『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

具体的に教えてください。
通っている道場では全く教えてくれません。
なんでも見よう見まねです。

A 回答 (4件)

 門外漢ですが、


 山崎照朝著「山崎照朝の実戦空手」(池田書店)によると、
息吹き
一、両手を正拳に握り、平行立ちに構える。
二、両手を交差させ、耳を持つ感じで上げながら、息を大きく吸い込む。
三、丹田まで息が入ったら、丹田に力を入れ、口を大きく開いて「カーッ」と一挙に吐きながら両手をおろす。
四、最後の息を一気に吐いて姿勢を整える。
 ポイントは鼻と口で同時に大きくいっぱいに吸い、吐く時に全身の筋肉をしめて、一挙に勢いよく出すことです、とあります。
 また、郷田勇三著「極真空手入門」は、極真会館の指導体系に沿って、大極や平安などの型まで、丁寧に説明されており、必携書のはずです。また、極真会館の技術指導ビデオも出ているはずで、これも必携のはずです。
 道場で、一から十まで教えてくれる武道は存在しないと思います。せめて型の外形くらいは予習して出来るようにしておかないと、月謝の無駄になります、とこれは釈迦に説法でした。
 その上で、やり方のコツについて質問すれば、極真会館の指導者は立派な人が多いと思っていますので、ご自身の経験を踏まえて教えてくれると思います。
 なお、呼吸法も、他の技術同様に「出来るか出来ないか」の二者択一のものではなく、基本・型・組み手などのいろいろな練習を経て、自分で様々な気づきを加えて、徐々にレベルを上げていく性質のものだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

書物まで紹介していただきありがとうございました!!!

お礼日時:2007/09/07 15:00

悩んでるようですね。



息吹きの訓練方法
1,まず、自然な状態で息をゆっくり吐いてみてください。
2,腹の中(胃袋)の空気を全部吐ききるイメージで、出し切ってください。
3,ここからです。腹に力を入れ、最後の空気をなんとしてでも出し切ってください。
4,さらに腹に力を入れながら、顎を引いてのど仏に自然に力が入る瞬間、息を力強く吐き切りながら、自然に「カー」とか「ガー」とかいう音が出れば、ある程度できてきていると言ってよいと思います。

教科書通りに、手を交差させるかは、一人の場合は自由です。

最初は試行錯誤でもがんばって試してみてください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/07 15:01

呼吸法は止めておいた方がいいですよ。


これは健康や体調に直結してダイレクトに影響が出ます。
正しいやり方になっていればいいのですがほんの少しでも間違っているだけで気分が悪くなったり、体調がおかしくなってきます。

指導者がいないと間違ったやり方であって少し変な感じがしても自分が慣れていないだけと思いそのまま続けたりしてしまうかもしれません。
それにより長期にわたり体調不良に陥る事などもあります。


空手であればきちんと教えてくれる他の道場に変わった方がいいんじゃないでしょうか? もしくは教えてくれる所と両方通うとか
指導者を探して教えてもらう事をお勧めします
呼吸法は普通は指導がある程度進んだ段階でないと教えない危ない技術です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

本当に何も教えてくれない道場なんですよ 怒
呼吸法はきちんとした知識がなければあぶないですね。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2007/09/07 14:59

極真空手のやり方は知りませんが、日本の古武術では、丹田に気を集めて呼吸することで、肩の力が抜け、下半身が安定し、正しい姿勢を保つことができると言われています。



呼吸法は武術の基本なので、柔術や剣道、中国の太極拳にも存在します。
各々でやり方は異なるようです。
私が通っていた合気道でも丹田に気を集める呼吸は、日常から意識しろと言われており、1日30分(朝昼晩10分×3回)を毎日続けました。
試合の前に呼吸法をしても少し強くなりますが、毎日継続することが強くなる近道です。

後は姿勢が大事です。
日々どんな時でも、カカト重心ではなく、つま先重心にして歩きます。
仙骨は立てて、腿の内側で歩くようにします。
上体は胸骨を開きます。
もちろん、この時も呼吸法は行っています。

空手と合気道なので違う部分も多いと思いますが参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答感謝いたしますm(__)m
合気道にしても空手にしても呼吸は大事な部分ですね!

