「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

現在高校2年生です。
現在哲学に興味を持ち哲学を始めようと意気揚々図書館へ本を借りにいったのですが、意味がまったくわかりません。
哲学の歴史みたいな本を2冊借りてきて、なんとか読もうと努力するのですが一向に理解できないんです。
わからない単語は調べて何度も何度も同じところを繰り返し読み、同じ日本語なんだから理解できないはずはない!と必死になって読みました。
でも子供の頃、初めて新聞の社会面を読んだ時のように読めないんです。
数学の教科書を読んでる時の気分にも似ていました。
はたして僕に哲学はまだ早いんでしょうか?それとも入門書が哲学の歴史というのは過ちでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

哲学 カント」に関するQ&A: 薬学と、哲学が同じ大学に、あるのが不思議です。薬学には、実益は、あるでしょうがカントの純粋理性批判を

A 回答 (13件中1~10件)

カナダで計算機科学+人工知能と認知科学を専攻している大学二年生です。



哲学の歴史から入るのは間違いかもしれません。たしかにその知識を必要ですが、もっとわかりやすい物から勉強するほうがとっつきやすいと思います。

哲学にも色々分野があります。私は認知科学ということで心の哲学を勉強していますが、まずは「唯物論」と「二元論」の違いを学んではどうでしょうか?

「二元論」
心と体は別物である

「唯物論」
心は体の機能の一部とし、世界には"物質"しか存在しない。

他にも、クオリア、志向性、ゾンビ理論などがいいと思います。専門用語をある程度理解できないと哲学の本を読むのは難しいです。

現在、私は「感情とクオリアの謎」という本を読んでいますが、まだ哲学経験が一年の私でもそれなりに理解できるところが多々ありました。数多くある哲学の本の中でも読みやすかったと思います。クオリア、ゾンビ理論の説明も載ってますよ。数人による10の論文を長滝祥司、柴田正良、美濃 正さんらがまとめまもので、昭和堂から出版されています。
    • good
    • 0

 東大出の哲学者の逸話です。



 彼は高校生の頃、アポ無しで東大の哲学科を訪れ、「いくら哲学書を読んでもさっぱり理解できない」という趣旨の事を延々と語りました。たまたま暇があって応対した教授はずっと静かに彼の話に耳を傾け、彼の話が終わった後このような事を告げたそうです。

 「哲学が理解できたのなら、私に変わって授業を行ってくれ」

 要するに哲学とは、何十年も研究を続けている教授でさえ「理解できた」とは言えないものなのでしょう。人生哲学のように「これだ」と結論を出すだけなら経験を積めば導けそうなものですが、学問的な哲学は何百、何千、何万人の学者の生涯を総動員して積み上げていくものなのではありませんか。古代ギリシア時代から続く学問は伊達ではありません。

 無論、今から哲学を学ぼうとする事は悪い事ではありませんが、卒業までに理解してやろうとは思わない事です。ずっと哲学に興味が持ち続けられたら大学は哲学科に進めば良いし、他にやりたい事があるなら、総合大学に通って哲学の講義に潜り込めば良いのです。今は他学部だからと追い出す大学ばかりではありません。
    • good
    • 1

ハハ・・・


哲学の本の内容が難しくて読めないのは、あなたのセイではありません。それは、その本を書いた著者か哲学者のセイです。
だいたい、哲学と言うものは、この世の真理・哲理というものを、誰にでも理解できる分かりやすい言葉で説き明かすことが本来の有るべき姿です。
自分が難しいと思う哲学書など読む必要はありません。多くの哲学書の中には、あなたに合ったスラスラと読めるものが必ずあります。そういうものを見つけて下さい。
ただ、スラスラ読めて書かれてあることが理解できても、その説く思想が非常に深くて、その咀嚼のために1歩も先に進めないということもありますが・・・
    • good
    • 1

私の意見ですが…。


学問は時に縦割りで、横との繋がりが無いことが多々あり、定義が複雑になる一例です。こと哲学にはご注意ください。独自の主観的思想が根強く、他分野の専門用語を乱用し、一般的な言葉でさえ、歪曲な意味付けの傾向にあります。そこで、論理学や心理学など、他の側面から哲学を学ぶことをお勧めします。早い遅いよりも、むしろ順序が大切です。
    • good
    • 0

