プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

お世辞にも安泰とは言い難い人生を送っている友人が
「占いに見てもらったら来年あたりから人生最良の10年がやってくるんだって どう思う?」と自分の命式をもってきました。
四柱推命を少しかじっているので見せて貰ったのですが、
私には最良の10年というほどでもない気がするのです。

【友人の命式】女命6歳運
年:辛丑
月:辛丑
日:乙卯
時:戊寅

大運~36歳 甲辰
  ~46歳 乙巳
  ~56歳 丙午

年月に殺が並びますが共に空亡しています。火を喜ぶ命式で
大運に丙午が近く巡るため 空が一つ解けて殺が去ると思うのですが
合した丙は乙の力になりますか?
体調を崩していて求職もままならない友人は現在経済的にも行き詰まっており、
いよいよになったら首つるさ~などと言っていますが この『最良の10年』をよすがに頑張ってみる、と言っています。
ですから彼女の希望に対して否定的なことを言うつもりはないのですが
もし、彼女が期待するほどよい運が巡るわけではないのならば
それに気がついてしまった私は友人として見過ごしてしまってはいけない気がします。
みなさま、どのようにお読みになりますでしょうか。
御意見をお聞かせください。

A 回答 (1件)

年月日まで福島敦子さんにそっくりですね。



福島敦子さんは家庭のある男性(10歳年上)との不倫で2度ほど世を騒がせNHKを退職することになりました。2003年にNHK職員(離婚暦あり,10歳年上)と結婚しています。これらは年柱・月柱の両方で表現されているんでしょうな。

配偶者がいたりするような場合は,大運丙午は月柱への干合支害を取るのが実際的でしょう。
また丙の干合によって空亡が解けるという説もあるようですが,それでも干合支害は働きますから,勤め人になれたとしてもその会社が倒産するといったことがあるかもしれません。

親身になってくれる友人がすでに現れているわけですから,それが丙午運の道を示しているんだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

福島敦子さんと生年月日が同じことは気がついていましたが
そんな経歴(?)だとは知りませんでした。
友人は2001年6月に実父を亡くし同じ年の9月に子供を残して
別居して2003年に離婚しています。ダンナさんが難しい人で
えらくしんどい思いを長いことしていました。
子供とは離れ離れになりましたが今でも時々一緒にご飯を食べたりして
いるので 
そのことが彼女の精神的な支えになっているようです。

丙午の大運は華々しいというほどよい10年ではなさそうですね…
せめて体調がよくなれば動きがとれるようになるのでまずはそれを願っています。
親身になる友人が私のことだとしても、心配はできるけど力にはなれないかも知れませんが
それでもできる限り力づけてあげたいと思います。

お礼日時:2007/08/26 21:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング