もしもこの世からお金が無くなったら、世の中はどうなると思いますか?

漠然とした質問なのですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (21件中11~20件)

terra666さんが言っているお金というのは、あくまでも現金に対して という事ですか?



だったら、カードを作る事が出来無いゾーンの人間分の浮浪者が増えるだけです。

この回答への補足

さらに言えば
変えていかなくてはならないことだ
と思います。

補足日時:2007/07/24 21:04
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

今回の質問は人が生きていくの本当にお金はなくてはならないものなのかというのが根底にあります。

現金が使えずカード化することは一つの手段かもしれません。
しかし現時点のカードには背景にお金があります。
またkigurumiさんが指摘するように自己破産していくケースがあるためその前にしておかなければならないことはあると思います。

>だったら、カードを作る事が出来無いゾーンの人間分の浮浪者が増えるだけです。

働かざるもの食うべからずということになるのでしょうか。
それも一つの社会の有り方だとは思います。
働けるのに働かないというのは反社会的なのかもしれません。
ただ場が変化すればそれも変わるかもしれないとは思います。

お礼日時:2007/07/24 21:03

1.物々交換。



2.持ち運びが楽なように貴金属で取引。


現実、ショッピングをするのに、お金使いませんよね。
サイン一つで物が購入できる。

アメリカなど、偽札が多いので、現金を受け取るのを拒否する。
100ドル札など出そうものなら、カードは持ってないかと聞いてくる。
それだけ現実の貨幣に対する信用は無いんです。


というわけで、現代は貨幣が流通せず、数字のみでやりとりする。
お金が流通しないで、帳簿上の数字だけが動いているわけです。


貨幣を流通させるという時代は終わり、新しい手段ができた。

なんという名称だったか忘れましたが。


でもいつかこれも終わるかもしれない。


みんなが同じ時間を労働し、みんなが国からの支給で生活するという社会がありました。
働かなくても、その時間職場にいればOKという欠陥があった。
それで、その社会の人たちは労働意欲をなくし、交通は麻痺し、日本人が切符を買いに行っても、売ってくれないわ、いつ列車が来るかわからないわの状態になった。

列車の運転手も、時間通りに着かなくても、労働時間勤務についていれば、食べるのに困らないから、時間とおりに走らせようとしないし、点検をする人の、点検を怠ったところで、国からの支給がストップするわけじゃないので、実際は点検をしない。
それで、列車は故障し、時間通りに着かない。



昔は給料は現金支給だったそうです。
ズシリと封筒に入っていると、労働の対価の重みを感じ、労働意欲が増したそうです。

今は、、、紙一枚。
数字が並んでいるだけ。
軽い。

だから、労働に対する思いが希薄になる。

ショッピングも数字なので、「1万か」と数字で価値を測る。
1円玉1万個をやりとりするとしたら、「重い 買うのはやめよう」って思うんじゃないかと。


ってことで、貨幣をやりとりしなくなると、その価値がどの程度か不明瞭になり、じゃんじゃん 借りまくってしまい、破産という人が増えてしまった。


お金が世の中から消えた結果、こうなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
面と向かっての対話は始めてですね。
よろしくお願いいたします。

原始的自給自足の共同体社会においてお金は必要だと思いますか?

お金は腐らないから厄介なのだと思いませんか?
腐るものであれば、身に有り余るほどのものを所有してもしょうがない事がすぐに解るのでしょうが。。。
身に有り余るものを持つことが大切なのではなく、本当はそういうことをしなくてもすむような社会を構成することの方が大切なのではないでしょうか?
少子高齢化社会でもいいし、想定として(危機管理としての)自給率低下による食糧難到来でもいいのですが、生産量と生産品の必要量とのバランスが崩れ、労力や品物が無くなるということはお金ではなくなるとおもいませんか?

お礼日時:2007/07/24 14:37

生きていくうえでお金はなくてはならないか?



