在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

「鶴」「亀」や「鬼」、仙人の「仙」は日本語で縁起が良いそうですが、これはどういった言われからなのでしょうか?何かの故事がありますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

中国の道教の理想としたのは羽化登仙。

仙人になることです。仙人の「仙」は、変遷の「遷」に通じます。別の次元、ステージに移った人間が仙人です。肉体を捨てて飛んでいくのです。そしてその仙人が住むとされるのが東海(中国から見て、です)の蓬莱山。蓬莱山には長寿の鶴や亀(鶴は千年、亀は万年)と仙人が住むと信じられています。時間や世俗の束縛を超越して生きるのが道教の教える理想という訳です。

で、鬼ですが、中国語の文脈の中では、「鬼才」とか「鬼神」という言葉に見られるように超越的な霊力を持った存在、という意味合いと、「鬼籍に入る」という言葉に見られるように死後の霊魂、という意味を兼ね備えた言葉です。
    • good
    • 1

中国語の「鬼」は「神」( 日本語的には自然霊 ) のようなニュアンスです。


よく言われる「触らぬ神に祟り無し。」の「神」ですね。
(人にとって良いことも悪いこともする怖い存在。
 怒らせないよう触らぬように、でも崇めている)

また、仏教の「鬼」は閻魔大王の指示に従い悪人を懲らしめる刑務官です。
つまり、仏教では「仏」の仲間です。
けっして、悪魔の仲間ではありません。

そんな中国の思想文化が日本に伝わったのでしょうね。
参考程度に。
    • good
    • 0

「鬼」は、古代人が考えた頭の大きな亡霊を形象化した文字です。

このことから、人間の力を越えたすぐれた働きを示します。

「仙」という文字には、長生きして天に登るという字義があります。

「鶴」「亀」は既出のように長寿でしょう。
    • good
    • 0

「鶴」と「亀」は長寿の象徴です. 「鶴は千年, 亀は万年」という言葉もあります.


「鬼」は.... ん~, 必ずしも縁起がいいとはいえない.... 「人を超えた能力を持つ」という意味ではいい言葉なんですけど, そこにしばしば「人ではない」という意味が追加されることがあります.
「仙」も, おそらく「人を超えた能力を持つ」という感じではないですかねぇ.
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q鶴の悪い意味について

鶴は、日本では長寿のシンボルとして、慶事などに折り紙やイラストなどに用いられる、めでたい鳥ですが、海外では不吉のシンボルになっている国もあるらしいのです。いったいどこの国・地方なのか、またその意味をご存じの方教えてください。

Aベストアンサー

北欧の方では不吉な鳥とされているようです。
特にケルト神話では死を運ぶ鳥に位置づけられています。
同じくケルト神話にエススという神がいますが、雄牛や三羽の鶴と一緒に描かれる事が多いです。
エススは殺戮を好む神で、『血の祭壇に在りて屹立』していると言われます。エススを主神として信仰していたのはガリア地方北部の種族だそうです。
また、冥界の神プウィルは鶴の姿をしていると言われます。

所変わってキリスト・ユダヤ教で語られるソロモン72柱の悪魔の一人、ナベルスは黒い鶴や鳥の形で描かれることがあります。


人気Q&Aランキング