外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

先月、大阪府内より大阪市内に引越しました。
昨日、引越し先で地元の小さな祭りがあり、小さなみこしが出て
町内をずっと練り歩いていたのですが、夕方に家のチャイムがなり、
「お祭りの花代をもらいに来ました」といわれ、お金を払うことになりました。今までも何回も引越していろいろな地域に住みましたが、こんなことは初めてで、おおよその金額を聞いても「人それぞれです」といわれるだけで、家に現金が全然なかったため、なけなしの500円を手渡したのですが、夜になって、またチャイムがなり、今度は別の人が花代を請求しに来たのです。
すでに、別の人が来たことを告げると、「それはまた別のところです。今日は6箇所くらいが出てますから」といわれ、またお金を払うことになりました。(本当にお金がなくて300円を渡しました。。。)

お花代の相場っていくらくらいですか?
封筒に入れて用意しておくべきものですか?

わたしはその後、本当に現金がなかったので電気を消して居留守を
使いましたが(。。;)家にいなければ払わなくていいものなのですか?

お祭りと言っても出店があるわけでもなく、みこしも夜10時ごろまで太鼓をならしてまわって、小さい子供のいる我が家には迷惑なくらいなのにお金まで取られるなんて。。。
意味のあるお祭りなのだろうとは思いますが、あまりに突然でしたので
驚きました。
花代の意味や、使途なども教えていただけるとうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

アンサープラス

花代を指して「お花」(おはな)と言うこともあるようですが、全国的な相場はなさそうなので、近隣の方に確認するのが良いですね。



・お花 wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E8%8A%B1

A 回答 (3件)

はじめまして!


地域によって祭りの寄付の集め方は、違います。
祭りによっては、地域(町内)毎に神輿や山車を出して行っているところもあります。
普通、花袋は紅白の熨斗袋を用います。
上に「御花」と書き、下に自分の住んでいる町内名と貴方の名前を書きます。
地域によっては、「御神燈」・「御神酒」おみきと書く場合もあります。
袋には、1000円くらいが普通ですが、自町内と他町内とで差をつける場合もあります。
各町内に1000円で6町内分で6000円で済むとは、うらやましい限りです。
私の場合は、役付きですので数万円毎年かかっています。
祭り事は、地域の行事で無形文化財の指定を受けているのであきらめています。
集めたお金の使用用途は、祭りに使う神輿や山車の修理代や製作代、運行許可手数料、運行安全保険料、参加者の弁当等の給与代、祭り準備の打ち合わせ会議等に主に使われます。
祭りの規模によって数十万円~数百万円かかるそうです。
ちなみに私の住む所の夏まつりには、灯篭を出します。
費用は、一千万円以上かかっています。
ご参考まで
    • good
    • 22
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました!
地域差があるとは言え、毎年数万円とは驚きました。
封筒入れて用意しておくものなのですね。
でも、来年からは居留守を決め込んでしまいそうです。。。
なにしろ、まだ引っ越して1ヶ月もたたないので
その祭りが1年に1度のものなのかもわからない状態です。
今後は、自治会費と思って諦めます。。。
ごていねいなご回答、ありがとうございました!

お礼日時:2007/09/12 09:28

夏におばあちゃんちに行ったとき同様のことがありました。


まず花代と言って一本1600円払い造花の花を置いていきました。
皆さん玄関のそとにに飾ります。何本も買う人もいます。
次にぽち袋に1000円から2000円の現金を入れておいて
色んな地区に分かれて作られた山車が家の前に来ると
代表者(きちんとウエストポーチをしている)に渡します。
すると山車は家の前で止まり笛や太鼓で一曲披露する・・。
お祭りにもお金がかかるということです。なので寄付を募ってるというわけです。地域の繁栄を意味する祭りなので地域のみんなで負担しましょうってことだと思います・・。昔からの暗黙の了解ですね・・。
断ることも可能だと思いますがやはり波風立たないように少し納めたほうが無難かと思います。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

回答、ありがとうございました!
花代というだけでも、結構な金額がかかるものなのですね。
そういう風習すら知らなかっただけに、心の準備もできず
金額の予想もつかなかったので本当に困りました。
うちの場合は、造花はなく、「御花御礼」と書かれた紙を
1枚置いていきました。。。
家の前の道が狭くてみこしも通れないのに人だけが来て集金していきました。。。
町内の行事なだけに断るのも勇気がないのでやはりほぼ強制的に払うことになるのでしょうね。
貴重な体験談、ありがとうございました!