そんなことはないでしょう。
お金がない大昔から人は生きてますから。
しかしあくまでも「生きる」だけならね。
人は生きるだけでは生きません。生きるためには色々と必要なものがあります。言い換えれば必要だと思うものがあります。何を必要と思うかは個人の価値観ですが、今の人間はたいがいお金が必要となる「もの」を欲しますね。「もの」とは別に物質であるとは限りません。時間かもしれないし風景かもしれない、温もりかもしれない。
質問者さんの言うように自給自足を狭い世界で行えば、どうやっても「もの」が手に入らなくなります。生きるだけ(衣食住)で精一杯ですから。
広い世界でお金をなくして自給自足する(これは変な表現ですね)とどうなるか?「もの」がやっぱり手に入らない。欲している「もの」は自分だけでは手に入れられないことが多いからです。しかしその「もの」を作る人がいなくなる。だから「もの」が手に入らない。
なぜ作る人がいなくなるか?それは人が欲する「もの」を作るために自分の時間を犠牲にしても正当な報酬を得ることが出来ないからです。
だって報酬が食べ物だと作る人は結局「衣食住」しか満たせない。それも満たしたいけど作った人もまた「もの」がほしい。つまり報酬によって色々なものがほしいけど、食べ物による物々交換では融通がきかなすぎる。
だから共通の価値あるもので、出来れば小さくて持ち運びが便利なもので、もちろん腐らないもの(笑)がいい。だからお金なんですよ。お金があれば衣食住も「もの」もその場その場で柔軟に手に入れることが出来ますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

狭かろうと広かろうと
ものが一箇所に集中し一方では飽食で、一方が餓死していようが全体として地球規模で考えても自給自足が定めなのです。

仰る自給自足社会が何故衣食住のだけの世界に限定される社会になるのか理解に苦しみますが。
自給自足の閉回路は
規模をどのくらいにするのがよいか
また飽食と飢餓といった偏在をどうしていくか
ということになっていくと思うのです。

また鎖国ということでもありません。
貿易においても考え方は物々交換が原点なのだと思います。
本来貿易に頼らなければ存在できない国家は自立国家とはいえないのではないでしょうか。


何度も言うようですがお金は道具でしかなくて
便利ではあるけれども
人の生の根本ではないのではないのではないでしょうか。

お礼日時:2007/07/24 13:14

私の回答4は3へのレスとして書きました。


あわせて読んでください。
お金が無ければ、労働力の交換がし難くなるという回答です。

>働かざるもの食うべからず

それはお金とは別の問題です。
ここで書くのは不適当です。
お金があろうとなかろうと、誰かが働かなければ食べられません。
全員が労働無くして食べていけるシステムは、いまだかつて発見されていません。
働かなくても食べていける人は誰かに養ってもらっているからです。

この回答への補足

健康な人であろうと、何らかの障碍によって働けない人であろうと、人が食することによって生きられるのだという事に感謝するのは皆等価だと思います。
また老いは必ず誰にでもやってくる。老いを安心して過せる社会は誰もが望むところではないのでしょうか。
それにしてもお金は本当に必要なものなのだろうかということなのです。

補足日時:2007/07/24 12:44
    • good
    • 0
この回答へのお礼

働かざるもの食うべからず。

>ここで書くのは不適当です。

いえ、あえて出してみました。
分業化により生産できるものの手により、直接生産に関わらない人達、もしくは直接生産に関われない人達の分を含めたものを生産し、いきわたらせる社会を構成することが自給自足社会の目的であり意義であり使命だった と思うからです。少なくとも特定の人の支配によらない民主主義国家での形態はそのようであると僕は認識しました。

またこのことは年金の問題にも関わってくるからです。
年金が無ければ本当に生活できないのか。
お金が無ければ人は本当に生きていけないものなのか。

お礼日時:2007/07/24 12:20

実験的には1週間くらい外へ全くでないで生活してみたら答えが出ると思います。

それほど抽象的な問題ではないともいます。現在のような生活様式が成立しないというのが答えではないでしょうか。

この回答への補足

枯れ木も山の賑わいで
抽象論で遥か彼方を飛んでる方にも参加いただいて感謝しております。

補足日時:2007/07/26 18:26
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
僕には一週間では無理だから一ヶ月くらい外へ全くでないで生活してみたら答えが出ると思います。
こんなことをやっていたら食べていけない。
外にでて働かなくてはって。。。

哲学なんぞなんの腹の足しにもならない所以です。

お礼日時:2007/07/24 12:55

ん?


誰かがお金を作ろう と言い出すでしょう。

もしくはお金を作る事を禁止するという事ですか?

ならば 確実に殺し合いでしょう!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>ならば 確実に殺し合いでしょう!

お金が無いともしくは使えなくなると何故殺し合いになるのですか?
そのメカニズムをできれば教えてもらえるとうれしいです。

ただ争いや戦争はお金が使える使えないに関わらず今でも世界のいろんなところで起こっているように思うのですが。。。

お礼日時:2007/07/24 11:10

お金が無くなったら生活がスムーズに行かなくなるのではないでしょうか.


お金はこの世のもので,あの世をまたぐ人間という存在には衣食住をつなぐための血液のようなものです.
血液が流れなくなったら,この世界における私たち人間のあらゆる活動ができなくなるのではないかと思います.
お金が沢山動く場所には沢山の人間ドラマが生れますからねー.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

働かざるもの食うべからず
僕は自然界の真理であると思います。
しかし棺おけに片足を突っ込んでいるとしても生きるということに対して必要なものは本当はお金ではないのではないでしょうか?
本当にお金が無いとあらゆる人間の活動ができなくなるのでしょうか?
社会のシステムの問題でしかないのではないでしょうか?

>お金が沢山動く場所には沢山の人間ドラマが生れますからねー.

お金が動くところというのは本来、必要とされる人の頭数が生活するために必要な金額が動くという意味なのではないでしょうか?
人が集まるというのはそこにそれだけの頭数が必要だからなのではないですか?

人が多く集まればドラマは当然生まれそうです。
お金が有る無しに関わらずドラマは生まれるかと。
何時の世も人の数だけドラマはあると僕は思います。

お礼日時:2007/07/24 00:50

>野菜も作ったらどうでしょう?



すべてのものを自給自足でまかなうなら、お金は必要ありません。
しかし、それでは日々の仕事に追われて何もできません。
朝起きたら食事の心配。
畑仕事したら道具の手入れ。家の手入れ。水汲み。

なので、人類は良い方法を考え出しました。
分業です。
野菜を作る人、牛を育てる人、家を立てる人、水の管理をする人。
多種少量の仕事をするには沢山の時間が必要ですが、同じ仕事を沢山するのには時間はかかりません。
その分、空いた時間に歌を歌ったりビール飲んだりできます。
分業するためには、どの仕事にどのくらいの価値があるか数値化しなければなりません。
じゃないと不公平です。
水の管理は食べられません。
でも無いと困る仕事です。
そのための仕組みがお金です。

この回答への補足

その不公平性は突き詰めていくと働かざるもの食うべからずということに繋がっていくものになりませんか?

補足日時:2007/07/23 23:56
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>すべてのものを自給自足でまかなうなら、お金は必要ありません。

分業化によってお金が必要となるのは何故でしょうか。
自分は牛を育てる。人は野菜を作り、家を作り、水を管理し、ビールを作る。
夫々の職業は夫々そこに所属する人々の必要分を必要なときに必要なだけ供給できればお金は敢えて無くてもその社会は機能するのではないでしょうか?
それが自給自足する社会の仕組みだと思います。
県(道州)で自給自足するにしろ、国家で自給自足するにしろ、国家間の輸出入で自給自足するにしろ、地球規模にしろ結局自給自足する社会を構成していかなければならないのです。

お金は単なる道具であって社会の仕組みではないのではないでしょうか?

