。

私は花火大会やお祭りにはやはり綿や麻の浴衣なら着物風にきていくのもいいと思いますが、絹の場合(特に柄付けが小紋以外で絽や紗のもの)では控えた方がいいと思います。
人出が多く、食べるものにもとても気を遣います。
また、アイスや焼きそばを歩きながら食べる人とぶつかったりしたら・・・目も当てられません(>_<)
まぁ、どこにいったとしてもそういう危険は潜んでいるのですが、リスクが高すぎるんですよね、お祭りなどって。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>おばあ様の帯、夏帯とありますが、半幅帯でしょうか?
見つけた帯は、幅が半幅帯の倍ほどありました。
着ようと思っている物は、半幅帯です。
文庫結びの説明ありがとうございます。

祖母から長襦袢を着るように言われたので、長襦袢を着る事にしました!

>普段着の着物では半幅帯で簡単に着付けることの方が多いのです。
そうなのですか~。だから祖母の家に浴衣はないのに半幅帯があったんですね!
足袋は、今レースのものもあるらしく、挑戦してみようかと思っています。
足袋を履いて、浴衣のゲタというのはやはりおかしいのでしょうか?
もしよければ教えて下さい。

素材は麻とのことです。
食べ物には気をつけないと!と思っていました。

祖母の着物を着れるという事がわかり、とてもうれしいです!
ありがとうございました!

お礼日時:2007/06/28 21:36

こんばんは。

着物を長年愛好している者です。
<夏着物を浴衣のように着てもいいですか?
結論から言うと、いいですよ。
浴衣のように着よう、と思うようなお着物ですから普段着の小紋かとお察しします。
もしこれが付け下げとか訪問着であればNGですが、普段着の着物であれば浴衣と同じ半幅帯でちょうちょ結び(=文庫結びのことと思います)でおかしくありませんよ。
半襟をつけて、とありますが、普通は半襟は長襦袢につけるものですが、おそらく着物に縫いつける等のウソツキスタイルですね?
近所に出かける程度なら何でもアリで、一向にかまわないのですが、一点だけ、忘れてはならない事があります。
着物の素材は何でしょうか?正絹かサマーウール等か、ポリ等の化繊か。
正絹のものとすると、浴衣との大きな違いは自分で洗濯ができないことです。
つまり着たあとの手入れに差が出ます。
クリーニング店に頼むとしてもそれなりの金額と期間がかかる事をご承知おきください。
浴衣であれば湯上がりやお祭り見物に気軽に着て、汗をかいたり汚れたら家で自分で気軽に洗えます。
着物の場合はそれができず、基本的にプロの手に委ねなければならないというところが大きく違います。
長襦袢をつけずに浴衣のような着方をすれば汗で汚れるのは必須。
間違ってもそのまま箪笥にしまい込んだりしないで下さいね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

midorimaru様
半幅帯で文庫結びです!
祖母に聞いたところ、やはり長襦袢を着たほうがいいとのことなので、長襦袢を着て、着物を着ようと思います。
素材は麻と言っていました。
色は黄色(ベージュ?)なので、結構透けると思うので、やっぱり長襦袢を着なければなりませんね。
今年の夏、2回ほど着たらクリーニングに出そうと思います。
麻でも、金額は高いのでしょうか?
もしよければ教えて下さい。

祖母の着物を着れるという事がわかり、とてもうれしいです。
ありがとうございます!!

お礼日時:2007/06/28 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半幅帯。 浴衣と着物兼用に出来る?

浴衣用に半幅帯の購入を考えている者です。

同時に、初心者ながら着物にも興味があり何着か持っているのですが、お太鼓一辺倒(これしか結べません)では着る機会が限られる・・・そこで夏が過ぎたら今度は着物にも半幅帯を取り入れてもっと身近に着物を着ていきたいと思っているところです。

そこで、今回出来れば着物用にもなる半幅帯を買いたいと思うのですが、浴衣用の半幅帯と着物用のものとではそもそも素材や柄などに違いがあるのでしょうか?
留意すべき点などあるでしょうか?

所持している中で半幅に合わせられるのかなと思っている着物は
・ウール
・絹の小紋(袷)
・ポリエステルの小紋(袷)
です。
浴衣とは着る季節から違いますが、その点もどうなのでしょうか。

初心者の質問で失礼いたしますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。着物大好きな半生を送っている者です。
<半幅帯。 浴衣と着物兼用に出来る?
出来る物と出来ない物があります。
ほとんどの物は兼用できます(年中使えます)が、特に夏用に織られた帯というのがあります。
ちょっと代表的なものを挙げてご紹介してみます。
半幅帯の昔ながらの代表選手が博多献上です。
http://www.kyoto-wel.com/item/IS81495N00449.html
これですと一年中、着物に合いさえすれば使えます。浴衣にももちろんOKです。
次に綿の半幅です。たとえばこんなもの。
http://kodaken.hp.infoseek.co.jp/page128.html
http://item.rakuten.co.jp/marutomo/980ha015
このような物も一年中使ってOKです。

そして夏限定の半幅帯というのがあります。代表はやはり博多帯で紗献上というものです。
http://sa.item.rakuten.co.jp/kimono5298/a/10000877/
よく見ると透けているのがわかるでしょうか。同じ博多織りでも特に夏用に織られた涼しげな帯です。
この他に夏の帯としては麻素材や綿麻があります。
http://www2.neweb.ne.jp/wd/an-/hanhaba/hanhaba44.htm
麻も年中用いて良い素材ではあるのですが、見た目の涼しげな感じから単衣の時期くらいまでがベストです。
これは半幅でなく名古屋帯でも同じことです。

この他に西陣織りや各地の紬等の正絹、あるいはポリの半幅帯がありますが、基本的に浴衣に合わせてNGというわけではないものの、
どちらかというと冬(袷)向きの色柄の物は袷の着物に締めた方がしっくり合うと思います。
見た目の問題がすべてですので秋冬向きだなあ、と感じるものであればそう作られているわけで、浴衣には不似合いと思ってください。
ウールの着物は袷の時期に準じます。

最後に、できればポリの半幅帯は避けた方がいいです。
せっかくキレイに結んでも動くたびに滑ってゆるんでほどけてきます!
正絹がもちろん一番ですが、綿や麻等自然素材ならほどけてくる事はありません。

こんばんは。着物大好きな半生を送っている者です。
<半幅帯。 浴衣と着物兼用に出来る?
出来る物と出来ない物があります。
ほとんどの物は兼用できます(年中使えます)が、特に夏用に織られた帯というのがあります。
ちょっと代表的なものを挙げてご紹介してみます。
半幅帯の昔ながらの代表選手が博多献上です。
http://www.kyoto-wel.com/item/IS81495N00449.html
これですと一年中、着物に合いさえすれば使えます。浴衣にももちろんOKです。
次に綿の半幅です。たとえばこんなもの。
http://ko...続きを読む

Q小千谷縮の着物について教えて下さい

着物初心者です。夏の着物を持っていなかったので、頑張って小千谷縮の着物を買いました。
今お仕立て中です♪

いざ手に入れてみて疑問が渦巻いてまいりました。

(1)長襦袢について

この着物を買った時に着物に詳しそうなおば様がたまたま居合わせて、「小千谷縮を着る時はレースの長襦袢はやめてね。模様が透けるから。」と言われました。夏用の長襦袢としてポリエステルの紗の長襦袢と、木綿のレースの長襦袢を持っているのですが、どちらも小千谷縮の下に着るのはふさわしくないでしょうか?

買った着物はベージュで、生地は薄くてハンガーにかけると向こうが透けて見えます。お店では茄子紺っていうんでしょうか、渋い紺色の麻の長襦袢を勧められたのですが、経済的に着物だけで手一杯だったので買えませんでした↓
この長襦袢を手に入れるのは来年になりそうなんですが、なんとか今年着物を着たいんです・・・いかがなものでしょう?

(2)帯について

帯は手持ちの博多帯で大丈夫と教えてもらいました。
手持ちの博多帯は献上柄でカラシ色なんですが、ベージュの小千谷縮に合うと思われますか?
ちなみにお店では紺のざっくりした帯を勧められました。もちろん経済的に無理でした↓

(3)着ていける場所について

小千谷縮に博多帯を締めるとどの程度の場所まで出かけて大丈夫でしょうか?ホテルのレストランなどはいいんでしょうか?


たくさん質問してしまい、申し訳ありません。
本当は購入したお店で質問したかったのですが、長襦袢と帯の購入を断るのに必死だったもので・・・

どのような事でも結構ですので、是非アドバイスをよろしくお願いいたします。

着物初心者です。夏の着物を持っていなかったので、頑張って小千谷縮の着物を買いました。
今お仕立て中です♪

いざ手に入れてみて疑問が渦巻いてまいりました。

(1)長襦袢について

この着物を買った時に着物に詳しそうなおば様がたまたま居合わせて、「小千谷縮を着る時はレースの長襦袢はやめてね。模様が透けるから。」と言われました。夏用の長襦袢としてポリエステルの紗の長襦袢と、木綿のレースの長襦袢を持っているのですが、どちらも小千谷縮の下に着るのはふさわしくないでしょうか?

買った着物はベ...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ている者です。

小千谷縮はいいですよね。
私も、最初の夏着物は小千谷でした。その後、他にも色々と買ってしまいましたが、涼しさと雰囲気の良さに、結局、最初の小千谷を一番着ています。

(1)長襦袢
透けるので、かえって遊ぶのもありなのですけれどね。
私は、無地の小千谷の下に、柄のある長襦袢を着たりしています。
襦袢が団扇で、帯が流水の雰囲気で、半襟にホタルがいたりして、ホタル狩り~とか。自己満足の世界ですけれど。
ただ、確かに良く透けますので、レースなどが見えると暑苦しく感じる人もいらっしゃるようです。あと、いかにも「下着」に思えたりとか。
ポリエステルの紗と、木綿のレースですと、とりあえずポリエステルの紗を合わせておかれては、どうでしょう?少し暑いかもしれませんが、木綿でも、あまり変わらないと思います。麻の涼しさは、麻同士を合わせてこそのものです。
質問者さまの思っておられる通り、麻の襦袢は来年以降の目標にして、まずは紗の襦袢で楽しまれたら良いと思います。

(2)帯
ベージュの小千谷に、辛子の博多、綺麗ですね。同系色ですから、夏場には涼しい雰囲気でいいと思います。
帯揚げとか、帯締めを、濃紺や深緑にするとか、朱赤を効かせるとかしても、素敵な感じがしますね。

(3)着ていける場所
柄にもよります。小千谷と言っても、訪問着になっているものもありますし、そういうものは、それなりの場所まで大丈夫です。
もともとは麻ですのでカジュアルの部類だそうです。紬と同レベルに考えれば良いと聞きました。
ただ、最近は「着物」というと本来の格より1ランク2ランク高く受け止められる場合が多いので、礼装を求められる場でなければ、小千谷に名古屋帯だと大丈夫なようです。
知人でホテルで働いている人によると、二枚歯の下駄だと、断りこそしないけれど良い気はしないけれど、草履をはいていて、お洒落に結んでいるなら半幅帯でも違和感はないよ、と言われましたね。


