はじめての親子ハイキングに挑戦!! >>

湖や川で、本来は海で使うルアーロッドを使用して釣りをしても
ちゃんと釣ることはできますか?
竿とリールは海の物でルアーは川のものを使おうと思っています。

その行為が他の方や魚、湖に悪影響が無ければ湖用の竿を買うお金が
あまりないのでやってみようと思っています。

他に何か問題点があればそちらについてもお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

どうも、釣りバカです。



使えますよ。私も初めて湖でのサクラマス釣りに誘われた時お金なくて持っていた10ftのシーバスロッドで代用しましたから。
50cmくらいのサカナというとサクラマスやニジマスなのかバスなのかコイなのかナマズなのかまさかのヘラブナなのか…やってやれないことはない。けど対象魚も分からずどこで釣ろうとしているのかロッドの長さや錘(ルアー)負荷もわかんない。っつー事で今この情報の範囲内だと「やってみなされ。あとはサカナが教えてくれます」としか言いようがありませんね。

芦ノ湖ではブッコミ釣りでニジマス釣ってる爺様達はやっすい海のチョイ投げセットやふっるい磯のグラスロッドを使っていますわ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/12/13 14:30

こんにちは。



「使えるか」「使えない」 かの2択の質問ですからその意味においては【全く問題無し】に使えます。

使う事に際しての問題は【使い辛い】だけの事なので、どのくらい使い辛いのか一度やってみたら良いだけですよ。

話がややこしくなってますが、使う事自体には何の問題も無いですから一度存分にお試しください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/12/13 14:29

ん~。

結局竿の型番は不明ですか?

シーバスロッドであればおおまかなところで
・10ft以上のパワフルなシーバスロッド ⇒ やめておいた方が無難。
・8~9ftの一般的なシーバスロッド ⇒ できないことはない。
・8ft未満の繊細なシーバスロッド ⇒ シーバスロッドの中では一番好相性。

湖で50cm位の魚をルアーでということなら十中八九 中~大型トラウトでしょうが、シーバスロッドの流用だとちょっとティップ(竿の先のほう)が硬いかもしれません。仮にブラウントラウトを狙うとして、トラウト用ミノーはシーバスで用いるそれより軽くて動きも繊細ですからね。

多少ルアーを投げづらい、操作性が悪いといったことは起きるでしょう。けれど釣りができないほど相性が悪いわけでもないといったところでしょうか。東京湾の湾奥で使うような繊細なタイプのシーバスロッドなら違和感なくいけますね。

磯やサーフで使うようなパワフル系ロッドを振り回すのはちょっと考えものですが、そうでなければ少なくとも「あの人なにやってるの?(笑)」的なことにはなりませんから、まずはやってみて専用ロッドが欲しくなるほどその釣りに精通したら新ロッド購入を検討するってことで良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/12/13 14:29

海のルアーロッドといってもメバル用のペナペナ柔らかいものから、


シーバス用、青物用のガチガチの筋肉質なロッドまで種類多数。
一方、湖や川の釣りといってもエサ釣りもあればルアー釣りもあり、
狙う魚種もワカサギのような小魚からニジマス、湖の大物までこれまた多彩。

答えようにも何をどう想定しているのかさっぱり質問を読んでも分かりません。

【1】今持っている竿のメーカーと型番
【2】湖と川で何をどういう釣り方で狙いたいのか?

せめてこの2点が分からないと回答のしようがありません。
以上補足お願いします。

この回答への補足

ダイワのシーバス用のルアーロッドを使ってます
湖では50センチくらいのサカナをルアーで釣ろうと思ってます。

補足日時:2008/12/11 15:49
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/12/11 15:47

問題ありません。

    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2008/12/11 15:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q海釣りの竿で川釣り

最近アウトドアにはまってキャンプなどし始めた者です。そこでまたまた質問です。
この前行ったキャンプ場の前にほんとにきれいな川(熊野川の支流)が流れていたのです。本流などでも渓流釣りなどを楽しんでいる人がたくさんいました。「俺も釣りがしたい!!」
で、タイトルどおりの質問なのですが、私は海釣り用の竿しか持っていないのです。しかも何年も前に購入した「リール付き2980円」とかそんなくらいの超安物です。そんな竿でも川で魚は釣れるものなのでしょうか。また、餌とかワームなどなど、ド素人にお勧めのものがあれば教えてください。