お礼日時:2007/09/06 14:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空手の呼吸法について質問です。

空手の呼吸法について質問です。

腹式呼吸なのですが、通常空手では逆腹式呼吸(吸う=へこむ 吐く=膨らむ)で技を出すと思っていましたが、ある人から攻撃するときに腹式呼吸(吸う=膨らむ 吐く=へこむ)で攻撃すると教わりました。

どちらが正しいのでしょうか?


また、三戦の型・息吹・逃れの呼吸(深呼吸)の時は逆腹式呼吸と腹式呼吸どちらが正しいのでしょうか?

Aベストアンサー

昔、北派拳術をかじった者です。
 順腹式呼吸は、主に能動筋力を発揮するときに用います。仙骨を前転させることで、腸腰筋を働かせます。その力は足に伝わって、大腿四頭筋が働いて足が伸ばされます。腰が反って背筋が収縮し、横隔膜が上がります。連動して広背筋が働き、胸郭が広がります。項を伸ばし脊柱起立筋を働かせることで、力が腕に伝達し、上腕三頭筋が働き、腕が伸ばされます。やや前傾姿勢で、爆発的な速度で拳を動かすことできる訳です。力の方向は身体の横であり、開くような十字形の力が働きます。適している動作は順突きやストレートです。
 逆腹式呼吸は、受動筋力を発揮するときに用います。仙骨を後転させて大臀筋(もしかしたら間違いかもしれませんが)を収縮させ、腹直筋を引き締め、大胸筋を利かせ、上腕二頭筋を働かせます。足は大腿二頭筋(ハムストリングス)を利かせます。少し後ろに反ったような姿勢で、突いた腕を支えたり、相手の攻撃を受けたり、フックを打つのに適しています。
 能動筋力だけでは「支え」がないので貫通力が劣りますし、受動筋力だけではそもそも拳を突くことができません。両者をうまく連環させることが大切です。
 那覇手や南派拳術では、受動筋力を能動筋力的に使っているように思います。胸を張って拳を引き、腰を捻って距離を作ります。逆腹式呼吸を用いて、腰を戻して突く。この突き方だと、かなり接近した間合いでも威力を出せます。引き手も必要ありません。三戦は、そういう風に私には見えます。もちろん、これだけでは速度が足りないはずです。身体を震わせて微妙に腰を切って、速度を補っているようですが、それは質問者の方が詳しいですね。
 形意拳や太極拳は、本来は能動・受動筋力を上手に連環させていたはずですが、最近のものは南派的なやり方が多い気がします。なぜでしょうね。
 少しは答えになったでしょうか。結論から言えば、順式・逆式どちらも正解なのです。師範や先輩の動きの中に、あなたの修めている空手流派の答えがあるはずです。

昔、北派拳術をかじった者です。
 順腹式呼吸は、主に能動筋力を発揮するときに用います。仙骨を前転させることで、腸腰筋を働かせます。その力は足に伝わって、大腿四頭筋が働いて足が伸ばされます。腰が反って背筋が収縮し、横隔膜が上がります。連動して広背筋が働き、胸郭が広がります。項を伸ばし脊柱起立筋を働かせることで、力が腕に伝達し、上腕三頭筋が働き、腕が伸ばされます。やや前傾姿勢で、爆発的な速度で拳を動かすことできる訳です。力の方向は身体の横であり、開くような十字形の力が働きます...続きを読む

Q空手の技法「コツカケ(骨掛け)」は実在する技でしょうか?

こんにちは、お世話になります。

よく漫画で出てくる、空手家の睾丸を体内に入れ金的を守る技『コッカケ』。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%84%E3%82%AB%E3%82%B1

これは、本当に昔(そして現在)の空手家は実現できたのでしょうか? 

好奇心からの質問ですが、本気で気になっています。

以上です、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

先ず最初に。こういった技術はあります。出来る方もいます。

>これは、本当に昔(そして現在)の空手家は実現できたのでしょうか? 
「火の無いところに煙は立たぬ」です。
コツカケ(骨掛け)とは睾丸を腹中に引き上げるだけのものではなく、
肩甲骨を使って首と脇を閉じる(下のURLの動画で見れます)、肋骨を使って胸部を閉じる、恥骨を使って腹部を閉じる、といった操作も含みます。
単純に防御法ではなく、独特の力の出し方(チンクチ/一寸力)にも関連してきます。

(教えてくれるかは別として)沖縄唐手なら東恩納系統、または上地流など、中国武術なら短肢の鶴拳系武術や白眉拳、龍形大宗、南派蟷螂拳等にコツカケ(骨掛け)あるいはそれに類した技術が継承されていたと思います。

参考URL:http://www.wonder-okinawa.jp/023/009/002/001.html

Q蹴りの練習はどうすればいいの?