ご質問にはありませんが、お手入れについて、少しだけ。
夏の着物は、どうしても汗が付きます。
1シーズンが終われば、汗とりを呉服屋さんに頼まれた方がいいと思います。
小千谷は自宅でも十分洗えますが、やはり技術が違うのか、仕上がりの美しさが違います。
シーズン途中で汚したり、汗をかいたと感じる時には、自宅での水洗いで充分です。ただ、吊るしておくと、陰干しでも、あっと言う間に乾きます。私は、最初に洗った時に、30分ほどして見に行くと、ほとんど乾いてしまっており、あわてて霧吹きをして手のしをするという、わけのわからないことをしてしまいました。

ぜひ、楽しんでくださいね。

遊びで着物を着ている者です。

小千谷縮はいいですよね。
私も、最初の夏着物は小千谷でした。その後、他にも色々と買ってしまいましたが、涼しさと雰囲気の良さに、結局、最初の小千谷を一番着ています。

(1)長襦袢
透けるので、かえって遊ぶのもありなのですけれどね。
私は、無地の小千谷の下に、柄のある長襦袢を着たりしています。
襦袢が団扇で、帯が流水の雰囲気で、半襟にホタルがいたりして、ホタル狩り~とか。自己満足の世界ですけれど。
ただ、確かに良く透けますので、レースなどが見えると暑苦...続きを読む

Q単のきものにあわせる帯について

袷の時期には毎週、着物を着ています。
(着物も帯もいろいろそろっています。)
これまで単はあまり着なかったのですが、今年は着てみようと思っています。
一応、頂き物で、単の着物2枚と帯1本があります。
着まわしの点から言うと、後1本帯があればと思っています。
袷の時期に締めている帯で、色柄が丁度良いものがあるのですが、単の着物に合わせても良いのでしょうか。また、帯締め、帯揚げなどについてもアドバイスをいただけないでしょうか。
呉服屋さんで相談すればよいのでしょうが、「買え」といわれてしまいそうで。。。
出来れば手持ちですませたいと思っているものですから。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第という時代になっています。
春先は気候の変化も激しく年によっても差があるし、梅雨時には一時寒さが戻るような梅雨寒の日もありますね。
そのような気候の変化に合わせて着る物を選ぶのが面倒でもあり楽しみでもある時期です。

さて、本題ですが白っぽい袷用の帯、もちろん使えますよ。
6月も中旬を迎える頃には夏帯(絽や八寸)を合わせると程良いでしょう。
単衣に夏帯を合わせて一足先に夏姿というわけです。
もちろん真夏のように暑い日にはもっと早くでもいいですよ。
もっとカジュアルに着る場合は木綿の半幅帯なども重宝します。
冬のウールなどに合わせてもいい季節を問わない素材です。
ただし色柄や織り方で季節のあるものもあります。
ちょっと変わった物では櫛織り帯というのがあります。
レースのように透けているので夏物と思われがちですが夏帯ではありません。
袷用のものですが透け感が軽やかな感じで単衣向きの帯と言えます。
綴れ八寸も代表的な単衣向きの帯で普段着向き、フォーマル向きがあります。
絽綴れという絽目の入ったものは単衣から盛夏まで使えます。

帯締めは夏向きの色であれば袷用で結構です。
夏はレースでなければいけないと思ってる方も多いようですがそんな事はありません。
帯揚げは夏帯を締める時には絽のものを使いましょう。
半襟も同時に絽を使います。
それ以前で単衣に向く素材としては楊柳や絽ちりめんです。

着物は帯が要のファッションなので春単衣には早めに夏帯を、秋単衣には早めに袷用の帯を締めるのがお洒落です。
ちなみに秋口、薄物から単衣への切り替えは9月中旬からが適当です。

こんばんわ。
少し着物を着慣れた方にとって悩みどころが単衣の帯なんですよね。
とくに「単衣用の帯」というのがあるわけではないので、質感や柄ゆきなどで感覚で合わせるしかありません。
この単衣に切り替える時期というのも今は千差万別の様相を呈していて、昔ながらにきっちりと5月いっぱいは袷、6月に単衣、そして帯は6月15日を境に袷用のものから夏帯に替えるという方もいます。
一方温暖化に伴い4月下旬には単衣を着だして6月には夏帯を締めるという方も。
この辺りはもうそれぞれの感覚次第...続きを読む

Q着物と長襦袢の袖丈の違い、許容範囲はどれくらい?

