1.戦術構想をする場合に重要な前提条件を2~3つあげ、理由を示せ。
2.夢のような、あるいは奇抜な戦術行動を構想せよ。
3.戦術行動としてトレーニングしている事、あるいはした事を示せ。
4.コーチの仕事(役割)の中で重要であると考えていることを1つ示し、その理由を述べよ
・・・というレポートの課題なんですけど、わかるところだけでもいいので、できれば今日中にお願い致します!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

弱小小学生チームにしか関わったことがないので、レベルが低くて申し訳ないのですが ...



1. 「特定の選手に依存しないこと」。
一人が怪我をしたり調子を落としたら実現できないような戦術は利用価値が低いので。
「戦術の意味をプレーヤーに理解させること」。
理解せずに形だけ従っている戦術は、すぐに破綻するので。
「戦術の適用範囲をはっきりとさせること」。
どんな戦術も万能ではないはずなので、今、その戦術が有効かどうかについて、プレーヤーすべてが自分自身で判定できるべきであるから。
「その戦術が有用でないときにどうするのかをはっきりとさせること」。
複数の戦術を場合によって使い分けるのか、ベンチから指示が出るのか、プレーヤーが自主的に判断するのか、いずれにしても、チームとしての意志を統一しておかないと混乱する。

2. ありがちなものとしては、長身選手を集めてヘディングだけでボールを運ぶ、とかでしょうか。
小学生レベルで意外と有効だった戦法として、スローイン時に強く地面に叩きつけて前方にバウンドさせて走りこませる、というものがありましたが、夢のようでも奇抜でもないですねぇ ...

3. 攻撃の形としてオフザボールで斜めに走るものを取り入れようとしたときに、斜めに走ることを習慣付けるために、ダッシュやドリブルなどの練習をラインに対して斜め方向で行った。

4. 試合中に、プレーヤーがプレーを客観視して、自分自身で判断できるようになる、そのための手助けをすること。
試合中にリアルタイムに判断してプレーに活かせるのはプレーヤーのみであるため。
そして、プレーヤーを成長させることがコーチの役割の重要な部分であると信じるから。
    • good
    • 0

レポートが28日までのようなので、


今現在書いても意味ないと思うのですが
ちょっと気になったもので・・・

cbcbcbさんの回答の「持ち上げる」とか、
基本的にサッカーでは「何か」(例えば自分以外の人や物等)
を使ったプレーは「非紳士的行為」で多分ファールです。
ですから、よく漫画であるゴールポストを蹴って、
その反動を利用して逆サイドにうたれたシュートを
止める、なんていうのも駄目だったと思います。

私はコーチとかそういうのじゃなく選手、
と、いっても全くのアマチュアですが、
試合中に戦術として、やれたらいいな、と思うのは
3-5-2でバックはタイトロープを張り、
ボランチ無しでガンガン攻めまくる・・・
というか、誰でも考え付きそうですね、これは・・・
それに使えないし・・・
わざと攻めさせて、最終ラインがセンター越したら
カウンターとか・・・
これもできるはず無いですよね・・・
難しいです・・・奇抜な戦術・・・
    • good
    • 0

問い2に関してだけですが・・・


ラグビーのラインアウトのスローインした時のように、2~3人で選手を持ち上げボールをキープするやり方は、コーナーキックなどには使えませんかねえ。
背の低い選手を持ち上げヘディングするなんてダメかな?

ド素人の戯言と思ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考にさせてもらいました!!

お礼日時:2001/01/30 00:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q戦略と戦術の違い

戦略と戦術の違いとはなんでしょうか?
戦術の中から戦略が生まれたようなことは聞いたことが
ありますが、よく理解できません。
回答よろしくお願いします!!!