極真空手をはじめて半年経ちますが、回し蹴りや上段蹴りが全然うまく出来なくて悩んでいます。開脚は毎日しているのですが・・・。キレイな蹴りや上段まで回る足など、普段どのようにトレーニングしたらいいか教えて下さい!押忍。

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

開脚は体の横への股の広がりを助けるものですね。 腰を必ず前に向けての縦の開脚はしていますか? また、両足の角度が30・45・75度の開脚で胸が床までつくよう訓練していますか?

回し蹴りは足の位置で使う筋肉が変わってきます。 よって、結構複雑な動きを筋肉の内部でしているのです。

ある技ができないのを見てやるのが先輩、それでもわからなければ指導員がいるのです。 それでもわからなければ先生がいるのです。

文字でこつを習っても、けりの真髄である、正確さ、スピード、そして破壊力は出てきません。3段階のかたがたに見てもらって直すべきものです。 形だけきれいにするのではなく、空手のけりだからこそきれいに見える、副産物として、と言う事を知ってください。

ルールの中でのけりができれば良いと言うのであればそれで良いですが、実践的に、と言うのであれば、なぜ空手はけりを習うのか、と言う事を聞くなり考えてみてください。 ただたんに足も攻撃に使えるだけではもったいないのです。

けりをするときは一本足でたっていると言う事実が多くの弱点を自分に作り出す事なわけです。 軸足を払われたら試合で審判員がストップをかけるのとは違うのです。 それすなわち寝技になるわけです。 また、軸足を払われないようにするには、軸足でたっている時間を少なくするには、けった足がミスった場合とあたった場合の体勢の違いは雲泥の差があるけどどう対応したら良いのか、けるとき両手は有意義に防御・攻撃に使えるようになっているのか、それとも威力出すために使われてしまっているのか、腕を使わずに威力を出す方法は、腕が無意味に体から離れてしまう事に関しての反省は、足を捕まえられたらその有意義な対応は、つかまれないようにするには、これから回し蹴りをすると気づかれないようにするには、など、これだけでも100以上の疑問が浮かばなくてはもったいない「訓練の道具」でもあるのです。

と言ってもやはり訓練のコツは書いておきますね。

上段回し蹴りは確かに見栄えが良いですよね。 でも、練習は下段から徐々に正確さ、スピード、威力を保ちながら体を慣らしていくことが非常に大切になるわけです。ですから、あせらずに下段からじっくり自分のものにしていってください。 十分にウオームアップは必要ですが、実践ではその時間がないと言う事もしておく必要はあると思います。

なぜなら、ひざを砕くけり、腿の筋肉を使えなくするするけり、骨盤を壊すけり、わき腹を攻撃するけり、わき腹を保護した腕を折るけり、肩の関節を砕くけり、首の骨を折る・脱臼させるけり、そして頭部へのけり、すべて有意義な空手のけりなのです。 回し蹴りは横からくるのでそれが見えない相手もいるわけです。

上段蹴りだけできたのでは背の低い相手やダックする相手には頭上をかすめる無駄なけりとなります。 金的や内股を露骨にもむき出しにするだけになってしまいますね。

使える空手とはこういうものと私は信じますので今は必要以上と思われるかもしれなことを書いたかもしれませんがこれからの長い訓練を有意義なものとすることができると思いますので書かせてもらいました。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

開脚は体の横への股の広がりを助けるものですね。 腰を必ず前に向けての縦の開脚はしていますか? また、両足の角度が30・45・75度の開脚で胸が床までつくよう訓練していますか?

