【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

レサト 1652Rとシャウラ1652Rの違いを詳しく教えてください。
どなたか詳しい方よきアドバイスお願いします。

シャウラなんですが、どこを探しても無いのですが・・・
生産しているのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

どうも、釣りバカです。



基本的にシャウラとレサトは全く違う性格のロッドですね。とても乱暴な言い方をすればシャウラは『感度』を突き詰めたモデルで、それこそバスがルアーを「あむっ」と食った瞬間が手に伝わってまるで自分の手を「あむっ」と噛まれたような錯覚を覚えるほどです。しかし感度が良いという事は全体的に硬い、という事でサカナの突っ走るトルクを溜めるロッドであまり硬くすると折れやすくなる…という事でメガ@スやエ@ーグ◎ーン等は折れやすい、というわけですがご存知の通りシャウラはX-Biasを採用しているので結構強い、というわけ。
しかし硬いということはどこまでもビンビンで「投げ辛い!」という側面がありまして、田辺哲男なんかは「ビンビンで投げられやしねえ」とぼやくほど。実際キャスティングの基礎ができていないと飛ばないですが基礎ができていると最小限の力で驚くほど飛んでいきます。そこでレサトは『粘り』を追及したモデルとなったわけです。感度はシャウラには劣る(それでもトップクラスです)けどどこまでも粘る、それこそバス以外にもシーバスやバラマンディなんかを掛けても負ける気がしない…蛇足ながらシマノの船竿(ショート・ロッドのワンピース)はレサトのブランクを使っているのです。

個人的にはシャウラが大好きですが、癖のある竿より使いやすさを優先するのであればレサトが良いでしょう…性能が良いからと言って必ずしも良い竿とは呼べません、あなたの釣りのスタイルにあった竿がこの世で一番良い竿なんです。

どちらも行く所まで行ってしまったロッドですが、「コストが掛かる」上に「バスロッド開発をリードしていた村田基ちゃんがトラウトに移行して手を引いてしまった」影響で現在あまり生産されていないようです。もちろんカタログにバッチリ載っているので注文すれば購入できますが、結構待たされるでしょう。
個人的には△州屋のような「初心者を騙くらかすような売り方をしている店」で購入する(下手すると「そんなマニアックな商品、置いてねえ!」と切れられる場合があり)のではなく Yahoo!Shopping や 楽天市場 や Bidders 等に入っている釣り具屋さんを検索して『最安値のレサトかシャウラ』を探す事をお勧めします。一部ネットショッピング対応釣具店
http://www.fishing-you.jp/
↑例えばFishing遊(三重県)では「お問い合わせ下さい」と記していたりします。

今はバス用品は売れないので粛清しているところがほとんどですが、探せば結構あります。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
なるほど、やはりシャウラの方が感度は良いのと張りがあるんですね~

今は、張りがあるロッドを探しているのでシャウラかな~
レサトでも十分なような気がしますが・・・

ジグやテキサスを使うことも考えると、シャウラ?

今は、パンテラとウオーリアーを持っているのですが、
ウォリアーはどうもダルくて使いにくい。。
キャストはし易いですが、とにかくダルい感じがします。

パンテラは、ウォリアーよりかは、ダルさは無いのですが、
僕には柔らかすぎる・・・

って感じで、色々調べてるとシマノのロッドってどうなんだろうって。

やはり、こう考えるとシャウラ?ですかね~?

補足日時:2007/09/11 23:32
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスコーピオンシャウラについて

スコーピオンシャウラについて
こんにちは。
先日スコーピオンシャウラの2651Rを某オークションサイトにて購入しました。

バス釣りを始めて一年半そろそろタックルも初心者向きなものを卒業して、ハイエンドなものをと思い購入しました。

今まで使用していたスピニングロッドは、
コルキッシュ CKS-632L ダウンショット始めライトリグ用
アメニスタ 163-ML  1/4ozまでのプラグ、1/4OZまでのスピナーベイト
です。

シャウラについては残念ながら廃盤になってしまいましたが、シンプルなデザインや他の趣味でもなじみのあるシマノのハイエンドモデルであることからベイト、スピニングに関わらずシャウラで揃えていくつもりです。(中古で比較的安く手に入るのも魅力です。)

最終的にはスピニング2本、ベイトで2~3本をそろえ様々な釣りに対応していきたいと思い、今回購入した2652Rについてもアメニスタの後継としてライトウエイトのプラグ全般の使用を前提としたものでした。
しかし購入した2652R使用してみたところティップが思いの外しなやかで今までなじみのあるアメニスタの使用感とは異なりイメージと違うもので、慣れないためかルアーの飛距離も伸びないように感じ、今後は私に合う使用感のものへの買いなおしとライトリグ専門ロッドの購入を前提としています。


さて今回の質問の主旨はアメニスタの後継としてシャウラの中で比較的使用感の近いものはどのモデルか?
同じくコルキシュの後継として使用感の近いモデルはどれか?の二つです。
なお使用はボート5割、おかっぱり5割です。

本来なら購入にあたっては店頭等で実際に使用感などを確認し購入するべきとは思いますが、廃盤モデルであり流通量も少ないことから手に触れる機会が少なく自身で確認が難しい状況です。
またロッドの調子には人それぞれの好みがあり一概に言えないことも承知の上での質問です。


みなさまのアドバイスお待ちしております。
よろしくおねがいします。

スコーピオンシャウラについて
こんにちは。
先日スコーピオンシャウラの2651Rを某オークションサイトにて購入しました。

バス釣りを始めて一年半そろそろタックルも初心者向きなものを卒業して、ハイエンドなものをと思い購入しました。

今まで使用していたスピニングロッドは、
コルキッシュ CKS-632L ダウンショット始めライトリグ用
アメニスタ 163-ML  1/4ozまでのプラグ、1/4OZまでのスピナーベイト
です。

