【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

 こんにちは。突然ですが、生活作文を書いています。
題材は、家の手伝いについて書いているのですが、メモの書き方がイマイチわかりませんです。はい。

(1)題材についての説明
(2)題材について考えていること
(3)そう考えるようになった理由・きっかけ
(4)理由やきっかけの具体例

です。
 これらのことは、題材(家の手伝いについて)のことを書きますので、題材にあった書き方はどのように書けばよいのでしょうか?
とてもお手数かもしれませんが、(1)~(4)までの書き方を丁寧に教えてくださるとうれしいです。 
 ちなみに、この夏休みにやった手伝いは、風呂掃除・玄関掃除・米をといで、炊く です。  よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

(1)題材についての説明


 ・題材は「家の手伝い」について。
 ・この夏休みにやった手伝いは、風呂掃除・玄関掃除・米をといで、炊く
 ・風呂掃除はこういうふうにやって、玄関掃除は○○で・・・。
 ★とまぁ(1)には、「家で何をどのように手伝ったのか」を書けばいいと思います。

(2)題材について考えていること
 ★ここでは、「手伝うと何がどうなるのか」を書けばいいかもしれません。
 ・手伝うことで家事を覚えられる。
 ・親の負担が減る。
 ・親にほめてもらえる(笑)・・・などなど。

(3)そう考えるようになった理由・きっかけ
 ★えっと、(1)の理由が(2)で、その(2)に対してさらに理由を書くわけですね、難しい宿題だ(笑)
 ★急用で親がいなくなったとでも書きたいけれど、それだと(4)に書くことがなくなるしなぁ。
 ・家庭科の授業で料理を習うので、家事を覚えておきたいと思ったから。
 ・親が大変そうな姿を見ているので、少しでも助けになればいいと思ったから。
 ★こういうふうに、具体例とまではいかないけれども、ちょっとした理由の前ふり?を書けばいいと思います。

(4)理由やきっかけの具体例
 ★あとは、(3)に書いたことをより具体的に、さらにくわしく書けばいいのではないでしょうか。


宿題にあわせて(1)~(4)の順番で書くのなら、私は以上のように考えます。ただしNo.2さまのおっしゃるように、そもそものメモが分かりづらいんじゃないかな?とも思うのです。私ならこういうメモではなくて、(1)手伝った内容についての説明、(2)その手伝いを選んだ理由、(3)実際に手伝ってみて何をどう感じたのかという順番で書きます。なぜなら、(私の考えでは)宿題の(2)~(4)は「理由」としてひとくくりにできますし、「具体例」で作文が終わってしまうのは中途半端だからです。やはり具体例を述べたうえで、最後にどうなったのかという結末を書いておかなければならないような気がします。

基本的に作文というものは、このように「題材→理由や具体例→結論」という三つのメモからできあがります。この理想どおりにはいかないかもしれませんが、がんばってみてください。質問者さまの文章そのものは、上手なほうだと思いますので。
    • good
    • 1

 この構成は誰が考えたのでしょうか。

これ自体は間違いではないのですが、ちょっと説明が良くないですね。おおくの人はこれを見て何を書けば良いのか分からないでしょう。

 例文を何となく書いてみます。


(1)題材についての説明

 私はよく母親の手伝いをする。たとえば、この夏はお風呂や玄関の掃除、ご飯を炊くなどをした。私がはじめてお手伝いをはじめた時期は記憶していないが、おそらく幼い頃からやっていたと思う。

(2) 考えていること

 母にとっては家事はいわば仕事である。毎日もくもくと家族のために料理をつくり、洗濯をし、掃除をしている。しかし、よく考えてみると、どうして母はそこまでがんばれるのだろう。当たり前のようだが、すごいことなのではないだろうか。
 父は会社勤め、毎日同じように仕事をしているが、父には給与がある。しかし、母親には給与はない。いわばボランティアに近いものがある。母親には何か対価があるわけではない。しかし、母は毎日、きちんとそれをこなすのだ。

(3) 理由・きっかけ

 これを感じたのは、ある日に起こったことがきっかけだった。ある日、母親は私の祖父が倒れたというので、2・3日ほど実家へと帰ってしまった。このことで我が家は別の意味で大変になった。料理から掃除まで私がしなければならなかったのだ。わずかな日だったのに、本当に大変だった。そして、こんなことを毎日している母親はすごいと思った。