回し蹴りは足の位置で使う筋肉が変わってきます。 よって、結構複雑な動きを筋肉の内部でしているのです。

ある技ができないのを見てやるのが先輩、それでもわからなければ指導員がいるのです。 それでもわからなければ先生がいるのです。

文字でこつを習って...続きを読む

Q極真空手の月謝について

極真空手を始めるつもりです。
ネットで「極真空手」で調べたところ、「国際極真空手」と「極真空手総本部」(詳しくは覚えてないんですが・・・)の二種類ありました。この違いはあるのでしょうか?

それと、月謝なのですが、質問しても答えて頂けない道場がありました。10500円と記載のある道場もありましたが。相場はどれくらいなのでしょうか?
ギリギリの生活をしているのでとても気になります。
入会金や、スポーツ保険(?)なども、ご存知の方、教えてください。お願い致します。

Aベストアンサー

10年ぐらい前の話でよければ・・・

そのころはまだ大山倍達総裁も生きておられたので、組織はうまく行ってました。が、総裁が亡くなった後、揉め事があって組織が分裂してしまったために、極真が2つ(1時期は3つ)になってしまってました。
ひとつは3強時代を作り上げた松井章圭氏(第四回世界チャンピオン)、もうひとつは他の支部長たちがまとめようとしたものでした。
松井氏は、大山総裁の愛弟子です。
で、フィリョなどは前者の組織に所属してます。

今、新極真会というのがあるみたいですね。代表は緑健児氏です。小柄ながらも緑健児氏は、確か第五回世界チャンピオンだったかな?大山総裁もお気に入りの一人だったと思います。道場の歌を長淵剛さんが作曲しているのは、彼も彼の子供も極真をやっているからでしょう。

違いはそういうところですが、マス大山のいた極真の本部道場(池袋)はたぶん現在は前者に属します。前はみんな仲良くやっていた同士なのに・・・。

月謝は1万円ぐらいでしょう。学生ならばちょっとは割引もあるでしょうが。あと空手着も1万ぐらい。
スポーツ保険は5千円(掛け捨てで1年)。後忘れてならないのは、昇級試験に1万ぐらいかかると思います。
昇級試験は、4ヶ月に1度ぐらいだったような記憶があります。

道場に入ると道場訓なんかもあります。挨拶は"押忍"です。
真を極めるよう、がんばってくださいね。

参考URL:http://www.shinkyokushinkai.co.jp/

10年ぐらい前の話でよければ・・・

そのころはまだ大山倍達総裁も生きておられたので、組織はうまく行ってました。が、総裁が亡くなった後、揉め事があって組織が分裂してしまったために、極真が2つ(1時期は3つ)になってしまってました。
ひとつは3強時代を作り上げた松井章圭氏(第四回世界チャンピオン)、もうひとつは他の支部長たちがまとめようとしたものでした。
松井氏は、大山総裁の愛弟子です。
で、フィリョなどは前者の組織に所属してます。

今、新極真会というのがあるみたいですね。代...続きを読む

Q空手の型は重要?

大道塾に入門したのですが師範は型ができていないと強い打撃ができない、ということで型は大切だと言います。しかし型はあまり意味がないので教えないという所もあると聞きます。
どっちが正しいのでしょうか?
キックボクシングに型はありませんが打撃が弱いという事などありませんよね?うーん、分かりません…
ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

型の理解が今ではほとんど言ってなくなってしまいましたね、日本では。 型の試合があると言うこと自体がおかしいのです。 ダンス競技じゃなるまいし。

少し良くなっても「一つ一つの動きには意味がある。 どんな攻撃にどうやって対応するかを型は示している」と自称師範が言っているわけです。 「まさか!」ですね。

型の動きのどこが実戦に使える動きがあると言うのだろう。 立ち方、打ち方、防ぎ方すべてまったく実用にならないものばかりです。 自由組み手を見れば明らかなことですね。 誰も空気を殴るより動く、それも、攻撃してくる相手がいるところに、腰の低いナイハンチ立ち、前屈立ちをしたら一発でやられてしまいますね。

そんなに意味のない型をなぜGは教えるの?と言うことになりますね。

何故って重要だからなんです。 自分を自由に動かすための必須項目(私たちは275,000項目があるといっています)を型の一つ一つの動きの中で教えているのです。 俗に「隠された型の秘密」なんていって紹介しているようですが、決して秘密でも何でもありません。 教えられなかった人にとって「知らなかった」事であり「偶然にも気が付いた」と言うことに過ぎないのです。

