相すみません(あいすみません)
の「あい」って何のためにつけるのですか?それ自体になにか意味はありますか?

A 回答 (3件)

この場合の「相」は、「互いに」とか「共に」の意味では無く、


「語調を整える」とか「語勢を添える」為だそうです。

要するに漢字に意味は無いと言う事ですね。

「相すみません」
と同じような例を挙げるなら、
「爽やかな季節に、相成りました」
と言うような場合です。
    • good
    • 3

http://fortune.dyndns.org/~for_tso/harumi/conv/c …
今は変更になったそうです。

「あい」とは、動詞の前について、やや改まった言い方にする

「あいすみません」
これは変な表現です。
「あい」があらたまった言い方なのに、「すみません」
これが簡略語です。
    • good
    • 2

辞典で調べれば、同様のことが載っているかと思いますが、参考までに。



相:語調を整え、後に続く動詞の意味を強める

という意味があります。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q愛の手帳(東京都療育手帳)の有効期限について

ネットにて確認したところ、
「愛の手帳」に有効期限はありません。ただし、18歳に達した場合は、更新の判定を受けて、手帳を書き換えていただくことになっています。
18歳未満の方の場合は、3歳・6歳・12歳に年齢更新の判定を受けていただくことになっています。
と、うたってありました。
「有効期限はありません」 しかし、「更新の判定を受けてもらう」・・・?
どういう意味なのでしょうか。理解出来ません。
例えば、10歳で申請して手帳を取得した、として、12歳になったとき、さらに、18歳になったときに、
知的障害に値するか、もう一度審査する、ということなのでしょうか。つまり、10歳で手帳を取得出来ても、12歳で、手帳返却ということもありうる、ということでしょうか。
仮に更新手続きを無視した場合、どうなってしまうのでしょうか。
もし、分かる方がいらっしゃれば、教えて頂きたく、何卒、お願いします。

Aベストアンサー

療育手帳制度は法令上の根拠はない通知行政の産物であり、国が定めた「療育手帳実施要綱」を基本として、各都道府県・指定都市がそれぞれ独自に要綱等を定めて交付していますので、再判定についても全国統一の運用ではありません。

もともとの国の要綱では、「(年齢に関係なく)2年ごとに再判定を実施するのを原則とする」とされていますが、これをそのまま実施したのでは、判定件数が膨大なものになってしまって、実務上、とても対応できないので、各自治体とも、年齢が上がるほどに、再判定までの期間を長くするというアレンジをして実施しています。

うちの県の場合だと、「6歳未満は毎年、6歳~12歳までは2年に1回、13歳~18歳は3年に1回、18歳~49歳は5年に1回又は10年に1回、50歳以上は再判定不要」といった感じですが、東京都や関東各県は、18歳又は20歳以降は全て再判定不要という扱いにしているようです。
(人口が多いので、とても成人の判定までしていられないということでしょう。)

次期判定予定日を過ぎた手帳も失効はしませんので、次期判定予定日を過ぎてから再判定を受けた場合でも、手帳の新規交付ではなく、継続扱いになります。

ただし、次期判定予定日を過ぎた手帳で各種割引きを受けることができるかどうかというのは、それぞれの交通機関等事業主体の裁量次第であり、割引きが受けられないという可能性は高いです。

再判定で、重度から非該当に変わるというような極端な変化は普通はないですが、軽度が非該当に変わるとか、重度が中度に変わるなど、1ランク程度の変動は、結構よくあります。

療育手帳制度は法令上の根拠はない通知行政の産物であり、国が定めた「療育手帳実施要綱」を基本として、各都道府県・指定都市がそれぞれ独自に要綱等を定めて交付していますので、再判定についても全国統一の運用ではありません。

もともとの国の要綱では、「(年齢に関係なく)2年ごとに再判定を実施するのを原則とする」とされていますが、これをそのまま実施したのでは、判定件数が膨大なものになってしまって、実務上、とても対応できないので、各自治体とも、年齢が上がるほどに、再判定までの期間を長くす...続きを読む

Q[国語] 「大きい」→「大きな」、「小さい」→「小さな」 (連体詞、それとも......?)