水を差すような回答になります。



分からないものは分からないとしなければならない哲学の類はあると考えます。

その上でですが――ほかの方も言っておられますが―― 分かるもの・自分にあった考えのものに出会うまで進めていくことになると思われます。

もう一つは 問題意識です。何に自分は関心があるのかです。何を問い求めているかです。

特にないが 哲学を学ぶこと自体にでしたら 哲学とは何かを まづ学ぶのがよいと思います。というよりは 哲学史を読みつつも 哲学とは何かと考えつつ 進めるのがよいという意味です。哲学の歴史がどうであったかの前に 哲学とは何かです。何でもないかも知れません。あるかも知れません。・・・

抽象的な話に終始しますが 哲学に興味があるとおっしゃっているので そういう推論になると思います。

高校を卒業するまで 本を読まなかった(あるいはまた 三年生になるまで 試験勉強という試験勉強をしなかった)者のことばです。
    • good
    • 0

ANo.6です。


ご察しの通り、私は中学生でセックスピストルズの洗礼を受けた
オリジナル・パンク世代です。
> パンク・ロックを知るにはまず過去の音楽を知らないとわからない
確かにそんな意見もありましたね。
でも当時の私は「目の前で事件が起こっているのに
過去のお勉強なんて後でイイんじゃないの?」と思っていましたし
今でもそう思います。

> 入門書が哲学の歴史というのは過ちでしょうか?
過ちではないと思いますが、新しい何かを学ぶときに
過去から入るというのは臨場感がつくりにくくて個人的には苦手です。
(臨場感が湧かないというのは分かりにくさにつながると思います)
私は「とりあえず今どうなっているの?」「これからどうなるらしいの?」
から入って臨場感を高めてから、歴史を遡って因果関係を紐解いていく方が
分かり易いことが多いですし
何より「昔話」よりも「最新トピックス」を聞いた方がワクワクします。

内田樹の「寝ながら学べる構造主義」をオススメしたのは
ページ数多くないし価格も高くないから
ハズレでもたいして痛くないでしょ、というのは冗談ですが
この本なら「とりあえず今どういう状況にあるの?」が分かり易いと思ったことに加え
(さらに橋本治の「二十世紀」を併読すればバッチリです)
内田樹が現在とても精力的に活動している思想家だからです。
(他に今、元気ある人って誰がいる? 永井均ぐらいかしら)
そして、もしこの本が気に入って頂ければ
次は思想家・内田樹と宗教家・釈 徹宗の共著である
●インターネット持仏堂1・2
http://www.amazon.co.jp/%E3%81%84%E3%81%8D%E3%81 …
なんて、どうかしら?と思っています。
OKWaveの哲学カテゴリーに寄せられる質問も
半分以上が宗教(さらにはスピリチュアル)に関する質問のようです。
哲学だからということで形而上学に限定するよりも
宗教や科学と絡めていった方が、臨場感を得やすいのではないかと思っています。

最後に。物凄く私見にもとづいたオススメだから
つまらなかったらゴメンなさい。
    • good
    • 0

CUE009さん



riven990さんは、古代から現代に至るまでの哲学史の話をしているのですから、あなたの世代がはまったようなニューアカの話をするのが適切とは思われません。

riven990さん

構造主義は、当時のフランスにあっては政治にも積極的に関わる哲学運動だったのですが、1980年代の日本では政治的意義は理解されず、哲学書を持っていることを恰好いいからというファッションの一部にしてしまった哲学バブルの連中です。ここから哲学の勉強を始めるのは、あなたにはお奨めしません。構造主義を学ぶくらいなら、カントの方がいいです。(なお、構造主義は私のような弁証法家の天敵です)
    • good
    • 0

現在42歳です。


高校生の頃から哲学に興味を持ち
自分なりにあれこれ本を読んできたのですが
いまだに内容が理解できず読破出来ていない本がドッサリありますし
このOKWaveの哲学カテゴリーに寄せられる回答でも
すでに日本語として理解できないものが沢山あります(滝汗。