Aベストアンサー

私は川での釣りが専門で、逆に海はさっぱりわからないのですが、1本安い海釣りの竿を持っています。それで何ができるかなぁと考えてみると・・・
☆本流での投げ込みによる鯉釣り
☆本流でのルアー
☆渓流での提灯釣り
などです。でも工夫しだいではいろんな事ができるのではないかと思います。過去に見たことなんですけど、こんな人がいました。
多摩川上流の川井って所でがんがんの瀬の上の方から投げ釣り様の仕掛けで、ヤマメを釣っているんです。その人がまた良く釣るんです。水量に合わせたガン玉を選び、ハリスを長く取っていたのでしょう。
本流の場合ナチュラルドリフトで餌を自然に流す釣り(海釣りでもあると思うのですが)が一般的です。ところが、ガンガンの瀬などはエサを入れ難いので結構竿抜けになっています。遠くに飛ばすのではなくて上流から落とし込む感じです。
私も過去にこんなことがありました。なかなか釣れなくて、エサを流し込むポイントを変えたり、ガン玉を変えたりエサを変えたりいろいろ試したのですが、釣れません。ヤマメは絶対にいると確信していたのでなんとか釣りたいと思っていました。最後の手段で、ナチュラルドリフトを捨て、でっかいガン玉を付けてポイントに入れてみると釣れちゃたわけです。要は魚のいるポイントにエサを入れる事でした。参考になれば良いのですが・・・。
エサは川虫が良いと思います。ただですし。一般的に「ヒラタカゲロウ」が沢山とれて良く釣れると思います。石をひっくり返して、チョロチョロとすばやく動き回る、平べったい虫がいるでしょう!あいつです。エサ持ちが良くそれなりに釣れるのが「トビケラ」一般的にクロカワムシなんて言います。ウグイが大好きですね。
これも石をひっくり返してみると、小石を集めて巣を作っていますのですぐ見つかります。黒くて、2~3cmぐらいの細長い虫です。
川虫の保管ですが、オガクスが一番です。かなり長い間生きていてくれます。ただ温度が上がらない様気を付けて下さい。
でっかいのを釣って下さい。以上です

私は川での釣りが専門で、逆に海はさっぱりわからないのですが、1本安い海釣りの竿を持っています。それで何ができるかなぁと考えてみると・・・
☆本流での投げ込みによる鯉釣り
☆本流でのルアー
☆渓流での提灯釣り
などです。でも工夫しだいではいろんな事ができるのではないかと思います。過去に見たことなんですけど、こんな人がいました。
多摩川上流の川井って所でがんがんの瀬の上の方から投げ釣り様の仕掛けで、ヤマメを釣っているんです。その人がまた良く釣るんです。水量に合わせたガン玉を選び、...続きを読む

Q雨の日の渓流釣りって釣れるんですか?

釣りを一度しかしたことが無い釣り初心者です、
釣りデビューは解禁直後河津川で、ボウズだったあげく川に落ち、
糸や針を木や岩に根掛かりさせまくって、退場を覚悟したほどセンスが無いです。
でもやはり上手くなりたい、お魚とりたい。
下手でも回数を積んでコツを覚えたいのですが、会社員の性か休日は限られています。雨を理由に釣りを休みたく無いのですが釣れないのなら意味はありません。
雨の日というのはそもそも釣れるのでしょうか?
ちなみに自宅からそう遠く無い同志、丹沢付近でやるつもりです。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。
色々な人がおっしゃるとおり濁りはチャンスです。とはいえ濁りにも大きく分けると3つのタイプがありまして、ひとつはまるでコーヒー牛乳のようなドロドロな濁り…これを便宜上“カフェオレ色”と呼びます…で、これは「釣れる」という人と「釣れない」という人にはっきり分かれます。もうひとつはある程度透明度が回復して水がキレイな笹の葉のよ若葉のような色の濁りで、これは俗にササ濁りと言って大釣りのチャンスと言われています。最後にカフェオレ色とササ濁りの中間で、抹茶に練乳を混ぜたような色…便宜上これを“抹茶ミルク色”と呼びます…の時は過半数の人が「釣れる」と言います。
概して「釣れる」という人は警戒心が解けたトラウト相手に良い思いをした経験からそういうもので、実際私も濁りは大歓迎です。雨が降れば雨音で足音をある程度消してくれる、薄暗いのでこちらの姿がサカナに見切られにくくなる、などのメリットも考えられます。

ただ渓流を手竿で攻めるとなれば 晴れの日より薄暗い=目印が見づらくなる=釣りづらい となるのでデメリットもあります。それなりの対策も必要になりますね。

老婆心ながら道志・丹沢(去年まで私のホームグラウンドでした)ですと雨や濁り以前に”根こそぎ”で釣れないという悲しい現実が…年寄りエサ釣りをしている人が大多数ですが、20cm未満であれもう10尾以上釣っているのであれ、「釣れたものは俺のモノ」とばかりに持ち帰ってしまいます。私と私の仲間うちではこういった貧しい心の釣り人を「ハイエナ」「貧乏人」「ヒョットコ」とバカにしています。特に道志川ではキャッチ&リリースが廃止され魚影が極端に少なくなっています。
釣果を上げるのも釣り人としての腕ですが、まずはサカナに“愛”を持って接して行くことが21世紀の釣り師への第一歩だと思います。せめて「家族が食べる以上は持ち帰らない」愛に満ちたスマートな釣りを心がけたいものですね。

どうも、釣りバカです。
色々な人がおっしゃるとおり濁りはチャンスです。とはいえ濁りにも大きく分けると3つのタイプがありまして、ひとつはまるでコーヒー牛乳のようなドロドロな濁り…これを便宜上“カフェオレ色”と呼びます…で、これは「釣れる」という人と「釣れない」という人にはっきり分かれます。もうひとつはある程度透明度が回復して水がキレイな笹の葉のよ若葉のような色の濁りで、これは俗にササ濁りと言って大釣りのチャンスと言われています。最後にカフェオレ色とササ濁りの中間で、抹茶に練乳を...続きを読む

Qシーバスロッドでバス釣りをしないのは?

よく『バスロッドでシーバス』というのは目にしますが、
逆に『シーバスロッドでバス釣り』はあまり聞きません。

・バス釣りがメイン・シーバスは遊びなのでバスロッドで代用
・バス専用ロッドがたくさんあるのでわざわざシーバスロッドを使わない

この辺りがメイン意見かと思うのですが、
他にシーバスロッドでバス釣りをするのに
何かしら決定的な不都合があるからなのでしょうか?

もしロッドの硬さ・長さ等で問題があるとすれば
バスロッドでシーバスを釣る場合やその他色々な専門の釣りを
専用のロッドで行わない場合にも当然問題が出るでしょうから
『シーバスロッドでバス釣りをされる方が少ない』
理由としてはどうなのかなと思いまして。

Aベストアンサー

まずは入り口の問題があると思います。一昔前のバスブームでバスロッドを持っている人が沢山似ます。「バスは最近釣れないし、外来種問題などで風当たりが強いから、今人気のシーバスをやってみようかな」と言う感じです。逆のパターンもありますが少ないでしょう。タックルの問題で言えば、一番のネックは長さです。バスロッドは6ftをメインで長くても8ftくらいですよね、シーバスロッドは、釣る場所にもよりますが7ft前後から12ft位まで有ります。
海や河口部など広いエリアに出ると遠投したくなりますが意外とバイトがあるのは足元です。足場の低い護岸からでしたら、6ftできれば7ftのバスロッドで十分対応できます。ところが、シーバスロッドをバスエリアに持ち込むとほとんどの場合長さが邪魔になり使い物になりません。ちなみにバスロッドはほとん対象魚に対してオーバースペックなので、ミディアムクラスのバスロッドではシーバスには硬すぎます。

Qどんな釣りにも対応できるロッド選び

釣りを初めて半年の初心者です。つりの面白さが分かり一生の趣味に考えております。
昔釣りをしていた父のいい投げ竿が有りましたので、それを使っての投げ釣りで夏のつりを楽しみました。
いい竿なんですが、投げ竿なのでリールを取り付ける部分から、付け根までが長すぎて他の釣りに向いておりません。 チヌ釣り、エギング、シーバスルアー釣り、メバリング 等 いろいろ挑戦したいと思っているんですが、竿の種類が有りすぎて、初心者の私にはどれがいいのか分かりません。
いろんな種類の竿を購入するお金も無いので、どんな釣りにも対応できる竿が欲しいのですが、
お勧めの竿、調子が有れば教えてもらいたいのです。今のモデルでなくても構いません。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

小学生の頃、3.6mの投げ竿でヤマメやニジマスを釣ってました。(最高36cm)
小学生の頃、3.6mの投げ竿で鮎の毛鉤釣りをしていました。
中学生の頃、2号5.4mの磯竿で鮎の友釣りをしていました。
中学生の頃、波打ち際で1号の磯竿に2号の錘で軽く投げて、キスを釣ってました。

そんな時代から比べると、今は釣具や考え方が特化・専化しすぎだなと思いました。
そこで、逆の発想で考えませんか?
あれやこれを1本のロッドでしようとするのではなく、このロッドで出来るいろんな釣りをしたほうがいいです。

例えば806Lのシーバスロッド(ルアー5~21g)+シマノ3000番リール+道糸3号をベースにして出来る釣りは

・ルアーでシーバス、ヒラメ、クロダイ
・小型ルアーでカマス、メッキ
・21gのメタルジグでハマチ、サゴシ(サワラの子)、シオ(カンパチの子)、キジハタ、ヒラメ
・7gのメタルジグでカサゴ、メバル、アジ
・エギ3号でアオリイカ、コウイカ、スミイカ、ヤリイカ、ケンサキイカ
・ワーム2~4インチ+10g程度のジグヘッドでカサゴ、クロソイ、キジハタ、アイナメ
・6号のジェット天秤の投げ釣りでキス、カレイ、メゴチ
・6号の錘のドボン釣りでシーバス、クロダイ、エイ、マダイ、カレイ
・サビキでアジ、イワシ、サバ、コノシロ、サッパ、カワハギ
・テトラの穴釣りでカサゴ、メバル
・ワインドで太刀魚
・浮き釣りでアジ、イワシ、サバ、メジナ、サヨリ、カワハギ、アイゴ

などです。
他、磯竿1.5号5.4m+シマノ2500番リール+道糸2号で出来る釣りは

・浮き釣りでクロダイ、メジナ、イサギ、マダイ、アジ、イシダイ、コブダイ
・サビキ釣りでアジ、イワシ、サバ
・エギ3号でアオリイカ、コウイカ、スミイカ、ヤリイカ、ケンサキイカ
・釣ったアジの泳がせでハマチ、シオ、マトウダイ、ヒラメ、シーバス、アオリイカ
・4号錘のドボン釣りでシーバス、クロダイ、エイ、カレイ
・4号錘で浜からキス、メゴチ
・太刀魚テンヤで太刀魚
・イカテンヤでスミイカ、ヤリイカ、ケンサキイカ

などです。
後で好きな釣り、好きな魚の傾向が出てくるので、それから少しずつ竿を増やしていけばいいと思います。

小学生の頃、3.6mの投げ竿でヤマメやニジマスを釣ってました。(最高36cm)
小学生の頃、3.6mの投げ竿で鮎の毛鉤釣りをしていました。
中学生の頃、2号5.4mの磯竿で鮎の友釣りをしていました。
中学生の頃、波打ち際で1号の磯竿に2号の錘で軽く投げて、キスを釣ってました。

そんな時代から比べると、今は釣具や考え方が特化・専化しすぎだなと思いました。
そこで、逆の発想で考えませんか?
あれやこれを1本のロッドでしようとするのではなく、このロッドで出来るいろんな釣りをしたほうが...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

Q投げ釣りとルアーフィッシングは同じ竿でできますか?

今、新しい竿を買おうと思っていて
どうするか迷っています。

投げ釣りとルアーフィッシングをよくします。
いろいろあって、一本しか買えないのですが、
何用の竿をかったらいいでしょうか??

お願いします。

Aベストアンサー

投げ竿を使うときには25号以上の天秤(錘)を使わなければならないほど潮が速いか、100m以上の遠投が必要なときに使ってます。
また、置き竿でマダイやスズキを狙うときにも竿を持って行かれないために重たいタックルである投げ竿、投げ用リールを使ってます。

流れの急ではない堤防から30m程度、サーフから50m程度のチョイ投げで手持ち竿であれば竿は何でも良いと思ってます。
私の場合はシーバスロッドのルアーウエイト5~28gの竿から7~35g、12~50gと投げる錘の重さで変えることはありますが手持ちなので軽いタックルで感度の良い竿を使ってます。
7~28gの錘を使うなら、さらに感度がよいエギングロッドも選択肢にはいると思います。
エギングロッドはガイド数が多く、LDBガイドなので感度に優れています。8フィート6インチが標準でこの長さならボートでのキス釣りも楽しめると思います。
シーバスのようにリーダーが20lbを超える場合はLDBガイドの竿はガイド系が小さくノット部分が干渉するおそれがあるので注意が必要だと思います。

基本的にリールが小さいのでPEラインが前提となると思うので竿はオールSiCガイド、リールはベアリング5個以上の物をおすすめします。
予算的には竿8,000円~、リール15,000円~となります。

投げ用の竿は重いだけではなくリールシートがあまりよろしくないのでルアー釣りのように常に竿を持っている釣りには向かないと思います。
どうしてもルアー竿では無理な釣り方をされるのでしたらやはり両方そろえるしかないと思います。

投げ竿を使うときには25号以上の天秤(錘)を使わなければならないほど潮が速いか、100m以上の遠投が必要なときに使ってます。
また、置き竿でマダイやスズキを狙うときにも竿を持って行かれないために重たいタックルである投げ竿、投げ用リールを使ってます。

流れの急ではない堤防から30m程度、サーフから50m程度のチョイ投げで手持ち竿であれば竿は何でも良いと思ってます。
私の場合はシーバスロッドのルアーウエイト5~28gの竿から7~35g、12~50gと投げる錘の重さで変えることはありますが手持ち...続きを読む

Qアブガルシアとはどんなメーカーなんでしょうか?

今まで沖釣りをメインにやってきて、特に道具に強いこだわりもないため無難にシマノやダイワの製品を使ってきました。

最近ルアー(ソルトウォーター)を本格的に始めたい思いルアー用品をいろいろ物色していますが、沖釣りでは見掛けないメーカーがいろいろあるんですね。

その中でアブガルシアというメーカーが少々気になっています。
海外(欧州)メーカーでデザインも良いので高級かと思いきやリーズナブルな印象を受けます。店頭でもかなり割り引かれて販売されているのをみかけます。

「海外メーカーでデザインが良い」=ドイツ車のような高級品・高性能と安易に想像してしまうですが、アブガルシアに関してはデザイン重視で性能は値段相応といった感じのメーカーなんでしょうか?
あるいはイタ車のように当たり外れの大きいメーカーなのか?

詳しい方、ご教授ください!

Aベストアンサー

こんにちは。

ABU・・・ベイトリールが有名ですね。
25年位前から、国産メーカーの性能と品質が良くなりダイワやシマノで十分に成りましたが
昔はベイトって言うと、ABUって位定番でした。
コレクターも多く、未だに「ABUじゃなきゃリールじゃない」って熱狂的なファンも居ます。
今でこそ、安価で購入できますが、昔は国産品の2,3倍の価格が付いていましたよ。

今となっては、性能に関しては可も無く不可も無くです。
他メーカーでも同じですが、同じメーカーでも販売ブランド内での売価が性能差と言えるので
何を選ぶかによりますね。
*ベアリングとかは、高い機種も安い機種も同じ物を使っている事が多いです。
 数の差が価格差っぽい所が有ります。

釣りに対する姿勢が分かりませんが、趣味の物なので“気に入ったデザイン”とかで
選んでも良いかも・・・


http://www.purefishing.jp/abugarcia/

Q渓流釣りにあったロッド

渓流づりをルアーではじめてみようと思っています。ロッドを買うつもりなのですが、重さ、硬さ、長さなど、どのようなものがいいでしょうか?ちなみにバス釣りや、イカ釣りなどもできるような万能的なロットってないものでしょうか?できるだけコンパクトなものがいいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ルアーロッドは目的によってかなり特化された仕様になっているので
それを使うフィールドや使うルアーによって選ばないと
中途半端な使えない物を買ってしまいます。
上流域ならあまり選択肢はありません。
5ft~5.6ftのULのツーピースでラインは4Lb程度を想定したもので
ルアーも3~7g位のロッドが汎用性があります。
中流域なら飛距離が必要になってくるので
7ft~8.6か8.2ft位のツーピースで4~8Lbラインを想定したもので
ルアーもマックス10gくらいのロッドがいいと思います。
バスもイカも必要とされるロッド特性が
渓流で使うような物とは全く違うので
中流用のロッドなら使って使えないことは無いと思いますが
とても満足できるような物ではありませんし
折損しないように配慮しながらの釣りになるので楽しめないでしょう。
上流域用の5ftクラスのロッドではバスもイカも無理です。
ワームをつかった小型メバルなどを港湾で狙うといった釣りなら
兼用できると思いますが。
本屋に行けば渓流のルアーフィッシングに関するムック本が売っていますので
どんなことが求められているのが
一通り読んでみてはどうでしょうか。
ロッドも1万以下から6万円代までありますので
予算とフィールドに合わせて釣具店で相談すればいいと思います。