最近着物に興味を持ちだしたものです。
わたしは背が低く、プレタ着物では大きすぎるため
中古の着物を求めることが多いのですが、自分サイズで誂える甲斐性はありません)
欲しいな~と思う着物と手持ちの長襦袢の袖丈が合わなくて困っています。
和装関係のサイトをのぞくと、
「長襦袢の袖は着物の袖の中でだぶつかないよう少々短めがよい」ともあるし、
「長襦袢の袖が着物より短いほどみっともないことはない。少々長めがよい」ともあるし、
ともかく「だいたい」同じぐらいなら良い、ぐらいのことは分かるのですが
その「だいたい」がどれぐらいまでを言うのかが分かりません。
たとえば、着物の袖丈が50cmだとすると、
長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
また、長襦袢の袖の方が長い場合、何cmぐらい差があれば
ぐし縫いで折り上げた方がいいんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いのは、着物の袖口が汚れ安くなりますが、他人には、わかりにくいですよね。

2部式についてですが、装道とかニッセン着物カタログがいいですよ。
裄が、短いそうですが、どれくらいでしょうか?
装道は、ランジェリータイプ、2部式タイプ、長襦袢タイプそれぞれ、マジックテープで裄の長さが調整(62センチから67センチくらい?)できるタイプがあります。変え袖は、白、ピンク、水色、黄色などがそろってます。ニッセンも、今のカタログは持って無いのですが、いつも、2部式で裄丈調整可能なマジックテープ袖がありました。
それに、洗えるからファーマル以外は、洗える襦袢がいいですよ。

そして、袖丈は、今は、だいたい49センチが基本になってますので、今後のため中古でも袖丈は49センチを選んだほうが面倒が無くていいと思います。(または、49センチと、普段着用に45センチの2通り)

全く個人的な意見ですが、私なら、購入時に、袖丈は49cm位に統一、裄丈は2.3センチなら許容範囲でマジック式の袖で誤魔化す。が一番簡単かと思います。

そして、着付けですが、せっかく襦袢と着物の丈をピッタリに誂えていても、着付けで台無しの人が結構います。襦袢が着物のなかに食い込んでいるというのかな?着付けた後は、袖の付け根、着物、襦袢それぞれ4点をそろえておかないと、当然、袖の下の所でも揃いません。

参考URL:http://www.nissen.co.jp/c_item/2004fal/sho_index/f_ld_12.htm

こんにちは。
袖の問題は、丈と裄の2つがありますね。

>長襦袢の袖丈はどれぐらいまでが許容範囲なんでしょうか?
ですが、NO,2のかたのいうとおり、個人の感覚だともいます。私は、大雑把は性格ですので、細かいことは気にしないです。
ただ、
襦袢の袖丈が短いため袂からはみ出す事。
裄が長すぎて袖口からはみ出す。
この2点は、やはり目立つので気になります。
ピンで留めるなり、対策をしてください。


袖丈が多少(5センチ位)長いのは折り曲げでもいいのではないでしょうか?
袖幅が短いの...続きを読む

Q綿と麻の着物について

気軽に着られる夏用の着物を購入予定です。
着物ですから暑いのは仕方ないけれど、そんな中でも快適なものが欲しい!と思い本麻の着物を買おうとしていたのですが、しじら織の着物や綿麻の着物の方が柄が豊富だったので気になり始めました。
綿より麻の方が快適かな、と思うのですがその差がすごく大きいものでなければ本麻にこだわらないで気に入ったものを買いたいと思い質問させてもらいました。

しじら織の着物には綿100%と書かれていました。
綿は汗で張り付きますがしじら織はでこぼこしているからあまりそういう事もないんでしょうか?
綿麻はその比率で着心地が違うとは思いますが、汗をかいた時の張り付き感や、麻100%、綿100%と比べての利点、欠点はどうでしょうか。
また本麻についても実際に着用されている方からご意見を頂きたいです。

生地を見ているだけでは暑い日に何時間も着た時に感じる事というのはわかりませんので・・・
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

麻100%はたしかに涼しいですよ。
でも帯が化繊だったりすれば涼しさ半減。
涼しさを追求するなら帯も帯揚げも、下に着る襦袢も伊達締めも、全部麻にする。
こうすればかなり涼しいです。綿の浴衣なんか暑くて着られなくなるほどです。
風が吹けば体を通り抜けるような爽快感があります。なぜなら麻という繊維は熱をもたないから。
実際には張り付き感というより熱がこもるのが不快なのです。
浴衣であっても下着を着ていれば、また全身びしょぬれになるほど汗をかくほどでなければ張り付き感というのはあまり感じません。
ただ熱が逃げないのがつらいんです。
綿は汗を吸ってくれるけど発散性が弱い。いったん汗をかくと乾きにくいです。
それよりは正絹のほうがまだ着心地が良いですね。
正絹でも夏紬は適度な張りがあって、体にまといつきにくいので良いです。
紗紬なんかは見た目だけじゃなく実際に涼しいですよ。
でも最上級はやっぱり麻。
綿麻は麻100%よりは劣るけど綿よりは涼しい。
涼しさの順で並べると 
麻>綿麻≧正絹(紗紬)≧綿
という感じ。
でも同じ綿100%でもコーマ地の浴衣よりもしじら織りのほうが涼感があります。

しかし帯はたとえ麻でも芯を入れて仕立ててありますのでお腹周りはどうしても熱がこもります。
私などは伊達締めをぬいて着ることも多いですね。こうするとだいぶ違います。
コーリンベルトを使えば衿元がくずれる事もそうありません。夏の着物は軽いので。
綿や麻はとくにすべりが悪いので着てしまえばくずれにくいのです。
芯のない博多の紗献上の半幅帯なんかが一番涼しいかも知れません。

浴衣でなく着物として着たいなら、私は小千谷ちぢみをおすすめしたいですね。
麻特有のごわつき感はありますが盛夏にはそれが心地よい。それこそ体に張り付きません。
比較的安価でもあります。
麻のなかでも高級品は上布と呼ばれるもの。越後上布、近江上布、能登上布など。
からむし織りと言われるものも上布の一種。そして最高級品は沖縄の宮古上布です。
これらは着古すほどしなやかさと光沢が出て着やすく美しくなるのが特徴です。
もちろん涼しさも最上級。
けど最初に着るにはしじら織りや綿麻もじゅうぶん良いと思いますよ。
まずは着たいと思うものが第一で、実際に着ることが一番ですから。
着てみない事にはいつまで経っても比較もできません。
夏きもの大好きおばさんからでした。

