これからの季節に親子でハイキング! >>

こんにちは。
ボートからのGTルアーフィッシングを計画しています。
メインPEライン8号+スペーサーラインにシーハンターPE20号+
130lbリーダー+200lbバイトリーダの構成で準備していくつもりなのですが、結束方法はそれぞれどういった方法がベストなのか教えていただけないでしょうか?
過去ナイロンライン時代にGTを釣りにいった経験があるのですが
しばらくブランクがありPE系の釣りは不慣れです。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

cherrytroutと申します。



自分が使用したラインシステムを紹介します。
PE5~6号を使用。
ビニミツイスト(40回以上巻く)を作ります。
残った3本ラインを三つ編みにしていきます。三つ編みの長さは1m位作ります。
三つ編みとショックリーダー、リーダーとリーダーの結束方法はフィッシャーマンズノット。
リーダーは130lb+200lbでOK。

ショックリーダーはスイベルを付けた状態の物を、数セット作っておくと便利です。

参考までに・・・PEはナイロンに比べ良く飛びますが8号より5~6号辺りを使用したほうが楽に飛びます、PE5号でも、ちゃんとシステム組めばドラッグは13キロ位は余裕で掛けれます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんにちは。
ビミニツイストでできたダブルラインと端糸の3本で三つ編みを1m作る、というと何百回も三つ編みを編んでいくということなのでしょうか?
ダブルライン用に2m取り、端糸を1m取り、ダブルラインを作成していくということですよね。

フィッシャーマンズノットは実釣で使用したことが無いのでまずは練習してみます。
実際に皆様が教えてくださったラインシステムでキャスト練習して見ますね。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/19 10:43

人それぞれで癖があって


人に聞いて結束をしてもまずうまく行くことは無いです。
自分が現場でできそうな結束を格10セットくらい作って
柱にでも縛って引き切ってみるのが一番良いです。
例えるなら一番早いF1カーを人から進められても
それに乗って一番早く走れるわけではないです。
使うラインの特性によっても違います。
    • good
    • 1

私の場合ですが、


8本縒りのPE6号にナイロンリーダー130lbか170lbのシンプルなシステムです。
シンプルな方がトラブルが少ないと思ってます。接続はFGノットです。
太いラインでもFGノットは結びコブが小さく、キャストの邪魔になりにくいです。
強度としても最も強いノットの1つだと思います。
GT相手では歯切れ防止用のリーダーは追加しません。

参考になりそうなページがあったのでリンクを入れておきます

参考URL:http://www.carpenter.ne.jp/co%20goshitsumon%20kn …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。早速の回答ありがとうございます。
確かに複雑なシステムにするよりもシンプルなシステムの方が
トラブルに繋がりにくそうですね。
FGを確実に組めるよう練習あるのみですね!
参考URLも大変役立ちました。
ありがとうございます。

お礼日時:2007/09/19 00:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QGT用ロッドオススメは何でしょうか?

オフショアでのGTフィッシングを企画してます。
リールはダイワ製に決めておりロッドもダイワ製で、と思ったのですが以前発売されていたソルティガ GT80Pは今は売ってないようで..ソルティガTUNA or DOG FIGHTにしたら良いのか、でもいずれもGT用とは書いてないし、ウエダ製とかゼナックとかも有るようですが情報少なくピンと来ません。
どなたかアドバイス頂けないでしょうか?
追伸
私は海外居住者なのでショップに確認する事ができません。
なのでこうしてお願いしてる次第です。

Aベストアンサー

cherrytroutです。

ロッドは振り切れるなら初心者でも8f以上が有利になります。
GTの場合少しでも飛距離を稼いだ方がヒット率が上がります。
ルアーが着水してホップし始めて、魚が気が付いて向き変え追ってきてバイトするまで結構な距離が必要。大物の場合少し追ってルアーを良く見てからヒットする事が多いので、結構手前で食ってきますよ~

GTのみの場合8~9fが標準タイプ。
GTと青物ジギング両方狙えるような場所では7.6前後のロッドで両用したりします。
また、場所と言うか移動手段(ヘリ、飛行機)の「持込長さ制限」がある場合があり6.9f以下と言うような選択肢しか出来ない場合もあり。