シャウラについては残念ながら廃盤になってしまいましたが、シンプルなデザインや他...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは

シャウラスピニング2681FFを所有しています
以前はベイト1601FFを使用しておりました

残念ながら、コルキッシュ、アメニスタの使用経験がありませんので、比較して同じタイプかどうかのアドバイスはできませんが・・

2681FFは、主にダウンショット、
岩場での0.5号(1/16Oz、約1.75g)オモリから、大場所での2.5号(5/16OZ、約9g)使用まで、
冬場から早春には、5g程度のサスペンドミノーにも使います
ロッドの標記がFF(エキストラファーストテーパー)と書いてある割には、魚を掛けた時の曲がり方は、
他社のF(ファーストテーパー)に近い印象を受けます

ティップには十分な張りがあり、ルアーを操作する時は、かなり固い印象で、
その為、思い通りの細かいロッドワークが出来ますが、
魚が掛かると、綺麗に曲がり、「奇妙に粘る」という感じ、非常にバラシにくいです
上手く文章に出来ませんが、おそらくシマノ特許のX-バイアス(カーボン繊維をクロスさせる製造法)の恩恵ではないかと・・

1601FFの方は、サスペンドミノーのジャーク&トゥイッチ、トップ、クランク等の巻物に使っておりました
ミノーの操作性は、今まで使用したロッドの中では最高、
バットに張りがある為、多少遠投してもきびきびしたアクションが付けやすく、
その軽さ、ロッドバランスとも相まって、とにかくミノーが大好きになるような、そんな印象を持っています
蛇足かもしれませんが、唯一不満だったのが、バラシの多さ、
春先の連続トゥイッチなど、多い日には掛けたバスの半分位バラシてました(バイトがそれだけ多いという事でもあるのですが・・)
そこで、シャウラの後継、ファイナルディメンションTSシリーズの
TS160L、グラスコンポジットにより、バラシにくさを追求したとの謳い文句、来春は試してみたいと思っています。↓
http://fishing.shimano.co.jp/cat/detail.asp?k=11001

ベイトロッド2~3本という事なら、巻物専用機も1本お考えでしょうか?
今、私が使用している、TS1610MLF、クランクには最高です
凄まじい程、バラさない、グラスコンポジット、恐るべしです。
インプレページはこちら↓
http://impre.net/php/impre/impreshow.php?ic=5812&pgg=1

シャウラシリーズが手に入りにくければ、FDシリーズも候補に加えてみては如何かと(勝手に)思いました。
オークションで、程度の良い中古なら2万円台で手に入ります。


以上、質問者さんの使用状況、好み等が分かりませんので、自分の経験から書かせて頂きました。
だらだらと長くなってしまい、申し訳ありません(^^;。

こんにちは

シャウラスピニング2681FFを所有しています
以前はベイト1601FFを使用しておりました

残念ながら、コルキッシュ、アメニスタの使用経験がありませんので、比較して同じタイプかどうかのアドバイスはできませんが・・

2681FFは、主にダウンショット、
岩場での0.5号(1/16Oz、約1.75g)オモリから、大場所での2.5号(5/16OZ、約9g)使用まで、
冬場から早春には、5g程度のサスペンドミノーにも使います
ロッドの標記がFF(エキストラファーストテーパー)と書いてある割には、魚を掛けた時の曲がり方は、
...続きを読む

Qバス用のインターラインの竿はなぜ普及しないのでしょうか?

今はどうなっているかわかりませんが、結構前にダイワがインターラインの竿を色々出していたのですが、バスに限らずあまり普及していないような?気がします。船釣りだと多そうですが、、
中通しだと竿自体がガイドになっているのでガイドごとに糸に負荷がかからないし、魚の重さが竿全体にかかるので理想的だと思います。
糸絡みのトラブルも少なそうです。その分摩擦は多いかもしれませんが。
海の投げ釣りだとガイドの大きさが飛距離に影響しそうですが、ベイトならスピニングの様に一番手前のガイドも大きくなくていいと思ったのですが。
当方使った事がないので思った事を書いてみたのですが、実際はどうなのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

前にも似たような質問があったんですがどこで答えたか忘れてしまったので改めて書かせていただきます。

まず真っ先に思いつくのは「何かの拍子でラインが切れちゃった場合」…グレなどの磯のインターラインや船のインターラインだと仕掛けそのものが『道糸(+ウキ止めとウキ)+ヨリモドシ(+幹糸)+ハリス』っつー黄金率のおかげで最悪穂先で引っかかってくれる場合がほとんどで、道糸から切れたらそれこそ泣くしかないわけですが確率はとても低い。が、基本『常にラインを巻く』&『ライン直結』なルアーフィッシングだと…うっかりラインを巻きすぎちゃってブランクの中で切れ端が止まっちゃう、こうなるとまた釣りを始めるには1回ラインを出してまた通し直すところから始めないといけない。けどこれがじれったい。っつー事で「手返しが悪い」と敬遠されちゃう。

次に竿作っている立場から言いますと…
基本ブランクは中空(チューブラー)よりソリッドのほうが感度もレスポンス(いろんな応答)も優れているんですわ。雑に言ったら実が詰まっているから手元まで振動が伝わってビシッと1本芯が通ったような振り心地になるというわけ。これはバスフィッシング向きな要素ですね。
でもソリッドだと重くなっちゃう。カーボンを使ってある程度は軽く出来るけど中空よりどうしても重くなっちゃう。これはバスフィッシングでは嬉しくない要素ですね。そこで同じ中空でも細く密に巻き上げれば巻き上げるほど中空らしい軽さとソリッドに肉薄する感度とレスポンスが得られるというわけ。チューブの内径をギリギリまで細くすると限りなくソリッドになるというわけ。ここまでが大前提。
でインターラインを考えると、どうしても中にラインを通すためのスペースが必要になりますよね?それだけならまだしもラインをスムーズに通すためにいろんな仕掛けを施しておかないとただ中にラインが通っているだけの竿になっちゃう。その仕掛けはたいてい内側に溝の掘られた樹脂製のパイプなんですが、これを通すために嫌でもアウトガイドよりブランクが太くなっちゃう。

っつー事は…どうしても感度とレスポンスが犠牲になっちゃう。なんか腰が抜けた的な振り心地になっちゃうんですわ。おまけに樹脂を通しているから「いや、反発力はあるんだよ、かなり反発力があるんだけど、なんだこれ?」的なヘンな感じを否めない。この辺がバスフィッシングを楽しむ人には物足りなさに繋がっちゃうんだよね。
でも船や磯ではルアーみたいにしょっちゅうキャストしてリトリーブしてを繰り返しているわけじゃない。むしろブランクが肉厚になる事でトルク(粘り)が増大するから不意の大物の大きさがハンパない磯や船ではむしろ大歓迎なんっすわ。

フライフィッシングではバンブーロッドでソリッドと中空があるんですが、これはインターラインではなく飽くまで重量を軽減させる工夫なんです。このふたつを振り比べてみると一目瞭然。だからバンブーロッドの中空ってイマイチ受けないんだね。っつー事でウチの工房では重くなっても「釣り心地がとても良い」ソリッドのバンブーロッドばかり作っているんっすわ…この辺は、好みで分かれるトコっすね。

どうも、釣りバカです。

前にも似たような質問があったんですがどこで答えたか忘れてしまったので改めて書かせていただきます。

まず真っ先に思いつくのは「何かの拍子でラインが切れちゃった場合」…グレなどの磯のインターラインや船のインターラインだと仕掛けそのものが『道糸(+ウキ止めとウキ)+ヨリモドシ(+幹糸)+ハリス』っつー黄金率のおかげで最悪穂先で引っかかってくれる場合がほとんどで、道糸から切れたらそれこそ泣くしかないわけですが確率はとても低い。が、基本『常にラインを巻く』...続きを読む

Qバサーがベイトリールを多用するのは何故?

ブラックバスの雑誌を読んでみると、記事に登場する人の多くがベイトキャスティングリールを使っています。

僕はバス釣りはやりませんが、大型プラグやスピナーベイト等、引き抵抗の重いルアーを多用する釣りだというのはわかります。

ですが、小さいプラグやソフトルアーをノーシンカーで投げるときだってあるはずです。
飛距離が必要なときもあるでしょう。

そういった情況ではスピニングの方が有利なんじゃないかと思いますが、バス業界でのベイトリールを使う方が多い理由を聞かせてください。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

理由?簡単です。楽だから。以上。

ホントこれだけです。
だって考えてみて下さい。スピニングだと
1:ラインを人差し指に引っ掛けて→2:ベイルを倒して→3:ようやくキャスト→4:んでもってルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止めて→5:ベイルを戻して→6:ようやくリーリング、ですがベイトの場合
1:スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切って→2:もうキャスト→3:ルアー着水と同時にサミングでラインを止めて→4:もうリーリング、
と行程を2つも省略できちゃう。
オカッパリでもボートでも基本ポイントを一つでも多く叩くのが釣果を上げる基本だから気がつけば丸1日釣りをして1000投前後キャストする、こんだけキャストしていると2行程が結構面倒臭くなってくる。
でも昔、それこそほんの10年位前までは「ベイトで7gをキャストできればそのリールは優秀」と言われていて、7g以下はスピニング、と使い分けるのが当たり前でした。がアンタレスやTDが超軽いスプールと優秀なブレーキシステムを発表してから5g前後のもの(4インチヤマセンコーがこれくらいの重さ)くらい普通に投げられるようになっちゃった。だからスピニングはオニ軽いリグやオニ小さいプラグくらいしか必要ない、キャストの基本さえしっかりできていれば全部ベイトでも頑張ればいけちゃうようになっちゃった、というわけ。
最近のベイトリールは軽いルアーでもスピニング並みに投げられちゃうんです。ただし軽いのを投げる用のロッドと、ベイトキャスティングの基本がしっかりできていれば、の話ですが。

しかしベイトには落とし穴があって、着水してから着底するまでの間(フォーリング)のアタリを取るにはサミングのタイミングを遅らせたりラインを繰り出してやらなければならないという面倒臭い手間が掛かります。しかしスピニングだとベイルを戻さなければラインは出っ放し、ラインの動きに集中する事ができるというわけ。適材適所で使い分ける、という事ですね。

本当はイトウやサクラマスでもベイトを使うと手返しが早くなってよろしいのですが、他のルアーでは概してずっと使い慣れたスピニングのほうが良い、という人が多いのが実情ですね。「なんかキャストが難しそう」っていう先入観もありますしね。
また釣り味というのも大きい、と個人的には考えています。メカニカルな部分だけを見れば最近じゃ1:7のギヤ比のベイトまであるので圧倒的に釣りを有利にしてくれるベイトのほうが優秀、となりますがある程度釣り人を不利にしたほうがゲームそのものは白熱して面白くなります。バレるかもしれない、とハラハラドキドキしたほうが釣った喜びは大きい、と。この目線で見るとバス釣りって言うのは…忙しくてせっかちな釣りなんですね。

どうも、釣りバカです。

理由?簡単です。楽だから。以上。

ホントこれだけです。
だって考えてみて下さい。スピニングだと
1:ラインを人差し指に引っ掛けて→2:ベイルを倒して→3:ようやくキャスト→4:んでもってルアー着水と同時にフェザーリングでラインを止めて→5:ベイルを戻して→6:ようやくリーリング、ですがベイトの場合
1:スプール(ライン)を親指で押さえると同時にクラッチを切って→2:もうキャスト→3:ルアー着水と同時にサミングでラインを止めて→4:もうリーリング、
と行...続きを読む

Qルアーの特許は?