>分業するためには、どの仕事にどのくらいの価値があるか数値化しなければなりません。じゃないと不公平です。

仕事にどのくらいの価値があるかの数値化とは一人の人間が生産できる量と社会の必要量とがあっているかどうかという考えでいいでしょうか。

不公平というのは働きが少ない人と多い人とでは、働きの多い人の方が大変である。また楽な仕事と大変な仕事があるとか持ち場や職業間で生じる不公平性がお金というものを用いることによってなくなるということでしょうか?
できればもう少し仕事の価値とお金に関して補足説明をしていただけるとありがたいです。

お礼日時:2007/07/23 23:09

買い物が不便になります。


物々交換しかできません。

牛を一頭持っています。
その牛を野菜と交換したいと思いました。
牛を売ってそのお金でキャベツ一個買って、残りは持って帰るつもりでしたが、お金という物が無いのでトラック一台分のキャベツと牛一頭を交換しました。

一人暮らしだったので、キャベツはほとんど腐ってしまいました。
大損です。

この回答への補足

回答ありがとうございました。
失礼いたしました。

補足日時:2007/07/23 21:08
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。大損です。

野菜も作ったらどうでしょう?

お礼日時:2007/07/23 21:06

世の中はかなりの混乱が起こる。



しかし、お金に代わる価値基準があらわれてまた秩序を築く。


人が他人と関わる根源的なもの、生きていくために必要としたものが具現化したものがお金です。

人の根本が変わらぬ限り表面的なものがなくなっても
根源は変化しないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

>人が他人と関わる根源的なもの、生きていくために必要としたものが具現化したものがお金です。

お金は人と関わる根源的なものなのでしょうか?
本当に人が生きていくために必要なもの、なくてはならないものなのでしょうか?

お礼日時:2007/07/23 21:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QNIFTY-Serve FWINAL LIB#5とは?

Vectorで「タイルメニューTileMenu」というランチャをみつけ、ダウンロードしました。
作者Tack'nさんのホームページを訪れてみようとしましたが、それらしきWebページはみつかりませんでした。
私のコンピュータのOSはWindowsXPですが、ダウンロードしたランチャはWindows95対応のようです。
同梱されていたヘルプファイルによれば、NIFTY-Serve FWINAL LIB#5に最新版があるとのことでしたが、このNIFTY-Serve FWINAL LIB#5のホームページの所在がわかりません。
NIFTY-Serve FWINAL LIB#5というのは窓の杜やVectorとは全く種類が違うサイトなのですか?

Aベストアンサー

>NIFTY-Serve FWINAL LIB#5
これはインターネットではなく、その前のパソコン通信時代のフォーラムの事です。
既にニフティはPC通信でのフォーラムサービスを終了してますので、存在しません。
一部はWeb版フォーラムに移行していますが、移行せずに消滅したと思います。

http://forum.nifty.com/help/tty.htm

http://forum.nifty.com/

Qもしもこの世に音楽がなかったら

もしもこの世に音楽がなかあったら、あなたはどう思いますか?
みなさんの意見を聞かせてください

Aベストアンサー

>もしもこの世に音楽がなかったら

「音」を楽しみ、奏で、愛でる…という感性のない世界ということになりますよね。

今、私の部屋の窓から、夏の昼間の何気ない音が聞こえてきます。
車の動く音、サンダルの足音、隣家の生活の気配…

こういった「音」すべてに誰もが無関心になる世界ですから、それは寂しく惜しいことだと思いますけど、
そういった世界ではもともと私たち人間が、「音を楽しみたい」という感覚がないだろうと想像しますから、そんなに不都合はないのではないでしょうか。


…私の主観としましては「No music No life」なんですけどね。

QIM7(#5)、IVm7(b5)や#Vm7(b5)の使用法

あるメジャー・キーを考えたとき、
その平行調である和声的短音階からの借用コードであるIM7(#5)や、
同じく平行調である旋律的短音階からの借用コードであるIVm7(b5)と#Vm7(b5)について、
あまり見かけないので、
その使用方法や使用例、効果がわかりません。
ご存じの方がいらっしゃいましたら、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>IVm7(b5)は間違いで、#IVm7(b5)でした。
それなら F#m7b5 ということですね。これは F#m7b5 - G7 と進行させて D7 - G7 の代わりに使うことがあります。ただこれは D9onF# と書くこともあります(レは演奏されないので正しくはない)。これを使った場合はメロディや伴奏のトップノートがミを出すこととベース音がファ#→ソと動くことに意味を見いだしていることが多いようなので隣接するレは省略するか重要視しないのです。