お礼日時:2007/09/10 16:37

地域のお祭りはそれぞれの地域によってとっても違いがあるのが普通。

一概にそれはこうだ、とは言えませんので…
どこの地域か知りませんが、地域の自治会、班長、年番さんのような方に聞くのが一番では?
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。
花代というものをまず初めて聞いて、ビックリしてしまいました。
この地域にずっとある風習なら引っ越してきたばかりで
ケチをつける感じに取られないかと心配でしたが、
やはりお祭りなんかは特に地域性の高いものですし、
ご近所に聞いてみたほうがいいかもしれないですね。
アドバイス、ありがとうございました!

お礼日時:2007/09/10 16:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q秋祭りの御花(ご祝儀)について地域でどの様に異なるのでしょうか?

毎年、この季節に各地で秋祭りが行われてますが、その時に「御花(ご祝儀)」という物を“チョウサ(御輿とか、獅子舞)”が各家庭・お店を廻って“御払い”をする時にご祝儀としてお収めてもらってます。
これって香川県独自の風習なのでしょうか?

私(香川県)の地元では秋祭になると各自治会が“チョウサ”を神社まで練り歩きながらお店・各家庭を御払いしながら廻って行く習わしなのですが
妻(宮崎県出身)が「お店・各家庭を御払いしながら御花(ご祝儀)を集めるって聞いたことが無い」と言います。

言われてみれば、子供の頃から祭では神社までの道を練り歩きながら各家庭を御払いして廻り、ご祝儀を払うのを何の疑問も無くやってきていたので普通に考えていたのですが、おかしい事なのでしょうか?



皆さんの地域ではどの様な感じですか?
※出来れば、どの辺にお住まいなのか四国、関東、北陸、九州みたいに大まかに地域をお書き添え頂けたら参考になります。

お手数ですが、よろしくお願いいたします。

P.S.
書き出しで「香川県では…」と書いてますが、同じ香川県でも地域により全然、異なるかもしれませんので悪しからず。

毎年、この季節に各地で秋祭りが行われてますが、その時に「御花(ご祝儀)」という物を“チョウサ(御輿とか、獅子舞)”が各家庭・お店を廻って“御払い”をする時にご祝儀としてお収めてもらってます。
これって香川県独自の風習なのでしょうか?

私(香川県)の地元では秋祭になると各自治会が“チョウサ”を神社まで練り歩きながらお店・各家庭を御払いしながら廻って行く習わしなのですが
妻(宮崎県出身)が「お店・各家庭を御払いしながら御花(ご祝儀)を集めるって聞いたことが無い」と言います。

言われてみれ...続きを読む

Aベストアンサー

大阪です。どちらかというと奈良県に近い方です。
各地区の青年団と町会が秋祭りの主催者です。

祭りの一ヶ月前頃から
地区の代表者達が各家を訪問して
祭りの「お花」(お金)を頂戴します。
お花を頂いた家の名前を「お花御礼」として
祭りの会場に名前を張り出します。
昔は<だんじり>(神輿)を各家の前につけて
その時に「お花」を頂戴すれば
家の苗字を言って「○○様よりお花頂戴しました!」
「○○様のご健康と御幸福をお祈りいたします!」
と言いながら<だんじり>の太鼓を叩き笛を吹いてくれたそうです。
でも今は交通事情や住宅事情もあり
祭りの前に「お花」をもらいに歩くことになったみたいです。