自分はモルディブでしたのでGTがヒットした直後、底の方に行ってもリーフエッジとか根が少ないのでリーダーの太さと長さを気にすることが無くラインシステムを組めました。
勿論根のきつい所ではリーダーの長さがを長くしなければならず、短いロッドの場合リーダー全長が短くなるのでほんの少しと思われますが、
ロッドトップからルアーまでの垂らしの部分の太いリーダーが1f違うと30センチ短くなり、トップからリール手前までのリーダーも30センチ違ってくるので合計60センチ短くなります。

出来るなら8.3をお勧めします。釣りに行く前に「振り子キャスト」を何回か練習すれば良いだけです。

初心者の方でしたらPEラインは餌用の物を使用すると良いですよ、ラインシステム組む時も10センチ刻みでマーキングしてあるので船の上でも簡単に計測できますし、飛距離のチェックも正確。
ルアー専用より安く入手できます。

自分のラインシステムはPE6~5号でビニミツイストを作り、その時に3本ラインがあるのでそれを三つ編みにして1m。
リールからトップガイドまでが60号位のナイロン。
トップからルアーまでが100号でした。

cherrytroutです。

ロッドは振り切れるなら初心者でも8f以上が有利になります。
GTの場合少しでも飛距離を稼いだ方がヒット率が上がります。
ルアーが着水してホップし始めて、魚が気が付いて向き変え追ってきてバイトするまで結構な距離が必要。大物の場合少し追ってルアーを良く見てからヒットする事が多いので、結構手前で食ってきますよ~

GTのみの場合8~9fが標準タイプ。
GTと青物ジギング両方狙えるような場所では7.6前後のロッドで両用したりします。
また、場所と言うか移動手段(ヘリ、...続きを読む

QヒラマサやGTに適したベイトリールは?

先日ヒラマサ釣りに行き、せっかくヒラマサがかかったのですがあまりにもサイズが大きかった為リールが巻けないという状況でした。
しまいにはラインブレイクでばらしてしまいました。
使用していたのはペンのスピニングリール6000番です。
私の腕もそうかもしれませんが、使用していたリールがあまりにもダメなものだったのも原因だとは思います。
ベイトリールなら両軸だし巻き取りもスムースにできるのではと思いました。
そこでみなさんにお聞きします。
青物やGTと勝負できるベイトリールを教えて頂けないでしょうか?
色々と調べた結果、候補としまして以下のリールを考えています。

・オシアジガーNR2000P
・カルカッタコンクエスト
・リョウガ ショアジギング

この他にも何か良いリールがありましたらご紹介頂けますか?

Aベストアンサー

こんばんは。
ブレイクで逃がしてしまいましたか。
ラインは何ポンドでしたか?
ベイトリールにしたからといって
釣り上げられる状況では無いように思えます。
ボートからのジギングでヒラマサを狙う場合、
ラインは最低40ポンド、リーダーは最低60ポンドは必要です。
ヒラマサは底付近でヒットする事が多く、
ドラグを出すと根ズレで切られます。
絶対にドラグは出さないつもりでファイトしますので、
私はライン60ポンド、リーダー80~100ポンドです。
これでも手も足も出ず切られる事もあります。
太いラインを充分巻けて、ドラグが強いリールであれば、
スピニングでもOKですよ。
シマノなら8000番以上ですかね。
ロッドも各社ヒラマサ向けの物もありますので。
GTに関してもジギングであれば上記のタックルで
一緒に狙ってもいいと思います。(サイズによりますが)
ベイトとスピニングの使い分けは、
基本的にはスピニング、スローに誘う場合はベイトと、
釣り方で分けるのが良いと思います。