哲学というと恐らく、人生哲学のようなモノと学問的なモノの
2タイプをイメージされる方が多いと思います。
後者の学問的なモノの中で主流だと思われるのが西洋哲学ですが
その西洋哲学の中でも主流にあるのが「形而上学」というヤツです。
形而上学を英語で言えば「metaphysics」。
metaは「超越した」の意、physicsは「物理学」の意です。
つまり形而上学とは物理的現象を超越した「絶対的真理」を探求する学問です。

さて、形而上学がなぜ西洋哲学の主流になったか?というと
それは西洋宗教の主流が一神教だからです。
一神教の神というのは我々の世界を超越したところにいる「唯一絶対存在」ですよね。
発想法として同じ構造を持つわけです。
そして、もうひとつ重要なこと。
一神教世界では我々の住む現実世界を超越したところに真理があると考えるわけですね。
つまり、この世の存在は「仮のモノ」と考えるわけです。
ここで、例えば目の前に「美しい花」があるとします。
このとき、現代の日本に住む我々でさえも
目の前の花の「美しさ」を超えて
より普遍的で絶対的な「観念としての美」があると考える筈です。
この観念上の絶対的なモノを「イデア」と言います。
観念(アイディア)の語源ですね。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%A4 …
そして、ここが我々日本人には分かりにくいところなのですが
イデアは必ず言葉によって論理的に説明できると信じます。
この「言葉によって論理的に説明できるという主義」のようなものを「ロゴス」と言います。
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A5%ED …
ロゴスの概念は厳密には日本語で相当する言葉がありません。
形而上学とは(言い換えれば)「ロゴス」によって「イデア」を探求する学問です。

どうでしょう?ここまでは理解頂けると思うのですが・・・
(ちょっと乱暴に都合よく説明したんで、つっこみどころは満載です。)
哲学の歴史書を読んだとのことですが
その前提となるフレームを説明してみました。

哲学が難しいことの理由として
ひとつは(既出の回答にもあるとおり)翻訳の困難さがあります。
すでに「ロゴス」という最大のキーワードが上手く日本語化できません。
もうひとつは、すでに何となく感じて頂けているかと思うのですが
やはり「キリスト教」世界と密接につながっているのですね。
たとえば近代哲学の父と言われるデカルトの
「我思う、故に我あり」ぐらいまでは分かると思うのですが
デカルトでもその先の(近代理性の)論理展開になると
キリスト教の神の概念が入ってきて少なくとも私には難しかった。
つまり、少なくとも西洋哲学はキリスト教と自然科学の歴史と一緒に理解していかないと
非常に分かりにくい部分があります。

でね、ここから提案なんですけど
近代哲学以前を学ぼうとすると、歴史的な知識が欲しくなるので
思い切って「現代」から入るのはどうかな?と。
(私がたまたま現代から遡った方が理解が早いタイプなので・・・)