(4) 3に同じ

 はっきりいって3と4はセットだと思います。3と4でのきっかけと4の具体例という言葉はほとんど同じ意味です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
メモも宿題の範囲なんですよね・・・。具体例なども書かないといけないみたいなんです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/30 13:57

例えばお風呂掃除だったら


(1)題材についての説明→使う道具、所要時間、やりかた
(2)題材について考えていること→大変さ、コツなど
(3)そう考えるようになった理由・きっかけ→母と自分を比較したから
経験を通しての応用を思いついたから、など
(4)理由やきっかけの具体例→母のとりくみかたと自分のとりくみかたの違い、
こうすればもっと綺麗に掃除できる、楽にできる、など

こんな感じですかねー
    • good
    • 3
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございます。
ほかの方の意見も聞かせてもらいたいと思います。
どうもありがとうございました!参考にします(・v・)b

お礼日時:2007/08/29 21:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活作文の書き方について

こんにちわ。今中学3年生です。
生活作文を書かなければいけないのですが、生活作文は普通の作文のように書いていいのでしょうか?部活動のことを題材に書こうとしているのですがよくわからなくて困っています。なので生活作文の書き方を詳しく教えてほしいです。できれば文章構成も教えてほしいです。枚数は3枚です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 読書感想文に近いとは思います。生活作文で3枚はけっこうきついかもしれませんが、題材は大きめがいいですね(つまり広がりのあるテーマ)。部活は大丈夫だと思います。

1 あらまし
2 自分の部活動に入った経緯・環境などについて
3 具体例をふまえて、自分の発見・事件・変化など
4 展望、まとめ

 というところでしょうか。


 例文



 私は中学入学の時からサッカー部として練習してきたが、最後の総体も残念ながら一回戦敗退という結果におわり、引退した。ふと部活動を続けて、意味があったのだろうかと考えることがあった。

 


 私は小学校の頃からサッカークラブに入っていた。もともとサッカーに興味があったのではなく、ちょうど親友に誘われて何となくはじめた。しかし、じょじょにその魅力を知った。・・・



 引退後、すぐには自分がサッカーをしてきたことは時間の無駄だったのではないかと思った。しかし、今その考えは間違いだと思っっている。サッカー部だからといって、サッカーの技術だけを学んだわけではない。1年のとき、友達と喧嘩した。2年のとき、総体に敗北した時、先輩と共に涙をながした。日々の練習はつらかったけれど、その一日一日につらさもあれば、笑いもあった。・・・



 サッカー部で、私はたくさん友達に恵まれた。その友達とは部活にかぎらず、一緒に勉強することもあったし、いろんな悩みを相談しあうこともよくあった。今、私はたくさんの価値あるものをもらったのだ。・・・


 適当に書きましたが、みたいな感じなのでしょうかね。3はもっと具体的に、詳細に書けると思いますが、このあたりが一番大事でしょうね。

 読書感想文に近いとは思います。生活作文で3枚はけっこうきついかもしれませんが、題材は大きめがいいですね(つまり広がりのあるテーマ)。部活は大丈夫だと思います。

1 あらまし
2 自分の部活動に入った経緯・環境などについて
3 具体例をふまえて、自分の発見・事件・変化など
4 展望、まとめ

 というところでしょうか。


 例文



 私は中学入学の時からサッカー部として練習してきたが、最後の総体も残念ながら一回戦敗退という結果におわり、引退した。ふと部活動を続け...続きを読む

Q中学生の生活作文ってなにをかけば。

僕は今中2です。夏休みの宿題に生活作文があります。ですが、何を書けば良いのか分かりません。小学生のころなら「海に行った」とか書いていればよかったのですが、中学生で「海へ行った」なんて書くのもどうかと思うし・・・・。
何かアドバイスください。

Aベストアンサー

海へ行ったことだと小学生でも書けそうですよね?
特別な行事を書くのは小学生までかもね^^
休みが入る前と休みが入ってからの生活への変化?を書いたらどうでしょう。
小学校の時の感覚とと中学に入ってからの感覚は少し違うのでは?
その感覚的な事や行動などをまとめてみたらいいと思います。
あとは部活をしていればそのことでもいいかもしれませんね。

抽象的なアドバイスですがもう中学生ですからこのくらいのヒントでいいでしょう?