昔からバスをやっていると、ここ10年くらいの日本製のルアーの品質の良さ、独創的な創造性には驚かされます。
しかし、そうは言ってもご存知かと思いますが私が知る限り現在、日本で売られている日本製のルアーの全ての基礎となる技術は外国で生まれたルアーを元としています。
例えば、ラパラなんて老舗で有名ですよね、その他、バーグリーとか・・・
ワームなんかも昔(20年前)は99%くらいアメリカ製だった気がしますし。
そこで疑問なのですが現在の日本のメーカーが製作しているワームを含め美しいルアー、優れたルアーは基本的な技術の特許料とかをアメリカなどの老舗企業に今も払っているのでしょうか?
通常の特許は数年?10年?20?くらいで消えるような話をどこかでで聞いたような気がしますがいかかがなのでしょうか?
ルアーの歴史は長いですからもう特許切れなのですかね?

事情通の方の情報をお待ちしています。

でも今のメガバスやラッキークラフト、エバーグリーンなどどれもぶっちゃけ工夫はしていても所詮アメリカ製品のパクリですよね。
日本製は日本のスレたバスに合わせてアメリカ製品にない創意工夫、精密さがあって、今更ワーム以外はあまり外国製は使う気になれませんが…

昔からバスをやっていると、ここ10年くらいの日本製のルアーの品質の良さ、独創的な創造性には驚かされます。
しかし、そうは言ってもご存知かと思いますが私が知る限り現在、日本で売られている日本製のルアーの全ての基礎となる技術は外国で生まれたルアーを元としています。
例えば、ラパラなんて老舗で有名ですよね、その他、バーグリーとか・・・
ワームなんかも昔(20年前)は99%くらいアメリカ製だった気がしますし。
そこで疑問なのですが現在の日本のメーカーが製作しているワームを含め美しいルア...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、楽しみにしてもらえて光栄です。

メガバスのブランクスですが、あれは台湾製です。理由の第1位はなんと言っても安いということ、台湾は日本ほどパテントにがんじがらめでないうえパテントにルーズだということも理由にあるようです。特に近年注目されている新素材・アラミドチタンはアメリカの4大ブランクメーカー(ルーミス、ダイヤモンドパック、フェンウィック、レディントン)のパテント争奪合戦が本国でありまして、同時に日本でも多くのパテントを取得したようです。ルーミスとフェンウィックは日本のバスフィッシングではお馴染みな名前ですが、実はこの4社フライフィッシングのロッドで壮絶な開発合戦を繰り広げています(アメリカのフライフィッシングは「パワーフィッシング」と言って飛距離を出すために日本のバスフィッシング以上に強靭なロッドが求められています)。そんな背景もあってメガバスはパテントの影響を受けない台湾製のブランクスを使用しているようです。

今回は田辺さんを中心に話しますと…シマノのBSRとスコーピオンXTは基ちゃんが開発アドバイザーに携わってできたものですが、田辺さんはあのデザインが好きになれなかったようで使用はしなかったのです。ところがシャウラはとてつもないほどの「乾いた感度」でトーナメントで使えば「反則だよ、これは」と思わず田辺さんも唸ったそうです。しかし如何せん基ちゃんが開発に携わっているだけに反発力まで「反則だよ」だったのでシャウラをベースに田辺さんやバーニー・シュルツを中心にしたトーナメンターの意見を取り入れてマイルドにしたものがレサトなのです。そんな背景があるから田辺さんはレサトやアクラブ(シマノのグラスロッドで田辺さんも意見している)を使って当たり前なんですね。
なお基ちゃんの意見を中心に開発したロッドには「スコーピオン」の名がつきますが、レサトとアクラブは「スコーピオン」からさらに田辺さんなどの意見が入っているので「スコーピオン」の冠は付きません。

田辺さんはとにかく「粘る竿」が大好きなようで(レサトも狂ったようにどこまでも粘る)ロードランナーも吉祥寺の丸勝さんに頼んでアメリカのルーミス製ブランクスをベースに作成しました。丸勝さんはこれをきっかけに製造部を独立させてTIFAという別会社を立ち上げたわけです。
そんな精力的な田辺さんのファンは後を絶たず、関西に「ノリピーのコピー」のような熱狂的なファンが勢い余って当時田辺さんが在籍していたJBに参戦しました。それが今江克隆さんで、今でも大好きなようですね。元々イマカツがアブを使うようになったのも田辺さんに憧れてで、長年付き合ったダイコーと縁を切ってまでルーミスのブランクスを選んだのも「田辺さんのブランクスがルーミスだから」だったり髪を染めたのも「田辺さんが茶髪だから」だったり、イマカツのお家芸「電撃フック」をはじめとした強気のフィッシングスタイルも「田辺さんのストロングスタイル」の影響だったり…よほど好きなんですね。イマカツもじきにアブを捨ててシマノのベイトリールを持つことでしょう(スピニングはすでにステラですし)。何しろ絶対田辺さん!な人ですから…カルカッタ・コンクェストですね?