麻100%はたしかに涼しいですよ。
でも帯が化繊だったりすれば涼しさ半減。
涼しさを追求するなら帯も帯揚げも、下に着る襦袢も伊達締めも、全部麻にする。
こうすればかなり涼しいです。綿の浴衣なんか暑くて着られなくなるほどです。
風が吹けば体を通り抜けるような爽快感があります。なぜなら麻という繊維は熱をもたないから。
実際には張り付き感というより熱がこもるのが不快なのです。
浴衣であっても下着を着ていれば、また全身びしょぬれになるほど汗をかくほどでなければ張り付き感というのはあまり...続きを読む

Q夏は襦袢をどのような種類にすればいいんでしょうか?!

夏は襦袢をどのような種類にすればいいんでしょうか?!

着物初心者の35歳女性です。

じつは最近着物にはまってしまい、いろいろ買い集めて楽しんでおりましたが、夏に向かうにつれ、襦袢に悩みはじめました。

汗をかいても洗えるものがいいので、ポリか麻にしようと思っているのですが、上着も洗えるポリにしようと考えています。
そうすると、

絽や紗の上着(ポリで白っぽい)の下に着る襦袢は

(1)ポリの普通の襦袢


(2)絽のポリの襦袢

(3)麻の襦袢

(4)肌着・裾よけのみ

のどれがよいのでしょうか?!

(1)については、ポリの上着にポリの襦袢だと静電気が凄くて着られない、と聞いたことがありますが本当ですか?

(2)については、(1)の静電気に加え、下着が透けないか不安です(裾よけなしで着た場合。それとも夏でも裾よけを身に着けるのでしょうか?!)

(3)については、冬に裾よけにウールのものを巻いたら皮膚がちくちくして真っ赤になってしまい、そのままウール裾よけはたんすの肥やしになっているくらいに敏感肌なので、麻の肌触りが心配です。また麻は洗っても大丈夫なのかも心配です。

(4)については、浴衣と同じく下着にキャミソールだけで着てもいいのかな?と思ったりするのですが、それではあまりに下品と思われるのでしょうか?

どなたか、夏も着物をお召しになる猛者の方、初心者の私に情報を下さい!!

宜しくお願いします!!

夏は襦袢をどのような種類にすればいいんでしょうか?!

着物初心者の35歳女性です。

じつは最近着物にはまってしまい、いろいろ買い集めて楽しんでおりましたが、夏に向かうにつれ、襦袢に悩みはじめました。

汗をかいても洗えるものがいいので、ポリか麻にしようと思っているのですが、上着も洗えるポリにしようと考えています。
そうすると、

絽や紗の上着(ポリで白っぽい)の下に着る襦袢は

(1)ポリの普通の襦袢


(2)絽のポリの襦袢

(3)麻の襦袢

(4)肌着・裾よけのみ

のどれがよいのでしょうか?!
...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。どうもお返事をありがとうございます。
再度のご質問にお答えします。

美容衿をつけて長襦袢を着ているように見せかける方法ですね。
結構と思いますよ。近年皆さんよくやられている着方です。
ただし着物風をねらっての着方なので、いかにも浴衣というものでなくそういう着方に向いたものを選んでください。
きれいに着るコツとしては美容衿をただ付けただけだと半襟が浮いてしまいますので浴衣(着物)の衿の中心(衣紋の部分)だけ縫い付けておくと良いです。

私がよくやるのは衿幅の広い肌襦袢を使用してその肌襦袢に半襟をつけて長襦袢を省略する方法です。
このようなものです。http://item.rakuten.co.jp/asanoya/0603-094/
そして麻地のうそつき袖を作って浴衣や肌襦袢の袖に袖山のところで縫い付けてしまいます。
こうすると振りから襦袢袖がのぞいていかにも長襦袢を着ているように見せることができます。
こんなサイトもあるので参考にしてみてください。和裁の知識がなくてもこれくらいは作れます。
http://www.ojara.sakura.ne.jp/kimono/tips/usotuki/002.html
このサイトでは白い布をつけていますが私はつけません。そのまま縫いつけます。
夏物の場合は軽いのでそれで十分です。
もちろん美容衿を使う方法も手軽で良いと思いますが、この方法だとより自然な感じの着上がりになります。
ただし衿は絽のものを使用してください。袷用の塩瀬などは夏向きではありません。

これも個人的意見になるのですが、浴衣や夏紬の場合は絽塩瀬よりも麻の半襟が見た目にも涼しげですよ。
麻は洗えるので、洗う際に取り外さなくても長襦袢や肌襦袢につけたまま洗うことも可能です。

さて浴衣を着物風に着た場合のTPOですが、夏の昼間のお出かけ着という位置づけで考えるのが良いと思います。
ショッピングやランチやお茶のお稽古など。
夜は浴衣として着る場合と同様の場やごくラフな場までですね。
たとえばホテルのレストランだとか歌舞伎見物など、セミフォーマルに傾いた場には向かないと思います。
浴衣自体の高級感などが着る場を左右するのは普通の着物と同じです。

こんばんは。どうもお返事をありがとうございます。
再度のご質問にお答えします。

美容衿をつけて長襦袢を着ているように見せかける方法ですね。
結構と思いますよ。近年皆さんよくやられている着方です。
ただし着物風をねらっての着方なので、いかにも浴衣というものでなくそういう着方に向いたものを選んでください。
きれいに着るコツとしては美容衿をただ付けただけだと半襟が浮いてしまいますので浴衣(着物)の衿の中心(衣紋の部分)だけ縫い付けておくと良いです。

私がよくやるのは衿幅の広...続きを読む

Q夏の着物を一式そろえるとしたら、単?絽?