ルアーロッドは目的によってかなり特化された仕様になっているので
それを使うフィールドや使うルアーによって選ばないと
中途半端な使えない物を買ってしまいます。
上流域ならあまり選択肢はありません。
5ft~5.6ftのULのツーピースでラインは4Lb程度を想定したもので
ルアーも3~7g位のロッドが汎用性があります。
中流域なら飛距離が必要になってくるので
7ft~8.6か8.2ft位のツーピースで4~8Lbラインを想定したもので
ルアーもマックス10gくらいのロッドがいいと思います。
バスもイカも必要と...続きを読む

Q水深のある釣り場でのトラウトルアーフィッシング

最近湖でも釣りをするようになりました。今までは渓流や本流だったのでそれほど水深はそれほどはありませんでしたが湖だと水深が10mを超えるところもありレンジに悩むようになりました。対象魚はネイティブのブラウン、レインボー、イワナ、ヒメマスなどです。

昔聞いた話では「トラウトは同じレンジで泳ぐものの後をつける習性があるからなるべく同じレンジを引く練習をした方がいい」だったのでそのようにしてきました。私はミノーが好きなのですが、さすがに10mの水深を泳ぐものはありません。仕方なくジグミノーを沈めてから引いています。

ところが釣り場で知り合った人の言葉を聞いて自分のやり方に自信が持てなくなりました。この人は私よりもよく釣れる人です。

曰く「フローティングとディープダイバーで十分。やる気のあるヤツは下から見上げて上に向けて食ってくる」。

10mの水深があってサカナのいるレンジが不明な時、ルアーは何をどのように使えばいいでしょうか?ジグミノーの時は秒針を見ながらカウントダウンはしていますが、巻き始めるとすぐに浮いてきているような感覚があり、これまた自信が持てないでいます。

最近湖でも釣りをするようになりました。今までは渓流や本流だったのでそれほど水深はそれほどはありませんでしたが湖だと水深が10mを超えるところもありレンジに悩むようになりました。対象魚はネイティブのブラウン、レインボー、イワナ、ヒメマスなどです。

昔聞いた話では「トラウトは同じレンジで泳ぐものの後をつける習性があるからなるべく同じレンジを引く練習をした方がいい」だったのでそのようにしてきました。私はミノーが好きなのですが、さすがに10mの水深を泳ぐものはありません。仕方なく...続きを読む

Aベストアンサー

質問文の中に話の筋道を混乱させるセンテンスが多いので皆さん見当違いの回答が多いのでは。

まず貴方より釣れると言う人の「フローティングとディープダイバーで十分」という台詞。
放置したら浮いてしまうルアーで水深10mを引くことは物理的に出来ません。これが一つ目の矛盾。
おそらくその人は水深10mなど初めから狙っていないのでしょう。手持ちのルアーで探れる領域から魚を引き出しているだけだと思います。

さて、質問者様はその台詞を聞いて自分の好きなフローティングミノーでも水深10mに居る魚を引っ張り出せると思った事、これも物理的に無理です。これが2つめの矛盾。

水深の深い湖で魚の居る泳層を探るのは簡単ではありません。川とは違うので当然です。そこをまず認識してください。

ただ、難しいとは言っても方法はあります。
そのひとつが適当に泳層のアタリをつけてルアーを引っ張るという方法。
間違ってはいませんが順番が違います。

・ルアーを引く前に水中の地形を地上の地形から推測する。
・水温を計る。
・魚探があるなら、または人に聞けるならベイトフィッシュの泳層をチェックする、釣れた状況情報を聞き出す。
・釣りの常識に照らして今の時間帯に魚がどの辺にいるか大雑把に推測する。