Qキャスティング用GTロッドとTUNAロッド

以前GTロッドの件で質問させて頂いた者なのですが、GTよりはマグロの方が釣行に行ける可能性が高いのでTUNAロッドを買ってGT(行けるかまだ分かりませんが)と兼用にしようと思うのですが、何か大きな問題等有りますでしょうか?
そもそもGTロッドとTUNAロッドの違いな何なのでしょうか?キャスティングウェイト等、スペック的には似通ってる所も有るので十分兼用できるのでは無いかと思うのですが?
恐れ入りますがアドバイス頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

cherrytroutです。

ロッドの小話を・・・
値段が高いロッドはいくらでもあります。特にGT。
見栄を気にしなければ安いロッドでも十分魚とは遊べます。サザンクロスとかカマジャなど一昔前のロッドの中古ですが・・・たまに新品が激安で売っています。
http://www.wbs.ne.jp/bt/kenturi/zaiko/25offrod.htm

GTの場合ロッドはある程度キャスト出来る物であれば良いので、それよりルアー本体にお金を掛けた方が良いと思います。
時期によってルアーチョイスで釣果が全然変りますので・・・・

Qショックリーダーの長さはいくらが適正ですか

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点を養う為等の一般的な目的の他
遠投時に思い切り振る時に、トップガイドの部分だけは
太いリーダーのほうが、投げる時に切れたりのトラブルが無い気がするからです。

もしこれが遠投時の指の所まで太いリーダーが来ているほうが良いですか?
それとも、トップガイドより外までPEでも遠投時その瞬間切れたりしないものでしょうか
どちらのほうが良いのでしょう?

過去に一度だけ、青物を掛けた後、遠投したら
リーダーが擦れて切れてジグが飛んで行った事がありましたが
遠投時、リーダーはロッドより外にあったほうがいいのでしょうか
自分は、トップガイドの部分に負荷がかかる気がするので
リーダーがトップガイドに必ずあるようにはしています

アドバイスお願いします
個人的な考えでも何でも結構です
日々の釣りの参考にさせて頂きたいので

陸からの投げでメタルジグ(50g~120g)を遠投する時、
ショックリーダの「長さ」はどのくらいが適正ですか?
適正が無ければ、どのくらいが多いですか?

因みに、掛ける魚は青物50センチクラス~1メートルクラスがメイン。
PEは1.5~3号、リーダーは20ポンド~40ポンドまで使い分けており
ロッドの長さ、可能ルアー重量もまちまちで複数保有しています。

自分は現在、投げる時に指の所にはPEが来て、
ショックリーダーはトップガイドから50センチくらい入る程度で
使う事が多いです。

目的としてPEの弱点...続きを読む

Aベストアンサー

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い越して
ガイド絡みを起こすと言うのを嫌ってると言うのが一番の理由です。
以前友人が投げ竿でPE3号でキャストしていた際にガイド絡みを起こし、
キャスト切れせずガツンと凄い衝撃が来たと言ってました。
PE3号は即切れし難いので横で見ててよくロッドが破損しなかったなと言うぐらいでした。
リールの番手やガイドの大きさにもよるでしょうけど、
リーダーをリールに巻き込むほどの長さは自分的には無いですね。
投げ釣りの様なテーパーラインなら話は別ですけど。
ゆったりキャストするならまだ良いですけど、
大遠投しようとして絡まると・・・自分にはちょっと出来ないかも~

最近リーダーはフロロ一辺倒になってきてショックを吸収するリーダーでは無く、
根や歯に対する防御と言う意味のどちらかと言うとファイティングリーダー
そんな思考に自分はなってます。
ショアジギは掛かったら安全圏まで一気のパワーファイトですからね。

根ズレが多いとか取り込みの仕方とか色々条件もありますし、
人それぞれポリシーもあるので適正値は難しいところですね。

自分は30~60lbのフロロカーボンをリーダーにして主にFGノットで結束。
長さは1ヒロ程度で結束部はガイドの外に出してます。
ジグの位置はバットガイドからリール付近が多く、
リーダーが固く太いほどそう言う感じにしてます。
シーバス釣りはMAX30lbくらいなのでノットの音や擦れは気にしませんが、
ノットがガイドに当って失速しそれが原因で後追いするPEラインが追い...続きを読む

Q石垣島の釣りについて

こんにちは。9月に新婚旅行で4泊5日で石垣島に旅行に行く予定ですが、あまり予算が無いので船ではなく、時間の合間に手軽に陸からルアーでもやりたいと考えております。釣れる魚と推奨タックル、また飛行機でロッドを現地に持っていく方法など、詳しい方いらっしゃいましたらお教え願いたいのですが。ちなみに、当方バス、シーバスの道具はすべて揃ってます。代用出来ますか?

Aベストアンサー

5年以上前ですが、現地でタックル一式を買ってルアー釣りをしたことがあります。

街中にルアー用のタックルを扱ってる釣具店があって、そこで聞くと何でも教えて貰えました。地図なんかも貰って、釣り場所に印つけてもらいました。
7~8ftのトラウトロッドに、確かダイワの2000番ぐらいのリールを合わせましたね。ルアーはラパラのCD-9などです。
日中のショアからの釣りは、20センチ~大きくても40センチぐらいの魚が主な対象です。ダツなんかはメータークラスのものが入ってくるようですが。
シーバスタックルで、充分楽しく遊べます。極端に弱いものでなければバスタックルでも大丈夫だと思います。

石垣島の魚は、本土の常識から言うとトテモ変です。
石垣島というのはラグーンです。
港などで船が着く場所以外は、だいたいの海岸が外側の環礁部分までずっと遠浅になっています。百メートル以上あるでしょうか、環礁近くまで行ってようやく胸までぐらいの深さです。岸から数十メートル沖まで、ずっと膝から腿ぐらいまでの浅い海が続きます。
当然ながら水の透明度も高いわけですが、このド浅いところに日中は突き刺すような日差しがガツンガツンと降りぎます。
そんな中、浜辺からトップウォーターのペンシルベイトなんかを投げると、何を考えているんだかよくわからない魚達がガッツンガッツンとアタックしてきます。シーバスやバス釣りの常識は通用しません。雲が差して日が翳ると、釣れなくなります。

環礁の中には、そもそもあまり大きな魚は入ってこないようなので、タックルも大したモノがいらないわけです。9.6ftもあると大げさすぎる感じです。釣れる時には簡単に釣れるので、キャスティングさえできれば奥さんも楽しめます。

でもせっかく石垣島に行くんだったら、GT釣りたいですよね。
ショアから釣れないのかというと、実は釣れます。

石垣港は深くなってるので、朝まづめ夕まづめにGTが入ってきます。
フサキビーチにも船着場があって深場になっており、入ってきます。
トレバリーは、朝まづめ夕まづめの釣りです。

石垣港では私は釣りしませんでしたが、物干し竿みたいな竿を構えてる人を目撃しました。港のそばの最寄の釣り具屋さんに、「昨日釣れた」というメーターオーバーのGTの魚拓が張ってありました。
餌釣りであれを取るつもりなら、石鯛竿が要ると思います。

フサキビーチでは、取れませんでしたがGTが掛かりました。
理屈では太平洋の真ん中でマグロが掛かったみたいなもので、障害物も潜られる根もありませんから、華奢なタックルと細いラインでもリーダーシステムさえ確りしていれば取れる筈だったんですが、10秒ぐらいでフックアウトしてしまいました。
数匹で回遊しているのが見えていましたが、50~60センチぐらいのサイズだったと思います。
あんまり考えずにラパラのCD-7なんか使ってたからですが、フックが一直線に伸びきってしまっていました。
これも、現地の釣具屋さんで石垣島対応のガッチリしたフックやスナップを買うことが出来ると思いますので、GTを狙うんだったら細かいところにも気を使わなければなりません。シーバスロッドでも腕があれば取れないということは無いと思います。
ルアーは、オフショア用の巨大なポッパーまではいらないと思いますが、ラパラは噛み砕かれました。ボディーの中にワイヤーが通っているタイプが良いと思います。


天気の良い日に、暗いうちから浜に出て、奥様と一緒に夜明けから空の色が変容してゆくところをご覧になってみて下さい。
良い日にあたると、美しいばかりではなく、GTがボイルしているという釣り人としても感動的な光景にめぐり合えます。