形容詞である、「大きい」、「小さい」は、名詞の修飾語になるとき、「大きな」、「小さな」に変化しますよね。

(1) これは、形容詞の活用形の例外ケースなのでしょうか?(一般的には、「....な」に変化するのは形容動詞のはず)
それとも、「大きな」、「小さな」は形容詞ではなく、連体詞なのでしょうか?

(2) このような例外(変則)ケース(= 形容詞の「....い」が「....な」に変化する)は他にありますか?
「大きい」、「小さい」以外に思い付かないのですが。


下記の2つのページを読んだのですが、文法の解釈が一意ではないようで、どれが「正解」(正論)なのか、判断がむずかしいところです。

[ 修飾語 連体詞・副詞 ]
http://www.geocities.co.jp/NeverLand-Mirai/3032/kb-syushokugo.html#rentaishi-toha

[ - goo辞書 - ]
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%CF%A2%C2%CE%BB%EC&kind=jn&mode=0&jn.x=48&jn.y=11




[ Google 検索: 形容詞 形容動詞 連体詞 修飾語 活用 ]
http://www.google.co.jp/search?q=%E5%BD%A2%E5%AE%B9%E8%A9%9E+%E5%BD%A2%E5%AE%B9%E5%8B%95%E8%A9%9E+%E9%80%A3%E4%BD%93%E8%A9%9E+%E4%BF%AE%E9%A3%BE%E8%AA%9E+%E6%B4%BB%E7%94%A8&ie=UTF-8&oe=UTF-8&hl=ja&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja

コメントお待ちしております。

形容詞である、「大きい」、「小さい」は、名詞の修飾語になるとき、「大きな」、「小さな」に変化しますよね。

(1) これは、形容詞の活用形の例外ケースなのでしょうか?(一般的には、「....な」に変化するのは形容動詞のはず)
それとも、「大きな」、「小さな」は形容詞ではなく、連体詞なのでしょうか?

(2) このような例外(変則)ケース(= 形容詞の「....い」が「....な」に変化する)は他にありますか?
「大きい」、「小さい」以外に思い付かないのですが。


下記の2つのページを読んだので...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

 諸説存在するようですが、一般的には、以下のように解釈されていると思います。
 学校文法では、「大きい」は形容詞、「大きな」は「この」「その」などと同じ範疇である『連体詞』に分類されています。「大きな」が『連体詞』とされる理由は、「大きだ」のように活用せず、常に連体修飾のみに用いられているためです。「大きな」を『形容詞』と考えるのは問題があります。「大きな」などの場合はたまたま対応する「大きい」がありますが、これ以外の『連体詞』、例えば「ひょんな」には対応する『形容詞』がありません。
 「大きい」と「大きな」が両方存在するのには歴史的な理由によるものです。もともとは「大きな」のもとである『形容動詞』「おほきなり」が使われていたのですが、後に「大きい」が生じたため、「おほきなり」のほうはもっぱら連体形「おほきなる」が使われ、「る」が脱落して「大きな」として定着したようです。つまり歴史的に見れば「大きな」は形容動詞だったということになります。
 しかし現代語では活用しないので、「大きな」は分類の上では形容詞ではなく連体詞ということになります。

こんにちは。

 諸説存在するようですが、一般的には、以下のように解釈されていると思います。
 学校文法では、「大きい」は形容詞、「大きな」は「この」「その」などと同じ範疇である『連体詞』に分類されています。「大きな」が『連体詞』とされる理由は、「大きだ」のように活用せず、常に連体修飾のみに用いられているためです。「大きな」を『形容詞』と考えるのは問題があります。「大きな」などの場合はたまたま対応する「大きい」がありますが、これ以外の『連体詞』、例えば「ひょんな」には対応...続きを読む

Q愛の手帳の再申請について( 長文です。)

こんにちは。現在、中学2年生で、特別支援学級に通う娘の母親です。

同じ環境にいらっしゃる保護者の方や、専門家の方に、お暇な時にでも、お読み頂いて、
体験談や、アドバイスなど何でも構いませんので、お話しを頂きたいと思いました。

私の娘は、現在、WISC-IVの結果ですが、全検査73、言語理解72、知覚推理85、
ワーキングメモリー82、処理速度76です。

幼児の頃から、発育は良かったのですが、発達の方が言葉を含め、ゆっくりな子でした。
それを個性と認めて保育園で過ごし、保育園の先生の勧めもあって福祉センターへ通い、
指導を受けていた時機もありました。