こんにちは。

着物大好きな主婦です。もうすぐ35歳です。
手持ちの着物は全て袷です。

夏にも着物を着たい気分になってきたので、一枚だけ
買ってみようと考えています。

6月と9月は単、7月と8月は絽というイメージは
何となくあるのですが、おそらく自分としては
夏にはそんなに頻繁に着物を着ないと思います。
でも、ちょっとぐらいは着て出かけたくなると思うので、
もし、夏用の着物を一式、「ひとつだけ」そろえるとしたら、
何をそろえたら良いか、ご相談させてください。

まず、着物は単がいいか、絽がいいか、です。
6月や9月に絽を着てもおかしくないか、
あるいは、盛夏に単を着てもおかしくないか、など。

長襦袢は絽があればいいでしょうか?
半襟、帯揚げ、帯締めも絽があればいいでしょうか?

帯はどうでしょうか。

ちなみに、着るとしたら、ちょっとしたコンサートや
ショッピング、友だちとのランチなどですが、
もし6月~9月に結婚式があって着物で行くケースが
あった場合のために、付け下げなどにしたほうが
いいかもしれません、その場合のアドバイスなども
お願いいたします。

質問事項が多く、ご迷惑をおかけします。

よろしくお願いいたします。

こんにちは。

着物大好きな主婦です。もうすぐ35歳です。
手持ちの着物は全て袷です。

夏にも着物を着たい気分になってきたので、一枚だけ
買ってみようと考えています。

6月と9月は単、7月と8月は絽というイメージは
何となくあるのですが、おそらく自分としては
夏にはそんなに頻繁に着物を着ないと思います。
でも、ちょっとぐらいは着て出かけたくなると思うので、
もし、夏用の着物を一式、「ひとつだけ」そろえるとしたら、
何をそろえたら良いか、ご相談させてください。

まず、...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。たしか以前にお会いしましたね?
着物生活を楽しんでおられるようですね。
夏にも着たい。こういう方はまだまだ少なくて着物マニアの私には嬉しいご質問です。
最初の夏ものは何が良いか?皆さん悩まれるところです。
そういう方が増えているせいでしょう。最近は単衣から盛夏まで通して着られる新製品が作られるようになりました。
まだ一般的に通るほどの流通量ではないため○○という製品ですとお答えするのは難しいのですが。
たとえば浜ちりめんの変わり織りなどがそれにあたります。

単衣は基本的に透けない着物です。盛夏の薄ものは絽や紗で知られるように透け感の強い着物です。
この「透け」の程度が単衣と薄ものを分ける要素ですが、最近は中間的な微妙な透け感の生地が開発されているのです。
透けるような透けないような、まさに単衣と薄ものの中間ですね。
それが変わり織りの夏物です。
他にはごく普段着になりますが綿シルクというものもあります。
名のとおり綿と絹の混紡です。これは自宅で手洗いできるメリットがあります。

また、絽ちりめんや竪絽(たてろ)は昔は単衣の時期と言われましたが、昨今は単衣から盛夏まで通して着られています。
絽ちりめんは絽目のあるちりめんです。竪絽とは、通常の絽が横に絽目が入るのにたいし縦方向に絽目の入った生地です。

以上にあげたものが単衣から盛夏まで着られる着物となります。
まず一枚目としては適したものになると思います。
またごくラフな用途であれば上等の浴衣を着物のように着るという方法もあります。

<6月や9月に絽を着てもおかしくないか、
あるいは、盛夏に単を着てもおかしくないか、など。

これは温暖化の事情もあり判断は人それぞれといったところです。
単衣の時期が前倒しされ5月くらいから着始めるのが最近の事情です。
そして6月でも真夏のように暑い日であれば絽を着る方もいます。
9月も残暑の残るうちは絽を着てかまわないでしょう。ただし下旬にもなれば避けたいところ。
紗は、やはり暑い盛りの着物ですから7、8月の限定にされたほうが、と思います。
普段着であれば麻や夏紬もおすすめしたいですね。
盛夏に単衣を着て悪いとは申しませんが、本当に暑い時期に単衣は着てられませんよ。
しかしフォーマルとなると、昨今は夏の結婚式でも袷を着る方が増えています。
空調のきいた場所であればそれも可能ですね。

<長襦袢は絽があればいいでしょうか?
半襟、帯揚げ、帯締めも絽があればいいでしょうか?