私の娘も質問者様と同い年なので、もし同じ事を聞かれたら上記に書いた事をヒントとして言いますよ。
宿題頑張ってください^^

Q生活体験文の書き方がわかりません。

中学一年生です。

夏休みの宿題として、生活体験文400字が4~5枚をだされました。

ですが、何を書けばいいのかわかりません。


部活のことは書いちゃだめだし、旅行にも行っていない。行ったとしたらカラオケくらいで

親同伴のなんの変哲もないですし、ボランティアもしてません。

こんな私にかけることはあるのでしょうか。

夏休みもあと少しなので早めのご回答、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普段の日常の小さなところを題材に、話を大きくする。

たとえばカラオケだったら、「親とカラオケ行った。~など、面白かった。楽しかった(ただの感想で文字数稼ぐ)。そういえばカラオケは日本発祥らしい。初めて聞いた時驚いた。(珍しい情報のせたりして文字数稼ぐ)。」

んで最後に、
「日本発祥で世界に広がったのが意外とある。凄い。」
「小さなところまで日本の昔の人々の努力、技術者の努力、が生きている。そして続いている。凄い。」
「旅行とかは行かなかったけど、毎日繰り返す当たり前の日常の中にも、特別なことがある。皆も意識してほしいと思った。」
とかで締めくくる。

Q生活作文の題材

高1の女子です。
7枚半の『生活作文』を春休みの宿題で書くことになったんですが、
題材がまだ決まっていません。
夏休みは『お小遣いについて』、冬休みは『クリスマスについて』書きました。
どのような題材がいいでしょうか??

Aベストアンサー

炊事・洗濯・ご飯炊きなど、普段は「お母さんがやっていること」を、自身で体験して・・・

例えば、ご飯の炊き方とか「いろいろなやり方があること」を、本やネットで調べて「やってみたら」・・・

「お母さんより、うまくできた。」

「将来、お嫁さんになった時に、だんな様においしいご飯を作ってあげようと思う。」

とか・・・

日常やっている、「あたりまえのこと」を「ちがう視点から見つめる」のが、良いのではないでしょうか。

Q生活作文~困っています~

こんにちは。
夏休みの宿題も生活作文だけとなりました。が・・・
生活作文に何を書こうか思いつきません。内容は、部活と勉強以外だそうです。
部活と勉強以外でなにか、かけそうな内容をアドバイスしてください。
 中学生です。

Aベストアンサー

部活動そのものはテーマとして利用できないのであれば、夏休み、暑い中でかかさずに続けることによって自分が得たもの、家族旅行や遊びの計画の調整や試合の応援、はては毎日の洗濯物(運動部だとして?)といったことを通じてサポートしてくれる、家族との絆やその大切さ……はどうでしょう?

Q中1です。 生活作文と読書感想文で困っています 生活作文と読書感想文を書くコツを教えてください!

中1です。

生活作文と読書感想文で困っています

生活作文と読書感想文を書くコツを教えてください!!

Aベストアンサー

生活作文は、特別な旅行や遊びがあると書きやすいものですが、日常の生活の中で、こうだったら良いのに、と思う事があったり、こうだったんだ、と感じたことがあるようなエピソードがあると、それを膨らませて書く方が、実は楽です。
生活の中で自分が思ったこと、感じたことを中心に書き、その上でこれからは、このように生活していこう、という気持ちで締めくくると良いです。
例えは、夏休み中に家の手伝いばかりさせられるとしても、それに対して自分の今の考えと態度から、将来に結び付けるのです。
それこそ一例ですが
手伝いをさせられるのが嫌→何故嫌か→自分には勉強も部活もあって時間がない→でも毎日親がそれをしていたことへの気づき→親への感謝の気持ち→これからはどうする?
こんな感じでまとめると良いかなとは思います。
最終的には自分への振り返りですよ。