田辺さんは人付き合いがよく面倒見がいい人のようで、よく夏になると仙台の国分町(東北最大の歓楽街)で「ノリピーが基ちゃんに引っ張られてへべれけに酔っ払っていたよ」とよく目撃されています。飲みに誘われても断れない性格のようですね。またWBSの荻野さんも「田辺さんに足を向けて寝れない」というほどですから後輩には厳しく優しいんでしょうね。

そんな田辺さんが釣りを始めたきっかけが、サーファーだった田辺さんが岸で投げ釣りしている人を見て「面白そうだな」と思ったのがきっかけだというのですから人生何がきっかけか分からんものです。

どうも、楽しみにしてもらえて光栄です。

メガバスのブランクスですが、あれは台湾製です。理由の第1位はなんと言っても安いということ、台湾は日本ほどパテントにがんじがらめでないうえパテントにルーズだということも理由にあるようです。特に近年注目されている新素材・アラミドチタンはアメリカの4大ブランクメーカー(ルーミス、ダイヤモンドパック、フェンウィック、レディントン)のパテント争奪合戦が本国でありまして、同時に日本でも多くのパテントを取得したようです。ルーミスとフェンウィック...続きを読む

Qベイトリールのドラグってするする出て行くものなんですか?騙されたんですかね…?

前から疑問だったんですが、
ベイトリールのドラグってするする出て行くものなんでしょうか?
友人から売ってもらった、シマノのスコーピオン1000mg(初ベイト)をずっと使っているのですが、
ドラグを一番閉めても少し力を入れて引っ張るだけでスーとラインが出て行きます。
力の加減が説明できないので分かりにくいと思いますが、
自分の持っているスピニングリールなんかと比べたら全然ゆるゆるです。
自分のスピニングの場合はドラグを一番閉めて引っ張ると、
木に引っかかったルアーなんかは、ラインにもよりますがプツンと切れてしまいます。
しかし、譲ってもらったベイトリールの場合は、
一番閉めても、引っ張るとするする出てしまうので、木に引っかかったルアーの回収は困難です。
ベイトリールってこんなもんなんでしょうか?
比較できるベイトリールを持っていないので、皆さんの場合を教えてください。
因みに、譲ってもらったリールは比較的新しい状態でした。
壊れてるんですかね?騙されたんでしょうか…。



(今までデカイバスを釣った事がないのでドラグの必要性が…。)

前から疑問だったんですが、
ベイトリールのドラグってするする出て行くものなんでしょうか?
友人から売ってもらった、シマノのスコーピオン1000mg(初ベイト)をずっと使っているのですが、
ドラグを一番閉めても少し力を入れて引っ張るだけでスーとラインが出て行きます。
力の加減が説明できないので分かりにくいと思いますが、
自分の持っているスピニングリールなんかと比べたら全然ゆるゆるです。
自分のスピニングの場合はドラグを一番閉めて引っ張ると、
木に引っかかったルアーなんかは、ラ...続きを読む

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

そんなモンです、以上。


…では納得いきませんよね?実は私のアンタレスもそんなモンです。
#1の方が言っているように使っているラインが太く強くなっているのですからひとえにスピニングと比べるのも無理がありますしね。少なくとも根掛かりでラインが出て行くときは“ヌルッ”と出て行かないとドラグが固着してしまうので今回の件は問題はないと思いますが、どうしても心配ならシマノさんにリール・クリーニングと点検に出してみると良いでしょう。
“http://fservice.shimano.co.jp/body/spot/overhaul/top.htm”
↑シマノHPで案内をしていますが、近所のシマノの看板のある釣具屋さんで受け付けてくれます。

今までデカイバスを釣った事がない、と油断していると泣きを見ます、特に今年の場合は…去年の夏、暑かったですね~。記録的な猛暑だったのを覚えていますか?さらに今年の冬は記録的な寒波が来ました、寒かったですね~。
このように夏と冬がはっきりした次の春というのは数も型も出ますよ。サカナの体内時計やバイオグラフが正常に働いて「ん、今は夏だ」「ム、冬だな」とハッキリ認識できるから、という説があります。すると次の春は「ヨッシャ、春が来た」とばかりにサカナが元気に泳ぎまわってくれる、と。
さらに寒波のおかげでフィールドは凍りサカナ以上に釣り人の活性は下がり竿が入らない、竿が入らないとサカナはゆっくり越冬できる、従って春になると素直にルアーやエサに反応してくれる、と。

事実2000年の春は前年の猛暑と寒波のおかげで仙台某野池でオカッパリで64cmを釣りました。この年は大当たりで1ヶ月で300尾以上のバスが釣れて…まさに我が世の春、でした(50UP36連荘・手持ちのスピナーベイトが全部逝かれて終了ってのもあったなぁ)。私ばかりでなくどこのフィールドでも「釣れてるよ」「バッコバコだよ」と景気の良い話ばかりでウハウハでした。

今シーズンも2000年の春のようなシチュエーションが整っています。もし今度はあなたのルアーに60UPが食いついてきたら…可能性は充分すぎるほどあるのでドラグは絶対に調整しておきましょう。

また根掛かったら今までやっているような“手抜き外し”は止めてラインを直接引いて<万が一ルアーを引っ掛けたままラインが切れても最小限の長さで切れるように>することを心がけましょう。バスに限らずすべての釣りで言えることですが、「ひと手間かけた釣りをすれば見返りも大きく、手を抜いた釣りをしていれば釣果もそれなりにたいしたことがない」というのが釣りの不思議な法則です。
根掛かってしまったら、面倒臭がらずベイとでもスピニングでもロッドを置いてラインを手に2・3回巻いて外れるまでグイッと引っ張りましょう…基本です。それが他の人に対する礼儀でもあり、サカナやフィールドに対する愛であり、釣りに関する<ひと手間>なのです。

どうも、釣りバカです。

そんなモンです、以上。


…では納得いきませんよね?実は私のアンタレスもそんなモンです。
#1の方が言っているように使っているラインが太く強くなっているのですからひとえにスピニングと比べるのも無理がありますしね。少なくとも根掛かりでラインが出て行くときは“ヌルッ”と出て行かないとドラグが固着してしまうので今回の件は問題はないと思いますが、どうしても心配ならシマノさんにリール・クリーニングと点検に出してみると良いでしょう。
“http://fservice.shimano.c...続きを読む

Qアブガルシアとはどんなメーカーなんでしょうか?