Aベストアンサー

素直に辞書を引きなされ。

せんりゃく 【戦略】 〔strategy〕

長期的・全体的展望に立った闘争の準備・計画・運用の方法。
戦略の具体的遂行である戦術とは区別される。

せんじゅつ 【戦術】 〔tactics〕

(1)個々の具体的な戦闘における戦闘力の使用法。
普通、長期・広範の展望をもつ戦略の下位に属する。
(2)一定の目的を達成するためにとられる手段・方法。

以上、goo辞書より


湾岸戦争時、日本のTV番組が”元傭兵”をコメンテーターに呼んだことがあった。
番組側としては”戦略"を聞きたかったようだが、この傭兵が”戦術”を語り始めたから、さあ大変。

敵の倒し方聞かされてもねぇ・・・・(しかも生々しい。)

次回からは呼ばれなくなったとさ。

Q残念.............. 3戦とも何が足りなかったのですか?????

こんばんは。

昨日から寝ずに深夜のブラジル戦を観ました。

玉田選手がブラジルから初の得点で、こちらも
舞い上がるほど感激しました。

しかし、終わってしまうと3戦とも、何かが
物足りないです。

何が足りないのか、サッカー音痴の私に
解りやすく教えて頂けないでしょうか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 全ての面で,世界との差があるということです。野球に例えれば,WBC(いろいろ運営面等で問題があり野球のW杯とはいえませんが,まあその辺は置いといて)で,日本は優勝しました。最初から優勝目指しますといってもみんな頷けます。サッカーで,ジーコが日本代表はベスト4を目指すというと,みんな口をあんぐりになってしまいます。
 また,WBCには,松井や井口がいませんでした。中田英や俊輔がいないまでとはいいませんが,あきらかに誰が見てもレギュラーがいなかったわけです。日本代表に主力が欠けたら一人でも大変です。ブラジルは100人監督がいたら,100通りの代表チームができるといわれます。日本代表は,選手層がまだまだうすいといえます。
 競技人口もまだ少ないでしょう。草野球に興じ,野球を見ながら蘊蓄をたれるお父さんはいっぱいいますが,草サッカーに興じ,戦術を語るお父さんは少ないです。野球好きのお父さんは,野村監督に負けないくらい試合の流れポイントを話せます。サッカーは,どうも的はずれです。朝からやかましいみのもんたお父さんがいい例ではないですか。
 バレーボールを考えてみてください。部員が少なく中学校で廃部に追い込まれるチームが多いのです。60年代より前の世代の人たちは,結構バレーが上手ですよね。レクリエーションでバレーボールの試合ができます。ところが,今の子ども達は,とんでもありません。お父さんお母さん世代は,日本バレーが世界を制した栄光を知っています。子ども達は,ジャニーズの歌の合間にやる余興くらいに思っているのではないでしょうか。(ちょっといいすぎかな?)バレーボール協会の人,底辺を広げないと世界では勝てませんよ。
 日本代表のW杯が夢でなくなってから,たかだか十数年にすぎません。ビールを飲みながら「ここはバントじゃねえだろう!」なんてTVに突っ込んでいるお父さんが,サッカーの戦術を語り,子ども達が今よりもっと空き地でボールを蹴り,小野のリフティングなんてまだまだだよななんて,言いたくなる子どもがたくさん増えることがまず,日本がW杯で勝ち上がるために必要なことなのではないでしょうか。
 歴史の重みは大きいです。日本の文化にサッカーをもっと根付かせることです。

 全ての面で,世界との差があるということです。野球に例えれば,WBC(いろいろ運営面等で問題があり野球のW杯とはいえませんが,まあその辺は置いといて)で,日本は優勝しました。最初から優勝目指しますといってもみんな頷けます。サッカーで,ジーコが日本代表はベスト4を目指すというと,みんな口をあんぐりになってしまいます。
 また,WBCには,松井や井口がいませんでした。中田英や俊輔がいないまでとはいいませんが,あきらかに誰が見てもレギュラーがいなかったわけです。日本代表に主力が...続きを読む

Q戦略・作戦・戦術の違い

戦略・作戦・戦術の違いがいまいちボヤッとして分からないのですが、
例えば秀吉の天下統一事業で言えば

戦略→攻略順番は近畿・北陸・東海・四国・九州・関東
作戦→中国大返しとか
戦術→高松城水攻めとか

で合ってますか?
あとよく併せて示される兵站は太閤検地とかになるのでしょうか?