師範であればこのことを知っていなくては教えることはできません。 どう一挙一挙を「正しく」やらなくてはならない、と言うことは幼稚園生が1から100まで「正しく」言えて読めて書けるようにならなくてはいけない、と言っているだけのことなんですね。 英語であればABCを言えるかどうか、なんです。 流派としての一貫した「読み方・言い方・書き方」が型の決まりきった動きを習うことなのです。

型のひとつの動きから200-300の事を教えることができるのです。 自分を自由に物理的に、そして精神的に動かし、同時に相手も「触らずして動かす」「技」を習い自分に身につけていくわけです。

名前の付いた「技」と呼ばれているものはすべてこれらを身につけるように教えてもらえるための「土台作り」に過ぎません。 1から10までの基本的数字の理解を教えるためにはいち、に、さんと正しく発音し、順序を知り、数と言うものの理解を無意識に教える作業とまったく同じなのです。

三戦立ちが「回り方を教える」教材であったり、型の逆周り225度の回転がもたらす相手への影響、残像の利用、回転力を使った直進力などここではとても書けきれない自分の実力を磨く技を教えてくれるように作られているのです。

気合をすることでパワーを出す、なんていう解釈は本の初心者用の知識に過ぎません。 気合をして打ったパンチの腕をそのまま伸ばしたままにしておく理由はなんなのか、気合を長くすることは何のためなのか(まさか、パワーの為じゃないでしょう)、残心とはいったいなんなのか(まさか、複数の相手と戦う「戦場で」残心という隙を奨励するのでしょうか)、これらすべて+274,980項目を型から習うのです。

型ができない、ということは100まで数えられないということであり、あいうえおが言えない、ABCの26文字をすらすら言えない、大文字小文字の区別ができない、ということに過ぎないわけですね。

誰が最初の数字は「いち」と発音して横ボーを引いた文字を使うと決めたのでしょうか。 知る必要のないことです。 いちと発音できることで算数の先生が次のことを教えられるように有無を言わせないで教え込んでいるのです。

型を習うことで次なる事を死ぬまで習い続けることができるわけです。 それだけ大切な土台作りだのです。

しかし、このことを知らない、教えられたことがない、昇級・昇段テストや試合の為に型の動きを教える・習うでは武道が泣きます。 私からしてみれば、日本の武道界は一年中涙の梅雨です。

表面から見ると、型はまったく意味を成さないものと見えます。 しかし、上のことをちゃんと教えられていれば、型という「教材」なしでは武道を教えることができないことを身につけることができるわけです。 有無を言わせない実力はここから来るのです。

宮本武蔵の五輪の書や中国の武備志がどうにでも解釈できるように書かれているのは、武道を教えられる師だけがちゃんと理解できるように書かれているのですね。 つまり、土台ができていない、基礎ができていなければとても理解できないようにできた書物であるということでもあります。

型から教えるという方法をとった日本の武道が決して唯一正しいというわけではありません。 しかし、これだけ体系付けられた武道教本としての「口伝」はそれなりにすばらしいものであるのです。

なんでもアリで教える私の道場は日本の四大伝統空手のひとつとして充分実戦に使えまた他の人間との戦いではなく自分との戦いにも使える武道として私は誇りを持って私たちの流派は「人を生かす」ために作られた昔からの流派である、といえる自信を持っています。

これでいかがでしょうか。 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。

アメリカで使える伝統空手と護身術を教えている者です。

型の理解が今ではほとんど言ってなくなってしまいましたね、日本では。 型の試合があると言うこと自体がおかしいのです。 ダンス競技じゃなるまいし。

少し良くなっても「一つ一つの動きには意味がある。 どんな攻撃にどうやって対応するかを型は示している」と自称師範が言っているわけです。 「まさか!」ですね。

型の動きのどこが実戦に使える動きがあると言うのだろう。 立ち方、打ち方、防ぎ方すべてまったく実用にならないものばかり...続きを読む

Q極真空手の型 足技太極1と2について

極真空手の型 足技太極について教えて下さい。
古いビデオでは足技太極1は前蹴りなのですが最近のDVDでは蹴上げとなっています。
また、足技太極2は古いビデオでは蹴上げ最近のDVDでは前蹴りとなっています。
どちらが正しいのでしょうか?また、足技太極の型は何年ぐらいに出来た型なのでしょうか?