>おっしゃるようにBm7(b5)は使いづらい

最後の段落で書いていることでしょうか? Bm7b5 はCメジャーキーの中では使いにくい(E7 につながりやすいため部分的な転調をせざるを得ない)ですが、まああると言えばあります。しかし Bmb5 は全く見たことがありません。いずれにしても他のダイアトニックにつながりにくく使うにはテクニックが必要なのです。初心者に安易に使えと言えるものではありません、という意味です。

Q世の中お金 ~2~

 ○に入るふさわしい言葉は、なんだと思いますか?
 
  ~世の中、金か○かな~

  世の中において、お金と同等に、お金以外で大切なもの(価値がある)

  もので、お金とそれを選ぶとしたら、半々で甲乙つけがたいものって何ですか?

  (哲学っぽいので哲学カテにします)

Aベストアンサー

お金なんて、手アカで汚れた紙切れであり、尻も拭けない
ゴミに過ぎない。
お金にできるのは、『お金があれば何でもできる』と勘違い
しているアホウに、“何でも”させる事だけだ。

僕は、ブータンの山奥の、バス停の前に雑貨屋が一軒
(ホコリまみれのインド製品の汚い雑貨を売ってるだけ)
あるっきりの町で3年暮したけど、お金などほとんど使わ
なかった。
僕自身は建築家であり、食料品は買わないといけないので、
畑で作業している農夫に「コレを売って下さい」と言うと、
野菜をタダでくれたばかりか、家に招いてごちそうになる
ことが多かった。
食べ物に不自由している人だと思われた訳でもなく、
お金を払おうとしたのだが、受け取ってくれないのだ
(ま、店がなければお金に価値はないのは確かで)。
お金の真の価値は、その物体ではなく、その先で自分を
助けてくれる(=分業)人々にあるのだ。
無人島にお金だけ持って行くか?

お金と並んで、実質的に意味はないけどエラそうなものを
あげろというのなら、「お金か政治家かな」。

QC(#5)という和音は何の音で構成されていますか?

C(#5)という和音は何の音で構成されていますか?
ピアノで弾きたいのですが、どんな和音か教えてください。

Aベストアンサー

CEG#だと思いますが・・。

Cmajorの第五音(G)に#が付いているものだと思います。(クラシックの方の知識なのでpopでは違うかもしれません。)長三度が二重になっている和音で私の好きな和音です。

Qあの世この世(信じない人は見ないで下さい)

三十代主婦です。
私の両親は離婚をし、父方は近くにいますが、母方のお墓や仏壇は遠い場所にあります。
もう数十年母方の方は行っていません。
手を合わすのは結婚した主人のお墓、私の父方だけです。去年からある事がきっかけで、寝る前に必ず
○○家(父方)先祖代々、○○家(母方)先祖代々
今日も1日無事に生活できた事に感謝しますなど、1日の報告と感謝の言葉を述べ手を合わせ床についてるのですが、こういった思いはあの世のご先祖様に届いているのでしょうか?本当は仏壇の前で手を合わすのが当たり前なのでしょうが、今は行く事が出来ません。どう思いますか?

Aベストアンサー

毎日ご先祖様に感謝の祈りを捧げるとは本当に感心な方ですね。
ご先祖様方もさぞ喜んでいらっしゃることでしょう。

亡くなったご先祖様で成仏されている方は、ちゃんとそれぞれの死後の世界(霊界)に行かれたことでしょう。

墓や仏壇はむしろ生きている遺族のためにあるようです。
なぜならば、この物質界にいる限り、人は、現実に目で見たもの、耳できいたもの、手で触ったもの・・五感で確かめられるものしか実感できません。つまり、信じられないのです。