Aベストアンサー

戦略・作戦・戦術はそのままで誤謬は無いと思います。

で、兵站は他の方同様、「違う」と思ったのですが、ちょっと考察してみました。


兵站は言葉だけで言えば当然、軍備物資の補給等、戦の維持そのものの行動を指します。

しかし、現実には戦国期の戦は「小戦」が殆どで、大軍を長期に渡って動員し、滅亡か勝利かと言う「決戦」は余り行われては来ませんでした。

大体、現場での変化に合わせて補給をするのが、情報の伝達速度に依存せざるを得ないのですから、時代的に間に合う訳もありません。

兵自体も、多くは農民兵で、農閑期の出稼ぎ感が一杯でした。

兵も互いに数百から数千程度で、下手すれば双方百以下の戦闘も珍しくない中で、兵站は重視されませんでした。

ですので朝鮮出兵時の後方支援活動である「兵站」は軽く見られ、其れの影響もあり三成と武断派の溝は、修復不可能なまでに悪化しました。

まぁ、そもそもが充分に出来ていなかったんですけど・・・w


「兵站」の言葉上、定義はやはり皆さんの言う通りで間違いないと思います。

ただ歴史上、初の海外進出の戦でしたから、「銃後の守り」みたいな感覚はあったのですかねぇ?

そもそもそれまでの支配は、徴税権が入り乱れていて、村の自治権もやたらと強かったですから。


等と、ちょっとこの場を借りて考察してみました。

戦略・作戦・戦術はそのままで誤謬は無いと思います。

で、兵站は他の方同様、「違う」と思ったのですが、ちょっと考察してみました。


兵站は言葉だけで言えば当然、軍備物資の補給等、戦の維持そのものの行動を指します。

しかし、現実には戦国期の戦は「小戦」が殆どで、大軍を長期に渡って動員し、滅亡か勝利かと言う「決戦」は余り行われては来ませんでした。

大体、現場での変化に合わせて補給をするのが、情報の伝達速度に依存せざるを得ないのですから、時代的に間に合う訳もありません。

兵自体も、...続きを読む

Q今日の深夜のダービー........

今日の深夜フジテレビでやるミラン対インテル戦てライブ中継??

Aベストアンサー

録画です。

実際の試合は前日に終わっていますね。

Q「戦略」と「戦術」の違い

「戦略」と「戦術」の違いを「好きな女の子を口説き落としたい」という例で分かりやすく説明出来る人いますか?

Aベストアンサー

口説く行為が戦術です。
口説かれるような段取りが戦略です。

何事も戦略が重要です。日本人の官僚は正しい戦略を思い付けない。戦略があれば戦術など不要なくらいです。日本人は戦術ばっかでしょ。車や時計は店の人がそれを戦術用品として販売しているわけです。戦略のない馬鹿消費者らに。

口説きに戦略があるというのがナンセンスです。口説きは戦術です。
しいて言えばいきなり口説かない作戦がいきなり口説かない戦略です。最終的な成功を得るためのものが戦略です。だから3年後に結婚しているとかそういう話題か誰とも付き合う気のない女をいつか手に入れる戦略とかにしないと。

Qサッカーの戦術が判る書籍・サイトを教えて下さい。

日本代表やJリーグの試合を見る時に両チームがどういうフォーメーション・戦術を取っているのか
を意識しながら観たいので、それらの基礎知識を得られる書籍やサイトを探しています。
出来れば直近のJの試合等を解説しているサイトもあれば嬉しいです。
サイトでは「http://d.hatena.ne.jp/pal-9999/」がとても良い内容でした。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://blog.livedoor.jp/augustoparty/archives/cat_686122.html
これは個人で観戦記を書いている方のブログです。