現代哲学というのは、誤解を恐れずあえて一言でいえば「形而上学批判」です。
デカルトは「何が正しいか」を問うために、一旦全てを疑ってみたことはご存知だと思います。
そして、全てを疑っている自分の意識だけは、確実に存在すると考え
そこから「我思う、故に我あり」という名文句を思いつきました。
ところが20世紀に入る直前になって
「デカルトはおかしい」という人が増えてきます。
代表的な人が、例えば精神分析の祖であるフロイトですね。
フロイトは「無意識」を発見したわけですが
この無意識でデカルトの「自分の意識」を攻撃したわけですね。
他にフッサール、ニーチェ、ヴィトゲンシュタインなんて人が重要視されるのですが
言っていることが難しいので置いておきましょう。
そして、この本を読んでみて下さい。
●内田樹:著「寝ながら学べる構造主義」
http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4166602519/250-34 …
へへへ、いつもコレばっかり薦めるんですけどね。
それが言いたいだけで、こんなに長々とスイマセンね。
私の個人的な思いとして、哲学の専門書はあまりに難解なのですが
その反作用なのか、入門書になると妙に子供向けになってしまうのです。
子供向けでも永井均氏の著作など、非常に内容的にイイなと思うモノもあるのですが
学問的な空気を求めるならモノ足りないでしょうし
他のモノは教科書のおさらいみたいだったりして読み物としてつまらなかったりします。
(あくまで私の偏見ですが。)
内田樹氏の著作もレビューを見ると賛否両論ありますが
10代後半ぐらいの方には丁度よい知的面白度だと思います。
あくまで最初の1冊としてのおススメですが
高校で学ぶレベルの世界史とリンクできるであろうことと
言語学・記号論のソシュールに触れているのが特におススメする理由です。
> 同じ日本語なんだから理解できないはずはない!
に対する何らかのヒントをくれると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
とても勉強になりました。
おっしゃるとおりやはりカタカタ文字が難しいのかなと思います。
ロゴスやイデアなどあまり意味自体を理解してない言葉がばんばん出てきました。
しかも「これが西洋の形而上学につながる」とか書いてあっても僕は形而上学が何かわかってませんでしたかちんぷんかんぷんでした。
今回のアドバイスを読んで形而上学が少しわかった気がします。
>>思い切って「現代」から入るのはどうかな?と。
これははたして可能なのでしょうか?
どこかにパンク・ロックを知るにはまず過去の音楽を知らないとわからないみたいに今の哲学は過去の哲学の反発だから過去の哲学を知らないとわからない、と書いてあったので僕も哲学史を読もうと思ったのですが。
ですが現代から入れたらそれにこしたことはありません。

お礼日時:2007/09/01 10:55

>俺には読解力がある、という見栄が哲学の本を読んでボロボロと崩れてしまいがっくりきているのが今の状況です。




では、セミ哲学のレベルから入るとよいかと思います。
「ソフィーの世界」はストーリーも付随してしまうので、鬱陶しくなるきらいはありますからね。
カミュの「シシューポスの神話」あたりを読んで脳をシャッフルするのも一興かと思います。
あるいはニーチェのような、評論文とは違う文学的な文体に脳をスライドさせるのもよいかもしれません。


>理性!この理性という言葉が本の中では連呼されていました。
>哲学の中では理性というのが重要なキーワードなのでしょうか?

ものを把握するためには理性が必要である、と考えられていた時代がありました。
その中心時期は主にデカルトからはじまって、フランス革命で理性が崇拝される時代を経て、ニーチェあたりが突破口になります。
そして、日本では、その時期の哲学だけをもって「哲学」と代名詞化している面があります。
まあ、だからだと思いますが、それを知ってることが偉いみたいに思い込まれてしまった不幸があって、よりわかりにくい解説だらけになってしまったんだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
ソフィーの世界は昔から読んでみたいと思ってたので今度読んでみようと思います。
>>シシューポスの神話
調べてみるとなかなかおかしい話ですね(笑)。
おもしろそうな話ですので今度読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/09/01 10:43

哲学に興味を持ったきっかけがどのようなものか分かりませんが……。



哲学の歴史、過去の哲学者がどのようなことを考えてきたのか、
に興味を持ったのでしたら、哲学史を読んでゆくしかないでしょう。
しかし哲学そのものに興味を持ったのでしたら、歴史書ではなく哲学書を読むのも良いと思います。
哲学書といってもあまり本格的なものは良し悪しの判断もしにくいでしょうから、
日本人が日本語で、一般向けに書いたものから初めてはいかがでしょうか。
手軽に読める文庫・新書サイズでも、例えば、
  廣松渉『哲学入門一歩手前』
  永井均『〈子ども〉のための哲学』
など、なかなか読みやすい良書がいくつかあるので、
図書館へ行かれるなら一通り眺めてくると良いと思います。

もちろん哲学史を概観したり、あるいは手当たり次第に読みあさって、
そこから自分の哲学を捉えていく、というやり方ももちろんあります。
基本的に他人の哲学というものは理解不能なものなのですが、
たまに、自分とよく似た感覚、自分と同じ問題意識を抱えている人がいるもので、
そういう人の著した物を読むと勇気づけられたり、自分の哲学を先へ進めるきっかけを得たりすることができます。
(これがNo.2さんの仰る、相性の良い哲学者ということだと思います)