小学校に入学して、まもなく場面緘黙の症状が、あることに気付いていました。
小1の2学期から、通常学級に在籍しながら、週1度だけ、通級指導学級へ通っていました。

この頃は、家庭では、幼くは、ありますが必要なことや、学校でのことを話したり、
聞いたりすることが、出来るのに、学校に居る間は、全くといって過言ではないぐらい、
先生やお友達と話すことは出来ませんでした。

通級指導のおかげもあって、今まで強かった緊張も少しずつほぐれて来た頃でしょうか、
2年生になった日のこと娘から、「お友達と話すとき言葉が、すぐ出て来なくて困る。」と聞き、
これが教育センターでの指導や発達心理の科に通院するきっかけでした。

主治医の先生には、現在も診断内容は、当時と変わっていませんが、境界知能で、
学習障害(話す、計算する。)があると言われています。他の発達障害の診断はなく、
パニックになることも、お薬を飲んだことも、ありません。

小学3年生になった頃、在籍していた学校の校長先生が変わり、
「この学校に特別支援学級があるのだから。」と、
うちの子のクラスでの様子を踏まえた上での、通常学級ではなく特別支援学級を勧められては
いたのですが、本人の希望もあって、お断りをさせて頂いていました。
今、思えば担任の先生もクラスのお友達も、とても優しく、理解あっての小学校生活だったと
思って、感謝しています。

けれど、やっぱり5、6年生になると委員会活動等、色々な場面で、厳しかった様です
帰って来ては、泣いている日々がありましたから。

うちの娘は、ひとりっ子で、学校意外でも外で人とコミュニケーションをとることが、苦手です。
けして、嫌いではないのですが、言葉の壁が邪魔をするといった感じで、対人すると、
うつむき加減で、なかなか目を合わせる勇気が、ない様子です。

でも、絵を描くことを得意としていたり、携帯のメールや、通信するゲームでのチャットは、
とても好きで、スムーズに出来るんです。後、慣れた子とは、仲良く、遊べます。

中学校へ入学する時は、本当に悩みました。もっと本人にとってハードルが高くなるでしょうし、
いじめや、不登校になってしまったらどうしようという点と、それとは裏腹に、今まで頑張れて
来れたんだから、また同じ環境でも、何とかやっていけるのでは?という葛藤ですね。
通常学級と通級指導クラスも、特別支援学級も本人と見学して、特別支援学級に決めました。

進路や学習面への不安は、今もずっとありますが、将来的には、何らかの支援を受けさせて
頂かなければ厳しいと感じたからです。

去年の12月に、「愛の手帳」の申請に行ったのですが、非該当になりました。
また中学を卒業する前までに再申請を考えていますが、
やっぱり初めに該当されなかったら、「愛の手帳」の取得は難しいのでしょうか?・・・
学校の個人面談で手帳の話しを担任の先生から、されるようになってきたのですが、
知的で取れなければ、精神の方で、ということまで聞いているところです。

この先の進路のことも考えると手帳は必要とは思いますが、どの様にすることが望ましいのか
また精神の方での手帳も、取得できなかった場合は、どうなるのかという不安も、あります。

長文・駄文で、申し訳ありませんが、どうぞ宜しくお願い致します。

こんにちは。現在、中学2年生で、特別支援学級に通う娘の母親です。

同じ環境にいらっしゃる保護者の方や、専門家の方に、お暇な時にでも、お読み頂いて、
体験談や、アドバイスなど何でも構いませんので、お話しを頂きたいと思いました。

私の娘は、現在、WISC-IVの結果ですが、全検査73、言語理解72、知覚推理85、
ワーキングメモリー82、処理速度76です。

幼児の頃から、発育は良かったのですが、発達の方が言葉を含め、ゆっくりな子でした。
それを個性と認めて保育園で過ごし、保育園の...続きを読む

Aベストアンサー

支援学校教員です。

大変素晴らしい環境と、理解のある保護者に恵まれているのですね。そして、本人の頑張りもある。

それ故に、彼女にとって「一番必要な支援」を受ける手段=「手帳の所得」が難しくなっている。皮肉なことです。

>知的で取れなければ、精神の方で、ということまで聞いているところです。

それも手段の一つなのですが、その前に「非該当の不服申請」を行ってはいかがでしょうか?