Aベストアンサー

新極真をやっている者です。
足技太極その一は前蹴りで、その二は前蹴上げです。
先日審査を受けたので間違いないと思います。

教則ビデオやDVDによって他にも細かい部分が違うようです。聞いた話しでは統一されていないとか…f^_^;

Q空手の審査料について

親子で空手を習っている者です。
その道場は極真におられた方が独立して教えて下さっています。
少人数で先生から直接指導を受け、習い始めて3年近くなり確実に強くなっている実感はあります。

但し、以下の疑問点が起こり困っています。

審査料について、
10級~5級まで10,000円
4級13,000円 3級19,000円
2級40,000円 1級70,000円
段取得100,000以上

という金額なのです。
私が決して裕福ではない事もあり、正直「高い!」と思ってしまい、
2級からの金額は工面も厳しいです…。

稽古自体は親身に厳しく教えて頂き、先生の人間性も信頼出来ない方ではありません。
せめて親子とも黒帯は取得したいと思っており、今まで続けていた事を無駄にしたくはありません。
ただただ審査料だけが引っ掛かり稽古中も考えてしまいます…。

道場によって金額に差があるのは知っていますが、このような空手道場の審査料は
それぐらい掛かるものなのでしょうか?

空手を習われている方、指導しておられる方のご意見をお願い致します。
(因みに月謝は5,000円で入会金や年会費はありません。)

親子で空手を習っている者です。
その道場は極真におられた方が独立して教えて下さっています。
少人数で先生から直接指導を受け、習い始めて3年近くなり確実に強くなっている実感はあります。

但し、以下の疑問点が起こり困っています。

審査料について、
10級~5級まで10,000円
4級13,000円 3級19,000円
2級40,000円 1級70,000円
段取得100,000以上

という金額なのです。
私が決して裕福ではない事もあり、正直「高い!」と思ってしまい、
2級からの金額は工面も厳しいです…。

稽古自体は親身に厳しく教...続きを読む

Aベストアンサー

ポケモン博士です。

他の回答者も既に書いてある通り異常な高さですね。

得てして個人道場とはそういうものです。
道場経営が先生の所得になるので。

全国組織された流派で、それだけの価格を取られれば
誰もやらないですからね。
柔道や剣道等の国技で言えば
数千円、

極真、空道でも1万前後です。

1級で7万円と聞いた時点で
卒倒しそうです。
もし審査に落ちた場合、
もう一度7万円を支払えというのでしょうか?

質問者様が何のために空手をやっているのかは分かりませんが、
できれば全国組織の空手に切り替えることをオススメします。

月5千円というのは親子割りで一人5千円なのではないですか?
いずれにせよ月単位でみれば普通ですね。

剣道(道場によって差があり)3,000
体育館の剣道は無料
合気道(道場によって差があり)3,000
極真空手系(道場によって差があり)10,000
伝統空手系(道場によって差があり)6,000
柔道(講道館系)500(保険料)
空道(道場によって差はないかも)6,000
少林寺拳法(道場によって差はないかも)3,000

極真系だけが異常に高いのが分かると思います。
ちなみに審査料で2万を超える流派は初めて知りました。

目的がセルフディフェンスなら
辞めることをオススメします。

色々やっていて思ったのですが、
その道に一途にはまっている先生は
喧嘩という実践を軽視しすぎ、
スポーツ化された空手に慣れすぎ、
自分最強という先生が少なからずいます。

プロレスの藤原組長は
「俺は素人と喧嘩したら負けるかもしれない」
こういっている通り、
強さではなく色々な意味で怖さを学ぶべきだと思います。

ポケモン博士です。

他の回答者も既に書いてある通り異常な高さですね。

得てして個人道場とはそういうものです。
道場経営が先生の所得になるので。

全国組織された流派で、それだけの価格を取られれば
誰もやらないですからね。
柔道や剣道等の国技で言えば
数千円、

極真、空道でも1万前後です。

1級で7万円と聞いた時点で
卒倒しそうです。
もし審査に落ちた場合、
もう一度7万円を支払えというのでしょうか?