長襦袢は上に着る着物を考慮する必要があります。
正絹の絽や紗を着る場合にはやはり長襦袢も正絹の絽が良いでしょう。
とくに紗の着物は完全に長じゅばんが透けて見えますから気を抜けません。
麻や綿麻、夏紬などかたい着物を着る場合には何と言っても涼しさ一番の麻の襦袢がおすすめです。ほかに綿や綿麻の襦袢もあります。
これらは自分で洗えるのが魅力です。
麻にも絽麻と平織りの麻がありますが、平織りであれば夏以外の暑い日にも着られて重宝です。
下から薄くしてかまわないので単衣にも絽や麻の襦袢を着て差し支えありません。
半襟、帯揚げ、はやはり絽を用います。正絹、化繊、麻や綿麻などあります。着物にあわせて選びます。
帯締めは夏専用のものでなくてかまいません。
暑苦しさを感じない色や太さのものであれば袷と共用できます。
レースなど特別に夏用に組まれたものがありますが、それを使わなければいけないわけではありません。

帯は単衣には袷用の中から薄手のものを選んで締めますが、6月後半ごろからは夏帯に変えたほうが良いでしょう。
盛夏には夏帯です。夏帯とは絽や紗をはじめ素材が夏用に薄く織られたもので、袷同様にフォーマルとそれ以外があります。
ですから着物や場にあわせてどんな帯を締めるか考える必要がありますね。

また、附け下げにした方がよいか紬や小紋にしたほうが良いかは、やはり着る頻度で決めることだと思います。
フォーマルと普段着の共用ができないのは袷となんら変わりません。
普段には着ないからこそフォーマル、なのですから。
ランチやショッピングに着る着物と結婚式の着物は別にすることをおすすめします。

こんにちは。たしか以前にお会いしましたね?
着物生活を楽しんでおられるようですね。
夏にも着たい。こういう方はまだまだ少なくて着物マニアの私には嬉しいご質問です。
最初の夏ものは何が良いか?皆さん悩まれるところです。
そういう方が増えているせいでしょう。最近は単衣から盛夏まで通して着られる新製品が作られるようになりました。
まだ一般的に通るほどの流通量ではないため○○という製品ですとお答えするのは難しいのですが。
たとえば浜ちりめんの変わり織りなどがそれにあたります。

単...続きを読む

Q浴衣の帯をお太鼓にしたい

今年は浴衣を少し大人っぽく着たいと思い、ネットで見つけたとても涼しげなお太鼓の作り帯をあまり深く考えずに購入しました。和服のことは素人で、浴衣は涼しげに着ればあまりルールはないと聞いていたのですが、調べてみると「お太鼓なら衿と足袋をプラスしましょう」というのが結構書かれていて…。合わせる浴衣はいわゆる着物風浴衣ではなく普通の浴衣ですし、衿と足袋をつけると暑苦しいイメージがします。しかしある程度常識のある人から見たときに、裾が膝丈とかガングロで浴衣なのにミュール!などの若者と同じカテゴリにはされたくない(汗)
そこで和装の心得がある方にお聞きしたいのですが、

・紺地に朝顔柄の地味目の浴衣
・涼しげな柔らかい生地で作った白地に大人っぽい金魚柄の帯でお太鼓
・衿・足袋なし
・夕方からの花火見物

これってアリでしょうか?ナシでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは。着物歴20数年の40代です。
夏には夏の着物も着ますが、普段着に活躍する浴衣もいろいろなタイプを持っています。
そして場に応じていろいろな着方も楽しんでおります。
まずアリかナシか、お答えから申し上げるとアリです!

理由は・涼しげな柔らかい生地で作った白地に大人っぽい金魚柄の帯
という事ですから、ごくラフな普段着用の帯と察するからです。
これが絽や紗のしっかりしたお出かけ用の帯なら違ってきますが、たぶんとても遊びのあるラフな帯だと想像するからです。
朝顔に金魚という組み合わせもピッタリなら夕方からの花火見物というシチュエーションもピッタリ。
ただ、わざわざ帯枕をしょってしまうとラフな雰囲気が壊れますから、枕を使わずに角だし(銀座結び)にすればGOODです。
作り帯と言っても枕までくっついているわけではないですよね?
角だしにしなくたって、枕を抜いて厚みを出さないだけで着ていても涼しいですし、見た目も涼しげになります。
何もナシで心許ない(帯が安定しない)ようでしたら、ハンドタオル程度のものをガーゼに包んで枕とします。
このスタイルなら半襟や足袋などなくてOKです。だいいち、花火見物に足袋はおかしいですよね。

ドラマ「おせん」は見ましたか?
おせんちゃんの自由奔放なアンティーク着物が光っていましたね。
ドラマの中でよく登場したあの帯結びをイメージしてください。
帯山にはボリュームがなくて下ぶくれになった角だしの形。

私も浴衣でお出かけする時に、ただの半幅帯では物足りなくて角だしや枕ナシお太鼓をよくやります。
半襟、足袋をつけてよそ行きにする時もありますが、夜の居酒屋なんかには浴衣をサラリと一枚で着てラフに名古屋帯を結んで下駄をつっかけて出かけます。
浴衣なんですからルールなんかないも同じ。フォーマルな帯を合わせる等よほどちぐはぐな事をしなければ、なんでも「アリ」ですよ。

こんばんは。着物歴20数年の40代です。
夏には夏の着物も着ますが、普段着に活躍する浴衣もいろいろなタイプを持っています。
そして場に応じていろいろな着方も楽しんでおります。
まずアリかナシか、お答えから申し上げるとアリです!