長文で失礼しました。

5年以上前ですが、現地でタックル一式を買ってルアー釣りをしたことがあります。

街中にルアー用のタックルを扱ってる釣具店があって、そこで聞くと何でも教えて貰えました。地図なんかも貰って、釣り場所に印つけてもらいました。
7~8ftのトラウトロッドに、確かダイワの2000番ぐらいのリールを合わせましたね。ルアーはラパラのCD-9などです。
日中のショアからの釣りは、20センチ~大きくても40センチぐらいの魚が主な対象です。ダツなんかはメータークラスのものが入ってくるようです...続きを読む

Qリーダーの太さ

シーバスロッド(10フィート、ミディアムヘビー)で60cm前後のハマチを釣ろうと思います。ラインはPEの2.5号、リーダーはフロロの16号です。ここで気になるのがリーダーが太すぎるのではないか、です。直結した場合、接合部が切れたり何か、不具合が発生するのではないのか心配です。どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

私は固めのシーバスロッド(負荷MAX70g)+バイオマスター6000PGでやってました。
(メーター級のヒラマサがヒットし、ロッドが殉職)
その時のラインは、PE3号+フロロ10号(40LB)です。
ショア(磯)からなので根ズレが酷く、やや太めにしています。
今はMAX120gのロッドで、ショアからメーターヒラマサにチャレンジしています。

まず言える事は、全体のバランスをしっかり考えないと、いざ大物が掛かった時に、全く対応できません。
通常のキャストでもロッドが破損してしまう事があります。
シーバスロッドという事は、船ジギではなくてショアジギだと思いますのでそれを前提に話します。

ラインの号数を決めるのには、まずロッドの負荷がどれくらいかを調べる必要があります。
シーバスロッドなら、例えばルアーウエイト:12~40gとか書かれていますよね。
そのMAX値(ここでは40g)がそのロッドの強度なので、それを元にバランス良いラインシステムを計算します。

ロッドの負荷がMAX60gならPE2~2.5号+フロロ6~8号。
MAX40gなら、PE2号+フロロ6号前後が適当ではないでしょうか。
底が岩礁ならリーダーが傷み易いので、リーダーの号数もう1号ぐらい上げても良いです。

もう一つ、シーバスロッドはジギング用ロッドと比べてガイドが小さいので、PEとリーダーの結び方はFGノットが適しています。
他のノットにすると、結節部分がガイドに当たり、飛距離が伸びなかったり、ガイドに絡まってライン切れを起こしたり、最悪はガイドが破損します。

なので、船ジギよりはショアジギのほうがルアーをキャストすると言う動作が含まれる分、もう少ししっかりと考えないといけません。
(船ジギにはショアジギにはない難しさもありますが・・・)
タックルのバランスが良いと、メーターのブリでも楽々勝てます。
頑張ってください。

私は固めのシーバスロッド(負荷MAX70g)+バイオマスター6000PGでやってました。
(メーター級のヒラマサがヒットし、ロッドが殉職)
その時のラインは、PE3号+フロロ10号(40LB)です。
ショア(磯)からなので根ズレが酷く、やや太めにしています。
今はMAX120gのロッドで、ショアからメーターヒラマサにチャレンジしています。

まず言える事は、全体のバランスをしっかり考えないと、いざ大物が掛かった時に、全く対応できません。
通常のキャストでもロッドが破損して...続きを読む

QPEラインのテンションの楽なかけ方を知りませんか?

PEラインのテンションの楽なかけ方をご存知ありませんか?
電動リールでラインと別々に購入しいつもラインの巻き方を失敗し
適量のラインなのに膨らんでしまい巻けません。
テンソンアジャスターとか買えば出来るとは思いますが何度も付け替えることも無いので、購入することも出来ません。
どなたかよいアイデアをお持ちではありませんでしょうか?