今まで沖釣りをメインにやってきて、特に道具に強いこだわりもないため無難にシマノやダイワの製品を使ってきました。

最近ルアー(ソルトウォーター)を本格的に始めたい思いルアー用品をいろいろ物色していますが、沖釣りでは見掛けないメーカーがいろいろあるんですね。

その中でアブガルシアというメーカーが少々気になっています。
海外(欧州)メーカーでデザインも良いので高級かと思いきやリーズナブルな印象を受けます。店頭でもかなり割り引かれて販売されているのをみかけます。

「海外メーカーでデザインが良い」=ドイツ車のような高級品・高性能と安易に想像してしまうですが、アブガルシアに関してはデザイン重視で性能は値段相応といった感じのメーカーなんでしょうか?
あるいはイタ車のように当たり外れの大きいメーカーなのか?

詳しい方、ご教授ください!

Aベストアンサー

こんにちは。

ABU・・・ベイトリールが有名ですね。
25年位前から、国産メーカーの性能と品質が良くなりダイワやシマノで十分に成りましたが
昔はベイトって言うと、ABUって位定番でした。
コレクターも多く、未だに「ABUじゃなきゃリールじゃない」って熱狂的なファンも居ます。
今でこそ、安価で購入できますが、昔は国産品の2,3倍の価格が付いていましたよ。

今となっては、性能に関しては可も無く不可も無くです。
他メーカーでも同じですが、同じメーカーでも販売ブランド内での売価が性能差と言えるので
何を選ぶかによりますね。
*ベアリングとかは、高い機種も安い機種も同じ物を使っている事が多いです。
 数の差が価格差っぽい所が有ります。

釣りに対する姿勢が分かりませんが、趣味の物なので“気に入ったデザイン”とかで
選んでも良いかも・・・


http://www.purefishing.jp/abugarcia/

Q野池でバス釣りして注意され権限の所在が不明?

最近バス釣りを始めた者ですが先日、近所の野池で釣りを始めてすぐに見知らぬ人から誰に断って釣りしてるのかと咎められここは鯉も飼ってるから窃盗罪で訴えるぞみたいなことを言われました。
地主なのか水利組合の関係者なのかは確認できませんでしたが近所の住民でもあるのでその場は謝って帰りました。因みに現場は水遊びするな!危ない!不法投棄禁止!などの立て看板を00水利組合、xx警察の連名で書かれていました。
私は主に子供に注意を促す為のただの注意書きと解釈しフェンス等も無いので普通に釣りをしに訪れたつもりでした。
見識不足なのですが野池の大半は市もしくは私有地であることは知っていました。ただ明確に不法侵入したとかはなく以前も釣りをしている人を何度も見ていますのでここがだめなら近辺では恐らく何処に行っても無理な気がする位、セーフだと思っていただけにショックです。
翌日、何か納得できないので所轄の警察に問い合わせ、確認したところ警察が介入した立て看板では無いとの回答でした。私は自治会や組合が半ば勝手に威圧感を与える目的で書いたのではないかと思います。
各都道府県で県条例によっては様々でしょうが現状を教えて下さい。
今後、バス釣りをしたくても憂鬱な気分のまま大好きな釣りをしたくありません。どうか参考になる情報等をいただければ有り難く思います。宜しくお願い致します。

最近バス釣りを始めた者ですが先日、近所の野池で釣りを始めてすぐに見知らぬ人から誰に断って釣りしてるのかと咎められここは鯉も飼ってるから窃盗罪で訴えるぞみたいなことを言われました。
地主なのか水利組合の関係者なのかは確認できませんでしたが近所の住民でもあるのでその場は謝って帰りました。因みに現場は水遊びするな!危ない!不法投棄禁止!などの立て看板を00水利組合、xx警察の連名で書かれていました。
私は主に子供に注意を促す為のただの注意書きと解釈しフェンス等も無いので普通に釣り...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

淡水魚(主にヘラ鮒)釣りを長年楽しんでる者ですが、野池の多くは所有者が存在します。

また、国有地である河川や湖沼の多くも地元の漁協などが管理してますから「入漁料を徴収」される例が多いです。

私も、魚釣り初心者の頃は所構わず釣竿を出して釣ってましたが、私有地の野池とは知らずに魚釣りをしてたら、それこそ「誰の許可を得て釣りをしてるんだ!」と所有者から怒鳴られたことがありました。

これ以来は「タダより高いものはない」と肝に命じて入漁料を徴収する釣り場で魚釣りを楽しむことにしました。

なお、地元漁協では「年間鑑札」を買えば一年間は日釣り券を買う必要がないので、頻繁に釣りをしてた頃は毎年のように年間鑑札を購入してましたが、最近は地元周辺の「管理釣り場」での釣りが多くなりましたので、たまに行う地元の河川での魚釣りは日釣り券を買って楽しんでます。