それから読書感想文は、例えば物語で書くならば、自分が主人公だったら、ということで、主人公の行動を追っていく、という書き方が一番書きやすいと思います。
主人公に共感する必要はまったくありません。
共感できないなら共感できない理由を書けば良い。
読んだ後に真っ先に感じたことは絶対に書いてみてください。
一番印象に残ったシーンについて、何故印象深いか考えてみましょう。
でも面白くなかった、なら何故面白くなかったか、を書くのですけど、さすがにそれだと枚数書くのは大変です。
アンチの内容は書こうと思えば書けますが、それが書いた人の悪口でしかないならば、書く意義はありません。
書いた人が主人公を反面教師として捉え、前向きな意見が言えることが大事ですから、悪口のようになるならば、課題図書を指定されていないならば、本を変える方が良いのは確かですね。

生活作文は、特別な旅行や遊びがあると書きやすいものですが、日常の生活の中で、こうだったら良いのに、と思う事があったり、こうだったんだ、と感じたことがあるようなエピソードがあると、それを膨らませて書く方が、実は楽です。
生活の中で自分が思ったこと、感じたことを中心に書き、その上でこれからは、このように生活していこう、という気持ちで締めくくると良いです。
例えは、夏休み中に家の手伝いばかりさせられるとしても、それに対して自分の今の考えと態度から、将来に結び付けるのです。
それこそ...続きを読む

Q作文の書き出しってどう書けばいいですか?

私は高校生です。
未だに課題の作文が書けずに困ってます。
自力で書いて頑張ってみたのですが、どうしても一番最初の書き出しが書けません。
いつも書き出しさえ書けてしまえばあとは15~20分あれば、清書まで終わってしまうのですが・・・。
内容は修学旅行で出会った、あるとても優しい人について書く予定です。
具体的でなくていいので、何かヒントを下さい!
お願いします。

Aベストアンサー

はるか昔に高校生だった者です。
作文の書き出しは、たしかに苦労しますよね。
でも、いつもは↓なんですよね。

>いつも書き出しさえ書けてしまえばあとは15~20分あれば、清書まで終わってしまうのですが・・・。


その時のことを思い出してみてください。自分の過去の成功例を思い出して、それを再現するんです。
どうしてました?
いろいろ情景を思い描いたり。
浮かんでくる文章の断片を、真っ白な紙に、つれづれに書いていったり・・・・なんてしてませんでしたか?
(ちなみに、これはわたしの場合なんですが)

ちょっと落ちついた場所で、ひとりでコーヒー飲んだり。
旅行中の写真があったら、眺めてみたり。
原稿用紙から、少し離れてみてはいかがでしょうか?

Q夏休みの宿題 税についての作文

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろう。」と思ったこともありました。
 そこで、税金の使われ方について調べてみました。
すると、税金は、私たちが毎日学校で勉強するために使われていたり、
私たちの生活や安全を守るために使われていることが分かりました。
また、税金によって、医療費が安くなっていたり、ゴミ処理がされているということも分かりました。
 もし、誰も税金を払わなくなったら、どうなるだろうか。
と考えてみると、
私たちが今まで当たり前のように通っていた学校には通えなくなってしまうし、
私たちはこれから安心して暮らしていけません。
税金がなくなっても、毎日学校で勉強をしようとすると、
私たち中学生は、月々約7万9千円、つまり年間94万3千円を払わなければなりません。
他にも、税金がなくなれば、警察・消防費として、国民一人当たり約4万5百円、
ゴミ処理費用として、国民一人当たり約1万7千9百円を払い、
医療費は今よりも高くなります。
これらは、税金を払っている今は、税金によってまかなわれているのです。
そう考えると、税金は私たちにとって、とても必要なものだと思います。
 今まで、「税について知りたい!」とか「税金は必要だ。」と思ったことは
一度もありませんでしたが、今回調べて、税についてよく分かったし、
税金は必要だと思いました。
私たちは、いつも「勉強したくないなあ。」と思いながら学校に通っていますが、
こうして、当たり前のように毎日学校で勉強ができるのも、
税金があるからできるのだと分かりました。
 私たちはまだ、税金を払う立場ではなく、税金を使う立場の方です。
税金によって、私たちは色々な面で支えられています。
日本全国の人々が、税金を払い、
その税金によって、私たちは支えられています。
だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
他の人たちを支えたいと思います。

夏休みの社会の宿題で、
「税についての作文」というものがでました。
一応、書いてみたので時間がある方は読んでいただけないでしょうか?
枚数は3枚以内ということで、これだと2枚とちょっとくらいです。
題名がまだ決まっていないので、もし何かあればお願いします!