Aベストアンサー

電動リールをロッドにセットし、ラインはガイド通さずリールに結びつけラインのボビンを鉛筆などに刺す、テンションはボビンを指でつまんで調節する(車で例えると、ボビンがブレーキローターで、指がブレーキキャリーパー&ブレーキパットのようりょうで。)
そして、電動でラインを巻き取り、指でテンション調整する。
このとき、テンションをかけている時にはラインに触らない、触る場合はテンションを緩めてから。

テンションを掛けている状態で触れ摩擦を起こしてしまうと、PEラインのコーティーングが剥がれてしまいラインがヨレたり、ラインの寿命が短くなります。

自分はスピニングリールにPEを巻くとき、濡れタオルでラインを押さえ巻いていましたが、コーティーングが剥がれ、またすぐに巻きかえるはめになりました。

濡れタオルで巻く場合は、必ずゆっくりと巻いてください、勢いよく巻くと濡れタオルでもラインと触れているポイントはすぐに乾き、タオルの摩擦でコーティングが剥がれてしまいます。

ラインの膨らみも重要ですが、そればっかりに気をつけてコーティングを剥がしてしまわないように注意してください。

コーティングが剥がれてしまった場合などは、PE専用のコーティング剤が売っているので、使うといいと思います。

電動リールをロッドにセットし、ラインはガイド通さずリールに結びつけラインのボビンを鉛筆などに刺す、テンションはボビンを指でつまんで調節する(車で例えると、ボビンがブレーキローターで、指がブレーキキャリーパー&ブレーキパットのようりょうで。)
そして、電動でラインを巻き取り、指でテンション調整する。
このとき、テンションをかけている時にはラインに触らない、触る場合はテンションを緩めてから。

テンションを掛けている状態で触れ摩擦を起こしてしまうと、PEラインのコーティーング...続きを読む

Qルアーの飛距離、どれ位が一般的?

一般的な腕の人が投げた場合のルアーの飛距離はどれくらいでしょうか?もちろんたとえ同じ重さでもルアー形状によってかなり差はでそうですが、皆さんの感覚としてどれくらいのフィートの竿でどれ位のウェイトを何メートル程度飛ばせるのが一般的か教えていただけると幸いです。
加えて、よくルアーのパッケージに「実測○m、無風」とかいったように、そのルアーの飛距離を公言しているルアーがありますが、あれは一般人が投げてのモノなのか、いわゆるテスターが投げた(つまり上級者がマックスで出せる)飛距離なのか、どちらととるのがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがかかりますのでいわゆる「力糸」を補っておかないと思い切り振り込んだら バチーン! と破裂するようにラインブレイクします。しかし飛んでしまえばライン抵抗はできるだけ細くしたい、というわけで1号が理想ですがナイロンやフロロだとヒットと同時にラインブレイクしてしまう細さなのでPEを使います。投げ釣り用のラインだと「飛ばす」ための専用コーティングがされているうえ20mごとに色が変わるので何m飛ばしたか一目瞭然です。

さらにキャスト方法を少し変えてみましょう。垂らしを長めにして、ロッドを頭の上で「の」の字を書くように大きく振ってスリークォーター気味に振り込みます。これはバスの村田基さんが得意げにやっていた「スパイラル・キャスト」の応用でやはりバスの田辺哲夫さんがよくやる「オーバーヘッド・ロールキャスト」と呼ばれるキャスト方法です。余談ですが、これをロッドを横にして同じ動作をすればやはりバスの並木敏成さんの「ロール・キャスト」と呼ばれます。
さらにルアーの弾道を水面から見て45度の角度に飛ばすと飛距離は確実に伸びます。これはサーフキャスト(投げ釣り)では基本の角度でこれができれば6色(20m×6=120m)出せると言われています。

話によると80m付近まで飛ばせるようなので、このラインシステムとキャスト方法を試してください。確実に100m飛ばせるようになります。ルアー・コントロールはキャストの際穂先をナブラに向ければ嫌でもナブラを直撃します。

なおUVグルーは力糸とランニングラインの結び目を補強するだけでなく段差をなくして飛距離を妨げることを防ぎます。下記URLは私の通いのフライフィッシング・ショップです(UVグルーは元々フライフィッシング用品として開発された)が、通販で扱っているので紹介しておきます。

参考URL:http://www.bluedun.net/Accessories-UVKnotSense.htm

どうも、#2です。たびたび失礼します。

やはり青物で悔しい思いをしていたのですね。お話を拝見して「もっと飛距離が出る」方法がありますので追記します。

まず飛距離を出すにはラインに手を加えます。ラインは投げ釣り用のランニングライン・PE1号を用意します。お金に余裕があれば投げ釣り用のテーパーライン1~5号を、余裕がなければフロロ30lbを12フィート+ひとヒロ程度を直結します。結び目をUVグルーで接着して段差をなくします。
キャストの際ラインにはべらぼうなテンションがか...続きを読む

QショックリーダーはメインのPEより強い数値?