ちなみに、息子が中学生時代にブラックバス釣りに興味を持ったことで、地元の河川より魚影の濃い県内の霞ヶ浦に息子の友達を一緒に連れて何度もブラックバス釣りに付き合いましたが、霞ヶ浦は日釣り料金を徴収されることなくブラックバス釣りが楽しめましたから、漁協で管理しない釣り場もあるようです。

こんにちは。

淡水魚(主にヘラ鮒)釣りを長年楽しんでる者ですが、野池の多くは所有者が存在します。

また、国有地である河川や湖沼の多くも地元の漁協などが管理してますから「入漁料を徴収」される例が多いです。

私も、魚釣り初心者の頃は所構わず釣竿を出して釣ってましたが、私有地の野池とは知らずに魚釣りをしてたら、それこそ「誰の許可を得て釣りをしてるんだ!」と所有者から怒鳴られたことがありました。

これ以来は「タダより高いものはない」と肝に命じて入漁料を徴収する釣り場で魚釣り...続きを読む

Qベイトリールでキャストできるお勧めのPEラインは?

アブの5600C4にラパラのラピノヴァの黄緑色1.5号を巻いて初めてベイトを使い海でPEを使用してみました。ラピノヴァにした理由はブログ等で腰があってベイトリールに合うと書かれていたからです。しかし、実際に使用してみるとコーティングがすごく荒く、糸と糸の摩擦がすごく糸が全然でません。指で引っ張らないと時折ひっかかりがあり糸が出ない状態です。糸はテンションを掛けてこれでもかという程きっちり巻きました。あげくの果てに数回キャストでルアーが吹っ飛んで行き一気にテンションが下がり帰宅です。ちなみにメタルジグ45グラムを着けて、ただクラッチを切ってたらした状態でもひっかかりがあり途中で糸が止まってしまうくらい醜い物でした。私の買ったラピノヴァはもしかしてコーティングが粗い不良品だったのでしょうか?コーティングがあるとベイトで使い辛いのは色々調べて購入前に分かっていたのですが、カヤックフィッシングで有名な方がラピノヴァ0.8号をアブの4000番台で気持ちよく使っているという記事を見たのでそれを鵜呑みにしたのです。
再度挑戦したいのですが、キャスティングで使えてなるべく安いおすすめのPEラインを教えてください。昔、バスのトップウォーターでPEを使っていた事がありますが恐らくコーティングのついてないめちゃくちゃに太い物だったと思いますが銘柄は忘れてしまいました。

アブの5600C4にラパラのラピノヴァの黄緑色1.5号を巻いて初めてベイトを使い海でPEを使用してみました。ラピノヴァにした理由はブログ等で腰があってベイトリールに合うと書かれていたからです。しかし、実際に使用してみるとコーティングがすごく荒く、糸と糸の摩擦がすごく糸が全然でません。指で引っ張らないと時折ひっかかりがあり糸が出ない状態です。糸はテンションを掛けてこれでもかという程きっちり巻きました。あげくの果てに数回キャストでルアーが吹っ飛んで行き一気にテンションが下がり帰宅です。ち...続きを読む

Aベストアンサー

お使いのリールは私は使ったことがないので推測ですが、密に巻くタイプではないでしょうか?そうだとするとコーティング云々の前に食い込みが発生して出にくくなると思います。いわゆるハイスピードレベルワインド採用のリールならこのような現象は起こりにくいです。

さてPEラインですが、私の愛用するのはヨツアミ G-SOUL SS112 です。コーティング系ではなくダイニーマとエステルのハイブリッドPEです。エステルによってハリを持たせているためコーティング系よりは長期に渡ってコシ・ハリを保っています。現在は0.8号から1.5号まで使用していますがバックラッシュしてもハリがあるためほどきやすく大変気に入っています。10数個ストックしているほどです。

45gのジグですと1.5号でもちょっと不安ですね。2号まではあったと思います。太い方をおススメいたします。

Qペンデュラムキャストと飛距離の関係

↓の動画を目標に誰もいないサーフで練習中ですがうまくいきません。
https://www.youtube.com/watch?v=7QFD-9MQSs0

30gのシンカーを9.7ftのベイトロッド(max35g)で投げています。PEは1.5号、リーダーは20lbを1ヒロです。バックラッシュに備えてブレーキはギチギチ状態です。

動画の通りにすると投げる時にテンションが「丸ヌケ」になっていわゆる「かっくんバックラッシュ」となってしまいます。

しかたなく我流ペンデュラム?キャストでやっています。どう我流かと言うとシンカーを上から見て反時計回りにまわしつつロッドを頭上を通してゆっくりと後方に持っていき、シンカーの重みが十分に乗ったころにロッドを振ります。

垂らし長めの肩担ぎで静止状態からするオーバヘッドキャストで出た距離を100(メートルではありません)とすると我流での距離は105-110程度です

質問
1.オーバーヘッドでの飛距離を100とすると動画のキャストならどのくらい飛びますか?
2.動画の通りうまく行かずバックラッシュする原因と修正方法は?
3.動画のようなキャスティングフォームのわかりやすい動画や解説サイトを教えてください
4.よい練習方法を教えてください

なるべくコンパクトで力の抜けたフォームを目指していますので動画の方法をマスターしたいです。

※今回は方向の正確性、遠投の必要性、キャスティング時の安全性は関係ありません。質問項目に関連することについてご回答願います


非常に悩んでおります。どうぞよろしくお願いいたします。

↓の動画を目標に誰もいないサーフで練習中ですがうまくいきません。
https://www.youtube.com/watch?v=7QFD-9MQSs0

30gのシンカーを9.7ftのベイトロッド(max35g)で投げています。PEは1.5号、リーダーは20lbを1ヒロです。バックラッシュに備えてブレーキはギチギチ状態です。