 私は、正直に言うと、今まで「税」というものについてよく知りませんでした。
自分が払っている税金と言うと、消費税くらいしかないし、
その消費税は、何かを買うと付いてくるし、
「税金なんかなくて良いのに。なんで払うんだろ...続きを読む

Aベストアンサー

>消費税くらいしかないし、
>よく分かったし、

この「~し、」というのを書き直しましょう。
作文ではあまり使いたくない言葉使いです。

税金というと、一番身近なのは消費税でしょうか。
良くわかりました。

>だから私も、将来、もっと税金を払うようになったら、
>他の人たちを支えたいと思います。

この部分が???となる文章でした。
税金を払うことに支えるとありますが、何を支えるのかを書く。
または最後の〆の言葉自体を変更してもいいかもしれません。


これくらいでいいと思います。
中学生なので十分ではないでしょか。

Q添削をお願いします。1週間以内に生活体験発表会があります。

添削をお願いします。1週間以内に生活体験発表会があります。

6日後に生活体験発表会があるのですが、その作文の添削をお願いします。
テーマは「新しい自分」で「私は暗い性格でこれからどうしたいか」ということもとに、なぜ暗い性格になったのか、変わるためにどんな経験をしたのか、そして今どうしたいのか、といった流れで書いたつもりが「何か違う・・・」と思いまして、皆さまの意見やアドバイスを教えてほしいと思いました。




 突然ですが、私はどんなことがあっても、死ぬまで私という人間です。この事は誰でも当てはまることだと思いますし、当たり前のことです。ですが私はこの当たり前のことがいやになることがあります。自分が嫌いになり、「どこかに行ってしまいたい」、「生まれ変わりたい」と思うのです。こんなことを聞くとほとんどの人は暗い人間だと思うでしょう。事実、私は暗い人間で私の大きな悩みです。
 中学生のころの私は「学校に行きたくない。」と思いながら過ごしていたのを覚えています。中学生になると思春期や反抗期などがあり、生徒の一人一人の考え方が変わっていきました。今まで仲の良かった友達も会話が減り、一緒に行動することも少なくなっていきました。私はみんなの心の変化についていけず、学校の中では孤立した存在になってしまいました。私だけが取り残された気分になり、いつしか他人の目線や話し声に敏感になって行きました。私の前を通りすぎるひと、私の方を見ながら会話をする人、「自分はおかしな事をしていない。」そう思いこんでも、他人のことが気になり、日が立つにつれて、挙動不審になり引きこもりがちになりました。それでも、一緒に話し合ったり、遊ぶことのできる友達も少なからずいてくれたので、なんとか学校には行き続けることができました。
しかし、対人関係の方は神経質になったままで、「周りのことなんて気にするな。」、「うじうじしないでもっと明るくなれよ。」自分自身に日々説教されます。悩みに悩んだ末、「今の自分が嫌なら、自分の心を捨てて、新しい自分になればいい。」そう思った瞬間、ほんの少しですが自分の中で心の整理がつきました。ちょうどそのころが中学生を卒業して高校に入学する間の春休み、私にはタイミングがよく、自分が変わるチャンスだと思い。」頑張ってみようと思ったのです。
高校の入学式が終わりまだクラス全体が馴染んでないころ、できるだけ多くの人と話そうとしました。しかし、中学のこともあって思うように言葉が出ず、それでも何とかしようと思い、自分なりに声をかけ躓きながらも新しい友達を作ることができました。私は簡単変われるものじゃないとわかっていましたが、こんなに大変だとは思いませんでした。暗い人間ですから、暗い考えを根本的に変えていくのは何ともきついことで、全然前に進めないこともありました。中学に比べると明るくなったと親や友達に言われたことがあります。そう言われても心にある暗い心はなくなったわけではないので、落ち込む時は落ち込んでマイナスな考えをしてしまうので、まだまだなところも多くあります。また、私は自分を変えること以外にも学校で集中して取り組めることをしようと考えていました。私の高校では資格を多くとる機会が多かった事もあり、資格と勉強に力を入れるようにしました。そして、中間テストや期末テスト、資格テストが近くなると勉強会がよくありました。私はそういったことに励んでいたこともあり、クラスのみんなに問題の解き方を教えたりすることが多かったです。それがきっかけで滅多に話さない人とも話すことができたので「自分にできることがあってよかった」そう思いました。そのとき私は、たくさんのことを経験することで、人とのコミュニケーションが取りやすくなるきっかけになることに気がつきました。
高校生活を通して私はまだまだ自分変わりきれてないことを感じていました。積極性になれないことや自信を持って行動できないことなどがあります。しかし「きっと変わることができる。」そう確信できるようになれたことが高校生活で一番大きな経験です。
今私は、○○(勤め先なんで伏字を使います。)にいます。学生のころとは違い厳しい訓練行事を行っています。ですが、○○でできた新しい仲間としっかりと乗り越えていきたいです。これからの人生も様々な出会いがあり、楽しいことやつらいことが数多くあります。それを常に前向きに考え、何か新しいものを得るチャンスだと思い、自分を強く持って生きて行きたいと思います。