サッカーだけでなく野球やラグビーもあってすごいなーと思って見ています。
最近のJリーグの試合は更新されていないようですが、過去の履歴どうでしょうか?
参考になりますか?

http://www.jsports.co.jp/football/jleague/blog/game-report/2-u-18/
こちらもかなり詳しいです。
私はレイソルのサポーターなのでレイソルの試合ばかりリンクを貼ってしまいましたが、他の試合履歴も見てください。

どちらかというと個人の記録ばかりですが。

Q戦略と戦術の違いをハッキリ知りたい。

私の勤めている会社が今度、戦略部門と戦術部門に切り分けられることになったのですが、戦術と戦略ってそんなにハッキリと分けられるんでしょうか?
分けるとしたらどういう観点から仕事を切り分けたら良いのでしょうか?
良い方法をおしえてgoo!

Aベストアンサー

戦術は短期的な行動で、戦略は長期的行動です。

企業活動で言う、戦術とは短期間で成果がでる活動だと思います。キャンペーンを例にすれば、ある特定期間のみを対象として売上増加や、シェアの増大など効果があります。

そして、戦略は企業の方向性、ドメインやコンセプトの決定など、企業が運営されていく中で変更されにくい、活動の事をいうと思います。

Qサッカーの戦術で「0-0-10」はアリなのか?

サッカーのセリエAでサンプドリアというチームが「0-0-10」システムを採用しましたが、結果は0-3で惨敗でした。
かなり思い切った作戦だと思いますが、これはだれも反対しなかったのでしょうか?
それとも、うまくいけばかなりいい作戦だったのでしょうか?