ところが、霊は物質では無く、見たり、聞いたり、触ったりすることはよっぽど条件が揃わない限り無理です。
霊界とは想念の世界です。
心で思ったことが即、実現する世界です。
ですからもしご先祖様が質問者様に会いたいと思えば、即、質問者様のところにいけるわけです。(厳密には行くというより思念が届くといった方がいいでしょうね。)
ところが、生きている人には見えないので全く気が付かないでしょう。霊感でもない限り。
生きている人にとって心の中の感情や思念とは実体の無い、あやふやな、不確定な、もしかしたら気のせいかも・・・という程度の代物です。
ですから、だからこそ、墓や仏壇が必要なのです。
しっかり思い出すために・・身近に感じるために・・確認するために。

思念が実体を伴う霊界においては、心に思うことがすべてで、思念そのものが丁度物質界の物質にあたり、同じくらい確固たるもので実感出来、実体を伴っています。

人間のあらゆる心の中の思いを、霊界側では物質を受け取るようにキャッチしているようです。

ですから質問者様のご先祖様への感謝の気持ちはすべて漏れなく伝わっているでしょう。
父方へも母方へもしっかり伝わっているはずです。

何といっても、感謝の気持ちが最もご先祖を供養します。
貴方様の感謝の気持ち(プラスのエネルギー)をご先祖様方は有難く受け取って、ご自分の霊界での活躍と向上のエネルギー源とすることができるのです。
つまり、あの世で活躍する助けとすることが出来るのです。

お墓や仏壇に成仏したご先祖がいるわけではありません。
お墓参り、位牌供養を子孫がしてくれた時に、その供養の気持ちに引き寄せられて来てくれるだけです。
時と場所は選びません。
気持ちがすべてです。
物質とは霊にとって、まるで人にとっての霊のように、あいまいで不確定なものですから、霊格の高いご先祖様ほど物質に興味を示しません。

ただ、ちゃんと成仏されていないご先祖様の場合は物質に対して未だ執着をもっているかもしれませんね。

どちらにしても、ご先祖様の活躍を助けるのも、成仏を手伝うのも、子孫の心を込めた感謝の念が一番だと思います。
質問者様がご先祖様に毎日感謝の供養ができるということは、日常から感謝と敬虔な気持ちにあふれた方とお見受けします。
その徳の高い日常の送り方そのものが未だ成仏できないご先祖様をも助ける大きな力となると思います。

どうか心からの感謝の祈りによってこれからもご先祖様とさらにご子孫の支えとなられることを心より願っております。

毎日ご先祖様に感謝の祈りを捧げるとは本当に感心な方ですね。
ご先祖様方もさぞ喜んでいらっしゃることでしょう。

亡くなったご先祖様で成仏されている方は、ちゃんとそれぞれの死後の世界(霊界)に行かれたことでしょう。

墓や仏壇はむしろ生きている遺族のためにあるようです。
なぜならば、この物質界にいる限り、人は、現実に目で見たもの、耳できいたもの、手で触ったもの・・五感で確かめられるものしか実感できません。つまり、信じられないのです。

ところが、霊は物質では無く、見たり、聞...続きを読む

Qchanel #5 のTシャツ

何年か前に chanel#5 と書かれたTシャツが
流行ったのを誰かご存知ないですか?
いろいろネットで調べてみたのですが
どうしても探せません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本物のシャネルのTシャツですか?これじゃなさそうですよね★
http://www.baranoki.net/img/shop/chanel/clothes/ch284B.jpg
それとも、スケーターの友達の間で流行った「ステューシー(STUSSY)」のかなぁ?
http://www.bidders.co.jp/item/39203696
もしくは、JJでおなじみのトコパシ(並行輸入ショップ)に直接問い合わせると、雑誌とかに掲載されていないものとか、取り扱っていないものでも、別のお店にあったすると教えてくれたことがありました。
http://store.yahoo.co.jp/tocopacific/
欲しい物って手に入れたくなる気持ちはわかるので、見当違いでしょうが知ってる限りアドバイスさせていただきました。

Q「この世と、かの世を、ともに捨て去る。」

こんばんは。
仏教についても造詣が深いご回答者の皆様に、またご教示頂きたく。


曰く
「この世と、かの世を、ともに捨て去る。」

これって、別に「かの世(が、あるから!)」とは言っていないと思います。
そのこころは?