質問者様が何のために空手をやっているのかは分かりませんが、
できれば全国組織の空手に切...続きを読む

Q日本人はいつから回し蹴りを使うようになったか

お世話になります。

確か、昔の日本人の武術には回し蹴りが存在しなかった
と記憶しているのですが、
日本人格闘家が一般的にムエタイの様な回し蹴りを
使う様になったのはどの時点からなのでしょうか?

例えば現在は極真空手が空手では一番メジャーかと思いますが、
数十年前までは存在せず、昔ながらの琉球空手や(古流)柔術等では
ヒザを抱え込んでから
まっすぐ伸ばして足の裏で突くタイプの蹴りという
印象が強いです。
骨法ではスネをぶつける回し蹴りがあったらしいのですが、
昔は一子相伝だったはずで、一般的な格闘家の技とは
言い難いと思います。

そんなに詳しくもない私ですが、
数十年前、日本人対ムエタイの抗争の構図が出来て、
キックボクシングが誕生した頃、
藤原 敏男さんが活躍したという様な時代から始まった
技術革新なのではないか…なんて個人的には
思うのですが…?

Aベストアンサー

こんにちは。
多分、おっしゃるようにムエタイが広まった頃じゃないでしょうか。

日本の古流武術では、柔術は元々甲冑を着用した状態を想定しています。
甲冑を着ると動作が重くなるのと、強打してもあまり効果がないので、有効な点をピンポイントで攻撃するか、関節を固めて動けなくしてしまう方が勝ります。
江戸時代になり、甲冑を着なくなっても、古流は対日本刀を中心に発展しましたので、回し蹴りは動作が大きく剣術で見切る目を供えた相手には非常に不利なのと、和服では大きく足を広げるのが結構厄介ですので、使いにくかったと思います。
#袴ならまだいいけど、着流しでは裾が足に絡まってしまいます。

なので、少なくとも明治中期頃までは使う人はまずいなかったでしょう。
一部の流派で技としては存在していた可能性はあると思いますが、使いにくかったと思います。
洋装が定着して、日本刀も無くなってから、となると戦後でしょうね。
それから、骨法は今伝わってるのは1派だけみたいですが、昔は真田骨法を始め、xx流骨指術とか結構あったようです。

Q極真空手の興業色について

極真会館の某道場に通っている学生です。
前からずっと気になっていたことなのですが、極真はなぜこんなにも金儲けをするのでしょうか?お金の徴収について例を挙げると
・入会金 15000
・月謝  10000/月
・総本部登録料10000/年
・審査料 8000/回
など。あれこれと名目をつけてお金を取ります。自ら興す大会などでは
・プログラム代 2500
に始まり体育館の入り口で自社グッズの叩き売りを行っています。はっきり言ってプログラムすらこんなに高い金額で売る所なんて聞いたことがありません。オリンピック種目にあるような一般の競技でも、大会のプログラムぐらい無料で配布しているのが殆どです。
"道"を習うには費用かかると言いもしますが、一方では300円/回で習える弓道があるなど一概にそうとも言い切れません。一流の有段者が質素な生活の中で弟子を育てる事等も少なくは無い話です。

とするならば、極真会館は商売で空手を教えているのでしょうか?大山総裁のこの辺りについての教えとはどのようなものだったのでしょうか?
また分裂した流派の中で、興業色が薄く質素に道場運営が営まれ、人の道について(比較的)厳格な指導が行われている流派はどこになるのでしょうか?

極真会館の某道場に通っている学生です。
前からずっと気になっていたことなのですが、極真はなぜこんなにも金儲けをするのでしょうか?お金の徴収について例を挙げると
・入会金 15000
・月謝  10000/月
・総本部登録料10000/年
・審査料 8000/回
など。あれこれと名目をつけてお金を取ります。自ら興す大会などでは
・プログラム代 2500
に始まり体育館の入り口で自社グッズの叩き売りを行っています。はっきり言ってプログラムすらこんなに高い金額で売る所なんて聞いたこ...続きを読む

Aベストアンサー

nakedking007さん、こんにちは。
ボクも極真習ってます。ちなみに修行歴17年の3級です。
途中、仕事の事情で長く休会していました。
確かに何かとお金がかかりますね。
少しボクの思うところを書いてみたいと思います。