我が家はたまたま<だんじり>が休憩する駅の広場のすぐそばで
自営業をしていますので、
可能な限り今でも
祭り当日に、<だんじり>に直接お花を渡すようにしています。
大きな<だんじり>が止まってくれて
青年団の人達がうちの屋号を大声で言ってくれると
本当にうれしいものですよ。

Q町内会のお祭りの寄付金

今度の土曜日に町内会の夏祭りがあります。
寄付金を出すのですが、どんな袋に包めばよいでしょうか?どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

のちのち「○○さー、袋はたいそうだったけど中身は○○だったんだぜー」みたいな場面を知っています。
だからってわけじゃありませんが、こういうときは質素な袋で寄付をされるのが「粋」ってもんです。

Q夏祭りの祝儀について

夏祭りの祝儀について
仕事でお世話になってる会社から、夏祭りの招待状が届きました。
あいにくその日は仕事の予定が詰まっていますので、気持ちだけですが祝儀をお渡ししたいと考えています。
その際、祝儀袋の表には何と書けばよろしいのでしょうか?
なにぶん不慣れなものでよくわかりません。
ご存知の方がおられましたら、ご教示くださいますようお願いいたします。

Aベストアンサー

>夏祭りの祝儀について


規模や前例が分かりませんので推察ですが・・・


◇丁重に招待へのお礼と欠席のお詫びをする。(遠方の場合は、封書)


祝儀袋の表には何と書けばよろしいのでしょうか?

◇「夏祭り協賛金」または「お祝い」

金額は、1,000円~2,000円を新札で入れます。
(清酒やカルピス等の現物を場合によっては同時にお届けします)
もしも、他の聞ける方がおられたら、相談して金額で合わします。

Qお祝いの貼り出し

 お祭りに招待された方が「お祝い」「寸志」などを持参されたときに、本部に半紙などで「金一封」とか書いて貼り出します。この貼り出しの「様式」「記入内容」などご存知の方教えてください。今年の夏祭り役員になりましたが要領が今ひとつで不安な状況です。

Aベストアンサー

役員さんなんですね。裏方は祭りもただ楽しむわけにもいかず大変ですよね。お察し申し上げます。
さて、私の住む地域では、こうしています、というご紹介ですが(様式も色々あるのでしょうが)・・・

貼り出す紙に縦書きで、寄付の内容、と、ご芳名をフルネームで書きます。
 例)金参万円也 ○村△彦様     清酒壱升 ○田△夫様
半紙の大きさでしたら、その下絵(背景)として「朱書きのエビのデザイン」を簡単に書き入れておきます。
 *「朱書きのエビのデザイン」=>纏の紐を束ねたような意匠のもので、
   WEB上でなかなか発見できず・・・名前も分かりません、すみません。
   参考URL↓の御祝儀袋(二番目)の右上のものが一番近しいのですが・・・。
   紐にしかみえませんが、もともとは伊勢エビの図案だそうです。
   

貼り出す順番は、左隅にまず「○×祭寄付者御芳名」など標題を貼り付け、
続いて上段右から左、左端まで埋まれば下段右から、と、金額が高い順番に貼り付ける。
 例)清酒壱升 <= ビール(大)壱ケース <=  壱万円 <= 参万円 <= 伍万円 ・・・など

寄付がバラバラと集まるような場合は、あらかじめスペースを空けておくなどされた方がいいかもしれません。

また、雨や夕立の可能性がある場合、1枚ずつビニールに入れた上で画鋲留めする、
もしくは貼り付けた板全体を、透明なビニールクロスを覆うなどご一考されたほうがよろしいかもしれません。
(前者の場合、安価に上がりますが湿気で曇ると字が見えなくなります)

以上、ご参考まで。役員さん、頑張って下さい!