文章のつなぎや構成、「こんなふうにしたら、こんな言い方をすれば相手に伝わりやすい」といったことをアドバイスしてほしいです。
よろしくお願いします。

添削をお願いします。1週間以内に生活体験発表会があります。

6日後に生活体験発表会があるのですが、その作文の添削をお願いします。
テーマは「新しい自分」で「私は暗い性格でこれからどうしたいか」ということもとに、なぜ暗い性格になったのか、変わるためにどんな経験をしたのか、そして今どうしたいのか、といった流れで書いたつもりが「何か違う・・・」と思いまして、皆さまの意見やアドバイスを教えてほしいと思いました。




 突然ですが、私はどんなことがあっても、死ぬまで私という人間です。こ...続きを読む

Aベストアンサー

No.2,3です。お礼をありがとうございます。

>よろしければこの作文の感想をしていただけないでしょうか。
では、私の文章は棚上げにして、遠慮無く率直な感想を書かせていただきます。どうか、お気を悪くされませんように。<(_ _)>
まず文体ですが、作文を最初に拝読したときは、ご自身の日常会話をそのままで書いていらっしゃる様な印象を持ちました。
その例を以下に幾つか挙げました。

先ず、第一段落の出だしの「突然ですが」は、例え断りを入れられても本当に唐突に感じられるし、「この事は~当たり前のことです」は、頭の中で整理が着かないまま、その場で誰かと会話したのを、そのまま書き起こした様な文章になっています。

次に、第二段落の「他人の目線」という表現にも違和感があります。
「目線」というと「目線を同じくする」とか、積極的に自ら進んで相手の心境を感じ取るとか、姿勢を倣うなどのニュアンスで使われる言葉だから、ここは、「他人の視線」でないと違和感があります。

同じ第二段落の、(「自分はおかしな事をしていない。」)そう「思いこんでも」も筆者である貴方自身に対して使うことに違和感を持ちました。
だって、本当におかしな事はしていないと貴方は解っていたときもあったんですよね? ここでハッキリ事実と言えるのは、当時の貴方は疑心暗鬼になっていて、自分も同級生も誰も信じられなくなっていたということだけではありませんか? おかしくなっていたのは貴方の行動よりも、心理状態の方にあったのではないですか? 「思い込む」というと「錯誤していること」になってしまいますから、この場合は「そう自分に言い聞かせても」とした方が自然だと思います。
―― つまり、(私は錯誤何かしていない、私の行動も価値基準も逸脱なんかしていない、不安をなんとしても払いたいので) “「自分はおかしな事はしていない」そう自分に言い聞かせても” とする方が、違和感や誤解無く、読み手に主人公である貴方の感情が伝わると思います。

また、第三段落の「自分自身に日々説教されます」ですが、これも言いたいことは解りますが、やはり文章にしたときに違和感があります。
このとき貴方が自分に掛けていた言葉は、寧ろ「叱咤激励」にあたると思います。ですからこの部分は「自分自身に発破を掛けていました」と手直しさせていただきました。


