最新閲覧日:

こんばんは。
わたしはずっと新選組や会津藩が好きで、薩長が嫌いでしたが、最近西南戦争のことを知って、過去、薩摩を嫌っていた自分が信じられない位に薩摩藩のことが好きになりました。
そこで、戊辰戦争の頃の薩摩藩側の小説を読んでみたいと思うのですが、薩摩藩全体のことが書かれている作品ってあるのでしょうか。
特定の人物が主役になっている作品(西郷隆盛や大久保利通など)の物でも、いろんな薩摩藩士が登場して活躍する物ならぜひ読んでみたいです。
戊辰の薩摩のことが書かれていれば資料集の類といったものでもかまいません。知っておられる方、ぜひお教えください。

A 回答 (2件)

読みやすい&はずせないところでは『翔ぶが如く』(司馬遼太郎)。


文庫で全10巻と長いですが、幕末~明治の薩摩の歴史を鳥瞰するのに、これ以上の参考書はないかもしれません。

『翔ぶが如く』では脇役ながらも、村田新八がむちゃくちゃかっこいいので、次は、村田新八を主人公にした『朝焼けの賦』(赤瀬川 隼)もおすすめです。こちらは新刊では買えないようなので、図書館ででもどうぞ。

薩摩といえば西郷隆盛ですが、読みやすいところで『西郷隆盛』(池波 正太郎)はどうでしょう。

池波正太郎さんでは、幕末の剣客、後の陸軍少将、桐野利秋を主人公にした『人斬り半次郎 幕末編』・『人斬り半次郎 賊将編』もお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
司馬さんの「翔ぶが如く」と池波さんの「西郷隆盛」「人斬り半次郎」は読みました。
「翔ぶが如く」のように薩摩藩士がいっぱい出てくる物があればいいですね。
村田新八はわたしも大好きなので、「朝焼けの賊」、チェックして是非読んでみたいと思います!
ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/21 12:20

おおおおお!!


倒幕派に興味を持っていただいたことがとても嬉しいです!!
私は、幕末に関しては中立的な人です。

そうですね、小説になってしまいますとどうしても考え方が片寄ってしまうかもしれませんね。
実は、中立的にその時代を知るのであれば、坂本龍馬や勝海舟などがやっぱり中立であるのでお勧めしときます。
マンガですが『お~い竜馬』はぜひ一度は読んでみてほしいです。
さて、薩摩半側の資料とか、人物では週間日本の100人っていう雑誌がお勧めです。
毎週火曜日に発売されています。
大きい本屋さんなどに行けば、西郷さんや高杉さんのも置いてあると思いますので、ぜひ足を運んで下さいな。
もちろん新撰組のもありますよ。
とってもいい資料になると思います。
あと、幕末に興味を持っていただくなら、徳川慶喜と勝海舟の関係を調べていただくと、大変おもしろいですよ!!
小説は、真実を捻じ曲げて、おもしろおかしく美談にされることが多いです。
でも徳川慶喜と勝海舟の関係は、本当に実はとしてのドラマがありますよ!
と、ながながとすみませんでした。
あと、最近ビデオレンタルでもしているところがあるのですが、『その時歴史が動いた』なども置いてある所が最近あるので、資料になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
明記し忘れましたが、会津や新選組だけではなく、龍馬や勝海舟、慶喜といった類のものは数冊読みました。
倒幕側目線(というか薩摩)で読んだことがないので、そういったものがないかな~と思っております。
ご紹介いただいたものも機会があれば読んでみたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2007/07/19 15:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q架空の大戦争後の世界を描いた小説・漫画・映画等創作物

「ソラノヲト」を少しずつ見てる最中です。
ナウシカはもう何回も見てます(読んでます)。

この二つのように、人類絶滅寸前の大戦争を経験して、その後の世界を舞台にした小説・漫画・映画等の創作物を教えて下さい。
海外の作品でも構いません。

Aベストアンサー

チョット違うかも知れませんが、謎の転校生。

Q新潮新人賞への応募作品って…

閲覧有難う御座います。
新潮新人賞に応募しようと思っている者です。
賞には違う作品を複数応募しても良いのでしょうか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

どの文学賞でも、複数応募は問題ないでしょう。
ただし、応募する際には別々の封筒に入れて、別々に応募しなくてはいけません。

また、数撃ちゃ当たる戦法も良いですが、場合によっては危険ということを知っておくと良いでしょう。
というのも、もし応募作品の一つが良作で一つが駄作であった場合、選考委員としては『この良作は偶然に出来たもので、作者の本当の実力は駄作を書いてしまう程度のものだ』と認識されかねないからです。
どうせ応募するならば、すべて良作のみで。

↓は、「新人賞応募原稿作成支援サイト」の「下読みの鉄人」です。参考にしてください。
http://www.sky.sannet.ne.jp/shitayomi/index.html

Q安部公房さんの本は、一通り全部読みました。 ここでですが、 1 安部公房さんの作品で、特に一番内

安部公房さんの本は、一通り全部読みました。
ここでですが、


1 安部公房さんの作品で、特に一番内容が深いのは何だと思いますか?

私が思うには、なかなか難しいところですが、やはり「燃えつきた地図」とか、またはデビュー作の「壁」か、最終作の「カンガルー・ノート」でしょうか?甲乙付け難いです。

また、

2 皆さんは、安部公房さんの作品では、何が一番好きですか?

私は、「砂の女」、「壁」、「砂漠の思想」が断トツで大好きです。

Aベストアンサー

電波少年のネタにされたことで、箱男が有名ですね。
カフカの変身とちょっと似た印象です。

第四間氷期が印象にのこってます。
氷河期という単語はよく耳にしますが、間氷期という表現からはまりました。

Q1通りの有名な作品を読み尽くしてしまいました。何かおすすめの本、ありますか?あるのであれば、教えてく

1通りの有名な作品を読み尽くしてしまいました。何かおすすめの本、ありますか?あるのであれば、教えてください。

Aベストアンサー

飢餓海峡は如何ですか。水上勉の作品です。
映画では三国連太郎と左幸子のデビュー作でした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報