参考URL:http://olive.zero.ad.jp/pyonpyondo/page033.html

役員さんなんですね。裏方は祭りもただ楽しむわけにもいかず大変ですよね。お察し申し上げます。
さて、私の住む地域では、こうしています、というご紹介ですが(様式も色々あるのでしょうが)・・・

貼り出す紙に縦書きで、寄付の内容、と、ご芳名をフルネームで書きます。
 例)金参万円也 ○村△彦様     清酒壱升 ○田△夫様
半紙の大きさでしたら、その下絵(背景)として「朱書きのエビのデザイン」を簡単に書き入れておきます。
 *「朱書きのエビのデザイン」=>纏の紐を束ねたような意匠の...続きを読む

Q祭典への寄付

町内で祭りがあるため、お金を寄付しました。これは、寄付金または交際費ですか?寄付金になると証明書が必要と聞いたことがあるのですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

 町内の祭りへの寄付は、交際費でよいでしょう。

 寄付金は、国や地方公共団体、社会福祉法人、認定NPO法人などの特定の団体に支出した場合の寄付金や、政治献金が該当になります。又、特定の政治献金の場合で政党や政治資金団体に対するものは、政党等寄付金特別控除か寄付金の選択をする事ができます。

 この控除を受ける場合には、寄付した団体からの寄付金の領収書などを添付することになっていますし、特定の公益法人や学校法人に対する寄付の場合には、その法人などが適格であることの証明書または認定書の写しを添付することになります。政治献金の場合も、選挙管理委員会の確認印のある「寄付金控除のための書類」を添付することになります。

Qお花代封筒について

こんにちは。宜しくお願いいたします。

20年前から10年前にかけて世話になっていて、ここ5年音信不通だった上司が
今年4月になくなっていることがわかり、本日焼香に伺います。

お金のことですが、黒い縁取りの封筒をやめ、
不通の封筒に薄墨ペンで御花代とでもかき、お金を入れお渡ししようと
思います。
(ちなみに1万円をいれ、4名で頭割りということで、話がついています)

封筒の種類、書き方において失礼にならないでしょうか?

Aベストアンサー

>不通の封筒に薄墨ペンで御花代とでもかき…

キリスト教か何かならそれでも良いのかも知れませんが、日本人に多い仏教徒なら「御花代」はあまり使いません。
本当に花代の意味なら、スーパーで菊を中心として束ねてある「仏花」を買って持って行けばよいことです。

現金を持って行くなら「御仏前」と書いて、白と黄、または銀と白の水引がかかった不祝儀袋に入れるのが一般的です。

Q熨斗紙に何と書けばいいですか?

御祭りによばれたので、日本酒を一升手土産に持っていこうと思ってますが熨斗紙には何と書けば良いのでしょうか!?

Aベストアンサー

ご丁寧にお礼をありがとうございます。

なるほど、神輿ですか。
そう特定できると話が楽チンです。

食品・飲料などの物品なら
担ぎ手に祝意を表すための意味で「ご祝儀」。
金銭・商品券など金品なら
神輿を飾るための寄付として「花代」
をそれぞれ使います。

今回はお酒ですので、やはり「ご祝儀」が適当かと思います。

Q神社へ持参するお酒の のし書きは 「奉献」・・・?

地元の神社へ挨拶に行くのですが、
お酒を持参しようと思います。
のし紙への記載は何と書いたら良いのでしょうか。

地鎮祭は 確か「奉献」だったかと思いますが、
同じでよいのでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

神社神前への飾り物なら『奉献』、『奉納』、『御神前』など。
神社に納める(神前に供える)金銭なら『御玉串』、『御初穂』、『御神前』など。但し、『御玉串料』と『料』を付けると、神葬祭の場合の仏教における故人への『御仏前』に相当するので不可。
神社に奉納する酒類には『御神酒』、『御神前』も可。
地鎮祭での祭典後の現地飲食用供物としての酒には『神饌』または『御神酒』。この場合はお守り頂く神様の下がり物を、参拝者が共に飲食することで恩恵を分かちあう意味。

Q神社への奉納金の表書きは?