哲学するに早すぎる、ということはありません。
むしろ年をとると観念が固定化されてしまって、哲学はしにくくなっていきます。
ともかく、誰かに強制されたものでないのなら、
自分が読みたいと思うもの、自分が読めそうだと思うものから読んでいけば良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
僕が最初に哲学に興味を持ったのはマトリックスからだと思います。
自分の周りにあるものすべてが本当に存在しているのだろうか、と子供心に思いました。
他にも理科で地球の成り立ちについて習ったとき、地球が生まれる確立が天文学的に少ない。
さらにその中で僕の親が日本の同じ時代に親が生まれ出会い、結婚し、ちょうど僕が生まれることになる精子と卵子が発生したときにHする(笑)。
こんな確立はまさに無限分の1ですよね。
これは僕がものすごい幸運なのか、と思ったときにああこんな幸運なわけがない、こんな偶然があるわけない。
こんな世界嘘なんだ、こんな世界あるわけないと思いました。
今思うと怖い子供ですね(笑)。
高校生になりいろいろな本を読んだりサイトを見たりしていくにつれ水槽の脳とかデカルトの悪魔とかクオリアとかに興味を持ちました。
特に自分以外の人間に意識があることを証明できない、と聞いた時の驚きの快感は今も忘れられません。
僕のやろうとしている哲学?はおそらく近代的な哲学なんだろうなと思ったのでまず哲学史をやってから自分の好きな分野に踏み込もうと思い哲学史を読んでみました。

お礼日時:2007/09/01 10:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイデオロギーって何ですか???

イデオロギーとはどんな意味なんですか。
広辞苑などで調べてみたのですが、意味が分かりません。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。

例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに
組織されています。つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。
しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して
公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。
ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。
一応これは一つの例ですけど。

というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。
こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。
この説明で理解してくれると思いますけどね。

イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、
狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。

つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の
体系です。一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を
イデオロギ-と言うんです。

例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。
だから賛成や反対といった意見が出てきますね。
しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。
イデオ...続きを読む

Q「性格は良いけど、容姿が好みでない人」と付き合うことは、ありですか?

「性格は良いけど、容姿が好みでない人」と付き合うことは、ありですか?

おはようございます。
皆さんは、「性格は良いけど、容姿が好みでない人」と付き合ったことありますか?
付き合ってみた結果、どうでしたか?
男女問わず、そのとき感じたことなど教えていただければ幸いです。


私は20代の社会人男性です。
社内の同年代の女性から告白されましたが、「性格は良いけど、容姿が好みでない人」なんです。

好みでないといっても、生理的に難しいというレベルではありません。可愛さもあります。

過去にお付き合いしてきた女性は、性格はもちろん、スレンダーで顔もタイプでした。可愛くて仕方ないから自分からアプローチできたし、会いたい会いたいと積極的になれたと思います。

この女性と付き合った場合、そういう感じではないだろうなと思い、それでお互い満足いくのだろうか?と思うのです。
容姿って付き合って愛情が出てくれば、関係ないのでしょうか。

お互い結婚適齢期ですし、結婚を考えない付き合いはないと思うので、どうしたらよいか迷っています。

Aベストアンサー

既婚の主婦ですが、最近数人の人と話して一致した意見ですが、外見って重要だよね!という事です。

性格の合わないと思う人とは付き合いませんので最初はまあいいと思っているのですが、しばらくするとどんな相手でも嫌な面が見えてくるものです。

何年か一緒に暮らしてみて、実は性格もそんな良く無かったり、本性発揮されて恐妻だったりした場合顔やスタイルなど外見が好みだとそれでも好きでいれたり、浮気でもされないか?など心配したりしてうまくというものです。

最初から好きなタイプで無い場合、もし本性が酷い場合いいとこ無しですよ。

性格が悪くなくてもファッションなど外見に無頓着な場合、年々どっしりしてきておばさん化が酷い場合も有ります。何十キロも増えてたりして。

その女性のお母様を一度ご覧になれば、何十年後が分かるかもしれませんね。

とにかく、外見も好みの女性をおすすめします。

それなら、性格など中身の嫌なところがあっても結婚生活目をつぶれます。

ベテラン主婦より。


人気Q&Aランキング