実際に、発達検査の数値には現れない「周りの支援があるからこそできている事象」などを「項目」として具体的にあげられてはいかがでしょう?

例えば「公共交通機関の一人での利用ができない」など。中学2年生ならば「できるであろう」事がらで「周囲の支援がなければ、彼女にとって難しい」ことをあげるので。

それらを書面にして、福祉課に再度、相談してみてください。

ご参考までに。

Q「言う」を「ゆう」 「すみません」を「すいません」とゆうのはそんなに頭が悪そうに見えますか?

行くをゆくとゆうのはなぜ許されるのですか?

正直日本語なんてコミュニケーションが取れればいいし

こうゆう些細なことでイライラする人がいますが時間の無駄だと思うのですが

Aベストアンサー

「服装の乱れは心(あるいは規律)の乱れ」と言われるように、言葉も含めて常にきちんとしておかないと、それがその人の規律・姿勢・資質になって現れてくるんです。よくないモノに染まっていれば、自然と堕落していきます。

また、人は第一印象が大事です(言葉遣いも含めて)。初対面で受けた印象はいつまでも残ります。よい印象を取り戻すのには多大の時間と努力が必要です。わざわざ第一印象を悪く見せかけるようなことをするのは、何の得にもなりません。それでいいというのは、その人の自覚の欠如です。

Q6年前に母が病気と持病で働けなくなり、生活保護を受けているのですが、軽度の自閉症(愛の手帳あり)弟と

6年前に母が病気と持病で働けなくなり、生活保護を受けているのですが、軽度の自閉症(愛の手帳あり)弟と、4月に大学生になった妹と、二年前に持病が悪化した私を含めて今月に月14万の保護費になったのですが、生保の担当者が変わり突然児童手当が引かれた金額になりました。妹の児童手当は4月の支払いで終わり、それまで引かれなかったのですが4月に入った児童手当を4月5月6月と引かれると言われました。
4月に入った児童手当は4ヶ月に1回の支払いですのでまだ妹が高校生の頃の手当です。
今になってどうして引かれるのか分からず、この金額で暮らしていけるかどうか分からないと母が詳しく説明したのですが4月に自立になったからとしか回答がありませんでした。書類も送っているとの事でしたが母は送られてないと言っています。
妹の児童手当をあてにして4ヶ月待ってもらい家賃を払っていました。
区や家族構成なとで変わってくるとは思うのですが、皆さん大学生になる前に児童手当が打ち切りになった分が引かれるのでしょうか。
それとも、この金額が生活保護の基準という事なのでしょうか?

Aベストアンサー

>家賃は変動ないので限度額は超えていません。
住宅扶助については昨年7月に引き下げが行われました。
従来は、単身世帯、2から6人世帯、7人以上という区分でしたが、
2から6人世帯の部分が細分化されて、2人世帯は実質引き下げになっています。
ただし、3月までは妹さんが高校進学に便利だとか、お母さんや弟さんの通勤、通院に
便利という理由があれば改正前の住宅扶助が認定されています。
しかし、妹さんが世帯分離になると住宅扶助が見直され、経過措置は行われず、
現在の住宅扶助基準が適用される事になります。

まあ、現在の家賃が公営住宅などで十分に低額な場合には問題ありませんが...

QA「歩かす」と「乾かす」B「済ます」

またややこしい二問です。


A「子供が歩く」に対して「子供を歩かす」の「歩かす」は、通常、国語辞典の見出し語には載っていない。一方、「乾かす」通常、国語辞典の見出し語に載っている語である。
どうして、「歩かす」と「乾かす」では、なぜこのように扱いが異なるのか?


