こんばんは。
わたしはずっと新選組や会津藩が好きで、薩長が嫌いでしたが、最近西南戦争のことを知って、過去、薩摩を嫌っていた自分が信じられない位に薩摩藩のことが好きになりました。
そこで、戊辰戦争の頃の薩摩藩側の小説を読んでみたいと思うのですが、薩摩藩全体のことが書かれている作品ってあるのでしょうか。
特定の人物が主役になっている作品(西郷隆盛や大久保利通など)の物でも、いろんな薩摩藩士が登場して活躍する物ならぜひ読んでみたいです。
戊辰の薩摩のことが書かれていれば資料集の類といったものでもかまいません。知っておられる方、ぜひお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

読みやすい&はずせないところでは『翔ぶが如く』(司馬遼太郎)。


文庫で全10巻と長いですが、幕末~明治の薩摩の歴史を鳥瞰するのに、これ以上の参考書はないかもしれません。

『翔ぶが如く』では脇役ながらも、村田新八がむちゃくちゃかっこいいので、次は、村田新八を主人公にした『朝焼けの賦』(赤瀬川 隼)もおすすめです。こちらは新刊では買えないようなので、図書館ででもどうぞ。

薩摩といえば西郷隆盛ですが、読みやすいところで『西郷隆盛』(池波 正太郎)はどうでしょう。

池波正太郎さんでは、幕末の剣客、後の陸軍少将、桐野利秋を主人公にした『人斬り半次郎 幕末編』・『人斬り半次郎 賊将編』もお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
司馬さんの「翔ぶが如く」と池波さんの「西郷隆盛」「人斬り半次郎」は読みました。
「翔ぶが如く」のように薩摩藩士がいっぱい出てくる物があればいいですね。
村田新八はわたしも大好きなので、「朝焼けの賊」、チェックして是非読んでみたいと思います!
ありがとうございました☆

お礼日時:2007/07/21 12:20

おおおおお!!


倒幕派に興味を持っていただいたことがとても嬉しいです!!
私は、幕末に関しては中立的な人です。

そうですね、小説になってしまいますとどうしても考え方が片寄ってしまうかもしれませんね。
実は、中立的にその時代を知るのであれば、坂本龍馬や勝海舟などがやっぱり中立であるのでお勧めしときます。
マンガですが『お~い竜馬』はぜひ一度は読んでみてほしいです。
さて、薩摩半側の資料とか、人物では週間日本の100人っていう雑誌がお勧めです。
毎週火曜日に発売されています。
大きい本屋さんなどに行けば、西郷さんや高杉さんのも置いてあると思いますので、ぜひ足を運んで下さいな。
もちろん新撰組のもありますよ。
とってもいい資料になると思います。
あと、幕末に興味を持っていただくなら、徳川慶喜と勝海舟の関係を調べていただくと、大変おもしろいですよ!!
小説は、真実を捻じ曲げて、おもしろおかしく美談にされることが多いです。
でも徳川慶喜と勝海舟の関係は、本当に実はとしてのドラマがありますよ!
と、ながながとすみませんでした。
あと、最近ビデオレンタルでもしているところがあるのですが、『その時歴史が動いた』なども置いてある所が最近あるので、資料になると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
明記し忘れましたが、会津や新選組だけではなく、龍馬や勝海舟、慶喜といった類のものは数冊読みました。
倒幕側目線(というか薩摩)で読んだことがないので、そういったものがないかな~と思っております。
ご紹介いただいたものも機会があれば読んでみたいと思います。ありがとうございました!

お礼日時:2007/07/19 15:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歴史小説 ※西郷隆盛又は薩摩藩を中心に描かれたもの

歴史小説 ※西郷隆盛又は薩摩藩を中心に描かれたもの

幕末の良い歴史小説を探しています。
西郷を中心に書かれているものか又は薩摩藩を中心に描かれているものでお薦めなものはないでしょうか?

薩摩藩が大好きな方。是非、紹介してください。

Aベストアンサー

1.「西郷と大久保」  海音寺潮五郎著   新潮文庫 昭和48年6月発行
2.「兵児一代記」 (へこいちだいき)  海音寺潮五郎著  講談社 昭和51年2月発行
海音寺潮五郎は「わたくしは、1901(明治34)年に薩摩の山村に生まれました。先祖代々の薩摩人です。明治34年と申せば、西南戦争から24年目です。当時の薩摩には西南戦争に出たおじさん達が多数いました。ですから、その頃の薩摩の少年らは、その人々から西南戦争の話を聞き、西郷の話を聞いて育ちました。聞かされても、そう感銘を受けない人もいたでしょうが、わたくしは最も強烈深刻な感銘を受けつづけたようです」
と書いていますように、実際に体験者から自らが聞いた事をもとに小説にしています。

3.「人斬り半次郎 幕末編」 「人斬り半次郎 賊将編」  池波正太郎著 新潮文庫 平成11年8月発行

Q西南戦争をテーマにした小説

オススメの作品を教えて下さい!
出来たら官軍(政府軍)側から見た小説だと嬉しいです。
(谷千城や、山田顕義など)
ちなみに「獅子の棲む国」は読みました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

司馬遼太郎の
「翔ぶが如く」が良いのではないでしょうか?
(http://www.amazon.co.jp/%E7%BF%94%E3%81%B6%E3%81%8C%E5%A6%82%E3%81%8F%E3%80%881%E3%80%89-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8F%B8%E9%A6%AC-%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4167105942)

官軍側かは分かりません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報