動画の通りにすると投げる時にテンションが「丸ヌケ」になっていわゆる「かっくんバックラッシュ」となってしまいます。

しかたなく我流ペンデュラム?キャストでやっています。どう我流かと言うとシンカーを上から見て反時計回りにまわ...続きを読む

Aベストアンサー

コンパクトなキャストから力んで飛ばそうとするほど質問者さんの言うような段付きを起こしやすくなります。
どうしてそうなるのかですが、最後まで強く振り込んでしまうことが原因です。
ウェーディングしている際など水面とティップが近い距離にあり、
キャスト後に勢い余ってティップで水面を叩いてしまう事があると思います。
スピニングの場合はそういう風になっても飛距離ロスも小さいしトラブルを起こしませんが、
ベイトリールでは致命的なトラブルを起こしてしまいます。
リリース後のフォロースルーのロッドの角度をビシッと決めるとティップがお辞儀しますので、
(力を)抜いて角度を決めるようなキャストを心がけてください。
リリース後にいくら力んでも力は伝わりませんので。
この辺りは村上さんの動画で同じ事を言っているので理解できるかと思います。

動画の投げ方はスピニング流なのでスピニングで使うようなペンデュラムキャストではロッドの曲げや加速の点でベイトロッドには向いてないでしょう。
振り込みは極端な話もっとオーバーアクションであるべきかと思います。
静止からの担ぎ投げは2時ー10時でキャストしてるのと大差ないですが、
村上さんの言っている「引き」や辺見さんの様に足を一歩前に出し膝を使うようにすれば同じ方法でも飛距離は伸びるかと思います。
立ったままのキャッチボールと一歩足を前に出すキャッチボールの違いといえば判るでしょうか?。
さらに半身で構えればより顕著に飛距離と速度が上がります。
キャッチボールが出来る人と出来無い人は結構キャストに差が出るような気がしますね。
庄司さんのキャストは引きの無いコンパクト版ってところでしょうね。
投げ釣りや競技大会ほどのスイングキャストは必要ありませんが、
頭上でのの字を描くようにロッドを回しロッドに加重を掛けるのが一番良いと思います。
ただ、大きく振り回すだけではフィニッシュに力が伝わりませんし、最後まで力んでしまいます。
ソフトボール独特の下投げのウィンドミル投法、ソフトボールをやった事があるなら一度はやってみた?投げ方だと思いますが、ただ力まかせに腕を回すだけでは速い球は投げれません。
肩を中心とした円から腰太股付近に肘を当てることにより円の中心が肘を中心とした円に切り替わりソコで円運動の加速が発生します。
ボールをリリースした後の肘から先は基本ブランブランなんです。
リリースのキモは右手の押しと左手の引き、肩の入れるその時。
加速ポイントを過ぎたら抜きなのでフィニッシュに向けたフォームに移行するだけです。
キモの部分で力みすぎると過剰にロッドを曲げてしまうので練習していい具合を探してください。

コンパクトなキャストから力んで飛ばそうとするほど質問者さんの言うような段付きを起こしやすくなります。
どうしてそうなるのかですが、最後まで強く振り込んでしまうことが原因です。
ウェーディングしている際など水面とティップが近い距離にあり、
キャスト後に勢い余ってティップで水面を叩いてしまう事があると思います。
スピニングの場合はそういう風になっても飛距離ロスも小さいしトラブルを起こしませんが、
ベイトリールでは致命的なトラブルを起こしてしまいます。
リリース後のフォロースルーのロ...続きを読む

Qバス釣りをしたら釣り方を注意されたのですが、どう対応すればよかったですか?

ネスト撃ちには特にこだわりがないので、大きい場合は狙って釣ります。

先日ネストを見つけたので釣ろうとしたら、後から来たバサーに「おい、ネストを釣るな、非常識だぞ」と怒鳴られてしましました。
ネスト撃ちに反対の人もいるので、そのことを否定するつもりもないですし、あなたはそれでいいと思います。ただ私は反対ではないので、釣らせていただきます。
と、出来るだけ穏便に言ったのですが、慇懃無礼と受け取ったのか火に油を注いだようで、そこから暴言の嵐、嵐。
お前にバスを釣る資格はない、こっちを向け、釣りをするな、別の場所で釣れ、と、もう止まらなくなりました。
ここで逃げるのも癪なので、無視して釣っていると、ネストのバス目掛けて石を投げてきました。
さすがにここまで来るとこっちも怒らざるをえないので、お前いい加減にしろやと追いかけましたが、笑いながら逃げて行きました。

完全にキチガイなんですけど、今回のような場合どう対応すればよかったんでしょうか?
気の短い釣り人は珍しくないですけど、今回みたいのは初めてです。おまけにネストを投石で破壊してるよ。
ネスト撃ちに反対の人は、ここまで変なのはまずいない思いますが、わざわざ知り合いでもない釣り人相手に注意したりするものなんですか?

ネスト撃ちには特にこだわりがないので、大きい場合は狙って釣ります。

先日ネストを見つけたので釣ろうとしたら、後から来たバサーに「おい、ネストを釣るな、非常識だぞ」と怒鳴られてしましました。
ネスト撃ちに反対の人もいるので、そのことを否定するつもりもないですし、あなたはそれでいいと思います。ただ私は反対ではないので、釣らせていただきます。
と、出来るだけ穏便に言ったのですが、慇懃無礼と受け取ったのか火に油を注いだようで、そこから暴言の嵐、嵐。
お前にバスを釣る資格はない、...続きを読む

Aベストアンサー

吉外に対応しちゃダメ、無視か逃げるか

刃物持ち出して振り回すバカも居るから注意しましょう


人気Q&Aランキング