B「済ます」は動詞の使役形とみなすのがよいか、あるいは、日本語のレキシコンに初めから登録される語彙とみなすのがよいか、例文をあげながら論じなさい。

Aベストアンサー

A
「歩かす」ではなく「歩かせる」が正しい表記です。最言葉遣いが簡略化されていますが、その一例です。
「歩かす(歩かせる)」は歩くのは自分ではなく、他の人に命じて、その命じられた人が歩くのです。使役と言います。「乾かす」は自分が乾かすという行為をします。使役の言葉は辞書には見出し語としては出ないのが通常だと思います。

B
「済ます」は使役ではありません。後半は意味が分かりませんでした。

Q障害年金と福祉手帳の等級について

おせわになります。私は現在福祉手帳が3級と障害年金が2級になっています。
この場合福祉手帳を年金と同じ2級にしたいと思いますがどうすればよろしいでしょうか。
よろしくお願いします

Aベストアンサー

障害年金などの等級は、厚生年金保険法や国民年金法に基づくものであり、
一方福祉手帳などの等級は、身体障害者福祉法などに基づくもので、それぞれ制度趣旨が異なるため、年金の等級=手帳の等級とはなりません。
よって同じ等級にすることは難しいのではないかと思います。

年金法に基づく障害等級
http://ha8.seikyou.ne.jp/home/syoki/masaki/syogai/nenkin.html
身体障害者福祉法に基づく障害等級
http://ha8.seikyou.ne.jp/home/syoki/masaki/syogai/sinsyo.html

Q「こっつんこ」、「ちょん」、「あいたた」

 日本語を勉強中の中国人です。「おつかいありさん」という童謡の歌詞についてお聞きします。
http://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/otsukaiarisan.html

1.「こっつんこ」はどういう意味でしょうか。
2.「ちょん」とはどんな様子でしょうか。
3.「あいたた」はどういう意味でしょうか。

 また、質問文に不自然な日本語の表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

1
頭と頭がぶつかるのを 「ごっつんこ」「ごっつん」といいますが
蟻なので 軽めの「コッツン」
杖を付く音、靴の音はコツコツ コッツン などが多いです

2
「軽く」「痛くない」という感じ
「突く」ことを「”ちょん”とする」と言う事もあります

3
あー! 痛い痛い

日本人は 痛いときに ”イテテテ”と言います
痛いという意味ですが 実は痛くない場合もあります(笑)
座っていて腰が重くなった後 立ち上がりながら
イテテテテ___ みたな感じですね

本当に痛かったら 叫びますから。

Qおすすめの手帳は??

女子大生です。新しい手帳を買いたいと思います。
私は今年からシステム手帳にしようと思います。
おすすめを教えてください。
できるだけ沢山教えてください。

Aベストアンサー

さまざまなシステム手帳がのっています。こちらをご参考ください。

参考URL:http://bt.jmam.co.jp/bizstyle/index.html

Q「~かに...」と「~かのように...」

こんばんは。文法の質問です。
「~かに...」 例:歌っているかに見える
「~かのように...」 例:歌っているかのように見える
この二文の違いは何でしょうか?実は今まで前者の言い方を知らず少し戸惑っております。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

表現としては
「~かに」のほうがちょっと古めかしいニュアンスがある、くらいの違いで、特に意味の違いや用法の違いはないでしょうね。

古文では文全体を助詞で受ける表現がありますね。
例えば、中学一年生でよく暗誦させられるものに『竹取物語』がありますが、その一部に

(例)あやしがりて寄りて見るに
(口語訳:不思議に思って近づいて見てみると)

がありますが、これは、「あやしがりて寄りて見る。」というふうに、ここだけで完結した「文」ですよね。
これを助詞「に」で受けているわけです。

「歌っているか?」というこれだけで完結している(この場合は疑問文)文を「に」で受けているわけです。
したがいまして、やや「~かに」のほうが「~のように」よりも古めかしい感じがする、と思うわけです。

ちなみに、品詞の違いとしては「~かに」の「に」は助詞、「~かのように」の「に」は助動詞「ようだ」の連用形活用語尾ですので、「違いは?」という問いには品詞の違いがある、と答えることもできます。


人気Q&Aランキング