これらを経て魚のいそうなポイント・泳層を絞ったら、初めてその泳層を引けるルアーを引きます。

その後は魚の反応を見てリトリーブスピード、ルアーの色、プラグ・スプーン・スピナーなどの種類を変えつつ魚の反応を見ていくのです。

もっとも、魚も生き物ですから、ポイント取り・リトリーブ・ルアーのチョイスが正しくても食って来ない場合だってありますから。あまり杓子定規に10回通したけど釣れない、なにかおかしい。とか、あんまり神経質にならないことです。

魚釣りはTVゲームではないのです。

質問文の中に話の筋道を混乱させるセンテンスが多いので皆さん見当違いの回答が多いのでは。

まず貴方より釣れると言う人の「フローティングとディープダイバーで十分」という台詞。
放置したら浮いてしまうルアーで水深10mを引くことは物理的に出来ません。これが一つ目の矛盾。
おそらくその人は水深10mなど初めから狙っていないのでしょう。手持ちのルアーで探れる領域から魚を引き出しているだけだと思います。

さて、質問者様はその台詞を聞いて自分の好きなフローティングミノーでも水深10...続きを読む

Qトラウト用ルアーとリールについて

ダム湖遠投用として 
シルバークリーク NステージMS76MLを中古で購入しました。
狙いは 30cm前後のイワナ、ヤマメです

1.トラウト用ミノーは バス用とでは違いが有るのでしょうか?
2.お薦めのミノーがあれば教えて下さい
3.この竿には 何番のリールが適応するのでしょうか?
4.ダイワの竿にはやはりダイワのリールがフィットする物なんでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、釣りバカ(W杯ブラジル戦観戦中)です。

今年は天候不順ということでトラウト以外のサカナはイマイチ活性が低い、ということでトラウティストには”たまらん”状態が続いていますが…

まず1.について…ぶっちゃけ「バス用」「トラウト用」というレッテルは単なるメーカーのイメージで、お店の人間が「このルアーは何用だ?」と陳列に迷わないためにイメージをつけている、と。イメージをこて押しておけば買う人も「そうなのかな?」と買ってしまう、と。本当にいいルアーは何でも釣れてしまいます。少し話はそれますが、昔から芦ノ湖のトラウトハンターの間ではブラウンを釣るのにスピナーベイトを引き倒します(私も以前良く釣った)。
話を戻して2.に絡めていきますと…何といってもお勧めは<ラパラ>です。オリジナル(F)も良いですしテイル・ダンサーは稀に見る傑作ですし、カウント・ダウンは持っていないとルアーマンとして失格です(もちろんモノの例えです)。色は黒金と赤金があれば充分でしょう。またラッキー・クラフトのミノー達も外れがなくて良いですね。
3.についてですが、やはり3000番~4000番が良いのではないでしょうか…と言うのもある程度スプール形が大きいほうがキャスト時の抵抗が小さくなって飛距離が稼げる、基本です。特に尺上イワナを狙うなら最低でも10ポンドは欲しいところですので巻き癖がつきにくい大口径スプールは絶対、しかし投げ釣りのように一箇所にボーっと突っ立って同じ所に何時間もキャストする釣りではないのである程度の軽さを確保したい…ということで3000~4000番、と。
4.ですが、98年くらいまでは「シマノの竿にはシマノのリール、ダイワの竿にはダイワのリールをつけないと装着できません」でしたが、さすがにこれには多くのユーザーが「っざけんなよ!(爆笑問題太田口調で)」とブーイングがあがりどちらのメーカーも態度を改めています。あとは実際にリールを当ててみて「うん、いいね♪」と納得できるものを選んでください…個人的にシマノ派の私はシマノの竿に島野のリールでないと枕を高くしないと眠れませんが、最終的にそのタックルを使い倒すのはあなたですので、自分が気に入ればそれで良し、ですね。

どうも、釣りバカ(W杯ブラジル戦観戦中)です。

今年は天候不順ということでトラウト以外のサカナはイマイチ活性が低い、ということでトラウティストには”たまらん”状態が続いていますが…

まず1.について…ぶっちゃけ「バス用」「トラウト用」というレッテルは単なるメーカーのイメージで、お店の人間が「このルアーは何用だ?」と陳列に迷わないためにイメージをつけている、と。イメージをこて押しておけば買う人も「そうなのかな?」と買ってしまう、と。本当にいいルアーは何でも釣れてしまいます。...続きを読む


人気Q&Aランキング