ルアー釣りでのショックリーダーの強度に関してご質問します

仮に、PEが2.5号でMAX45ポンドの場合、
ショックリーダは35、40、50という規格があった場合
50ポンドで良いでしょうか

現在30、40と試しましたが
特に差が無い気がしますので
(システムを組む時や管に結ぶ時は太いなとは感じますが)
自分が使っている銘柄の規格で最大の50ポンドで良いでしょうか

単純にメインPEに対して、ナイロンショックリーダーのほうが
限界強度が高いほうが良いのかな?と思ったりします

Aベストアンサー

PE2.5号で45lbあったとして、
実際に必要な強度は何lbですか?となります。

PEにリーダーを使用する理由が明確であればおわかりと思います。

私がリーダーを使用する理由は、

1.PEは伸びが少なくクッション性を持たせるためにリーダーを使用する。
2.PEは根ズレや魚ズレに極端に弱いためリーダーを使用する。
3.PEは結びによる結束強度が極端に低いためにリーダーを使用する。

システム全体、ルアーに結んだ箇所で45lb必要ならメインラインが既に足りてません。

FG結束でもおよそ80~90%に強度が低下します。

ユニノットやクリンチノットでPEを結束した場合は30~40%以下になるそうですから、60%程度がキープ出来るナイロンやフロロを用います、その場合メインライン並の強度を考えるならリーダーは80lb程度のラインである必要があります。

ただ、この場合ガイドに問題無く巻き込めるかとなります。

実際に必要なlb数が明確ならこうやって計算しながら最低限のラインでシステムを組めます。

リーダーが強すぎると高切れの心配もありますが、一番弱い箇所はリーダーとメインラインの結束箇所です。メインラインが高切れするなら何らかの傷や欠陥があったという事になります。

根掛かり時にリーダーを残したいならリーダーとメインラインの結束箇所よりもリーダーとルアーの結び目を弱くなるようにしておけば問題無いです。

メインラインを細くしたいが、根ズレを回避したい場合は、メインラインよりも強くなるリーダーを使っても問題無いです。この場合はリーダーとメインラインの結束箇所が切れます。

ロッドに対してですが、個人的にはロッドの負荷以上のラインを使用することもあります。
先に書いたようにガイドに通るかというのが一番で、ガイドをスムーズに通るならドラグのセッティングさえきちんと出来ていればロッドを折るなんて事は通常あり得ません。

PE2.5号で45lbあったとして、
実際に必要な強度は何lbですか?となります。

PEにリーダーを使用する理由が明確であればおわかりと思います。

私がリーダーを使用する理由は、

1.PEは伸びが少なくクッション性を持たせるためにリーダーを使用する。
2.PEは根ズレや魚ズレに極端に弱いためリーダーを使用する。
3.PEは結びによる結束強度が極端に低いためにリーダーを使用する。

システム全体、ルアーに結んだ箇所で45lb必要ならメインラインが既に足りてません。

FG結束でもおよそ80~90%に強度が低下しま...続きを読む

Qソルティガ4500Hとキャタリナ4500H

何度かご質問させて頂いております。香港在住の者です。
今春、カツオ、シイラのトップゲームで中古でソルティガ4500Hを買おうか、新品でキャタリナ4500Hを買おうか悩んでおります。
ダイワのHPで見ると両者の違いはベアリング数の違いだけの様な気がするのですが...

識者の方々、アドバイス頂けませんでしょうか?