まず、道場経営と大会運営はちょっと視点が違う面もあります。
道場経営自体は決して楽ではないと思います。
本職を別に持った上で指導されている方も少なくありません。
空手の指導だけで食べていける方はごく僅かなのが現実です。
我々一人一人にとっては決して安くない月謝も、
道場経営という視点から見れば、逆に高くないし楽なものではないと思います。

次に大会運営についてです。
ボクも大会を見に行きますが、やはりグッズやパンフレットの
価格の高さに驚きます。もうパンフは何年も買っていません。
でも、大会は会場費の他に、企画運営会社を始めとする様々な
見えにくい経費がかなりかかっていると思います。
道場生の手伝いなどを動員して運営していますが、
プロの興行に比べれば稚拙な面があるのは否めません。

道場経営と大会運営の両方でネックになるのが、
やはりアマチュアの団体であるということだと思います。
つまり、プロの興行ほどスポンサーや協賛金が得られにくく、
大掛かりな後援会などができないということだと思います。
他にもボクらが計り知れないことがたくさんあるだろうし、
金回りに関しては、楽ではないだろうなぁと推測します。

ボクもnakedking007さんと同じ感覚を長らく持っていました。
でも、小さな会社を経営するようになった今の自分の目から見ると、
こんなものではないかなぁ?と思うようになりました。

私見ですが、大山総裁の存命中は、まだまだ若い人の人数も多く、
格闘技も今ほど「総合」やら「柔術」やら「K-1」などが
盛んではなかったので、常に相当な人数の入門者がありました。
また、当時は支部・分支部などもとても少なくて、身近な道場が
あまり無かった代わりに、一つの道場の人数は多かった時代だと思います。
なので、丼勘定での道場経営もできていたし、道場を出せる
くらいの方であれば、かなりの指導者だったと思うので、
それなりに繁盛していた時代だったと思います。

と言うことで、私は高いか安いかと聞かれれば高いと思います。実際。
でも、その分大山総裁の築いた極真空手を学べる幸福を実感しています。
若い人にはちょっと実感しにくいかもしれませんが、
大山総裁は本当にすごい人だったと思います。
ただ単に強くなりたいということであれば、前述したような
格闘技の他にも、ボクシングや合気道もあります。
でもボクは、「心身を練磨し克己不抜の心技を極められる」
のは極真だけだと思っています。あくまでもボクはです。

最後に付け加えれば、一番安く習える格闘技は、
警察署などで教えている剣道や柔道ではないかなぁと思います。

いろいろと悩みや懐事情もありますが、ボクは極真が大好きです。
7月に交流試合に出ましたが、これからもずっと向上したいです。
nakedking007さんも、どこの道場でも、どんな流派でも、
どんな格闘技だったとしても、頑張って心と体を強くしましょうね!

nakedking007さん、こんにちは。
ボクも極真習ってます。ちなみに修行歴17年の3級です。
途中、仕事の事情で長く休会していました。
確かに何かとお金がかかりますね。
少しボクの思うところを書いてみたいと思います。

まず、道場経営と大会運営はちょっと視点が違う面もあります。
道場経営自体は決して楽ではないと思います。
本職を別に持った上で指導されている方も少なくありません。
空手の指導だけで食べていける方はごく僅かなのが現実です。
我々一人一人にとっては決して安くない月謝も、
...続きを読む

Q極真空手は弱い?

極真空手は弱いと某サイトでたくさん書かれてました。
自分からすると強そうに思えるんですが、なぜ弱いとされているのでしょうか?顔を殴られないからでしょうか。極真が弱いから、武蔵が負けてるのでしょうか?
極真の弱点などを教えてください。(極真が弱くないと思う方も是非教えてください)

Aベストアンサー

極真は弱くないですよ
ただ極真ルールに特化してますから
ルールによっては対応できなかったりします。
簡単に書くと
キックボクシングルール:顔面へのパンチ、肘打ちがあるため
            極真の間合いでは対策が難しい
総合ルール:タックルなどテイクダウン対策は練習していないと
   対策は難しい、またテイクダウンされると寝技対策を
   練習しなければ防げない
柔道ルール:打撃使えない
ボクシングルール:顔面への突きのみだとバリエーション
         が乏しくその間合いで戦うことに
         慣れていない


人気Q&Aランキング