秋の大祭(敬老のお祝いも兼ねています)に奉納するときの表書きは、なんと書けばよいのでしょうか?

また、お金を入れる祝儀袋の体裁は?水引の色・形にも決まりがあればおしえてください。

ちなみに、奉納金の金額は、ほんとにささやかな額(数千円)です。

Aベストアンサー

玉串料じゃないですかねぇ?

お酒には奉と書くみたいです

参考URL:http://ww4.tiki.ne.jp/~kameyama/main.htm

Q町内のお祭りで神輿と獅子が朝と夜に廻ってきます。

町内のお祭りで神輿と獅子が朝と夜に廻ってきます。
今までは母が準備し、家の前に来ると獅子に渡していたようですが、今年はその母が亡くなり、どうすれば良いのか戸惑っています。こういった場合「喪中」を考慮すべきなのでしょうか。それとも町内の祭りとして祝うべきなのでしょうか。

仮に準備する場合、封筒サイズの祝儀袋に「1,000円」入れ、表書きは「ご祝儀」と「苗字」で良いのでしょうか。(家の町内は事前にお祭り協賛金として世帯一律2,000円集金されています。)
また、朝・夜と2回廻ってきますが、1回(朝)だけ渡せば良いのでしょうか。
アドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ドアに喪中と半紙に書いたものを当日だけ張っておけば通り過ぎます。忌中でも構いませんが、近年では概ね初七日まで、或いは本来の意味から四十九日までを忌中と言い、それ以降は喪中になります。
我が家は町内の端に辺り、私は神輿も担げないので、神輿連に休憩してもらう為に例年乾き物などで接待していましたが、義父の不幸があった年は遠慮しました。

事前に町内会に挨拶に行けば充分。喪が明けたら再び挨拶に行きます。喪明けに奉納金を納めたければ「寄付」と書いて渡せばよいです。
また今後の対応も、獅子舞への振る舞いをやる気がなければ「当面気持ちが落ち着くまで遠慮します」といえば済む事です。
それでも押しかけてきたら「遠慮するといったはずだ」と叱ればいいのです。

ちなみに世間では一年間喪中だとか言ってますが、あれは本来皇室の習いで、一般人は遠慮して50日、仏教では四十九日までが喪中です。だから四十九日を過ぎたら上記の挨拶に行けばよいです。
世間では1年間等という嘘の常識が蔓延していてこだわる人も少なくないので、一年間は遠慮しても構いませんし、本来喪中とは忌中とは異なり、悲しみが癒えるまでを言うので。何年でもよいです。

これは昔天皇が何年も喪がり小屋から出なかったので、政務が滞るから一年と決めただけのことです。で、庶民は皇室に遠慮して短くし、四十九日の法要を気に喪明けと定めただけのことです。
それが何を間違えたか、年明けに書くべき年賀状が郵便の都合で年内に書くようになり、誰かが誤解して年賀を書かないという常識を作り、葬儀の連絡をしなければ判るはずもないから喪中の人に出しても構わない筈の年賀を「書いてはいけない」というように歪めてしまったのは近代になってからのことなのです。
知っていてやらないのと、知らずに鵜呑みにするのとは大違いなので一応記しておきます。

ドアに喪中と半紙に書いたものを当日だけ張っておけば通り過ぎます。忌中でも構いませんが、近年では概ね初七日まで、或いは本来の意味から四十九日までを忌中と言い、それ以降は喪中になります。
我が家は町内の端に辺り、私は神輿も担げないので、神輿連に休憩してもらう為に例年乾き物などで接待していましたが、義父の不幸があった年は遠慮しました。

事前に町内会に挨拶に行けば充分。喪が明けたら再び挨拶に行きます。喪明けに奉納金を納めたければ「寄付」と書いて渡せばよいです。
また今後の対応も、獅...続きを読む


人気Q&Aランキング