Aベストアンサー

「とかく不条理で生きづらい世の中に対して諦観して執着しないようにしながら、同時に来生を当てにするあまり現生を自暴自棄に生きるのではなく、今ある生を自分なりにまっとうする」ということだと思います。

QLittle Britain USA(リトル・ブリテン USA) #5

Little Britain USA(リトル・ブリテン USA) #5の中で、旅行に来た2組のアメリカ人夫婦がホテルの外のラウンジでどこから(旅行に)来たかを会話するうち、2組が同じ住所/同じ名前である事がわかって、気まずい雰囲気になる、というエピソードがありますが、この意味がよく分かりません.イギリス(もしくはアメリカ?)では、架空戸籍のような物がある、という事のブラックユーモアなのでしょうか?どういうジョークなのか、わかるかた教えてください.

Aベストアンサー

しばらく前にも同じ質問を見かけたような気がします。気になっていました。英文公式サイト→エピソードガイド→シノプシス→「steve and wendy ashby」をグーグル検索、でわかりました。単に、片方の夫婦が本物に成り済ました偽物だということです。

それだけ読むと、とりたてて大笑いできるとは思えませんが、ひょっとしたら、その“間合い”などがおかしかったのではないでしょうか。もろに鉢合わせしたのに、ボケっと突っ立ってたとか?? また、わざわざWikiの「新しい登場人物」の項目にこの出会いの記述が単独で書かれているということは、これが元ネタとなって、この2組の夫婦が今後、何かと登場することになるのかもしれません。

USA版は観たことがありませんが、基本的に『リトル・ブリテン』は“常連キャラ”がステレオタイプなイメージを少しずつ展開するところに面白さがあるわけですよね。

参考URL:http://en.wikipedia.org/wiki/Little_Britain_USA

Qこの世は幻想であり私がこの世を創造しているのでは?

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22040897?via=thumb_watch

この世は幻想であり私がこの世を創造しているのでは?
上記動画、30秒後・・・女子アナ?が、発言していますが、変です。明らかに。
バグっているとしか、思えません。

つまり、この世は幻想であり、しかも、1人1人がそれぞれの現実を創造しているか、

私1人だけが神であり、創造している、この現実を、、、だということではないでしょうか?

過去、11日間だけ、携帯電話にニュースが流れていたこともありました。
他のも色々と幻覚体験?のような、謎体験多かった。
一番すごかったのは、建物幻覚。

夜・・・、存在しないはずの、マンション2棟が、赤く点滅して存在していたのです!!!
他にも、幻覚の建物の中で、熱いシャワーを浴びるとか。変ですよね?
幻覚=ただの幻のはずなのに、熱いシャワーを浴びれるなんて。
デジカメがあれば、写真が撮れたでしょうし、何か幻覚の建物から証拠品を持ってくれば良かったです。

Aベストアンサー

この世が幻想で、ひとりひとりが自分の世界を創造している。

その通りだよ。

みんな自分のフィルターを通して、物事を見ている。

好きなものしか見えない。

「赤いものを見つけて」って言うと、急に赤いものが目に入るっていう
有名な実験があるけど。

ひとは自分の見たいように見て、考えたいように考えてる。

現実が幻想ってのもさ。

あなたが認識しているっことは、しょせん脳の電気信号なわけ。

ありのままの現実じゃない。

そもそも、ありのままの現実なんてあるのか知らないけど。

昔から普通に言われたことじゃないか。

悟りや空の話だろ。

もちろん、昔から言われたから、正しいというつもりはないよ。

ただ、今みたいにカンタンに説明できる。

驚くに値しない論理だね。

まっ、実感するのは、かなり難しいが。(笑)

後半のやつはよくわからんが。

催眠術の類だろうね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報