Aベストアンサー

キックオフの瞬間だけですからね。
すぐにそれなりのフォーメーションに戻ってますが、相撲の目くらまし的な効果はあるかも。
DFがマークを見つけにくいとか。

RBラプツィヒというチームは10人攻撃ではありませんが、アメリカンフットボールで言えば「ショットガンフォーメーション」的な戦術でゴールしてました。

Q歴史に見る、戦術家、戦略家

信長は・戦略家であり、戦術家でなかった

秀吉は・奇抜な戦略家であり、戦術家でなかった

家康は・戦略の意味を理解した、戦術家であった

謙信は・戦術を重視した

信玄は・戦略から出る、戦術を理解していた

ナポレオンは・戦術家であり、戦略家でなかった

サラディンは・戦略家であり、戦術家でなかった

チンギスハーンは・理想的な、戦術家であった

フビライハーンは、戦略家であった

【外伝】

ヤン・ウェンリーは・戦略の意味を理解していたが、機会のなかった、戦術家であった

ラインハルトは・戦術ではヤンには及ばないが、戦術家であり、戦略家であった


・・と、言った、私感で見た、歴史の武将<外伝あり>なのですが

皆さんも、この意見にツッコミを入れたり
他にも、歴史に見る、戦術家、戦略家の事を、お聞かせください

Aベストアンサー

全部触れると切りがありませんので、信長だけ。
やはり彼は戦略家であり、戦術家でもあったと思います。
家督相続後から尾張統一までの期間に自ら陣頭に立って劣勢を覆したことは多々ありますし、金ヶ崎の退口、本圀寺襲撃、大坂本願寺との戦い初期の天王寺合戦などでの素早い対応は、戦術的に優れた資質を持っていたことの表れでしょう。長篠もしかり。
姉川の苦戦は、いわゆる「徳川史観」のフィルターが強いものですので(織田は大軍なのに苦戦したが、われらが徳川軍は小勢ながら大軍の朝倉を押し、勝利に導いた)、戦闘経過については眉唾です。
ちなみに包囲網から外交の弱さを指摘されていますが、敵が多いのは中央という地理と広大な版図にはつきもののことです。信長包囲網はいくつかの時期に分けることが出来ますが、それぞれ領地が隣り合って現実利害でぶつかる相手が敵となり、敵の敵は味方理論で軽く結びついていた程度です。信長はその都度遠交近攻外交で敵の後の大名との結びつきを重視し、包囲網の敵それぞれを挟み撃ちする勢力図を作り上げています。
三好には毛利や長宗我部、本願寺には上杉、武田には北条・上杉・北条、毛利には大友、上杉には北条・伊達などなど
このように包囲網の敵はそれぞれ背後に信長と結ぶ敵を抱えていたため、一斉に攻め寄せてくることなく、各個撃破されています。包囲される状況にあることを理解して、不利な状況を回避しており、外交資質もかなり高いと思われます。

全部触れると切りがありませんので、信長だけ。
やはり彼は戦略家であり、戦術家でもあったと思います。
家督相続後から尾張統一までの期間に自ら陣頭に立って劣勢を覆したことは多々ありますし、金ヶ崎の退口、本圀寺襲撃、大坂本願寺との戦い初期の天王寺合戦などでの素早い対応は、戦術的に優れた資質を持っていたことの表れでしょう。長篠もしかり。
姉川の苦戦は、いわゆる「徳川史観」のフィルターが強いものですので(織田は大軍なのに苦戦したが、われらが徳川軍は小勢ながら大軍の朝倉を押し、勝利に導い...続きを読む

Qサッカー戦術眼

4月23日土曜日に大宮NACK5スタジアムでサッカー観戦をしました。

私はレイソルサポなのですが、あの試合前半は本当にダメダメで、ほとんど攻め込まれていたのです。

まあハーフタイムに監督が何とかしてくれると思っていたのですが、本当に同じチームとは思えないくらい劇的に変わりました。

現地では何かが変わってよくなったことはわかるけど、なぜ??と思っていたのですが、
後で監督コメントを見ると、「システムを4-4-2から4-3-3に変更した」と書いてありました。

ここで質問です。

1)監督はなぜ、俯瞰ではなく、ピッチと同じ高さで平面で見ているのに、この変更が有効であるとわかるのでしょうか?
(もちろん、プロだから、とか経験豊富であるからということは前提ですが)

2)私は年間、テレビ観戦、現地観戦合わせてかなりの試合を見ていますが、システム変更などは言われないとわかりません。多分ボールだけを追っているからだと思うのですが、これは例えば、人でもボールでもなくスペースを見るなんてことが出来るようになれば、なぜここまで変化したのかがわかるようになるのでしょうか?素人でもいわゆる戦術眼というのは身に付くのでしょうか?何かポイントがあったら教えてください。

4月23日土曜日に大宮NACK5スタジアムでサッカー観戦をしました。

私はレイソルサポなのですが、あの試合前半は本当にダメダメで、ほとんど攻め込まれていたのです。

まあハーフタイムに監督が何とかしてくれると思っていたのですが、本当に同じチームとは思えないくらい劇的に変わりました。

現地では何かが変わってよくなったことはわかるけど、なぜ??と思っていたのですが、
後で監督コメントを見ると、「システムを4-4-2から4-3-3に変更した」と書いてありました。

ここで質問です。

1)監督はなぜ、俯...続きを読む

Aベストアンサー

1) 監督はたった一人で指揮しているわけではありません。スタンドの上の方で自他の配置やシステムをチェックしているチーム関係者が居ます。ここから、携帯やトランシーバーなどでベンチのコーチなどに随時連絡が入りますから、それを参考にしています。

2) 一度、空いているスタンド(大学の試合など)で、こういう点に着目してご覧になってみてください。
サポーター席の場合、応援に熱中してこういう見方をしにくいし、テレビの場合、そもそもこういう撮り方をしてくれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報