Aベストアンサー

どうも、おはようございます。

ジギングやキャスティングをメインにやってる者です。
キャタリナ4500H=ソルティガブラストですね。
新製品ですが昨今の金属価格高騰で「定価を上げるだけでは反感を買うのでマイナーチェンジした物」なので初期ロットの購入も比較的安心して出来ます。(フルモデルチェンジはしばらくはばらつきが安定せず、やばいですが)

まず、ソルティガ、キャタリナ両者の違いですがドラグ性能、ギアが違うのはまず間違いありません。
(ソルティガブラストを持ってないので保証は出来ませんが)
私はシマノ派なのでステラ5台とツインパワー3台、ソルティガZ1台で回してます。
すこし本題から離れますがよくわかってるシマノで書きますと。
ステラとツインパワーではベアリングの数などから巻き心地が全然違います。
でも、もっと大きな違いはドラグの出方です。
この部分は「ドラグ設定」に大きく影響し、大型の魚を取り込むのにかなりの差が出ます。
あと、ソルティガのHシリーズはハンドルが少し重いです。
当然、キャタリナのHシリーズは更に重く感じると思います。
使っていると防水パッキンが緩み少し軽くなりますが...少し考えものですが...メーカー発表です。

同様にソルティガとキャタリナでも同じ事が言えると思います。
特にダイワの方がドラグ特性のカーブがリニアではなく最初にテンションがかかりやすい傾向にあるのでキャタリナだと不利さは増すと思います。(ツインパワーとソルティガは似た出方をします)

>中古でソルティガ4500Hを買おうか、新品でキャタリナ4500Hを買おうか悩んでおります。
限りなく新品にちかいならソルティガをお勧めします。
なぜ、「新品に近い」と書いたかというと単純にギアの摩耗です。
ボディの傷は私の考えでは全然気にしてません。(自分で傷つけますし)
購入前に触ってみてまともに見えても「中身はきれいにグリスアップしてます」ごろつきは少なく感じ、しばらく使っていると支障が出る事があるからです。(結構、見極め難しいです)
よくわからなければ明らかに数回以内の使用の物を購入すべきと思いますが。
オーバーホールした場合の値段ですがほとんど変わらないと思います。(部品の値段も意外と近く、工賃が一緒のため)
長く使うつもりなら最高機種の方が有利です。
釣行回数にもよるでしょうが...。私の場合、釣行回数(年間50日程度?)と今後も長く続ける事から最高機種の方が絶対お得と考えステラメインでやってます。

余談ですがステラSWもこの前のフィッシングショーで発表されているのでは??
旧作の新古価格も下がってくると思います。
ただ、こちらは故障率がダイワに比べ多いです。
1台だけで戦うなら少し心許ないですが....(^^;

もう一つ余談ですがカスタムスプールを購入予定なら4500でも良いですが(カスタムは4500がメイン、下巻き量を合わす意味で通常スプールも4500に合わす)、シイラなどキャスティングにはそこまでラインキャパは不要かと。
下巻き量が増えるだけでめんどくさいです。
お考えがあるのなら別でしょうが...。
個人的にはこのサイズのキャスティングならセルテートHDカスタムorハイパーカスタム、ソルティガGAMEなど自重が軽く1日投げやすい物をチョイスしますが。(キャタリナより値段は少し高くなります)

ほとんどご存知の事であまりお役に立ててない、失礼な文書がありましたらお詫び申し上げます。(本意ではないことご理解下さい)

まとめますと
双方違いはある。ドラグはほぼ確実に違いベアリングの数で巻き心地は全然違う。ギアも耐久性が違う可能性もある。
中古で購入はリスクがあるので慎重に。釣行回数や今後の年数も考慮し選ばれては?

少しでも参考になりましたら幸いです。

どうも、おはようございます。

ジギングやキャスティングをメインにやってる者です。
キャタリナ4500H=ソルティガブラストですね。
新製品ですが昨今の金属価格高騰で「定価を上げるだけでは反感を買うのでマイナーチェンジした物」なので初期ロットの購入も比較的安心して出来ます。(フルモデルチェンジはしばらくはばらつきが安定せず、やばいですが)

まず、ソルティガ、キャタリナ両者の違いですがドラグ性能、ギアが違うのはまず間違いありません。
(ソルティガブラストを持ってないので保証は出...続きを読む


人気Q&Aランキング