作文内容に関しての印象は、日記のように思えました。
まさに、回顧録なのですが、絵画で言えばスケッチのようです。
でも、そう思えたのも質問者さんが、

>実のところをいうと、作文を書くときは経験上のことを書いていっただけなので、「この文を読んでこう感じてほしい」って思って書いてはないんですよね・・・

と仰っているので、「私が感じた違和感の原因はこれだったんだな」と思いました。反省や不安は事細かに書かれているのに、主題の筈のメッセージ性が弱いのです。悩みの部分は良く伝わってくるのに、だからどうしたいのかが、原文からは、あまり伝わってきません。
「私」が表現し切れていない。そんな印象を受けました。

そうなってしまったのは、事実をめいっぱい書き起こそうとするあまり、スケッチのように平坦になってしまい、作文全体のテーマというべき焦点が、ぼやけて拡散してしまったからだと思います。
全体に、「何故そうなって何故そう感じたのか」の部分の表現が、やや甘く感じました。日記であれば、省いても書いた本人には解るけれど、そこの部分が掘り下げて書かれていないと、読み手には原因と結果という繋がりや、その時々の感情がどう変化していったのかが伝わりにくくなります。
事実の羅列だけだと感情が生き生きと伝わらず、報告文のようになってしまいます。それは、テレビの画面を見ないで音声だけ聞いていて状況が解らなくなったり、今ひとつ主人公の感情が掴めないのと似ています。

一番気になったのは、貴方の心を支えてくれた中学時代の数少ない友人のエピソードです。事実、貴方にとって大きな存在であったはずなのに、今ひとつ扱いが希薄です。最後の段落の職場の仲間の話にも感じられたのですが、どちらの存在も、時間の流れを追うためだけに登場している様な平坦な表現になっているのが惜しいと思いました。
私の添削文では、二つの存在を絡めて書きましたが、どうでしょう?
質問者さんの中では二つの存在は繋がらないのでしょうか?
正直それは有り得ないのなら、私の添削文は無視して練り直してください。原文にある真摯な持ち味が損なわれてしまいますから。


>失望してしまいましたらごめんなさい。
こちらこそ不躾なことを書いて申し訳ないです。
遠慮無く添削文のおかしな所はどんどん直して、要らないところも省いて、貴方らしい作文に仕上げて下さい。
発表会、頑張って下さいね。

No.2,3です。お礼をありがとうございます。

>よろしければこの作文の感想をしていただけないでしょうか。
では、私の文章は棚上げにして、遠慮無く率直な感想を書かせていただきます。どうか、お気を悪くされませんように。<(_ _)>
まず文体ですが、作文を最初に拝読したときは、ご自身の日常会話をそのままで書いていらっしゃる様な印象を持ちました。
その例を以下に幾つか挙げました。

先ず、第一段落の出だしの「突然ですが」は、例え断りを入れられても本当に唐突に感じられるし、「この事は~当たり前の...続きを読む

Q朝顔の葉っぱが黄色くなるのは?

朝顔の根元(下の方から)葉っぱが黄色くなるのは、その葉っぱの寿命ですか?

何か原因がありますか?

黄色くなりかけた葉っぱや枯れかけた葉っぱは除去していまいが問題はないですか?

Aベストアンサー

葉が黄色くなる原因は勿論、寿命もありますが日光に当てすぎたり水不足や水の遣りすぎ、土が固く根詰まりしている、強い風に当てた、光不足など色々考えられます。
ただ窒素肥料が欠乏すると葉緑素が減少して光合成を行う能力が衰えて成長が悪くなり、その症状は古い組織つまり下葉から現れ黄色くなりますが、遣りすぎても葉ばかり繁ることになりますのでとりあえず液体肥料を遣ってみましょう。
勿論、黄色くなりかけた葉や枯れかけた葉は光合成が出来ないだけでなく病気の原因にも成りますのですぐ除去しましょう。
下記参考URLもご参照下さい。

参考URL:http://www.gardeningshop.co.jp/basics/ferti1.html, http://heboen.hp.infoseek.co.jp/kiso1.html


人気Q&Aランキング