理由は・涼しげな柔らかい生地で作った白地に大人っぽい金魚柄の帯
という事ですから、ごくラフな普段着用の帯と察するからです。
これが絽や紗のしっかりしたお出かけ用の帯なら違ってきますが、たぶんとても遊びのあるラフな帯だと想像するからです。
朝顔に金...続きを読む

Q絽の着物に合う帯ですが

4年位前に絽の着物(ポリエステル)と長襦袢・半幅帯をセットで買いました。
店員さんが選んで下さいました。
ある雑誌で絽の着物に半幅帯は合わないような事が書かれていたのですが、そうなのでしょうか。
4年振りに着たいと思っています。
絽(小紋だと思います)の着物に合う帯、草履などを教えて頂けないでしょうか。
もし半幅帯でも大丈夫なら、どんな素材で
どういう結び方が良いのでしょうか(60歳ですので)
どうか宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

遊びで着物を着ているものです。

一般的には、絽の着物に半幅帯を合わせることは少ないと思います。
と言いますのが、「絽の着物」というのは織り方の問題ですので、柄付けとしては留袖、訪問着、付け下げ、色無地、小紋といったところになります。
小紋以外は、礼装、略礼装になります。
それに対して、半幅帯というのはカジュアル向け、お洒落用がほとんどだからです。
礼装にカジュアル向けは合わせませんよね。

絽のカジュアル小紋にお洒落な半幅帯で、近場へのお出かけとかリゾートなら素敵だと思うのですが、「絽の着物に半幅帯もOK」と言えば、訪問着や色無地などに浴衣に合わせるような半幅帯でフォーマルな場に出席もOKなのかと思う人がいるので、雑誌等では「合わせない」と書くでしょう。
杓子定規でつまらない気もするのですが、「それはない!」というような組み合わせを平気で勧めるような店員さんもいますので、それに対抗しようと思うと仕方ないのかなぁと感じます。

もともとセットで売っていたものなら、セットで使えるのだと思います。
結び方は貝の口でしたら自宅か近所まで、みやこ結びや割り角出しに近い形に結べるのでしたら、お出かけにも大丈夫でしょう。ちょっと長さが必要ですので、浴衣向けの半幅帯では結べない場合もあります。
ただし、出かける先はカジュアルの場合です。フォーマルには使いません。
みやこ結び:http://www010.upp.so-net.ne.jp/sayo50/miyakomusubi3.html
割り角出し:http://www.kimono-maruya.com/wari.htm


絽の小紋に合わせる帯は、絽か紗の名古屋か袋帯が多いと思います。
絽綴れを合わせるケースも多いですね。
どちらにせよ、小紋ということでしたら、金銀が少なめのあっさりした柄が似合いそうだと思います。
同じカジュアルでも麻や紙布、葛布といった趣味的なもの、ざっくりしたイメージの物は絽には似合わないと感じます。

草履は冬用のエナメルをお持ちでしたら、そのまま使えます。
お洒落なのはパナマや畳表でしょう。

絽とはいえ、夏のポリエステルはかなり暑いと思います。
冷房の利いたところばかりならいいのですけれど、移動途中などの熱中症にはお気を付けくださいね。
保冷剤を凍らせたものをタオルハンカチや手拭いで包んでお持ちになると、首筋を拭くだけで、かなり涼しくなりますのでお勧めです。

遊びで着物を着ているものです。

一般的には、絽の着物に半幅帯を合わせることは少ないと思います。
と言いますのが、「絽の着物」というのは織り方の問題ですので、柄付けとしては留袖、訪問着、付け下げ、色無地、小紋といったところになります。
小紋以外は、礼装、略礼装になります。
それに対して、半幅帯というのはカジュアル向け、お洒落用がほとんどだからです。
礼装にカジュアル向けは合わせませんよね。

絽のカジュアル小紋にお洒落な半幅帯で、近場へのお出かけとかリゾートなら素敵だと思うのです...続きを読む

Q着物の半襟「うそつき襟」について

着物の半襟で、うそつき襟などの名称ででてる、
襦袢に縫わずにつかえる半襟だけのものがありますが、
あれって、普通の襦袢では使用できないのですか?
やっぱり、このうそつき襟専用といったら変かもしれないですけど、
襟の部分がない襦袢ってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして。

私の認識では、うそつき衿は襦袢が「ついていない」ことに利用価値があると思っています。

なぜなら、普通の襦袢を着るならそれに半襟を縫いつけた方がきれいだからです。
縫い付ける、といっても、何箇所かとめるだけでいいので(私は、着付けが下手なので全部縫い付けますが)通常の半衿のついていない襦袢を着て、うそつき衿をつけて、きれいに見えるように着付ける手間を考えると、うそつき衿をつけるメリットがないように思います。

襦袢なしで半襟は必要、というのは、夏の着物に便利ではないのでしょうか。
つまり、襦袢をつけずに着物スリップ(レースがついている肌襦袢のようなもの)+着物にすると、下着+長襦袢+着物、よりも薄着ができる、というものです。

着物スリップなどの場合、袖が通常の長襦袢の袖ではなく、筒状のそでになってしまいますので、透け感の多い絽や紗、透ける夏紬には不向きかもしれませんが、麻や木綿(浴衣)などの透けない夏物の場合には重宝します。(洗うのもラクです)

したがって、うそつき衿は、夏に、着物の下はなるべく薄着で(透けない、見えない、というのが前提です)、半襟が必要、というときに使うものだと思っていますが、いかがでしょうか。

はじめまして。

私の認識では、うそつき衿は襦袢が「ついていない」ことに利用価値があると思っています。

なぜなら、普通の襦袢を着るならそれに半襟を縫いつけた方がきれいだからです。
縫い付ける、といっても、何箇所かとめるだけでいいので(私は、着付けが下手なので全部縫い付けますが)通常の半衿のついていない襦袢を着て、うそつき衿をつけて、きれいに見えるように着付ける手間を考えると、うそつき衿をつけるメリットがないように思います。

襦袢なしで半襟は必要、というのは、夏の着物に...続きを読む


人気Q&Aランキング